流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

連日「超満員札止め」爆走中!驚異の大ヒット作の誕生である。初演を上回る熱気のスズナリです。
ほんとうに、17(金)と18(土)「夜のみしか」もう、お席はありません。
是非、このステージにお出で下さい!あと5ステージで『田園に死す2012版』おシマイです。
見逃すと、一生の損です。スズナリで劇団員、出演者、スタッフ一同お待ちしています。

久しぶりの、朝比奈尚行の感想、役者で出たい!競演しようぜ!と答える。同期の桜にこう言われるのが一番うれしい。「寺山くんに挨拶しなきゃ」という老演劇人のコトバにも感激。「寺山さんは本当に死んだんですね」というや、涙をこぼして私の手を取るヒト・・・寺山を愛するさまざまな人々がスズナリに来ているのである。

それにしても、今回ほどいわゆる評論家が観に来るのも珍しい。
扇田昭彦さん、渡辺保さん、高橋豊、北川登園さん、山本健一さん、西堂さん、小田島さん、永井さん,野田学さん、新野さん、といった顔触れが・・・それに、今日は元気になった江森さんの顔も、よかった、よかった。

「千客万来」と書いたが、本当に九州や大阪からも続々と、甲府でお世話になった藤谷さんのうれしそうな顔。ふじたあさやさん、大谷亮介さん、青井陽治さんといった演出家も来てくれている。いま、売れっ子のてがみ座の長田育恵さんを春介から紹介される。

アフタートークゲストの岩井君と夜遅くまで痛飲。近いうちに「なにかやろうぜ」と誘う。帰宅すると、うすーく血尿が出る。飲み過ぎ、疲労の極致。さすがの「おれ」も疲れているらしい。少しは体を休めるか・・・・。が、今日は6月スズナリ公演で「新作」を書き下す東憲司クンやしりあがり寿も来る予定、呑み屋ではウーロン茶にでもしておくか・・・。朝早く、親友の伸彦から「観にゆくよ」と電話あり。
・・・・・・・
ますだいっこうの感想がTWITTERに。

「昨日の流山児★事務所『田園に死す』。二度寝夢な粘度で迫る息つく暇なき2時間脳痺れた。天晴れ天野天街。…解体寺山懐胎寺山改訂寺山痒痒寺山改竄寺山解散寺山甘酸寺山感覚寺山錯覚寺山死覚寺山四角寺山思惟書く寺山撹乱寺山沖田乱寺山…すみません私的脳内寺山ここらでやめときます」

あと、こんな劇評も。いま、巷を、絶賛好評が飛び交っている。

「大音量の慈悲心鳥をバックに踊る姿を見て、これは「田園に死す」と題している寺山へのオマージュであることを再確認。映画のあのラストをどうするのかと思っていましたが、こうきたか、という感じでありました。」

「只今、下北スズナリでやってる天野天街さん脚本演出の「田園に死す」観てきました。寺山×天野の世界観をたっぷり堪能。映画のラストが芝居じゃどうなるんだろうと思ってましたがそれも納得。今週日曜まで。必見!」

連日「超満員」爆走しながらスズナリで『田園に死す2012版』文字通り「絶賛上演中」です。
昨日は、それこそ寺山さんと同時代を併走した新聞記者の皆さん,演劇評論家、論敵、仲間勢揃いの客席でした。みなさん、ほんとうに、うれしそうに観劇されたみたいで・・・こちらこそ、うれしい限りのステージだった。あさやさん、佐伯さんも元気そう。扇田さん、高橋さんと一緒に「ふるさと」で昔話とともにNEW TERAYAMA Worldの新展開を喋っている自分が面白かった。それにしても、昨日はペーター・ゲスナ―さん、キャラメルボックスの成井豊さん、今日は鴻上尚史さんと今回の客席には思いがけないヒトでいっぱいである。九州から北海道から全国からまさに「千客万来」の「超満員」のスズナリである。

今日、アフタートークで中屋敷くん、村井君、アマノたちとしゃべっているうちに「30年」の時の流れを思い返していた。高取もなぜか現れて、今日も「ふるさと」で演劇論?寺山論・・・・こんな感じで芝居は終わっていく?

