流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

MISHIMA出来上がりました。

12時から稽古、3時から1回目の照明つきの通し。ほぼ完璧。ダメだしというか気になったところを変えて米山の作る賄いご飯、今日はマーボー丼とお吸い物、これまた美味い。

7時から2回目通し、メイクもやってほぼ本番状態。ひるのギャラリーは桐原、ソウコと時蔵親子、夜は米山、太郎、途中から塩野谷。

9時前に稽古を取って劇場作り。明日は演出卓は外の受付卓に変わる、客席でダメだしもとることに。塩野谷が細かいところの美術作業、
とにかく塩野谷正幸ならではの大胆な美術、ぜひお確かめください。

※※

2日久し振りに春らしい天気。

さて、今日は3時からゲネプロ。最後の確認である。


本日夜7時、面白きMISHIMA誕生します。「残席僅少」です!


さて明日は初日である。

1日中の「明かりあわせ」となる。朝10時集合、11時から衣裳メイクつきでじっくり「明かり」「場当たり」のチェック。

アマンダの前口からラストまでみっちり作っていく。例によって照明はROMIマジック。タッパがまったくないのに早稲田の特性を知り尽くしているROMIさんの手にかかると劇空間が見事に美しい世界に変わってゆく。

7時過ぎにやっと終わる。米山手作りのまかないご飯、キムチ納豆と豚汁、美味い、まさに釜の飯を食う一味同心の仲間である。

8時から10時過ぎまで「綾の鼓」の明かりのしたでの稽古。プロローグが劇的に変化した、こういうのだ明かりが作ってくれる効果。どんどん進化していくMISHIMSA。

●●

11時前に帰宅。例によって歌舞伎「勧進帳」を一人リーディングして寝る。コレ面白い!

さて、前売券がドンドン出ています。とにかく予約は今すぐ!!

2日(水)初日も「残席僅少」です。『金玉娘』以来、久し振りの早稲田公演という事で反応がいいようだ?60〜70の濃密な小空間、ほんとうに贅沢な劇空間であるといつものように実感する毎日である。


いよいよ4月1日(火)ガソリン値下げ。

きょうも1日中早稲田。

3時と7時の2回通し。明日はいよいよ初日である。
昨日は息子のたつまの「26歳」の誕生日。電話しようと思っていたのだが1日遅れで今朝電話。仕事忙しそう。「MISHIMA観に来いよ。」といつものように。あっというまに26歳かよ!!それにしても親ばかというか子供離れがなかなか出来ない親である。

●●

姫路にいる中学時代の生徒会長A君に電話して「同窓会に出席するから」幹事に電話しといて!と頼み込む。「祥二は・・・」である。ゴメン。

今日もいい天気である。原稿書きが残っているが・・・。なんとか昼過ぎまではメールしなきゃ・・・。

ソレニシテモ、イイ天気である。神田川を清掃している人たち、そのゴミの多さに驚く。もう、散ったサクラの花びらも流れているよ。花の命の儚さよ。

新聞に「コレステロール低めの人より高めのヒトのほうが長生き」の記事。まあ、オレは266で高すぎるんだが・・・。だから薬も飲まされているんだろ。心房細動で高脂血症ねえ?だからなんだ?

●●

今日は久しぶりにゆっくり3時から踊りと歌稽古。5時から昨日のダメ稽古。8時から通し予定。明日は1日中照明仕込み。明後日は明かりあわせ。ちゃくちゃくと「本番モード」に突入である。こう、ご期待。


上演時間1時間20分、アト3日!!で前代未聞のジェットコースター演劇『MISHIMA・春の愛の嵐』の演劇が誕生します!!

ラジオから流れている吉幾三・・・いいなあ。おれ、年かな?
26日(水)今日は夜作業日にしているのなんとか4時までには「通し」にしようと思っていたんだがやっぱりずれ込んで5時前になる。

うん、いい感じにまとまってきた。

が、今日は時間切れ。美術作業をイワヲたちに任せ、神楽坂まで急ぐ。佐藤信さんの個人劇団鴎座の第2回公演『ダントンの死』(G・ビュヒナー原作 佐藤信:台本・美術・演出)を観る。KONTAが元気に芝居やっている。笛田さんも相変らず凄い集中力。ダンサーの水無潤さんと舞踏家の武内靖彦さんのコラボを興味深く観た。うん、コトバの力って何だ?歴史や時間って何だ?と考えていた。8人殺傷事件やら突き落とし事件といった連日の「死」と「殺人」、自爆テロで死ぬ人々、自由を求めて殺される人々。死屍累々の地球で、日本で「芝居」やることとは?・・・・。

