流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

初通しを終えて、15日(木)の初日に向けてあと1週間。
「OKIINAWA1972」追い込み稽古に入りました。

昨日の日刊ゲンダイの流山児祥ロングインタビューに続いて朝日新聞夕刊に詩森ろばのインタビューも掲載予定。まもなく発売される演劇雑誌テアトロ10月号(9月13日発売)には「アジアの演劇とわたくしらの現在」と題した流山児祥:長編レポートが掲載されます。

演劇ウォッチャー高野しのぶさんの「しのぶの演劇レビュー」の9月の「おすすめ舞台」にも選出されています。↓

「風琴工房の詩森ろばさんが、流山児★事務所に新作を書き下ろし、演出。稽古場取材のお話を頂いたのですが叶わず、脚本を拝読しました。

日本への復帰を控える1970年代の沖縄が舞台で、登場するのは現地のヤクザ、そして当時の首相と学者など。血気盛んな荒くれ者が熱くぶつかり合うお芝居は、同劇団にぴったり!

そして、沖縄の基地、将来の軍備を巡る米国と日本との“密約”が会話劇で描かれます。なぜ、今、沖縄の民意を無視して米軍のヘリパッド建設が進められているのか。なぜ、辺野古の基地移設で日本政府と沖縄県が訴訟をしているのか。歴史を知る機会でもあります。」

☆「反対派と警察、やまない攻防 沖縄・高江ヘリパッド移設」↓
    http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y5PX1J8YTIPE01J.html
 
「やんばる東村 高江の現状」↓
    http://takae.ti-da.net/
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)

☆9月15(木)〜19(月)の前半5日間は、まだなぜか?
超おすすめの「大いに余裕アリ」です。

今すぐ 予約→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca … …
2016-09-08 13:09 この記事だけ表示
今日は朝から夜遅くまでハードデイであった。

午前10時〜10月12日(水)〜15日(土)のスペース早稲田演劇祭企画「北村想名作リーディング」のオーディション。近くの地区会館で15時近くまで。

シライケイタ、佐野バビ市、伊藤靖朗、スズキ拓朗の4人の若手演出家が北村想の「虎☆ハリマオ」「グッドバイ」「十一人の少年」「DUCK SOAP]の名作に挑む。40人近い参加希望者を2組に分けて台詞オーディション、面接。参加者の熱気にさすがに疲れ果てる。

前回の佐藤信、山元清多リーディングを上回る、50人近い出演者で送る北村想フェスティバルになりそうである。

モチロン、塩野谷正幸、伊藤弘子、龍昇、甲津拓平、谷宗和、柏倉太郎、五島三四郎、森諒介、廣田裕美、星美咲、橋口佳奈といった流山児★事務所メンバーや月船さらら、山崎薫、「OKINAWA1972」出演中の東谷英人、酒巻誉洋といったトップスターも参加する超豪華リーディングになります。ぜひ、ご覧ください。

駅で本日発売の日刊ゲンダイを購入。
「流山児祥の酒人生」が大きく掲載されていた。
・・・・・・・・・・・・

で、Space早稲田へ。
みっちり稽古して19時から「OKINAWA1972」初通し。
約2時間のノンストップアクションに出来上がっている。
オモシロい!
ま、あと5回「通し」ができる。モチロン、明日も「衣裳付け」通しである。いつものようにGM用の映像チームも・・・近日予告映像公開。

さすがに、疲れ果てる。ダメ出しの後、スタッフはいつものように、徹夜でスタッフワーク。わたしは、23時前に帰宅。台風はまだどこかにいるらしい。

「OKINAWA1972」は、まさに流山児★事務所でしかできない作品に進化中です。ぜひ、ご覧ください。

「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)

☆9月15(木)〜19(月)の前半5日間は、まだなぜか?
超おすすめの「大いに余裕アリ」です。

今すぐ 予約→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca … …
2016-09-08 01:14 この記事だけ表示
今日書き上げた「OKINAWA1972」のご挨拶。
一寸、早いですが「掲載」します。

流山児★事務所は「代代孫孫」(韓国)「マクベス」(台湾)「OKINAWA1972」(沖縄)・・・・アジアの縁(へり)をめぐる「3部作」を2016年、自信を持って上演しています。ぜひ、Space早稲田へご来場ください。面白いです!!

