流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『田園に死す』スズナリ3日目。
今日もきちんと「場当たり」。
微細に慎重に・・・・朝10時から20時過ぎまで・・・・これでいい。
小屋に入ってどんどん良くなっている。面白くなっている。
照明、音響、美術、仕掛け、映像、でもって役者の演技・・・これが、恐るべき凄さで有機的に反応する面白さ。
・・・・・・
ま、10時間を超える「集中力」の凄さ。
最後に、踊りの最終チェックとトップシーンの「最終チェック」。
・・・・・・
今日は出来れば「通し」をやろうと思っていたが「これで、いい」。

長い稽古を経て、いよいよ明日は「初日」である。
わくわくしながら『田園に死す2012版』を明日は楽しもうと思っている。

是非、ご来場ください。絶対に面白いこと請け合います。スズナリで待ってます。
朝から順調に進んでいる。
『田園に死す』は様々な仕掛けがあるので、そのチェック。
美術にも様々な仕掛け。これが大変。
ちょっと気を抜けば怪我をする。慎重に、慎重に。
・・・・・
お昼過ぎから場当たり。明かり合わせ。
これがアマノ組は大変。
照明、音響、映像、役者の演技の4者が見事にシンクロしなければアマノ・マジックにならない。これが、大変なのである。10年近く一緒にやっているが、毎度大変な作業である。

topシーンからめまぐるしく、じっくり「きっかけ稽古」。
わたしは待つのが嫌いなたちなのでどうも・・・・・である。
食事休憩以外はほとんど「休み」なく場当たり。
が、予想通り、1幕の50分あまりのところで時間がなくなってしまった。・
ま、焦っても致し方ない。
明日は午前10時より続き。
なんとか、夕方までには「場当たり」を終えたいものだ。
で、出来れば一度「run through」といきたいものだが・・・・・さていかがなものになるか?
「前売り券」がここにきて急速に動き出しました。是非、お早目のご予約を!!

順調に仕込み。
あのセットが2年ぶりにスズナリの舞台に立っている。仕掛けもイロイロ。
明かりシュート。音響も順調に。
それにしても、大勢のニンゲンである。今回のスタッフキャストに加えて照明・美術・音響・映像スタッフに劇団員。いつものことだがスズナリがごった返している。イワヲ、上田、太郎、里美、創といった舞台部、照明部の面々。新人2人も先輩の指導でいろいろ覚えていっている。実践で覚えるしかない。哲史も三四郎も『オールドバンチ』『田園に死す』の舞台部に付くことで確実に演劇人として「成長」している。

で、小川輝晃がカレー隊長で全員の夜ご飯を作ってくれた。これが美味い。これはいい。小川君ご馳走様。
・・・・・・
20時半から撮影。同ポジション撮影。アマノ演劇に必須の撮影。
仕込み初日は順調。そうか、2週間の下北沢演劇生活が始まったのか。帰路は雨は上がっていたが・・・・また深夜になると降り出した。
・・・・・
今朝も雨。今日も朝から、照明つくり。美術作業は細部作業。お昼過ぎから「明かり合わせ」1日かかって、いわゆる「1幕」まで・・・ぐわんばろうぜ。

雨の仕込みである。
なぜか、わが劇団仕込みの日には雨が降る。
前回もそうだった。
で、本番中は一度も雨が降らないというジンクスもある。
わたしはこうみえて晴れ男なのである。
出演者、スタッフ、劇団員総出の大所帯による仕込み。
夜には同ポジション撮影に入る。いつものアマノ組のスケジュールである。
・・・・・
以下、1月30日付けのTOKYO head lineという新聞に掲載記事が。

詩、小説、演劇、映画…さまざまな分野で活躍した寺山修司。死後29年たってもその作品たちは色あせることを知らない。なかでも自伝的な映画と呼ばれ「世界のテラヤマ」の名を決定づけたのが『田園に死す』。

