流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

近松門左衛門『関八州繋馬』と鶴屋南北『金幣猿嶋郡』を読み直す2013年の師走。
2015年平将門を主人公にした芝居を劇団創立30周年記念公演ファイナルでやることに決めた。
今日から『花札伝綺』モントリオール・ニューヨーク公演の稽古も始まった。
朝日新聞、シアターガイドの取材とバタバタとはいる。

「流山児★事務所『田園に死す』、ローリング・ストーンズの来日公演ともろかぶりだなあ。年代的にも、行けなくて泣いてる関係者が数人はいると予想。」という吉永さんの指摘どおり、おれもストーンズみたいのだが。
・・・・・・・
日本人って、とにかく「歴史のかなた」にすべてを「忘却」する(ふりを)する民族なんだなあとつくづく思う2013年であった。とにかく目の前のカネに変換可能なモノだけしか見ねえニンゲンだらけである。あったことも無かったことにするニンゲンってサイテーだと思うんだけど、どうよ。

ラジオから「昭和の歌姫」=藤圭子の歌が流れている、時代と切り結んだ歌の数々、名曲がいっぱい。

顔無しの権力、物言わぬ、見ない、聞かない市民。権力を補完する大政翼賛会メディア。演劇もまた自主規制へとまっしぐら。歴史修正演劇真っ盛り?この国は稚児の如き軍事と偏狭なナショナリズム信仰へと突き進んでいる。♪京都から博多まであなたを追って 恋を捜してゆく女(藤圭子)

それにしても日常に「戦時」「軍事」「有事」が溢れ出だした2013年である。防衛費増強=軍事費増強、防衛産業ではなく軍事=人殺し産業というべきなのだ。68年間戦争しなかった世界に「冠」たる日本は何処へ行く。
2013-12-20 13:37 この記事だけ表示
真冬の折々の記である。
12月13(土)
お昼からSpace早稲田の片付け。掃除。
流山児★事務所劇団総会、内輪だけの2014忘年会と続く。いつものならお世話になった人を呼んでの納会だが、今年は2組の結婚があったので、劇団内でのお祝い会をやることに。急遽、1週間前に若手の男優が結婚したので、なんと3組の結婚パーティとなった。うれしい限り、こんな時代に芝居をやる!ビンボーだが「家庭」を持って芝居を続ける若いヤツラがここに「いる」。
劇団員と楽塾メンバーだけの40人余りの会。麻理の子供と澄の赤ん坊が泣いているにぎやかなパーティとなる。山下直哉宴会部長の仕切り、谷宗和、荒木理恵、艶嬢さとみの「司会」トリオで「式」次第が進んでゆく。わたしは新曲「なごり雪」と持ち歌「ちっちゃ時から」を花嫁さん3人に送る。
20時東京駅発秋田行き。演劇大学IN横手の講座ということで途中退席。坂井香奈美と青木砂織の「連獅子」は観れなかった、残念。
ことしの納会だが20日からは『花札伝綺』ニューヨーク・モントリオール公演の稽古と楽塾『寺山修司の『女の平和』も同時進行で稽古がはじまり、年末まで稽古場は稼動している。

23時半秋田新幹線、大曲着。
横手行きの電車が1時間遅れで出発。
横手駅前でポイントが動かず、結局、湯沢行きの電車は横手どまりに。深夜1時半近くに、タクシーに乗ろうとしたが横手より先に行くヒトのため「宅送」になり、ホテルまで歩くことに。凄い雪の道をまったく分からずホテルを探す。駅から10分あまりの道なのに・・・・30分近くかかって深夜2時過ぎに雪まみれで到着。
大雪の街を徘徊する初老のおっさん?ほんと大変なハードデイとなる。

12月14(日)
で、結局3時間ばかり、ウトウトと浅い眠り。
朝飯を喰い、今度はくらのまち倉田へ。これがめちゃすごい民家。大雪にもかかわらず多くの参加者である。「昭和アングラ風雲録」というタイトルで、唐さん、寺山さん、つか、北村想の戯曲を3時間一人リーディングする。何箇所かは参加者全員で読む。体力がいるコトバの心地よさを知ってもらう。

