流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

お昼過ぎから稽古場はセットつくり、小道具、衣裳つくりが始まっている。
スタッフworkと同時進行の日々が始まった。
事務所では秋公演の「地球空洞説」の打ち合わせ。
プロデューサーを交えて、公演の方向性と4月のオーディションの件、音楽、台本、こちらも大変。
いま、村井→流山児→村井の第3稿つくり。
面白い話に・・・・「無の引力」「勃発する人々」「なにもない」「誰もいない」
・・・・・・
夕方、転換の細かい打ち合わせ。その後は夕沈ダンス。
・・・・・・
わたしは19時、日韓演劇フェスティバル第2弾『異郷の涙』(岩崎正裕:作演出:劇団太陽族公演)観劇。日本・韓国・ロシアの俳優たちによる共同制作作品。8年ぶりに東京公演、満員の客。1961年の大阪・コリアンタウンにある旅館の物語。プロレスラー:大木金太郎(金一)と力道山の物語を軸に岩崎版の1961年の物語が進行する。全部「実名」で登場するという偽歴史ドキュメンタリー劇で稽古場というメタ構造を持った「フィクションとしての歴史劇?」。プロレスという「底がわかっている底なし沼」と「在日の人々」の熱い物語が展開する、是非多くの人に見てもらいたいものである、本日15時開演!!太陽族東京公演ファイナルです。
・・・・
小堀くんも大阪から、今村さんの顔も。
アフタートークの後、池袋の居酒屋で「初日乾杯」。遅くまでアマノ、坂手、小堀、岩崎、和田さんらと飲む。外は雪。
・・・・・・
さて、久しぶりに晴れあがる。
名残雪。
15時過ぎから「初通し」・・・・さあ、ぐわんばろー。
きょうは、苛立つ!役者、役者、・・・・役者である。やるぞ!!
『田園に死す』稽古、快調に進んでいる。
新しいメンバーが10人、芝居の色がもちろん変わっていく。
こまかく、部分稽古。キチンと物語が立ち上がってくる。
今日から夕沈ダンスも始まった。
幾何学的ダンス。30人を超える群舞。
稽古場の鏡を久しぶりに外す。ダンス用の鏡。
が、大勢すぎて後ろの方が、夕沈先生の振りが、見えない。
で、チーム別に約10人、3チーム分ける・・・・イタコチーム、サーカスチーム、家族チームといったところ、なっちょらんチームなんていってたりして。
こうやって分けると、芝居の構造も見えてきたりしてオモシロイ。
・・・・・・
稽古後、1月14日(土)@新宿ロフトで行われる  しりあがり寿プレゼンツ『新春!(有)さるハゲロックフェスティバル2012』(奇画:しりあがり寿 幻演師:天野天街(少年王者舘))に急遽、有志メンバーが参加することになったので、ちょっとしたコーラスの打ち合わせ。19:40分あたりが本番の予定。15:30開場、16:00開演〜27:30終演予定)
わたしは、知立市で演劇講座があるので参加できないが、深夜には顔を出そうと思っている。
・・・・
順調に、順調に稽古は進んでいる。
1日中寺山さんの「戯曲」を読んでいる。
何回目かの「レミング」「奴婢訓」「阿呆船」「疫病流行記」
もちろん、「地球空洞説」は何回も。

村井雄くんの「地球空洞説」の叩き台台本を読みながら、同時に寺山修司のテキストを読み返す1年になる2012年である。

『田園に死す』には天野天街が図書館で読みふけった200冊の寺山言語が飛び交っている。
昨日今日とCDも10枚、J・Aシーザーを聞き直している。
・・・・・・
こんな感じの稽古場と書斎の日常に加えて、今年の課題は歌舞伎台本をとにかく「読む」ことを日課にした。黙阿弥の「鼠小僧」を原作に今年中に流山児「鼠小僧」を書上げる予定。
楽塾歌舞伎『十二夜』では「東海道四谷怪談」夢の場:原本上演もやることにした。
南北と黙阿弥。
それにしても新春歌舞伎:国立劇場の『三人吉三巴白浪』はひどかった!生中継だから、台詞も入ってない下手役者のプロンプターの声、丸聞こえ!!ふざけるな!ってものだった。こんな役者が高い料金とって「歌舞伎」でござい!とやってる・・・・・んだから。
・・・・・・
それと、今年は、ひさしぶりに、シニア演劇workshopも春・夏短期でやることも決めた。
3月、テキストは宮澤賢治『銀河鉄道の夜』で5日間ばかりやります。
2年前2回やって大好評だったのだが、忙しさにかまけて、結局その後、1回もやれなかった。
もうしばらく、お待ちください。
・・・・・・・・
『田園に死す』の本格稽古が始まった。
恐山のシーン、サーカスのシーン、少年時代のしんじの3人の悪友のシーンを中心に今週は細かく。

