流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

楽塾追い込み夜稽古が始まった。
照明も付き合ってもらってどんどん決めてゆく。
それでも、時間がかかる。いくらあっても足りない。必然的に休みなしに・・・すみません。
音楽がどんどん削られてゆく。ま、半年の稽古には「必要」だったのだから・・・これでいい。

佃典彦の劇世界は「会話の妙」にある。その魅力に加えて楽塾の個性あふれる「役者の色」をつけたいからこの期に及んでも最大の努力を続けている。
私のシーンの稽古も代役でなくやらねば共演者に申し訳ないので、2度やることになるが「全体を見て」必ず、自分のシーンの稽古も・・・・・。

それでも、何とか3分の2まで当たる。
明日は18時半からここまで「通し」稽古。で、後半を決めてゆく。14年の歳月がこの世界のどこにもない「楽塾歌劇」を生みだした、と感じる『もーれつ、ア太郎』である。
それにしても、本番3日前に12ステージが「前売り完売」!!となった。驚異の出来事!である。Space早稲田のゴールデンウイークの風物詩になったのである。ゴールデンウイークになったら早稲田に行こう!である。今年はSpace早稲田演劇フェスティバルの、めでたいオープニング企画でもある。成功させなきゃ。

・・・・・・
『夢謡話浮世根問』仙台公演の場所が白鳥ホールから10ーBOXに「変更」になった。白鳥ホールが被災したので仙台のひとたちのご協力で10−BOXで公演ができるようになった。本当にありがとうございます。劇団員一同感謝しています。有難うございます。

『夢謡話浮世根問』仙台公演:@演劇工房10−BOX 5月28(土)18時開演 29(日)15時開演 予約問合せ:090−3006−1004(SENDAI座☆プロジェクト)

楽塾公演が終わったら仙台・盛岡に行って打ち合わせをする。
東北の演劇人たちと「復興」プロジェクトを立ち上げ具体的な行動を準備中である。5月、様々な試みが始まるはずである。


午前中からメイク、衣裳つけ。早稲田はてんてこ舞い。
ほんとに長丁場の場あたり・明かり合わせとなる。
延々、10時間。きっかけはたぶん200近く、それでも今回は少ないほうに。ただし、音楽を本当に3分の1カットしたので「すっきりした」会話劇?というかスリリングな音楽劇に変わった。役者たちの作り上げたものをより魅力的なモノにするために悪戦苦闘の10時間「明かり合わせ」となる。
泉や吉田の今回参加できなかったメンバーの見守る中、粛々と新作『もーれつ、ア太郎』の完成?に向かって進んでいる。
久しぶりに稽古終了後、軽く吞む。考えてみたら、この間まったく飲む暇ものないほどの強行スケジュールの稽古であった。ごめんなさい。
・・・・・・
今日からの4日間で完璧を目指す。5日後は初日である!
完璧っていうことは・・・どれだけ、この芝居を楽しめるか、ってこと。
それも「集団」でいかに楽しめるか?である。
さ、もうひと息である。
それにしても、面白いキャラクターテンコ盛り。ほんとに、みなさんすごい!
今日から照明も付き合っての豪華な4日間の「舞台稽古」となる。
で、4月29(金)初日は「前売り完売」になりました。当日券のご利用を!!昼間の回は全て「前売り完売」です。夜の回のお求めもお早めに!
見逃すと一生の孫です。
今年のゴールデンウイークも楽塾で!!
・・・・・
統一地方選後半。

「脱原発」を掲げて保坂展人氏が世田谷区長に当選した。うれしいニュースである。
一極集中による利益享受の東京の繁栄をフクシマが支えてきた≪事実≫に対する都民の思いの一つの表現が保坂氏に当選である。80万都市:世田谷からの「発信」を国は、重く受け止めるべきだ。
「脱原発」の運動を!あれ、高取英が「東京新聞ン」にコメント書いているよ・・・ふーん、保坂氏の応援やっていたんだ?坂手君のことは知っていたけど(万歳している写真に載ってるし)。ほんとに、世間は狭いな。世田谷区民の「良識」の勝利である。
かくして、本日明かり合わせ。
楽塾『もーれつ、ア太郎』いよいよ開幕迫る!である。
面白い、きちんとしてすっきりした音楽劇であり会話劇にするつもりである。
それも奇想天外の不条理活劇に・・・。
こんな時代だからこそ「楽塾の芝居」が必要なのだ!
粛々とやる!
「追い込み」なんてもんじゃない、この期に及んでバタバタの日が続いている。
半年以上稽古やっているのに、木曜日の「初通し」観て、うーん、やっぱり「盛り込みすぎ」であったことを今頃、自覚する。
ま、これからはクールに編集作業である。ま、稽古でやったことは決して無駄じゃなかったんだから。というわけで、再び前半からみっちり、削ぎ落とす作業。

