流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2日目、私の「初日」でもある。いつもどおりの稽古。でもって、初めて肝さんにも付き合ってもらって自分のシーンをひとおり当たる。有難うございました、である。明りも付き合ってもらって・・・・。これで、めちゃくちゃ、下手な役者でもって上がり症だから・・・内心どきどきもの・・・・。

で、楽屋というか、舞台袖にいるのは居心地が悪いのでいつものように、「前口上」を終えてすぐ衣裳に着替えて出る。演出助手の理恵には本当に感謝。何とかmissもなく「初日」の出番を終える。いや,よかった。米山は随分大きな声でやってましたね?と笑っていた。ダメな役者は大きな声で台詞をキッチリ言え!である。

雨は1日中降り続いている。雨にもかかわらず、全国各地から早稲田にやってきてくれている。仙台やら新潟やら大阪やら。

※※
今日、文学座で平田オリザの新作の稽古インを終えて戌井さんが夕方早稲田に。で、稽古一通り。この超人はやはり只者ではない!!どんどん、自分の役を楽しんできている。肝さんもそうだが年をとるということは本当にいいことなのだ。

が、夜の部はさすがに皆さん疲れ果てている。そりゃそうだ、連日2ステージで3日間、明日で4日間だぜ!が、何とかみなさん、底力で乗り切っている。塩野谷正幸がうれしそう。佃のホンがいい、と言ってくれてた。昨日、今日となぜか演劇評論家諸氏も今回は顔を出している。珍しいことである。

※※
終演後、乾杯。尚の作ってくれたポトフと明太ポテトにおつまみと米山の作ったスープ、美味。疲れているので役者全員を30分余りで帰宅させる。まだまだ、長丁場である。頑張りましょう、みなさん。

今日の「入り」はさすがに心配だったが当日券も伸びて「満員御礼」の2日間4ステージ終了。有難うございます。明日から超満員爆走となる予感?
朝から雨が降り続く中、楽塾13周年記念公演『ほろほろと、海賊』ついに幕が開きました!「完璧」といっていい状態の本番でした。全員のエネルギーが爆発して楽塾の最高傑作!が見事に出来上がりました。
「満員」の2ステージ。今日の毎日新聞の夕刊には戌井さんの記事が。
とにかく全国から楽塾の芝居を見に来ているというこの現実に感謝。中津川や横浜や、名古屋といったところやなんと海外からも!コンナ芝居はない。『お岩幽霊』に出演する伊達君の顔も。劇団員もなんとか夜の回は見られた。今日の記事を書いた毎日のTさんも。おまけに青山学院大学の友人といったさまざまなヒトタチが早稲田の小劇場にやってくる。いいなあ、これ。本当に有難うございます。

ゲネプロ最終日。
お昼過ぎから気になっているところの最終チェックをみっちり稽古。なかなかいい調子。自分の出番も1回ぐらいは稽古しようと思っていたのだが、そこに戌井さん到着。随分、早いので聞いてみると今朝腰痛が出て病院にいったので・・・とのこと。『オールドバンチ』の時もそうだったが、多分「疲れ」のせいだと思うので、今日は「お休み」にしましょうと頼むも聞き入れてもらえず、結局稽古する、は、で、5時過ぎから「最終ゲネプロ」に突入。

今迄で一番キッチリとしたいい芝居に出来上がる。「完璧」に近い集中力で!みなさん乗り切る。ギャラリー多数、盛大なる拍手。この調子で行ってください!6ヶ月間の稽古で創り上げたものは決して揺るぎないモノに出来上がっています、稽古を信じてとにかく本番を「楽しんで」くださいね。

7時過ぎに稽古を取る。コンナに早く初日前に稽古を終えるのは多分始めてである。それくらい今日のゲネプロは良かった。

で、役者さんには帰ってもらって劇団員総出で客席作り。水谷雄司さんの俳優座劇場での伊藤喜朔賞の受賞式に行っていたイワヲも来てSpace早稲田がどんどん「劇場に変わって」ゆく。コレが一番好きな時間。

本日(4/27(火))14時『ほろほろと、海賊』初日です。2ステージとも「余裕アリ」です。ぜひこの問題作をその目でお確かめください。本当に面白いです!楽塾スタッフ・キャスト一同Space早稲田でお待ちしております!
あっというまに本番2日前!
明かりが入ってお昼過ぎから稽古、みっちり。
とにかく面白くなってきた、物凄いテンポでラストシーンへと向かっていく。ジェットコースタードラマとはこのこと!!

6時半から1回目のゲネプロ。ほぼ完璧だが明かりと音のキッカケを微妙にかえてより完璧を期す。あとはキッチリ台詞を相手役に言えばそれだけでいい。勿論それは皆さんばっちりです。とにかくあせらず、楽しく!

