流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

僚友というか永遠の戦友の山崎哲の「感想」に泣けた。
わたしの一生の友であり一生のライバルでもある哲の役者たちへのメッセージに感謝。
それにしても、昨日、今日と、この芝居を是非、観てほしいヒトの多くが早稲田に来てくれた。
渡辺保さん、みなもとさん、中津留君、哲、高取英、久しぶりの山本亨、外波山文明、三田村さん、偕子先生、吉原さん、哮夫さん、瓜生さんのパラダイスメンバーほかいろんなヒトが早稲田へ。
・・・・・・・・・・
5月22日、金曜日、「山崎哲 ひと・こころ・からだ/ウェブリブログ」

流山児事務所の「義賊☆鼠小僧次郎吉」を観てきた。
PHOTO@

100分ほどの舞台。
椅子のせいで尻がめちゃ痛かったよ(笑)。
ほんと歳だね。
PHOTOA

終わってから…、谷宗和(左)、イワヲ(右)。
PHOTOB

上田和弘(左端)が死にそうな顔で入ってきて、
PHOTOC

甲津拓平(左から2番目)と、おやじの流山児祥(右端)が加わって、
ついでに私(メガネ)も加わって…、記念写真になったわ(笑)。
PHOTOD

上田くんら4人とはじめて会ったのは、私が流山児に呼ばれて「愛の乞食」(唐十郎:作、山崎哲:演出)をやった時だから、16、7年前になるのかなあ。

四人ともまだ芝居を始めて間もないころだったのに、いまや舞台の主要メンバーをつとめるまでになって、
そのすさまじい成長ぶりに…、と言うとなんだけど、私はいやまあびっくりしたねえ。

流山児の演出は若いころからピカイチで私はいつもホトホト感動して観ているのだが、この四人もいまや負けず劣らず、ひとりひとりが流山児の演出に匹敵するほどの存在になった。

すばらしい俳優を見ると物書きでもある私はいつも、いやあ、こういう俳優(人間)はどうやったって書けないよなあと嘆息してしまうのだが、四人ともそういう俳優になったということだよね。

また演出をやっていていちばん嬉しいのは、俳優の成長を見られることなので、その意味でも私は泣けてきそうなほど嬉しかったよ。

ただし、一言、辛口を言わせてもらうと、俳優としていちばんいいのは残念ながらおやじ(流山児)だわ。
アホになれるもの(笑)。

まあ、こけようが死のうが死にもの狂いでやらないとおやじにぶっ飛ばされてしまうので必死なんだろうが、
おやじに負けず笑いながらやれるようになったら、おまえたちはもう天下無敵だよ(笑)。

おやじは一番信頼できる演劇人なので面倒だろうが、これからもよろしくね(笑)。

あ、阿萬(由美)さん、歌、抜群だね!あなたの歌を壊さないようにしようと、今回流山児は歌わなかったんだろうなあと思いました。

2013-03-24 01:14 この記事だけ表示
とても素敵な「劇評」が出た。
朝日新聞:今村修氏
「「傾奇(かぶき)」の心意気がごろんと裸で転がっているようだった。昨夜の流山児★事務所「義賊☆鼠小僧次郎吉」@Space早稲田。

河竹黙阿弥の「鼠小紋東君新形」を西沢栄治が大胆にカット。流山児祥が、荒削りで遊び心まみれのパワフルな舞台に仕立てた。心優しい幸蔵(上田和弘)が人助けと思ってしでかした盗みが、綾なす糸の因果に絡め取られて縁の人々を次々に難儀に陥れていく。腹をくくった幸蔵の自首で、もつれた事件の糸はほぐれ、虎口逃れた幸蔵は「義賊」として生きることを誓う。

