流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

今日は午前9時から照明のパンパンさんと『台湾マクベス』の明かりつくり。昨日に続いてラストシーンまで、じっくり、コミュニケーションをとりながら。
泉のイメージ、青空と風のイメージとか、歌謡ショーにしてとか、まあ、リアルを通り越して、めちゃくちゃな演出家のオファーに応え、それでいてデザイナーの空間設計もキチンと「出来る」優秀な照明デザイナーである。感謝、感謝。盟友であり畏友でもある沖野隆一がいなくて心配だったけど杞憂であった。

お昼すぎまでみっちり。お昼過ぎにはPA会社のスタッフが機材搬入。夜にはPAチェック。夜には再び音楽家の坂本さんも嘉義入り。

あしたは、音楽と照明を加えての舞台稽古。明後日には4度目の北村真実先生、谷宗和も再びの嘉義入り。日本の最強スタッフと一緒に劇場で舞台稽古である。

あ、そうだ、28日(木)には甲津拓平、30日(土)夜には、椿組の「贋・四谷怪談」に、今日まで出演している俳優:塚原大助くんも日本から台湾・嘉義に来るという。わざわざ嘉義まで!ありがとう、待ってます。美味いモノ食べようね。

ということで、小Kの車に乗って、上田、畝部、陽子ちゃんと一緒に北門近くの嘉義名物のかき氷屋さんの屋台「正老牌北興ろう樹下氷」へ。

あずき、お餅、ゼリー、タピオカ、愛玉やらいろんなものを、とにかくいっぱい入れてくれる。これが美味い!!

嘉義観光大使のわたしとしてはジュースに続いてこのかき氷も名物!ですよ、と大宣伝しておく。
2016-07-24 21:29 この記事だけ表示
というわけで『台湾マクベス』昨日、当初予定していた全4ステージみごとに「全席完売」です。良かった、良かった。13年のOURカンパニーの地道な努力でここまで来たのです。劇団「初」の、前代未聞の「快挙」だそうです。多謝!!

台湾各地から嘉義にやってくるという!とっても素敵なことです。でもって、嘉義の街の多くの人たちが嘉義表演藝術センターにやってくる。これが一番「素敵なこと」です。演劇の街:嘉義への力強い《夢》の一歩になれそうな予感。2か月余り若者たちと汗を流した「成果」はかならず出る。演劇への「無償の愛」が報われないはずがない。こんな面白いコトに《出会える》のだからま、人生も捨てたもんじゃない、と、つくづく思う嘉義の日々である。毎日のようにいろんな人に親切にしてもらうって経験、日本じゃないじゃん。ほんと、日本に帰るの?って感じで嘉義で生活している。

。。。。。。。。
で、29日(金)18時30分の「追加公演」のチケットはまだ「大いに余裕あり」です。是非ご来場ください。

※もちろん日本からご来場の方は、
 流山児★事務所扱いできちんと対応します。ご連絡ください。

※で、バンクオー親子についてです。
これが、かっこいい親子なんです。バンクォー役のアダは劇団の中軸、役者でスタッフワークもできる。大学の講師でもあり、これからの「劇団」の方向を真剣に考えている「いい役者」である。息子のフリーアンス役のイエンは台湾の演劇の新人賞を受賞したこれからのホープ。26歳でおれに13歳でやれ!っていわれて、うーんだったので15歳!にした。細かいことをいろいろ考えてくるいい男優である。そのうち、必ずスターになってくれよ!
。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、昨日明かり合わせ。なんとか3分の1。
ま、焦らないで、じっくり創っていきましょう。
郷に入れば郷に従えである。
。。。。。。。。。。。。。。。
ふらりと、台湾「嘉義表演藝術センター」までおいでください。
出演者・スタッフ一同お待ちしています。実験劇場は客席:330余の素敵な、観やすい舞台が近い「劇場」です。
3方向舞台になってます。

「格安」チケットで成田から台湾嘉義へおいでください!
嘉義駅前のホテルはめちゃ「安い」ですよ。

☆2016/07/29 (金)18:30 (追加公演):余裕あり(残り101席)
☆2016/07/30 (土)13:30(完売)、18:30(完売)
☆2016/07/31 (日)13:30(完売)、18:30(完売)

@嘉義縣表演藝術中心實驗劇場

☆7月29日(金)夜の予約は今すぐ→購票請洽:https://goo.gl/Yf9zgp
2016-07-24 21:22 この記事だけ表示
ということで『台湾マクベス』最後の稽古場通し。
いやあ、面白い!!上演時間2時間!
前半すごいスピードで突っ走る。
これである、これがやりたかった、と思いながら若い役者たちとの1か月半の「成果」を見ていた。
役者の成長が著しい、これが若さか!

