流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

じっくり歩いて四谷3丁目まで1時間ちょっと。
田宮神社、お岩稲荷。6月公演『お岩幽霊〜ぶえのすあいれす〜』の祈願。米山、畝部、坂口君の4人で。『盟三五大切』公演のときのお札を納めて新しいお札をもらう。最近、稽古場でイロイロと事故があるのでこの際、劇団員一同でいつかお払いをしてもらおう・・・・なんて話も。
ここで初稿をもらう予定だったが!!坂口君、今週イッパイ・・・ということに。今週中ですよ!!で、これまた歩いて外苑東通り一路早稲田まで。牛込柳町で坂口君と別れ、漱石山房を見て稽古場へ。これまた、7月に予定しているシニアによる漱石ワークショップのため。『夢十夜』を書いたところ、晩年の9年間を過ごした場所。本当にSpace早稲だから5分も離れていない場所。こんなに近くだったんだ。

シャノアールで『お岩幽霊』の出来ている部分を読む。全編北九州弁の『仁義なき戦い』?
※※
楽塾の稽古前に、久しぶりに女優陣と一緒に焼肉ディナー。総勢7人、旺盛な食欲の女優陣。『標的家族』からノンストップの麻理、山下、理恵、MISHIMAからノンストップの尚といったメンバーのお疲れ様会と楽塾追込みよろしく・・・をかねて。
で6時から10時半までノンストップで楽塾。ついにラストシーンまで。大スペクタクルの方向性を決める。さあ、これで今週中に一応創りあがる。

さすがにヘロヘロ。
帰宅して、万歩計をみると久々の18000歩。よく歩きました!!
高取から電話。劇場法について。
この土・日でいい具合に楽塾追い込み稽古が進んでいる。土曜日には本セットも出来上がり、あとは色塗りだけ。客席も最大に。椅子席でゆったりとしてもらう楽塾仕様。

戌井さん、肝さんの2大ゲストも加わって稽古が進んでいる。土・日・月・火の連続4日間稽古が2週間、でその後は連日稽古。今週中にラストまでキッチリ創り上げる。ダンスシーンというかステージングも急ピッチ。衣裳も、小道具も何もかもが同時進行して行く時期である。

戌井、肝さんのシーンを11時から3時までみっちり。その後とにかく、細かく6時半まで。後は尚に任せて、神楽坂へ。シアターイワト、黒テント公演『窓ぎわセロ弾きのゴーシュ』(山元清多:作 斉藤晴彦:演出)を見る。元さんらしいホン。ハルさんらしい演出。それにしてもこのホンのイカレ方はイイ。これでもかこれでもかの元さんのコトバ遊びというか、そのどーでもいい、いい加減さが実にイイ按配。実に高尚なる大衆演劇。が、こういうホンは「役者の力」が問われる。腕じゃなく役者にとっての当事者性(リアリティ)だ。


終演後、初日乾杯。で坂口瑞穂くんといつものように近くの居酒屋。6月公演新作書き下ろし『お岩幽霊〜ぶえのすあいれす〜』は6日初稿である。明日、四ツ谷お岩稲荷で!!坂口君。


楽塾追い込み稽古である。
戌井さんも連日稽古参加。朝10時過ぎから夜8時近くまでみっちり、稽古三昧の日々である。楽塾の稽古は基本的に6ヶ月、ほぼ土日稽古。3ヶ月前ぐらいから祝日もくわわり、でもって本番1ヶ月前から土・日・月火の4日間、でもって本番2週間前から連日稽古となる。パラダイス一座も3ヶ月の稽古。とにかく稽古場にいる時間が多ければ多いほどいい。劇団の稽古は基本40日である。

とりあえず、佃君の書いている世界をキッチリ創り、その先まで行く。まあ、「その先」っていうのが・・・・。今回は木内尚の「初」ステージング・振付、連日すこしづつ創っている。これがオモシロイ。どんどん、何でここで?踊るの、歌うの、ってシーンが続出したりして?

