流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

カナダでも多くの人に聞かれたが、福島原発からの汚染水漏洩への日本政府および東電の対応についての不信感が世界中を覆っている。「250キロ離れ、東京は安全だ」という差別発言に世界のメディアは唖然。恥を忘れたニンゲンタチが五輪招致に踊っている。
・・・・・・・・・・
で、今朝、1964年以来56年ぶり2回目の2020東京五輪開催決定した。2020福島廃炉!を日本政府と日本人は、世界に「約束」したのだ。それを忘れてはいけない。世界はその「約束を見ている」のである。昨日、TBS-TVの「報道特集」で、埼玉で働いている福島のヒトが「何処かちがう国」の話と五輪招致のことを言っていた。棄民!国に捨てられた民ということも!

「未来という料理は塩辛くて 神さまが(鵞鳥もだけど)舌をだします そのとき 恐竜の腹のなかをどこまでもころがる 僕」 (京武久美)  

五輪招致の朝。ニッポン、ニッポン、トーキョー、トーキョー、経済、経済、バブル、バブル、狂喜乱舞するこの国の未来は?五輪が徹底的に政治・経済の道具に使われている《現実》をわたしたちは目の当たりにしているのである。それでいて、私も又、スポーツ大好き人間でもある。
・・・・・・・・・・
11月公演「無頼漢」第2稿を早朝から喫茶店で「じっくり読んでいる」と近くで、徹夜してテレビを見ていたという人たちが口々に喋っている。うーん。
・・・・・・
「僕等の一挙動がそのまま加害行為になっていないとだれが言いきれるだろう・・・こうしていてもわれわれは殺人行為に加わっているかもしれぬ。」(武田泰淳)

日本劇団協議会:主催、流山児祥:プロデュ―ス、平塚直隆:作、小林七緒:演出、伊藤弘子:出演「僕の町」好評のうちに上演してきましたが本日:8(日)14時の回で千穐楽!です。お見逃しなく!
2013-09-08 09:31 この記事だけ表示
『花札伝綺』名古屋情宣を終えてスズナリで久々にスエヒロケイスケの「ガソリンホットコーラ」を見る。スエヒロワールド全開、寺十吾のエッジの効いた演出で、一寸長い(2時間20分)が面白く見た。それにしても、加地竜也という役者は天才である。ひさしぶりにある種の意ニンゲン存在の素晴らしさを感じられる時間であった。華子もきっちり芝居していた。
その後、演出者協会で和田さんとミーティング。今後のことあれこれ。
・・・・・・
4週間前、石灰沈着性腱板炎(せっかい・ちんちゃくせい・けんばんえん)の左肩はカナダにいってからどんどんよくなってほぼ全治した。医者は肩のリハビリを開始いてください、とのこと。が、ひょっとしたら今度は右肩が?何て脅かしてくれる。「誘因なく突然発症で、肩の痛みのため可動域制限がみられる。強い痛みのため、患側の肩や腕を動かせない。夕刻から夜間にかけて、痛みが増強することがある。」
よくある加齢による病気とのこと。
宮崎監督の引退!じゃないがきちんと「加齢」しているのである。
・・・・・・・・
平塚&小林七緒コンビの新作「僕の町」もあと2ステージで終演。
6月「アトミック☆ストーム」@座高円寺からノンストップで流山児★事務所の役者達は毎月のように芝居している。7月「プラモラル」@スズナリ、楽塾「十二夜」@Space早稲田8月「十二夜」カナダビクトリア公演でもって「僕の町」@Space早稲田と続いている。
でもって、10月は『花札伝綺』@Space早稲田、11月は『無頼漢』@豊島公会堂、2014年1月『花札伝綺』@モントリオール・ニューヨーク公演、3月『田園に死す』@スズナリまで寺山修司没後30周年メモリアルが続く!!
病気になんかなってられない忙しさである。
2013-09-07 14:30 この記事だけ表示
酷暑の日々が続いている。
それにしても一昨日のシニアワークショップ「不思議な国のエロス」発表会は楽しかった。
ワークショップ参加者は今年も多彩だった。占い師、弁護士、不動産屋さん、介護士、教師、などなど。
熊本、名古屋、大阪、札幌といった全国各地からの参加があった。2年目で「恒例」になった感のあるテラヤマシニアワークショップである。

