流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

昨日伝えたように我が家のベランダのサクラは開花、すっかり春の感じ。今年の花粉症はひどい。50歳を越して花粉症になったんだがクシャミが止まらない。

マスクと花粉症対策サングラスつけて神田川沿いを散歩。
早めに稽古場、創と稽古用の音楽をとりあえず録音。最終的にはほとんど音楽は使わないつもり、ただ「いまシーンを作るための音楽」はとりあえず必要、おまけに全員舞台に出ているので誰も「音だし」が出来ない。久しぶりに私がラジカセからCDやらMDで演出しながら出すということに。一昔前はそれって当たり前だったんだが・・・・。というわけで1時間近く録音。

●●
プロローグに続いて「綾の鼓」

全員のドラマとしてのMISHIMA WORLD。

「道成寺」前半まで入って時間切れ10時半過ぎ。ゴメンナサイ、夜のバイトの連中は走ってバイト先へ。久しぶりに呑んだくれどもは500宴会。ビンボーだからビールとワインを買ったらツマミはフランスパンとチーズと来たよ。オレにはカツオの刺身買ってきたけど。

1時近くに再びマスクとメガネで武装して神田川沿いをふらふら夜の徘徊よろしく帰宅。

春爛漫の宵である。

あと、3週間コレからが勝負だぜ!逆立ちし断崖に屹立するMISHIMAのコトバとカラダ。
以下宣伝です。よろしく!


若手演出家コンクール特別企画 チャンピオン祭(まつり)
ベテラン俳優 VS 若手演出家 一騎打ちの特別企画 

日本演出者協会事業部では、2001年より文化庁の助成を得て、新しい時代を担う若手演出家育成のためのプログラムとして、『若手演出家コンクール』を開催しています。私共は、このコンクールを継続することによって、多くの演出家の仕事を社会に紹介すると同時に、若手演出家とベテラン演出家の交流による演劇の発展、また東京と地方の演出家が密接に交流し、刺激しあい、新たな交流を深める場をつくることを目的として始めました。毎回、20代30代の演出家ばかりではなく、40代を超える演出家の応募もあります。しかし独自の集団によって劇団を立ち上げている演出家や、首都圏の情報が届かず地方で演劇活動を続けている演出家の多く共通する問題は、俳優やスタッフの指導に行き詰まりを感じているということです。同じ劇団員や同じ集団で活動していると、伝えるイメージや方法論に偏りが出来てしまうことに危機感を感じています。

そこで、今回は若手演出家コンクール番外編として、面識のない俳優と若手演出家が一騎打ちで小品の創作に挑戦します。あいまいな演出法や惰性な演出法では許されない《正しい言葉》による演出が若手演出家に求められます。若手演出家が今まで続いてきた習慣や癖を打開すべく挑戦します。稽古公開日には稽古から本番へ続けてご覧頂けます。この機会に、ぜひ若手の奮闘をご覧下さい。

14日には新国立劇場の演劇芸術監督の鵜山仁氏を迎えてシンポジウムを行ないます。若手小劇場演劇から地方交流、そして新国立劇場の未来など大いに語ります。ご期待下さい。
16日には若手コンクールの過去受賞者を交えて、現在の小劇場演劇の問題や創作活動についてのシンポジウムを行ないます。こちらもお見逃しなく!



--------------------------------------------------------------------------------
タイムテーブル

3/10(月) 稽古非公開日
3/11(火) 小林組 11:00〜稽古開始 | 19:30〜開演
演出:小林七緒(流山児★事務所)
作品名:「ロミオとジュリエット」より抜粋
出演:中田春介  
※稽古中はいつでも入場頂けます。終演後にアフタートーク有。
3/12(水) 稽古非公開日
3/13(木) 北川組 11:00〜稽古開始 | 19:30〜開演
演出:北川徹(フリー)
作品名:「愛とニュース」
出演:小森創介 、奈佐健臣
※稽古中はいつでも入場頂けます。終演後にアフタートーク有。 
3/14(金) シンポジウム「新国立劇場の未来と地方交流」
19:00〜
パネラー:鵜山仁(文学座・新国立劇場芸術監督)、宮田慶子(青年座)、流山児祥(流山児★事務所)、いとうみや、棚瀬美幸(南船北馬)
3/15(土) 休演日
3/16(日) シンポジウム「小劇場の現状と課題」
14:00〜
パネラー:流山児祥(流山児★事務所)、北川徹氏(フリー)、江尻浩二郎氏(怪物がめざめる夜)、佐野崇匡氏(劇団東京ミルクホール)他

