流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

 いっちの「舞台大好き」

 去年の「楽塾版 十二夜」を観た時“楽塾史上最強傑作”っていう見出しでブログに書いた気がするんですが、今回はそれを軽く上回ってしまいました。毎年毎年期待を大幅に上回る楽しさの楽塾さんですが、今回もめっちゃ楽しかった!!

、今回の作品の元になっているのが寺山修司29歳の時に書いた未上演戯曲「不思議な国のエロス」。
そして寺山さんのこの戯曲の原作が、アリストパネスが紀元前411年に書いたギリシャ喜劇「女の平和」
長く続く戦争に嫌気が差した女性達の“非戦のためのセックス・ストライキ”が書かれているこの戯曲。
実際私は寺山さんの「不思議な国のエロス」を読みましたが、寺山さんがアリストパネスの原作に忠実に書いたということもあってか読んでいて赤面してしまうくらい生々しい表現があったりもしたので、さてこれを流山児流にアレンジしたらどうなるのだろう?と思っていました…ら!「十二夜」と同様に“歌って、笑って、恋をして!”の素敵な時代劇ミュージカルになっていました!寺山さんの戯曲ではかなり生々しい表現になっているところも楽塾のみなさんが演じればあら不思議、生々しさにチャーミングさも加わってよかったです。

さらに宮川安利さん振付のダンスもみなさんバシッと決まって素敵でした!
実はお稽古中から「(安利さんの振付は)ハードでかなり大変」という話は楽塾関係者のみなさんからうかがっていたんですけど(←なにしろ平均年齢62歳ですからね。対する振付の安利さんは弱冠21歳…わっ、若いっ! 汗)、実際観ても“いやぁ、大変そうだなぁ”と、でもこれを「大変だー!」と言いながらビシッとやってのけるのは、日頃のお稽古の賜物ですね♪素敵な振付を考えた安利さんと、それを毎日見事にやりきっている楽塾のみなさんにブラボーな拍手を贈らせていただきます♪

そして今回特筆すべきは流山児さんを筆頭とする6人の男優陣!!
これだけの男優さん達が楽塾の舞台に立つことは、私の記憶が確かなら今まではなかったようなでもみなさん個性的でぶっ飛んでて、観ていて楽しかったです。特にすごいなーと思ったのがラビオリ土屋さん!
ネタバレになるから詳細は避けますが…流山児さんと土屋さんのシリアスなシーン、息がぴったりだと思ったら!土屋さん、流山児★事務所の前身である演劇団にいらっしゃったんですって!
お2人のシーンは緊張感があってカッコ良くてすごい鳥肌が立ちました!…さすが阿吽の呼吸!!

流山児さん&土屋さんを筆頭に、今や楽塾には欠かせない存在の柏倉太郎さん&五島三四郎さんの流山児★事務所コンビのお2人や「田園に死す」から続投出演(!)の後藤英樹さん、そして流山児★事務所客演レギュラーと化している(?)山下修吾さん…どこを観てもいい男ばっか…すごい眼福でした。
2014-05-07 01:20 この記事だけ表示
産経新聞5月3日 文化欄「鑑賞眼」より

■未上演作品を大胆に再構成

 中高年の演劇集団は珍しくなくなったが、先駆けは流山児祥(りゅうざんじ・しょう)率いるこの楽塾。その創立17周年記念公演。

 古代ギリシャの喜劇作者アリストファネスの「女の平和」を、寺山修司が29歳の時にアレンジし、書き下ろした未上演作品を、流山児が時代劇ミュージカルとして大胆に再構成。長引く2国の戦乱にウンザリした女性が、セックス・ストライキで反戦平和を求める物語は、日本の山城国の東西2国に置き換えられる。

 平均年齢62歳のオバチャン女優(56〜72歳)と、若手男性俳優が、互いの性欲をめぐりガチンコ勝負する様が実におかしい。通常、物語の焦点となるのは男性の性欲だが、楽塾では男女反転する面白さがある。

 ここでは自身の欲望を隠さない熟女らが、煩悶(はんもん)の末に“拒絶”を決意。その過程を「♪透き通る襦袢(じゅばん)の下を丸見えにして(中略)ところがどっこい身をかわしするりするりと逃げまわる」などと歌い、錠前付きの下着姿に着替え踊る。笑いと驚愕(きょうがく)の熟女絵巻に、呆然(ぼうぜん)とさせられる。