歌、踊り、チャンバラ、人形劇……と文字通り何でもあり。ハイテンション、テンパリ状態で疾走した末の、救いのある結末に爽快感が漂う。長大な物語を2時間弱で見せるのだから、ストーリーはほとんどダイジェストだし、黙阿弥の言葉をもっと大事に、聞かせて欲しい、等々注文したいところも少なくない。だが、1人最高4役で江戸のドラマを走りきる12人の役者た...ちの汗と激しい息づかい、黙阿弥ならではの強引な色と悪の因果模様、揚げ幕と花道まで作り、中華料理店地下の小さな空間を江戸の悪場所に変えてしまったスタッフの過剰な情熱の前には、それも霞んでしまう。無頼と誠実をまとった上田、あくの強さが魅力の甲津拓平、艶やかな神在ひろみ、変幻自在の佐藤華子ら、役者陣も健闘。これからに期待を感じさせる新人、五島三四郎、阿萬由美との出会いも収穫だった。

洗練などくそ食らえとばかり、混沌とパッションでひた走る、この黙阿弥。何より、登場人物が誰一人立派でないのが良い。これで、黙阿弥の言葉を遊べるようになれば、もっともっと傾いた舞台になることだろう。観劇途中からやってきた腰痛で、早々に劇場を後にしながら「それにしても流山児★事務所にはピカレスク(悪漢)、それもチンピラの物語がよく似合う」と妙に感心した。」

演劇評論家:柾木博行氏の「劇評」

流山児★事務所の『義賊★鼠小僧次郎吉』、何しろ黙阿弥の作品を2時間でやるので、多少駆け足になってしまうところはあるが、本や演出よりも役者たちがイキイキと芝居していることが楽しい。
『イロシマ』でも目を奪われた佐藤華子にまた注目。
男の子から傾城までどれも自分のものにしていて素晴らしい

CORICH舞台芸術   BY GENIE
「あの狭い空間で、歌・踊り・殺陣まで!忘れていた躍動する演劇の面白さを思い出した。正直なところ、耳慣れない歌舞伎言葉には、一瞬面食らうが、そこは役者のチカラと飽きない展開で、十分に伝わってくる。更に二度三度と、繰り返し見ると、味わい深くなる作品と思う。
女優陣はどなたもすばらしく、惚れ惚れする。」
2013-03-22 10:20 この記事だけ表示
ジャパンタイムスの田中伸子さんの「劇評」 BY「芝居漬け」
・・・・・・・・・・・・・・・・
全編を上演したら8時間超え(流山児氏に解説してもらった)るという黙阿弥の歌舞伎台本を2時間弱にギュぎゅっと凝縮。時間の都合でのすっ飛ばしについて、つっこませる隙を与えないほどのエンタメ(歌、殺陣、群舞、そしてキッチュな人形劇(!)と歌舞伎テイストの花道使いに早変わり)演出で観客のアドレナリンを刺激する。

前回の「地球☆(あ、こっちは空洞の星なんすね)空洞説」同様、観客みんなに劇を観に行く楽しみをしっかりと与えてくれる、客引きの文句ではないが「見て絶対に損はない」お芝居。

流山児事務所ならではの良い意味でデコボコ(役者のコマが豊富だから出来ること)のキャスティングも魅力。元気で弾けている女性陣とシブい男性陣ー主役の次郎吉役、上田和弘氏の誠実なキャラがぴったりーのコントラストもなんとも今風でグッド!

おまけの若手演劇人たちとミスターオープン!流山児氏とのアフタートークもかなり魅力的。

2013-03-21 14:44 この記事だけ表示
次々と「義賊☆鼠小僧次郎吉」の劇評が。

CORICH舞台芸術「劇評」より。tetorapack

東日本大震災から2年が過ぎたが、この作品は、幕末の「安政の大地震」から2年後に黙阿弥によって江戸市村座で上演されたという「鼠小紋東君新形」(ねずみこもんはるのしんがた)をベースにした、義賊・鼠小僧次郎吉の虚実皮膜の物語。

4幕構成で1時間45分、絶妙のアングラ・ミュージカルの味わいと、見事な躍動感を湛えつつ、江戸時代の人々のコトバを基本的に用いながら、幕末混乱期に江戸民衆から「義賊」と呼ばれた男を描き上げた痛快「世直し冒険活劇」を存分に楽しませてもらった。