その後、昼飯を5分?で、小林七緒:演出の「即興劇」?を観る。小学生の3人の女の子が抜群にいい。その後、シンポジウム「高校演劇に未来はあるか」激論、が、「ここに高校生がいなきゃ駄目だろう」ということに、「高校生たちのシンポジウム」を、来年はやった方がいい。秋田は去年の12月に高校演劇東北大会の審査員で来たことがある。異世代交流がうまくいっている地域で20代の若い演劇人と70代の演劇人が一緒に様々なことをやっている。実にいい感じである。今回は劇作家協会の畑澤聖悟と横内謙介も参加、いい出会いであった。来年1月の高知では鄭義信も参加。この交流は実にいい。
交流会=打ち上げもくらのまちを小劇場にしようと大いに盛り上がる。伊藤弘子の実家でもある銘酒「両関」をしこたま呑む。秋田には旨いものがいっぱい。名物:横手焼きそばも・・・・が、さすがに疲れ果てたので、早々に途中退席、ホテルに帰り吉永小百合主演映画『北のカナリヤ』を見ながら眠る。外は雪である。

12月15(月)
帰京も大変だった。電車は約1時間遅れ。新幹線も予定より1時間遅れに乗るはめに。
ま、夕方には帰宅。疲れついでにMODEのカフカプロジェクト第3弾『城』を見る。
これで3部作全部を観たトライアスロンってかんじ。あと2日!役者たち怪我をしないように・・・である。
春介と久しぶりに大久保の「はち」へ。
元劇団員たちがいっぱい。ひさしぶりにというか2日連続の呑みすぎ。深夜帰宅。バタンキュー。

12月16(火)
明日はトーキョーも雪の報。
今年もあと15日である。
2013-12-17 14:35 この記事だけ表示
それにしてもひでえ世の中になったもんだ。

安倍ファシズム(自公政権)に逆らうやつはテロリストだ!と石破親衛隊長の進軍ラッパが吹き荒れているぞ。このフーケイは、ほとんど戦前。

でもって、猪瀬都知事は嘘の上塗りでほとんど断末魔の様相、猪瀬の姿はこの国の権力者の典型とおもったほうがいい。権力はやばくなったらいとも簡単に切り捨てる。非情なんてもんじゃない。ほとんど三流のテレビドラマのような権力者のいるフーケイ。

それにしても不可解を通り越した北朝鮮の血の粛清劇、スターリンの血の粛清を想起。 不条理な北朝鮮王朝の今ある異様なフーケイ。

権力は常に腐敗する、これは歴史の常である。秘密指定は原則60年、つまり指定した責任者はすでに死んでいるということ。歴史の闇に葬り去られる「知る権利」。時の権力者が絶対に「責任」を問われない「悪法」それが「秘密保護法」である。

秘密保護法は時の権力(安倍ファシズム政権)が国民に対して起こした反乱=クーデタッだ。その指揮官が単細胞の石破茂、排外ナショナリズムを煽る大政翼賛会的メディアと一緒になって「鵺のようなファシズム」がこの国を覆っている。

わたしたちは決して「発信」をやめてはならない。
・・・・・・・・・・・・
今夜は流山児★事務所の劇団忘年会。
今年は身内だけの「お祝いの会」である。
今年は3組の結婚があった。次世代を担うメンバーが確実に育っている。
・・・・・・・・・・・・
私は途中で抜けて秋田行きの新幹線に乗って横手へ。
演劇大学IN横手。くらのまちでアングラ風雲録。一人リーディングで唐十郎、寺山修司、つかこうへい、北村想の戯曲を読み騙ります。よろしく。

ふらりと横手市・増田ふれあいプラザへおいでください。15(日)10時から13時まで3時間ノンストップ講座です。十文字駅から車で10分、徒歩40分!!
2013-12-14 11:43 この記事だけ表示
竹邑類さん死去の報に愕然とする。

演劇団設立時代、1970年代には本当に世話になった。尊敬する演出家で振付家であり、私たちの音楽劇の師でありアニキであった。本当に音楽劇の作り方のすべてを教わった。ビンボー劇団の振付を嬉々としてやってくれたピーターさんであった。

主宰するスーパーカンパニーのミュージカルは実にスタイリッシュでかっこよかった。六本木自由劇場という劇空間を「共有」出来た至福の時間に感謝。竹邑さんありがとう。

三島由紀夫の小説「月」のモデルの元祖ピーター。この前報、芳林堂書店で「呵呵大将―我が友、三島由紀夫―」を見つけて「ピーターさん、元気なんだなあ」と思ったばかりなのに。60年代初頭の新宿で、少年ピーターは、流行作家:三島由紀夫と出会い、意気投合。三島さんは、ピーターをモデルに一篇の短編小説「月」を書き上げる。人間:三島由紀夫をピーターらしく愛情込めて書いてましたね。