全国から集まってきた41人のうち2年連続参加している人が3分の1。
終演後の反省会1時間、で、これまた、去年同様、全員(自費)参加の「打ち上げ」となった。
「全員参加」の打ち上げ!?こんなWSもまずない。

いつものことだが、なにより劇団若手新人たちと演出助手の勝俣君に感謝。深夜「来年もお会いしましょう!」と別れる。 いや、それにしても約1時間のテラヤマオペラがちゃんと完成していた?事には驚愕。ニンゲンの集中力の凄さ!5日間、41人のシニア役者たちはホントに全力で頑張った。

昨日は 久しぶりの新宿。日本演出者協会新理事会。一般社団法人になって初。新理事長に和田さんを選出。次世代の協会に向けてやれることをやろう理事会を終えて、これま久しぶりに映画「終戦のエンペラー」を観る。お盆の休みからかほぼ満席。映画の中身は、うーん。

今日も夕方から新宿。1日ぐらい「休み」をとろう、と思ってたが「無頼漢」の打ち合わせである。中津留君と台本直しのあと,音楽の上妻さんと打ち合わせ。11月公演「無頼漢」に向けて本格始動。シニアWSオーディションの審査とおおわらわ。
・・・・・・・・・・・・・・
福島から「世界中」に放射能汚染水が日々垂れ流されている。

東京電力福島第1原発2号機東側の護岸から放射性汚染水が海へ流出している問題で、原子力規制委員会は12日、1号機東側の護岸でも高濃度の放射性物質が検出されたとして、護岸周辺の地中にある1号機のトレンチ(配管などが通る地下トンネル)の調査を東電に指示した。地下水の「汚染源」とみられる2号機トレンチ内に残る高濃度汚染水が、1号機のトレンチに移動している可能性がある。規制委は、23日に現地調査することも決めた。

 この日、規制委の作業部会が開かれ、1号機東側の護岸に掘った観測用井戸で10日に採取した水からトリチウム(三重水素)を1リットル当たり3万4000ベクレル検出したことが東電から報告された。3、4号機東側の護岸での検出値1500〜210ベクレルと比べて高く、規制委の更田豊志委員は「1号機の前でも高濃度の放射性物質が検出されたことは重く見ざるを得ない」との見方を示した。

 東電によると、1号機トレンチには低濃度の汚染水(放射性セシウム137が89ベクレル)が残されているのが分かっているが、最後に調査したのは昨年12月で、最近の濃度は把握していない。規制委は2号機から1号機方向に延びるトレンチを通じて高濃度汚染水が移動している可能性もあるとみて、1号機トレンチ内の水の再検査と周辺に井戸を掘ってモニタリング調査をするよう指示した。 BY:毎日新聞【鳥井真平】
2013-08-13 10:42 この記事だけ表示
東京電力福島第一原発の放射能汚染水が海に流出し続けている。
抜本的対策は示されず、海への流出が止められない。
事故から2年半の危機的状況。この状況をメディアのごく一部しか伝えないテイタラク。世界から孤立するニッポン。廃炉計画はとっくに破綻している。
知らんふりの政府!!知らんふりの「わたしたち」

まさに、メディアの劣化=体制化ここに極まれりの2013年の夏。

麻生のナチス改憲発言、放射能汚染水垂れ流し、一昔だったら、とっくに首が飛ぶのにメディアは沈黙。

... 某テレビでは自衛隊募集、自衛隊キャンペーン番組、愛国心だとよ!とまるで「戦前のごとき大政翼賛会状況極メディアの劣化=体制化ここに極まれりである。集団的自衛権容認の法制局長官、靖国参拝公言の大臣!もはや安倍政権は怖いものなしのイケイケどんどんでなりふり構わずの右傾化なんてもんじゃない。これじゃアジアの孤児、世界の孤児の道まっしぐらである。
偏狭なナショナリズム。鵺のようなファシズム。

マスコミ・メディアから批評批判精神はまったく消えさった?そもそも、この国にはそんなものなかったのか?