 しかし舞台は、キワモノ劇では終わらない。女性たちの戦略が奏功し、2国には平和が訪れるが、戦のない世の中で女性に愛されるのは、編み物や料理ができる男性だ。この下りは寺山の原作通りで、「不思議の国」として描かれた国はいまや“普通の国”。だが平和を謳歌(おうか)して踊り狂う男女に、突如爆音が訪れる。危うさと背中合わせの平穏に、流山児が現代の観客に発したメッセージを感じた。(飯塚友子)
2014-05-07 01:03 この記事だけ表示
江森盛夫の「演劇袋」

寺山修司の「女の平和ー不思議な国のエロス」
作:寺山修司、原案:アリストパネス、翻案・台本・演出:流山児祥、
流山児★事務所+楽塾、spaces早稲田

 この作品は寺山が29歳の時、劇団四季の浅利慶太の依頼で日生劇場公演のため書き下ろした合唱劇「不思議な国のエロス」だが、公演自体は諸般の事情で未上演になったもの・・。
 いつ終わるともしれない戦争に男どもは、家庭も女房もおろそかにして戦場へ行ってしまう・・。我慢も限界で、女たちは敵味方合致して男どもにセックスを拒否することを決定する。ついでに戦費の所蔵場所も占拠してしまう。女たちの中には、我慢ができず脱落者もでるが、男どもははたして困り抜く・・。

 よく上演される奇想天外の名作だが、流山児はこれを得意のミュージカル、流山児レビューに仕立て上げてあれよあれよという間に終わる楽しい一夜だった。楽塾は最年少56歳、最年長が72歳、平均年齢62歳のシニア劇団だが、今回は流山児★事務所の若手男優との共演。
 したくてしょうがない男を拒むのだから、楽塾の熟女たちも精一杯色っぽく、きわどいそぶりもがんばって男どもをなぶる・・。山形治江の名著「ギリシャ劇大全」のよれば、この芝居ができたころのギリシャは、戦争で疲弊しつくし、絶望的な状況で、この芝居ものんきなファンタジーではないと書いているが、この流山児の翻案では、女たちのセックスストライキが功を奏して和睦したが、その瞬間に両者が破滅する。
 集団的自衛権・積極的平和主義の愚かな結末だと流山児らしく骨っぽく明示するのだ。

 楽塾も5年前から観客動員数1000人を超えたそうだ・・。私は創立初演から皆勤である。年をかさねても彼女たちは全然すれない、初演の時と同じ初々しさを保っている・・。
 今後もがんばって熟女の輝きをますます見せてほしい・・・!
2014-05-07 00:59 この記事だけ表示
これもステキな「劇評」です。
演劇◎定点カメラ BYねこ


 恒例シニア劇団GW上演。浅利慶太依頼 京マチコ主演日生劇場上演へ書き下ろすも
 未上演。そんな曰わく因縁の29才時作品がベースとか。
 舞台。糸を縦横に張った格子戸を壁に見立てたり、組み合わせて使用。
 紙の月ロマンティックはお約束。
 お話。長らく続く戦争をセックスストライキで打破した アリストパネス「女の平和」
 これを日本の戦国内戦に置き換え、現代にも繋げて反戦劇として翻案。
 
 愉快痛快、なかなか骨太に迫る妙ージカル。バカな男達のしゃれにならん戦争に
 見事に一矢報い。楽天にも悲恋、ブラックでシニカル世界の毒気を欠かさず物語り。
 手痛い内容を交えても停滞させやしない熟女パワー。劇団に一人いれば十分な
 ベテランがわんさか個性と意気地を発揮して圧倒、ていうか愛らしくて魅了して、
 自然と笑みこぼれ。男性陣はベテランとイケメン若手の混成でいい案配。
 後藤英樹さんにほよよ、東京で活動してるのね。

 なによりはてんこ盛りのミュージカルシーン。歌謡ロック、ポップス、ジャズ、
 クラシック…、なんでも消化して歌い踊る連綿。30名勢揃いだと大迫力。演劇、
 歌の力、楽しさ、世にはびこるヘタレや理不尽を吹っ飛ばす気概と活気に触れて、
 心が晴れる思いがするねこ。
2014-05-07 00:49 この記事だけ表示
朝日新聞の今村修さんの劇評です。そうか、初楽塾ですか?ありがとうございます。
・・・・・・・・・
 一昨日の夜は、Space早稲田で流山児★事務所+楽塾「寺山修司の女の平和 不思議な国のエロス」(作=寺山修司、原案=アリストパネス、構成・演出=流山児祥)。長引くペロポネソス戦争に愛想を尽かした、アテネ、スパルタ、同盟国の女性たちが、平和を実現するためにセックス・ストライキを敢行するという、痛快なギリシャ喜劇を寺山が一流の言葉のセンスとアイロニーで音楽劇に潤色、それをさらに流山児が時代劇に仕立て上げた。寺山版は1965年、演出家・浅利慶太の依頼を受けて日生劇場のために書かれた戯曲だが、「オンディーヌ」がロングランしたあおりを受けて上演されぬままお蔵入りした、寺山自筆の作品ノート(「寺山修司の戯曲」第4巻 思潮社)にある。

