流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

楽塾中日である。

今日もソワレのみ。雨模様の1日。
今日は入りが心配されたがすごい勢いで当日券が出て結局は「満員」となる。ジャパン・タイムスのTさんテアトロの編集長といった顔も。楽塾満員記録は途絶えず爆走中である!

ほとんど芝居は安定した。そういった意味ではスリリングさといい加減に見えるその独特の自由さが失われてきてるようにも見える。よく出来てくるとそ入れに対して・・・である。贅沢な悩み?

●●

1週間ぶりに酒を飲む。それにしてもビールがちっとも美味くない。で、日本酒、ワイン、焼酎にする。結局は夜遅くまで飲むことに、ひさしぶりにお刺身も、イカン飲みすぎである。

本日の万歩計10126.

それでも10時前にお開きに。
明日から地獄の3連続マチネソワレの6ステージが始まる。

※※

雨である。少し飲みすぎ。

体重がついにベストの68キロにさがった。連日のウオーキングとムチウチにまでなった腕立て伏せと腹筋のおかげか?5キロの減量に「2ヶ月で成功」?である・・・が・・・・。



今日もソワレ。

いつものようにTOKYO散歩。神田川沿いをゆっくり歩く。初めて目白椿山荘に。コレがすごい庭園、七福神の石像はあるは三重の塔はあるは滝はあるはの名庭園。何で今までこなかったんだろうってもの。ゆっくり見て廻る。

080501_1425~0002.jpg

でもって、鶴巻町の現代漫画ミュージアムを覗く。ふーん、月蝕歌劇団はいま京都に行ってるんだ?。

大学通りの喫茶店で遅いランチ。ハヤシライスと珈琲。

4時稽古開始。みっちり1時間半稽古、少し変える。

●●

5時半からメイク本番準備。
今日も「超」満員。3年前から楽塾を取材している大阪のAさんの顔、ライターのFさん、昨日もライターのTさんが来てくれたがパラダイス一座と楽塾の仕事は是非多くの人たちに知ってもらいたいと思っている。よろしく!である。今日も演劇記者、評論家の知り合いが何人か初楽塾。昨日に続いてドカンドカンと受けまくる。ほぼ安定してきた。これで安心?ほぼ予想通りのお客さんが来そうである。今年は十一人という最小の出演で客の入りが心配であったが「初楽塾」が予想をはるかに超えて早稲田にきている。1000人近くの人がSpace早稲田に来る事が「事件」なのである。小劇場という名の「消費蕩尽されつくされる」ギョーカイから離れたこれは「えんげきの楽道=運動」とである。そして彼女らは「アマチュア」でなく真の「舞台女優(舞台で生きているという意味)」なのである。

MISHIMAワークショップメンバーがずっと客入れを手伝ってくれている。感謝。拓平は「毎日打ち上げ」のつまみの「お好み焼き」隊長。久し振りの竜一とヒロシの顔。

毎日新聞のMさんが今朝の記事のコピーと皆さんの記念写真をわざわざ終演後もって来てくれた。毎日新聞掲載の影響か、当日券がドンドン出ている。感謝。

今日も早めに帰宅。帰り道を変えオリンピックのほう。地下鉄の新しい駅「西早稲田」がすっかり出来上がっている。この駅ができると早稲田はずんと近くなるな。

それにしても真夏日である。北海道は30度を超えたってよ!

※※
曇り空、雨も。








楽塾2日目3ステージ目。

mainiti.gif

4時稽古開始ということで久し振りにじっくり散歩、新宿まで歩いてぐるっと廻って早稲田にいこうか?とおもってお昼過ぎ、まるで夏の日差しを思わせる明治通りを歩く。ちょっと戸山ハイツ側によって喫茶店でも入ろうかと思って横道に入ったら龍昇にばったり。聞くとすぐ横が仕事の事務所のとのコト。珈琲をご馳走になる。演劇の話し、で演出者協会に入会することに・・・。

箱根山を横に見て文学部を抜けてシャノアールに入ってアントニオ・ネグリ特集の「現代思想」を読む。ネグり来日中止もまた直接の「禁止」でなく「主権の発動によってではなく偶然とあいまいな意志の集積によって」入れないように行政措置を運用する現在。ネグり「芸術と非物質的労働へのアプローチ」を読む。コモン、メトロポールねえ?