会場:下北沢「劇」小劇場

料金:500円(公開稽古から公演、シンポジウムまですべてご覧頂けます)

お問い合せ:日本演出者協会
TEL:03-5909-3074
さて、ミシマ再始動である。

いつものように30分前にストレッチ、発声緊張と弛緩。

本読み3回、キャスティング。とりあえず男女入り乱れキャスティングで動き出すことにする。男の役を全部女性に女性の役を男性にして《性》を超える《愛》のドラマ?してみるか・・・ってかんじで1ヶ月の旅を始める。

久しぶりに寺山修司とミシマの対談を読み返す。コレが面白い「エロスは抵抗の拠点になりえるか」とタイトルされた1970年の対談。この年の11月25日自衛隊市ヶ谷駐屯地乱入自決事件をミシマは起こす。

●●
反体制はエロティック、欠乏の精神がエロス、それをイリュージョン(幻想)で埋めるのが芝居だと寺山はいう。偶然性の面白さを寺山は語り偶然は嫌いだと言い切るミシマ。肉体から偶然性を追放するためにボディビルすると言い切るミシマに笑わされる。まるでかみ合わないこの対談に2人の演劇感の違いがある。ミシマをテラヤマ的偶然性の演劇にしたらという欲望がむくむくと・・・・いやあ、コレかなり本気。

●●

キャスティングのあと500宴会。終電で帰る。
弘子から電話、浅草でのロングラン公演が1ヶ月で打ち切りになる?かもしれないという・・・明日お昼浅草に観に行くことに。

5時から帝国ホテル。戌井さんの読売演劇大賞・藝術栄誉賞受賞のお祝い。来週は本多さんの渡邊晋賞受賞式、『オールド・バンチ』のみなさんに受賞ラッシュ。めでたい。

●●

というわけで、今日は台詞を入れるための「自主稽古」明日から「荒立ち」開始である。みなさん、頑張りましょう。

ワークショップ4日目。

11時から5時半まで。それでも時間が足りないよ!である。
何とか最後まで辿り着く。結局歌うことにも!

5時半から照明の仕込み。9台、FQ、DF9台で、所謂シーリング3台、SSを4台、奥SS2台、転がし2台で吊り込む。イワヲがてきぱきと、手伝いは伊藤君と小寺君と創、畝部が調光機につないでくれる。

さて、明日は私の照明家デビューでもアル。コレはすごい!40年以上芝居やっているが調光機を触るなんて初めて!これって凄い。わくわくしながフェイダーを触ってみる。

まあ、明日何回も失敗するだろうな?

※※

いい天気である。昨日からまるで春の陽気。
7時過ぎ起床。

今日はMISHIMAプロジェクトワークショップ5日目最終日9時から稽古1時ゲネプロ2時開演です。

2時から「綾の鼓」発表会!です。Space早稲田にぜひご来場ください。私の「歴史的」な照明家デビュー戦でもあります。

待ってます。
三島ワークショップ3日目。

皆さんほとんど台詞を入れてきた?若さゆえ?がんばって。
いつもより30分早く始める、わたしのワークショップの特徴?でドンドン稽古時間が長くなる。明日は2時間増やす。

●●

今日はアマンダのストレッチ、でいつものごとく。
トップシーンを作る14人の参加者全員の動きによるオープニング。15人だったが1人扁桃腺炎でお休み。公演には参加できるとのコト。

●●

「綾の鼓」のコトバがやくしゃのカラダを通して立ち上がってくる。勿論トバ口に過ぎないのだけれど。1つの役を3人で演じるのでそれぞれの「読み方」の動きになる。オマケに場面によって「役」を「チェンジ」する!なんて荒業=暴挙を今回はやることにした。これで役者は混乱の極み?これでいい。このワークショップのテーマはミシマをあそぼうだ!勿論真摯にだ。


