流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

漱石ワークショップ。怒涛の6日間。
ほぼ休憩ナシ、食事休憩30分あまりという・・・ほんとにゴメンナサイの人非人であった。ゴメンナサイ。どんどんみなさん進化していった。お昼過ぎから最終稽古。後半を中心に、ただしこの芝居いたるところにトラップが仕掛けられているしループも大変。

7時半に稽古を終わる。多くの人が早稲田にやってきてくれた。満員の盛況。いい感じで行ったんだけど、まあ山あり谷ありの「天晴れ天晴れ」の舞台となる。この天晴れ!天晴れは『夢十夜』の第六夜の中に出てくる運慶の仁王を彫っている様をみて見物人の言う台詞。今年の新人の莉菜がこの台詞をいうところは実によかった。莉菜は初舞台。おめでとう。みなさんとりわけ女優陣は本番の時、はじけて、綺麗だった。自分のいい所をキチンと魅せてくれた。男優陣はホントーにタイヘンでゴメンナサイであった。でも私より年上のお三方、見事に天晴れ、天晴れでした。

ホントは参加者一人一人のkotoを喋ろうと決めていたんだが・・・・ほんとにお疲れ様でした。美味いビールであった。また、お会いしましょう。次は11月TERAYAMA ワークショップの予定。今度は7日〜10日間を予定。今度こそジックリやろうと思っている。参加者もシニアを中心に全世代クロスで。
ついに漱石WORKSHOP5日目、『夢十夜』出来上がりました。

お昼12時過ぎから22時半まで実に10時間余り悪戦苦闘。ついに「粗通し」まで。こんな漱石見たこたねえ。今回の参加者14人は全員実に特色あふれる個性あるヤツラ。これで、明日やる事は決まったぜ。この「発表会」尾も白くなる事?請け合いです。

それにしてもこの5日間、連日5日間稽古時間1時間以上オーバーのWORKSHOPとなった。すみません、いつもこんな感じで。結局1日も飲めずじまいでした。

というわけで、28日(金)20時より発表会です。
・・・・・・・・・・・・・・・・

急告!!流山児祥の「大人のための」演劇WORKSHOP・2010夏:夏目漱石の『夢十夜』で遊ぼう発表公演決定!!ワークショップ6日間の成果をお楽しみください。前代未聞のSOSEKIです。

『夢十夜〜SOSEKI OPERETTA〜』WORKSHOP発表会!

作:夏目漱石
構成・演出:流山児祥
ステージング協力:木内尚 
音響:荒木理恵 
照明協力:里美和彦・小林七緒・坂井香奈美/畝部七歩
協力:楽塾(河内千春・阪口美由紀)

出演:WORKSHOP参加メンバー+山丸莉菜(新人)・鈴木麻名実(新人)
総勢14人。

発表会:7月28日(水)PM20時開演(19時45分開場予定)上演時間は30分の予定。

場所:Space早稲田(東西線「早稲田」駅1番出口右へ1分中華「北京」地下)

入場:無料 ※終演後・合評会・交流会あり。酒・肴・つまみ・差し入れ歓迎。入場ご希望のかたは03−5272−1785 流山児★事務所まで。
久し振りの楽塾。清水邦夫のテキスト『楽屋』を3チームがああでもないこうでもないと自主稽古中。観ていてどうしても何か言いたくなってやっぱり、3チームごちゃごちゃの方が面白いんじゃないの?とちょっといたずら心。が、やっぱりこの方が緊張感も出るしお互いに「芝居」というか「いる時間」を共有できる。これでいく。来週あたりは稽古観れるかな?と思っていたら来週は演出者協会の総会だった。午前中にでも顔出すか?

慶応の学生さんがドキュメンタリーをこの半年余り撮っている。ふーん。

で、ギリギリの5時まで。いつものように、ミニサンドとジュースの軽い夕食。

で、漱石WORKSHOP3日目『夢十夜』第一夜、第三夜のオペレッタの稽古。第二夜はソロのバラードにする予定。でもって、第六夜がこれまた歌謡曲オペレッタ・・・・ただし、まだ全く手がついてない、ほんとどーなることやら、ハラハラどきどきの今回のWORKSHOPである、でも役者達は面白いメンバーばかり、だって今回は俺より年上のヒトがいっぱい。そんな皆さんによる《明るい死》をめぐる《明るい虚無》のOPERETTAを目指しているんだが。

夜、木内尚にステージングを急遽頼み込む。尚は発表会を終えたばかりなのに良くやってくれる。感謝!!