稽古場へ行く。いつものように1時間半稽古。連日当日券も伸びて「超満員」の2日目。ちょっとしたミスあり(勿論客は気が付かないことなのだが)2日落ち・・・・がすぐ忘れる・・これが楽塾の良さ。


それにしても今回の公演ホントに多くの「評論家」「演劇記者」が観に来ている。いままで江森さん以外の評論家などほとんどいなかったのに、高齢者演劇が様々なところで話題になるから?なんだろう。初めて「楽塾」体験、皆さんには楽塾演劇はどう映っているんだろう?
今日もウーロン茶で乾杯。早めに帰宅の途に。例によって本屋に立ち寄り「映画芸術」に伊藤祐作氏の『血は立ったまま眠っている』の劇評が載っているので買い求める。「せりふの時代」もケラと川村君と前田君の戯曲が掲載されている。

帰宅、寝る前に前田司郎さんの「偉大なる生活の冒険」を一人リーディングをやる。コレが面白かった。30オトコのまさに「偉大な?」「生活?」の「冒険?」ものがたり?を一気に「読んだ」。へーんなコーフンが残った。コレって何だ?

今日はネグりと前田司郎のコトバがアタマの中を飛び交う1日となった。きっと変な夢見ることだろう・・・。

※※

何の夢も見ずにすっきり目覚める。本日も晴天なり、まるで真夏日。

今朝の毎日新聞の「聴くstage」欄に大きく楽塾の記事が。ゲネプロを見てかいてくれたMさん。ありがとうございます。是非読んでください。映画芸術の「血は立ったまま」の劇評もHPにアップしました。

楽塾初日の幕が無事開きました。
2時・7時の2回とも満員御礼。楽塾フリークとでもいう人々の圧倒的な拍手に感謝。

2時の回はみなさん少し上がってか?堅かった。アメリカにいる関口から全員に赤い薔薇が・・・ありがとう。全員で記念撮影して関口に送ることに。久し振りに麻婆飯と坦々麺の夕ご飯。

昼と夜の回の間近くの公園でストレッチと懸垂。

夜の回は緊張も解けていつもの楽塾らしい元気いっぱい。笑いと拍手とちょっぴりウルウルの客席。それにしてもキッチリ考えさせられる?終わったあと「芝居のことを自分のさまざまな問題」として考えるという芝居の原点を兼ね備えたもっとも「演劇」作品というもに出来上がっている。

●●

旗揚げ以来見続けてくれている評論家のEさんもうれしそうに初日乾杯の輪に。これまた同じく友人のMさんもコーフン。こんなにしんみりさせて考えさせてくれる楽塾作品も初めてと。

私はあさってまで酒が飲めないのでお茶で乾杯の音頭。開宴早々に帰宅の徒に。

で、本屋に入って雑誌「現代思想:アントニオ・ネグり特集」新書:橋本治「乱世を生きる、市場原理は嘘かもしれない」大澤真幸「不可能性の時代」を買い求め外に出たら「楽塾に入りたいんですけど?」とご婦人に。何ができたらいいですか?といわれたので「ヒトとちゃんと会話が出来たらいいですよ」と応える。今日の万歩計11368歩。明日は4時集合。まだ稽古するぞ!

最後の稽古。

お昼過ぎからじっくり当たる。みなさんイイ感じで出来上がりつつある。とにかく気を抜くことが出来ないのが楽塾の芝居。それでも今回は前半20分余りはまったく「音楽」を使わない、コレはものすごく珍しい。基本的には台詞劇?といったかんじで・・・でもって・・・その後は!である。

タケの舞台監督ぶりがすっかりイタについてきた。よく全体をみて稽古場の時間を仕切ってくれる。

2時過ぎまで稽古。2時から1回目のゲネプロ予定であったが2時半からにする。ギャラリーがドンドンにぎわってきた。クマ、栗原、上田、香奈美といったメンバーが。

1時間20分キッチリ、いい感じ。とりわけ前半は決まってきた。ちょっとしたミス。イカン。もう一度である。

●●
いつものように賄いご飯。今日は豚汁とキムチ納豆ごはん。美味い。この1週間あまり本当においしいご飯に感謝。制作の米山が毎日イロイロバラエティにとんだ物を作ってくれた、ほんとに抜群の味。

