流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

原稿書かねばならないが、やはり昨日ばかりは国会へ行くしかないと思って行った。民意無視」で「特定秘密保護法案」を参院委強行採決!しゃがった!!

民主主義の死。戦前の治安維持法の復活と呼ぶべき「悪法」が成立するのである。夜、18時前、日比谷公園野外音楽堂集会にいく。1万人?近い人々が全国から。わたしは、集会の終わりごろ公園を抜けて国会「怒りのドラムデモ」に参加。参議院正面前で22時近くまでのどをからす。全国から駆けつけてきた人々の抗議の声が鳴り止まなかった。いったいこの国は何処へ行く?

帰宅してニュースを見ると全国で「特定秘密保護法案」反対デモの報。老若男女、さまざまな市井の人々が安倍独裁政権にNO!の声を上げている。今夜未明にも強行採決?だと、ふざけんじゃねえ!!

まったく議論を尽くさず、国民の76パーセントが「反対」「危惧」している法案を「ごり押し」するこの戦争準備政権を許してはない。民主主義の原点である「表現の自由」「個人の尊厳」を守るため「表現人」としてわたしたちはたとえ「可決」されても恐れず戦い続けるしかない。

民主主義の死!確実にこの国は、この日、曲がってしまったのだ。それだけ安倍政権は「世論」を恐れているといってもイイ。22時近く国会正門はすべて機動隊で埋め尽くされた・・・・これが自公政権の「現在」であり「未来」の姿の象徴。安倍軍事・警察秘密国家!ファシズム国家=NIPPON
23時すぎ、参議院本会議で、強行採決された。
今世紀「最悪の法」とアメリカ「ツワネ原則」米財団が声明。
このまま、終わらせてはならない。

23時すぎ、参議院本会議で、強行採決された。
・・・・・・・・・
「(秘密保護法案は)現実にはですね、真綿で首を絞めるようにですね、公務員たちの、まず、表現あるいは、データの出し方っていうのを、もう鈍るっていうことを、もう大阪で実例として出てきている。そのことをですね、ぜひ実感として、持っていただきたい」(平田オリザ)
・・・・・・・・
今日は昼から「女の平和」の稽古。今回は流山児★事務所と楽塾の本格的コラボレーション。客演もラビオリ土屋、後藤英樹、山下修吾の3人に加えて五島三四郎、柏倉太郎、流山児祥と男優6人ががっちり出演する、修吾にはトランペットを吹いてもらう予定。で、今日から稽古開始!!

『女の平和』は2400年前、紀元前411年に古代ギリシャ・アテナイで上演され、今なお世界中で上演されているギリシャ喜劇。反戦平和、非戦の為のセックス・ストライキを描いた不朽の名作。1965年浅利慶太の依頼で寺山修司が書き下ろした「テラヤマ版女の平和〜不思議な国のエロス」を2014年春上演決定。

今日から楽塾2014年公演『テラヤマ版☆女の平和』の稽古に入る。戦争する国へと突き進むこのファシズム国家でギリシャ喜劇の「女の平和」を上演する試み。ニンゲンってなんて愚かなドーブツなんだろう?
・・・・・・
稽古を終えて「シアターバビロンの流れのほとりで」で新転位21の山崎哲の新作「漱石の道草」を観る。山崎哲ワールドを木之内、梅軒さん、鷹さん、真希さんの4人の役者の凄みに脱帽。芝居を楽しんでいる、これでなくちゃ。久しぶりに木之内としゃべる。漫画家の山本直樹さんとも・・・・楽しかった。


2013-12-08 00:53 この記事だけ表示
楽塾「初」ビクトリアフリンジ演劇祭公演8月27(火)〜9月2(日)@メトロスタジオ、6ステージ無事に走りぬき、千穐楽!連日多くの客様が詰めかけてくれたが、千穐楽もほぼ「満員」の入りで有終の美。
『狂人教育』に始まって13年間、『ハイライフ』、『花札伝綺』に続いて『楽塾歌舞伎☆十二夜』の4作品を演劇祭で上演してきたが、今回ほど流山児★事務所の力がビクトリアのみなさんに受け入れられていることを実感した。16年間のrakujukuの歴史によって培われたアンサンブル力は決して世界中のどこの劇団にも劣らない。かくして、流山児★事務所の3作品を上回る観客動員!の大ヒットっとなった。

ソルトスプリングのしのぶさんもわざわざ見に来てくれた。しのぶさんは13年前エドモントンフリンジで知り合って以来のお付き合い。ソルトスプリングでは『狂人教育』『ハイライフ』を上演している。
そんな13年前のホームステイ先のママやビクトリア大学の先生やら多くの知り合いたちが今回多く駆けつけてくれた。