里美和彦に照明の吊りこみを頼み込む。一応地明りは吊る。一応何もない空間だが、人工の「光りと闇」だけは・・・である。明日は衣裳の事も。

というわけで「発表会」は面白いことになりそうです。

で、明日は夜から。5日目と6日目の昼・夜連続9時間稽古で創り上げるゾ!!
ぐわんばりまーす!!

漱石WORKSHOP締め切り(20日(水))迫る、応募はお早めに!!

★わたしは全国各地の要請に応えて「大人(シニア)のため」のワークショップを行っています。熱狂的な「東京開催を!」の声に応え10年2月、「大人(シニア世代)のための」ワークショップを三島由紀夫:作「近代能楽集」をテキストに開催し3月Space早稲田で『葵上・卒塔婆小町』を上演し高い評価を得ました。その後、劇団には「次のワークショップはいつ?」の問い合わせが相次いでいます。好評に応えて「6日間で芝居を創りあげる演劇の冒険=大人のためのワークショップ」第2弾を7月開催することにしました。演劇は「遊びだ!」を実感できる「楽しいワークショップ」です。今回のテキストは夏目漱石の名作短編『夢十夜』。MISHIMAからSOSEKI〜早稲田でSOSEKI!!これってオモシロイ!!なお、第3弾は11月に1週間WORKSHOPを予定しています。ご期待ください。(流山児祥)

☆流山児祥の「大人のためのワークショップ」開催!☆
◎応募資格:40歳以上、国籍、経験不問。以下のワークショップ発表会に参加できる方。※定員10〜15人。

◎日  程:2010年7月23(金)〜28(水):6日間
 稽古時間:23(金):18:00〜22:00(4時間)
      24(土):18:00〜22:00(4時間) 
      25(日):18:00〜22:00(4時間)
      26(月):18:00〜22:00(4時間)
      27(火):13:00〜21:00(8時間)
      28(水):13:00〜21:00(8時間)計32時間。

※発表会は28(水)20時開演。上演時間は40分の予定。

◎場所:Space早稲田(新宿区早稲田町74  03−3208−3920)
◎参 加 費:35,000円(ワークショップ+発表会参加費)
◎テキスト:夏目漱石著『夢十夜』(新潮文庫)

◎応募方法:履歴書(写真貼付)・芸歴書(ある方だけで結構です)を郵送、FAX、あるいはホームページからお申し込みください。必ず、連絡先住所、電話、メールアドレス(あれば)は明記してください。
◎応募締切:7月20日(火)


申し込み・お問合せ 流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
162-0045東京都新宿区馬場下町60-307 TEL03-5272-1785 
FAX03-3205-9170 http://www.ryuzanji.com
WORKSHOPのお知らせです!!

 ★各地の要請に応えて「大人(シニア)のため」のワークショップを行っています。熱狂的な「東京開催を!」の声に応え10年2月、「大人(シニア世代)のための」ワークショップを三島由紀夫:作「近代能楽集」をテキストに開催し3月Space早稲田で『葵上・卒塔婆小町』を上演し高い評価を得ました。その後、劇団には「次のワークショップはいつ?」の問い合わせが相次いでいます。好評に応えて「6日間で芝居を創りあげる演劇の冒険=大人のためのワークショップ」第2弾を7月開催することにしました。演劇は「遊びだ!」を実感できる「楽しいワークショップ」です。今回のテキストは夏目漱石の名作短編『夢十夜』。MISHIMAからSOSEKI〜早稲田でSOSEKI!!これってオモシロイ!!(流山児祥)

☆演出家流山児祥による「大人のためのワークショップA」開催!☆
◎応募資格 40歳以上。国籍、経験不問、心身ともに健康で以下のワークショップ、発表会に参加できる方。※定員10人。

◎日  程:ワークショップ:2010年7月23(金)〜28(水):6日間
 稽古時間:7月23(金):18:00〜22:00(4時間)
          24(土):18:00〜22:00(4時間) 
          25(日):18:00〜22:00(4時間)
          26(月):18:00〜22:00(4時間)
          27(火):13:00〜21:00(8時間)
          28(水):13:00〜21:00(8時間)

※発表会は28(水)20時開演。上演時間は40分(予定)
◎場所:Space早稲田(新宿区早稲田町74  03−3208−3920)
◎参 加 費:35,000円(ワークショップ+発表会参加費)
◎テキスト:夏目漱石著『夢十夜』(新潮文庫)
◎応募方法:履歴書(写真貼付)・芸歴書(ある方だけで結構です)を郵送、FAX、あるいはホームページからお申し込みください。必ず、連絡先住所、電話、メールアドレス(あれば)は明記してください。
◎応募締切:7月20日(火)

申し込み・お問合せ 流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
162-0045東京都新宿区馬場下町60-307 TEL03-5272-1785 
FAX03-3205-9170 http://www.ryuzanji.com
お知らせです!!