事務所にいくとチケットの電話予約がどんどん入っている。「完売」のステージも5ステージになった。例年のごとく「全ステージ満員」なるか?今年のゴールデンウイークは連休になっていないので今のところ「夜の回」は「余裕あり」の状況。

6時から最後のゲネプロ。ほぼ完璧!米山、アマンダ、カズ、直美、木暮と畝部は昼夜通してみている、でもって創の音響へのサジェスチョンも。

※※
さて、明日は楽しみな初日である。私はもっと「何もしないで舞台に立つことを目指す」つもり。とにかく、楽ーに舞台に「居たいものである」。さて、12ステージ楽しむぞ!

とにかく「今日はゆっくり寝てください」とダメだし。スタッフは明日の客席の準備。久し振りに10時前に帰宅。今夜はゆっくり眠れる。
「淋しかったらふらっおいで、決してただでは帰えさない」という金杉さんの言葉を不意に思い出した。ぜひ、早稲田へおいでください。

●●
さて、いよいよ楽塾はゲネプロ3連発の追い込み稽古であsる。

お昼12時から稽古開始。
細かく明かりと音も付き合って4時半までみっちり。食事休憩、うまい差し入れどっさり。楽塾卒業生の遠山が楽しそうに稽古を見ている。5時過ぎに毎日新聞の取材、写真撮り。創立メンバー4人を中心に記念写真風。メイクの尚の直しの時間をとる。今回は出られなかった宮澤がこれまたいっぱい美味しい差し入れ、感謝。楽塾番の若手たちは充分の栄養補給。美味しいので食べ過ぎていつも楽塾の公演のときはついつい太ってしまう。ふきと筍だよ!ああ、酒が飲みたいものだ。

6時過ぎに小返し。7時毎日の記者さんやギャラリーも入って初の「通し」皆さんさすがにちょっと疲れていた?がほぼ完璧に出来上がっている。急遽今日変えたところは明日再度稽古。

うん、どんどん変えてしまう「困った演出家」である。毎日新聞のM記者の取材に応える。そうか「平均年齢57歳」か!!最年少が50歳最年長は67歳。それにしては本当にみなさんタフで色っぽくておまけにチャーミングである。俺も負けてられないなあ!なんてったて今年中に還暦が4人?

おばさんたちの官能の解放区ソコが楽塾である。


●●

というわけで、明日2時と6時の2回「通し稽古=ゲネプロ」でついに新作『ぜーんぶ書きかえた ロールプレイン・ザ・バグ』初日の幕が開く。北村想という天才劇作家の「新作書き下ろし」注目の娯楽巨編。泣かせて笑わせてキッチリメッセージをお届けします。歌って踊ってキッチリ芝居しまっせ。

是非多数のご来場をお待ちしています。

楽塾11年目早稲田は熱い春です。



楽塾初日まであと5日間。

新宿まで歩く、御苑前のサンモールスタジオ。BOTTOM−9の『革命の言い訳』(市村直孝作・演出)のゲネプロを見る。劇団の甲津拓平が出演しているから。最近、拓平は様々な劇団に客演している。この前もサンモール・スタジオでやっていたが『血はっ立ったまま眠っている』とバッティングしていたのでみれなかった。本来なら勿論本番を見るべきだが夜は楽塾の稽古なので・・・。

自衛隊習志野駐屯地を舞台にした革命劇?戦車が凄い・・・・で、うーん。佳昭がそれなりに年取っていた。何もしないで舞台にいるということを考えていた。2時間10分。拓平くん、芝居の台詞じゃないけど「頑張れよ!」というか、いつも「しっかりしろよ!」で楽しく!だ。

外の喫煙所でちょっと市村くんと喋って、厚生年金会館の横を抜けまねき通りを抜け抜け弁天、女子医大、夏目坂、で早稲田。メルシーラーメンでオムライス。

●●

稽古場に入ると1日でSpace早稲田がスゴイ「メルヘンチックな劇場」に変貌していた。イワヲの力作である。『ヘレンの首飾り』を超えるキレイなセット、台本を実によく読みこんでいる。こちらも自然と力が入るってもんだ。