三四郎と安利はホームステイで歴代の若手同様草の根交流を覚えてくれた。
連日、パフォーマーが集まるBARで役者たちはおたがいの情報交換をしあっていた。
・・・・・・・・
しぶさんと久しぶりにチャイナタウンでディナー。
その後、ホテルで打ち上げ。
途中で隣のイベントセンターに駆けつけPICK OF THE FRINGE(優秀賞)の授賞式に!
50余作品の中から10作品が観客の投票によって選ばれる。2000年に『狂人教育』がグランプリ『BEST OF FRINGEに選ばれたが、いまはグランプリ選抜はない。

去年の『花札伝綺』に続いて『十二夜』もPICK OF THE FRINGE AWARDを見事に受賞。「ベストアンサンブル賞」という最も楽塾にふさわしい賞となった。観客賞を獲得した地元ビクトリアの劇団ペーパーストリートシアターの「AN IMPROVISED QuENTIN TARANTINO]に次ぐ観客投票第2位!であった。これも初!
16年間の流山児★事務所&rakujukuの活動が世界の評価を得たのである。
これは、画期的なことである。
わたしたちはこころからビクトリアの観客に感謝したい。
平均年齢61歳の「普通のおばさん」たちが必死に作り上げた世界のどこにもないシェイクスピア歌舞伎が海の向こうで多くの観客を集め感動させたのである。
ほんとうにビクトリアのみなさんありがとう。
そして、rakujukuと流山児★事務所を支えてくれているみなさん、ありがとう。
ホテルで全員で祝杯!
・・・・・・・・・・・
感動を胸に3(火)日本帰国。
で、4日(水)は「僕の町」を見て今日5(木)は朝から記録的豪雨の名古屋で10月『花札伝綺』東海公演の情宣!
2013-09-05 07:33 この記事だけ表示
今朝のトーキョーは小雨である。
あと数時間で成田へ。
スロベニアにつづいて今年は2回目の海外。
来年1月にはNew Yorkとモントリオールに行く予定、フツーに、様々なところで芝居をヤルことを日常にしたいものである。10年前にはソウル/北京/香港/ジャカルタ定期公演なんて「夢」を見ていたことがあった。それも決して「夢」でない。ま、じっくりやっていこう。
・・・・・・
渡航前に宿題。
『僕の町』の幕もあきます。
是非ご覧下さい。
5(木)のアフタートークには出演する予定です。
なお、2012年ビクトリア国際演劇祭でPICKOFFRINGE賞、批評家協会賞、ラジオ局:CFUV’s Picks of the Fringe賞、phoenix年間ベスト10第1位の驚異の「4冠」を獲得しカナダ演劇界を震撼させた名作『花札伝綺』10月3(木)〜5(土)特別公演@スペース早稲田の前売り予約も開始しましたのでヨロシク。

では流山児★事務所・楽塾行って来ます。
2013-08-25 09:29 この記事だけ表示
楽塾カナダ向けの稽古は順調にすすんでいる。
随所に英語のセリフをちりばめながら「遊んでいる」、ただしあくまでも基本を忘れずにである。
衣裳も細かいところがrenewal、バージョンアップしている。真紀子さんに感謝。

石灰沈着性腱板炎(せっかい・ちんちゃくせい・けんばんえん)の左肩は相変らず。「誘因なく突然発症で、肩の痛みのため可動域制限がみられる。強い痛みのため、患側の肩や腕を動かせない。夕刻から夜間にかけて、痛みが増強することがある。」通り、夜になると痛みが激しい。というわけで、かなりの寝不足の夜が続いている。完治には1〜2ヶ月。致し方ない。動けないが演出は出来る、が、『花札伝綺』の稽古までには治ってしいものである。

今日はお昼すぎお盆期間に時間がなかったので遅れての「墓参り」で東松戸の霊園にたつまと。
夕方は「僕の町」の通し稽古。

夜は19時過ぎから『十二夜』最後の通し。
明後日、25(日)はカナダに向けて出発である。
2013-08-23 11:59 この記事だけ表示
酷暑の夏が続いている。
恒例の宿題、若手演出家コンクールビデオ審査第2弾。14日からやっているのだが遅々として進まず。
いや、疲れる。1本ぐらいおもしろい作品に出会いたいものだ。
BS「エルムンド」で同世代の美術家の田窪恭治の仕事を見る。ノルマンディで10年かけてやったサン・ヴィゴール・ド・ミュー礼拝堂再生プロジェクト。いや、聞いてはいたが凄い仕事だ。風景芸術!言い得て妙。それにして田窪君は昔とちっとも変っていない。若くて、元気そうで何より。堀浩哉、彦坂尚嘉、田窪恭治、石内都、同世代の芸術家たち。
田窪君は同級生の実家である金刀比羅宮の書院で伊藤若冲の壁画などを見たことが、美術家になる決意をしたきっかけだという。東北各地で現在展覧会が行われている伊藤若沖。若沖の「命の輝き」が福島にいま「ある」!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだ、左肩の痛みは引かず。腕は上まで上がらない。
姓名判断によると流山児祥は「愛情豊かな風雲児」だそうで本名は「生来の野生児」だそうである。ま、当たってるか?
・・・・・・・・・
今日は、11月公演豊島区テラヤマプロジェクト定例会議。去年よりも更に「街に繋がる演劇」に向けて様々な企画が進行中。近日全容が明らかに。