●●

早稲田に戻ると稽古場がすっかり変わっていた。みごとに彩られた「何もない空間」よーし、行くぞ!という気になる。

●●

午前中病院。あと2週間禁酒となる。節酒にしますと医者に。
明日は糖尿病の検査となる。まあ、とにかくだいぶカラダにガタがきているのかな?まあ、60歳まで呑みまくり食いまくり、暴飲暴食の限りを尽くしてきたんだから・・・。

で、27日(木)お昼過ぎ稽古場。朝まで塗りの作業だったとの事。美術の塩野谷から「お疲れ様」のメモ。

1時過ぎからチョコット変える稽古をして。2時過ぎに「通し」。香港のイーランと杉山さんが観に来る。秋に予定している『狂人教育』の日本・中国ツアーの打ち合わせ。6月には香港でのワークショップ予定している。

通し後、真実先生の振り付けの直しとダメだし。

30分食事休憩。

6時過ぎから11時前まで「道成寺」の稽古。ほとんど出来上がりつつある。あとは「役者の時間」なんとか、明日の「通し」で決めることに・・・もうすぐです。もうすぐ何処にもない「集団演技によるMISHIMA」が出来上がる!

※※

深夜の神田川沿い桜の満開の下を風流に散歩。多くの人々が満開のサクラを見ている。「綾の鼓」も「道成寺」もサクラの下の心中行の物語。「春は恐ろしい季節」である。

留守電に中学の同窓会の返事が出てないよ!と幹事から。あれ?はがき何処にあったっけ?スミマセン。
 12時間稽古2日目、休憩は40分?みんなヘロヘロだろうな?

とにかく「初通し」。なかなか面白いものに出来上がっている、うん!と納得。もう少し判りやすく、というかシンプルに、でもうちょっとエロティックに?するために何箇所か変えようと思う。1時間20分、見事に「綾の鼓」40分、「道成寺」40分でキッチリ80分。6時過ぎから北村真実先生の振り付けの続き、振りというよりもステージングが中心。「道成寺」の振りは凄い、キッチリ決めようぜみんな。

●●

結局11時近くまで、はいお疲れ様の12時間稽古。
12時過ぎに帰宅、今日は早めに寝ることにする、寝る前に久し振りに「劇的言語」(鈴木忠志VS中村雄二郎 対談集 朝日文庫)をぺらぺらめくる。70年代演劇運動の中生まれた名著。演劇を身体論・言語論から捉えなおした対談。時々読み直すことにしている。

言語を捉えなおす現場を設定しうるんです/だけど、人間の基本感覚が衰弱しています/いまや「共通感覚」が衰弱しています/カラダの中にまで制度が入り込んでいる/言語というものを新劇は誤解した、特に日本語は一義的世界ではない/カラダというものは習慣化されやすい。

なんてめくっていたら睡魔があっというまに。
さあ今日から1日中MISHIMA。

食事休憩の40分余り以外はほぼ休みなしで稽古。役者たちは12時間早稲田にこもりきりの1日となる。

ほぼ構成は出来上がった。微調整はあるものの、これからは「役者たちの時間」?いやまだほんとはいっぱいアルんだが、この辺でとりあえず?役者は舞台の1時間半を生きる、それも集団で生きる・・・そんな感じのMISHIMAにキッチリしあがりつつある。

●●

11時前に稽古を終えて外に出ると雨はとっくに上がっていた。
神田川沿いのサクラでも見ようかと思って早稲田大学大隈講堂の前を通ると花見帰りの学生達が酒盛りしている。神田川沿いのサクラはまだ3分咲きといったところ。今週末辺りが見どころか?

面影橋からダラダラ馬場まで、ゆったりと散歩。

12時近くに帰宅。テレビで自民党と民主党の若手議員というヤツラが「道路を問う」という道路特定財源・暫定税率を巡る討論をやっている。そうか4月ガソリン値下げはさけられない?って時か。

100年で3度温度上昇という世界一の都市=トーキョーの現実こそが問題だななんてしんぶんの記事を読んでそんなこと考えて寝たら、夢の中で「レゲエを謡う(コレ)伊賀の忍者」になってなぜか南の島で手裏剣投げながら「ワードプロセッサー」って叫んでいるところで目が覚めた。なんなんだこれ!なにが「ワープロ」だ?疲れている。