すべて、金が敵の娑婆世界(鶴屋南北)である。
2013-08-03 23:40 この記事だけ表示   |  コメント 0
今日は少し涼しいトーキョーの朝である。
流山児★事務所疾風怒濤の夏の陣、本番である。

「プラモラル」(佃典彦:作・演出@スズナリ)
超満員札止めの24(水)「初日」発進。知人友人多数。久し振りに柄本明さんにも会う。それにしても久しぶりの下北沢。私は小田急線が地下になった後、はじめて下北沢に降りたのである。いや、変わった変わった。
「プラモラル」は佃ワールド全開の不条理ブラックファンタジー。が、エンターテインメント性もキッチリあって、作り込んだエンゲキって感じ、「ぜい肉をそぎ落とした赤身」という評があったが言い得て妙。とにかく役者たちがオモシロイ!

ふらりと下北沢へ。役者達の凄みと魅力とパワー全開でお待ちしています。観て損はさせません。
土・日以外まだ「余裕アリ」!です。28(日)までスズナリで絶賛上演中です。お早目にご予約を。03−3469−0511スズナリ、http://www.ryuzanji.com「架空の情熱」ついに「初通し」ノンストップの1時間20分!こちらは「プラモラル」と違って歌って踊って恋をしての疾走劇です。是非、見比べてもらうとうれしい限りです。「架空の情熱」は29(月)30(火)の2日間3ステージ限り。「プラモラル」も5日間7ステージ限りの上演です。お見逃しなく!!

「僕の町」(平塚直隆:作、小林七緒:演出)の本読み稽古も快調にすすんでいます。かくして「初」の3作品同時進行の夏。今日も午前中から新人たちは稽古場で稽古である。
2013-07-25 09:20 この記事だけ表示
フェイスbookやらTWITTERなどというモノも始めるとブログにゆっくりなんか書くのも億劫になる。
ま、折々の日記代わり備忘録・・・・である。

昨日から座・高円寺! 本番まで2週間ちょい。『アトミック☆ストームThe Musical』追い込み稽古中である。帰宅するとこんなレポートが。玉川工務店社長 玉川光昭からの報告である。以下、掲載する。


「被災地南相馬報告。「線量計の数値が30μSvを超えました」
・・・年間許容被ばく線量に僅か33時間で達する放射線量です。

「原発事件の今@」(http://on.fb.me/17kXuJX
では、私が2013年5月10日に、福島第一原発のある双葉町や大熊町を通過して富岡町まで行った時の報告をしました。そこでは、福島第二原発の排気筒も、3.11以後初めて見ることになりました。

... この日私は、3.11以後初めて、双葉町と大熊町に入ることになりました。

警戒区域が1年前にすでに3つの区域に再編された私の地元小高(南相馬市小高区)や、この4月に再編された浪江町には、行き来していましたが、その際に、放射線量はあまり気にしない状態になっていました。

遠方に住む方にとっては、とても敏感なその数値も、私たちには、それを気にしすぎては、何もできないくなる・・・という現実もあります。こうした感覚の麻痺は勿論良いことではないです。
放射線の管理、被曝量の管理は、結局のところ、自分自身で気をつけるしかない部分があります。

それでも、今、小高や浪江に入る地元の人は、放射線量を気にしすぎている人は少ないでしょう。
私自身もその一人です。

でも、この日は勝手が違っていました。
浪江町から、双葉町入口の警察検問を抜けて、どんどん南へ進んでいくと、すごい勢いで線量計の数値ががっていきました。

それでも、まだ数値が一けたのうちは、私自身も想定の範囲内です。
一けたといっても、9.9μSvだとすると、年間の許容被曝量には、わずか4〜5日で達してしまう値ですから、原発から離れた地域に住む人には、一生経験のすることのない放射線量でしょう。

その線量を浴びても、どこか冷静でいた自分を、今思えば、おかしいと思うのでうが、現地では、なぜかすごく冷静でした。
でも、その冷静さも、さらに車を南へ進ませるにつれて変化してきました。

