流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

OKINAWA1972 今日は4ステージ目。

なんとか、お陰様で「満員」となり、爆走しました。
福島の劇団ユニットラビッツのメンバーが大挙してきてくれました。また郡山のお隣白河から元万有引力現在 は内科医師のしげちゃんが!ビデオ撮影も入った。ずいぶん、海外公演で世話になった、久しぶりの演劇評論家の結城さん、そして小山内さんも。連日、若いお客さんが増えてきている。嬉しい限り。
そして、個人的には「奇跡のような再会」がありました。まるで夢のような出来事に一瞬、ぼーっとなりました。35年ぶりに「夢にまでみた」ヒトに、今日「劇場」で会えました。思えばかなうと思っていたが本当に「有難う」というしかない。ただただ、感謝の日となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと14日間、16ステージ全力で駆け抜けます。ふらりと、早稲田までおいで下さい。

流山児★事務所「OKINAWA1972」(作・演出:詩森ろば)
本日:19日(月) 14時開演。
@Space早稲田 (地下鉄早稲田駅1番出口右1分) 

※上演時間1時間50分。
●終演後、山田勝仁(演劇ジャーナリスト)・詩森ろば(作・演出)
&流山児祥(Space早稲田芸術監督)によるアフタートーク開催。

※当日券アリ(13時より発売)

予約は今すぐ(開演3時間前まで受付します)→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
あるいは流山児★事務所:03−5272ー1785まで。

【前売り最新情報】
19(月)14時開演「前売完売」※当日券アリ、アフタートーク開催。
20(火)19時開演「完売直近」※当日券アリ
21(水)14時開演「前売完売」※当日券アリ
22(木)14時開演「余裕アリ」
23(金)19時30分開演「大いに余裕アリ」
24(土)14時開演「大いに余裕アリ」
   19時開演「大いに余裕アリ」

25(日)以降の「後半」は全ステージまだ「大いに余裕アリ」です。
◎前半(20、21、23日の回)はお得な割引料金:3200円
2016-09-19 10:16 この記事だけ表示
3日目の昼、今日も、ほぼ「満席」の劇場。全員元気に爆走。
開幕ペナントレースの村井雄、スタジオライフの奥田君、来年3月、戌井作品の音楽家:栗木健さん、22坪のママさん、評論家の岩佐さん、国立劇場の岡野さんといった顔ぶれ。。土・日は招待客がいないので、昨日に続いて今日も若いお客さんが多数。いいことである。

オフィシャルな飲み会はアフタートークと休演日前の中日祝いということにする。ロングラン公演なので、体調管理よろしく!である。役者たちもばらけた。それでも、いつものように女優さんたちは衣裳の洗濯やらイロイロと大変、感謝。

久しぶりに、早めに帰宅した。やることいっぱいなのだが。
さすがに、疲労困憊の体。早々と寝ることにした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流山児★事務所「OKINAWA1972」(作・演出:詩森ろば)
本日:18日(日)14時開演。
@Space早稲田 (地下鉄早稲田駅1番出口右1分) 

※座席は「完売直近」です。上演時間1時間50分。
※当日券はアリます(13時より発売します。)

予約はお早めに!(開演3時間前まで受付します)→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
あるいは流山児★事務所:03−5272ー1785まで。

【前売り最新情報】
19(月)14時開演「余裕アリ」※アフタートークあり。
20(火)19時開演「完売直近」
21(水)14時開演「前売完売」
22(木)14時開演「大いに余裕アリ」
23(金)19時30分開演「大いに余裕アリ」
24(土)14時開演「大いに余裕アリ」
   19時開演「大いに余裕アリ」
※25(日)以降、後半は、全ステージまだ「大いに余裕アリ」です。

◎前半(20、21、23日の回)はお得な割引料金:3200円
2016-09-18 08:21 この記事だけ表示
実に素敵な「劇評」です。

渡辺修(俳優・演出:けさらんぱさらん商会)

 流山児事務所のOKINAWA1972@Space早稲田初日へ。

 沖縄返還の年1972年。沖縄返還をめぐる佐藤栄作と若泉敬による秘密交渉と、返還に伴い沖縄進出を狙う本土のやくざ組織に対抗するために70年に結成された沖縄連合旭琉会の内部分裂の物語を往還させながら、芝居は進行する。

 沖縄のやくざの話というと、僕などは深作欣二監督の『博徒外人部隊』中島貞夫監督の『沖縄やくざ戦争』を思い出す。特に、『沖縄やくざ戦争』はこの芝居で描かれていることと同じ事実に基づいている。
芝居でも『ミンタミー』や『スター』と呼ばれた新城喜史・又吉世喜 も主要人物として登場しているし、旭琉会から離脱した上原組の組員が内ゲバのリンチで性器を潰されたエピソードも出てきて、返還に伴う利権に群がって進出してくる本土の勢力に対抗するべく結成された沖縄やくざ結束が、色々な思惑から四部五裂していく様を通して、「沖縄」が、本土(ヤマトンチュー)の政治的、経済的侵略によってバラバラに分断され犯されていくさまを描いている。