今朝の8時まで作業だったとのコト。明かり合わせの後ちょっとした直しをしたいとのコト。舞台空間はスズナリの広さ、素敵な劇場である。

6時過ぎから歌、踊り稽古。7時から1時間半稽古。いつものように8時半から通し。木内尚が稽古を見ている。楽塾11年間ずっと美粧(メイク)担当。イワヲも11年楽塾と付き合っている。宣伝美術の桃子、照明のROMIといった不動のそして最強のスタッフが1年がかりのこの活動に付き合ってくれている。本当に多くの人々に支えられて楽塾はある。


ほぼ完璧に近くなった。明日は5時からメイク、衣裳もつけての最後の「通し」となる。

7ヶ月の稽古でせりふというか皆さんのコトバに完全になっているので「何もしないで自分のコトバとして喋ってください、でそこにキチンといて下さい!」となんどもこの1週間繰り返している。

そこにキチンと「いる!」こと!

●●

帰宅、例によって肩と頸の激痛のため眠れない4日目。朝方、ムチウチの頸のコルセットを巻いて寝てみる。これがいい、やっと4時間あまり寝る。これでいこう。

ついでにこれ小道具!に使える。うん、ムチウチの宇宙人!?いいじゃん。楽になる、なにもしないで舞台に立つ、うんコレだ。

ryuz.jpg


※※

曇り空、明日、聖火が日本に。吉野家の牛肉にまた!危険部位発見。
ムソルグスキー「展覧会の絵」を久し振りに聴く。


あと1週間で楽塾初日である。

順調に仕上がっている。みなさん仕事があるので11人全員がそろうのは7時過ぎ。3時間1本勝負、1時間半気になるとこの小返し。通し1時間20分、ダメだし20分といったトコロ。私に対するダメが一番多い。正味10分にも満たない出番キチンとやろう、「場つなぎ」は大切・・・うん。

肩と頸が痛くてここ3日間まったく眠れず睡眠不足、オマケに3日間寝ようとして横になるとゲップが止まらなくて、ついに昨日病院にいったら血圧は下が110で上が125、?!何だって、で測りなおすと2回目も下が120で上が130!。結局は胃薬といつもの心臓の薬と血液検査。病院には韓国と中国の留学生の皆さん多数。健康診断らしい。

で、昼飯食って胃薬飲んだらゲップがだいぶ収まったので少し昼寝する。3時間ちかくうつらうつらして稽古場に。

頸と肩がいたいのは50肩というか久し振りの腕立て伏せと腹筋のせい?

確実に老いというヤツでガタがきつつあるおのれのカラダと付き合うしかない。

●●

楽塾はほぼ出来上がりつつある。不思議なものでどんどんテキストどおりに戻る。稽古のときはいろんな意味で過剰にしていたものがそげて行く。シンプルにシンプルに!である。あと少し。

夜はイワヲたち深夜の美術作業。25日は照明仕込み、美術作業とする。

26日から3日間の贅沢な舞台稽古(ゲネプロ)。

客席も最大キャパ80すべて椅子席?でゆったりという贅沢な劇場にSpace早稲田が変容する。何といっても「平均年齢56歳」の熟女劇団、お客様の半分は同世代?。すこしでもゆったりと見てもらいたいもの。

それにしても今年も1000人近くの人が早稲田の小劇場に詰め掛けるというコト?!になりそうである。文字通りのゴールデン・ウイークの
早稲田の風物詩である。

いそさんからアミールSちがったプレティオを差し入れしてもらう。さっそく飲む。

※※

今朝も5時までうつらうつら結局4時間あまり眠る。朝病院。血圧84の114、正常。コレストロールも299から160に。今日も凄い人、健康診断の季節。



楽塾追い込み稽古真っ盛り。

1日中稽古場である。

絵美の振り付け最終チェック。ドンドン進化してゆく振り、皆よく付いていっている?がんばれ!である。とにかく「思うこと」。聴く、伝える、これだけ。平均年齢56歳のお姉さん方の底抜けのパワーとそのチャーミングさ、世界に類のない「大人の演劇の現在」がここに在る。楽塾11年目の代表作がいま早稲田に誕生しつつある。とにかく凄いの一言、あとは「役者」のオレが頑張るしかないってか?

