流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『花札伝綺』2日目、当日券が伸びて「満員」の客、今日も全国からSpace早稲田の小劇場に多くのヒトタチがやってきている。40年前の小劇場運動を思わせるレパートリーシアターの試みは多くの観客の支持を得る!との予感が・・・・・。葬儀社に変容したSpace早稲田でしか出来ない事が《世界》へ!!

甲府公演のサポートを頼んでいる北京蝶々の帯金が自転車で。名古屋の寺山国際学会の清水先生。熊本からも・・・、千葉哲也、立原麻衣の顔も、千葉くんは『焼肉ドラゴン』で来週はソウル行き。
2日落ちもなく絶好調で『花札伝綺』は進化してゆく。毎日午前10時〜稽古、メイク1時間、本番準備と続く。

終演後、あっという間に劇場が稽古場に。
マチネ終演後、今日から同時並行で『卒塔婆小町』『夢謡話浮世根問』の稽古。

わたしは合間に近くの地区会館で稽古している楽塾『もーれつ、ア太郎』の稽古にゆく。トップSCENEの歌と踊りを見ながらちょこっと帰る。
すぐ稽古場に戻り『卒塔婆小町』の稽古。こちらも大変なことをやっている。カラダで創るMISHIMA
!!にこだわり様々な試行錯誤を繰り返している。役者達と常にミーティングしながら遅々として「進んでいる」・・・これでいい。世界の何処にもないMISHIMAのソトバを創るのだ。

22時半までノンストップで稽古。明日は作業、『卒塔婆小町』では、これまた劇場がまったく変貌する予定、乞うご期待。

・・・・・・

さすがに、疲れ果てて帰宅。ビール1本飲んでキューバタン。

快晴の3日目。

初日である。

劇場がすでに『花札伝綺』の世界に模様替えされている。
新宿花園神社以上に原作のもつ見世物小屋的のものに・・・・。
2000年の上演の時は夏だというのに喪服でおいで下さい、とチラシに書いた。新宿16箇所に《集合》した観客は様々な場所で行われる《劇》を目撃=体験しながら花園神社へとたどりついた。

・・・・・・・
アパートの契約を大家さんと一緒に不動産屋で済ませる。このアパートに入って15年以上。住めば都の生活である。6畳1間の風呂ナシから6年前8畳1間の風呂アリの部屋に替えて3回目の更新。ここが終の棲家?老人は私だけ他は学生と外国人。

・・・・・・・
いつものように、歩いて劇場へ。
初日の劇場は気持ちがウキウキし、それでいて気が引き締まる。
『卒塔婆小町』チームが制作の手伝い、受付、看板だしなどてきぱきと。
開場、ほぼ客席は埋まった。1時間35分、全力疾走でミュージカル『花札伝綺』世界初演の幕が開いた。岩手、大阪、名古屋といったところからもお客さんがやってきている。うれしい限りである。レパートリーシアターの企画意図、何処でもやる!ということでみなさんイロイロ話してくれる。

初日乾杯。RYU、Sクラブのメンバーの人たち多数。塩野谷正幸、龍昇、岡島、本田さん、久し振りに元劇団員の関根靖晃の顔も、いまや、2児のパパである。岩手の演劇大学のワークショップを観て来たという18歳の桜美林大学に入学したという寺山ファンの演劇学生と喋る。大阪からやってきたTさんと「劇場法」の話と今、全国で着々と起きている「或るニンゲンによる劇場支配」の話も、ほんとに、そんなのアリ?とおもう話も・・・・さまざまな事が今、全国で起きているようである。ま、どーでもいい、わたしたちはキチンといい芝居を作るしかない。

米山の創った賄いの焼きそば、サラダ、差し入れのつまみと例によって豪華な初日宴会となる。

・・・・・・
以下は『花札伝綺』当日パンフに掲載された私の原稿である。

御挨拶〜レパートリーシアター始まります〜  流山児祥

レパートリーシアター2011の始まりである。『花札伝綺』『夢謡話浮世根問』『卒塔婆小町』の3作品に共通するテーマは「愛と死」である。トップバッターの『花札伝綺』は寺山修司が1967年天井桟敷を旗下してアングラ・演劇・革命を始めた初期作品。血沸き肉おどる見世物芝居、記憶と虚構の幻想空間が織り成す祝祭演劇それが『花札伝綺』である。そしてテラヤマ流の『三文オペラ』(B・ブレヒト)の本歌取りでもある。