本日13時から本格的に『小屋:実験劇場入り』です。こちらのシステムは役者は一切の仕込み作業なし。
すべて、スタッフのみ。ま、そうだからいちいち面倒くさいのも事実。アングラ小劇場の「役者=スタッフ」を台湾でじっくり教えたいと思っているのだが時間が・・・・。

さて、本日から本格的に場当たり開始である。それにしても贅沢の限り、1週間の舞台稽古だぜ。確実に面白い作品になる。

で、7月31日(日)18時30分の回も「全席完売」です。
これで3ステージ完売。残りも6枚限り。追加公演のみ「余裕あり」である。
すごいことになってきました。今日も多くの嘉義の街の皆さんが「いつものように」稽古場で稽古を見ている。この1か月半、見慣れたいつもの光景である。これって、すごいことだと思う。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
2008年流山児★事務所『狂人教育』日中コラボレーション公演に参加したペイジンが台北から陣中見舞にやってきてくれた。早稲田大学大隈講堂・仙台・札幌・香港・杭州・上海とともに旅した女優でいまや台北の有数な演出家の一人でもある。ペイジンはずっと流山児★事務所とコラボレーションがやりたいと言ってきている。

嘉義駅前の飯屋で、上田、畝部、陽子ちゃんも交えてビール飲みながら、じっくり、ゆっくり話す。いろいろ本当にありがとう。因みに、ペイジン曰く私は「台湾の大スター!」らしい。ありがとうね。明日からもっと面白い作品にするから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふらりと、台湾「嘉義表演藝術センター」までおいでください。
出演者・スタッフ一同お待ちしています。実験劇場は客席:330余の素敵な、観やすい舞台が近い「劇場」です。
3方向舞台になってます。

「格安」チケットで成田から台湾嘉義へおいでください!
嘉義駅前のホテルはめちゃ「安い」ですよ。

☆2016/07/29 (金)18:30 (追加公演):大いに余裕あり(残り121席)
☆2016/07/30 (土)13:30(完売)、18:30(僅少:残り6席)
☆2016/07/31 (日)13:30(完売)、18:30(完売)

@嘉義縣表演藝術中心實驗劇場

☆予約は今すぐ!→購票請洽:https://goo.gl/Yf9zgp
2016-07-23 11:56 この記事だけ表示
で、『台湾マクベス』
7月31日(日)13時30分の回「全席完売」です。
これで、30日(土)13時30分の回に続いて「2ステージ完売」である。
劇団「初」の快挙が続いている!のだそうです。嘉義のみならず台湾中で話題になっているらしい。
連日稽古場に様々な人が。たぶん、今週中に4ステージ完売、追加公演のチケットのみの状況になると制作が嬉しそうに。劇団14年目にして様々な体験をしyているOUR theater2016年の夏である。

いや、それにしても、役者が抜群に良くなってきた。
タップを踊るマクベス!こんなかっこよくてみっともなくてニンゲンらしいマクベス、見たことない。日々進化中!!

面白い、まさに「世界初演」のアジアのマクベスです!!!

劇場でチェック(ダメだし)していると寒い。冷房が効きすぎるのである。
とにかく、劇場が寒い。
昔から思うのだが、台湾も中国本土も劇場はめちゃくちゃ寒い。
劇場では半ズボンをはかないことに決めた。
明日は稽古場で最後の小返しと通し。
お昼からマクベス夫妻とじっくり。

あと、1週間で『台湾マクベス』初日である!
劇場の仕込みも順調である。衣裳も本番仕様に。
23日(土)は「場当たり」開始。初日まで6日間みっちり『舞台稽古」実に贅沢な創造環境である。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ふらりと、台湾「嘉義表演藝術センター」までおいでください。
出演者・スタッフ一同お待ちしています。実験劇場は客席:330余の素敵な、観やすい舞台が近い「劇場」です。
3方向舞台になってます。

「格安」チケットで成田から台湾嘉義へおいでください!
嘉義駅前のホテルはめちゃ「安い」ですよ。

☆2016/07/29 (五)18:30 (追加公演):大いに余裕あり(残り128席席)
☆2016/07/30 (六)13:30(完売)、18:30(僅少:残り20席))
☆2016/07/31 (日)13:30(完売)、18:30(僅少:残り8席)