「中日」折り返しである。あと7ステージ。とにかく、楽しんで爆走しましょう。確実にこの芝居はある意味での「えんげきのかくめい」を起こしている事を信じて・・・・。
今日はマチネとソワレの2ステージ。今日のアフター・トークはハイバイの岩井君である。なぜか、今のところ「大いに余裕あり」のステージです。ぜひ、ふらりと下北沢までおいでください。

また、17(金)のステージも今のところ「大・大余裕あり」の超おススメステージです。お早目にご予約下さい。

・・・・・・・
本日15(水)夜の回:終演後、アフター・トークあり。
出演:村井雄(開幕ペナントレース):司会
ゲスト:岩井秀人(ハイバイ)・天野天街(少年王者舘)・流山児祥


   梁塵日記「田園に死す」劇評。

 「コラージュの天才・天野天街が寺山修司の自伝的映画「田園に死す」や舞台「身毒丸」などを解体、脱構築した作品。冒頭、増殖していく俳優たちが読み上げる寺山の短歌。それさえも分解されたコラージュだ。そして、舞台いっぱいに立ち現れた登場人物たちに折り重なるように、映画の冒頭シーンが映し出され、シーザーの合唱曲「こどもぼさつ」の大合唱。カラスの影が背景を横切る。鳥肌の立つようなオープニング。

 続いて、「故障」した柱時計をめぐってループされる母親(平野直美)と男(沖田乱)の会話。家出しようとする中学生のしんじ、大人になったしんじ、そして病院のベッドで管につながれたしんじ(シーンとしては出てこないが)、増殖するしんじ、「田園に死す」の化鳥、「身毒丸」の継母……何重ものメタ構造とおびただしいイメージの連鎖。豪奢な饗宴が収斂していくのは12時05分。寺山の心音が止まる時刻。アグレッシブなJ・A・シーザーの音楽と緩〜い夕沈ダンスの幸福かつ絶妙なコラボレーション。

 スズナリの階段を上っていく晩年のしんじが少年時代のしんじに変わるラストシーンにじんわりと涙。寺山の世界を独自に解体し、見事に脱構築した天野ワールド。これを寺山さんが見たら面白がっただろう。」
少し長いが「劇評」全文掲載します。

「恐山」発「下北(沢)」行き、寺山修司を巡る旅・・@「CORICH」アキラ氏

「同名の映画が含む要素、つまり、寺山氏の自伝的な内容、母、恐山、映画、時間というキーワードを見事に散りばめ、ギラギラとしながら泥臭く組み上げられた作品。大勢の役者、映像、音楽が織り成す全体の熱量は凄まじく、とても濃厚。

『田園に死す』は、もともと寺山修司氏の歌集のタイトルということもあろう、オープニングで、出演者が舞台に登場しマッチを擦りながら登場し、有名な短歌「マッチ擦るつかのま……」(歌集『田園に死す』からではなかったと思うが)などを叫ぶ。
短歌は、単語やセンテンスに分けられ、執拗に繰り返されていく。それによってコトバが言葉とことばに重なっていく。寺山が始まった、天野が始まったという合図だ。
マッチを擦り、叫びながら現れる出演者で舞台は埋まり、タイトルと唄。
ここまでで、すでにジビれてしまっていた。
あまりにもカッコいい。

確かにマッチ擦りながらのシーンは、本家(?)万有引力では必ず(と言っても何本も観ているわけではないが)どこかで行われるシーンではあるのだが、それは横に置いたとしてもカッコいいのだ。

少年王者舘の天野天街氏が演出とあって、確かに少年王者舘の匂いはプンプンしていた。映像の使い方・見せ方、セットの使い方・見せ方・手品のようなシカケ、コトバの遊び・つなぎ方、ダンス等々で。しかし、少年王者舘は、とにかくそれをストイックに突き詰めていき、がっちりした形状であるとすれば、こちらは少し違う。明らかに、流山児★事務所の作品に仕上がっているのだ。それは、「人」の「在り方」だ。

人の持つ、能力と曖昧さと、その場(あるいはその時間)との関係性を強く感じる。つまり、ライブ感とでも言うか、人が動いている感とでもいうか、そんな感じだ。もちろん、少年王者舘にもライブ感や人がいることの、強い刺激はあるのだが、少年王者舘には、髪の毛1本も入らないような緻密さがある。一方、流山児★事務所にはもう少し「余白」があるような印象なのだ。特に観客の空気を読んで動いているように見える、流山児氏本人の存在にそれを強く感じた。観客席側から登場し、「一体誰なんだ?」と観客が思っている間に、キャラメルを食べ、気持ち良く唄ってはけるのだ(後で当パンを見たら役名は「寺山司修」だった!)。