 各地の要請に応えて「大人(シニア)のため」のワークショップを行っています。熱狂的な「東京開催を!」の声に応え10年2月、「大人(シニア世代)のための」ワークショップを三島由紀夫:作「近代能楽集」をテキストに開催し3月Space早稲田で『葵上・卒塔婆小町』を上演し高い評価を得ました。その後、劇団には「次のワークショップはいつ?」の問い合わせが相次いでいます。

 好評に応えて「6日間で芝居を創りあげる演劇の冒険=大人のためのワークショップ」第2弾を7月開催することにしました。演劇は「遊びだ!」を実感できる「楽しいワークショップ」です。今回のテキストは夏目漱石の名作短編『夢十夜』。MISHIMAからSOSEKI〜早稲田でSOSEKI!!これってオモシロイ。(流山児祥)

☆演出家流山児祥による「大人のためのワークショップ」開催!☆

◎応募資格 40歳以上。国籍、経験不問、心身ともに健康で以下のワークショップ、発表会に参加できる方。※定員10人。

◎日  程:ワークショップ:2010年7月23(金)〜28(水):6日間

 稽古時間:7月23(金):18:00〜22:00(4時間)
          24(土):18:00〜22:00(4時間) 
          25(日):18:00〜22:00(4時間)
          26(月):18:00〜22:00(4時間)
          27(火):13:00〜21:00(8時間)
          28(水):13:00〜21:00(8時間)
※発表会は28(水)20時開演。上演時間は40分(予定)。

◎場所:Space早稲田(新宿区早稲田町74  03−3208−3920)

◎参 加 費:35,000円(ワークショップ+発表会参加費)
◎テキスト:夏目漱石著『夢十夜』(新潮文庫)
◎応募方法:履歴書(写真貼付)・芸歴書(ある方だけで結構です)を郵送、FAX、あるいはホームページからお申し込みください。必ず、連絡先住所、電話、メールアドレス(あれば)は明記してください。

◎応募締め切り:2010年7月20(火)
*応募者多数の場合は選抜(書類選考)とさせて頂きます。

申し込み・お問合せ 流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)
162-0045東京都新宿区馬場下町60-307 TEL03-5272-1785 
FAX03-3205-9170 http://www.ryuzanji.com
連日好評で4ステージ「満員」爆走中です。予想を超える当日券の伸びで連日追加席の早稲田です。本当に見逃すと一生の損ですよ。是非、ふらっと早稲田までおいでください。櫻のつぼみもはちきれそうな昨日今日、こんなMISHIMAも一興ですよ。それにしても全国各地はいうに及ばず海外!!からも見に来てくれていることに大感謝。

で、千穐楽です!!
2日目、いつものように3時ダメだし。3時半からウオーミングアップ的「通し」。

今日は客の入りが心配されたがほぼ「満員」の入り。この企画はほぼ、役者の客しか来ないだろう、と思っていたが三島ファンも流山児★事務所ファンも、勿論私のファンもホントに「全国」から来てくれている様?で「予想」を超えたお客さんがSpace早稲田に来てくれそうである。感謝。すでに、「予想」をはるかに上回るお客さん・・・が、この「初」のシニアワークショップ公演の「成功」を物語っている。

こういう演劇こそが望まれているのである。演劇を超えたえんげき!こそが私達の運動なのである。今年も面白いことが出来そうな「予感」をいま、私は「感じて」いる。2日落ちというべきか・・・・慎重になりすぎて、ちょっと「元気」がない。が、きっちり皆さんエネルギー落とさずに2日目を終えた。お疲れ様でした。いつものように呑み会、恵梨ちゃんと栗原も加わって。

本日20(土)3日目、15時・19時の2ステージ。が、毎日「通し」をやっているのでいつものこと!です。では、元気に行きましょう。とにかく、「爆走」するのみ!!空元気でも「元気」なほうがいい、これは真実です。