@嘉義縣表演藝術中心實驗劇場

☆予約は今すぐ!→購票請洽:https://goo.gl/Yf9zgp
2016-07-22 09:47 この記事だけ表示
昨日から日本側スタッフが劇場入り。

トップシーンから真実先生と一緒に「細かくステージング」。
魔女3人を中軸により精密に「魔女たちのマクベス」を創っている。
マクベスもマクベス夫人もすべての「登場人物」がひょっとすると「魔女」たちの操る「世界」の登場人物にさえ見えてしまうかもしれない、という大胆な試み。

戦争とテロの時代にきちんと言いたいことを言う演劇を台湾で創っている。カネはない、が、ここには「若い情熱」が溢れている。日本から、ほぼ(というかまったくの)ボランティアで優秀なスタッフがこのコラボレーションに参加している。

実験劇場では仕込中、これが難題続出。が、少しづつ、切り抜けていく。だって、時間はたっぷりある。

竹内陽子ちゃんは美術、衣裳と大忙し。上田くんも殺陣に入りたくて、うずうずしている。が、今日明日は真実先生のステージングが先行。今夜には劇場で当たれる。『台湾マクベス』正念場の2日間となる。

それにしても5回目の『マクベス』いや、いい「テキスト」である。ニンゲンの《関係のすべて》が入っている。

みっともなくてだめでそれでいて「ああ、これあるある」って感じのニンゲンドラマ。

隙間に笑いを、隙間に悪意を、隙間に残酷な《現実》を・・・・・。
2016-07-19 11:48 この記事だけ表示
嘉義表演藝術センターに行くと日曜日ということでいたるところに市民の皆さんがいっぱい。野外劇場3ステージ、大劇場、小劇場全部で「アジアオカリナ音楽祭」をやっているのである。日本からもやってきている。街中ではWAKE UPロックフェス。いや、夏の嘉義はアジアの音楽の中心?

で、昨日はハードデイとなった。
いつものように13時から小返し。
で、21時から3回目の「粗通し」
再び嘉義にやってきた振付の北村真実先生と舞台スタッフに見せるため。
さすがに、みんなも私もヘロヘロに。まさに鬼のイーランさんである。

で、今日は劇場仕込み。仕込んでから初日まで11日!
実に贅沢な芝居創りがやれる。こんなことはあまりない。

夜には美術・衣裳の竹内陽子ちゃんも合流する。
殺陣の上田和弘も明日はやってくる。
『台湾マクベス』いよいよ、秒読みの追込み稽古に突入である。

面白い!若いエネルギーでしかできないパワフルでエネルギッシュなマクベスになる。

チケットもどんどん売れているようです。一度も「完売」なんてなかった「劇団」が14年目にして「初体験」。どうやら31日(日)の昼も今週中には「完売」しそうです。

じっくり焦らず「台湾マクベス」創り上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふらりと、台湾「嘉義表演藝術センター」までおいでください。
出演者・スタッフ一同お待ちしています。実験劇場は客席:300余の素敵な観やすい「劇場」です。

格安チケットで、成田から「ふらり」と、ぜひおいでください!

☆2016/07/29 (五)18:30 (加演場):大いに余裕あり
☆2016/07/30 (六)13:30(完売)、18:30(余裕あり)
☆2016/07/31 (日)13:30(僅少)、18:30(余裕あり)

@嘉義縣表演藝術中心實驗劇場
予約は→購票請洽:https://goo.gl/Yf9zgp
2016-07-18 12:31 この記事だけ表示
ということで、台湾の人気バンド:滅火器(消火器)のコンサートが21時過ぎに始まった。

6月にアルバム「REBORN」日本版をリリースし、日本デビューを果たしたばかりのバンド。

2014年の“ひまわり学生運動”応援ソング「島嶼天光」が若者に支持され、台湾内で一気に知名度を高めたバンドで東北支援で被災地にも行っている有名バンド。

確かに「島嶼天光」この曲は、抜群にいい。
是非一度、聞いてみてください。

心優しい男たちの歌声。
『台湾独立』の旗が振られ、数千人の若者たちが熱狂するさまを見てこの国の「民主主義」の強度と成熟度を思った。

この公演は若者たちの自主企画で公共の助成を一切もらっていない、という、すごい行動力である。それにしても、台湾中から多くの若者たちが嘉義にやってきてる。音楽の力の凄さを改めて実感、芝居もこのくらいの力をもたなきゃ!!