なんとか「半分」まで。それでも22時半近く。そのあと、例によって美術作業。今回も面白い、イワヲらしい美術である。
衣裳・美粧が加わって楽塾ワールドが完成する。木内尚もずーっと稽古に付き合っている。楽塾のスタッフ作業は稽古場にずーっといるからより緻密なものになるのである。
美術作業は本日も徹夜である。御苦労さま。

・・・・・・
昨日から強い雨が降り続いている。
今日は照明つりこみ、音響チェック、夕方から後半の稽古、で絵美の振付のチェックと大忙しt
明日は「明かり合わせ」・・・・いよいよ『楽塾版もーれつ、ア太郎』本番への秒読みである。
こんな贅沢な創作活動ができるのも拠点劇場ならでは・・・・・つくづく、Space早稲田という「劇場」の凄みを感じているこの半年である。1日じゅうここにいると様々なアイデアが出てくる、それもいろんな人から・・・・これって、サイコーなことである。
連日のハードデイである。
日本演出者協会の事務所で連日のミーティング。

昨日は機関誌「D」の最終編集会議。トップページに急遽、東日本大震災特集を組むための最終チェック。ゴールデン・ウイーク明けの発送に間に合わせるための作業が続く。福島・岩手・宮城の演劇人からのアピール、韓国の友人たちからのメッセージ、東北復興プロジェクトなど。

今日は2012年1月に東京・大阪・福岡で開催予定の日韓演劇フェスティバルと東日本大震災の東北演劇人チャリティ・イベントの打ち合わせ。日韓の若手演出家の交流企画などいろいろ。次世代につなげることがいっぱいある。
・・・・・
夜は楽塾『もーれつ、ア太郎』の追い込み稽古。
一応、ラストまで当たる。
走り回り、動き回り、歌って踊って、恋をして、と盛りだくさん。
この期に及んで歌うシーンがどんどん増えてゆく。ほぼ、Musical。
今日は20時から「初通し」の予定。どんな芝居になっているかを確かめるために・・・。

連日お蔭さまで、前売りが売れています。いつものことですが、開幕までにほぼ昼の回は「完売」になることが「予想」されます。お早目のご予約を!
・・・・・・
ついに20キロ圏内の「警戒区域」指定である。
自衛隊員が放射能の恐怖に耐えかねて防護服を脱ぎ捨て「脱走」し逮捕された。原発「特攻隊」を美化する風潮こそ危険である。そして、今回の震災デマ騒ぎに便乗して「サイバー犯罪法案」なる通信の秘密を侵しかねない「共謀罪の部分導入」の法案が上程されている。まさにどさくさ、火事場泥棒とはこのことだ。復興増税の大合唱。政治家たちは自らの政党交付金320億円は一切「見直し」もせずに・・・だ。それにしても、孫正義さんはエライ!今度は脱原発に10億円。自然エネルギー財団を設立するという。
・・・・・・・・

今日からは夜稽古。
楽塾は本番前といっても1日稽古にはしない。平日は夜稽古、土・日は1日稽古の基本スケジュール。ま、「半年の稽古期間」という贅沢な創作現場が楽塾。秋の発表会公演とゴールデンウイークの本公演の年2回公演。これでいい。流山児★事務所は基本的に稽古時間をきっちり取る劇団である。音楽劇、Musicalは歌稽古、踊り稽古を2〜3か月前から始めるし、最低40日間稽古が基本、いまの芝居作りはプロデュース公演やユニット公演が主体で、そのほとんどが稽古期間が少ないは、おまけに台本は遅いは、でキャスト全員が揃うのが小屋入り前だったりするというのが≪笑えない現実≫のテイタラクの貧しい「創作現場」である。演劇は集団で作る≪場≫。

追い込み稽古だから今まで作ってきたものをきっちり決めていかなきゃならないんだが・・・この時期になるともっと「面白いこと」がぐるぐると頭を回りだす・・・これがやっかい、小道具やキッカケも変わって・・・・・。

お昼すぎ、佃君から電話。3日の昼に来るとのこと。20年前?に書いた反原発音楽劇?『アトミックストーム〜原子力戦争〜』の「続編」の話をする。

稽古場1時間独占して肝さん、山下、俺、太郎のシーンを当たる。セリフ完璧にしてから稽古しろ!とてめえに駄目だし。ごめんなさい。一応、歌覚えたぞ!
『もーれつ、ア太郎』演劇の「常識」を超えた実験作?・大衆演劇の傑作!
さて、「後半」を決めていくぞ。すでに、5ステージ前売り完売!楽塾今年も絶好調である!

