流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

さて、『花札伝綺』次は目黒円融寺公演です。

3月から始まった流山児★事務所レパートリー・シアター&海外&寺社周り公演『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』『花札伝綺』の半年に及ぶ連続公演も8月6(土)円融寺公演でとりあえず、「小休止」し、わたしたちは10月座・高円寺公演、ミュージカル『ユーリンタウン』の稽古に突入する。

本当に、予想をはるかに超えた多くのお客さんが「わたしたちの《劇場》=民衆の避難所(アジール)に来てくれている。流山児★事務所29年の活動は決して間違っていなかったと確信している。今回も「経済原則」を無視した戦いで劇団員に多大な苦労をかけっぱなしである・・・・河原乞食の統領としてもう少し考えなきゃ?である。


目黒円融寺では「座禅」の会も行っている。
今朝の東京新聞朝刊の「生活面」で掲載されているが、月1回、「ちょっと坐ろう会」を開催。国指定の重要文化財:釈迦堂で座禅を組める。室町時代初期の創建とされ、東京23区で最古の木造建築である。

甲斐善光寺に続いて『花札伝綺』はお寺を民衆のアジール(避難所)とする「演劇公演」となる。そういえば、副住職さんはお仲間と一緒に東日本大震災のボランティア活動に行ってらっしゃる・・・・。


フクシマ第1原発の屋外の配管付近から毎時1万ミリシーベルトの放射能。
コメの放射性物質検査も18都府県。
なでしこジャパン国民栄誉賞。
で、夏本番の8月である。
2011年08月01日(月)山梨日日新聞朝刊。

~生と死のはざま コミカルに表現 ~

善光寺で寺山戯曲上演


 生と死のはざまに立つ人々をコミカルに描く寺山修司の戯曲『花札伝綺』(寺山修司:作 青木砂織:演出)30(土)、31(日)の両日、甲府・善光寺で上演された。

アングラ演劇の流れを継ぐ演出家、流山児祥さんが全国の寺社やライブハウスを“劇場化”する試み「レパートリーシアター」の一環で、寺院では国内初の公演となった。

 物語は家族が皆「死んでいる」葬儀屋一家の一人娘が「生きている」人間に恋をするところから始まり、個性豊かなキャラクターが生と死についてさまざまな疑問を投げかけるにぎやかな音楽劇。

寺の本堂には白黒の幕が張られ、顔におしろいを塗り極彩色の衣装をまとった役者が「死人」をユーモアたっぷりに演じた。

 初日の30日(土)は約200人が詰め掛け、軽妙なやりとりに笑い声を弾ませていた。

・・・・・・・・・・・・・
まさに「嵐のような4日間」であった。
『花札伝綺』、初の「お寺」公演、初の「国内ツアー」の始まり・・・熱狂と興奮の甲斐:善光寺公演大成功の巻・・・となった。そんな4日間のクロニクル。
・・・・
29(金)朝早くマイクロバス、トラック、自家用車の3台、あずさ号と全部隊出発。
お昼過ぎに、善光寺全員集合。
打ち合わせ。野外の客席を設営する。
照明しこみと粛々と進む。
夜には明かり合わせ、場当り。
今朝の山梨日日新聞に大きく掲載され、問い合わせが善光寺に殺到しているとのこと。

・・・・・
30(土)、朝から1日中新潟、福島の豪雨のニュースが流れている。
甲府も50ミリを超えるゲリラ豪雨の予報。
野外から急遽、重要文化財の金堂での上演に変更。
苦渋の選択。が,金堂と野外の2箇所公演という「贅沢」な試みと・・・・と考えれば楽しいし、実際2日、別空間で上演できることはすごいことである・・・で、とにかく、屋内に移動。
最低の照明、最低の音響を設営。
場当りも最小限に。
なんとか開場出来た。
ものすごい雨。スコール、ゲリラ豪雨。
大雨にもかかわらず、すごいお客が次から次と金堂に・・・・。
超満員。用意していた客席の倍?の200人を超す観客が詰め掛けた。拍手と歓声、老若男女とはこのこと、赤ん坊から杖をついたおじいさん、おばあさん、女子高生の群れといった塩梅。善光寺参拝のお客、はるばる東京から20人?ちかいお客。伊藤裕作さんもやってきたし、甲府公演の提案者:要さんのやってきた。25年前?甲府でdance劇を演出したことがある。要さんの義妹の小島さんのダンススタジオの公演であった。出演者は450人、観客は2500人であった。あの時も山梨大学の学生たちがボランティア・スタッフであった。今回も山梨大学のI先生率いる大勢の甲府の学生演劇のみなさんが手伝ってくれた。大感謝。

