流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

今日は日曜日1日中楽塾である。

お昼過ぎ歩いて早稲田通り、万歩計つけていったらちょうど3500歩ぴったし、そうか稽古場との往復は1万歩にならないのか。

●●

1時から楽塾。
今日も来年の作品候補の戯曲読み。
北村想「けんじのじけん」1時間。
野田秀樹「贋作罪と罰」2時間。もちろん初見でト書きも読むのでこれくらいかかってしまう。それにしても野田秀樹タダモノではない。最近野田戯曲を読み直しているが、この男日本の現代演劇の幅をどんどん広げている、文字通りの異才であることを認識。近いうちにじっくり本格的に「演出」したいものだ。

ちょっと休憩。
北村想「ロールプレイン・ザ・バグ」1時間
面白い。おばさんたちの体を通り抜けて北村の言葉が立ち上がってくる。
さすがに4時間読み続けると疲れ果てる。6時半近くに稽古取る。非戦朗読ユニット「ピース・トレイン」の稽古の為3人が休み、で2人が病気で休み。で、結局杉山、いそ、桐、ナイトー、小森、高野の6人。これだと凄いスピードで台詞が回ってくるので大変。途中から私もト書きと一役を読むことにした。

3本戯曲を読むのはさすがに大変。でも3本とも実におもろいホン!

で私も次の楽塾公演「役者」で出ようと密かに狙っている。

●●

いつものように本屋によって帰りもダラダラ歩いてかえる。

前から気になっていた馬場のタイ料理屋で夕飯。美味い料理、ビールと紹興酒。

●●

これまた久しぶりのDVD『十三人の刺客』(工藤栄一監督作品 片岡千恵蔵主演)白黒の60年代の東映集団時代活劇。13人の幕府のテロリスト集団が将軍の馬鹿弟君を「屠殺」(これ予告編の若句)する痛快娯楽劇。何ど見ても面白い、13人対53騎。黒澤の「七人の侍」と似た構造。参勤交代の帰路、ある村を買い取り、ネズミ捕りの場所?としてそこで圧倒的多数の敵と戦うテロリストたち。

太平の世、「誰も本当に人を切ったことがない」というリアリテ?ある映画「横胴斬り」が多い。

で、テレビで島田正吾さん特集をチラッと見て早めに寝る。




楽塾、西新宿の花伝舎での最後の稽古。

あっ、という間の2週間であった。皆さん本当に見違えるほどよくなった。全員が自信に満ちた顔に変わってゆく2週間であった。上演時間がこの2週間で17分長くなった。が、これでイイ。珠水さんの名曲にのって贈るかげきな「歌劇:うたげき」の決定版。

せりふの力、歌の力、踊りの力、個々人の「存在の力」が集団の力になった追い込み稽古の2週間であった!みなさん、本当にありがとう。

今日の「通し」楽塾の卒業生遠山も来た。昨日は今回は出られない西川も・・・・・。それから楽塾のボランティアがやりたいという昴の演劇学校の生徒さんや文学座の生徒さんといったいろんな人が稽古場にやってきている。うれしい限り。皆さんの力で楽塾は支えられているのである。皆さんの愛が世界に類のない劇団「楽塾」を支えている。

●●

最後の「通し」1時間47分に。これでイイ。全員のいいところがきちんと出来上がった。本多劇場おそるに足らず!である。1年かけて作り上げたものがきちんとこの2週間で「深まった」!進化し続ける楽塾!!

二階堂まりちゃんが60歳の誕生日!還暦を芝居で祝える幸せもの!この人とにかくチケットを売れる、今回はひょっとすると200枚近く売れるかもしれないという?凄い友達の多い人である!客の5分の1はまりちゃんの客かよ!おめでとう。まりチャン初の「女役」がんばれよ!!

で、明日はいよいよ小屋入り!

稽古を終えて「録音」のやり直し、で私のMC録音。結局は楽塾のメモリアル映像はなしにして「いつものようにやる」ことに。平常心で行くことにする。これでいい。生MCもやめた。

で、映像と照明の打ち合わせを8時過ぎまで。劇団の若手全員が稽古場バラシ。イワヲ、拓平、力らを中心に10人以上の若手たちがてきぱきと作業していく。トラック満載で早稲田まで2往復、大変である。

『金玉娘』の稽古を中断して若手と劇団員の全員が楽塾の本番体制をサポートしている。

今回のスタッフは最強メンバー。照明、美術、音楽、映像、音響、振り付け、衣裳、美粧と各パートがプロの力を最大限発揮している。10年の「楽塾の歴史」を支えてくれたこのスタッフの「愛」に役者も私も全エネルギーでこたえるしかない!