明日もう一度ラストのゲネプロ。ギャラリー多数。久しぶりの甲津拓平の顔も。18歳の高校出たての演劇少年も見学!!まさに本番近し!である。


最後の稽古場での「通し」見事に出来上がりました。
戌井さんも肝さんも完璧です。とにかく相手役に全てぶっつけてください、それでいいんです。
メチャクチャ寒いトーキョーに戻っている。皆さん、風邪を引かないように。

久しぶりに通しを終えて500宴会。タケが財布をなくしたというのであれやこれや、その後見つかったとの事、良かった。

呑みながら楽塾の成長を認識。今回がいろんな意味での現状認識のリ・スタートとなる。楽塾もいい劇団に成長した。そりゃそうだ、13年も続けていれば!!である。
それにしても今年の前半は全作品Space早稲田という私達の根拠地での公演のみ、コンナに贅沢で恐ろしい劇場はない。60〜70人で超満員の20坪のこの空間に多くのお客さんが来てくれていることに大感謝。『標的家族!』『葵上・卒塔婆小町』そして『ほろほろと、海賊』全て「満員」記録?となるか。とりわけ、今年度は自主独立の志と方針の下MISHIMA、楽塾と「自主公演」を続けている。自分達のお客さんを創る=早稲田に客を呼ぶこと。イイ芝居をやれば「必ず」客は来る!だからステージ数は多めに!という小劇場の《原点回帰》で。楽しくやりましょう。めちゃ、面白いことを。楽塾の芝居は伊達に6ヶ月も稽古をやっているのではない。人生をかけて稽古場へ彼等はやってくるのである。楽塾をアマチュア劇団などと呼ぶ一部の演劇業界のヤカラがいるが、コイツラにはニンゲンの人生がまるで分かっちゃいないのである。

※※
というわけで、今日も寒いトーキョー。朝から照明吊りこみ、1日中、照明作りである。いい休み。これで大吾も子供の結婚式に出られる。先週の小森さんちの靖子に続いて楽塾もおめでたラッシュ。阪口にも孫が。それにしても今年も劇団ではおめでた続きである。麻理もおめでたで楽塾の音響スタッフを終えると「産休」に入る。そのうちお祝いやらなきゃである。いまや、劇団員の子供達で流山児ジュニア劇団が出来るほどに。わが劇団には少子化はない。サボも来年には復帰予定。いつでも帰ってこれるゲキダンでいいと思っている。

夕方から『お岩幽霊』の第2稿の打ち合わせ。それにしても、やることはイッパイある。いろんなところで観たい芝居がやっているが観れそうもない。

※※
楽塾本番まであと5日!大詰めの稽古に入っている。24日には新内の発表会もあるのに戌井さんはまさに超人的集中力で「通し」稽古ほぼ完璧である。肝さんも元気にやってくれている。私は稽古する時間今のところないが、戌井さんの新内の発表会の時の「明かりあわせ」のとき頑張って稽古するしかない。それにしても、面白く仕上がりつつある。ただ一寸したことで楽塾の芝居は集団連鎖が起こる可能性がある。きちんと、新鮮に!である。常に「事件」を随所に仕込んであるのでまあ「慣れる」って言うのは無いのだが「事件」を「当事者」として感じ、行動してくれればイイ!1時間20分。平均化してきた。後半はほんとにあっという間のジェットコースターです。

関口が52歳の誕生日。楽塾の超若手!っていうのがイイね。関口は音楽監督も兼ねていて近年のある意味でのリーダーの一人でもある。今回は本当に良く引っ張っている。まあ、若手だから!ね。ギャラリーにはタケ、経塚さん、まなみ、いそさんの娘さんからの美味しい差し入れとにぎやか。本番近し、の感。ROMIさんと照明打ち合わせ。尚もダンスとメイクの仕事に加えて衣裳の直しと理恵、山下とのバックアップ3人組も大変。ご苦労様。ほんとに最強の劇団スタッフである!!芝居はチームワークである。

昨日は春というより初夏の感じだったが今日は再び冬。午前中、久しぶりの劇団協議会「演劇と社会」委員会。来年度新事業として演劇コミュニケーション教育事業を立ち上げることに。一寸忙しくなるが劇団員の「仕事」がこの事業と結びつくためにもキチンとやる。公共と演劇・コッミュ二ケーション。

久しぶりに本屋に。雑誌3冊。文庫本2冊。「文藝」夏号荒木経惟特集号を読む。新作グラビア「空花」いい。森山大道・川上未映子との対談も読み物。がん手術後のアラーキー節炸裂。死と詩と私。荒木さんは40年来のアニキである。