 流山児はさらに、舞台を戦国時代の山城国に移し、黒沢映画「七人の侍」などの風味も取り入れながら、楽塾の熟女たちと流山児事務所の男優たちの対決という構図にした。これがなかなか、うまく行っている。カタカナ名前が飛び交う寺山版に比べて、流山児版は取っつきやすく、きわどい言葉も連発されるお話だけに、役が想定する年齢と演じる女優たちとの年齢のギャップが、奇妙な距離感となって無用の生臭さを消している。

 実は恥ずかしながら楽塾は初めて。高齢者劇団という触れ込みに、それなりの想像をして行ったのだが、滑舌と口跡の良さに驚いた。ただ、それにしては寺山の機知やアイロニー、言葉の面白さが伝わってこないのは、勢い優先の舞台運びのせいか。確かに少しとっちらかったところのある戯曲ではあるが、流石と思わせる表現は随所にある。勢いは大事だが、そこらをもっと丁寧に見せ、聞かせる場面も欲しかった。

 これを書き始めた途中に飛び込んできた、寺山元夫人で、戸籍上は妹でもある九條今日子さんの訃報。あまりにも突然すぎる死に、気持ちがまだ付いていかない。この舞台、九條さんは見たのかな? 見たらきっと気に入って豪快に笑うだろうな……。そんな思いがグルグルして止まらない。(一部敬称略)
2014-05-03 00:42 この記事だけ表示
おかげさまでSpace早稲田で5月4(日)まで公演中の楽塾公演:寺山修司:作「女の平和」本日、全ステージ前売券完売いたしました。ありがとうございます。

これから、ご予約の皆々様には申し訳ありません。
当日券は必ず、出せるように調整をしていますので、当日券のご利用をお願いします。

開演の1時間前より発売いたしますが、お席には限りがございますので
売切れとさせていただく場合もございます。が今までのところ「当日券」のお客様は全員ご入場できていますので、ぜひ、流山児★事務所に電話の上、ふらりと早稲田へおいで下さい。
あと6日間、10ステージ、フルパワーで爆走します!!

なお、5月6(火)仙台メルパークホール公演はまだまだ、お席に「大いに余裕があり」です、ゴールデンウィークのラストを、仙台へプチ旅行はいかがでしょうか。仙台は楽塾メンバーのめぐろあやさんの故郷です!

また、ご予約のお客様で来られなくなった場合は「キャンセルのご連絡を必ず」お願いします。その時、日時とご予約の名前、枚数をお知らせください。

流山児★事務所 03-5272-1785

なお、Space早稲田は地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口右へ30秒、中華料理「北京」B!です。

http://www.ryuzanji.com
2014-04-28 23:45 この記事だけ表示
楽塾2日目も「満員好評爆走」中である。
それにしても、様々な国の人が例年数多く観に来てくれている。
英語教師や語学学校の先生が楽塾のメンバーにいるので例年のこと、
これぞ真の国際交流!!

国際交流とともに楽塾のお客さんはほんとに全国からやってきている。四国香川、九州福岡、毎回福島の劇団スピッツラビッツの佐藤さんら、仙台のゆうさんも。国際交流と地域間交流この二つが流山児★事務所と楽塾の活動の軸。


夜の回には大久保鷹さん。加えてスペシャルゲストがバンコクからやってきた。KAGEさんである。2001年9・11以来の友人である。
Kageさんは B-floor theatreの芸術監督で5月には芸術劇場でこうえんする。野田秀樹のタイVERSIONの演出家。 physical theatre 2005で再会以来、タイは大変な状況で演劇活動をやっている国。 滞在中にゆっくり話すことにした。
・・・・・・・・・
サプライズニュース!