●●

前売りが新聞に記事が載りだしてから伸びているという。前回の「十二夜」の前売り最高記録を突破しこれで前代未聞の1000人を超える観客が楽塾本多劇場公演に来ることは確実?!まだゆっくり座れます。

夜の回はすべて「余裕あり」です。5日昼・6日昼2時の回は「残席僅少」。今すぐ 03−3468−0030 (下北沢本多劇場)!受付PHS070−5565−7729へご予約ください!

未だ見たことのないシェイクスピア喜劇が生まれます。野田秀樹+流山児祥+楽塾!これって凄い化学変化。

※※

 とにかく観なきゃ一生の損です!3000円安い!

全席自由席、是非、ふらっとゴールデン・ウイークは下北沢まで!劇団員一同お待ちしています。

※※

なんとか雨は降ってない。曇り空の中本多劇場の仕込み。

産経新聞文化欄に大きく「楽塾本多劇場進出!」と今朝の朝刊に掲載されている。

朝から『オッペケペ』の企画書作り。「オッペケペ」節の全曲やら川上音二郎のことやらを調べる。逮捕投獄数知れず、で死ぬ時「舞台の上で死にたい」と劇場に運ばれたりとか47歳の生涯を実にドラマティックに生きた「現代演劇の祖」である。

寺山修司と同じ年に彼岸に逝ったのか?寺山修司の天井桟敷の100年前に「国境を越えた演劇人」それが川上音二郎。実に面白い!

でも、福田さんの『オッペケペ』はその前の戦意高揚劇時代までの物語。

これが結構大変な作業となる、で今日の『金玉娘』の稽古は私の都合で「自主稽古」にしてしまった。ごめんなさい。

ただし、音楽の各自のソロパートのことと、あと、セットのことの宿題を出す。

5時過ぎ花伝舎に、近くのビルの喫煙所というか休憩所みたいところでタバコすいながら明日の「舞台芸術の支援活動」についての対談の資料を読んでいたら横のテーブルに桟敷童子の東君の姿、桟敷童子の稽古場が近くにあるとのこと。

●●

6時からノン・ストップで1幕の稽古。

イイ感じで進んでいる。細かく大胆に!である。

どんどん面白くなっている。これでイイ。とにかく面白い最高傑作の予感!

予定通り、明日は「休み」にした。急いでも仕方がない。気がかりなのは川本の足の具合。全治3週間の肉離れ。カワモはパック役、野田秀樹がやった役、ほとんどが走っているシーン。走れないので、この際いっそのこと「松葉杖のパック」にするか?

なんとか、10時前に1幕を全部あたる。これで、木曜日から5日間7回は通せる。

で、水曜日は歌・せりふの録音日。1日かかるだろうな・・・・・そういえば、今日からワイヤレス・マイクのダミーをつけてもらっての稽古が始まった。8人がワイヤレスマイクをつける。出演者の半分!

スゲー!!

●●

稽古終了間際、米山がパンフレットの最終校正のゲラを持ってきた。花伝舎の外の蛍光灯の下で校正となる。

で、チケットの売れ具合も・・・・・どんどんチケットが売れ出した。なんとか埋まってきた。4日の夜・5日の夜はガラガラだが3日夜・5日昼・6日昼は売れている。これってすごいこと!早稲田だったらもう少しで「完売」である。

※※

というわけで、全ステージまだまだ「余裕あり」ですがなるべくお早めに!

馬場から大久保のグローブ座を経て税務署通りを抜けて成子天神の境内を通って花伝舎までめちゃくちゃ早足で40分。すごい汗であるが気持ちいい。いい天気の休日である。明日も歩くか?

今日と明日でなんとしても「とりあえずラスト」まで作り上げねばならない!

なんとか9時半『真夏の夜の夢』ラスト「お手を拝借!」まであたる。明日手直しするが・・・・。

考えてみたらラストの2章は一回もあたっていないじゃん!なのになんとか全員せりふが出てくるからすごい。

●●

休憩時間に久しぶりに新納敏正さんとしゃべる。長い付き合いである。昔は『ザ・寺山』『tatsuya』といった作品によくでてもらった。ちかいうちにまたいっしょにやろうよとはなす。最近の若手劇作家について・・・・・も。

●●

ラストまでとりあえず「出来た?」のでやっと「映像」打ち合わせ。

ハマジと近くのジョナサンでこれまたとりあえずの打ち合わせ。30箇所あまりの映像となりそう、私の作品をある意味批評的に、またリズムを作るためのさまざまなアイディアを・・・・12時過ぎまで。

電車で馬場まで。ハマジは早稲田の事務所泊まりなので駅近くの焼きトン屋でホッピー。2日間の予定が結局4日間。名古屋に帰ってあさって火曜日には再び現場に戻ってくる。

※※

朝からいい天気である。

さて、選挙にでも行くか。今日はなんとか一度「通し」たいと思っている。

12時から夕方まで昨日の「2幕」のラストをもう一度稽古して6時から通し。8時から2時間踊りの最終振り付け。

夕方には観世榮夫さんと『オッペケペ』の打ち合わせも入っているし、忙しい日。

来週は「通し」!