国道6号線を双葉町から大熊町へと進むと、その町境の沿岸部にあるのが、福島第一原発です。
国道6号線から、福島第一原発は、直線距離で約2kmくらいでしょうか。
原発サイトの境界からなら、もう少し近いと思います。

線量計を見ながら車を走らせていましたが、すごい勢いで線量計の数値が上がります。
二桁になると、私も少し焦り出しました。
車が、国道6号線から1F(福島第一原発)への入り口に当たる長者原交差点に差し掛かったころでしょうか?
線量計の数値がついに、20μSvに達しました。
私自身、今まで見たことのない数値です。

長者原交差点から、中央台交差点のこの信号区間は、国道6号線の中では最大放射線量だと思います。
写真撮影では、上手くとらえられませんでしたが、23.28μSvを指しています。
写真に写っていませんが、私が見た時には、30μSvを超えた地点もありました。

30μSvというのは、南相馬市役所の放射線量がおよそ、0.3μSvを行ったり来たりしている感じなので、その100倍に当たる放射線量です。年間許容被曝量である1mSvには、わずか33時間で達してしまう値です。

その数値を見た時、思わず、アクセルを踏む足に力が入りました。その場から、早く逃げ出さないとヤバいと思いました。
3.11からはすでに2年2ヶ月です。
原発から離れた地域に住む多くの人にとっては、もう過去のことでしょう。
世間の話題にもならなくなってきているでしょう。

でも、原発事件(事故ではない)は、今も現在進行形で進んでいます。地元の人は、家にも帰れず、避難生活を続けています。
・・・
私自身も、その避難生活者の一人ですが、生まれ育った地元が、こんな形で、いろんな大切なものを失ったことに、何とも言葉では言い表せない感覚があります。

頭がぐるぐるして、上手く表現できない部分がありますが、
やはり思うことは、もう二度と、私たちと同じ思いをする人を生み出してはいけないということです。

電気は確かに人間に文明をもたらし、便利な生活をもたらす大切なものですが、そのことで、多くの人の命や、大切な日常を奪ってはいけないと思います。
原発は、一度、間違いが起きると、今回のような悲惨な結果をもたらします。

「自分には起きないだろう」
「大事には至らないだろう」
「次は大丈夫だろう」
・・・
そんな気持ちは絶対に持ってはいけないと思います。4人の子供を抱えて避難生活をしている私が、この日大量の被曝をして改めて思ったことは、「やっぱり、原発はいらない」
・・・
ということです。

時間が経って、原発への拒否反応が薄れてきた方も多いと思いますが、私の想いを世界中の人たちに伝えたいと思います。一人でも多くの方に伝えたいと思います。
みんなに届け!(http://tamagawakoumuten.sub.jp/?p=3821).
2013-05-14 10:57 この記事だけ表示
それにしてもどんどんヒデエ国になっているなこの国は、それも歯止めがきかないわ、相変らずの無責任大国、あなた任せならぬアメリカ任せの犬国家に堕ちてゆく。
福島第一原発の汚染水量が一月にすでに、地上タンクの容量を超え、貯蔵計画が破綻していたことが分かった。それでも、東電はタンクには余裕があると発表し水漏れ事故が起きた地下貯水池に汚染水を投入。この時点で、タンク増設に取り組んでいれば五日に発覚した汚染水漏れ事故は防げていた可能性が高いと東京新聞が伝えている。

24日スイスのジュネーブで開催のNPT=核拡散防止条約会議で非人道的な核兵器の使用を放棄する共同声明が出されたが、「唯一の被爆国」である日本政府はこの声明に署名しなかった。

核兵器の非人道性を訴える共同声明に対して、軍縮会議日本政府代表部・天野万利は「アメリカの核の傘に頼る日本の安全保障政策と整合性がとれない」として。被爆地:広島選出の岸田外相の指示でそうしたのである。もちろん、全世界の人々がこのニッポンの行動に唖然、すぐ抗議デモも起こった。

それにしてもヒデエ国になったものだ。「どんな状況でも核兵器が二度と使われないことが人類存続の利益になる」という文言の何処がイケねえんだ?スイスジュネーブの日本政府代表部に対して抗議デモが起こり、長崎、広島の被爆者からも怒りの声が起こっている。