イワヲたちがMISHIMAのバラシの後すぐに作ってくれた「本番どおり」の仮セットで1ヶ月以上稽古が出来るのもSpace早稲田だから出来ること。衣裳もほとんど出来上がりつつある。MISHIMA ワークショップを終えて尚、麻理、山下、理恵の4人組は今度は振付、舞台監督、音響、ETCとバックにまわる。これが劇団のチカラである。今年入団してくる新人も加わって楽塾のサポートメンバーがもっと強力になる。

櫻の咲き乱れる鶴巻公園で13年前5人のメンバーで始まった楽塾のいろんな意味でのリスタートになるだろう。助成金などなくて出発した純粋な劇団の13年目である。今年はよりすっきりした形で劇団=演劇活動をしようと思っている。だから身辺をすっきりしてゆくつもりである。演劇業界から遠く離れて「無名」のより「何も持たない」地平から演劇=劇団活動をラディカルにやるつもりである。

身辺を「すっきり」して・・・・である。で、「ひとつ」そうした。

楽塾、面白いです!!

4月に入り、肝付サンも加わって超豪華キャストが早稲田に集う!前売りも好調に売れています。売り切れが予想されます。予約はお早めに。『ほろほろと、海賊』是非、ご来場ください。

※※
3月28日、楽塾の習志野さんの62歳の誕生日。ということはタツマの誕生日。電話する。28歳か!そのうち呑もうぜ、と親バカ。
Happy birthday たつま。




満員札止めの9日(土)リーディング公演、なんとか楽しく終えた。
初の「近代戯曲を読む」試みは大むね好評であった、その後のシンポジウムも戌井さんの独壇場のいい感じ、この大先輩やはり、只者ではない。いやあ、面白かった。戌井さんとは来月ごろから稽古にはいる。

※※
10日(日)お昼過ぎ。9日から自主稽古に入った佃典彦「新作」書き下ろし『ほろほろと、海賊』本格的稽古に入る。
といっても、まだ「荒立ち」。役者の方向性をさぐる基本的には「立って本読み」している状態。

こういった状態が一番役と役者の関係が見えるから面白い。
まあ、いろんなことをやろうと思っている。
音楽監督の関口がいろんな曲を持ってきた、多良間も曲を作ってきた。今回も実にドラマティック!!

今回も、勿論、「音楽劇」である。歌います、踊ります!

仙台のゆうさんが昨日からやってきているので稽古終了後、いつものように呑み会。

※※

いつもの「日常」になってきた。稽古、稽古、芝居つくりの2010の日常が始まった。


熊本から「演劇大学イン熊本2010」のチラシがメールで届いた。
今年で、とりあえず、最終回。今回は夏目漱石の『夢十夜』をテキストに4組の発表会。4人のドラマドクターとして参加する。私のコースは「中高年」コース。熊本の演出家と4日間徹底的に遊んで、芝居を作ろうという試み。

※※
さて、楽塾土日祝日稽古。今日11日(月・祝)もお昼過ぎから・・・・。
夜は桃園会、スズナリである。深津君の短編をきたもと君とはせ君の演出。あ、シアターχでは塩野谷正幸の「やみ夜」も始まってるよ。
さて、2日間佃君の新作「ほろほろと、海賊」を全員で読む。
読む・読む・読むの2日間となった。

29日はお昼からノンストップで7時近くまで「読む」。

で、キャスティング!!これで行く。さて本日4ヶ月のロングラン稽古に突入である。じっくりゆっくり「遊ぼうぜ」!!総勢17人+肝付兼太さん、戌井市郎さんのスペシャルゲスト出演という超豪華キャストがSpace早稲田で爆走する!!乞う、ご期待!!