午前中から『もーれつ、ア太郎』追い込み稽古。
前半を徹底的に稽古。
何度もあーでもないこーでもないと「作ってゆく」。
集団の熱でこれでもか、これでもか!で行くことにした。楽塾は常にいま作っているものが「最高傑作」なんだが、今回もそうである。
擬音というかなぜかセピア色の見世物芝居ってかんじに作りたくなっている。
芝居はストレートに、世界は黄昏時に。

ほとんど休憩なし?で3回「通し」、ほぼこの路線で行くことを決める。
18時近くまで。
明日から再び夜稽古。来週末は明かり合わせである。ROMIさんも稽古に付き合ってくれている。
衣裳も出来てきている。どんどん本番体制である。イワヲと美術打ち合わせ。今回の音響オペレーターは劇団最年少のリナ・・・・ものすごく「大変」なことになりそう。演出助手のリエと2人の才能に負うところ多しの楽塾の現場である。


DSCF1012.JPG

夜、新宿2丁目。@Café★Lavandería
http://cafelavanderia.blogspot.com/search/label/MAP

「新宿のマカーマ1」 流山児☆祥−時代
劇場から街へと出て行った演劇の歩みは、どのような必然性から、何処を目指し、何を実現しようとしたのか?

ということで、ほんとに久しぶり(30年以上前「同時代音楽」という雑誌で知り合った)に出会う平井玄氏をコメンテーターに迎えて、わたしの「アングラ・演劇・40年・人生」を細谷修平さんの進行で3時間あまり。お客さんは10余人、満員である。飛び入りゲストがこれまた、わたしの人生の師?高取英。いろんな考えが「ある」ことを認識し、決して一味同心の時代でない「いま」だからこそ、さまざまな≪出会い≫を求め≪話し合う≫ことが必要なのである。安易に「一つになろうニッポン!」はヤバイ!ことは過去の歴史を見ればわかるじゃないか。

演出者協会発刊の「演出家の仕事」の「60年代アングラ・演劇・革命」と「80年代・小劇場演劇の展開」の2冊のわたしの原稿から時系列的にしゃべる。

「劇場と演劇」について。
少年のころ観た姉の地歌舞伎の「勧進帳」の義経、100W電球の下の白塗りすがた。大学までの「新劇少年」時代。19歳のとき観た「血は立ったまま眠っている」(寺山修司:作)「腰巻お仙」(唐十郎:作)の2大衝撃。状況劇場入団から始まったわたしのアングラ人生。社会・運動とパラレルにつながった70年代の「旅する演劇」。状況劇場の初期は「唐十郎の状況劇場」ではなく「11人の劇団員の状況劇場」であった。無名の者たちの「無名の集団のチカラ」が演劇にあった。持たざる者たちの自由と冒険がそこにあったのである。・・・・・いまだって、探せば「ある」!


1980年代以降の消費される商品としての演劇まで、平井玄さんの適切なコメントで少しは立体的に語れたと思う。

3・11以後の演劇・劇場とは?

粛々と「集団の力」を信じて「出会い」を求めて、社会とニンゲンのあいだに「芝居」を作り続けるしかない。根本は40年間まったく変わっていない。これまた生涯の戦友:北村想の言葉ではないがわたしたちは「新しく同じである」。
・・・・・
わたしが状況劇場に入団したきっかけは「現代の河原=花園へ来たれ!!」というチラシであった。廃墟と化し、放射能列島に変貌した日本、まさに「現代の河原者」のチカラが問われている。粛々とあらゆる場所を「出会いの場=劇場」にすればいい。とにかくやるしかねえ!

最近、若い人達と話す機会が増えている。楽しい経験である。とりわけ、演劇を知らない人達に演劇の話をするのは楽しく、難しい。
なんか、今日は「僕」という言葉を連発していたらしい・・・。たぶん、昔のことを語るとき、確実に40年前にもどって?そうなっていたんだろう。

持たざるモノの自由さ!!ニンゲン、裸で生まれたんだからどーせあの世にもなーんにも持っていけやしねえ!!

