流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

バンチの稽古を2日間抜けて福島へ。
初の演劇大学IN郡山の開催である。
3・11大震災で文化センターが被災して開催が危ぶまれたが郡山の皆さんの血のにじむような努力で4日間圧倒的反響を呼んで無事開催された。

「バンチ」の荒立ちを観て、新幹線にとびのり郡山へ。
会場はさんかくプラザ。市内の各地で除染作業の真っ最中。郡山はものすごい高い放射線量。会場の裏手で1日中ブルトーザの音。
テキストは岸田國士の「秋の対話」精神に異常をきたし、草花や蛇や蟋蟀を愛でる少女のメルヘン風物語。エロティックである。
15歳の高校生から72歳のおじさんまでの16人で「豆芝居」を作る4日間。

初日、自己紹介、本読み。キャスティングまで。好きな歌と曲を聞く。「リンダ リンダ」「狙い撃ち」「月の光」「枯葉」の4曲。キャスティングと皆さんお話を聞いていて、ふいに森進一の「襟裳岬」が浮かんだ。♪北の町では もう、悲しみを暖炉で、燃やしはじめてるらしい・・・・この一節で綴る「秋の対話」。これが演出プラン。世代と逆のキャスティング。60代と70代の男性2人、あとは14人のタフな女優さんと高校生の演劇部員。

2日目は台本作りと本読み。歌稽古。

3日目が正念場。朝9時から夜9時までの「初」の12時間稽古。みっちり。振り付け、しつこいなんてもんじゃない稽古。全員、ほんの一瞬も気の抜けないノンストップで16人が動く芝居に出来上がっていった。

4日目も朝9時から衣裳を着けて最後の通し稽古。
11時半から本番。野崎美子さん指導のシニアコースはゴーゴリの「結婚」、面白い。皆さん、
「秋の対話」爆笑のうちに幕。
いや、名作である。久しぶりに流山児ワールド全開の「反社会的」(青井陽治)ドラマであった。
で、青井さんのコースは見事なまでの「関係のワークショップ」+ミュージカル「チャーリーブラウン」・・・・「非社会的」(青井陽治)ドラマであった。3つとも全く違う切り口、それほど芝居は自由なんです。

名古屋から鹿目由紀さん、東京から藤井びん、和田理事長も加わってシンポジウム。
福島発の演劇!さまざまな《現実》を聞きながら意見交換。高校生たちの語る姿をみて、この国も捨てたもんじゃない、と勇気をもらった。皆さん、本当にありがとうございました。仙台からYさん、新潟からHくん。来年も元気に会いましょう・・・と言い残し一路トーキョーへ。


夜7時過ぎ、久しぶりに、恒例の楽塾秋の自主発表会『空騒ぎ』の稽古を見る。今日から音響を山下が手伝っている。そういえば、早稲田の演劇フェス、山下がやるんだったら仙台のYさんが「プロデュース協力するよ!」といってたことを伝える。そりゃそうだ、「劇団の若手にスペース早稲田使わせなよ」確かに、その通りである。そーしましょ。

通しを観て、いおうと思っていたが・・・・・ま、是も致し方ない。で、ちょっと稽古。
中盤以降は「黙って通しを」見る。全ては明日から。楽塾夜稽古開始である。

ちなみに、わたしは「演出協力」という名の「ご意見番」です。
・・・・・
さすがにヘトヘトに疲れきって帰宅。
すると、甲府のFさんからバースデープレゼントのハンカチ。ありがとうございます。そういえば、仙台のYさんから赤霧島、新潟のHくんからは雪中梅のバースデープレゼントもらったんだった。感謝、感謝。
台風12号は紀伊半島を中心に記録的な豪雨で土砂災害を起こし、発電所水没なども相次いだ。これまでに26人死亡、56人行方不明となっている。渦巻く濁流が民家や集落を飲み込む、ほぼ水没したムラのニュース映像をみていると、この☆星、近頃、本当おかしいよ?と思ってしまう。3・11から半年。