スペース早稲田の極小空間を所狭しと駆け回り、一人に約三役を小気味よくこなしていく躍動感、そして、流山児作品独特の熱気あふれるアングラ感がたまらない。本当に、元気をもらえた楽しい芝居だった。 

また、阿萬由美、神在ひろみ二人による劇中の歌での進行がとても上手く、心地よかった。さらには、殺陣のシーンも刀と刀の鍔迫り合いの音がリアルで、これまた見事だった。
2013-03-20 22:44 この記事だけ表示
日刊ゲンダイの山田勝仁氏の「劇評」↓↓
安政の大地震から2年後に上演されたという江戸民衆のヒーローの虚実皮膜のドラマ。そのまま上演すれば8時間に及ぶという黙阿弥の大作を西沢栄治が大胆にカット。流山児祥の演出で1時間45分の濃密なドラマに仕上げた。

 盗人・月の輪のお熊に育てられた捨て子の与吉は後に稲葉幸蔵と名を改め、豪商から金銭を盗み貧者に分け与える義賊に。

 ある日、悪人に金を盗まれ悲嘆にくれる刀屋新助と愛人おもとの難儀を救うため、稲毛の屋敷から百両盗むが辻番・与惣兵衛に見とがめられる。そこで与惣兵衛こそ実の父であることに気づくのだが……。

 「歌舞伎への異常な愛情 与吉、あるいは稲葉幸蔵はいかにして、ケチな盗人から足を洗い、豪商相手の義賊・鼠小僧となったか」といったところ。

...  狭いスペース早稲田の空間を縦横無尽に活用し、花道までしつらえた歌入り歌舞伎。男はより男くさく、女はより女っぽく。上田和弘、イワヲ、谷宗和、甲津拓平、柏倉太郎、阿萬由美、山下直哉、山丸莉菜、そして流山児祥。ゲストの神在ひろみの艶っぽさ、佐藤華子の可憐さ。新進の五島三四郎に次代の流山児★事務所を背負うスターの予感。

 一人数役の早変わり、スピーディーな展開のジェットコースター歌舞伎。24日まで。
2013-03-20 20:38 この記事だけ表示
花組芝居演出家:加納幸和氏の劇評。
「黙阿弥が四代目市川小團次と組んでいた頃の戯曲だから、幕末のハチャメチャ世相が随分反映している。
1993年に当代菊五郎が復活しているが、子供の頃から近眼だった私は、見た目に地味な作品は遠慮し勝ちで見てません。

稲毛屋敷の件をチープな人形劇にしたのは秀逸。七代目の時、カットされたドタバタ場面の医者山井養仙(この名前「病よう治せん」じゃないの!?)を、御大自ら演じるのが味噌。渋さとか苦味を売りにしてた小團次に当てた最初「都鳥廓白浪」と同じく、チョボ入り場面があるのだが、女性コーラスを使い、ちゃんと見せていた。

安政大地震の2年後に初演された作品を、東日本大震災の2年後に上演するという発想がスゴイね。芝居のタッチも含め、いいな、自由で…。」

舞台芸術集団:地下空港の演出家:伊藤靖朗氏の劇評。
流山児事務所の舞台『鼠小僧次郎吉』!現代の私たちが、近代を迎えて一旦、表面的には断絶した江戸の文脈、歌舞伎のテクストを、流山児事務所の俳優たちが全身でぶち当たって乗り越えようとしている現場。無骨で荒々しい姿が、次第に胸を揺さぶってゆく作品。それに値する、河竹黙阿弥の凄い作。

西沢栄治さんの脚本も素晴らしいと思う。膨大なテクストからの取捨選択、現代にどう伝えるか、という難しさを、原典をしっかり踏まえながら乗り越...えて伝える、という姿勢が素敵だ。

歌舞伎は物語の宝庫なんだなあ、とつくづく実感。テクストの力強さを、激しいパワーで体当たりする流山児事務所の俳優陣。この河竹黙阿弥の書いた作の、現代にもドーンと響くパワフルなメッセージを浴びに行くべきだ!
2013-03-19 23:34 この記事だけ表示
連日満員好評のうちに4日目も終演しました。
岩手、宮城、福島といった東北の演劇人が次々と観に来てくれている。感謝。