2000年私たちは新宿花園神社で市街劇的集団スペクタクル劇として上演した。今回の青木砂織版はテラヤマのテキストをより明快に創りこみ緻密で精度ある「11人の役者達による集団劇」として再構成している。

「死んでないやつが一人でもいたか?」極彩色の残酷美のはてにニンゲンというイキモノの愛しさを感じていただければ幸いである。テラヤマ・オペレッタ=『花札伝綺』世界初演!をじっくりお楽しみ下さい。

劇場でなくても、ほんとに、どこでも「やれる」作品です。みなさんのトコロに呼んでください。必ず行きます

・・・・・・・
さて、今日から本番を終えると「稽古の日々」が始まる。楽塾稽古、16時から2時間、近くの榎町地区会館、18時から劇場で『卒塔婆小町』、さて、ヘビーな日常が始まる!これがレパートリー・シアター!!
朝日新聞夕刊に「流山児★事務所レパートリーシアター開催!」の記事が。
小雨が降っているのに、なぜか晴れている。
新宿まで歩く。
温泉ドラゴンの『BIRTH』(作・演出:シライケイタ)をSpace雑遊で観る。
観終わって早稲田まで歩く。

・・・・・・・・・
夕方、読売新聞の取材。初めてのYさんと珈琲館で30分あまり。Yさんは80年代〜90年代私の芝居を観ていたとのkoto。『悪魔のクリスマス』のことなども話題に。
そのまま、『花札伝綺』ゲネプロを見てもらう。寺山戯曲の凄さ・・・・・台本を送ることに。

青木砂織のダメだしは実に的確。今回はある意味、青木砂織という独自の演出美学を持つ素敵な演出家の本格デビュー作品(若手公演や共同演出作品はあるが)となった。緻密で正確な役者の身体とテキストの根幹を知り尽くした演出家である。役者たちが全幅の信頼を寄せている。ほんとにいいリーダーである。流山児★事務所を代表する女性演出家の誕生となった。とりわけ音楽劇、ミュージカルの才能を持った世界的な演出家に彼女はなっていくことだろう。次世代の育成は実践と経験の積み重ねである。流山児★事務所25年の歴史が小林七緒、青木砂織という第一線の演出家を育てているのである。

10過ぎに歩いて帰宅。今日は久し振りによく歩いた。が、血圧は相変らず。
下が105上が165。明日も歩こう。それにして、暖かい春である。

・・・・・・・
本日25日(金)『花札伝綺』初日である。春の陽気、ニュージーランドは地震、リビアはほぼ内乱状態。世界は蠢いている。わたしたちはキッチリ芝居するだけである。
『花札伝綺』は見事に音楽劇というよりミュージカルに近い。寺山修司の「台詞」は全て、そのまま「歌詞」になる。詩人の言葉の凄さ!である。

テラヤマミュージカル『花札伝綺』:本日世界初演!!の幕が開く。
オフ・オフブロードウエイ=Space早稲田の小劇場おいで下さい!けっして、損させません。

さてレパートリー・シアターついに明日26(金)初日です。

1ヶ月ぶりに病院へ。血圧は下が106、上が164。どうしたの?と医者に。あさってから本番だからじゃないかな・・・と答える。ま、レパートリーシアターが終わってからじゃないと検査も・・・である。

・・・・・・・
お昼過ぎ、珈琲館で共同通信のSさんの取材。
レパートリーシアターと今後の劇団の方向についてのインタビュー1時間あまり。
その後、近くの鶴巻公園で写真撮り。これが面白かった。カメラマンの注文がとってもアクティブなもの。地べたに寝転がって何枚も・・・・。来週には地方に配信されるとのこと。

劇場に帰ると、そう、Space早稲田は今日から劇場にすっかり衣替えしている。客席70席の小劇場。パイプ椅子とミニ椅子。客席の勾配もいままで「もっとも観やすく」なっている。

オモテの劇場の看板も塩野谷正幸が塗りなおしている。かれは役者の鑑である。率先して作業をやっている。『卒塔婆小町』『夢謡話浮世根問』の小道具の手配も。3作品を劇団員総出でやっている。

夕方、私のSCENEの稽古。

事務所に行くと楽塾のチラシも出来上がってきている。これで、いつも持っていなきゃならないチラシが5枚!になった。レパートリー・シアター、『夢謡話浮世根問』全国ツアー、楽塾、劇団員募集、でもって北京蝶々4月公演『パラリンピックレコード』の5種類。
・・・・・・・
『花札伝綺』通し。ほぼ完璧にそして大胆に出来上がりつつある。
より新鮮に、テキストと役者世界のより増幅を。
1時間35分。テラヤマ・オペレッタ、テラヤマ・ミュージカル『花札伝綺』明日26(金)19時世界初演です。