ひさしぶりの楽塾の稽古。

お昼過ぎから6時間近くノンストップで『真夏の夜の夢』2幕を。劇団の若手4人が出ているんだがまだ台本を手にしているので怒鳴る。でも考えてみたら今日初めてか、明日朝まで絶対に入れろと厳命。

関口がアメリカから一時帰国しているらしく稽古場に。音楽が流れる歯ブラシをお土産にもらう。関口にはゲストでいいから出演してほしいんだが・・・・・。

稽古中、関根靖晃から電話。女の子が無事生まれたとのこと。これまたやめた同期の山中聡・桃子のところが先月生まれたばかり。わが劇団の周りではこの2年間出産が相次いでいる。少子化はわが劇団には何故かまったく関係にはない。ほとんど三世代同居の劇団にあと10年でなりそう?

オメデトウ!

●●

6時30分過ぎに稽古を取り神楽坂に急ぐ。

黒テント、山元清多作・演出『籠釣瓶花街酔醒』をシアター・イワトで見る。満員。10年前流山児★事務所が榎木孝明・大路恵美・塩野谷正幸主演で本多劇場で『ピカレスク黙阿弥』というタイトルで上演した作品。

それこそ、山中聡や関根靖晃を思い出してしまった。

寒い、寒波である。

おまけに花粉症。眼も鼻も喉もぐじゅぐじゅ。

今日は、久しぶりの楽塾。

お昼から、サポートレギュラーの若手冨澤力、木暮、太郎の3人が稽古場に来ている。

来年の本多劇場公演ではスタッフだけに専念してサポートしたいムネを力が、太郎と木暮はまだ決めてない事を楽塾のみんなに伝える。新人の創が音響の手伝いを今日から手伝ってくれる事に。

まだ、力も決めることないのに?と私。まあ、早稲田と違いきちんと本多の場合スタッフが必要なのはわかっているが・・・。来年からでも稽古参加でいい、彼らが「いる」ことが楽塾には「必要」なのだ。5年間「新人」時代から彼ら3人は楽塾と付き合ってきた・・・・。そういった意味では,彼らはりっぱな、楽塾劇団員なのだ。

で、今日は「音きめ」の稽古。2幕までノン・ストップで5時半まで。休憩なしでみんなヘロヘロ・・・。

で、8時までMDに入れていく。創と内藤さん、高野の4人で。なんとか来週の稽古に使えるように録音していく。

終わって、腹減ったのでビールのみながらお疲れ会。呑みながら、キコさんのオメデタからテンノー制について、はては認知症という名の不認知症について、親子というか家族の現在、憲法、教育基本法の改悪について、20歳そこそこの創と楽塾の人たちの会話。

楽塾のメンバーと劇団の新人達が出会うこの「日常」が最もステキな事であると私は思っている。我が劇団では新人は必ず楽塾と付き合うことから役者修行を始める。50歳を超えた人生の大先輩達と話すことって演劇人というか人間にとってサイコーの経験となる。

●●

来週、楽塾は今年初めての3日間の「集中稽古」を予定している。『狂人教育』の稽古の進行具合だが、私は多分1日だけしか付き合えないかもしれない、ごめん。

まだ、8ヶ月ある・・・・・。

まず、今日決めた曲で、自分の「うた」にして、そして「自分達のうた」にして下さい。これが宿題です。

●●

10時過ぎに自転車帰宅。途中、新目白通りに出来た「99ショップ」で買い物。ほんとに安い!いついっても、客の大半が海外から来ている人?て感じで面白い。

維新派の『夏のトビラ』(松本雄吉・作演出)教育テレビ芸術劇場を途中からビール呑みながら見る。面白いなあ、雄吉さんの描く世界のある強さとこだわりに感心。役者たちの力量も。いろんな意味で何処にもない「世界演劇の地平」を感じさせるまさに洗練され計算し尽くされた舞台芸術。王者舘と似て非なる維新派ワールド。

王者舘(名古屋)や維新派(大阪)といった世界演劇を視線に入れた劇団が東京に「存在しない」「存在できない」という事が東京演劇シーンの「演劇的知性」のなさ、「貧しさ」の象徴。

『夏のトビラ』は舞台芸術作品でありながらある種、庶民の目線=ジャン・ジャン大衆オペラで作られたひと夏の少女のデジャビュをキッチリ描いている。元気を貰った、ありがとう、負けてられないゾ。