正月明けの稽古インは1月9日(土)・10日(日)11日(祝)もちろん、「立ち稽古」に入る。1月から3月いっぱいは土・日・祝日稽古となる。楽塾は稽古時間があるようでない。まあ、4月からはみっちり1ヶ月あるが・・・・。というわけで、忘年会。宮沢さんが例によってどっさり差し入れ。山下も顔を出す。旨い肴と旨い酒。豚汁。海賊話でなぜか「ひょっこりひょうたん島」の話になり自然と歌が・・・いいなあ、コレ。海賊ミュージカル・・・である。

楽塾の皆さん、本当にお世話になりました、来年もよろしく!!である。来年は楽塾も13年目を迎える。

※※

30日、劇団事務所も今日で仕事納め。今年もあと2日。さて映画でも観るか。昨夜はDVDで「永遠のマリアカラス」を観た。
急告!楽塾2009冬のワークショップ発表会『カレー屋の女』〜佃典彦・新作『ほろほろと、海賊』を待ちながら〜

作:佃典彦 構成・演出:流山児祥

出演:いそちゆき・河内千春・桐原三枝・小森昌子・阪口美由紀・杉山智子・関口有子・高野あっこ・多良間通朗・内藤美津枝・習志野大吾・みかわななえ・吉田和子

日時:11月29日(日)17時開演。上演時間80分

場所:Space早稲田(早稲田駅1番出口:徒歩1分中華「北京」地下)

入場無料!!



※10月・11月の毎日曜日:6回のワークショップの成果をご覧下さい。

※メンバーは今回は「非公開」(観客は楽塾メンバーと私のみ)となってますので、よろしく。

※なお、終演後「合評呑み会」を予定しています。酒・肴差し入れ大歓迎です!!

※NEWS!楽塾は2010年4月27日(火)〜5月4日(火)Space早稲田で佃典彦:「新作」書き下ろし 流山児祥:演出『楽塾歌劇☆ほろほろと、海賊』を上演します。12月27日稽古開始に向けて鋭意執筆中です。ご期待ください。
いい天気である。

昨日(31日(土))は夕沈の振付のダンスを見る。これが凄い!めちゃくちゃカッコいいシロモノに出来上がっている。

37人のニンゲン達のかもし出すエネルギーの凄まじさ。演出家の前で発表会。

8時半過ぎ、台本を読み、「荒立ち」。

主演者がだんだん乗り出してゆく。勿論私も・・・・イロイロ。あとは「何でもあり」の面白さ。

帰宅すると神田川沿いの店で朝までハロウイーン・パーティ。これがウルサイったらありゃしねえ!!

※※

1週間ぶりの楽塾。こちらは後半戦。およそ40分余りのシーンをこれから3回で作り上げる予定。それもほとんどを「歌」で・・・・だ。

11時過ぎから自主稽古。

私は1時過ぎに稽古場にいってすき放題のダメだし。はたして、あと3回で「カレー屋の女」出来上がるか?出来上がる!何とかなるさ、の「お楽しみ」だな。

で、突然稽古場が暗くなって「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」の歌。で、磯さんが作ってきたケーキの上にのったローソクを吹き消す。
明日の11月2日が私の62歳の誕生日。まあ、62年も良く生きてきたものである。これからもよろしく・・・・である。

※※

稽古をとって磯さん、桐原さん、関口さんと馬場で飲む。旨いビール、旨いつまみ。ご馳走様でした。

うれしい、プレバースデイの11月1日となる。
大体半分出来上がった台本を元に来週から本格的な「荒立ち」となる。ほぼ全員が何らかの「役」で登場した。これから・・・・である。

※※

急遽決まったワークショップ的「カレー屋の女」発表会。
例によって、午前中からノンストップ稽古。なんとかカッコつくというか、こんなん出来ましたけど?という感じとなる。

3時10分前に佃君が稽古場に来たのだが、ちょっと待ってもらって、結局3時20分から30分きっちり、プロローグ、1章、2章のそれなりに観れる「荒立ち通し発表会」となる。

ちゃんと歌も3曲も・・・いやほんと、動き(ステージング)もきちんと・・・やれば出来るじゃん。のあわただしい嵐の1日となる。

終演後、ミーティングというか「呑み会」。
来年は久し振りのゴールデンウイーク、SPACE早稲田。2010年4月27日(火)〜5月4日(水)まで8日間14ステージ!!というほぼ連日2ステージの「いつもの楽塾」となる予定。

佃君が「海賊を書きます」にみなさんびっくりしながらも「大いによろこぶ」であった。佃がぽつりといったが「楽塾は劇団なんだ!」という新鮮な驚き。12年のときの流れのなかでもっとも「劇団」らしいある種の共同性と自主性が混在した集団に成長している。

