流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

稽古場に熱気が渦巻いている。(ほんとに暑い!シャツはあっというまに汗みどろである)

怒涛の「ラストシーン」の稽古に入った、ラストの私の登場からあっという間のスピードで、圧倒的に「劇的でカッコよさと劇的恐怖」のラストのカタストロフィまで突き進んでいく。

アマノワールド全開!38人の登場人物(ニンゲン)がキチンと舞台に「立っている」ステキさ!である。

稽古場が、いい意味での緊張感で満ちている。あと1週間で小屋入り。台詞を入れて、相手と合わせる(アマノ言語?使い、これがもう大変なのである。)自主稽古で休憩中も台詞が飛び交っている。

※※

私は寺山さんの長い「詩」を読むというかしゃべるっていうか、やろうとおもっているのだが、ただ、後6日で覚えられるか?である。記憶力と集中力との戦いである。

でもって、「革命の演劇と演劇の革命について」久しぶりに考える2ヶ月間の稽古期間である。こんなにテラヤマさんの「詩」や「短歌」を読んだのも久しぶりだし、たのしい稽古期間である。まあ、そういっても私は本番のほうが好きだから早く舞台に立ちたいものだ。
とにかく、落ち着くしかない、気楽に!!だ。

※※

若手演出家コンクールの最終審査の日取りが決まった。3日(木)の朝から、一応私の推薦作は決めているのだが、4人の優秀賞は果たして?

さて、今日も13時〜22時、熱気渦巻く稽古場である。

明日2日(水)夜はスタッフ向けの「通し」シィザーも稽古場にやってくる。明日以降毎日「通す」予定。5回の「通し」で完成を目指す。行くべき地平は決まった、あとは役者の熱と集中力と、逸脱?を恐れない「批評心」である。


ラジオから古いシャンソンが流れている。

聞いているとガキの頃、それも高校生時代を思い出す。渋谷や新宿にあったシャンソン喫茶に通い、ランボーやベルレーヌや西脇の詩集を読みふけっていた。大学生になるとジャズ喫茶、新宿ピットイン・・・ブルトン、リューメイ、雁、。シャンソンを聴いていると、そのまま寺山さんや唐サンの初期戯曲の世界である。シャンソンにはちゃんと物語が・・・ある、それも、お洒落でロマンティック?な。

怒涛の後半戦!連日「台詞を覚えては即立ち」の日々が続いている。歌も連日「覚える」日々である。まあ、なんとしても明日は「台本」持ちながらでも「通す」予定である。作家の世界から役者と演出家とスタッフの世界にする。このアタリマエのことが本番10日前というのが、まあ久しぶりの体験である。2ヶ月近くの稽古の日々、オーディションワークショップはまだ暑い9月だった。まあ、今年は全ての作品2ヶ月以上の稽古時間をとっている。これまたアタリマエのことが最近ほとんどのカンパニーが出来ていない。稽古は長く、台本は役者のもの、これだ。

そんな稽古の合間を縫って、芝居も若手演出家コンクールの審査も見れるものは観ている。一昨日は座・高円寺で燐光群、坂手君の新作『ハシムラ東郷』を観た。ドキュメンタリー演劇というより膨大な資料を聞く講義というかリーディングのてい。2時間20分。昨日は王子小劇場で審査。此方は・・・。あと、2本、果たして観れるか?12月3日午前10時過ぎから審査会。16本の予選作品から4本の優秀賞を選ぶことになる。今年はやはり、低調。Vシネマでやればいいじゃんのホラー?エグさをきどったこれまた、テメエにとって何の根拠も無い台詞をよく言えるもんだと呆れるというか感心するこのごろである。


さて、あと2日、小返しの稽古場である。で、合間を縫って今夜も7時半からプロトシアター、明日は14時からモリエール、で終了。でもって、18時半からついに、『田園に死す』初の「荒立ち」通しである!!

