流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

070620_2353~0001.jpg


070620_2357~0001.jpg


070620_2351~0001.jpg


というわけで発表会。

3時前から皆さん集まって台詞あわせの稽古。カーテンコールの役者紹介も入れることに。

5時半には夜チームもやって来た。各チーム今日は2時間半で最終リハーサル。結局飯食う暇もないのでコンビ二でおにぎりを買ってきてちょっと公園でかっこむ。すると雨。

全員台詞が入っている、凄い!火事場のくそ力である。ラスト4分間の歌はさすがに覚えられないので大きなカンニングペーパーを壁に貼って歌うことに・・・・で、簡単な動きも。夜になると霧が出てきた。♪夜霧よ今夜もありがとうのアドリブの歌も急遽加える。

ついに4日間の成果の発表。お客さんも6人。昨日の釧路新聞に加えて今日も取材のカメラマン。今回のワークショップに参加できなかった人も・・・・。

8時10分開演。美空ひばりの『ロマンティックなキューピット』にのって昼チームが登場。「プラチナ・エイジシアター釧路 夏の夜の夢 第1幕開演です!」の口上と共に始まったハラハラ、ドキドキの30分間!の集団劇に仕上がっていた!

何とか全員で完走!

大コーフン!のカーテンコール。ホントーにお疲れさまでした。

kh.gif




●●
終わって打ち上げ。

12時近くまで盛り上がる。久しぶりに日本酒。地元の酒がこれまた美味い。またいつか会いましょう!と一本締め。このチーム3週間後には伊達で公演である。一度本番を見にこようと思っている。

是非、流山児★事務所の舞台を持ってきて!と頼まれる。

高齢者演劇ワークショップという前代未聞の企画を実現してくれた北海道文化財団の皆さん本当にありがとうございました。とっても楽しい10日間のワークショップ。勉強になりました。嶋さん、柏谷さん、今井さん!お疲れさまでした。

●●

見ると町は霧である!

まさに哀愁の街に霧が降る!で、霧笛が俺を呼んでいる!で、港を散策。酔ったカラダを霧がぬらす。

釧路は霧の町。
11日11時のANAで熊本行き。
丁度1年ぶりのワークショップ。去年はプレの演劇大学だったが今年は初の演出者協会主催の演劇大学である。熊本ブロック(支部)ができたので私はご奉公。
 
ナナオと一緒。1時過ぎに熊本空港。
私はそのままテレビ熊本の迎えの車で「夜は本音で」というトーク番組のゲスト。演劇大学の宣伝と言うことで・・・・・子ども時代の話やアングラ演劇との出会いについて。
 
●●
 
4時過ぎに終わり県立劇場に。
 
7時からワークショップ。参加人員は21人。去年と同じ。
去年参加したメンバーが半分。60歳の大学教授、元
かもねぎショットの木内さんも、埼玉と福岡から私のブログを観て参加したという人も。
 
時間がない!去年の半分!
で、演出志望が5人、3チームに分けて9時までにキャスティング。
歌は清志郎の「夜空の星」と陽水の「星のフラメンコ」の2曲。全員の歌、とうまくんにギターを頼む。あとパーカッショングループとペットボトルを使ったリズム隊。
 
10時まで頑張る。
 
 
というわけで13日午後3時から発表会をやることに。
 
熊本県立劇場和室→劇場ロビー→野外というコース。
 
近くの飲み屋で飲み会。12時過ぎまで。
去年同様今年もよく飲むことになりそう。
 
1時過ぎホテルにチェック・イン。キューバタン
※※
快晴。朝8時起床。8時半には夢桟敷の山南さんが迎えに。
9時ワークショップ開始!
 
 
 
 
 
 

いやあ、嵐のようなハードな一日であった。


朝9時から歌稽古。

ラストシーンの打ち合わせ、稽古。

教育文化会館の方には問い合わせが相次いでいる。

今朝の「北海道新聞」に大きくとりあげられたからだ。


10時から各シーン40分ずつ、チームによってはすばらしい出来上がりで、何故か、「大不条理劇」になっている。


13時から「通し」何とかなる!!


14時からメイク。全員が白塗りで、どんどん表情が役者になり開放されていく。


小ホールに15時50分入り。大勢の客が外で待っている。


オープニングのみ当たり、ぶっつけ本番。

16時15分上演開始!!大拍手で幕が開いた。

小ホールからホワイエ(ロビー)そして野外ステージ。

野外はハンド・スピーカー(トラメガ)で台詞を!!

上手くやると、まるで、トム・ウエイツの『ブラック・ライダー』だぜ。


プロムナード演劇『夏の夜の夢』(構成演出/流山児祥)の始まりである。

「野外」ステージに行くとすごい人数の観客にふくれ上がる、おまけに道行く人々も・・・・・60から80人近く!!

「通し」て上演してみたらキッチリ45分ノンストップ・ミュージカルになっていた!すごい。

一人以外全員歌も台詞も覚えきった。

トチリは無数にあったが全員で何とか乗り切った。

「チーム全員を信じてやれ!絶対助けてくれるから」が最後のダメダシであった。


ラストの「星のフラメンコ」のカンドーのカーテン・コールには、私も少しぐっと来て涙ぐんでいた。

大拍手!!「50歳以上の演劇ワークショップ」大成功!!

いい年こいた、おじさんおばさんたちが「子供のように」一生懸命歌って踊って芝居する様は感動的だ。

ほんとに楽しい5日間であった。


みんなが「5日間」でみごとに「役者=演じる人間」に変貌して行くさまが面白く、嬉しかった。「演劇のチカラ」!!