その後、教育問題、格差問題と話はそれなりに白熱。で、来年は「海賊」である。

※※

佃君が名古屋に帰って今年中に「海賊の新作を書き下ろ」す。そして、明日は「田園に死す」の顔合わせ・本読みである。

名古屋の2大天才との2009年の暮れというわけである。

でもって、来年はこれまた、名古屋の新星:鹿目由紀と組んでミュージカルというか音楽劇をやろうと思っている。名古屋の才能たちとの付き合いは一生続く。
さて、何の因果か、本日11日(日)15時楽塾「カレー屋の女」荒立ち発表会となる。プロローグ・1章・2章の「仮通し」ってやつ。それも、稽古3日目!!面白いことになりそう。

※※

なんで?と思う。この前まで、ただ稽古をやってるところを観てもらうか、でもってその後作家の佃くんとミーティング?で皆さんの「取材」って感じの予定だったのに、急遽2日限りで、それなりに「観れるもの?」を作って佃くんに観てもらうという感じで、本格「稽古」モードに昨日突入した。そうなると一気にエネルギーが全開加速するのがいつもの楽塾稽古!!である。

いかん、いかん!

がまあいいか・・・というとこもあって、明日11日(日)は朝10時過ぎから自主稽古、11時過ぎから本格稽古4時間で「発表会」とする。

※※

5時20分まで稽古。
昨日に続いてきょうも電車の中走り?ながら下北沢まで。
6時ザ・スズナリ。じゃぶじゃぶサーキットの新作『河童橋の魔女』(はせひろいち:作演出)を見る。いつものはせワールド。佃君とアフタートーク。ちょっと疲れたので申し訳ないが帰宅。


これまた久し振りの韓国DVD『公共の敵』これが面白い!!これだ!!
3日(土)は村井健さんを励ます会。1ヶ月前に奥さんを病気でなくされた村井さんを囲んで呑もうということに。大学時代からの親友、トムプロの岡田さんの呼びかけ。評論家の村井さんとは長ーい付き合い。3〜40年?、島次郎さんが向かいに座っているとほんとに昔からの付き合いなんだなと思う。でも、なぜか私は一回も奥さんにあってない・・・・。

中本さんをはじめとした日露演劇会議のメンバー人たちや青年劇場の福島さん、そして毎日の高橋さん、元読売の北川さんといったガキのころからの知り合いの人たちと村井さんを囲んでゆったり3時間近く、ほんとに身内といったメンバーで「あったかい感じの呑み会」を飯田橋の居酒屋で。芝居好きのマスターの経営する安くて美味いものがイッパイある、いい店。
村井さんには、元気にこれからも辛口で色んなヤツラ(私も含めて)を今までどおり「ぶった切って」ください!である。

近いうちにまた一緒にロシア行きましょうね。あ、今度はポーランドもね。

※※

4日(日)昼過ぎから7時過ぎまで楽塾「カレー屋の女」の読み。
で、これじゃ面白くないので、急遽、プロローグから1章・2章を来週佃君が来たときに見てもらおう!と「荒立ち発表会」を思い立ち、ゴーインにキャスティング!!

それも、全員参加で「それなりに」面白いモノを作ろうと、急遽、変な動きのワークショップも。これに調子こいて3時間以上も。
でもって、テキレジ。たぶん20分余りのシーンになる「予定」(なんのこっちゃ)

8時前に稽古終えて、呑み会。

で、今週は10日(土)もお昼から稽古ということに・・・する。皆さん大変!!!で、その旨を佃くんに・・・・。今年中に佃君は小林七緒:演出作品2月公演『標的家族』と楽塾2010年4月・5月ゴールデンウイーク公演『新作書き下ろし』の2作品を書き上げねばならない。「名古屋のミラーマン」という「締め切りを守る」という劇作家の「鑑」(で、ミラーマン!)頑張ってください!!


じゃ、楽塾の皆さん、土曜日までキッチリ「台詞」入れてきてくださいね!!稽古場で待ってます。