楽しく元気に!である。

あれ、今度は日本のジャズである。それも若いジャズメンである・・


皆さんへ。
9月の天野天街のオーディション・ワークショップから始まって以来、3ヵ月に及ぶ寺山修司原作 天野天街脚本・演出『田園に死す』の《旅》も佳境を迎えています。

わたしたちは2ヶ月の長期稽古を経ていよいよ12月7日(月)下北沢ザ・スズナリに入ります。スズナリで「3日間の仕込」っていうのも初めてです。

現在、稽古も怒涛の「後半戦」に突入!!連日お昼過ぎから9時間、Space早稲田の地下稽古場にいます。そこでは、熱い芝居エネルギーが爆発しています。28日(土)夜には、ゴーインに「荒通し」をやる予定です。

寺山修司の名を「世界」に知らしめた名作映画『田園に死す」の世界は天野天街によって分裂・増殖・攪拌・解体・再構築され「世界」の何処にもない《寺山修司》をめぐるドラマ?ポスト・ドラマ?それも生々しいニンゲンの「ドラマのようなナニモノ」か?になって、イマ渦巻いて誕生しようとしています。

あの、J・Aシィーザーの呪術的ロックの名曲にのって踊る「幾何学ダンス」!でもって、絶叫の呪術オペラ。歌も踊りもイッパイ!です。

サーカス・ジンタが鳴り響き、テラヤマ+アマノワールドの一点突破・全面展開です。でもって、おまけに映像も加わって38人の役者たちが繰り広げる一大スペクタクルです。

※※

2009年2月パラダイス一座『続々オールドバンチ〜カルメン戦場に帰る』 5月・6月大ヒットミュージカル『ユーリンタウン』 8月:楽塾『めんどなさいばん』 9月・10月『ハイライフ』ワールドツアーと国内外の演劇界に話題作を提供し続け、圧倒的な評価を得た「流山児★事務所2009年」最後の「問題作」が、この、アマノ版『田園に死す』です。

久しぶりに私も役者で、いい汗をかいています。こんな「アホで真摯な芝居」は見たこと無い!!

是非、皆さん時間作って下北沢までおいでください。後半は込み合うことが予想されますので、是非「前半」においでください。

12月10日(木)〜23日(水)2週間18ステージのロングラン公演です。

※なお、14日(月)高取英さん、15日(火)九條今日子さん、17日(木)ゲスト未定、を迎えて、「アフタートーク」も予定しています。

さあ、今すぐ予約!!03−5272−1785 http://www.ryuzanji.com
冬を思わせる天気になったり、元の秋の空になったり、これじゃ、風邪引くよ!の毎日である。

お昼過ぎから「田園に死す」小返し。

みっちり汗をかく。アマノワールド全面展開で順調に稽古は進んでいる。細かい、適切な指示。アマノの芝居は「役者が考えないとタダのコントになる」ここが難しい。アマノはクソまじめな男なのである。

が、まだ後半は例によって「決まらず」。それでも、小道具、持ち道具、衣裳、その他の準備は同時進行で進んでいる。どんなに時間があっても足りないのが芝居の常である。とりわけ劇団員の女子は様々なスタッフワークで・・・・・。

夕方、ダンスの進行具合を見て6時15分に稽古場を出て吉祥寺へ。

吉祥寺シアターでガジラ、鐘下辰男の新作『大人の時間』を見る。教育問題を扱った新作。いじめ問題、連続殺傷事件のその後、少年が18年ぶりに「帰って来る」。2チャンネルの書き込みシーンから・・・。うーん。事件を書く、時代を書く、現在を書く、書く?すべて「あったもの」「起こったもの」を書くって!なんだ。

劇の「根幹」を、変わること、「命、革(あらた)まること」をどーしても、考えてしまうオレ。で、「演技」ってなんだ?

※※

有薗、高田、梅ちゃん、風間さんといった知り合いの俳優達と呑む。塩野谷、三田村さんも一緒。ケイトクとお互い薄くなった後頭部のはなしを酒の肴に、は冗談だが。有薗の変わらないシャープさには敬服。ケイトクも・・・中年になってみんないい役者振りである。それにくらべて、オレは!と帰宅の電車で反省しきり・・・・でもないか?