5時過ぎになんとか1幕をあたる。明日は午前中から2幕。なんとかさらーっとあたれそう。lastシーンは全登場人物の見守る中で。

●●

時間があるヒトと飲み会。500宴会といって500円持ち寄りでビールを買っての飲み会。酒は差し入れの残りがいつも稽古場にはあるのでごーせいな飲み会になる。和気藹々、たった5日間のワークショップの出会いをみなさん楽しんでいる。

あと2日、楽しみましょう。

早めに帰宅。

月刊新松戸の原稿5枚何とか12時前に上げる。メール。昨日途中だった『銀嶺の果て』最後まで見る。山岳アクションの傑作。黒澤ヒューマニズム、志村喬がホントいい。

※※

MISHIMAプロジェクト『綾の鼓』ワークインプログレス(発表会)明日14:00開演、Space早稲田。上演時間は40分余りです。入場無料、見学ご希望の方は流山児★事務所まで!


なお、MISHIMAプロジェクト『綾の鼓』『道成寺』のイープラスのプレ・オーダー本日開始!楽塾のプレオーダーも始まっています。お早めに。楽塾のチラシも出来上がりました。山中桃子デザインのかわいいチラシです。
ワークショップ2日目。

今日は尚ストレッチ、マミdanceのストレッチだから?かなり合理的でいい。腹筋・背筋・腕立て・発声・蹲踞・緊張と弛緩で30分のミニ版。

●●

今日から荒立ち。かなりゴーインに進む。立ってテキストを読むといった「荒立ち」である。3時間あっという間である。とにかく明日まで台詞を入れてください!と厳命。明日から3日間で「綾の鼓」作っちゃおうぜ!である。

●●

この2日間で見たDVD市川昆監督『ビルマの竪琴』名作だがカラーの中井貴一版だったのでちょっとカンドー少なし。増村保造監督『からっかぜ野郎』三島由紀夫がまるで裕次郎みたいにアクションする?奇作。これがおもろい、笑えるから三島さん。よーく観ると大根の三島さんが最後なんかもうどうしちゃったの?になり、結構カッコよく見えてくるから、本当。若尾文子は抜群にイイ。

でもって谷口千吉監督『銀嶺の果て』コレは凄い、戦後すぐにこんなサスペンス映画でアクション映画を撮ってたんだ、黒澤の脚本、三船、志村といった役者がいい。三島や寺山の芝居をやるとき必ず黒澤の昭和20年代の映画を見ろということにしている。あの白黒映画の中の役者のリアリティ、ギラギラと戦後を生きているあの感じをつかんでもらいたいのだ。

でもって能の『綾の鼓』再読。でもってついでに世阿弥の「風姿花伝」をこれまた久しぶりに斜め読み。勿論、大岡信訳の現代語版にする。コレが面白い。

「そもそも芸能とは多くの人々の心を楽しませ、あらゆる階層の人々に感動を与えることが、同時に、幸福をもたらし、長寿を保つ方法なのである。どんな道にせよ、その道をきわめつくしていくと、かならず幸せにつながっていくものである。」

※※

楽塾公演北村想新作書き下ろし『ぜーんぶ書き換えた・ロールプレイン・ザ・バグ』本日イープラスプレオーダー開始!MISHIMAプロジェクトは明日プレオーダー開始です。ぜひお早めに!

さあ、あと3日!!




昨日1日中三島由紀夫の本を読んでいた。まさに1夜漬け。

文庫本3冊、「近代能楽集」「花ざかりの森・憂国」「三島由紀夫十大書簡集」喫茶店で並べ読み?の飛ばし読み。何回も読んでいるがどうも三島さんは?天才の言葉の冷徹さ、鋭利さに今更ながらおどろく、アンファンテリブルというコトバがまさにぴったり。

「近頃近代の超克といい、東洋へかえれ、日本へかえれといわれる。その主唱者は立派な方々ですが、なまじっかの便乗者ゆあ尻馬にのった連中の、そここにかもし出している雰囲気の汚らしさは、一寸想像のつかぬものがあると思います。我々は日本人である、我々の中に「日本」がすんでいないはずがない。この信頼によって「おのずから」なる姿勢をお互いに大事にしてまいろうではございませんか」(昭和18年18歳)