歌舞伎とテラヤマ、でもって、岸田國士、で、宮澤賢治・・・・日曜日はシェイクスピアと南北、
アタマがグチャグチャ、実に心地よい錯乱の日々である。

新人公演用のテキストに、井上ひさし、北村想、中津留章仁、高橋源一郎、村上春樹、前田司郎、三木のり平、小出裕章、内田樹、網野善彦、つかこうへい、野田秀樹といった様々なヒトたちの「コトバの洪水劇」を、い・ま・考えている。い・ま、こ・こ・に・あ・る・コトバ。
去年の暮れからSpace早稲田の稽古場の天井から水が漏れ出している。
正月という事で今のところ応急処置で1か所に水をためている。そんな量ではないが困ることおびただしい。まるで、雨漏り。
4日(水)『田園に死す2012年版』稽古再開である。
40人を超すキャストスタッフが稽古場にひしめき合っている。
11月に1週間やったキャスティングworkshopで正式に「役」が決まったので今回の本読みが初めて。
いや、2009年版を超える魅力的なチームになりそうである。
newcastという事でオモシロイ。
本読みは役者がその役をどう《読んでいる》か?がわかる。
・・・・・・
明日から本格的に「荒立ち稽古」に入る。舞台監督はさっそく、稽古場のバミリ。
パート別の稽古となる。ま、前半から、じっくり、ゆっくり。いつもの天野天街(少年王者舘)演出と違うのは「台本」が既に「完成」している!!ということである。こりゃ、「初」である。
歌と踊りも始まる・・・・・・振付の夕沈も来ている・・・・・ぜーんぶ「変える」つもりらしい・・が。

歌稽古は小林七緒のリードで。
まずは3曲。
・・・・・・・・
『田園に死す』TWITTERも始まった。
流山児★事務所TWITTERです。よろしく?
お昼からバンチ3章。
みっちり、凄い!事になってきた。
オモシロイ!
4時間近く稽古して、「通し」てみた。
これが見事に「通って」いる!
凄い集中力!すごい集団力。もっとこまかく、緻密にやれば「オールドバンチ」最高傑作が出来上がる。役者の勝利・・・となる。
・・・・・・
ギリギリまでバンチの稽古で、結局、食事はバナナ2本。
そのまま『田園に死す』の稽古に突入する。
2回目の全体での本読み。
どんな作品か?全員で「読み込む」時間・・・・テキストとの格闘。
こちらも、ノンストップで。
ほぼ、休憩なし。
21時過ぎに稽古をとり、来秋豊島公会堂と公会堂前の公園を使っての寺山修司:作「半市街劇」=『地球空洞説』の打ち合わせ。アマノとの共同演出 J・Aシーザー音楽、前田清実:振付の前代未聞のテラヤマ・ミュージカル(見世物オペラ)となる。

4月、オーディション、7月歌稽古、8月ダンス稽古開始、10月1日稽古inの長丁場。『ユーリンタウン」を超える長期の創作現場となることだろう。台本構成には若手の劇作家を起用することに。
・・・・・・
それにしても、ずーと朝から真夜中まで劇団新人の小川哲史が付き合っている。まさに丁稚奉公。
12時間稽古場の日々である。アマノ、岡島プロデューサー、『田園に死す』の演出助手:村井雄、哲史と居酒屋:22坪でお疲れ様会。すきっ腹に焼酎。流石に酔う。
終電近く帰宅。
・・・・・・
2013年没後30周年を迎えるまで、寺山さんのテキストと格闘する日々が続く。
最近、歌舞伎の戯曲をずーっと読んでいる。
黙阿弥全集、『鼠小僧』『三人吉三』『十六夜清心』『文弥殺し』『村井長庵』、いやあオモシロイ。やるか?
『花札伝綺』円融寺公演、無事に終演しました。
本当に、多くのお客さんが円融寺にやってきた。
『花札伝綺』は全ステージ「満員」で、早稲田→インドネシア→甲斐善光寺・目黒円融寺と全力で走り抜けました。北は北海道、南は大阪、はては、バンコック、パリからも!様々なところから目黒のお寺に多数おいでくださいまして本当にありがとうございます。