今日は最後の「通し」!明日は照明仕込み。
米軍普天間飛行場の移設方針を伝えるため、鳩山首相が徳之島入り?
の情報が伝えられている。なんのこっちゃ!それにしても、このひともK・Yだね。

伊仙町長は激怒「飛行機が到着しても、鳩山首相はそこから先に入れません」と拒否。基地移設を巡る鳩山政権の迷走ぶりを批判し現地入りした場合も会談する意思がないことを明らかにした。

18日の基地移設反対集会には全島人口の半分以上の1万5000人が集まった。首相は「(徳之島住民の反応は)一つの民意だと理解すべきだ。そういう民意を「勉強」しながら、政府として普天間の移設先を決めたい。不安ばかり募らせてしまったことには、おわびを申し上げなければならない。まだ決めている状況ではない」と釈明。

 政府は普天間の移設先として、名護市キャンプ・シュワブ沿岸部陸上部を選択肢として残しつつ、いわゆる「腹案」の徳之島移設を軸に対米交渉に臨む方針のようだが?移設反対の名護市長が誕生しているし、徳之島も怒らせてしまった。これまで政府は地元に全く説明せず、反対の声が上がった「今」になって首相が来るといっても遅すぎるのである。一国の総理としてきちんと行動出来ない鳩山さん。あきれるというしかない。民主党に期待して政権交代が起こったがその後は惨憺たる有様である。

どうしても「基地」が必要だったらもはや、国外移設か急転直下の東京移設!しかない。もういい加減にオキナワの人たちにおねがいするのは辞めようよ。グアム移設でアメリカがうんと言わなかったら、「基地」やめりゃ、ダメなの。「基地」もってりゃいいってもんじゃねえだろ。まあ、かくして鳩山政権ジ・エンド?か。支持率も30%をきったし。

でもって、流行の第3極って何よ。どいつもこいつも権力を持ったらそれこそテメエのコトしか考えねえヤツラばかりの世の中、まあいつの世もそうか。混乱の極みのニッポン低国。いま、『お岩幽霊』のホンのコトで戦後の混乱期を調べているのでまあ、この国のイー加減さはここら辺りからずーっと続いているのは解るが・・・。♪ブギウギ・・・である。

そして、アイスランドの火山噴火で広がった火山灰の影響により9・11テロ以上の前代未聞の大規模な航空便の欠航が続いている。が、やっと欧州上空の火山灰は減少傾向にあるらしく22日にも運航が正常化するらしい。自然の猛威にニンゲンが如何に弱いかの証明。

※※
3ヶ月のカナダ遊学中の阿萬由美に続いて諏訪創が短期のバスク遊学に出発することに。このところ、劇団員が相次いで海外へ遊学する。実にいい事である!!小森谷環は北京、横須賀智美はインドネシアにいる。実に流山児★事務所らしい世界布陣である。

※※
そんな、こんなの時に早稲田の地下の稽古場で『ほろほろと、海賊』追い込み。今日から全員集合。戌井さん、肝さんのシーンの稽古みっちり。初の全員での「通し」。面白く出来上がっている、あと10回ちかく「通し」がやれる。大丈夫である。

ギャラリーも多数。本番近し!である。

明日は歌の録音。粛粛と続けるしかない。
3回目の「通し」ほぼ安定してきた。

きちんと疾走感とダイナミズムをそなえたものに出来上がりつつある。それにしてもこのひとたちのエネルギーは凄い、と日々感じる。

平均年齢58歳?創立メンバー4人がやっぱり引っ張ってくれている。いそ、小森の2人を見ているとほんとにいいコンビ、そのでこぼこぶりが、安心して(毎回ハラハラして!)みていられる。この矛盾したところがナマの凄さ!である。いつまでもナマナマしさを失わないということは演劇というシロモノだけが持つ凄みである。勿論、杉山もめぐろもいつも以上に今回はイイ。ふたりともいつも以上の力が必要とされる役に取り組んでいる。

内藤、まり、桐、カワモ、高野、西川といった中堅の実力レベルは圧倒的に上がった。そして、関口のパワフルで一直線を筆頭とした若い世代?の、阪口、みかわ、河内、泉、そして男優2人:多良間、大吾もきちんと育ってきた。楽塾13年目・17人の「集大成」と呼ぶべき「傑作」が出来上がりつつある。みごとに、粒だったキャラクター、見事に一人づつの「見せ場」を見事に創り上げたつもりである。これが楽塾!!