甲府公演、大成功の「初日」となった。
お世話になっているFさんのうちで「初日乾杯」おつまみの準備は楽塾の内藤、宮澤の二人。
・・・・
31(日)
スッカリ晴れ上がった素敵な日曜日となる。
雨が降ろうと槍が降ろうと今日は「野外公演」と決めて、朝から準備。
ぱらぱらとくるも、本番中は一度も降らず。
超満員なんてもんじゃない客が詰め掛ける。
250人を超す客、客、スズナリの客がやってきたよ!!
急きょ、座布団を地面に敷き桟敷席増席!でまた増席、でまた増席となる!
連日の予想を超える超満員の「お寺公演」の船出となった。
物凄い拍手と歓声のカーテンコール、インドネシアと同じような熱狂と興奮の渦が善光寺を包んだ。
2日間、甲府西高演劇部出身、劇団北京蝶々の帯金ゆかりさんがゲスト出演してくれた。感謝。北京蝶々の劇作家:大塩哲史と帯金さんは同じ甲府出身。本当にお世話になった。
甲府公演!大成功・・・である。「死ぬのが怖くなくなった。あの世も、なんか、楽しそう」というおばあちゃんの感想が一番うれしかった。インドネシアの劇評にこんなものがあったっけ。生と死は、実は制限などなく、簡単にお互いの世界を行き来できるのでないか。

ほとんどの人に「ありがとうございました。また必ず来てください」と声をかけられる。これほどうれしいことはない。雨用に、半分は屋根があって濡れないのだが、完全野外部分の客席用(100以上)の雨合羽を用意して皆さんに・・・・結局観劇記念?のお土産でプレゼントすることに。

片付け、夜はこれまたFさんお家で打ち上げ。
おつまみ作りは今日も楽塾のいそ、杉山、桐原の3人。
深夜というか朝までの酒宴となる。
・・・・

山梨日日新聞朝刊に「生と死のはざま コミカルに表現~善光寺で寺山演劇~」の記事掲載。
お昼過ぎまでバラシ、片付け。ブドウの差し入れ。美味い。I先生、甲府櫻座さんには感謝、感謝である、物心両面のサポート!!!。記念撮影。
本当に4日間お世話になったW執事さんの説明で「宝物館」で文化財の数々を見せてもらう。

重要文化財で芝居!まさに念願の「お寺芝居」がついに動き出したのである。この醍醐味は確実に役者たちを鍛えてくれる。どんな状況でもここにいる役者たちは「最高の芝居」を見せられるチームである。さらに進化・深化する『花札伝綺』にご期待ください。
善光寺さんに別れを告げて帰京。『花札伝綺』は山梨の演劇界を変えた!というFさんの言葉がうれしい。

あずさで帰京。
流石に疲れ果てる。栗原茂が客演しているSpace雑遊の芝居、結局見れなかった。

・・・

劇団員総出で夜、早稲田で荷下ろし。
来週は目黒:円融寺仕込み開始。
次は目黒:円融寺公演。初の東京での「お寺公演」です。円融寺は阿弥陀堂での公演です。

今すぐ予約を!!目黒も超満員が予想されます。円融寺でお待ちしています。

『花札伝綺』甲府公演に向けての「通し」稽古。
回廊と下の出はけのところ、大きな階段、下の空間と演技エリアはインドネシアよりも大きい。
ほぼ野外公演といった感じ。
様々な人たちの協力で今度の甲府:甲斐善光寺公演が実現する。
地元の藤谷さん、飯野さんといった人たちのおかげである。
そして、1年がかりで甲府と私たちを繋いでくれた要さん。
何よりも善光寺の皆さん。
感謝の心でいっぱいである。
・・・・・・
快調に「通す」。完全に自分のカラダに台詞も動きも落ちてるのだから相手役と一緒に爆発すればいい。3シーン、エネルギー全開で私も相努めます。
・・・・・
曇り空の出発日。
朝早くから早稲田集合。
お昼過ぎには善光寺着の予定。
私も11時のあずさで甲府へ。
仕込み、明かりつくり。雨が・・・・。やることをやるだけである。
甲府の皆さん、今から行きますよ。
・・・・・
東京からも中央高速で2時間、善光寺にバス止まります。横は石和温泉、安い温泉スパもあります。
ぜひ、甲府公演においでください。
初の『花札伝綺』寺公演、ついに始まります。