30分の「食事休憩」以外はみっちり稽古、ラストまで当たる。明日もう一度あたる。

来週から「通し」毎日8時から1回で行こうと思っている。皆さん仕事があるので全員集合は7時半過ぎなので・・・とにかくこのスケジュールで行く。「通してカラダに叩き込む」!!こと。オレの芝居は圧倒的な労働者演劇だからいたしかたない。

去年の10月から稽古開始して7ヶ月、初のオリジナル、それも北村想「新作書き下ろし」、何処にもない楽しい作品に出来上がっている。テキストの凄さがいま「役者の体を通して」キッチリと立ち上がっている。ぜひ多くの人に見てもらいたぃものである。

夜まで雨が・・・・春の嵐も夜にはおさまる。

腕立て伏せと腹筋、背筋のやり方の影響か?肩がメチャクチャ痛い。
いつものことか・・・。昨日はあまり眠れず、しょうがないので録画していたB級映画ジーン・ハックマン主演の『地獄の7人』なんてサイテーのアクション映画を朝4時まで見ていた!

※※

曇り日和の日曜日。
さあ、今日も1日中稽古場。本番まであと10日!!いよいよ秒読み開始!!


休む暇もなく昨日から楽塾の稽古に入った。

●●

昨日22日(土)はお昼過ぎから夜まで絵美の振り付け。とにかく今回は振り付けも自分達で考えることにしたので、基本的にはみんなの作ったものをベースにして考えてくれと絵美に。

前半の3分の1をとにかく当たる。どんどん格好つくものに仕上げていく。絵美はプロの振付師でもダンサーでもないがこの6年間ずっと楽塾の振り付けをやってもらっている。元もとはうちの劇団員、踊りも歌も出来る女優であった。楽塾とはとりあえず劇団を辞めようと付き合ってくれている。ありがたいことである。

夜香港のEさんが東京に来ているので9時馬場で打ち合わせ。来年秋の日中合作に続いてさ来年の北京での演出作品の話も具体化しそうである。

香港での日中合作はオレ、鄭さん、アマノと続く予定らしい。面白いなあ・・・いじゃん。

●●

23日(日)朝、榎木さんから電話。「28日の忘年会=還暦ライブに行くつもりなんだが、わからないので稽古場に酒差し入れしとくよ」と「毎年」恒例の電話。毎年のように忘年会のシーズンになると榎木さんはふらっと稽古場に酒の差し入れしてくれる。ありがたいことだ。

で、お昼過ぎに稽古場に行くと大量の酒といつもの榎木さんのオリジナルカレンダーが置いてあった。ありがとうございます。のん兵衛のビンボー劇団、助かります!!

昨日の振り付けに続いて楽塾のひさしぶり稽古。2時半までノンストップで前半を、あとは自分達でやれ!といい加減な座長である。

今日は韓国の演劇集団反と前進シアターが来日公演が新宿のタイ二ィ・アリスであるのでどうしても稽古をぬけていかなければならない。これもまた渡世の仁義。

タクシーに飛び乗ってアリスまで。何とか間に合う。

●●

前進シアターの『壁と窓と』(作:崔仁順 演出:朴章烈)牢獄からの脱獄を描く短編50分。演劇集団反は『スーパーマンとターザンの愛』(作:カン・ジュンテック)これまた都市から追い出されて炭鉱夫になったスーパーマンとターザンが炭鉱に閉じ込められる話。朴さんは鐘下の『ルート64』などを演出しているヘイファドン1番地と呼ばれるソウルの小劇場運動のリーダーの一人。2年前ソウルで知り合った演出家。2作品とも字幕なし、スーパーマンはのほうは開演10分で字幕のパソコンがダメになり結局まったく字幕なし。

それでも面白く見れた。明日までアリスで上演中!是非多くのヒトに見てもらいたい作品である。と宣伝しておく!!

●●

再びタクシーに乗って早稲田の稽古場へユーターン。

6時過ぎからイワヲ、創と還暦ライブの打ち合わせ。大変!

大体の構成を決定する。
で、9時近くまでカラオケ部分の歌稽古。それにしても大変!

●●

でもって、ガキの頃からのちょっとした映像を作ることになって大昔の写真を事務所でひっくり返す。これまた大変!12時近くまで。帰りの電車でKONTAさんにばったり。ライブに来てくれたらものすごいゲストになるが?