それにしても、アレルギーなのか風邪なのか朝から、咳と鼻水が止まらない。
楽塾は今週も最後までテキスト・レジー(台本直し)。
あーでもないこうでもないと、みなさんがやっている横で、ティッシュでずーっと鼻かんでいる俺。
基本的には自主稽古で創る「発表会」なんだから、基本的には「口出ししてはならない」?んだが・・・そこは・・まあ。
「台本の構造」を読むよりどうしても役者は「やる時の都合」のほうを考えてしまう・・・そりゃそうだ。で、「2役」で作ってきたものをシンプルに「1役」にすることを提案。せっかく作ってきたのに・・・ねえ。

来週中にはテキストレジーも終わる予定。これでいい。それにしても言葉遊び、に命懸けっていいなあ。徹底している若いNODA world。荒々しくて若々しい野田版シェイクスピア。

・・・・・・・・
今日は雨は降っていないが、蒸し暑い。
今週は「ユーリンタウン」本読み・歌稽古。

たのしく、じっくり・・・・・やりましょう。

予想通りピースリーディング「満員」の千穐楽である。
恒例のことだがとにかく続けることである。
地道に、次世代に繋げていくことである。
飯舘村の酪農家:長谷川健一さんのお話は聞きたかったが早稲田の稽古場へ。

秋の自主発表会の稽古に入っている楽塾の稽古である。
稽古といってもいまは使用テキストのテキスト・レジーをああだこうだとやっている段階。
使用テキストは野田秀樹の「から騒ぎ」、シェイクスピアの「から騒ぎ」を相撲部屋の世界で描いている娯楽作品。「真夏の夜の夢」同様、ことばあそび満載の作品。

古代の戦争。
二陣営のにらみあい。
ぐるぐるまわる、まわりつづける。
やがて巨大な軍配がかえされると、戦争がはじまる。
とっくみあいの戦争に変わっていく。次第に、取っ組み合いの戦争の景色は、数多くの相撲の景色になっていく。

ま、この最初のト書きをどう作るかでこの劇は決まる。
ま、全く楽塾では「このシーン」はやらないことに・・・・ま、そんなとこだ。

で、もって、この作品を8人でやることに・・・・。発表会は全員参加でなくあくまでも自主的な勉強会、自主参加、ま、3か月で気に入ったものに、出来上がんなきゃ「発表会」やめりゃイイ・・・みたいな感じでやっている。去年のテキストは清水邦夫の名作「楽屋」だったが、これまた3組×4人=12人のこれこそ、原爆投下後の「楽屋」になっていた。今回は8人の「から騒ぎ」である。

2幕全26場の大長編。
半分近くをカットしているのだがこれじゃ、なんの芝居かわからない。
ま、起承転結より、とりあえず「関係性」というか「役を作る」ためのテキストレジーをやりながら作ることに・・・・17時から21時までほぼノンストップで「荒立ち」で前半1幕1場から9場まで当たりながら台本を作っていった。
これで、来週立ってみることに・・・・台詞入れてきて!と例によって宣言。
で、来週は歌と踊りも加わったりして?

ま、とにかく11月の発表会に向けて楽塾は動き出したのである。
というわけで、非戦の打ち上げには参加できなかった。本当にお疲れ様でした。
そして、スペースzeroにおいでくださいました多くのお客さんに御礼申しあげます。劇団員、楽塾、RYU CLUB、知人、と多くのひとが2日間来てくれた。
。。。。。。。

「ユーリンタウン」歌稽古、楽塾稽古、稽古三昧の残暑である。
放射能ヒバク列島にわたしたちは「いま」を生き・演劇・しているのである。
あっというまの15ステージである。
連日超満員札止めの爆走で14周年目も追加公演1ステージをふくむ15ステージとなる。

ホントーに全国から多くの人がやって来てくれている。仙台のYさんの元気な顔に全員喜ぶ。水戸芸術館で是非上演してくださいというアンケートやらいろんな地方からぜひ、うちの町に!の声。
「ア太郎」はほぼ、ノーセットで何処でも上演できる作品である。お客がいれば全国どこにでも行こうと思っている。流山児★事務所のレパートリーシアターのレパートリーに加えて楽塾作品は何処でも「上演可能」である。

ただし、上演できるのは土・日・祝日です。

・・・・・・
楽塾版もーれつア太郎、絶賛好評のうちに本日14時の回で終演です。

で、わたしは13(金)から始まる『夢謡話浮世根問』の7都市ツアーに向けて柏・盛岡・仙台の情宣と打ち合わせが9(月)から。ハードな日々が続く!!