上演時間は1時間20分。30(土)、31(日)ともに午後7時開演。雨天決行。チケット(全席自由)は一般2千円、高校生以下1千円。チケットは甲斐善光寺の寺務所((電)055・233・7570)で扱っている。予約は流山児★事務所(電)070・5565・7729でも取り扱います。http://ryuzanji.com まで。
     夏の夜 甲斐善光寺で演劇 山梨

     産経新聞 7月27日

 ■30(土)、31(日)に寺山修司:作「花札伝綺」

 本紙2月27日付「全国の社寺を劇場化」で紹介した演出家で俳優の流山児祥(りゅうざんじ・しょう)氏の劇団が「レパートリーシアター」として、寺山修司作「花札伝綺」(演出、青木砂織)を甲府市の甲斐善光寺の境内で今月30(土)、31日(日)夜に上演する。劇場とは異景の中で演じられる芝居。“演じる者と見る者が出会うところに演劇が生まれる”という流山児氏。観客の間近で演じられる寺山作品は夏の夜を楽しませてくれそうだ。

                   ◇

 流山児氏は「演劇を必要とする人に届けたい。役者は体ひとつあれば芝居ができる。どこでもできる」と話し、ユニークな試みに甲斐善光寺も快諾して公演が決まった。甲斐善光寺は永禄元(1558)年、戦国武将の武田信玄によって創建されたとされる。本堂は「重要文化財」だが、公演は本堂近くの境内。流山児★事務所によると、大がかりなセットはいらず、「旅するゲキジョウシリーズとしてぴったりだ」という。

 「花札伝綺」は大正時代の東京・下町の「死の家」と呼ばれた葬儀屋が舞台。家族は死んでいるが、ひとり娘の歌留多は生きていて、生きている「墓場の鬼太郎」に恋したことから物語は始まる。父親の団十郎がすでに死んでいる美少年に娘を誘惑させ、娘も死の世界に取り込もうとして、「生」と「死」の世界にまたがってドラマは展開する。鬼太郎と団十郎のどちらが生きて、どちらが死んでいるのか分からなくなる、虚構と現実が交じり合う寺山作品だ。

 出演は伊藤弘子、上田和弘、イワヲ、谷宗和、里見和彦らに女優の帯金ゆかりが特別ゲストとして加わる。

 上演時間は1時間20分。30(土)、31(日)とも午後7時開演。小雨決行。チケット(全席自由)は一般2千円、高校生以下1千円。チケットは甲斐善光寺の寺務所((電)055・233・7570)で扱っている。予約は流山児★事務所(電)03・5272・1785でも取り扱います。http://ryuzanji.com まで。
演出者協会で演劇大学IN福岡の打ち合わせ。
今年で2年目の福岡開催。1回目で福岡ブロックが立ち上がったので今後の展開が楽しみ。来年1月の日韓演劇フェスティバル開催、夢のアジア演劇祭開催まで頑張りましょう。
去年に続いて、お盆前の行事となった。私の担当は岸田國士作品。去年は宮澤賢治だったっけ。
・・・・・・・・
今年も地元演出家に4日間付き合って「作品」を作るシンプルなやつ。
講師は瓜生さん、和田さん、青井さん、七緒、そして「ままごと」の柴幸男さん。初めての手合わせ。柴さんも愛知出身の劇作家。福岡でゆっくりしゃべれたら・・・・・。
・・・・・・・・・・・
早稲田では『花札伝綺』は甲府公演のための稽古。
甲府出身の「北京蝶々」の帯金ゆかりさんが1シーンゲスト出演してくれる。その稽古も。