Wさん、Space早稲田是非使ってください。協力します。でも劇場代はちゃんと払ってね。ビンボー劇団が必死に13年も維持している根拠地なんだから。根拠・地いいな、この辺りに「演劇」の「根幹」が「ある」。

※※

今日も、いい天気になった。

今日はお昼から小返し稽古が続き、夕方18時から、再びの「荒通し」の予定。今週は全員みっちり、きっちり、「稽古」した。

来週から後半というかラストシーンに向けて「怒涛の進撃」の予定であるが?

ロンドン・ミュージカルのCD2枚組みを久しぶりに聞いている。ロンドン留学中に買ったもの。オペラ座の怪人ねえ。

来年も、ミュージカルの小品を作ろうと思っている。

あ、チケットまだ平日は「充分」残っています。お早めにご予約ください!!今年最後のスズナリ公演『田園に死す』面白いです!!※※

なんか1日中新宿にいた。

お昼過ぎ、今週中シアター・ブラッツで「書物の私生児」を上演している演劇実験室・万有引力。シィザーと音楽打ち合わせ。編曲、新曲イロイロ。

夜、「書物の私生児」を見ることにする。
で、打ち合わせを終えて例によってケイカラーメン。で喫茶店で文化芸術政策提言集なんてかたーいものを2時間近く読み、バルト9でポン・ジュノ監督の最新作「母なる証明」を観る。さすが、ポン・ジュノ作品というべき映画出しか出来ないその凄み。あれ?目の前の客席に華子がいるよ。終映後、立ち話。

※※

寒い。雨上がる。ブラッツへ。詩の朗読劇。文字の洪水、ソプラノの歌姫とシーザーの歌を聴きカンドー、(シーザーの声は10年前の録音、最初、これ録りなおしたのかな?)とおもった。実に高音の美声。

久しぶりの圭太。元気そうでなにより。43歳か・・・ふーん。

※※

かくして、1日中新宿にいたことに・・・・。

メチャ寒いが、頑張って歩いて帰宅。馬場で、いつもの焼きトン屋さんへ。「寒いですね、雪でも降りそうですよ」に妙に納得。

さて、小返し稽古。明日(20日)は私も出るシーン。3人修司のシーンでもって怪人20面相のシーン、でもって空気女のシーン。
メチャ、寒い朝である。

なんでも今日は9度だって。昨日からまるで冬。

稽古は小返し、昨日は「サーカスっていうか見世物小屋」のシーン、で美術会議。

久しぶりに「身毒丸」のビデオを見直す。若松さん若い身体。ここに見世物芝居の面白さがある。これだな・・。

※※

で、今日はお昼からシィザーと新宿で音楽打ち合わせ。考えてみたら本当にながーい付き合い。が、芝居の音楽は今回が2回目。『悪漢リチャード』というタイトルでシェイクスピアの「リチャード三世」を吉田日出子さんやったとき音楽やってもらって以来。今回はオリジナル、アレンジ、新曲、イロイロ、楽しみ。

それにしても寒い!!風邪引きそう。皆さん気をつけましょう。

で、あれあれ、雨まで降り出したよ。

お昼過ぎ下北沢offoffシアターで若手演出家コンクール作品の審査、久しぶりに馬鹿馬鹿しい元気な芝居に出会って少し元気になる。

瓜生さんと大西君と少し早いが串焼きやさんに。

土曜日ということで開いていたのだろう。

黒ホッピー1杯にして馬鹿話あれこれ。え?まだ、4本も審査は残っているの。

自宅に帰って原稿書き。

途中、演劇雑誌に頼まれていたエッセイ、の「断り」のメールを送った。エッセイのタイトルがどうも・・・・?!である。。世の中が騒然としてみなさん鬱屈している時代・・・・。まあ、全く金にもならないが「劇団」なんてモノをやっている此方としては「志」だけは高く掲げて生きていたいと思っている。まあ、業界のはなしに余り興味の無いことは事実、演劇をもっと普通の人たちの下に持っていきたいとおもっていま、いろんなことを考えている。