戌井さん、肝さんの2大ゲストを迎えてジェットコースター演劇の決定版を創り上げるつもりである。この作品ほんと、早稲田でしか創れない実に贅沢なモノである。ぜひ多くの皆さんに観てもらいたいものである。

私も始めて稽古してみた。台詞はキッチリ?入っていた。戌井さんの代役というより私なりの別のキャラクター(アタリマエだが)になってます。もちろん、30歳上の大先輩の足もとにも及ばないが・・・・・。

※※
『お岩幽霊』第2稿打ち合わせ、秋9月の池袋あうるすぽっとチェーホフ演劇祭参加 千葉哲也:演出 安奈淳:主演『櫻の園』の記者会見。スタッフ会議と盛りだくさんの週の始まりである。戌井さんも今日から『わが町』出演を終えて終日稽古参加。さて、あと1週間!!『ほろほろと、海賊』追い込みである!!

※※
美術作業の終わった稽古場。色塗りほぼ終わり。

朝10時から戌井さんのための稽古。1時間半余りみっちりと、今戌井さんは文学座公演『わが町』の公演中。今日はマチネ。ということで10時から。何回か繰り返して・・・・。ほぼ完璧に台詞も入っている。戌井さん、いい調子である。肝さんも楽しくやっている。

※※
ゆっくりじっくり4時まで稽古。
4時半から2回目の「通し」かなり決まってきた。1時間15分。これで行く。勿論戌井さんヴァージョンは一寸違ったものに。
「通し」の後、尚のダンスの点検。それでも8時前に稽古を取る。10時間余りほぼノンストップ。まだ10回以上の「通し」が出来る。これからはとにかく「カラダに落とす」ための10日間の「通し」の日々となる。楽しく遊びましょう、よろしく。

それにしても世界中が異常。中国では地震、アイスランドでは火山噴火。今朝は雪。いったい世界はどーなってるんだよ?

お昼から楽塾の稽古。
稽古場へ向かおうと思っていたら、井上ひさしさんの訃報である。愕然とする。「紙屋町さくらホテル」の初演の初日、新国立劇場の近くの初台の焼き鳥屋で井上さんと、「女の平和」を下敷きにしたばばあのストリッパーたち21人の過激な昭和史を新国立劇場の中庭にアル噴水のところに仮説舞台を作ってテント公演でやろう!という馬鹿話をしたことがある。勿論本気で!!井上さんの話してくれた70歳の現役ストリッパー(彼女はセロテープでおっぱいを上に上げているという・・・)のエピソードから2人で考えたのである。その場で私は主役候補の木の実ナナさんに電話したものである。いや、ほんとの話です。

タイトルは『仮題:特出し21人、濡れた欲情』もちろん、神代辰巳監督のにっかつロマンポルノの映画のタイトルから。戦争という愚かな行為のオトコの歴史でなく、エロスという人間の根源を持つオンナたちの愛の歴史劇を書いてもらいたかったのだ。わたしは井上さんに会うたびに「このこと」を言い続けていた。それこそ、今年こそヤロウよ、といい続けた。で、必ず書くと言ってくれていたのに。

だって、オレは浅草フランス座時代やてんぷくトリオの作品を書いていた時代の井上さんが「一番好き」なのである。

40年近く前、井上さんを気取って私も浅草に住んでいた。劇作家を目指していた20歳そこそこのわたしはアルバイトとして、テレビで井上さんがやっていた番組のアンカーマン(下書き)のレポーターをやったことがある。ほんとうに「大昔」のことである。それが始めての井上ひさしさんとの出会いであった。「走るライター(モノ書き)」というのが初対面の井上さんの印象であった。

最近も新国立劇場の芸術監督問題やらで何回かあっていた。日本劇団協議会では井上さんとずーっと日本の「演劇センター」を創ろうとしゃべっていて、今年こそ、その具体的プランを本にしましょうといっていたのに。去年のITIのリーディング公演のとき会えると思っていたのに肺がんの報を聞き心配していたのだが・・・・。

突然のこの訃報である。悲しいが残されたものはキチンとやるしかない。井上さん、本当にお疲れさまでした。ゆっくりお休みください。有難うございました。さよなら井上さん。合掌。

※※

1時から楽塾の仮通し。2時半、だめだしもせずに目黒に。

3時から小森靖子の結婚式。目黒雅叙園。いい結婚式であった。おめでとう。これで、昌子ママもキッチリ自立できる?

死んでゆくもの、これから共に生きてゆくもの。これが人生?なのである。

散る櫻をみながらとにかく今をキッチリ生きるしかない、ことを思う。やることはいっぱいある。

帰宅途中、神田川を見ると櫻の花びらが無数に流れている。散る櫻、逝く櫻!