昨日(19日)はなんとか「綾の鼓」の振り付けを終える。といっても最後の動きもあったんだけど・・・。


夜は3日連続の白黒名作映画大会。

「地上より永遠に」(1953年 フレッド・ジンネマン監督 バート・ランカスター・モンゴメリー・クリフト デボラ・カー フランク・シナトラ出演)これまた役者がいい。
真珠湾攻撃直前の1941年ハワイ・ホノルルの米軍兵営での物語。もと隊でミドル級のチャンピオンだったモンティ。親友を失明させボクシングをやめた彼を中隊長らはボクシングへと誘う。断ったモンティを待っていたのはシゴキ。恋と青春の反抗を描きながら真珠湾攻撃のその日までを描く。デボラ・カーの美しさ。米軍内部の階級制度、過酷な現実を『真昼の決闘』の巨匠=ジンネマンがリアルに描いている。

3日連続の名作映画大会にさすがに疲れ果てる。3時過ぎに今日も眠る。

●●

というわけで今日(20日)は12時から5時半まで振り付け。「綾の鼓」と「道成寺」をつなぐ「男と女の愛のすれ違い」のシーンも作ってもらう。これが面白い、久しぶりにイカレつつも「その寸前」で踏みとどまってゲージュツしている感じとなる。

ソレニシテモ北村真実さんの本の読み方の凄さには毎回感動する。感謝。カッコよく、そして力強く!だ。

「道成寺」のクライマックス近くまでなんとか辿り着く。
が、まだ終わらず。
横浜で佃典彦の新作『メリーさんの棺』を今日まで上演中なんだが結局行けず。ゴメンなさい。佃くんから電話もらって「必ず行くよ」と約束していたんだが・・・・致し方ない。

高取英の池袋での芝居も観れなかったし・・。

●●

6時から塩野谷が来てセット作りの時間となる、今日は客席も作ってしまうことに。衣裳やら小道具やら作業日である。

6時半佐藤信氏の鴎座『ダントンの死』の初日だったと思い出し神楽坂まで・・・これが今日は休日で昼2時のみ。ほんと、今日が休みだってことも忘れているし・・・もうこれじゃ、俺ボケ老人ジャン。

しょうがないので、雨の神楽坂をちょっと散歩して、馬場へ。
久しぶりに本屋で寺山修司未発表歌集「月蝕書簡」と小笠原恭子・訳「歌舞伎名作集」の2冊を買い求めて下のトンカツ屋でヒレカツ定食、喫茶店で珈琲を飲みながら寺山さんの短歌。

「父ひとり消せる分だけすりへりし消しゴムを持つ詩人の旅路」
「王国の猫が抜け出すたそがれや書かざれしかば生まれざるもの」


●●

さて、MISHIMA追い込み稽古。こう、ご期待!!何処にもない前代未聞の「集団ドラマとしてのMISHIMA WORLD」を作り上げるゾ。


さて、まとめ稽古というか、アンタどんな話にしたいのよ?を決めなきゃ・・・というわけで稽古。

夕方5時過ぎから11時までほとんどノンストップで「道成寺」のラスト近くまで辿り着く。まあ、明日はお昼から自主稽古で台詞あわせ。1時半から稽古、3時から仮の「荒通し」、その後振り付けの予定。いつの間にか本番前モードに突入する。イワヲと創が塩野谷の指示通りの仮セットも今日から出来上がっていたし、明日の夜には客席作り。つまりSpace早稲田が稽古場から劇場に変貌するのである。

●●

12時前に帰宅。
今夜のDVD『炎上』(1958年大映作品 市川昆監督 和田夏十脚本 市川雷蔵・中村雁次郎・仲代達也出演)

溝口(市川雷蔵)は、生来の吃音者。父(浜村純)の遺書を携えて京都の驟閣寺(金閣寺)を訪れた。昭和十九年の春。彼は父から口癖のように、「この世で最も美しいものは驟閣である」と教えこまれ、驟閣に信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。父の親友でこの寺の老師(中村雁次郎)の好意で徒弟として住むことになる。

様々なことが起こり戦後驟閣は観光地となる。

そして、クライマックスシーン、溝口はふるえる手で、三たびマッチをする。白煙たちのぼり、焔が吹き上る。美しくそそり立つ驟閣が、夜空をこがして炎上。その美しさに溝口は恍惚とする。

市川雷蔵の初の現代劇、ホントこの人、凄い役者だなあ、若い仲代達矢の存在感抜群。北林谷栄、信欽三、雁次郎といった名優達の演技、宮川一夫のカメラ、西岡善信の美術、黛敏郎の音楽といったスタッフ力。