でもって、今は、何が起ころうと、目の前にある「演劇」をじっくり作っていくしかない。

この何年か、稽古時間だけは「じっくりかけることにしている」新作は最低2ヶ月ちかく。今回も顔合わせから2ヵ月半、ワークショップやら2ヶ月メンバーと「一緒にいる」。これが一番大切なことなのだ。だって、みんな「他人」なのである。うちはテレビの有名人集めてやるプロデュースカンパニーでもないし、「ユーメー作・演出家」のコトバを後生大事に一字一句大切に「やる」集団でもない。台本はあくまでも「批評すべきテキスト」でしかない。そのためには「稽古時間」がイッパイ必要なのである!!

「役者の時間」!!これがあれば流山児★事務所は「やっていける」し世界の何処にもない「面白い」芝居を作れる!「自負」がある。

そんな、稽古やりながら来年再来年のスケジュールを考えなきならないシーズンである。まあ、再来年からかなり「めちゃくちゃなそれでいてメチャ自由な動きとなる予定」・・・・アジアにいくかもっと辺境に往くか?ここが思案のしどころである。

親友との2人芝居も始まるし、寺社周りも始まるし、ビンボーのどん底で「どうあがきながら芝居するか?」だな。

※※

結局、土曜日はダンスの振りの変更稽古で、ラストの20分トップシーンの台詞のあわせで稽古をトル。

月曜日夜、再び「役者通し」をやることにして終わる。

※※

快晴の日曜日。
お昼過ぎから楽塾。欠席者多く稽古進まず。まあ、これはこれでいい。

出来たところまででいい。

「カレー屋の女」出来たところまでを29日の「発表会」とする。ただ「いまの自分達」を自覚すればいいんだから。これは「田園に死す」の「役者通し」も同じこと。

稽古を抜けて池袋の芸術劇場小ホール2へ。久しぶりの東京ミルクホールの「水晶の夜」を見る。ほんとに久しぶりの佐野君の芝居。あいかわらず、実に馬鹿馬鹿しい昭和レトロ・戦争・レビュー。男優のみの荒っぽく・・・2時間40分余りの超大作!!疲れ果てたが、面白かった。岩淵さんの原作をキチンと遊んでいた。お疲れさま。

歩いて帰宅。

明日から昼稽古。歌も踊りも覚えなきゃならないことがいっぱい。頑張りマース。

それにしても、ハードデイが続いている。でも、やっと2キロ減量。ダメジャン。

かくして、あと3週間で小屋入りであるゾ!!


お昼から日本演出者協会の理事会で来年度の事業計画を確定。

雨の中、ひさしぶりに座・高円寺で信さんに会う。さ来年の企画について話し合う。面白いことをやりたいもんだ。ちらっと地下3階の稽古場で稽古中の坂手君立ち話。

寒い雨の中、稽古場へ。
振付の最終段階に突入している。

全部で3曲、かなり高度なモノに仕上がっている。幾何学的ダンス?

ゴーインに役者達で「通し」を2日間やることになった。演出家は最後の脚本書き、ということでじゃあ「役者」でとにかく今書き上げているところをダンス以外のシーンを「荒く通してみよう」ということである。

トップシーンの「田園に死す」の短歌を詠むシーンも大変。まず、これから。

で、8時から通してみる。1時間6分。

ほぼ全員台詞は入っている。問題はオレ?ということで明日もう一度やることにする。流山児★事務所はあくまでも「役者=集団」の原点に固執するカンパニーである。なによりも批評する身体を!である。

まあ、演出助手の伊藤君の言ではないが「おおらかに通してみましょう」である。

あと、3週間だというのに!この際、おおらかに行きましょう、うん、おおらかに、いこうぜ。

※※

雨の続く土曜日。

朝からITIの事業部会。来年度の事業計画の最終会議。面白いことをやれそう。ただ、今やっている「事業仕分け」のやり方を見ていると政府民主党は舞台芸術政策をどう考えているか?が不透明。

