流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

10日(木)にスズナリで幕を開けた『田園に死す』連日超満員で爆走中である。うれしい限りである。

客席は一昔前のスズナリに戻った感じのほぼ全席「桟敷席」、これもまた新鮮である。昨日のトークではないがいい意味での70年代演劇の復活である。

12日(土)の夜の回はわたしの高校時代の同級生が大挙、客席を埋めてくれて(11人)これまた実に大衆演劇のノリ(観客参加?)まであった。笑えるテラヤマ、錯綜するテラヤマ、『ザ・寺山』に次ぐこの「評伝劇」はアマノの最高傑作である。

佐々木想監督の感想:
「驚きました。お、面白いです。寺山さんを知らない若い人でも楽しめると思います。寺山さんは幸せだなと思いました。」

坂手洋二氏の感想:
「冒頭のかっこよさ、ザ・スズナリへのオマージュでもあるラストシーンの舞台美術アイデアは、寺山修司の映画『田園に死す』ラストの演劇への置換として、一見の価値有り。」

高取英氏の感想:
「流山児事務所の「田園に死す」は、最初から快調で、ラストも決まって面白かった。天野天街氏の展開が、心地よかった。」

corichに載っていたいっち氏の感想:「流山児★事務所史上最高傑作:【リューザンジが「世界」に向けて仕掛ける】【アマノ×シィザー=テラヤマNEWワールド!】【2009年掉尾を飾るTERAYAMAスペクタクル!】(『田園に死す』チラシより)…怒涛の煽り文句3連発に嘘偽りなし!
 アフタートークも含めてディープで濃いテラヤマワールドを十二分に堪能しました。私は映画版の『田園に死す』はDVDでも見たことがなくて予備知識0の状態で行ったので“こういう寺山さんの世界もあるのかー”と新しいテラヤマワールドを堪能したのですが、もし映画版をご覧になったことがある方は映画版と舞台版は全くの別物…と捉えた方がいいようで。もちろん映画版『田園に死す』の要素は含まれていることは含まれているんですけど、舞台版全体を通して見ると『寺山さんの評伝的舞台』(←アフタートークでの宮台真司さん《社会学者・映画批評家・首都大学東京教授》の発言)として捉えることができる…私もアフタートークを聞いてなるほど!と思った次第です。
 今まで私の中で流山児★事務所のBest of寺山作品の第1位は『狂人教育』だったんですが、今回の『田園に死す』は同率1位…いや『狂人教育』を越えて私の中のBest of 寺山作品第1位です(笑)!
 『狂人教育』は流山児★事務所のワールドツアーのレパートリーの1つになっていますが、この『田園に死す』も外国でやったらウケるんじゃないかなー…なんて思いました(←これはあくまでもファンの盲目な妄想ですが 笑)。
 あ、…言い忘れましたが、舞台の最後はあっ!と驚く幕切れです。最後までお見逃しなく!


※※

さまざまな好意的な感想が届いている。感謝。

仕込から1週間、ノンストップで今日まで。ほんとキャスト・スタッフの皆さんの集中力とエネルギーに感謝。

久しぶりに明日14日(月)は16時入り。ちょっとゆっくり今日は休める。それにしても予想を超えた反響のよさである。

連日「満員」の5ステージが終わり明日から10日間12ステージのロングステージである。

まだ、後半はお席には「余裕ありです」この名作を見逃すな!!今年の流山児★事務所の芝居5本、全て話題のヒット作!、この『田園に死す』も必ずそうなる!という予感の今週の5ステージであった。本当に日本全国から多くの人たちが連日下北沢にやってきている。感謝、感謝の毎日である。

※※

母の命日、兄貴の家族は今日墓参り。少し前にたつまと行ったが、お正月前にもう一度行くことをたつまと約束。たつまは土曜日に観に来るという。
11時過ぎ集合。
ラストシーンをじっくり作り、2時40分からゲネプロ。サボがすずまるをつれてきて見ている。すずまるはさすがに役者の子、大音量や暗転にも一回も泣かずに、面白がってみていたよ。

実に面白い芝居に出来上がった!

6時55分客いれ、この客いれ是非ご覧下さい!である。

7時8分開演!見事に2時間全員が爆走!わたしも実にスリリングな初日であった。

ついに『田園に死す」の初日開きました。「満席」の客席、最後の拍手!やり終えた役者達には一番うれしいこと。2ヶ月近くの『田園に死す」の稽古の果てに辿り着いた今日である。本当にお疲れ様。

終演後、スズナリでシィザー、坂手、山田さん、岡本先生、沖野さん、びんちゃんといった身内やRYUズ倶楽部の人たちと一緒に「初日乾杯」。本当にこれからの16ステージが正念場である。役者のものにするためにも、日々稽古稽古!!

明日は13時から稽古。

もっと細かく、より繊細に!より劇的に!

ほぼ全員で「ふるさと」に流れる。ひさしぶりに坂手、シィザー、びんちゃんらと馬鹿話、これはいい。

上北沢まで歩いて終電近くに帰宅!とにかく「あるく」ことを日常に!だ。

明日も楽しく頑張ります!!