夕方から楽塾「十二夜」小返し稽古。で、小森谷環が稽古場にやって来るという。
10年ぶりの北京からの帰国。
来年にはカムバック予定?ま、全ては稽古を観ることから始まる。あせらず、楽しくやろうぜ。

稽古が終わったら劇団の若手新人たちと近所の焼肉屋で恒例の「新人公演お疲れ様会」をやる予定。今年の新人たちはエライ!チャンと制作的にも「公演」を成功させた。たった2日間3ステージだったが「黒字」とのこと!エライ!
10年ぶりの劇団員の帰還と若手たちの《出会い》、楽塾。見事なまでの3世代同居の舞台芸術創造団体
=流山児★事務所である。

楽塾カナダ出発まであと5日!!
2013-08-20 13:18 この記事だけ表示
久しぶりにまったく稽古のない日が4日間も続いた、うーん、珍しい。
新宿ピカデリーで映画「戦場のエンペラー」、シアターグリーンで「青い月の夜」、タイ二ィ・アリスでミュージカル「結婚」を観るといった金曜日夜、50肩?65歳になったというのに急に左の肩に激痛が走った。手が上げられない。で、寝れない。しょうがない行きつけのT病院へ。

レントゲンを撮ってみると左肩に石灰化している部分が!とにかく痛い。関節注射で少しは痛みは和らぐも・・・。こりゃ困った。いつものように内科にも。血圧は下が105、上が157。持病の不整脈は相変わらず。が、気力は充分。ま、稽古が始まれば、いつものように治ると信じている。

来年6月に予定しているアングラルネッサンス第1弾「阿部定の犬」(佐藤信:作)上演にむけて始動。演出は西沢栄治、いま旬の若い役者達とこの名作に挑もうと思っている。もちろん、私も役者で出るつもり。目論んでいるのはロングラン。アングラの名作を「現代の演劇」としてロングランする。

8月公演「僕の町」(平塚直隆:新作、小林七緒:演出)も追い込み稽古に入っている。面白いですよ!是非Space早稲田まで。ご予約はお早目に

楽塾最高傑作「十二夜」カナダビクトリア国際演劇祭参加!今日から地域会館での5日間の追い込み稽古に入る。25(日)カナダ行き。連日「通し」とダンスのチェック。今日は東京新聞の取材。このあと、毎日新聞、時事通信と取材ラッシュ。16年目の楽塾!中高年演劇のパイオニアの冒険は続く。

シティマガジン「街から」8月号に写真家・ジャーナリスト平早勉氏の「アトミック☆ストーム」の劇評。
「原発近未来を活写した圧巻の社会派ミュージカル」「70年代に世界中の若者を熱狂させた「ヘアー]を超える社会派MUSICALに流山児祥は果敢に挑戦したのが「アトミック☆ストーム」かもしれないと絶賛。

8月15日 「ヒュ馬ンアワー」という番組で寺山修司の競馬論をやっていた。いつの制作なんだろう?高取英も九條さんも出ていた。競馬を愛した詩人。カブトシロー、ハイセイコー、タマミ・・・・・・・・振り向くと・・・・がいる。振り向くな後ろには夢がない。

酷暑は続く。にしても、左肩が痛い!それにしても相変らずボルトは凄いし中本君も頑張った。
ビクトリアへ行く前に遅くなったが墓参りに行かなくちゃ・・・・・である。
2013-08-18 11:27 この記事だけ表示
CORICH舞台芸術の「劇評」より。

痛快!観て大正解の歌舞伎ミュージカル
 いやー、予想通りというか、予想以上に痛快で楽しい楽塾☆歌舞伎ミュージカル「十二夜」を堪能させてもらいました。大満足!