浜岡原発全面停止へ!
当たり前だ。
「初日」以来、連日「満員札止め」の大盛況が続くSpace早稲田演劇フェスティバル第1弾『楽塾版もーれつ、ア太郎』です。連日多数のご来場に感謝します。

今日は久々の昼14時の回のみ。

今日はほんとに、開幕から、どかんどかん、お客さんが「笑いっぱなし」のステージとなった。
何をやっても、ど真ん中のお客さんが笑うのでつられて?か「全編爆笑のステージ」であった。
佃一家:奥さんに娘さん2人も楽しそう・・・だった。ちょっとした?ことが本番中に娘さんにあり、楽しい1日となったことだろう。肝さんはまったく知らなかったので・・・・・すみません。

昨日今日と熊本、名古屋、長野と今日も「全国」から。うれしい限りである。
1年に1回の楽塾芝居、14年の歴史のなせる業である。
たった、70席の小劇場に「日本の演劇の現在」があると、私は確信している。

それにしても、「老若男女の群れ」とはこのことである。
多くの「フツーの人々」がここに集っている。こういう≪場所≫こそ「劇場」である。

連日「ありがとう」とお客さんに言われる芝居!こんなことをやれる演劇人って、楽しい人生だと思う楽塾の本番の日々である。

さて、あと3日。
あと、5ステージのみ、全ステージ完売が「中日」前に決定しましたが、どんなに「追加公演を!」の声があってもこれ以上の「追加公演」はありません。悪しからず。

当日券も今のところ、「キャンセル待ち」ですが、少し(5枚ぐらい)は「当日券」発売できます。
よろしく!!


なお、来年は座・高円寺2という劇場で上演が決定しています。演目は『楽塾歌舞伎☆十二夜』です!!
・・・・・・・
さて、あっという間に「中日」である。
連日「超満員爆走」の楽塾版「もーれつ、ア太郎」である。
7ステージを経てどんどん、役者のモノにきっちりなってきている。
5か月近い稽古が培ったものがゆったりとながれるようになったら楽塾はOK。
のどの状態もほぼ全員好くなってきたし・・・・・稽古は、ストレッチ、歌、踊り1時間、これで本番を迎えるいつもの状態に。
・・・・・
この芝居をやっていて時々、思うこと、それは廃墟の世界でバラック小屋の八百屋にいるデコツ八とア太郎と町の人々。
誰かが言っていたっけ「資本主義の終わりは、人間の終わりでない」
経済成長や競争がなくても人は生きていける、いやそのときこそ生きているのだ。

節電で暗い町っていいじゃん、夜は暗いもの・・が当たり前。
で、「ア太郎」の劇世界をぜひ、ごらんください。
シュールで不条理、今の時代の一つの「ありざま」がここにある、ここにあるのは「いまはないユートピア」・・・・いやいや、井上ひさし氏の「ひょっこりひょうたん島」に通じる何かが?家族・友情とは・・・・。

佃典彦が今日、名古屋からやってくる。

12月公演『帰ってきたオールドバンチ』の打ち合わせも。

かくして、『楽塾版:もーれつ、ア太郎』前売り全ステージ「完売」しました。当日券をお求めください。
29(金)初日の幕があいた楽塾版『もーれつ、ア太郎』は3日間連日2ステージの6連発が終わった。
本番近くに稽古場を襲った風邪菌のためか?のどを痛めた役者が数人・・・・。
急遽、演出を変更・・・なんとか切り抜ける。
きのうのソワレあたりから全員、本調子に。