演劇大学のスタッフ、教文のスタッフの皆さん本当に5日間ありがとうございました。

そして楽塾の杉山と桐原の力に負うところが多い今回のワークショップだった、小林七緒の3人には大感謝!!


又、是非やりましょう。

校長先生は「劇団を作りましょう」とみんなに呼びかけてメールを聞いている、みんなも馬鹿ノリしている・・・・。

これでいいんです。でも、明日あたり体中が痛いぞ、きっと!!

それにしても誰も怪我が無くて本当によかった!というのが実感である。

夜7時すぎまで終始笑いに包まれた、500円カンパの軽い打上げ。

今夜は最終便で東京である。

いつの間にか、明日は本番である。


太鼓もぶっ叩くわ、野外だ!と盛り沢山。


校長先生も主婦も翻訳家も大道芸人さんも大変だ。


全員演劇体験なし!!

40年ぶり、50年ぶりの「大人の学芸会」だからこそ面白い発表会になりそう。それにしても45分ノンストップミュージカル!!


明日は朝から本番準備。

めまぐるしい一日となりそうである。

白塗りメイクもあるし、野外の稽古はメロメロ…であったが?


「アッハッハ」と無責任に明日を待つ私である。

今日はハード・ディ。午前9時半集合。

10時からシンポジウム。「北海道で演劇する、日本で演劇するあれこれ」。

札幌の演出家橋口幸絵(千年王国・若手演出家コンクール2005年度最優秀賞受賞)清水友陽(WATER・若手演出家コンクール2004年度優秀賞受賞)斉藤ちず(コンカリーニョ)さんらに加えて、岡田利規、左藤慶(帯広出身昨年度テアトロ戯曲賞受賞)、羊屋白玉らと総勢30人くらいで円形になってトーク。


一所不在」と「何も持たない」思想と「越境する演劇」についての私の持論である「夢想」をしゃべりケムに巻く。

あとは過激に札幌の演劇人たちの打ち上げ花火的コラボレーションをけしかける。

それにしても、最近の若い奴らはまるで、自己啓発セミナーのような「わたし」?あたりで演劇的知性が止っていてイライラさせられる。

うん、これは某M沢君の悪影響だな・・・・。

テメエ、がっこの先生かよ?それじゃ、小説家か教授になって、「上がり」かよ、違うだろう!河原乞食は!

「他者」とやる作業なんだぜ芝居は。

大体俺ら先生になりたくなくて、役者になったんじゃねえのかよ!と言いたくなる。

もっと、劇的想像力をとばせよ!である・・・・・。

それにしても哲学のサブカルチャー化、ミーハー化、ジャンク化?ジャンク演劇としてのJ演劇が商品として陳列されている現在。

シンポのあと、休むヒマなく食堂でスパゲッティかっこみ、稽古。


「荒立ち」Cチームの野外ステージの稽古。

暑い中、最年長の73才ようこママやとともゆき君61才らと汗だくで。


3時半から羊屋白玉の振付でフィナーレ「星のフラメンコ」。

子供の「遊び」を使った振付が楽しかった。全員の唄2曲も決める。

さあ明日は最後の決め稽古だ。

あと2日!!ある。白塗りで「大人の学芸会」である。一人につきお客5人呼ぶことを通達!

七緒はメイク道具等の買い物に。

私は読書C・ブコウスキー『死をポケットに入れて』再読、夏目房之介『漱石の孫』面白い。

郡司正勝『かぶき』いい!午前4時まで。

さみだれ式に稽古に突入。

各チームに分かれ、セリフを唄にしていく。

Aチームは本読みでは5分もないシーンだが、唄が5曲も加わり、20分近いノン・ストップの「歌謡ショウ」と化し、Bチームはムゼットに合わせて四苦八苦。

Cチームの合わせも結局見る時間も無しでタイムアップ。

夕方からワークショップを開始するチェルフィッチュの岡田利規君と一緒に教文の館長と面談。

管理課長さんのYさんが20年前の「危険な関係」を覚えていて、微に入り細にわたり島次郎の舞台美術と芝居を絶賛してくれた事がうれしかった。

20年前の作品をきっちり覚えている…芝居を長い間やっていてよかったとつくづく思った。


「12日の発表会に是非野外ステージを使って下さい!!」という提案。

熊本のようにプロムナード形式(客を誘導しながら劇を見せる)でやってみるか…。


羊屋に「振付」頼んでみるか…?!

73才の上品なママの差し入れのクッキーが旨い!!

「これはJAPANのレシピではないのよ、ホホホ…」うーん、このママ、ただモノではない。

太鼓叩き、面白い声の歌がうまい人、校長先生、大学の先生、様々な11人である。

岡田君のワークショップを見学し、夜、札幌の新しい劇場コンカリーニョへ。

20年近く前、「危険な関係」という岸田理生の作品を渋谷ジャンジャンのプロデュースで上演した場所、それが教育文化会館である。

思い出した…。

参加者を3チームに分ける。

東京から楽塾の杉山さんと桐原さんが「夏休み」という事で参加している。

心強い味方、早速チームリーダーになってもらう。「演劇大学」学長の羊屋白玉もW.Sをサポートしている。全員未経験者!

イイ、遊べるゾ!と思える個性的な顔ぶれ。


何とかキャスティングまでゴーインに持って行く。

が、例によって「全員」にセリフを割り、ほとんど休む暇なしのノン・ストップ・ミュージカル!!となりそう。

W.S終えて、スタッフ10人以上で大通り公園の恒例のビール祭に行き結団式。

私は夜9時過ぎから深夜1時までに全曲決めるためにホテルにこもる!!


私は早目にホテルに戻り、とにかくワークで使う「曲」を決めなければならない