まあ、私達はやれることをじっくりあせらずやるしかない。

お昼過ぎ晴れ上がる。下北沢で「若手演出家コンクール」の審査。

夜は昨日の続きで「役者通し、2日目」である。
ぼくには何も画くことが出来ない。小学校の机・・・・・

ぼくには何も見ることが出来ない。ぼくは輝かしい人体望遠鏡出歯亀・・・

ぼくには何もいうこと出来ない。誰に歌うことが出来ようか。・・・・

1章

5才の時に、ことばは遅れてやってきた。ぼくは憑きもの筋の末裔としてすでに蒼ざめた老児、文字をまさぐる赤頭巾の友だちであった。ぼくは度々、夢の中で鋸を挽いたが、よく見ると挽かれているのは丸太でなくイヌであり、イヌから醒めると毛深い母はよく眠り、過重労働の大本教の夢から解放されては、痔の傷口も洗わずに犬吠えした。

寺山修司「地獄篇」こんな台詞をしゃべっている。「田園に死す」は映画のシナリオの世界と様々な寺山修司のコトバが飛び交うワンダーランドと化している。

入れ子構造どころか人物は増殖と分裂を繰り返し、時間はあっちこっちへと飛ぶでもって突如オペラになったりカブいて見せる。


立ち稽古とダンスの最終稽古が並行している。

まあ、次から次と来る新しい台詞を先ず覚えて稽古場に行くしかない。

何処にもない「田園に死す」の全容が明らかになってきた。今週末はシィザーと打ち合わせ、でスタッフ会議。

※※
天皇即位20年、平成生まれが20歳。

オバマ来日。戒厳令下のトーキョー。
26日(月)台風の余波で1日中雨である。

朝から「魚人」の台本を読み直して稽古場へ向かう。お昼過ぎから顔合わせ・本読み。初めて一緒に仕事する俳優座の中野誠也さん以外は皆さん知ってるメンバー。ほんとに久し振りの犬塚さん、ワンちゃんのほうが・・・で今回の役は万(ワン)司令。

スタッフとは「全員初顔合わせ」よろしく!である。

あさやサン以外キャスト全員「初リーディング」。いいじゃん、何やってもいい・・・ということである。まあ、基本はジジイたちの「最後の闘い」なんだから元気に罵倒しあってください、としゃべる。馬鹿で悩まないニンゲンのドラマで、聞いてもらって「これナマ(芝居)で見たい」と思ってもらえたらいいなあ、という感じ。

まあ、4日間の稽古で何処までやれるか>

読んでみる1時間15分。あと10分は短くしたいんですけど、といってもう一回。ちゃんと1時間5分。スリリングに。


鷹さんと誠也さん、いい。でワンちゃんとあさやさんが加わって平均年齢が75歳ぐらいの会話が実に笑える。

昨日(25日)雑司が谷の鬼子母神で唐組の「盲導犬」を37年ぶり(といってもこちらは蜷川演出版)に観た。実に良く書けている唐ウエルメイドのロマンス作品。「秘密の花園」もそうだけど、緑魔子さんに向けて書いている本は実に細やかなある種捻じ曲がった純愛ドラマである。私はオトコタチのドラマしか興味ないが・・・。

「魚人」は生のピアノと二胡、で銅鑼とか笛とか・・・それにしても時間がない!早速歌の稽古、阿萬と大内の歌。全員の歌と・・・。

28日の稽古で大体の演出プランの提示と即実行!だな。4時半近くに稽古とって衣裳その他の打ち合わせ。

※※

6時から「田園に死す」稽古イン。
台本読み、2回。

8時過ぎから夕沈振付のダンス。これが37人もいると大変、4チームに分けてじっくり、まあ、あと40日以上あるじっくり創っていきましょう。

というわけで1日中早稲田にいる。
あれ、飯食うの忘れてしまったぜ!!

※※

台風一過の晴天の秋の空である。

昨日は鳩山国会の出発とのりピー公判。離婚して介護の道へ。高相クンの「以上っす!」「そうっすね」とは違う「女優」の趣。