だって、歌って踊って恋をしてのまるっきりの流山児★事務所!!、でもって、俺の佐藤栄作首相なんだから、これは文字通りの「喜劇」です。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「ごあいさつ」

本日は、お忙しい中ご来場まことに有難うございます。
四年ぶりに開催するSpace早稲田演劇フェスティバル2016のオープニングは、風琴工房の詩森ろばの新作書き下ろし・演出作品『OKINAWA1972』20ステージロングラン上演です。詩森さんは濃密な小劇場空間で戦後沖縄を舞台にした素敵な歴史群像劇を創ってくれました。

敗戦後、米軍の占領統治下の沖縄。米軍物資を基地から盗み出し収容所の人々に分け与えた戦果アギャ(戦果を挙げる人という意味だそうです)。鼠小僧ともいえるこの庶民のヒーローたちが、沖縄ヤクザへと変貌していったいった。本土復帰にゆれる1960年代後半〜70年代の沖縄の「裏社会」とそこに生きる人々、佐藤栄作首相と密使・若泉敬の米政府との「核密約」の「攻防」を、同時に描く、スリリングなノンストップアクション&ポリティカルエンターテインメント疾走劇、それが『OKINAWA1972』です。最後までごゆっくりお楽しみください。

戦後71年、返還から44年たった現在、沖縄東村高江で権力による住民圧殺のヘリパッド建設強行の無法状態が続き、石垣島・宮古島への自衛隊ミサイル基地配備の強行プランも進んでいる。今以上に、沖縄の人々に、わたしたち日本人(ヤマトンチュウ)は「戦争(基地)」を押し付けようとしている。ヤマトは「戦争」を本気で止める気がないのか?という標的の島《OKINAWA》の人々の声が聞こえている。ニッポンの「現在」が問われているのである。

なお、この演劇祭は12月4日まで続きます、ぜひ、ふらりと早稲田までおいでください。

流山児祥(Space早稲田芸術監督)2016年9月15日
・・・・・・・・・・・・・・・
9月15(木)〜10月2(日)@Space早稲田
(東西線早稲田駅1番出口右へ30秒)

☆まだ、全ステージ「大いに余裕アリ」です、ふらりと早稲田へ☆
予約は今すぐ→ https://www.quartet-online.net/ticket/・・・
2016-09-05 22:48 この記事だけ表示
戦後米軍統治下のオキナワ、収容所から米軍の物資を基地から盗み出し、収容所の人々に分け与えた戦果アギャ(戦果を挙げろという意味)沖縄の「義賊☆鼠小僧たち」=戦果アギャ。彼らは戦後、沖縄ヤクザへと変貌してゆく。沖縄裏社会の《原点》から、本土復帰にゆれる1960年代後半〜70年代の沖縄ヤクザの抗争と佐藤栄作・密使若泉敬のニクソン政権との「核密約」の攻防を描くスリリングな13シーン。めまぐるしく動き回るアクション&ポリティカルエンターテインメント、Space早稲田がワンダーランドに。
それが「OKINAWA1972」(詩森ろば:作・演出)

東映実録映画の名作「沖縄ヤクザ戦争」「沖縄10年戦争」「博徒外人部隊」を超える生々しいニンゲンドラマが、客席60席の濃密空間に炸裂する!