 それまでも寺山作品を多く手掛けてきた流山児★事務所が2009年に舞台化し、大きな反響を呼んだのだが、その作品が待望の再演となる。

「母殺し」「家出」「蛍火」「恐山」といった寺山ワールドのファクターを内包した集大成ともいえるこの作品を、脚色・構成・演出を担った天野天街は単に映画を舞台化するにとどまらず、寺山テイストを残しながらも独自の作品に仕上げ、その年の第44回紀伊國屋演劇賞団体賞を受賞した。

 初演からたった2年しかたっていないが、我々を取り巻く環境は大きく変わった。作品から受け取るメッセージも違ったものになるだろう。

 14日には中屋敷法仁(柿喰う客)、15日19時の回には岩井秀人(ハイバイ)がアフタートークのゲストとしてやってくる。若い世代の彼らが流山児祥、天野天街とどういった“寺山話”を繰り広げるのか…というのも気になるところ。

※お席には「まだ余裕があり」ます。お早目にご予約を!!
『田園に死す2012版』今日で早稲田の稽古終了。14時より最終「通し」。
稽古場整理、積み込み、いよいよ明日は下北沢ザ・スズナリ入りである。
11月のオーディション組と一緒の本読み1週間余り、キャスティングを経て、正月から始まった稽古。
長い、細かく創り上げた。

イイ意味で新旧メンバーが合わさったので、一から作り直す新鮮さがあった現場であった。
劇団員の阿萬、莉菜、麻名美は「初」田園であるし初アマノ演出体験である。

『ユーリンタウン』よりは少ないが37人の大所帯の稽古場。早稲田は本当に熱かった。エネルギー全開で創りあげた2012年版の『田園に死す』ぜひ多くの皆さんに見てもらいたいものである。

仕込み、明かり合わせ、映像撮影、細かい現場でしかできない作業も山積である。
3日間もとってある。丁寧にやる。アマノマジックはその偏執狂的なまでの細部(ディテール)へのこだわりと、その反対の大胆不敵さである。そんな、アマノワールドをお楽しみください。

ここに全く新しい「テラヤマワールド」がある。
お昼過ぎからじっくり小返し。
久しぶりに全員の見守る中でシーンを細かく当たってゆく。
これでいい、通し稽古もいいが、やっぱり、シーンの根幹を見つける作業は楽しい。
記憶のドラマ、時間のドラマ。

見事にバラバラのモノがジグソーパズルのように繋がっていて「きれいに」モノガタリになっている。その醍醐味を稽古場で一人楽しんでいる。妄想のジグソーパズル。

夕方18時過ぎまでじっくり。
明日は、今日気になったところをじっくり。じっくり「小返し」これでいい。
でもって、danceはラストレッスン?
こまかく、どんな状態でもぶれない、それでいて、ナマで「いられる」か?だ

///////
きょうの毎日新聞「遊ナビ:ステージ欄」に『田園に死す』の紹介記事。

 ■流山児★事務所「田園に死す」

2月9〜19日@ザ・スズナリ(下北沢駅)。原作=寺山修司、脚色・構成・演出=天野天街、音楽=J・A・シーザー、芸術監督=流山児祥、出演=大内厚雄、伊藤弘子、さとうこうじほか。映画「田園に死す」は寺山修司の自伝的映画と呼ばれ「世界のテラヤマ」を決定づけた。寺山が終生こだわり続けた「記憶とは何か」「私とは何か」というテーマと深く関わっている。2009年に大成功を収めた舞台の再演。


3回目の通し稽古。
早稲田の稽古場に仮セットが立て込まれて、ほぼスズナリの本番と同じ空間になってきている。
きょうの夜には畳も敷かれてまったく「本番通り」の劇空間に。

danceのチェック。
topシーンの短歌の合わせ。
3回目の「通し」稽古。
ほぼ、完璧?に近い形で「ものがたり」が立ち上がってきつつある。
映画を超えるカラダデ魅せる『田園に死す』
時間軸が錯綜するが「関係性」は変わらない。
時間の経過はあるが「関係性」という名の「ものがたり」は変わらない。
様々な「死者との対話」があるだけである。
そんな「誤読」でこのテキストを37人の登場人物が「読む」・・・・・そんな曼荼羅、そんなパノラマ・・・・を「夢想」している。