この20年近くちゃんと「お会い」してなかったが悔やまれる。ご病気だとは全く知らなかった。71歳、まだ若過ぎる死である。残念。

すまけいさんに続いての訃報。日本演劇界から大切な先輩が彼岸へと逝く2013年の冬である。早すぎるよ、ピーターさん。お疲れさま。ほんとうに有難うございました。

合掌。
2013-12-12 16:14 この記事だけ表示
敬愛する役者:すまけい氏死去の報に愕然。

太田豊治氏と一緒のゴドーは絶品だった、内田栄一:作「吠え王クソーツク」の衝撃も忘れられない。すまさんは当時「演劇団」のトップ女優:石堂洋子と結婚した。その後、井上ひさし作品での奇跡のカムバック後は名優の名をほしいままにした。想えば40年を超えて私たちが追い続けるアングラの天才役者、それがすまけいさんだった。

去年の座・高円寺での竹内銃一郎;作「満ちる」ではあんなに元気だったのに!

謹んでご冥福をお祈りします。合掌。

通夜は12月12日18時〜19時。
葬儀・告別式は13日11時〜12時。
共に最勝寺(下落合)。
2013-12-09 11:04 この記事だけ表示
昨夜は久しぶりの座高円寺1でMODEカフカプロジェクト2013松本修:演出「失踪者)(アメリカ)を観る。4回目の上演。

流石のジジイ(名優)たちも時間近くの大作、昼夜はハードだろう。
お疲れさま、がんばって。10年がかりのプロジェクト、いや面白かった。
劇団の平野直美良し!今日は昼のみ。ユダヤの人々への想いがかけめぐる。大学生時代に読んだカフカを観劇中ずーと思いだしていた。春介、さぼ、谷、太郎、直美と終演後軽く飲む。劇団員はやっぱりいい。...

今朝から昼まで3月公演「田園に死す◎最終上演」のチラシ原稿つくり。
3回目の「田園に死す◎最終上演」は新メンバーも加わっての「決定版上演」を目指す。

この作品はスズナリでしか出来ない。豊島公会堂、スズナリといったヒトの温もりを持った小屋が寺山修司作品にはお似合い。そして流山児★事務所にはぴったり。

さ来週から『花札伝綺』3度目の海外ツアーに向けて稽古が始まる。インドネシア、エジンバラ、ニューヨーク、ビクトリア、バンクーバー、そしてモントリオール、再びのニューヨーク。海外代表作に成長した『花札伝綺』とりあえずの到着点!さ、年末は元気に稽古だぜ!!

楽塾の新作は寺山修司の未上演戯曲『不思議な国のエロス〜寺山修司版「女の平和」〜』世界初演!!これも面白い。『十二夜』に続いて時代劇ミュージカルに変換させてやる。乞う、ご期待!!!
2013-12-04 12:27 この記事だけ表示
29(日)下北沢で福島いわきの詩人:草野比佐男さんのこんな素敵な詩を読みます。大変です。草野さんのコトバには頑強な身体がある。


中央はここ  

   東京を中央とよぶな
   中央はまんなか
   世界のたなそこをくぼませておれたちがいるところ
   すなわち阿武隈山地はみなみのはしの
   山あいのこの村

   そうさ 村がまさしくおれたちの中央
   そもそも東京が中央なら
   そこはなんの中央
   それはだれの中央
   そこで謀られるたくらみが
   おれたちをますます生きにくくする

   そんな東京を
   きみはなぜあがめる
   そんな東京に
   きみはなぜ出かける
   葉のない鉄骨になぜヘルメットの黄の花を咲かせる
   所詮は捨て苗のかぼちゃに如かない
   花のあとにはうらなりの実も残らない

   幻の中央に唾して
   本来の中央に住め
   ほたるぶくろの花の洞(うろ)に
   かなかなの余韻が残る今の季節の
   しずかな朝
   しずかな日暮のなかに身を置け

