流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

全国の楽塾ファンのみなさま、お待たせしました。
昨年は、台湾@台北 台湾国立劇場公演のみでしたが、
今年は、東京でやりますよ〜
でもって、来年は三重・愛知あるいは韓国公演を「予定」しています。東京公演は来年ありません。ぜひ、座・高円寺においで下さい!

3月3日(金)前売り予約を開始しました!!
予約は→http://www.ryuzanji.com

楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』
脚本:佃典彦
演出:流山児祥
振付:北村真実
音楽・作曲:多良間通朗

2017年5月3日〜6日
座・高円寺2

ミヒャエル・エンデの『モモ』をモチーフにした作品です。
チラシのイラストは、
すももももももこさん、
いや、やまなかももももこさん
描いていただきました。

予約開始は、偶然にも桃の節句の3月3日
モモ尽くしです〜
2017-03-03 12:54 この記事だけ表示
中高年劇団=楽塾新作ミュージカル「すももももももモモのうち」(佃典彦:作)、順調にダンス稽古と並行しながら遅々として「進んで」います。

今月から土・日稽古が始まった。

ま、今月中にぜーんぶ「軽く」当たろうと思っているんだが?

で、20年ほぼ楽塾の宣伝美術を担当してくれている山中桃子のステキな絵のチラシ完成しました!ちなみに桃子は女子美の高校生時代から楽塾20年の活動にかかわっています。

嗚呼、楽塾創立20周年である。来年はカナダ→台湾に続いて3度目の海外公演を予定しています。5月3日(水)〜6日(土)@座・高円寺2 お見逃しなく!!

そのうち、あなたの町に、このチラシが・・・・。

3月3日、ひなまつり:恒例の「前売り開始」です!
2017-02-05 09:26 この記事だけ表示
ということで、中高年劇団=楽塾、今年最後の稽古。
2017年5月ゴールデンウイークに上演する「楽塾創立20周年」記念公演@座・高円寺2、佃典彦:新作書き下ろし『すももももももモモのうち』の本読み・キャスティング。

今回は、文字通り流山児★事務所とのコラボレーションとなる斬新なキャスティングになった。男優陣6人、若手女優陣3人と楽塾15人の総勢24人のスペクタクルとなる。

戯曲はエンデの名作『モモ』にインスパイアされたファンタジー音楽劇。多良間通朗の主題歌も出来上がって、早速、歌稽古。来年、正月早々、歌・ダンス稽古も始まる。
・・・・・・・・・・・
キャスティングを終えて恒例の忘年会。
いつものように、皆さんの持ち寄りの一品で豪華な呑み会に。
ほんとうに、美味しゅうございました。
来年もよろしく。

忘年会を終えて、今夜は『メカニズム作戦』の美術の竹内陽子さんが色塗り作業。若手の女優陣が助手。

かくして、早稲田のクリスマスの夜は更けてゆく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『メカニズム作戦』全曲出来上がりました!素晴らしい楽曲ばかりです。稽古は一気にラストシーンに向かって進んでます。

『音楽劇☆メカニズム作戦』
2017年1月13日(金)〜29日(日)@Space早稲田
宮本研:作
流山児祥:演出
朝比奈尚行:音楽
神在ひろみ:振付 の黄金トリオで放つミュージカル、

流山児への予約は →https://www.quartet-online.net/ticket/mechanism?m=0abjgca

※まだ全ステージ「大いに余裕アリ」です。予約はお早目に!
2016-12-25 23:53 この記事だけ表示
今日もハードデイ。

午前中から演出者協会理事会@芸能花伝舎
でもって、13時から年に一回の演出者協会総会。
全国から30人余の会員が集まって喧々諤々。
これがいいのである。
20代から80代の演出家があーでもない、こーでもないとしゃべりあってる様、毎年のことだが「この雰囲気」が実にいい。
「演劇大学」「若手演出家コンクール」「近代戯曲セミナー」についての議論で3時間みっちり。
・・・・・・・・・・・・・・・
なんとか、17時前に総会を終えて、新宿駅で「肉の万世」でコロッケ・カレーを食べて、早稲田へ。珈琲館で久しぶりのアイスコーヒー。横の席に矢吹歩雅の顔。18時ギリギリにSpace早稲田へ。

超満員札止めの楽塾2016夏の発表会となる。
劇団員は全員立ち見であった。さすが、楽塾!