 狭いSPACE早稲田の劇場スペースをフル活用して、ある時は佐藤と特使(若泉)との密談の場であったり、争いの元となるクラブになったりと目まぐるしい場面転換もスピーディーに処理し、熱い魂のこもった芝居が展開する。出演者すべてが水を得た魚のように、疾走し暴れまわる。それぞれの役者たちが、与えられたキャラクターを丁寧に、生き生きと自信をもって演じて、1時間50分があっという間。男芝居だが、女性たちの物語も夫々印象深く話に深みを与えている。

 因みに、脚本家の笠原和夫さんも、その昔旭琉会理事の新城喜史の生涯をモデルにした『沖縄進撃作戦』を執筆したが、彼は新城の敵役として宜保俊夫をモデルにした任侠右翼を登場させている。

 宜保俊夫は、2005年に死去するが、東声会町井久之と関係が深く、琉球映画貿易の社長を長くやり、沖縄における東映系の映画の配給元だった。『博徒外人部隊』は返還前の沖縄に長期ロケを敢行していて、琉球映画貿易も撮影協力している。返還前の沖縄に自分たちが伸し上がっていった終戦直後の混沌を求めて進出を目論む負け組やくざの話が『博徒外人部隊』だった。

 またベトナム戦争の出撃基地化していた当時の沖縄では、反米・反基地闘争が激化しており、宜保はこうした動きに対抗するため、児玉誉士夫の指示で町井と縁組を行い、東声会沖縄支部を設立した。町井が66年9月に、東声会を解散させ、東亜友愛事業組合を結成すると、宜保も同組合の沖縄支部長となった。離脱した上原組組長は東亜友愛事業組合を通じて、本土の組織と結びつこうと画策するなどしている。

 笠原さんはその著書で、宜保の背後に、沖縄の反共基地化を目指す、元首相の岸信介や韓国大統領の朴正熙らの存在があったと語っている。『沖縄進撃作戦』は、東映会長の岡田茂と宜保の反対とによって映画化は見送られた。

 76年、笠原さんのシナリオを改編して『沖縄やくざ戦争』が制作された。いろんな事を、思い起こさせられた久しぶりのワクワク芝居だった。
2016-09-17 17:48 この記事だけ表示
「OKINAWA1972」の舞台写真が上がってきた。そこには、まるで「映画」のワンシーンのようなスチールが何枚も。それが、ある意味「OKINAWA1972」の象徴的なスチール。歌って踊って恋をして・・・それが、流山児演劇のモットーです。ニンゲンの可笑しさ、可愛さ、情けなさ、そんなアレコレがいっぱい詰まったモノガタリを見に来てください。

2日目の夜、ほぼ「満席」の劇場。今日も元気に爆走しました。
西瓜糖「うみ」を終えた松本祐子、佃典彦の二人、水野あや、シライシライケイタ、洪明花、評論家の河野孝さん、うにたもみいちさん、音楽評論家の伊達さん、プロデューサーの小澤さんといった顔ぶれ。
若いお客さんも多数。

早速、伊達さんとプロデューサーの野恵さんがミニレビューを書いてくれた。

伊達 政保 :音楽評論家
 この芝居、現在の沖縄問題に関心がある人は、全て見るべきだ。沖縄返還前後のヤクザ戦争の経過と、沖縄返還協定の裏協定である密約を扱いながら、復帰運動については全く触れてはいない。それによって真の沖縄問題が浮かび上がる。必見。音楽のセレクトも素晴らしい。10月2日までスペース早稲田で上演。

野恵:プロデューサー
流山児★事務所『OKINAWA1972』@Space早稲田 日本に返還される前後の沖縄を二つの面から熱く、でも淡々と描き出す。私のTLにいる方は、お芝居観ない人でもきっと楽しめると思う。沖縄が好きな人・気になる人は観に行けばいい。ワルとか任侠とか好きな人は何が何でも観るべき。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
流山児★事務所「OKINAWA1972」(作・演出:詩森ろば)
本日:17日(土)14時開演。
@Space早稲田 (地下鉄早稲田駅1番出口右1分) 

※座席は「余裕アリ」です。上演時間1時間50分。
※当日券アリます(13時より発売)

予約は今すぐ(開演3時間前まで受付します)→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
あるいは流山児★事務所:03−5272ー1785まで。