   モンキースパナを草刈鎌に
   鑿岩機を塘鍬に持ちかえて
   葭とやなぎが伸びきそう棚田の
   音階の復元を急げ
   手の甲の草疵
   てのひらの血肉刺に
   たしかな自立を訊け

   東京をかりそめにも中央とよぶな
   僭越な支配がめあての詐称を許すな
   鉄とコンクリートとの
   殺伐なながめの一地方を
   これ以上傲らせるな

   こここそまことの中央
   おれの きみの
   平安の条件
   くぼんだ生涯の首府
2013-09-27 21:40 この記事だけ表示

9月18日 「名古屋演劇アーカイブ」の稽古場リポートに流山児★事務所『花札伝綺』の記事が掲載。私のインタビューが掲載されています。是非読んでください。
@shimokitavoice: SHIMOKITA VOICE 2013 9月29日(日)16:30 下北沢成徳ミモザホール 作:三原由起子 演出:西山水木 朗読劇『しもきたなみえ』に出演します。
出演:流山児祥 、巻上公一、坪井美香、西山水木、谷岡健彦、伊原農、瀬戸山美咲

9月19〜23日演劇大学IN福岡 演劇合宿参加
夢野久作の短編「木魂(すだま)」の演劇化。九州戯曲賞受賞作家:谷岡紗智さんの脚本、2泊3日で「野外劇」でもって「歌劇」に仕上げた。ハードなキチ◎◎演出家に付き合ってほぼジャンキー状態で本番まで! 9

9月23日 ひさびさの帰京。福岡の演劇大学合宿は面白かった。番は炎天下、30度をとっくに越した昼下がり、満員のお客さんの爆笑と拍手のうちに無事終幕。みなさんぐったり。よくやった!来年90歳を迎える最長老の先輩演出家であり、パラダイス一座の2代目座長でもある瓜生正美氏が演劇大学で「落語家」デビューした!!5分以上の噺、いや凄かった!来年あたり舞台で是非「落語」をやってもらいたいものだ。ちなみに瓜生さんは演劇大学の校長先生である。

豊島区+流山児★事務所テラヤマ歌舞伎『無頼漢』の前売り予約開始は9月28(土)。豊島区民特別券=3500円(一般4500円のところ)の発売はとしま未来センター、飯能市民会館、東松山市民文化センターで取り扱い。 寺山修司の映画シナリオをもとに中津留章仁が「新たな視点」で書下ろす幕末青春群像時代劇『無頼漢』は去年の『地球☆空洞説』を上回るスケールで送るスペクタクル。今年も中池袋公園から始まります。

また代表作:『花札伝綺』はニューキャストの山下直哉、五島三四郎が加わってぐっと若返った。フレッシュな流山児★事務所『花札伝綺2013版』公演は10月3(木)〜5(土)の3ステージのみ!!今すぐ予約!!売り切れ近し!!もちろん、私も出演します。勿論、歌います。たった60席の小劇場!お見逃しなく。見逃すと来年はカナダとアメリカですよ。早稲田で待ってます。


9月25日
2014年は《原点回帰の年》と(《冒険の年》となる?寺山修司・佐藤信・山元清多作品、佃典彦、戌井昭人の「新作書き下ろし」、でもって河竹黙阿弥の歌舞伎!と国内外を駆け抜ける予定!札幌、東北にも行きますよ!ご期待下さい!ああ、体がいくつあってもたらねえ。

流山児★事務所の2014年の企画はどんどん進行中。ちなみに2014年は劇団創立30周年。想えば遠くまで来たもんだ・・・。

2013-09-25 10:16 この記事だけ表示
9月15日
さて、今夜は台風一過、Space早稲田に50人近くの『無頼漢』スタッフキャストが集まって「本読み」開始。18(水)まで3日間!なんとかキャスティング決定までいきたいものだが、よろしくお願いします。子どもの頃、九州の炭坑町では台風が来るたびに色んなものがふきとばないように、板で止めていたっけ。で、台風一過、家のイチジクの実がいっぱいおちてたっけ・・・。

9月16日
そうです。来年流山児★事務所は創立30周年を迎えるのです。で、新人を募集中です。若くて《世界》と《ニッポン》を繋げたい演劇がやりたいヤツらを求めています。是非、「劇団」の門をたたいてください。面白いよ。

で、今年の後半戦は 寺山修司没後30年記念企画3連発!!10月『花札伝綺』、11月『無頼漢』、2014年3月『田園に死す』の3作品、6カ月の長丁場。2014年1月『花札伝綺』は初の津、中津川、カナダ・モントリオール公演、去年に続いてニューヨークHEREでの再演。世界のRYUZANJI TERAYAMA!