・・・・・・
高知の空港から送った新かつおが届いた。美味い!!
久し振りに、ゆっくり呑み芝居について喋る。で、花札!の講義と実践。
私も子供の頃、よく親と花札遊びをしたものだが・・・・・・。


私たちの予測を超えて17ステージ連日「満員」記録を樹立して、本日23日、無事『田園に死す』千穐楽を迎えます。紀伊国屋演劇賞団体賞受賞といううれしいご褒美も加わって、より緊張と集中力と団結力で作品を練り上げています。「演劇でしか出来ない」KOTOを!!

今年は本当に全作品(5作品)が文字通り劇団始まって以来の「記録的」なヒット!して終えることになる。本当に多くの皆さんが日本全国から「私たちの小劇場」に押し寄せてくださった「事実」に感謝。

出演者・スタッフ一同全力でここまで走ってきました。

開演2時間前いつものようにアマノの「細かいダメだし」。で、歌と踊り稽古全員で掃除、客席つくりと1時間、でこれまた劇団員を中心に客いれ、一昔前の「よいしょ」にちかい「客いれ」。38人の出演者とスタッフは全てのエネルギーを「いま・ここ」にある芝居に熱情を注ぎ込んで全力疾走した。

さて、千穐楽です!!おもいっきり楽しみましょう。バラシのあとの打ち上げは久しぶりにSpace早稲田に戻って朝まで呑み会。忘年会もかねて・・・・。総勢50人以上。

※※

前売り完売!立ち見席のみですが、是非、この世界の何処にもない「NEWテラヤマ演劇」を目撃したいアナタを待ってます。

見逃すとホント「一生の損」です。当日券は劇場入口で開演の1時間前より発売いたします。


※※

本当に多くの皆さんの観劇に感謝します。

昨日は来年夏に新作を書き下ろす予定の黒テントの坂口、アマノとまるで「演劇青年」に戻ったように話した。2010年は25日から稽古が始まる佃典彦の「標的家族」(2月)そして楽塾の新作これまた27日から稽古が始まる「ほろほろと、海賊」(4月・5月)の「新作書き下ろし連続上演」に始まって坂口瑞穂「お岩幽霊/Buenos Aires」(6月・7月)、鹿目由紀「ミュージカル:愛と嘘っぱち」(10月・11月)の「新作書き下ろし」が続く。


それにしても新宿の終電近くの風景はすごい!

忘年会シーズン!?っていつもこうなんだ。ふーん。何なんだこのヨッパライの群れは!!

※※

紀伊国屋演劇賞のお祝いのメール、お電話、お花など本当にありがとうございます。
昨日がマチネというわけ?かもしれないが今日は全員元気!明晰な台詞、実にいい感じで芝居が・・・・。が、問題はこれからである。

ラストステージに向かってより「相手役」との「関係」を密にすることが問われている。

芝居という魔物は客は満員、評判もいい、となるとどんどん「テメエのkoto」が中心になったりするものである。

これだ。とにかく芝居なんてものは「相手役との関係」でしかねえのだ。おまけに客の入りもカンケーないといったらカンケーねえ。


というわけで?今日こそ!観客の入りが心配されていたが今日も「超満員」の客席となる。

かくして、初日からの「満員記録」は14ステージ爆走中である!!

※※

瀬戸さんがいつものように劇団メンバーに旨いモノをご馳走してくれた。ベニサンピットの時代から甘えっぱなし・・・本当にご馳走様の終演後の「焼肉パーティ」となる。

ありがとうございました。

さて、あと2日3ステージ!!

ついにファイナルである。でもって、明日の2ステージのみなんとか今のところ「満員」ではない、是非多くの皆さんのご来場をお待ちしています・・・である。

ほんとに面白いですよ!下北沢で待ってます。
いい感じでここまで走ってきた。

今日は予想どおりの「超満員」!スズナリがパンクしそうな日曜日となる。

山崎哲、生田萬という大昔からの「友人」もやってきた。おまけにSpace雑遊の太田さん、名古屋から珠水さんといったうれしい友人たち。一寸したアクシデントあるもいい感じで終演。

紀伊国屋演劇賞受賞の「おめでとう」のメールやら電話が相次いでいる。感謝。

※※

早めに帰宅。

M1グランププり。去年に続いて見ることに。

予想通りのパンクブーブー。

まあこんなものだろう。これに比べれば『田園に死す』のほうが数倍もシュールなネタ。分かりやすいkotoがどれだけえらいんだよ!と毒尽きたい気分になった。

生田くんや山崎といった同期の桜と呑んでいて「大いに勇気と元気をもらった」。感謝。

いつのまにやらあと、3日!4ステージのみ頑張りましょう。是非、多くの皆さんに『田園に死す』を観てもらいたいものである!!