ま、今日は朝から阿里山、嘉義公園、ロックコンサート盛りだくさんの「休日」であった。
いやあ、鋭気を充分養った。
明日から頑張ろう。
2016-07-17 01:09 この記事だけ表示
久々の休日、台湾の象徴:阿里山へ。
まずは名物の愛玉を!!美味い。
わたしは嘉義の宣伝大使になろうともっているのだが、嘉義政府文化局の局長さん。どーでしょう。
いや、いや、もちろん冗談です。
嘉義駅から阿里山森林鉄路(鐡道)に乗って「奮起湖」まで2時間半。
いや、休日なのでもの凄い人である。それにしても、涼しい!
幸福オムライスを食べて電車がないので2時間余りで帰路につく。
でも、奇麗な景色に心が洗われた。

久々の休日、台湾の象徴:阿里山へ。

嘉義駅から阿里山森林鉄路(鐡道)に乗って「奮起湖」まで2時間半。いや、凄い人である。それにしても、涼しい!

幸福オムライスを食べて電車がないので2時間余りで帰路につく。
でも、奇麗な景色に心が洗われた。

宿舎近くで昨日から3日間の予定で野外のロックコンサートをやっている。
台湾、日本、世界中から200以上のバンドが集まっている。
夜遅く、観に行こうかと思っている。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『台湾マクベス』昨日は2回目の通し。
2時間5分、いい感じ。もっと、シャープにエッジの効いたものにする。
『台湾マクベス』昨日は2回目の通し。2時間5分、いい感じ。
もっと、シャープにエッジの効いたものにする。
明日は前半の小返しをやって、3回目の「粗通し」。
北村真実先生が再び嘉義へ。
これからが『台湾マクベス』追込みである。
2016-07-16 20:37 この記事だけ表示
昨日は、稽古前に台湾の武術教練(殺陣師)の王昭文先生に整体ストレッチをしてもらった。初めての経験、これが凄い!痛いのなんのって・・・で始まったが、終わっていたらすっきり。
本当にありがとうございました。

1日中役者たちに付き合って体をほぐし、夜は殺陣指導も。
日本の殺陣にも精通した居合の達人でもある。
今日も稽古が面白いので仕事をキャンセルして「粗通し」を見てくれた。

『台湾マクベス』快調に小返し稽古が進んでいます。

基本的にダメ出しの後、ちゃんと時間とって役者に考えさせて「もう一回」
だめだったら「もう一回」と「役者の時間」を中心に稽古している。

1日7時間あまり。役者たちは殺陣、ダンス、歌とほぼ12時間余り稽古場にいる。
ま、半数は劇場の3階に「棲んでいる」のだから、24時間芝居三昧。
こんな豪華な稽古はない。

さて、今日は2回目の「粗通し」であった。
面白い!まさに『嘉義マクベス』になった。

役者たちは疲労の極致。
今日はお昼過ぎに通しで、チェックのみにしようと思っていたのだが。
スタッフ会議に続いてプロローグを結局2時間ばかり稽古して終了は21時半過ぎ。
ごめんね。
で、明日は休日。
2016-07-16 00:42 この記事だけ表示
快調に「台湾マクベス」稽古が進んでいます。

明日:11日(水)午前11時から@牯嶺街小劇場1F實驗劇場舉辦
で《馬克白》台北記者会見です。
→台北市中正區牯嶺街5巷2號。台湾国立劇場の近くです。

あのエドワードヤン監督の映画「牯嶺街少年殺人事件」の現場です。映画シナリオを書いた詩人・劇作家・演出家ホンホンが『台湾マクベス』のトップシーンを書き下ろしています。牯嶺街小劇場はホンホンの劇団の小劇場です。

記者会見の時、5分間のデモンストレーション上演も行います。

前売りの売れ行きも好評で、7月30日(土)13時30分回は「全席完売」です。。急遽、7月29日(金)18時30分「追加公演」決定です!!

※予約申し込みは今すぐ!→:https://goo.gl/Yf9zgp

久しぶりに台北まで新幹線の旅です。役者たちは早朝からバスで出発です。もちろん、夜は帰って稽古です。初日まであと17日。
2016-07-12 22:18 この記事だけ表示