見逃すな!9月15日(木)〜18日(日)がおすすめです。ぜひ、ふらりと早稲田までおいでください。

今週、日刊ゲンダイ:流山児祥インタビュー、朝日新聞:詩森ろばインタビュー掲載予定。
15日(木)公開迫る!
。。。。。。。。。。。。
9月19日(月)14時の回終演後、
作・演出:詩森ろば 、企画・芸術監督:流山児祥、
ゲストに演劇ジャーナリスト:山田勝仁氏を迎えて
アフタートーク開催。

9月15(木)〜10月2(日)@Space早稲田
(東西線早稲田駅1番出口右へ30秒)

予約は今すぐ→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-09-05 14:16 この記事だけ表示
秋の問題作Space早稲田演劇フェスティバル2016オープニング作品「OKINAWA1972」

9月19日(月)14時の回終演後、
作・演出:詩森ろば 、企画・芸術監督:流山児祥、ゲストに演劇ジャーナリスト:山田勝仁氏を迎えてアフタートーク決定!

9月15(木)〜10月2(日)@Space早稲田

予約は今すぐ→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca

「OKINAWA1972」初日まであと11日。いよいよ、本番近し!である。

殺陣稽古、衣裳パレード、パンフレット用の写真撮影の盛りだくさん。
今日から追い込み稽古の始まり。
午前中、日本演出者協会発足56周年記念「演出家の集い」@座・高円寺1の企画会議
これも面白い!お祭りにしたいと思っている。
2016-09-03 10:04 この記事だけ表示
非戦を選ぶ演劇人の会ピースリーディング。連日「満員」のうちに幕。とにかくニッポンの《現在》がすべてぶち込んであるといっていい石原燃の力作。

山田さんの劇評が言いえて妙。

「今現在の日本を取り巻く膨大な情報、高江から福島、ソマリア…それを一人の女性と沖縄に住む青年とのやり取りを軸に描いたことによって整理され、観客にわかりやすく提示できた。
 リーディングとはいっても、地声で客席まで声が届く俳優諸氏。台本を持ちながら動きの激しい演技ができる。ほとんど普通の芝居のようなもの。これをわずか数日で作るのだから練熟の役者と演出の凄み。 安倍、稲田、小池のソックリショーに大笑いし、後半はボロ泣き。 高江に始まり高江に終わる。
60年代、ベトナム戦争時に警官の銃に花を挿したフラワームーブメントを想起させる希望のラスト。
 諦めることなく進むこと。世界が戦争を放棄するその日まで。」
・・・・・・・・・・・・・

リーディングを終えてたどり着くSpace早稲田が「Space早稲田演劇フェスティバル2016」の本番仕様に。色塗りの真っ最中であった。

塩野谷正幸、龍昇、伊藤弘子、栗原茂、上田和弘、小林七緒、イワヲ、甲津拓平以下劇団員総出の作業。これぞ劇団力!である。
32年の流山児★事務所の《現在》がここにある。20年ぶりに新しい照明卓も入れた。

作業を中断して劇団総会。小屋番、鍵当番、制作担当など細々としたことを決める。で、来年の「演劇祭開催」も、やれたら、やろう、と決める。来年は夏から秋に開催予定。ビンボーだけど、夢と志高い劇団の参加を募ろうと思っている。

※※それから、流山児★事務所では次世代を担う「若い男優:スタッフ」を募集しています。この劇団はやりたいことが「やれる」アナーキーな劇団です。で、力が溜まったら、積極的に「外」に出ていける「ホーム」でもあります。ぜひ、気軽に劇団の門をたたいて下さい。待ってます。

「OKINAWA1972」の当日パンフに詳細発表予定。
ぜひ、ご覧ください。「OKINAWA1972」は素敵に面白いオープニング作品になってます。
。。。。。。。。。。。。。。。。。
予約はお早めに→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca … … … …
2016-09-02 11:36 この記事だけ表示
OKINAWA1972快調に稽古進んでいます。
昨日は、今回殺陣師の上田和弘いわくの「ぶちかまし」のオープニングシーン、3分あまりのメチャかっこいいモノが出来上がった。
近年、『義賊☆鼠小僧』『新殺人狂時代』『代代孫孫2016』『台湾マクベス』と、どんどん殺陣師としての実力をつけてきた上田和弘、すごいモノである。なんでも、パンクでヘビメタな絵が「降りてくる」そうである。