熱狂的なカーテンコール。
阿弥陀仏に見守られての「死の家」のものがたりが終わった。

江森さん、村井さん、萩尾さん、田中さん、鷹さん、寺山修司記念館のささめさんといった皆さんも見に来てくれた。
終演後、島根の世界遺産ツアー、寺山記念館と津軽ツアー、パリ、ロンドン、エジンバラ公演と話がどんどんふくらむ、そんな話に混ざって井之頭公園のホームレスの皆さんに是非、見せたいといった興味ぶかい提案も。

寺社、ライブハウス、公民館といった民衆の「い・る」場所を《劇場化》する試みは圧倒的に評価・支持されたことを実感した5・6月『夢謡話浮世根問』7月『卒塔婆小町』『花札伝綺』インドネシア公演、8月『花札伝綺』甲斐善光寺、目黒円融寺公演であった。それは観客の圧倒的な多さが立証している。芝居を普段見ない人がふらりと、お寺の境内でライブハウスで芝居を見る。コレである。

が、ここで一寸、小休止です。

久しぶりに劇団員総出でバラシ、打ち上げ。また、円融寺でやりたいと思った。本当に、円融寺の皆さんイロイロありがとうございました。

・・・・・
猛暑の夏。

今日はお昼過ぎから片付け。定期劇団総会。
再び猛暑の夏である。

蝉の鳴く円融寺。場当たりが粛々と進んでいる阿弥陀堂。
黄金の阿弥陀様にずーっと見つめられながらの芝居、というのも、なかなか、乙なものである。

客席も最大収容(200人)をめざして、座布団敷き詰め、椅子席も。

19時からゲネプロ。

早稲田、インドネシア、善光寺を体験したがまだ『花札伝綺』は出来上がったばかりの作品である。ここはトバ口でしかない。常に新しく創っていっているイキモノにするのが役者の仕事である。

テキストと関係性。目指すべき地平は高く・・・・・そして、何よりもノイズを。
・・・・・・
学芸大学の焼き鳥屋で何人かと飲む。久しぶりに鳥と馬刺し。美味い。ハイボール3杯。
帰宅、岸田國士を読んで寝る。

・・・・・・
チケットの予約状況が送られてくる。
それにしても、多くのお客さんが円融寺に来る。私の客も10人近くの予約が。普段は芝居なんか観ない普通のひと、寺芝居ということで・・・・これがいいのである。お寺を《劇場に!》の試みは確実にに成功した。町内会の人、檀家の人といったヒトタチがふらりと、本堂で「芝居」を見る。これが面白いのである。ジョグジャカルタの伽藍劇場、甲斐善光寺も金堂、野外と『花札伝綺』は実に豪華でステキなニンゲンの歴史をしみこませた《劇場》で上演されているのである。

さ、客入れが大変だぞ!劇団員総出でバス停から客の誘導?もやる予定。

ま、1時間20分。あっという間のジェットコースター演劇です。立ち見も大丈夫!!

暑気払いに円融寺へぜひご来場ください!!元気になることは請合います。

『花札伝綺』目黒公演で2月から半年以上にわたって上演している流山児★事務所レパートリー・シアター2011も小休止。さて、ミュージカル『ユーリンタウン』の歌稽古・本読みが始まる!!


『花札伝綺』(作:寺山修司 演出:青木砂織)の上演時間は1時間20分。8月6(土)19時開演。阿弥陀堂での公演です。開場は開演の30分前。当日券の発売・入場整理券の発行は18時より。チケット(全席自由)は一般2500円、高校生以下1000円、未就学児童:無料。問合せは流山児★事務所(電)03ー5272−1785 予約専用PHS:070・5565・7729で取り扱っています。http://ryuzanji.com まで。なお「満員」のため「お立見」になることも「予想」されます。ご了承ください。とにかく、お早めにご来場ください!