「夏のトビラ」の向こうまで行こうぜ、みんな。

●●

明日昼から池袋の稽古場である。

いよいよ、実寸で稽古が出来る。

久しぶりの北京公演チームの稽古。

●●

久しぶりのモーツアルトで寝る。

お昼過ぎに暑い日差しを浴びながら汗だくで、歩いて早稲田へ。

昨日の呑み会でそのまま、アツシと竜一は泊まっていたらしい・・・・・。

それにしても若い奴らは元気だな・・・・・。もう、朝まで飲む体力はねえな、淋しい限り。

8月2回目の楽塾『真夏の夜の夢』の稽古。

今年で10年目の楽塾の夏、来年のゴールデン・ウイーク本多劇場上演に向けて、毎週日曜日「少しずつ少しずつ創り上げていく」実に贅沢な創造現場。

今日は、代役が多いのでエチュード的に稽古をすすめる。自分の役ではないがこれやると、芝居がわかってくる。

楽塾の稽古は実に楽しい。演劇の原点=人間が他者と一緒に表現しようとする根本が見られるからだ・・・。

今年は、5月に出演できなかったMさんが稽古、これが面白い。爆笑の渦、人間ってスゴーイと単純に思う今日のエチュードであった。

次はオレンジレンジの「ロコモーション」でもかけながらエチュードやるか?

 

今は、音楽稽古、セリフを歌にあわせて大胆に作っている。

今回のテキストはシェイクスピアの原作を野田秀樹が大胆不敵に翻案した台本を使っている、2人の板前と2人のお嬢様の恋物語。

富士のふもとの真夏の森にパックとメフィストフェレスの2人のトリックスターがいて物語を運んでいくという実に良く出来たホンである。

1979年に『ぷらねたりよむ・あむーる』という野田戯曲を演出した以来の野田作品の演出である。楽しみながら私なりの野田+シェークスピアワールドの解体をもくろんでいる。

が、野田の言葉を平均年齢55歳のオバサンたちが語るとこれが、実にリアルで面白い。

でもって、もの凄いスピード感がある楽塾パワーで炸裂するから・・・・・もう何処にもない芝居となる!

ロック、ジャズ、Jポップを意識的に使う事にした。

それと、少年王者舘の音楽家珠水さんの曲をメインの音楽にする事は決めた。

珠水さんの世界からはみ出るところの音楽が問題なのだ。

今まで最多に近い曲目を使っての稽古になりそう。

もちろん最終的には最小限の音楽を使い野田とシェークスピアの「ことば」を残す、予定?

7時までノン・ストップで稽古。

あ、今夜は『狂人教育』のダンス稽古だったけ、まあサボに任せてあるのでいいか。

 

というわけで(何が?)、磯、内藤、伊藤、杉山らと腹が減ったのでビールと軽いモノをとりながら稽古場で軽ーい呑み会1時間ちょっと。

歩いて帰宅。

途中、薬局で漢方胃腸薬。

本屋で立ち読みと演劇雑誌三冊。

昨日、事務所に札幌のワークショップに参加したTさんから送られてきた「新約聖書」を、暑い馬場のアパートで行水してから、ぱらぱらめくる。

中学1年から高校時代までよく読んだものである、こう見えても16歳の時、一時はクリスチャンになろうとした人間なんだから・・・・・。

中学生時代は教会で英語サークルに入ってたんだぜ、ホント。

それにしても最近の聖書ってえらくわかりやすくなっている。

おまけに、「災難が降りかかろうとする時」は此処を読みなさいといった風にマニュアルまでついている、これってやばくない?人間の想像力の根源に死と詩と神なるモノがあるのに。

 

始めに「ことば」があった、ことばは「神」と共にあった、「ことば」は「神」であった。・・・・・・コレが西洋ってヤツである。

●●●

10時のニュースを見る。今日の高校野球の決勝戦。早稲田実業対駒澤大学苫小牧は1対1の延長15回引き分け!ハイライトを見ながらコーフン。

高校球児たちはすごいなあ、こんなの見ると大人は泣き言言っている暇ねえなあと思っちゃう。

 

そういえば楽塾の中の非戦ユニット「ピース・トレイン」のメンバーが23日の本番に向けて稽古ということでお休み。

 

是非、23日のピース・リーディング行ってください、もちろん私も行きます。

●●●

ふと、NHK芸術劇場でダンスを見る。ローラン・プティ振り付けのボリショイ・バレーの『スペードの女王』のラストをちょこっと。ふーん。2005年の作品。

で、続いてカナダのラ・ラ・ラカンパニーの2003年の作品『アメリア』を見る。

凄い、スタイリッシュで高度なテクニックと共に妙にエロティックな作品。

音楽が実にイイ、デーヴィッド・ラング。詩はルー・リード。振り付けはエドゥアール・ロック。

つい、音楽家の本田さんにTEL。