楽塾「寺山修司の女の平和」全ステージ前売り完売でしたが、急遽本日:28(月)14時の回は「制作の米山です、恥ずかしながら、 4/28(月)14:00は、前売り予約可能! どうぞ、ご予約おねがいします」です。ぜひ、ふらりと早稲田まで。03−527ー1785(流山児★事務所)

予約は今すぐ!!
http://www.ryuzanji.com
2014-04-28 10:38 この記事だけ表示
いつものように10時過ぎに稽古場が開き、ストレッチや各自の準備運動、10時50分全員でラジオ体操第1、第2。ダメだし、わたしが出演しているので細かいダメだしは、天才:安利と鬼才:イワヲ、稽古1時間、メイク1時間半、本番準備で楽塾新作「寺山修司の女の平和」無事、初日の幕を開けました。いつものように、満員のお客様に支えられての昼・夜2ステージであった。ミュージカル評論家:小山内さん、シアターアーツ編集長の柾木さんらの顔も。昨日に続いて国際色豊か?さて、仙台公演まであと15ステージ!一気に駆け抜けようぜ、ステキな笑顔で。ステキな歌声で。

で、2ステージを終えて「初日打ち上げ」。RYU’Sクラブのみなさんや、温泉ドラゴンの篤、ラビが出ているので?超めずらしの第3次演劇団の女優:我母かおる、柾木さんらも加わって米山さんがつくってくれた賄いのご馳走、森さんやみなさんの多くの差し入れの超豪華版の初日打ち上げとなる。
・・・・・・・・・・
で、本日:27(日)楽塾「寺山修司の女の平和〜不思議な国のエロス」2日目です。14時、18時の2ステージ!※当日券の発売は開演の1時間前。充分あります。ふらりと、Space早稲田まで。地下鉄早稲田駅1番出口右へ徒歩30秒です。待ってます!!

見逃すな。ゴールデンウイークの超目玉作品、29歳の若きテラヤマが書き下ろした反戦平和ミュージカル「不思議な国のエロス」です。 増席しました。ゆったりみれますよ。

今日は本番2ステージを終えて久々に新人の稽古をやろうと思っているが?俺体力残っているかな・・・。
2014-04-27 09:40 この記事だけ表示
昨夜は、満員の楽塾「寺山修司の女の平和」公開ゲネプロ。
客席には去年の寺山ワークショップのメンバーもいっぱい駆けつけてくれた。カンヌ映画祭短編グランプリノミネート監督:佐々木想監督、日経編集委員のUさん、ハンガリーから来て日本演劇を取材しているTHINAといった顔も。出演もしているので、トイレ近くから客席の反応を見る。予想通りの反応。これでいい。
明日は再チェック。

今回の公演はとにかく「寺山修司のコトバをキチンと伝える」こと!を心がけて半年間、稽古した。
日曜のみ稽古4ヶ月、土・日稽古2ヶ月、公演直前2週間夜稽古の楽塾の稽古スケジュール、足しても2ヶ月の稽古。平均年齢62歳の女優たちは超人俳優である。

本日:26(土)楽塾「寺山修司の女の平和〜不思議な国のエロス」初日です。14時、18時の2ステージ!※当日券の発売は13時から、17時からです。充分あります。ぜひふらりとSpace早稲田まで。地下鉄早稲田駅1番出口右へ徒歩30秒です。待ってます!!

見逃すな。ゴールデンウイークの超目玉作品、29歳の若きテラヤマが書き下ろした反戦ミュージカル「不思議な国のエロス」です。増席しました。
2014-04-26 09:36 この記事だけ表示
昨夜は初の「ゲネプロ」、衣裳照明ちょっとした」アクシデントあるもほぼ完璧に出来上がった。客席も、ゆったりとした椅子席:70の小劇場に出来上がりSpace早稲田は「劇場」仕様。ギャラリーも弘子、栗原、直美、木暮、阿萬、拓平といった劇団員に加えて沖縄から靖子も子供つれてやってきた。靖子は小森さんの娘で創立当初は振付をやってくれていた。カメラマンの横田さん、衣裳の真紀子さん、メイクの青木砂織、制作の米山、理恵と大勢が見守ってくれている。1時間20分、ほぼ出来上がった。
・・・・・・・・・・
さて、今日は、お昼過ぎから最終チェック。
15時から、「通し」稽古。今日から5月4(日)までほぼ毎日マチネ・ソワレの2ステージが続く文字通りのロングラン公演が始まる。とにかく、カラダに気をつけてがんばって楽しみましょう。

で、楽塾・新作「寺山修司の女の平和」(4/25(金)〜5/4(日)@Space早稲田)
本日:4月25(金)19時公開ゲネプロです。

上演時間1時間20分の反戦平和を希求するノンストップ時代劇ミュージカル世界初演(ワールドプレミア)。
美熟女軍団とパワフル侍たちの「愛=エロス」のドラマ。

増席しました。当日券は18時より発売します。ふらりと、早稲田までおいでください。見逃すな。
ゴールデンウイークの超目玉作品!!
「不思議な国のエロス」

http://www.ryuzanji.com/
2014-04-25 10:22 この記事だけ表示