・・・・・・
終わって、例によって高取と馬鹿話。こいつと話していると妙に落ち着く。友人たちの不幸に驚き、それを伝えてくれる高取の「優しさ」を感じる。

さて、楽塾追い込み稽古!である。新しく同じにきっちり作り上げる。すでに3ステージ完売!前売り券のお買い求めはお早めに!!
嵐のような3都市情宣。
大阪の新聞社回り、ウイングフィールドで打ち合わせ、旧友の小堀さんといつものように千ベロ。津で記者会見、三重テレビ出演、四天王寺見学、夜は2時間ワークショップ。津や名古屋の演劇人たちと「遊ぶ」。名古屋も新聞社回り、ちょっと、長いインタビューも。夜は久しぶりに天野天街とこれまた、大須で吞む。

18(土)ほぼ初夏の日本列島である。楽塾『もーれつ、ア太郎』本番まで2週間!!となる。
レベル7の原発列島にわたしたちはい・ま「いる」。そして芝居をや・る。

あ、また揺れていやがる。震度5強、栃木、茨城、千葉・・・・いやな感じ。そんな地球の上にわたしたちはい・ま「いる」のである。

楽塾の稽古は「順調」に進んでいる。
少しづつ確実に「読んでいる」ってかんじで進めていくことにした。
後半戦をゆっくり当たる。
週末には全体のスケッチを終えたい。なんとかなるだろう。
・・・・・・
明日は『夢謡話浮世根問』大阪・津・名古屋の情宣&打ち合わせで出張である。
大阪の新聞社を回りウイングフィールドへ。
津あけぼの座でリーディング風ワークショップ&流山児ゼミナール。
そして名古屋の新聞社回り。
・・・・・・
で、明日は劇団の稽古と並行して楽塾の美術作業。
客席もきれいにリニューアル。
SPACE早稲田演劇フェスティバルのオープニング企画が楽塾の『もーれつ、ア太郎』である。
なんとしても、成功させる。
いつものことだが、前売り券の売れ行きは今年も絶好調です。すでに5月7(土)昼の回「追加公演」も決定している。ゴールデンウイークの風物詩ともいえる楽塾の早稲田の春です。
予約はお早めに!!
とりわけ、昼のチケットは早く売り切れます。お早目のご予約を!!
・・・・・・・
連日「余震」というより「地震」が続く東日本である。
久しぶりに演出者協会の新宿の事務所に行く。今年度の「事業計画」について和田さんとミーティング。演劇大学、国際交流セミナー、近代戯曲研修セミナー、若手演出家コンクールの4つの基本事業は今年度も。こんな時代だからこそ積極的に「地域」の「東北」の演劇人たちとの交流を進めてゆく。

早稲田に向かおうと1階に下りると突如、揺れた。
震度4、ぐらぐらである。
芸能花伝舎は元小学校である。和田さんらも下に降りてきて事務所でテレビ。再び福島の報。

それにしても、この国の「情報」は完全に「管理」されている。4・10高円寺15000人反原発デモの記事が「新聞」に掲載されていない。私が喫茶店で読んだ読売にはデモの記事が一行も載ってない。石原4選の下にきちんと「原発NO!」のデモの写真が出るのが情報であり、メディアの良心ってもんだろう。すべてのメディアは巨大原子力スポンサーに対して何も言えない≪現実≫。

でもって、やっと、というか、ついに!日本政府は広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、「国際的な基準」に基づく事故の評価を、≪最悪≫の「レベル7」に引き上げることを決めた。「レベル7」は25年前のチェルノブイリ原発事故と同じである。わたしたちの国の原発事故は史上最悪であり世界の最大の脅威なのである。放射能を世界中にばらまいている国ニッポンの≪最悪の現実≫。「原発NO!」の声を上げ続けよう。わたしたちのニンゲン力が試されている。江戸時代の人々のもっていた豊かな時間感覚のことを思う。芝居者はその豊かな時間感覚と手作り感覚を忘れてはならない。

・・・・
何があろうと、私たちはヒトとヒトの間に「芝居」を持っていくニンゲンである。
楽塾『もーれつ、ア太郎』追い込み稽古が今日から始まった。後半の2時間余り、付き合う。
面白い芝居に!なる。粛々と「やる」しかない。