少し暑い夏が戻ってきたが・・・インドネシアから帰国してずーっと過ごしやすい夏である。
今朝は曇り、小雨がぱらついている。
今日はお昼過ぎから「通し」稽古。
明日は朝7時、積み込み、ライトバンで出発。善光寺入り。

雨合羽も30個買うことに。ま、雨でもお客さんは軒下でそんなに濡れない環境。
舞台は巨大な回廊と階段がメイン舞台となる。結構、気を付けて動かないと怪我する。緊張して集中して・・・・・・レパートリー・シアター「初」の「お寺公演」である。

40年前、浜松の鴨江観音の境内で『夢の肉弾三勇士』を野外上演したことを急に思い出した。あのころは雨が降ることなど考えてもいなかった。京都西部講堂の広場でも青天井でやったものである。照明の灯体はベビー6台だった。

雨が降ろうと槍が降ろうと「芝居」したものである。
それでもって、毎日、けんかがあったんだから・・・・そうか、槍ばっかり降ってたんだ・・・あの頃。

///////

政府・民主党は福島第一原子力発電所事故により放射性物質に汚染されたがれきなどの廃棄物や土壌の処理を急ぐため、国が直接処理する特別措置法を議員立法で制定する方針を固めた。とにかく緊急にやれよ。


昨日の続きです。
・・・・・・
これ(『卒塔婆小町』)を観てジャワ人はどうだっただろう?
日本人とジャワ人ではまず死生観がぜんぜん違うと思うので、
頭で理解は出来ないのかもしれないが
普段触れている「死の概念」を超えた世界を感じていたと思う。

本当に面白かった。
またぜひ来てほしい。
ジャワでこんなことをするのはさぞかし大変だったでしょう。
お疲れ様。

(ジャワ島発信・シードフォークス日記7月20日)

これはインドネシアに住んでいられる日本人観客の反応。
・・・・・・・・
旅すると「世界」からいろんな「反応」が伝わってくるのがわかる。
甲府の善光寺公演でも様々な反応が伝わってくることだろう。私たちはフツーに「旅する演劇」をやるカンパニーである。

『花札伝綺』も『卒塔婆小町』もこれからも様々な観客の目に育てられて進化・深化してゆく。
考えてみれば近年は旅公演が増えている。
去年も夏と秋『お岩幽霊/ぶゑのすあいれす』『愛と嘘っぱち』の2作品で四国・九州まで、今年も春から夏にかけて『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』『花札伝綺』の3作品が2か月近くの「旅」を続ける。来年も「旅」公演をやるつもりである。旅をすればするほど劇団は「赤字」というのが「現実」であるが、ニンゲンは本来ボーケンするイキモノ、未知の世界へ・・・である。

・・・・・・


今年の夏は熱い流山児ミュージカル:『花札伝綺』でお過ごしください。7月30(土)・31(日)甲斐・善光寺 なんとか「天気予報」を見ると一時雨で善光寺の回廊と階段をつかった「野外」公演が出来そう。天気予報の週末の甲府の天気は「最高温度32℃、最低温度22℃ 降水確率40%」大丈夫!!!

で、東京は8月6(土)目黒・円融寺 19時開演です!!

いますぐ、予約!!03−5272−1785 http://www.ryuzanji.comまで。
/////////

中国浙江省温州市で23日夜に起きた高速鉄道追突・脱線事故。ノルウェーの首都オスロ中心部と郊外のウトヤ島で22日に起きた連続テロ事件。血なまぐさい事件が世界を覆っている。
・・・・・・・・
れれ、佐藤健主演で「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」映画化。武井咲が神谷薫役。監督はテレビ『龍馬伝』の大友啓史監督。佐藤健、いいんじゃない。「るろうに剣心」は単行本(全28巻)の累計発行部数は5000万部、96年テレビアニメ化。23カ国で翻訳されている。
///////
告知です。
●9/6(火)〜9/11(日)@神保町花月『金魚のように 後編』
⇒脚本:丸山智子/演出:小林七緒(流山児★事務所)
出演者:イシバシハザマ・チョコレートプラネット・あわよくば
・ボルサリーノ・ダイナゴン・倉田亜味
あらすじ:哀しいね 空しいね だけど愛しいね
朝早くから照明シュート。