16歳の若さで「花ざりの森」を書き上げた三島の「記憶もなければ何もない」静けさとは?・・・なーんてドーデもええコトを考えていたら喫茶店で眠くなった。

で、夜のDVD山本薩夫監督の『続・忍びの者』でサム・ペキンパー監督の西部劇『砂漠の流れ者』共に名作をみて再び元気に。

●●

いい天気、快晴のもとお昼過ぎ早稲田まで、まさに散歩日和。

今日から三島ワークショップ開始である。11人のワークショップ生に加えて劇団員5人、尚、イワヲ、創、アマンダ、クマ。照明のROMIさんと畝部とカズというわけで稽古場は満員。

1時から自己紹介、20分スチレッチ、蹲踞とスクワットでの発声もちろん歌謡曲。でもって緊張と弛緩の劇団の身体訓練のミニ版、ついでに腕立て、腹筋、背筋30回ずつ。カラダを動かすカラダを知ること。

今回のテキスト「綾の鼓」「道成寺」の本読み。

脚本分析1時間。2作品のヒロイン華子と清子について、様々な感想に笑う。

1時間取り合えず「全員」にアトランダムに「役」を振って「綾の鼓」をもう1回読んだところで時間。明日まで台詞覚えてきてください。明日たちます!と宣言。23日の発表会はワークショップ生の都合で昼2時開演とする。時間的に「綾の鼓」しかできそうもない。ワークショップのみの参加者もいるのでコレで行く。つまり「荒立ち」しながら「テキスト」を読む作業だ。


という事で急遽、金曜日と土曜日は午前中から稽古とする。

まあ、明日から午前中は自主稽古に稽古場を開放することにした。いつもの劇団の稽古と同じである。これも自前の稽古場だから出来ること。

●●

キチンと相手に喋るキチンと相手と喋る。コレ。
わずか「5日間の旅」だがめいっぱい楽しむ事にする。それにしても文学座養成所出身が5人もいるよ、あと青年座、桜美林、ねえ。

皆さんよろしく。



横浜ワークショップ3日目。

運命の発表会である。朝から雪、馬場の公園が白い雪化粧。

いつもより3時間早く稽古開始。どんどん進化していった。3幕は文字通りの「だんまり芝居」で幕を開けることにする。似非歌舞伎がどんどん出来上がってゆく。Tさんという女優さんは全編歌舞伎口調、歌右衛門さんばりのその女形ぶりが凄い

発表会のあとわかったことだがTさんは男性であった、オマケに元歌舞伎俳優であった、歌舞伎が上手いのはアタリマエ。本当にいろんな人に出会えるからワークショップは面白い。

3幕、ああでもないこうでもないと楽しんで作る。果たして台詞はいるか?8時までノンストップ!お客さんが6人来ている。

が、8時から1幕2幕のゲネプロ30分あまり。3幕はぶっつけ本番で行くことにする!おまけにラストシーンは台詞あわせのみ。でこの音楽のここのところで全員死んで、ここらで起き上がって全員のダンス!と決めるだけ。

●●

8時40分本番!

奇跡と感動の発表会となる。皆さん凄い!1幕・2幕まったく違う色を持った二人の演出家のテキストに対する「読み方」が出ていて面白い。でもって、チームプレイがいい。たった3日間10時間あまりの
付き合いでここまで作り上げる人間ってすごい思う。

シェイクスピア作『夏の夜の夢』でなく見事に『世にも悲しい喜劇:次郎佐衛門と時姫の残酷な死』という不条理歌舞伎に出来上がった。面白かった。次は唐さんや寺山さんといったアングラの台本をテキストにやりましょうと打ち上げで盛り上がる。

2年前に続いて何人かが参加してくれた来年も出来たら是非面白いことをやろうと握手。本当に休みなし!で最後まであそべて面白かった。

※※

さあ、稽古である。
振り付けも万全。ラストシーン作りjは今日12時から。で通し稽古の5日間となる。こちらも追い込み。あと5日!