3回目の「通し」で、やっと見つかったものもある。これだから「芝居」はオモシロイ。
それにしても、もう少し「余裕」があってもいい。
とにかく、まだいっぱいやれることはある。
楽しもうぜ。

きょうはお昼過ぎからじっくり「小返し」ラストまで当たることに・・・・。
夜はdanceの最終チェック。
21時から美術作業。
稽古場はフル回転。
風邪、インフルエンザなんてことにならないように全員本番にむけて「体調管理」に気を付けて、あと5日!!頑張りましょう。
ついに、2回目の通し。
トップの短歌の順番も昨日変わったのでまだきちんと入っていない。
それでなくともキチンと出てこない。舌に覚え込ませねば・・・・。
いい調子だがまだまだ、様々な事が出来ることが見つかった「2回目の通し」となる。
2時間7分、前回の通しより20分余り縮まった。あと7分余り・・・ま、大丈夫。
2時間にはなんとかまとめたい。演出家もそう思っている。濃い2時間になる。
・・・・・
小休止の後、ダメ出し。
再び、短歌の稽古。
で、イタコチームの稽古。
ダンス。
・・・・・・
お昼過ぎからの「自主稽古」:各チームが、時間を区切ってやっている。今日は前半を当たってゆく。細かく、きちんと、役者の根拠を探ってゆくこと。

休憩は2回、5分余。夕方、飯の時間を削って「前半の通し」、これがいい。これでいいのだ。
・・・・・・
20時過ぎそのまま、劇団総会。
2012年のスケジュールの正式決定と「休団中」の稽古場代のことなど。ま、うちには産休中の女優もいるし・・・・。また、フェスティバル中に『花札伝綺』海外ツアーを予定しているのだが、その時のバックアップ体制とフェスティバル企画の60年代〜70年代のアングラ演劇代表戯曲reading&劇中歌を歌う!のことなど。田園に死す:本番中には演出家正式決定までいかねば・・・・。

総会後は『田園に死す』の小道具、幕、その他の作業、沢山!である。これが、いつもの本番近しの稽古場の風景だが・・・それにしても、様々な作業がいっぱい、ある。・・・・結局、終電まで。勿論そのあと飲んでいる奴もいるのだが。
・・・・・
で、今日も昼から、いつものようにみっちり稽古。後半である。

また、東池袋のあうるすぽっとで開催中の日韓演劇フェスティバル第3弾『トンマッコルへようこそ』が始まります。劇団桟敷童子を主体にした東憲司:演出で、塩野谷正幸も出演します。ぜひ、多くの皆さんのご来場をお待ちしています。本日初日!!

朝早く、病院、いつもの持病の心臓の薬、血圧96、136、脈拍92。
また、喉が痛くて、風邪がぶり返しそうな気配もあるので一応、風邪クスリももらっておく。
『田園に死す2012版』初通し。
2時間25分、粗削りながらとにかく、通したゾ。
本番まであと16日もある。目標は2時間、あと25分短くする。
ま、時間は充分ある。じっくりもう一度、アタマからあたれる、あせることはない。
わたしめは、いかん、遺憾、イカン!の通しであった。
苛立ち、エネルギー全開のトチ狂ったジジイで行こうと思ったがこれが、まだまだ。
・・・・・
ダメ出し。
はい。
・・・・・
夜はひさしぶりの駒場アゴラ劇場でハイバイの『或る女』(岩井秀人:作・演出)を見る。
アフタートークのゲストはアマノ。
終演後、岩井君らと劇場で呑む。そのむかし岩井君はうちの劇団の若手公演の「映像」を撮ったことがあるという・・・・忘れていた。

で、渋谷で王者舘の井村さん、アマノの3人で安い居酒屋で飲む。昨日に続いて痛飲。
結局は2時過ぎまで馬場で2軒目。
・・・・・・・
午前中、池袋で『地球空洞説』の豊島区との打ち合わせ。
秋の本番と、3年計画の中心軸を決めるための豊島区の皆さんとの共同作業が「これから」始まる。
寺山修司没後30周年企画・・・・じっくり、真摯に・・・だ。
・・・・・・
お昼過ぎから今日はじっくり時間かけて「衣裳合わせ」。