演出家:林英樹氏の「劇評」

土曜日に流山児★事務所による『義賊★鼠小僧次郎吉』を観る。

今回の舞台は「画期」的な舞台だと思った。何が「画期」かを書きだすと、かなり長くなるので、改めてその「画期」の意味を、演劇日記の方にも書きたいが、一言だけ添えると、これは現代化が不可能と思えた歌舞伎を見事に現在の演劇として復活し、かつ誰が観ても楽しめるだけでなく、歌舞伎の起源からその根源にある民衆のヒーローとしての「傾き者(反権力、反体制の象徴)の発見」というその原点を鮮明に表出させた舞台である、ということだ。

 江戸歌舞伎、明治の演劇改良とその挫折を経て古典化した「近代歌舞伎」の中に埋没したその「傾き者」の復権、まさに「画期」を示す舞台と言っていいだろう。

 小生は学生時代に武智鉄二氏に薫陶を受ける機会があったが、氏も能や狂言は現代劇化されているが歌舞伎だけは不可能、と言っておられた。が、その説を見事に覆した舞台であった。
 ここまでに来る長いプロセスがあり、今の舞台がある。
 大歌舞伎とは違い、まさに「99%」の人々のための劇である。
 まだ公演中であるので、ここまでにし内容には触れないが、ぜひ、足を運ばれることをお薦めしたい。
2013-03-18 00:16 この記事だけ表示
お陰様で「義賊☆鼠小僧次郎吉」3日目も「満員御礼」となる。
初日以来、大拍手のうちに連日、無事に上演しています。
早速、「劇評」が。

演劇評論家:江森盛夫の「演劇袋」。
 原作:河竹黙阿弥「鼠小紋東君新形」、構成・演出:流山児祥、脚本:西沢栄治、@Space早稲田。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 原作は膨大で全五幕で、本読みだけで2日かかったそうだ。その河竹黙阿弥の原作を、椿組の花園神社野外公演の「椿版・天保十二年のシェイクスピア」を巧みにi脚色した西沢が、原文そのままで、2時間弱の四幕ものにしたカット版に見事に仕上げた。
 それに、流山児のオハコの原作では浄瑠璃だが、それを今風の歌に仕立て直して、歌入り流山児レビューに構成した。その歌を作曲したのは、劇団員の諏訪創で、なかなか芝居にマッチした素敵な歌だった。
 流山児自身も役者で薬屋で出て、売っている薬が、ミュージカル・ドラッグでその薬を飲むと、たちまち唄い出すという妙薬で、珍趣向の面白さ、お茶にまぜて呑まされて唄いだす人物たちが続出・・。
 まあ、若手、中堅の劇団員たちは、歌舞伎脚本を演じるなんて初めてで、まあ無手勝流のランボー歌舞伎だが、中堅のイワオや甲津拓平が中心にがんばって、初々しい、一気呵成のスピーデイな”黙阿弥 没後百二十年 祝祭歌舞伎”が賑々しく出来あがったのだ・・・・。
 狭いスペースをちゃんとした「歌舞伎舞台」にしたてての上演で一見の価値あり。
//////////
明治大学:小畑精和氏の「劇評」

『義賊・鼠小僧次郎吉』を見に行った。河竹黙阿弥没後120年祝祭歌舞伎とうたうだけあって、十分楽しめた。しかし、シリアスと遊び、伝統と現代など既成の二分法をぶっとばすエネルギーが流山児演劇の魅力だと思ってきたが、原作を重視したせいか、ちょっと社会性に乏しい印象をもった。
 アフタートークを聞いて納得。原作『鼠小紋東君新形』(ねずみこもん はるの しんがた)は安政の大地震(1855年)の二年後に初演。金持ちから盗むという「格差」問題よりも、離散した「家族」がテーマになっている。
2013-03-17 00:19 この記事だけ表示