【前売り最新情報】
18(日)14時開演「余裕アリ」
19(月)14時開演「完売直近」※アフタートークあり。
20(火)19時開演「完売直近」
21(水)14時開演「前売完売」
22(木)14時開演「大いに余裕アリ」
23(金)19時30分開演「大いに余裕アリ」
◎前半(20、21、23日の回)はお得な割引料金:3200円
2016-09-17 10:21 この記事だけ表示
「OKINAWA1972」のミニ・レビュー(劇評)です。素敵な「劇評」有難うございます。

秋月祐一 :歌人・俳人
 流山児★事務所『OKINAWA1972』初日。作・演出は風琴工房の詩森ろば。ろばさんの緻密な歴史ドラマと、流山児★事務所の娯楽性が、絶妙にマッチ。沖縄返還をめぐる日米首脳の秘密交渉と、沖縄の裏社会の抗争を並行して描き、いま沖縄で起きていることも射程に入れた力作です。

高野しのぶ:演劇ウオッチャー
 風琴工房の詩森ろばさんが作・演出する流山児★事務所の新作「OKINAWA1972」初日。約1時間55分。
 敗戦から返還前後の沖縄の歴史を、現地の「ヤクザ」の闘争を通じて描く。地下の小空間で大勢が元気に踊り歌い暴れ、可動式大道具で場面転換。徹底したエンタメ演出になってて楽しい!

 米国との密約の成り立ちも教えてくれる。ひどい現実知るべき。日島亨役の五島三四郎さんが見惚れるほど良い。前の公演とは別人のよう。流山児&風琴の熱いマリアージュで小劇場演劇の醍醐味を味わえた。 https://pic.twitter.com/quYmUexWj0

Show:
 流山児★事務所『OKINAWA1972』Space早稲田 作・演出は詩森ろば。沖縄の裏社会の成立と日米の返還交渉を並行して描くという離れ業を手際よく処理してます。最後は少し駆け足だったものの、よどみのない展開は見事。主役(?)の五島三四郎は端正な顔立ちと動きの良さで目立ってました。若泉敬を演じた酒巻誉洋はシャープな感じが良かったし、ヤクザの親分たちも貫禄十分。
 ですが、何といっても佐藤栄作を演じた流山児祥が最も強烈。声と歌声の見事さで、登場するたび「場」をさらってました。
 箱の組み合わせと可動壁であらゆる場面を再現する舞台装置も狭い舞台にぴったりで良。座席の前後左右の間隔は狭く、苦しい体勢でしたが、賑やかでかつ奥の深い作品のためか、思ったより疲れませんでした。公演は10月2日まで。

宮崎恵治:俳優・黒テント
「OKINAWA1972」を観劇。今、是非、見てもらいたい作品の一つに上がる。沖縄返還。沖縄が日本に戻ってくる話を、表と裏で二つのストーリーで進める。多分、作・演出の詩森ろばさんが、仕掛ける沖縄が見えてくる。ここで進められるストーリーは、かなり忠実であろう。そして、この表と裏の話で見えてくるのは、今の沖縄なのだ。それは、沖縄が歴史的に、どういうところで、戦争で、どうなったかを、僕の中では、蘇らせる。若い人は、このことで、もっと興味を持ってもらえればいいし、こんなことが、沖縄だったのかを、知るチャンスでもある。
 僕は、今でも覚えている。小学2年生の時、担任の先生は、朝から授業をせず、テレビをつけて、沖縄返還の瞬間を見せられた。先生は、「よし、やった!」と大声をあげたのも覚えている。どれだけ、日本にとって重要だったのか、しかし、そのことで、沖縄の人たちが、どれだけ苦労していったのか、僕たちは、知らなくてはいけない。教科書に載っていないことを、伝えなくてはいけない。だから、若い人に、この作品を見てもらいたい。
 
2016-09-16 09:45 この記事だけ表示
Space早稲田演劇祭オープニング「OKINAWA1972」(作・演出:詩森ろば) 「満員」で無事初日を迎えました。本当にありがとうございます。 台湾、韓国からのお客さんも絶賛していました。それにしても「初日」らしいお客様多数、水谷龍二、村上ショージ、坂手洋二、大久保鷹、根本和史、宮崎恵冶、渡辺修、円城寺あやさんといった顔ぶれに加えて、高橋豊さん、高野しのぶさん、鈴木太郎さんといった評論家や読売新聞のY記者さんなど多数が「満員」の客席を埋めていました。 いや、確実に熱い反応が返ってきた。面白い芝居になってます。風琴工房+流山児★事務所の熱い化学反応、それがこの最強のコラボレーションである。

あと19ステージ、全速力で駆け抜けます。
ぜひ、ふらりと、早稲田までおいで下さい。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

16日(金)19時30分開演「残席僅少」
※当日券アリ(18時より発売)
@Space早稲田 (地下鉄早稲田駅1番出口右1分) 見逃すな!!