結果、天野天街(少年王者舘)と流山児★事務所の関係はとても美しく引き合い、押し合いながら相乗効果を生んでいるという、コラボの一番いい形になっているのではないだろうか。

流山児★事務所を思い描き、脚色・構成した天野天街氏の腕は確かだということでもある。そこに天野天街氏自身の、少年王者舘で培ったテクニックがすべて投入される。

オープニングあたりでは、映画のほうの映像を映していたのだが、それは、「これとは違う」「これとは同じ」という意気込みと原作への敬意の現れではなかっただろうか。

「覗いている」「シンジ」の登場という、かなりアイロニーの効いた主人公の登場から、新司、しんじ、新次が現れ、ウソかマコトかわからない修司の自伝的なストーリーを軸に、映画の軸を絡み合わせて、母や自己の位置を探るという、寺山修司を巡る旅に観客をいざなっていく。

繰り返し繰り返しのくどさ、その微妙なズレ、そういう演出のシカケも楽しい。映像のインパクト、シーンのつなぎは、映像の編集のようでもあるのだが、確かに演劇(舞台)でしか味わえないダイナミックさとインパクトを感じる。柱時計のシーンの凄まじさ!

幾重にも重なっているエピソードとシーンの関係、そして、一瞬の暗転と音楽(唄)がいい。J・A・シーザー氏の音楽(歌曲)は、合唱が、その真価を発揮する。さらに、花輪和一氏による、アナクロなフライヤーも素敵すぎる。

ダンスシーン、特にラストに延々続くダンスは、モロに夕沈さんの振り付けだとわかるものだ。大人数で、見せ、かつ音楽との親和性も良いもので、トランス状態に陥りそうなほど、しつこく繰り返され、ラストを飾る。

ラスト、映画では「新宿字恐山」となり、一挙に新宿の雑踏となるシーンは衝撃的だったが、舞台では、「下北」である。青森の下北ではなく、演劇の街「下北沢」なのだ。

舞台奥に、今観客がいる(はずの)スズナリの入口が再現されている。39歳の新次(シンジ、しんじ、新司)がそれを見上げるというのは、「演劇」に戻っていく姿であり、流山児氏と天野氏の強いメッセージだろう。印象に残る素晴らしいシーンだと思う。」

『田園に死す2012版』快調に「満員」爆走中です!
が、13(月)より平日の夜のステージは「全ステージ」余裕ありです。
今すごい勢いで「予約」が殺到しています。とにかく、お早目にご予約ください。

ぜひ、今週の「夜」スズナリにお出で下さい。この「世紀の傑作」を是非、ご覧ください。
出演者・スタッフ一同、下北沢でお待ちしております。

TWITTER劇評:続
「寺山修司への尊敬と畏怖がおりまざったような世界が展開していく。天野天街脚色、構成、演出はどこか少年王者館としての存在を醸し出しつつ天井桟敷のおどろおどろしさを想起し、映画をはみ出したコマの外を引き寄せようとしている感じがした。」

「幻想的な世界と現実の世界が混在する劇だった。独特な身体表現やダンスを交えながら我々観客を何処か別の世界に誘うかのように強烈で熱気に溢れていた。ラストシーンは印象深かった。不気味かつ刺激的で想像力を掻き立てる芝居でした。面白かったなぁ。」

「天野天街演出の『田園に死す』実は初演の時はいまいちピンと来なかったのだが、この再演では一から十までよく分かり、主人公の孤独感や、現実と虚構の反転など、全てに納得。う〜ん、これはさらに再々演もやって欲しいくらいだ。」

「観客をトリップさせる天才、天野天街が寺山修司の作品を再構築。スズナリの醍醐味、大いにあり。初演観逃した方はこの機会に。」
様々な劇評が出だしました。

 @「演劇◎定点カメラ」ねこ

 2009年初演、紀伊國屋演劇賞受賞作、再演。久々に、よいしょ詰めを目撃する大盛況のスズナリ客席。舞台、構成は初演と同じ。キャスト替えで色合いが違うとこあり。母子家庭の覗き好きの少年は隣家の人妻に誘われて家出をする。彼の心にはいつも母が居た。
 寺山修司の言葉と所行、伝説をごった煮にして、天野イリュージョンで仕上げた一品。冒頭の「時計が故障した」の繰り返しと変調を楽しめばOK。後は波に運ばれ足下を すくわれる、ここに居て彼方に運ばれるな劇的トリップ感を堪能でき。役者演技、スタッフワークとも安定し、より不安定な世界の面白さを味わえて○。流山児の乱入スパイスも口直し?に上々。