※※※
以下、東京新聞の記事です。東京新聞WEBより。

芝居に歌にシニア大活躍 舞台でパワー全開 今が青春!2010年3月16日 朝刊

 熟年、老人世代が元気だ。定年退職後、演劇の世界に飛び込んだ埼玉県の元小学校校長らが今月18日、公演に臨む。同じ日、アメリカからやって来たおじいちゃん、おばあちゃんによるロックコーラス隊が「ジャパンツアー」を開始。「年齢なんて関係ない、人生、今が真っ盛り」との声が聞こえてきそうだ。 (山岸利行)

◆大人のための演劇 ワークショップ公演
 「今の台詞(せりふ)、もっとはっきり言ってください」「台本を見るな!」「役者は自分で(台詞の意味を)考えて」

 東京都新宿区にある小劇場Space早稲田で十八日から上演される公演のけいこ。演出の流山児祥の容赦ない声が響く。

 流山児★事務所による今回の「大人のための演劇ワークショップ公演」には十二人が出演するが、うち八人が四十歳以上の一般人。三島由紀夫の「葵上」「卒塔婆小町」に挑戦する。

 流山児がシニア演劇に目を向けたのは一九九七年。

 「そのころ、プロの芝居が面白くないと思っていた。ならば素人の表現があっていいと思った」と振り返る。そして、プロと素人の違いは「爆発力」だという。

 「皆さん、いろんな事情や生活を抱えてけいこにやって来る。長い歴史を染み込ませた身体と身体が出合うことはスリリングで、どこにもない表現になる」

 プロなら技術で無難に演じる場合があるが、素人の場合は技術がない分、借り物でないその人だけの表現が出ることもあり、それが何よりの魅力という。「シニア演劇をやると、その仲間が観劇に来る。社会に開かれて、演劇のすそ野も広げられる」というメリットも。

 では、シニア世代が演劇を始めるきっかけは何か?

 ワークショップに応募した久保田正己さん(62)=埼玉県ふじみ野市=は元小学校長。「定年退職後、もうぼけてます」と笑いながらも、「小学校一年の時、学芸会で『浦島太郎』の主役をやって、その時の思いが忘れられず」に演劇の世界へ。一カ月間のけいこは、昼すぎに始まって時には深夜まで続くことも。

 「一行の台詞をどういうトーンで言ったらいいか分からない」と戸惑いつつ、「この緊張感がいい。舞台はもうやらないと思っていても、公演が終わったら、またやりたくなるかも」。

 会社を定年退職した石田暁子さん=東京都江戸川区=は「ぼけ防止のため」演劇を始めた。在職中は仕事一筋で、年に何回か観劇する程度だったが、「声を出し、体を動かすことが大切だと思った」。演劇の魅力は「まだ分からない」と言うが、「けいこの緊張感がたまらない」と充実しているようだ。

  ×   ×

「葵上」「卒塔婆小町」 十八〜二十一日、Space早稲田

 
オリンピック、スピードで銀と銅のメダル。
早稲田は追い込み稽古。何とかラストまであたる。後半のみの「通し」2回、面白い、メチャクチャ「人生」が見えて、でもって「人生」がかかったりして、良くぞ4日間でココまで。一切台詞ノーカットで後半30分。多分この調子だと45分余りの芝居になりそう。

照明のROMIさんも稽古を観に来てくれた。明日は照明も入れる。麻理、理恵、山下の照明講座もかねて午前中から「明かり仕込み」。
音響はスタッフ「デビュー」の木内尚、これっていいじゃん。

名古屋、仙台から来た4人さんはめっちゃ頑張っている。それにしても参加者15人皆さん真摯である。いいチームワークになってきた。信頼すべきは「相手役」!!これこれ。

今日も夜は雨である。それにしても、寒い!

※※

流山児祥のシニアワークショップ2010春発表会!!
「卒塔婆小町」
作:三島由紀夫
演出:流山児祥
出演:ワークショップ参加メンバー+α

開演:2月17日(水)PM8:30分開演(開場は8:15より)

Space早稲田(地下鉄東西線:早稲田1番出口右へ「中華北京」B1)

(なお、階段が急ですので、足元にお気をつけください。)

※上演時間は45分予定。
終演後は合評会と呑み会(カンパ大歓迎:差し入れのお酒、つまみも大歓迎です。!!)を予定しています。

※入場無料。03−3208−3920(Space早稲田)

多くの皆さんのご来場をお待ちしています!!早稲田でお会いしましょう。そして、18日から1ヶ月ミシマプロジェクト「葵上」「卒塔婆小町」の稽古。