10月3(木)〜5(土)『花札伝綺』(寺山修司:作、青木砂織:演出)@スペース早稲田11月21(木)〜12月1(日)『無頼漢』(寺山修司:原作、中津留章仁:脚本 )@豊島公会堂です。予約は今すぐ!http://http://www.ryuzanji.com まで。

テラヤマ歌舞伎『無頼漢』前売り予約開始は9月28(土)。豊島区民特別券=3500円(一般4500円のところ)の発売はとしま未来センター、飯能市民会館、東松山市民文化センター。豊島区の「秋の祝祭劇」2年目!!この芝居をホントーに創るのは区民の皆さんです。「無頼漢」の出演者は実力派ぞろい。山本亨、三ツ矢雄二、外波山文明、さとうこうじに加えて塩野谷正幸、若杉宏二、伊藤弘子、栗原茂の流山児★事務所のトップ。若手も村井雄、今村洋一、滝香織、神在ひろみ、大塚恵美。で、新人:五島三四郎と田川可奈美のフレッシュヒロイン・ヒーロー。

2013-09-25 09:45 この記事だけ表示
折々の記。

昨日は中津留章仁君と早稲田で「無頼漢」第3稿打ち合わせ。
粛々と秋の超大作の準備が進行中。まったく新しい幕末青春時代劇を創る!!
歌って踊ってチャンバラだぜ!
それにしても、漫画家:バロン吉元さん描く「無頼漢」のイラストが素晴らしい!来週中には世の中に。ホームページにその片鱗が。豊島区テラヤマプロジェクトシリーズはバロン吉元さんのイラスト3部作で行く予定。

で、今日から『花札伝綺』10月公演稽古。ニューキャストの山下直哉、五島三四郎も加わってぐっと若返る役者陣。フレッシュな『花札伝綺2013/2014版』東京公演は19月3(木)〜5(土)@Space早稲田の3ステージのみ!!そのあと、三重・岐阜公演、2014年1月にはカナダモントリオール、再びのニューヨーク公演が決定している。10月早稲田公演の予約は今すぐ予約!!

でもって、 今日の夕方は久々の「宇宙兄弟」収録も。
その後、時間があったら上野で日韓演劇週間で温泉ドラゴンとキムガンボの代表作を見ようと思っているんだが? 
・・・・・・・・・・・・・
世界各国の国民が日々の暮らしに満足し、幸せを感じているかどうかの「幸福度調査」をコロンビア大学地球研究所が発表。上位6カ国はデンマーク、ノルウェー、スイス、オランダ、スウェーデン、カナダ。うん。で、英国22位、ドイツ26位、日本43位。ロシア68位、中国93位。ふーん?
・・・・・・・・・・・・・
11月公演で音楽を担当してくれる津軽三味線奏者の上妻宏光さんのコンサートの予告です!!
【上妻宏光・デーモン閣下・山井綱雄 能舞音楽劇「義経記」】※詳細は⇒http://agatsuma.tv/concert/index.html …9月13日(金)18:30開場/19:00開演会場:さくらホール ※東京都渋谷区桜丘町23−21 渋谷区文化総合センター大和田 是非ご来場ください。
・・・・・・・・・・
3・11東日本大震災から2年半。
何も変わっていないのに、必死に「忘れ去ろうとする」大多数のニッポンジン。メディアはこぞっての五輪狂騒曲。アベニミクス、消費増税、集団的自衛権、憲法改正、浮れていない人は非国民視、鵺のようなファシズム。この国は何処へ行く。やることをきちんとやるしかない。自立した「個」として・・・。
29万人が避難している《現実》!!これだけが《現実》なのだ。
福島全く変わっていない。原発廃炉は国際公約、40年続く国際公約をわたしたちは「世界のひとびと」とかわしていることを忘れてはならない。

そんな福島の劇団から来年3月Space早稲田で上演したい、という依頼。私達も来年2014年7月、岩手、宮城、福島の6都市巡演を決めた。東北との付き合いはずーっと続く!!

とりあえずの、米国のシリア攻撃は少し遠のいたよう。
2013-09-11 11:36 この記事だけ表示