今日は、ソワレのみの1ステージ。
今日は、少し休憩になる。
今日は、久しぶりの16時集合。連日朝10時集合の日が続いていた。(といっても、楽塾の皆さん何人か今日も働いている・・・・)。今日からストレッチ、歌踊りの1時間稽古でいいことにする。
・・・・・・・・・・
Space早稲田は連日「超満員」爆走が続いている。
今年も楽塾ファンはきちん「全国」から早稲田にやってきてくれている。
九州、沖縄、大阪、名古屋、新潟、仙台、北海道とすごい。
こんな熱狂的なファンに支えれて楽塾はこの14年間で「超人気劇団」に「成長した」のである。

14年間全作品観てくれている評論家のEさんが今回の作品をほめてくれた、みんなすごい役者になった!と。ある評論家は楽塾版の『ゴドーを待ちながら』と言っていたが言い得て妙。楽しく芝居やりましょう。あと、6日間9ステージ!!柄本ちゃんから電話、北村想の『寿歌』を乾電池アトリエ杮落し公演でG・W上演中とのこと、観たいが行けず、残念。

・・・・・
CNNは1日、アルカーイダの最高指導者、ウサマ・ビンラーディンが米紙府によって殺害されたと報。ビンラーディン氏はパキスタンの首都イスラマバード郊外で家族と一緒にいたところを米諜報機関に殺害されたという。9・11から10年か。うーん。

楽塾:ア太郎「満員」爆走開始です。
初日の2ステージ共にスリリングだったが無事幕が開きました。
座席を増やしたので「当日券」はかならず発売します。是非、早稲田にご来場ください。1日までノンストップの6ステージ。ハードな祭りが始まったのである。初日乾杯、多くの楽塾ファンに囲まれてうまいビール。
・・・・・
で、今回の公演の「ごあいさつ」を以下掲載する。

ごあいさつ
      
本日は、お忙しい中、多数のご来場まことにありがとうございます。
未曾有の東日本大震災から1カ月以上が経過しました。震災発生から続く状況下で、被災され、なお危機下にある東北の人々の復旧・復興を願うと共に、失われた多くの人たちのご冥福をお祈りします。レベル7のフクシマの悲劇は続いています。
そんな時代にわたしたちは「演劇」している。14年前、櫻咲き乱れる鶴巻公園に5人のメンバーが集まり東京「初」の中高年劇団=楽塾の活動が始まった。あれから14年、本多劇場、ザ・スズナリという小劇場のメッカに進出を果たし、去年から再び根拠地=Space早稲田でのロングラン公演に戻った。所謂、演劇業界の評価より普通の人々に「演劇」を伝えることの大事さこそが、私たちの「仕事」です。小劇場運動とは集団と社会をつなげようとする意思です。いまこそ、演劇のチカラが問われています。

私たちは2011年3月流山児★事務所レパートリー・シアターと銘打ち『花札伝綺』『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』の3作品を3・11大震災下、粛々と根拠地であるSpace早稲田で1カ月ロングラン上演した。何が起こっても、河原者である私たちにできることは、民衆のココロの避難所=≪劇場≫でフツーに「芝居する」ことです。現代の「河原」=Space早稲田は実に贅沢な劇空間です。楽塾は、この劇空間で半年以上稽古しています。決して、役者が嘘をつけない、この素敵な劇場で。レパートリー・シアターの演目同様、日本中「何処でもやれる」基本方針にぴったりの作品を、佃典彦が書きあげてくれた。それが、赤塚不二夫:原作の漫画『もーれつ、ア太郎』の「初」の舞台化です。佃典彦にしか書けない不条理・アクション・ナンセンス・大衆劇の面白さを、めいっぱい詰め込んだ傑作、それが『楽塾版:もーれつ、ア太郎』です。

 去年『ほろほろと、海賊』の千穐楽の日に肝付さんが、ポロッと語った「赤塚漫画を佃君の戯曲で芝居にできたらいいねえ?」が本当に実現したのである。想えば、去年初めて楽塾に出演してくれた故・戌井市郎さんが今作に出演してくれたらと悔やまれる。肝さんは赤塚アニメでイヤミ役を長年担当していた「本物!」である。楽しい稽古現場でした。肝さんは「超人的集中力」で稽古と格闘し、役者達に様々な楽しいお手本?をみせてくれた。感謝。
 そして、今回は更なる社会とのつながりを求めて始めるSpace早稲田演劇フェスティバル2011のオープニング企画です。楽塾公演の後も、様々な作品がSpace早稲田で生まれていきます。是非、その目でお確かめください。演劇は本当に楽しいものです。