今日も涼しい日である。
帰国してから30度を超す日がない。
風があっていい気持ちの朝である。
この1週間、ずーっと素麺の日々。
・・・・・
さて、今日は照明つり込み、シュート、明かり合わせ。場当たり。
宣伝写真撮影、横田さん。

で、ゲネプロのてんこ盛り。まあ、照明が入ればそういうことである。
円融寺は散策するにもいいところである。
ぜひ、時間があったら開演前に東京23区でもっとも古い木造建築:釈迦堂は見てくださいね。
これは重要文化財。
・・・・・・
明日は「寺公演」第2弾!ついに東京でも始まります。
超満員が「予想」されます。チケットの予約は今日まで!!お急ぎください。

昨日の夜は演劇雑誌「テアトロ」10月号の原稿5枚。
「リーダーの条件」というエッセイ。
日本演劇のリーダーなんてヤツがいるとは私は思わない。勿論、わたしはリーダーなんかじゃない。
ま、偉そうにしている演劇政治バカはどこにでもいるが。そういう人は大変なんだろうな?と思う昨今である。

この間の旅のことをメインに書いていたら・・・・そうか、俺たちってずーと旅していることに気付かされた。そんな、こんなを書いてみた。

それにしても「ルビ」が多い、相変わらずの悪文である。が、ノッテ書いているのは分かる文章です。テアトロ10月号(9月9日発売)です。

なお、今書店で発売中の演劇雑誌「悲劇喜劇」8月号の特集「続・この1篇」に北村想の「寿歌」のことをこれまたエッセイ5枚書いています。本屋で立ち読みでもしてください。よろしく!!
というわけで、贅沢にも本日は1日目黒円融寺阿弥陀堂での稽古である。

夏の天気。が、そんなに暑くない。

明日は照明仕込み、明かり合わせ。今日は歌と芝居のチェックでもある。

8月11(木)〜14(日)の4日間福岡で行われる演劇大学の演出家養成セミナーのテキストが送られてくる。岸田國士の『秋の対話』
////
子ども手当廃止。児童手当復活だとよ。民主党のマニュフェストはこの調子だと全部「廃止」?
与野党は被災者を置き去りにしたまま相変わらずの政局ゲームを続けている。
コメの放射性物質の検査。市場原理主義による震災復興・・・そりゃダメだろ。
NY円一時、76円。

・・・・・・・・・
昨日は行きつけのT病院でいつものように心臓の薬。血圧は下が108上が148.疲れていますね、さすがに。で、久しぶりに西新宿の演出者協会に。
選挙があって新理事の顔ぶれも決まった。
あと2年。この辺で世代交代も・・・・である。
ま、出来る限りのことはやるつもりである。今年から演出者協会は一般社団法人となる予定。20年余りで協会も大きく変わっている。600人を超える大所帯。ま、個人加盟の日本唯一の舞台演出家の協会、やることは山のようにある。

花伝舎の事務所もすっかり整理されて綺麗になっている。

東北の舞台芸術家支援のためのフェニックスプロジェクトによるリーディング『石棺』の稽古も始まっている。青井陽冶さん演出。

夜まで打ち合わせ。久しぶりにふらふら歩いて大久保「はち」に。
チビがすっかり大きくなっている。
いつものつまみにいつもの焼酎。

歩いて帰宅。H書店で2時間立ち読み。
・・・・・・・
雨の水曜日。台風は沖縄?

お昼前に珈琲館で「シアターアーツ48号に掲載予定」の「演劇人クローズアップ」:伊藤弘子というわけで久しぶりに江森さん、奥秋くんと。86年の入団から今まで・・・20年以上、いや、ほんとにもっと評価されて当たり前の女優である。流石に江森さんはきちんと見てくれている。代表作が『盟三五大切』、『狂人教育』、『花札伝綺』『ユーリンタウン』の4本もあり、『櫻の園』のワーリャ、『ヘレンの首飾り』天野天街(少年王者舘)演出の『鼠小僧次郎吉』『田園に死す』『双葉のレッスン』と次から次と話しているうちに・・・・・弘子ってすごい女優なんだ・・と、つくづく思った。

・・・・・
雨の中、『花札伝綺』円融寺仕込みのための稽古場搬出。2トントラック満載で目黒に向けて出発。

今日は舞台仕込みもはじまる。
明日は場当たり、明かり合わせ。
明後日は、海外公演用の情宣写真どり。で、ゲネプロと「ゆったりした」スケジュール。阿弥陀堂を私たちに明け渡してくれている円融寺さんに大感謝。
・・・・・・
わたしは、夕方、龍昇、塩野谷、甲津の4人で来年も予定している「Space早稲田演劇フェスティバル2012」のラフな打ち合わせ。夜はイワト劇場で坂口瑞穂の新作『つきのしろ』を見る。全編、福岡弁。