※※

あれ、「演劇ライフ」のWEBに初日のニュースがもう掲載されているよ!是非ザ・スズナリへ。



朝10時集合。場当たり昨日の続き・・・・なんとかオーラスのシーンを残して18時、場当りを終える。

1時間遅れで「通し稽古」。2日ぶりの「通し」!

やれてよかった。これで明日の初日は完璧となる?

思うに、ホントーに「細かい」アマノワールドの「最後の詰め」である。

上演時間2時間!あれよあれよのジェットコースター演劇が完成しました。今日「演劇ライフ」の取材に応えて大内君がいみじくも言っていたが、実に楽しく、笑えるテラヤマ!!でもある。で、あとは帰ってから考えてください!という作品。とにかく楽しんでください!というしかない。

で、出来れば「2回」観る!とホントーに[この芝居の面白さ」が倍増するといっても過言ではない。

とにかく、役者もスタッフもやれることは全部やった。

明日は11時集合。ラストシーンを30分以上かけて作り、15時前に[ゲネプロ]!いよいよ、今年度最高の問題作『田園に死す」初日の幕が夜:19時に開きます。是非、その眼でこの問題作をお確かめください。

観ないと一生の損です。これホントー!!ですよ。

さあ、緊張感と集中力と役を楽しむ心。初心忘れるべからず!である。

※※

公演日程〉 12月10日(木)〜23日(水)@下北沢ザ・スズナリ
〈お問い合わせ〉 流山児★事務所 03-5272-1785 03−3469−0511(ザ・スズナリ)
お昼から場当たりの予定がずれ込み、3時過ぎから10時近くまで「しつこく」場当たり。

明日は朝10時から、夜には「初の」舞台稽古通しの予定!順調にすすんでいます。

がんばりましょう。中日新聞のM記者の取材も。

「初日」に向けて着々と・・・・この芝居はすごい!!

・・・・・・・・・・・・

FM世田谷本日放送決定!!

12月9日(水) 21:00〜
83.4MHz エフエム世田谷

パーソナリティー:小川輝晃
ゲスト:天野天街 大内厚雄(演劇集団キャラメルボックス) 
深山洋貴(Studio Life)
『田園に死す』稽古最終日。
12時過ぎ集合。
粛粛とスケジュールに沿って。小返し。
歌の録音。5曲。今回は6曲の歌が劇中で歌われる。すべて合唱。1時間きっちり。

16時前に最後の通し。柏倉太郎のカオも。創は車両部。

最後の「通し」私はいつもいのことだが?ちょっとしたアクシデントあるも、結果面白いkotoを体験。

1時間58分。

つくづくアマノ演劇は世界に稀有の舞台芸術作品であることを実感。役者のエネルギーが「根幹」にある演劇であることを実感。みなさん、メチャクチャカッコいいし、面白い。楽しもうぜ。

通し後、ダメだし。的確に。

明日の仕込み細かい打ち合わせ。

7時から稽古場バラシ。私は久しぶりにアマノと晩飯。近くの焼肉やで「学割ランチ」を2人前。生ビールがついていて2000円というヤツ。旨い。次の計画というか夢のような話を肴に・・・ダラダラしゃべっていたら直美が・・・・。

9時過ぎには帰宅。寺山修司実験映像ワールドの『迷宮譚』『疱瘡譚』
『マルドロールの歌』『一寸法師を記述する試み」の4本をひさしぶりに観て寝る。ホントーにこの人はさまざまなことをやったんだなと実感。

※※
7日(月)今日から3日間スズナリで仕込み・舞台稽古。
今日も晴れ上がった。9時から劇団員総集合!!

私は11時から池袋で劇団協議会の理事会。

夜全員集合で、本日は映像撮影!!

なぜか10日(木)・11日(金)夜の2ステージは「大いに余裕あり」です。今すぐ予約を!!12日(土)・13日(日)は「もうすぐ残席僅少」となります。予約はお早めに!!
03−5272−1785(流山児★事務所) 03−3469−0511(スズナリ)
あと2日。
稽古場には熱気が充満している。
1時からみっちり小返し。疲労のピークを迎えているが全員、緊張感をもって「作品」を創り上げようと必死である。

45分の食事休憩のみ(勿論時々5分間のタバコ休憩が入る。このときは稽古場の外の階段に多くの喫煙役者が並ぶ)で次々とあたってゆく。適切なアマノの演出が入る。役者達はめきめきと変わってゆく。

※※

6時半過ぎ「通し」1時間55分。

ほぼ出来上がった。疲労の極でもこの出来上がり。これでいける。
上演時間は約2時間です。休憩時間はありません。
観客の入場終了と同時に「芝居」は始まります。おトイレはかならずお済ませください。近くのタウンホールにトイレもあります。

細かいダメだしと舞台監督の伊藤くんから仕込みと裏のスタッフワークの点検。ほんとアマノの芝居はこのスタッフワークが多い!!これも見せ所である。
映像と音楽と照明によるアマノMAGICの最終チェックに入る!!