@CORICH劇評 TETORAPACK  

「とにかく天野氏の脚本が面白い。シーザーの音楽がいい。流山児さんも主エンジンに加わって、歌まで披露しちゃって、楽しそう。いやー、アングラだなぁ……と、どっぷり、寺山ワールドに浸って、再演を楽しめた。今回、新たに感じた点は、流山児★事務所の看板女優でもある伊藤弘子さん、やっぱり魅力的な女優さんだなぁと思ったこと。 最後の劇場「ザ・スズナリ」で「田園に死す」が上演され、それを感慨深く寺山が劇場の前に立っているようなシーン、初演を観ているので驚きはなかったが、やっぱり粋で大好きなシーンだった。」

@TWITTER

「初演を見逃したので、万を持して出かけた流山児★事務所「田園に死す」初日。スタイルはしっかり少年王者舘なのに、流れる精神は確かに寺山さんを継ぐ。アイデンティティと記憶が混乱する劇世界に、脳がドグラマグラした。シーザーの音楽と夕沈ダンスの思わぬ相性の良さに驚いた。
(今村修/朝日新聞)

「下北沢ザ・スズナリ「田園に死す」、ちょいと飲んで帰ってきた。ものすごい芝居でした。役者たちよくやった。こんな演出を完遂できるとはみんなすごい。言葉の氾濫、言葉がまだ力を持っていた時代を再現するだけではなく、言葉が力を失った今をも取り込んだ台本。35年前に観た「仔象が死んだ」以来の衝撃。」(北丸雄二]

3日目、口コミでどんどん予約が入りだした。当日券の伸びが凄い!!
初のマチネ・ソワレ。
本当に多くの皆さんが「全国各地」からやってきてくれている。それも老若男女。
セーラー服の女子高生もいて客席は華やか。
10代のNEW テラヤマファンが随分来ていることを実感。
コトバの力、カラダの力・・・・そんなシンプルなニンゲンの凄さを感じている3日間のスズナリである。お客さんに感謝。
・・・・・・・・
明日も「前売り完売」であるが、13(月)からの後半の週は「前売まだ大いに余裕あり」のステージです。ぜひ、この歴史的傑作をお見逃しのなきように・・・・・劇団員・スタッフ・客演一同、ご予約を待っています。

下北沢でお会いしましょう。


こんなTWITTER劇評も。

「流山児★事務所の「田園に死す」今回も天野ワールド全開。間違いなく日本の演劇史に残る傑作だと思う。」

「「田園に死す」みる。寺山修司×天野天街。宇宙だった。天野さんの演出が物凄い。美しい総譜の上を言葉と感情の洪水が氾濫し駆け抜けてゆく。映像やシーンの挿入の仕方がもう!演劇の快楽をここまで満してくれる芝居ない。気持ちよかった。ずっとあの世界に居たかった。」

「昨晩は下北沢で、流山児★事務所『田園に死す』(寺山修司原作、天野天街脚色・構成・演出)を見る。寺山を思わせるシンジという少年が主人公。これは寺山をめぐる時間論であるが、そこには短歌の世界、母との関係など、あらゆる寺山的素材がちりばめられている」

「大舞台で本水まで使った、蜷川演出の巨大スペクタクル『下谷万年町物語』よりも、息苦しい狭さのスズナリにおける『田園に死す』のほうが、はるかに深遠無限スケールが感じられるのは、こりゃまたいったい、どういうことなんでしょうか。」



以下の様な情報が。
「寺山修司の2作品再演」・・・・朝日新聞2012年2月9日

寺山修司の作品が同時期に2作、再演される。演劇実験室◎万有引力が「奴婢訓(ぬひくん)」(ジョナサン・スウィフト原作)を12〜19日、東京・三軒茶屋のシアタートラムで公演。また、流山児★事務所が、映画を舞台化した「田園に死す」(天野天街脚色・構成・演出)を9〜19日、東京・下北沢のザ・スズナリで上演する。