午前中に終わり、そのままサウンドチェック。
歌がそれにしても多い。ミュージカルというより音楽劇、『狂人教育』同様のオペレッタと呼ぶべき作品。3月の初演より15分あまりスリムになったのでより、音楽劇に出来上がっている。より見世物性を高めねば・・・・。異形の群れの演じる死人のオペレッタ。

『卒塔婆小町』に続けてこの作品を見ることになるバンドゥンのお客さんはどう思うんだろう?生と死の倒錯、錯綜。コンテンポラリーと幾何学ダンス。能と歌舞伎。さまざまな日本的なるもの。

季節のない国,雨季と乾季の熱帯の国にいると時間の感覚が面白い。
20年前、バリ島に行ったときにも感じたのだが、昔の風景がよみがえる。
信号も何もない、道を横切るにも大変。すごい車の数。これはエジプトと同じ光景。

今夜は、コンビニのお姉さんが毎日ビールを買うのでつまみのピーナツをおまけしてくれた。そんな感じ。

1日中「場当たり」。Y教授の手作りの昼と夜のご飯に舌鼓。が、香辛料が・・・TOO HOT!ナマズに野鳥に、もうなんでもありの美味いもの世界である。が、たぶん全員が胃をやられて1回は下痢に見舞われるだろう。わたしも20年前・・そうだったように。

・・・・・・・・
なんとか、9時過ぎに終わる。字幕の最終的なチェック、これがいつも頭を悩ませる作業である。現地のヒトに稽古を見てもらって少しでも理解しやすくするための必須の作業。


明日は『花札伝綺』ワールドツアー世界プレミアである。
わたしも出番の3シーンを精一杯楽しむつもりである。
みんな、元気です。面白いですよ。是非、甲府・目黒のお寺での凱旋公演においでください!!

ミュージカル『ユーリンタウン』も前売り開始しました。こちらもよろしく!
すでに、千穐楽のチケットはぴあもe+も売り切れである。
『花札伝綺』7月・8月甲府・目黒寺公演のあと、8月下旬から歌稽古が始まる。2ヶ月近くの長い『ユーリンタウン2011』の稽古も楽しみである。

・・・・・・
今日は3.11大震災から4ヶ月。
さまざまなことを想いながら、わたしたちは世界で、インドネシア:バンドゥンで「芝居」する。
『花札伝綺』絶好調爆走中である。
11時から『卒塔婆小町』の稽古、こちらも順調に進んでいる。詩人役の若手の山下直哉と老婆役の塩野谷正幸のSCENEがどんどん深化してゆく。親子ほど違う世代が一つの舞台を共有して「世界の何処にもない」芝居を作るべく悪戦苦闘するさまは素敵である。
これまた、「役者が作る劇」という根本であっちへいったりこっちへ行ったり「意識的」にしている。コレでいいのである。

・・・・・・
3時には『花札伝綺』チームと入れ替わり。
4日目、今日も当日券が伸びて雨だというのに「満員」のいり。芝居の出来も硬さがとれ、楽な感じでいい状態である。客席に何回も笑いが「明るいテラヤマ」である。

・・・・・
終演後いつものように呑み会。
夏に『花札伝綺』を上演する目黒の円融寺の副住職ご夫婦、瀬戸さん、裕作さん、笛田さんといった顔ぶれ、梁山泊の広島さん、万有引力の村田さんも・・・・米山の創った鍋、とイーランから美味い餃子・・・ありがとう。

・・・・・・・

雨も止み晴れてきた。
今日から『夢謡話浮世根問』の稽古、9日間の稽古で本番である。
去年の5月の本作りから10ヶ月、飛び飛びで稽古を重ねてきた、11月以来3ヶ月ぶり、台詞出てくるかな?さ、どうする。

九條さんに電話、週末には見に行くとのkoto、みんな待ってますよ。

・・・・・・・・・・
『花札伝綺』3日目。
日々稽古を重ねながら進化・深化している。
ほぼ「満員」の客席、今日も全国から仙台、甲斐、富山というところから早稲田まで。富山の寺を探してください、と頼む。

・・・・・・

『卒塔婆小町』本日美術・衣裳作業みっちり。
明日は朝11時から稽古。
こちらも順調に?というかちょっとあせりながら稽古・・・・・。
が、やることはやらねばならない。
『夢謡話浮世根問』の稽古も始まる

・・・・・

久し振りの雨。