※※

久しぶりに沖田、弘子、直美、カナミ、こうじと近くの呑み屋「おかあちゃん」で飲む。K!を観ながら。シュルトの2年ぶりの優勝!シュルトの久しぶりに見る強さ・

役者達とずーと芝居の話。もちろん、私も役者としてしゃべっている。
やっぱり、役者はいい、楽しいものである。

※※

今日も晴れ上がる。
さて、最後の「通し」!楽しく、シビアに。キッチリ、やりましょう。

明日はスズナリ入り、仕込み。3日間の舞台稽古。より練り上げて『田園に死す』の幕が開きます。ご期待ください。

『田園に死す」まだ、前半のステージ「お席に余裕」があります。お早めにご予約ください!!03−5272−1785流山児★事務所まで!!
         急告!!

『田園に死す』アフタートークゲストをお知らせします。
 
   急遽、12日(土)の夜の回も開催いたします!

12月12日(土)19:00 ・・・急遽、決定!!
 宮台真司さん(社会学者・映画批評家・首都大学教授)
うにたもみいちさん(演劇エッセイスト)
 
12月14日(月)19:00
 高取英さん(月蝕歌劇団・作・演出家・京都精華大学教授)

12月15日(火)19:00
 九條今日子さん(テラヤマワールド)
 笹目浩之さん(ポスターハリスカンパニー・寺山記念館副館長)

12月17日(木)19:00
 「田園に死す」出演者!

いずれの回も「天野天街&流山児祥」は参加します。

終演後、30分間を予定しています。

※混雑が予定されます。お早めにご予約ください!!
03−5272−1785流山児★事務所http://www.ryuzanji.com

午前中、雨の中花伝舎。
若手演出家コンクール審査、今年はもめずに2時間足らずで優秀賞4本を選ぶ。ただ、最後にちょっとしたことも、10回目のコンクール。
優秀賞に選ばれた4人は久しぶりの全員がヘビー級。3月が楽しみ。

瓜生さんと昼にすし屋で昼飯。

2時の稽古に滑り込み。

1日中めいっぱい10時過ぎまでみっちり小返し。

自分のシーン、様々なことが見つかる。役者はこれだから面白い。相手役と作る時間をきちんと・・・である。

後は詩を覚えること。振りを覚えること。考えたらあと1週間で「初日」である。

時間が無い、時間が無い!!の師走である。

稽古後も作業は続いている。

※※
再び晴れ。

ごあいさつ文を午前中に書き上げなんとかメール。
1時から昨日の続き1幕ラスト近く、でもって2幕のラスト近くの稽古。で、15時から2回目の「通し」目標は1時間55分。日曜日のラスト「通し」までに1時間50分を目指そう。


それにしてもどんどん面白くなってくる、これぞアマノMAGICである。

お昼からずーっと稽古場。

2幕の稽古(といっても別に休憩は入らないが)大内君は40分以上ラストまで出ずっぱり。入れ替わり立ち代り「怒涛のアマノワールド決定版」のシーン。

何度も繰り返し、いい感じで「ラスト」まで。

45分の食事休憩後、「初通し」!!

ギャラリーも塩野谷、里美、阿萬、といった劇団員やスタッフでいっぱい。いい調子で爆走!

2時間ちょっと、に出来上がっている。

明日の小返しでより綿密に創り上げる予定。1時間50分ちょっとが理想のタイム。まあここまできたら、天才の腕の見せ所。それにしても「面白い世界の何処にもないテラヤマ」に仕上がった。あとは、より緻密にそれでいて集中力、とエネルギーだ。

ダメだし、衣裳、小道具は連日徹夜作業?本番近しのいつもの稽古場の風景である。

※※
久しぶりにアマノ、演出助手のヤスロウくんと「おかあちゃん」で呑む。安ホッピーあおりながら今後の方向と現在位置確認。終電近くまで。ほろ酔い加減で歩いて帰宅。

満月を見ていたらあっという間に曇り空、明日は雨だそうだ。

※※

朝から雨。
私は朝10時から花伝舎で若手演出家コンクールの最終審査、お昼過ぎの2時まで。今年は早く決まるか?楽しそう。
一本の樹にも
流れている血がある
樹の中では血は立ったまま眠っている

世界が眠ると
言葉が目をさます

大鳥の来る日 甕の水がにごる
大鳥の来る日 書物が閉じられる
大鳥の来る日 まだ記述されていない歴史が立ち上がる
大鳥の来る日 名乗ることは武装することだ

大鳥の来る日 幸福は個人的だが不幸はしばしば社会的なのだった

今日の世界は演劇によって再現できるか
今日の演劇は世界によって再現できるか
今日の再現は世界によって演劇できるか


さまざまなコトバが飛び交う稽古場。

コトバ・ことば・言葉。

さて、今夜は「田園に死す:初通し」である。