 「奴婢訓」は、寺山が主宰していた演劇実験室◎天井桟敷によって1978年に初演された代表作の一つ。演出・音楽は、天井桟敷時代から音楽を担当していたJ・A・シーザー。「宮沢賢治の作品を暗示的な事柄、予言的なせりふに置き換え、夢という無限の世界観をもつ寓話(ぐうわ)。寺山は『混沌(こんとん)の中にエロス的な杭を打ち立てる演劇の神髄』と語っていた。観客がいろんな方向から見られて、満足もできると思う」と語る。

 「田園に死す」は74年公開の寺山映画を天野が09年に戯曲化、紀伊国屋演劇賞団体賞を受賞した。父親がいない10代の少年が隣に住む人妻と共に家出をする。記憶をめぐる幻想世界が立ち現れる。


世界を震撼させた寺山演劇!下北沢では「田園に死す」…日刊ゲンダイ2012年2月9(木)

流山児★事務所は9日から下北沢ザ・スズナリで「田園に死す」を上演する。
これは、寺山修司の自伝的映画をモチーフに、天野天街(少年王者舘)が解体・脱構築した作品。少年と母、過去を幻視する映画監督――荒涼とした恐山と若者の街・下北沢が《記憶》を介して通底する。イメージの魔術師アマノワールドを堪能。

問合せ03−3469−0511スズナリ。
『田園に死す2012版』幕が開きました。
初日、客の入りが心配だったが杞憂。
開場時間にはスズナリの前の道が客でスズナリである。
今回は整理番号付きに「全席自由」なのでこの風景である。
近年はほとんど「全席指定」の芝居がうちも多くなっているので、この風景は珍しい。
アマノの劇団の王者舘はこのスタイル。初演の時は「開場開演」のスタイルでやろうとしたのだが・・・今回は15分前開場。
・・・・・
満員の客が一瞬で集中するトップシーンから怒涛の2時間、一瞬の緩みもなくラストまで爆走しきった「初日」である。圧倒的な拍手、出口で一人一人の客に「ありがとうございました」と頭を下げると逆に「ありがとうございました」と言われる「オールドバンチ」状況。そうか、バンチからまだ2ヶ月しかたってないスズナリである。
いつものように「初日乾杯」。朝日のI記者、作家のTさん、銀ちゃん、黒テントのMくん、名古屋の知り合いの皆さんRYU Sクラブの皆さん、いつもの「初日」の光景。
そのまま、下北沢で一番安い居酒屋に流れる。
・・・・・
今日もいい天気である。
2日目、今日も全員爆走である!

◎第22回下北沢演劇祭参加
◎第44回紀伊国屋演劇賞団体賞受賞作品
『田園に死す』

原作:寺山修司 脚色・演出:天野天街(少年王者舘)
音楽:J・Aシーザー
出演:大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)・伊藤弘子・小川輝晃・木暮拓矢
深山洋貴(Studio life)/さとうこうじ・流山児祥ほか。

【日時】
2012年2月9日(木)〜19日(日)平日:19時開演 水・土:14時・19時開演 日:14時開演
※開場は開演の15分前。整理番号順の入場となります。

映画『田園に死す』(1974年公開)は寺山修司の自伝的映画とよばれ、「世界のテラヤマ」の名を決定付けた作品。「母殺し」、「家出」、「蛍火」、「恐山」など寺山劇世界(ワールド)の集大成が、ここにあり、終生こだわり続けた《記憶とは何か?》《私とは何か?》というテーマとも深く関わっている。過ぎ去ったものは全て《虚構》。寺山没後29年、『狂人教育』『花札伝綺』を世界各地で上演し、国際的評価を得ている流山児祥が2009年に企画制作、天野天街:脚色・構成・演出で上演した『田園に死す』は「連日超満員札止め」の反響を呼び2009年の現代演劇の代表作となった。

アマノ演出は「映画を再現」するのではなく、テラヤマテイストを残しながら、多重構造の劇として再創造、何人もの寺山修司、何人もの寺山ハツ(母)を登場させるという多面的な劇世界を創り上げた。初めて、寺山演劇を手がける天野天街は図書館にあった200冊の寺山書籍を読破、世界の何処にもない『田園に死す』を戯曲化した。2009年ザ・スズナリ初演の初日は寺山修司の誕生日であった。また、公演中に第44回紀伊國屋演劇賞団体賞受賞の報が舞い込んだ。