北村想の「十一人の少年」のリーディングを観ていて本多劇場の初演を想い出していた。「十一人の少年」は文字通りの「名作」である。
みていて、いつか「演出」したいと思った。あっこと勉さんの2人芝居は卑怯千万の「やり放題」で言うことなしであった。
ま、私がいないと、かくも「自由にできる」のだったらそれもよし!と、ほんと、楽しかった。みなさん、本当に、お疲れ様でした。また、やってくださいね。おれ、黙って観ているから。

スタッフをやってくれた橋口、星、竹本、廣田、三四郎、ありがとう!

明日から「OKINAWA1972」本格稽古インである。
美術の杉山さんが打ち上げ中にSpace早稲田をじっくり見ていたっけ。よろしくお願いします。
2016-08-07 22:41 この記事だけ表示
【緊急情報  楽塾2016夏の発表会】

台湾公演「女の平和」@台湾国立劇場
から 約3ヶ月。
楽塾一同 元気に 夏を迎えています。

そして、なんと「夏の 発表会」を開きます!

それぞれ 何かと忙しい身ゆえ なかなか全員が揃いません。
が 「そこに存在することを楽しむ」を モットーにの
精一杯の発表会です。

暑気払いに(?) 夏の夜のひととき 、どうぞ ふらりと早稲田まで
お越しくださいませ。

◎と、いうことで、私は一切タッチしない「自主発表会」です。
当日、わたしもふらりと「観劇」する予定です。ぜひ、皆さんも!

日時: 8月7日(日) 18時 開演 入場無料
場所: スペース早稲田
(地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口右へ1分

※座席に限りがありますので事前に流山児★事務所までご連絡ください。03−5272−1785 流山児★事務所

「11人の少年」リーディング上演 
作:北村想
【出演】
いそちゆき
かわちちはる
関口有子
辻洋子
みかわななえ
村田泉
めぐろあや

「森の中の小画廊」
作:ソンブレロ
【出演】
高野あっこ
溝田勉
2016-08-03 11:52 この記事だけ表示
ということで、楽塾@台湾公立劇場公演「女の平和〜不思議な国のエロス」の密着取材・ドキュメントがフジテレビ「みんなのニュース」5月19日(木)18時14分から放送されるとのこと。時間があったら見てくだい。
楽塾に去年入団した新人4人を中心に追った渾身のドキュメンタリー?になっているかもでrす。

以下、新人の平山郁子から。
「皆さま、お疲れさまです!
事務所にもご連絡が入っていると思いますが、先日の楽塾台湾公演の密着取材の様子が5月19日(木)18:14〜フジテレビ「みんなのニュース」内で放送されるとのことです。取材してくださった三宅さんに確認いたしました。

お稽古から本番までの様子がどんなふうに編集されているのかドキドキですが、中高年パワーがテレビを通じてたくさん方々に伝わると良いなぁ(o^^o)と思っています。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m」
2016-05-17 18:54 この記事だけ表示
約2週間の台湾での活動を終えて無事、今晩帰国しました。みんな、元気です。
楽塾初の台湾国立劇場公演「女の平和〜不思議な国のエロス」(作:寺山修司)は私たちの予想を超えていまや伝説になっている『ハイライフ』と並ぶ《演劇的事件》になっているようです。

みなさん最もハードな稽古をつみかさね、見たことがないような素敵な「新作」をつくってくれました。これからの楽塾の「ある方向性」を見出した作品でもあります。

楽塾公演を終えて嘉義市に移動。@一面の田んぼの中の嘉義表演芸術センター。
熱く、暑く、ハードな『マクベス』キャスティング・ワークショップを3日間。若い奴らとの出会いとなった。
若いマクベスとマクベス夫人。

これまた、やったことのない「マクベス」をつくろうと思っている。が、スタッフもたりない、まったく、カネもない。あるのは、志とニンゲンの繋がりだけ。で、持ち出しでいいじゃん!である。さまざまな人が志だけで、協力し、面白いものを作ろうと、動いている事に、感謝!!これは嘉義で演劇革命をおこそうとしているOUR COMPANYの志に感動・賛同した68歳の演劇青年としての活動であり、わたしたちのアジアの演劇=未来への投資である。もちろん、これは演劇渡世の仁義である。

一宿一飯!それでいいじゃん、所詮、おれたち河原者なんだから、それしかないじゃん!と、台湾の地で、ちょっと「よれてきた」手前を鍛えなおすための《原点回帰》だと、こんかいの機会に「感謝」している。幾つになっても先はきっちり「ある」のである。一所不在の人生を!!

アングラはCHEAPだけどgreatなんだぜ。でもって、hungryでアングリー!!