17(土)14時開演「余裕アリ」
18(日)14時開演「大いに余裕あり」
19(月)19時開演「残席僅少」
20(火)19時開演「余裕アリ」
21(水)14時開演「残席僅少」

予約は今すぐ(開演3時間前まで受付します)→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca

あるいは流山児★事務所:03−5272ー1785まで。
2016-09-16 09:44 この記事だけ表示
さて、愈々流山児★事務所2016秋公演「OKINAWA1972」(詩森ろば:新作・演出) 本日:15日(木)19時@Space早稲田
初日の幕が開きます。

オモシロいです。今年は1月からノンストップで面白い作品を創り続けています。1月・2月「キネマと怪人」@Space早稲田、4月・5月「女の平和〜不思議な国のエロス」@台湾国立劇場) 6月「代代孫孫2016」@下北沢ザ・スズナリ、そして、9月・10月「OKINAWA1972」(@Space早稲田20ステージロングランです。

わたしたちは一貫して「役者たちが絶対にオモシロい」といえる作品を創り続けています。みごとに、1か月半の稽古で詩森ろばの世界を「17人の役者のモノ」に仕上げています。

その目で確かめてください。みんなかっこいいです。
「集団のドラマ」が、ここにあります。

※それにしても台湾を襲ったスーパー台風!、みんな大丈夫か?
心配です。今世紀に入って最強の台風らしい・・・。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

15日(木)19時開演「残席僅少」※当日券アリ(18時より発売)
ふらりと、早稲田までおいで下さい。 (地下鉄早稲田駅1番出口右1分) 見逃すな!!

9月16(金)19時30分開演「余裕アリ」
17(土)14時開演「余裕アリ」
18(日)14時開演「大いに余裕あり」
19(月)19時開演「残席僅少」
20(火)19時開演「余裕アリ」
21(水)14時開演「残席僅少」

予約は今すぐ(開演3時間前まで受付します)→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-09-15 10:48 この記事だけ表示
流山児★事務所秋の問題作「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)順調に明かり合わせ進んでいます。細かい、細かすぎるぐらいに細かい明かりと音響チェックで進んでいる。日本演劇界最強の美術・照明・音響チームがSpace早稲田を「異世界」に変えています。これ、ホント!その目で確かめてください。

朝日新聞、日刊ゲンダイに続いて毎日新聞の取材もやってきた。秋の注目作それが「OKINAWA1972」です。

わたしは、役者:流山児祥を楽しんでいます。核密約の佐藤首相といっても私が演じるのだから・・・・ま・・・楽しもう!

演劇雑誌「テアトロ」10月号(発売中)で「アジアの演劇を求めて〜台湾マクベス報告記とわたしたちの演劇の現在」で「代代孫孫2016」→「台湾マクベス」→「OKINAWA1972」の「流山児★事務所2016アジア3部作」についてレポートを書きました。
ぜひ、読んで下さい。

愈々、明日9月15日(木)19時「OKINAWA1972」初日です。Space早稲田で待ってます。

☆9月15(木)〜19(月)まだ「大いに余裕」アリ です。
E予約は今すぐ→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca

2016-09-14 10:49 この記事だけ表示
ステージWEB「ステージナタリー9月3日号」に「演劇フェスティバル2016」が大きく取り上げられていました。ありがとうござます。
‏↓                  
「早稲田演劇フェスバル」が4年ぶりに復活、詩森ろば作品で幕開け http://natalie.mu/stage/news/200427
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日4回目の「通し」です。上演時間1時間50分。あっという間のノンストップアクション。
日々、モノスゲー芝居に進化しています。お見逃しなく!!
熱い男と女が「ここ」にいる!

「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)@Space早稲田
(東西線早稲田1番出口右へ徒歩30秒)

☆9月15(木)〜19(月)の前半5日間は、まだまだ、なぜか?
超おすすめの「大いに余裕アリ」です。

今すぐ 予約→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-09-10 11:00 この記事だけ表示
ということで、昨日の朝日新聞夕刊「沖縄 日本の問題の縮図」のタイトルで稽古場写真も入って大きく掲載されています。

「1972年の沖縄返還をめぐり、核密約と沖縄のヤクザ抗争を描いた舞台」
でもって、今日はメチャかっこいいOKINAWA1972「予告映像」が「今」できました。

みなさん、ぜひ観に来てね。よろしく!!

https://youtu.be/gwR6AVaSQ7k
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
本日3回目の「通し」メチャクチャかっこいい芝居に進化しています。
お見逃しなく!!
熱い男と女が「ここ」にいる!

「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)@Space早稲田
(東西線早稲田1番出口右へ徒歩30秒)

☆9月15(木)〜19(月)の前半5日間は、まだまだ、なぜか?
超おすすめの「大いに余裕アリ」です。
☆今すぐ 予約→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-09-09 12:09 この記事だけ表示