三島由紀夫が唯一自分の原作映画化で認めたというコトバに納得、市川監督の代表作の一つである。

三島のもつある種の「大衆性」を感じた。これだな[
「大衆演劇」としてのミシマ。

ソレニシテモいまの役者のなんというペラペラさよ。

昨日に続いて3時過ぎまで白黒映画。

※※

宇宙は137億年前に生まれたという。宇宙を見るということ。つまり遠くを見ることは過去を見ることか。
今日はお昼過ぎ早稲田松竹。溝口健二監督特集を観る。ぜひスクリーンで見たいと決めていた。

「雨月物語」(1953年 京マチ子、田中絹代、森雅之)と「近松物語」(1954年 長谷川一夫、香川京子、南田洋子)。名作の名にふさわしい日本映画が最も元気だった映像がそこにある。おさん茂兵衛が群衆の中馬に乗っていく。不義密通の2人を見送る群集たち。「近松物語」のラストシーン、すべての人々がキッチリ芝居をしている凄さ。「雨月物語」の幻想美とエロティシズム。ホントーにクロサワと違いミゾグチは「男女の愛の姿」を微細に描く職人である。でもって、琵琶湖周辺の風景がミゾグチには似合っている。

ヴェネチア映画祭3年連続受賞という快挙を成し遂げたその映像のチカラ。ミゾグチさんて田中絹代さんという女優がほんとに好きだったんだろうなあ、と不意と思った。

次は「山椒大夫」「残菊物語」今週末である。


●●

映画館を出て「万豚記」で坦坦麺。古本屋で歌舞伎脚本集2冊、能の本を買って稽古場へ。

5時半過ぎから「綾の鼓」休憩なしでとりあえずラストまで。
塩野谷が来て美術の打ち合わせ。制作をやりたいという入団希望の女の子も稽古見学。

最後に1つ宿題を例によって出して11時前に稽古を取る。
明日は6時から「綾の鼓」1回通して「道成寺」にはいる予定?だが。

歩いて帰宅。

●●

今夜のDVDは「戦艦バウンティ号の叛乱」(1935年フランク・ロイド監督チャールズ・ロートン、クラーク・ゲイブル主演)1987年実際に起きた叛乱事件を描いた作品。日本公開時2・26事件後ということで「南海征伐」というタイトルになったと言う。第8回アカデミー賞受賞。これまた映画でしか出来ない作品。ミゾグチの20年前にアメリカはこれかよ?!と2時間12分。朝4時前まで眠い目をこすり観続けた。

本日白黒名作映画3本立て終了。
エミール・クストリッアとノー・スモーキング・オーケストラ来日ライブのチラシを見つける。初めての「優先予約」。

MISHIMA稽古絶好調?である。

MISHIMAのことばを「全員のもの」にするタメの過酷なまでに連日「日替わりメニューの旅」が続いている。「道成寺」「綾の鼓」のコトバとの闘い、連日の宿題でみんなのアタマとカラダがパンクしそう?私はまるでフリージャズを楽しむミュージシャンのように「稽古場にいる」ことにしている。こんな稽古形態は「30年ぶり」?いやいや、昔はもっとシュールで無茶苦茶で暴力的な自動筆記?だったっけ・・・。本番まであと2週、そろそろ纏めますか?それともこのまま突っ走るか?!そしたら世にも奇妙なMISHIMAが現出する?深層心理的、妄想的、自己解離性障害・・・何てコトバが掠める。ムーブメント。

●●

雨の14日(金)はメチャハードデイとなる。朝病院、2週間禁酒となる。1時過ぎ池袋芸術劇場会議室日本劇団協議会総会。イキウメの前川君の顔も、協議会に入ったのか。総会の後、新国立劇場の鵜山さんとの懇談会。で稽古場に走る、5時から1時間半だけ「道成寺」の稽古。例によって宿題を残して今度は下北沢へ。

演出者協会のシンポジウム。これまた「新国立劇場と地方交流」。お昼に続いて鵜山さん、宮田さん、大阪の棚瀬さん、仙台のみやさんらと懇談会。新国についてざっくばらんな話は面白かった。鵜山さん頑張って下され。ふるさとで例によって、坂手君もやってくる。私はウーロン茶。1日中雨。

※※

演出者協会のシンポジウムシリーズ第二弾「若手演出家大集合:小劇場演劇の現在」は16日(日)14時下北沢「劇」小劇場です。ぜひご来場ください!私も小林七緒も出演します!!!
※※

15日(土)いい天気である。今日も1日中稽古場、お昼は楽塾、夜はMISHIMA、頭をすっきり、クールに。