待ってます!
紀伊国屋演劇賞受賞効果というべきものなんだろうか?今日はすごかった!!

「満員」記録はいまだに更新中!今日の夜こそ少しは楽にお客さんが見れると思っていたが、今日も「当日券」が圧倒的に延びて「全席桟敷席」で、びっしり埋まっている。うれしい限りである。『続々オールドバンチ』『ユーリンタウン』『めんどなさいばん』『ハイライフ』そして『田園に死す』すべて口コミの力の「満員」で今年は爆走中である。

「やりたいことをやる」という原点にこだわり続け、でもって「全員で作る」という「劇団」というか」「演劇を作る」ニンゲン=キャストであって同時にスタッフ、でもって常に「裏にいる」という《原点》にこだわり続けて作った事の成果が「紀伊国屋演劇賞」である。

「劇団員」が3本の作品に「全員出演している」という事実が「劇団」でしかないことを立証している。勿論子育て中の青木砂織もいろんな形で協力してくれた。

いま、流山児★事務所の29人の劇団員は「最高のカタチで」劇団活動をやっている!と私は確信している。

2009年、「やりたいこと」はすべてやった!

あと5ステージ全力疾走するだけである!!

本当に日本国中から多くのお客さんがザ・スズナリにやってきてる!ことに感謝。是非観てください!

演劇の原点がここにある!!口コミの力がここにある。つまり「演劇の力=劇団の力」がここにある!
『田園に死す』絶賛好評上演中!!です。

本日17日(木):終演後アフタートークをおこないます。

ゲスト:大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス)・深山洋貴(Studio Life)・眞藤ヒロシ・木暮拓矢(流山児★事務所)の4人の出演者を 予定。

※なお、流山児祥・天野天街も出演します。

終演後、約30分を予定しています。

「当日券」は開演の1時間前から必ず発売します!
開場は開演の20分前!

ふらっと、是非下北沢ザ・スズナリまで!!

03−5272−1785(流山児★事務所) 03−3469−0511 03−3467−7554(ザ・スズナリ)受付PHS:070−5565−7729まで。今すぐ!!

『田園に死す』は連日「超満員」で爆走中である。

スズナリの桟敷席がお客さんでびっしり埋まっている。それも老若男女こんなに男の客が多いのも久しぶり「アングラ演劇の時代」が甦ったような感覚に襲われる日々である。

多くの劇評家やさまざまな演出家がスズナリにやってきている。まるで5月・6月の座・高円寺のミュージカル『ユーリンタウン』の再現である。あの時も当日券を買い求めるゲーノージンが多かった。

うれしい限りの前半7日間8ステージであった。今日も多くの寺山サンを知っている劇評家がやってきて「泣きそうになったよ」と語りスズナリを後にした。

昨日、九條さんや白石さん、大沢さん、シィーザーといった元天井桟敷関係のひとたちが口を揃えて言ってくれた「新しい寺山演劇」。

まさにNEWテラヤマワールド!がいま生まれているのである!!

16日(水)中日!!

アマノに青年団の若い演出家柴くんを紹介される。そういえば今日は北京蝶々の大塩くんも来ていた。若い演出家達がこの作品をどう観たか?

超満員の中日を終えて「中日祝い」。
浦霞と敦ちゃんの差し入れのソラマメの焼酎が旨い。

カナダ系シリア人の演劇プロデューサーであるナダさんが足立監督らと一緒に、カナダ公演のオファーとコラボレーションを依頼される、20カ国の人々が集うカンパニー?であるそうな。

座高円寺で今日から始まるアジア劇作家会議09の事を知らせる。シンガポール、オーストラリア、フィリッピン、日本、ベトナム、インドネシアの若い劇作家がいま、高円寺に結集している。私も一回ぐらいは顔を出したいのだが・・・・。

※※

予想を超える反響でスズナリが連日沸いている。あと、9ステージ全力で走りきるしかない!
めちゃくちゃ面白い、世界の何処にもないNEWテラヤマワールドの『田園に死す』です。その眼でお確かめください。観ないと本当に一生の損ですよ!!

小劇場ならの楽しさを味あう2週間になりそう。