 日本での公演を終えると、な、なんとカナダでも上演するとか。それにしても、Space早稲田の極小空間は最前列の前や通路にも全て補助席を出しての超満員の人気ぶり。異様な熱気に満ちた会場は、このアングラっぽい作品の雰囲気を盛り上げていました。すでに千秋楽まで予約分は全て完売しているとのこと。でも、当日券が最前列の前の補助席として用意されているとのこと。

 シェイクスピアの『十二夜』は、いろんな劇団の作品を観てきたけど、こんなのは初めて。2年後に還暦を控えた私よりも、ちょっと先輩のおばさま達らが元気いっぱい、はしゃいで演じている姿は、意外に可愛らしく、いとおかし。
なつかしい昭和のポップスなどの音楽もふんだんに組み入れられ、楽しかったなぁ。そういえば、客層も、珍しく、私とほぼ同年代の方々が結構、多かった。
いやー、予想通りというか、予想以上に痛快で楽しい楽塾☆歌舞伎ミュージカル「十二夜」を堪能させてもらいました。大満足!

2013-07-18 00:32 この記事だけ表示
16年楽塾を見続けている演劇評論家の江森盛夫さんの「劇評」

江森盛夫の「演劇袋」

「原作:W・シェイクスピア、台本・演出:流山児祥 @Space早稲田。               

50歳を前にした中高年のフツーの人びととの芝居をと流山児が設立した楽塾は、もう16年目に突入したそうだ・・。いま平均年齢61歳の熟女のユニットは、公演を重ねて知名度も鰻のぼりに上がり、前売りは「完売」だそうだ(当日券はあり)。さらにこの「十二夜」をもって、流山児事務所が毎年行っている、8月のカナダ・ビクトリア国際演劇祭に行く・・。

 この舞台、4幕のシェイクスピアの芝居を1時間15分でやり遂げてしまうという、超ランボー歌舞伎で、それもこれから”2幕、3幕”と、いちいち役者がアナウンスしながらで、はじめて「十二夜」を観る人には、ストーリーは呑み込みにくいかもしれないが、物語のポイントはきちんと埋め込まれていて、<基本的に誰も死なず、恋人同士の結婚で終わる>というシェイクスピア喜劇の定義の結構を保っている・・・・。

それを舞台を押し流す勢いの、無国籍ミュージックの洪水、オリジナル・ダンスを混交して「ひとは元気で楽しいものを見ると元気で楽しくなる」という、楽塾のモットーを、この舞台でも実現したのだった・・。

いまは各所にある高齢者の演劇ユニットの先鞭をつけたのが流山児祥、楽塾の他にも、いまは終わったが、超ベテランの高齢の男性演劇人のユニット「オールド・バンチ」も手がけている・・。

流山児は先見の明の人だ・・・。
2013-07-18 00:22 この記事だけ表示
「楽塾歌舞伎☆十二夜」2日目がゲリラ雷雨の中上演。
あたたかい拍手の雨に感謝、感謝でございます。

本日3日目(15日)は14時開演です。

おかげさまで前売は完売していますが、当日券は充分出ます。
当日券は開演1時間前から受け付けます。ふらりとおいでください。

流山児★事務所へお問い合わせください。
03−5272−1785
mail@ryuzanji.com
2013-07-15 10:06 この記事だけ表示
ついに「楽塾歌舞伎☆十二夜〜2013海外版」の幕が開きました。
ノンストップのジェットコースター楽塾。
こんなシェイクスピア観たことないと大好評です。
爆笑に次ぐ爆笑で、あっというまの1時間15分。
・・・・・・・
公開稽古も40人近いお客様。18時の初日は増席したにもかかわらず「満席」。
16年「初」の全13ステージ「前売り完売」の超人気に応えて役者たちは持てるエネルギー全開。
40年近く私達の芝居を観てくれている黒羽先生、上野さん、太郎さんといった演劇評論家の皆さんも今回は顔を出していて、楽塾演劇に驚愕の様子。こんど{十二夜」を上演するDステのWプロデューサーも初のSpace早稲田体験。Dステメンバーも来るとのこと。それはいいことである。
・・・・・・・
終演後、恒例の初日パーティー。ラビさん、いっちさん、RYU、Sクラブのみなさん、帆足の劇団員、篤、佐々木想監督、講談師のお客さん、イーランといった顔なじみのみなさんと美味い酒。21時過ぎにはおひらき。いやあ、18時開演っていうのはカラダにいい。
・・・・・・
公開ゲネプロと初日の間に27(土)大手町のパレスホテルで挙式を上げるたつまと智子さんと珈琲館で式のうちあわせ。たのしい1時間だった。
・・・・・・
さて、満員爆走開始の「十二夜2013海外版」です。
当日券は連日:15枚以上あります。発売は開演の1時間前です。
ふらりと早稲田までおいでください。
待ってます。
2013-07-14 10:50 この記事だけ表示