いつもの「楽塾歌劇」ですが、今回はきちんと「会話劇」になっています。いまや、何処かに忘れてしまった、赤塚漫画特有の「男の友情と心意気」、ニンゲンの「絆」を描いたドラマ。楽塾の皆さん、舞台で起こる「事件」を常に「当事者」として演じ、遊んでくださいね。芝居とはそういうイキモノです。上演時間1時間30分。ごゆっくりお楽しみください。

 なお、2012年のG・Wは座・高円寺2で楽塾最高傑作『楽塾歌舞伎☆十二夜』(原作:W・シェイクスピア)を創立15周年記念公演として楽塾オールスター総出演で上演予定です。ご期待ください。          

       流山児祥(2011年4月29日)
さて、本日楽塾『もーれつ、ア太郎』初日である。

1日中早稲田にいた。
朝からメイク。2時間稽古。14時から2回目の「通し」
直し、稽古、夜19時ギャラリー多数でゲネプロ。ほぼ完璧に出来上がる。
ま、明日少し直す。
2、3人がのどを痛めている。何とか直して。
夜、ゲネプロを終えて全員でチラシの折り込み。1000枚以上を1時間、こっちの方が疲れる。
・・・・・・
さすがに疲れ果て、早めに寝る。セリフを寝る前に全部当たってみる。

考えてみたら、今春はイジョーな速度で芝居をやっている。『花札伝綺』『夢謡話浮世根問』『パラリンピック・レコード』に続いて4本目の役者。考えてみたら2週間前、おれシアター・トラムの舞台に立っていたのだ。『卒塔婆小町』の演出を加えると5本。でもって、5月12(木)から『夢謡話浮世根問』の7都市ツアーも始まる。ビンボー暇なしの楽しき役者人生哉。それにしても面白過ぎる人生だとつくづく思ってしまう。それにても俺って下手だなあ。何十年やってもこれだぜ。うーん。

東日本大震災で被災した東北新幹線は今日、不通となっていた仙台―一ノ関が復旧し、東京―新青森の全線で運転を再開した。震災発生から50日目で、東北と首都圏を結ぶ全長713.7キロの鉄路の大動脈が復活したのである。

浜岡原発再開!だと、ざけんじゃねえ。反対である。

・・・・・・・
さて、本日29(金)初日。昼:14時、夜:19時の2回公演です。
でもって、5月1(日)まで連日昼夜2ステージの6連発である。ノンストップの1時間30分。全員で突っ走ろうぜ。集中力と体力。Space早稲田でお待ちします。ぜひ、ふらりと早稲田まで。今日は滋賀から北村想もやってくるぜ。

・・・・・・・・・・
お昼、事務所で私の衣装合わせ。
デカいパンツのおっちゃんの衣裳、水玉模様のかわいいヤツ。ネクタイもパンツも背広も。
真紀子さんらしい衣裳。有難うございます。

で、フジオプロから「ア太郎グッズ」が届く。
さまざまなグッズ。今回、受付で販売することになった。安くて、かわいいシロモノばかり。
赤塚ファンにはたまらないものばかりだろう。是非、観劇の記念にお求めください。
・・・・・・・・・
月刊EXILEに『楽塾版もーれつ、ア太郎』の情報が掲載されている。
ENTERTAINMENT STAGE FILESってコーナーに。
赤塚不二夫氏の自伝映画『これでいいのだ』のG・W公開で話題沸騰の赤塚ブーム。
楽塾+赤塚不二夫+佃典彦+流山児祥=もーれつ、ア太郎の大ヒット!!間違いなしの初日2日前。13ステージが「前売り完売」となる。これまた、前代未聞の出来事である。
・・・・・・・・・・
今日は1日中、劇場作り、照明直し。稽古は「お休み」とする。昨日「通し」てほぼ完成しているので、役者にはつかのまの「お休み」である。明日はゲネプロ、昼夜2回の予定。
いよいよ、『もーれつ、ア太郎』本番である!!乞う、ご期待。