なんとか、キャスティング(仮)を終えて、台北で高校生ワークショップ。これも楽しかった。高校生は元気である。

新北投の温泉で、ゆったりとしたのがたった1日。
ほぼ芝居漬けの約2週間であった。

真実先生、イーラン、畝部、衣裳の竹内さんの『マクベス』チーム、台湾を放浪していた諏訪創、楽塾居残り組の関口さん、いそさん、杉山さんと松山空港で合流。夕方羽田着、帰国。

いつものように馬場の安居酒屋で黒ホッピーとハイボール。刺身。美味い。台北も嘉義もうまいものだらけだがやはり東京も・・・。

明日からいつものトーキョーの日常である。
明日はフクシマ行き。劇団ユニットラビッツ、佐藤茂紀:新作・演出「鏡の中の怪人二十面相」@郡山市民文化センター中ホール18時30分開演、初日です。
ぜひ、おいでください。

でもって、三重県津市芸濃町では水族館劇場の新作「この世のような夢」(作・演出:桃山邑)が開幕した。
2016-05-07 09:42 この記事だけ表示
楽塾@台湾国立劇場公演「女の平和〜不思議な国のエロス」(作:寺山修司)
今日はハードデイ。朝から明かりつくり。真実先生は踊りのチェック。

お昼過ぎから記者会見、メディア向けの撮影シーンのための場当たり、メディア取材、記者会見。
「新視点演劇祭」のオープニング招聘作品の目玉が楽塾なのだ!

「表演藝術」という雑誌の表紙を楽塾が飾っている。なんと、あの、ルパージュと一緒に!
「表演藝術」の特集はシニア演劇、イギリス、日本、中国、台湾のシニア演劇の「現在」を特集している。蜷川さんのゴールドシアターや各地のシニア演劇について詳しくレポートしている。もちろん、そのムーブメントの一つとして今回の楽塾国立劇場公演がる。高齢化社会のアジア、とりわけニッポン、韓国、台湾、中国。シニア演劇の《現在》と《交流》である。

明日は夜の「通し稽古」を台北でシニア演劇をやっている皆さんに観てもらったあと「交流会」である。

楽塾公演を終えると、わたしは中高年演劇のレクチャー(楽塾の19年のクロニクルを語る)、高校生ワークショップ=日本の詩を使って遊ぼう、と、@国立劇場、台北の高校と続く。

その合間に7月下旬に上演する「台湾マクベス」のオーディション・ワークショップである。いま70人の書類を見ているがこれが大変!!

とにかく、今日のハードデイである。
2016-04-27 10:53 この記事だけ表示
ということで、今年2回目の海外公演=台湾に向けてに明日、お昼出発します。
中高年劇団=楽塾の19年目の冒険の≪旅≫です。

2年前に「世界初演」した寺山修司の「不思議な国のエロス」を原作に、戦国時代に翻案した楽塾時代劇ミュージカル、それが「女の平和」である。危機の時代=戦争の時代の≪いま≫におんなたちがNO!と叫ぶ、ストレートな芝居である。

3・11、そして熊本・大分の震災を体験しながら、いまだに経済原則しか求めないニッポンにきっちりNO!という作品に仕上げました。

演劇は時代を、「社会を映す鏡」(シェイクスピア)ならば、きっちりと、愚直に、わたしたちは、ニンゲンの叫びを伝えようと思っている。

元気に台湾に行ってきます。
高齢化社会という現実が日本・韓国・中国・台湾に「ある」。
楽塾の演劇はそんな高齢化社会の「生き方」を提示できる行為である。

面白い!と思ってくれると確信している。「西遊記」に続いて、流山児★事務所はアジアに羽ばたく・・・・というより、アジアで「遊ぶ」・・・・それが、1999年韓国から始まったわたしたちの≪旅する演劇≫の現在である。
2016-04-24 21:56 この記事だけ表示
楽塾台湾公演「女の平和〜不思議な国のエロス」(原作:アリストパネス 脚本:寺山修司)、実寸での「最終通し」を榎町の区民会館で。
ダンスの最終チェック。この期に及んでの稽古稽古。
通し、ぎりぎりまで。15分押しの15時15分開演、上演時間1時間20分。

予想を超えて、ギャラリーも30人を超えた。凄い!!
多くのお客さんが来てくれた、本当に、ありがとうございました。
元気に、台湾に行ってきます。

ダメだし、荷物の最終チェック。

で、残ったスタッフとラビさん、ダイちゃんと一緒に、名古屋の劇作家:北村想さんから送られてきた牛タンと焼売でお疲れ様会。
佐原がシェフでずーーと焼いてくれ、米山さんが焼売を。
想さん、本当においしゅうございました。みんな、元気になりました。

明日は一日休み。明後日、お昼には羽田から台湾へ。
2週間の旅が始まる!!
では、元気に行ってきます。
2016-04-23 22:03 この記事だけ表示