OKINAWA1972、まさにエンターテインメントに出来上がりつつあります。息つく暇を与えない、ノンストップ・アクション劇。
・・・・・・・・・・・・・

書店で演劇雑誌「テアトロ」9月号をめくる。
「今年上半期の舞台◎ベストワン・ワーストワン」

演劇評論家・歌人の林あまりさんが「上半期の好舞台」の一つに『代代孫孫2016』(作:パク・クニョン、脚本・演出:シライケイタ)を取り上げている。

『代代孫孫』はスズナリの空間に役者のエネルギーがはじける、わくわくする舞台だった。ベテランの塩野谷正幸、伊藤弘子がいい味を出している。人間の愚かさとおかしさが代々受け継がれてゆく、その大切さにしみじみと思った」

詩森ろばさんの『残花』(いわてサポートセンター制作)も高く評価され「今年上半期の舞台」、「今月のベストスリー」でも選出され劇評が掲載されています。ぜひ、ご購読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
ということで、OKINAWA1972 初日まであと19日。
もうしばらくお待ちください。

予約はお早めに→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca … … … …
2016-08-27 16:35 この記事だけ表示
最近「政治家」というニンゲンの奇妙さ・気持ち悪さの「距離感」を探しているのだがやっぱり「気持ち悪い」のが実感。。。。うーん。。。。まだ、まだ、まだこれからだぜ。佐藤栄作というニンゲンを超えたあの時代の政治家。

今日も様々のDVDを観ている。中島貞夫の東映映画、ひさしぶりの「沖縄ヤクザ戦争」、でもって、モッくんの「運命の人」、BSドキュメンタリー「沖縄返還と核密約」、みればみるほど日本と沖縄の歴史と《現実》に苛立つ。

そんな2016年、OKINAWAの1972年をきっちり、わたしたちのカラダを通して魅せたい(言葉としては微妙だが)と思っている。
あれから、44年何も変わってない・・・・OKINAWA2016。

OUR RYUKYU‘S BASES 
初日まであと4週間、まだ時間はたっぷりある。

予約は→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca …  
2016-08-19 10:35 この記事だけ表示
「OKINAWA1972」(詩森ろば・作演出)
新出演者決定!新戦力、元気に稽古開始。
ご期待ください!!

岡野優介:クロムモリブデン
芦塚諒洋
佐々木恭平
江口翔平:studio life

の、若者4人です。
よろしく!!

9月15(木)〜10月2(日)@Space早稲田 

予約→ https://www.quartet-online.net/ticket/okinawa?m=0abjgca
2016-08-17 00:11 この記事だけ表示
お盆の2016年8月15日、あれから71年の歳月が流れた。

朝早く西船橋経由で東松戸へ。
たつま一家と一緒に両親の墓参り。
嫁の智子も孫の仁も柚枝も大元気である。
今朝、千葉の海から車で東松戸へ。一緒に墓苑へ。

たぶん、昨日、兄貴が墓参したらしく、墓はすっかりきれいになっていた。
花も飾っていたので、そのままてんこ盛りにする。
線香とタバコと珈琲、母が好きだった缶コーヒー。

近所の霊園にたつまの小学校時代からの友人の墓があるのでいつものように廻る。若くして死んだN君はコーラが好きだった。コーラが何本も並んでいた。

馬場へ車で向かいながらいつものように世間話。面白い話をいっぱい聞く、いっぱい話す。この国はホントーにどこへ向かうのだろう。

帰宅すると戦没者追悼式。黙祷。

「ここに過去を顧み《深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないこと》を、切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」と天皇は語った。

・・・・・・・・
あ、昨日の夜、風呂場で蓋を左足の指に落としてしまい、すごい痣に、すぐ冷やしたが、血も出て爪が死んでいる。ああ、やっと「立ち稽古」に入るというのに・・・・びっこ引きながら、ま、焦らず頑張ります。
ま、今日は結局は「お休み」した。

それから、昨日は文芸坐で「沖縄決戦」、「うりずんの雨」を見た。それか
2016-08-16 00:11 この記事だけ表示