今日は稽古場は1日中セット作りというか客席作りとなる。
女性陣は衣裳作りと全員作業日である。

私はお昼から杉並芸術館開館プレ事業のリーディング公演を杉並公会堂で見る。

永井愛さんの『カズオ』,三田和代さんと永井愛さんの二人芝居。久しぶりの永井さんの役者ぶりに抱腹絶倒。上手いし面白いし、笑いまくった。大石静さんと一緒にやっていた初期二兎社時代の名作である。

●●

6時前に横浜。
ワークショップ2日目。順調に進んでいる。メチャ面白い、二人ともいい演出家である。歌舞伎風だったり、コント風だったり、不条理劇風だったり、今までで一番時間がないにもかかわらずかなり面白いシロモノになっています。

何とか2チームの作った1幕・2幕を明日の4時から3時間で3幕のジョイントにつなげるつもり。ジョイント部分は私の仕事。

それにしても65歳のSさんの初舞台は実にスリリング!さあ皆さん頑張りましょね。

●●

10時まで延長して稽古。3幕の唄までゴーインに。

1時間あまり、大西君や手伝ってもらっているNさんそして受講生数人と近くの居酒屋で飲む。2年前のワークショップにも参加してくれた人たちが今回は中心になって頑張ってくれている。うれしい限りそうか2年前は土日はさんでたからじっくりやれて照明音響デザインまで演出家にやれせたっけ。

さあ、明日夜8時前代未聞のスーパー時代劇『夏の夜の夢』が完成する予定です。

もし時間がある人は是非、本日夜8時横浜相鉄本多劇場まで

上演時間は30分〜40分の予定。照明も音響も入った本格的な発表会となります!!来年はこのメンバーで寺山修司さんのテキストでやってみたいものだ。

※※

早稲田の稽古場は21日に続いてお昼から振り付けの続き。『血は立ったまま眠っている』も追い込みである!!ご予約はお早めに!まだ全ステージ余裕アリです。03−5272−1785流山児★事務所

朝から雪である。こりゃ大変!!
今年の新人募集要項です、時々「掲載」します。

流山児★事務所はかつて「流山児★演劇塾」という養成所システムで若手の人材[研究生]育成をやっていましたが、2年前から「研究生」システムをやめて「新人劇団員」募集=即戦力「人材育成システム」に変更ました。


また今年度から「随時オーデション」でより「厳密な一人一人の面接・試験による即出会い」をおこないます。

流山児★事務所に参加・劇団活動を望むヒトは随時「オーデション:新人試験」を受けてください。


日本中何処にもない劇団です。アングラ・新劇・近代劇・古典・コンテンポラリー・海外戯曲・歌舞伎・高齢者演劇・中高年演劇といった「何でもあり」の劇団です。一人の作・演出家という名の小教祖のいる既成の小劇団とまるっきり違う「世界演劇の地平」をゆく劇団です。

役者・スタッフ・文藝部・演出家も募集中です。ただし、試験期間は12月17日から3月31日迄とさせていただきます!

※※

2008年度は2月『血は立ったまま眠っている』4月MISHIMAプロジェクトの2本が「人材養成プロジェクト」です。12月から4月までの4ヶ月!
「入団即!2本出演」です!

なお2008年度は4月スペース早稲田公演『綾の鼓』『道成寺』(三島由紀夫:作)4・5月スペース早稲田公演『ぜーんぶ書き換えロール・プレイン・ザ・バグ』(北村想新作書き下ろし)6月ザ・スズナリ公演『双葉のレッスン』(ごまのはえ:新作書き下ろし天野天街(少年王者舘);演出)8月本多劇場公演『由比正雪』(唐十郎:作)9月・10月『狂人教育』(寺山修司:作)日本・中国ツアー12月スペース早稲田公演『ドブネズミ達の眠り』(坂口瑞穂:新作書き下ろし)2009年2月本多劇場公演『続々・オールドバンチ』(山元清多:新作書き下ろし)の8本の上演を予定しています。

※作文「自分自身の広告と流山児★事務所で何をやりたいか?」を800字以上、履歴書、同封の上流山児★事務所まで「今すぐ郵送」ください受験料5000円。でもって、オーデションは正味1人「1時間以上」イロイロやってもらいます。

《出会い》を待っています!