長崎市長はこう語っている「被爆者の痛みを知る被爆国として当然賛同できる内容だ。悔しいし、納得できない」こんなふうにどんどんヒデエ国に堕ちてゆくのか・・・・。

福島原発事故のため16万人の「帰郷」できないヒトがいる現実。東京電力からの補償もほとんどなされていない現実。被災者の人々は怒りを抑えてが耐えてる現実。安倍政権やれTPPだ!やれ改憲だ!やれ閣僚靖国参拝だ!おまけに徴兵制まで言い出すマンガみたいな現実。劣化もいいところの翼賛メディア一体の「アベノミクス」の大合唱。

いつの間にか「被災地支援」よりも「経済成長」一色。第一原発の事故はいまだ終息せずに「進行中」だというのに被災地は完全に見捨てられ、放射能や内部被ばくの実態は一切報じない現実。原発や東北のことなんか考えたくない、経済だ!ミサイルだ!再軍備だ!核武装だと!わめきたいのが安倍戦争オタク政府の本音である。とにかく、何処にニンゲンの情(なさけ)があるのか?の今日この頃である。政治家も官僚もカネモチも、メディアもほとんどイカレテいる《大現実》。ほんとにヒデエ国になってるぞ、ヤバい。
・・・・・・・・・
歌稽古も終わり今日から『アトミック☆ストームTHEMUSICAL』本格的な立ち稽古である。
NHKTVのカメラが廻っているよ。

2013-04-26 10:30 この記事だけ表示
凄いニュースが飛び込んできた!流山児演劇塾に在籍しその後映画監督の道を突っ走っている佐々木想監督
がカンヌ映画祭短編グランプリ・ノミネートのニュース!!である。
凄い。おめでとう!である。良かった、良かった。

【パリ時事】カンヌ国際映画祭の主催団体は16日、フランス南部カンヌで5月15日に開幕する第66回映画祭の短編コンペティション部門の候補9作品を発表した。
日本からは佐々木想監督の「隕石とインポテンツ」がノミネートされた。受賞作は最終日の5月26日に決まる。
 最高賞「パルムドール」を争う長編コンペ部門の候補作は、4月18日に発表される。(2013/04/17)
2013-04-18 21:46 この記事だけ表示
寒い日が続いている。
花(桜)散らしの雨というらしい。
楽塾7月Space早稲田&8月カナダビクトリア公演『楽塾歌舞伎☆十二夜〜海外バージョン〜』の土・日稽古が始まった。今回稽古場には、稽古中の音響操作と振付助手の宮川安利がついてくれている。20歳と65歳の親子コンビ?こののコンビでシェイクスピアの十二夜を解体=再構築して、全くの「新作」に創り変える作業に取り組んでいる。例の如く、急遽、ここ振付して!といつもは絵美に言うことをそのまま安利に言いだす演出家、それにに応える新人。この調子だとホント、稽古場はいいイキモノになって、スゴイことになりそうである。
あと、4か月長期稽古!メチャクチャおもろくなる予感。
・・・・・・・・・
流山児★事務所座・高円寺公演「アトミック☆ストームThe Musical」の歌詞も次々と出来上がっている。
佃典彦の詞を中屋敷法仁が補作した力作。
この音楽劇の方向性が出来上がっている。Musical好きの中屋敷君らしい歌詞。
この詞に斎藤ネコさんの曲がついて・・・
愈々、4月11日顔合わせ・歌稽古が始まる。ご期待ください。
・・・・・・・・・
というわけで、私は今夜スロベニア演劇祭に向けてトーキョーを発つ。
パリを廻って11日、「アトミック☆ストーム」の稽古場に。
で、この日記もしばらくお休み。では、行ってきます。
2013-03-31 11:46 この記事だけ表示

月蝕歌劇団スロベニア公演「第3のエロティカ」の3回目の稽古。最終通しである。マッチ擦りで失敗。さすが月蝕さん、これがうまい。オマケに火吹きも、月蝕メソッドというべき芝居つくりの一面を3回の稽古でわかった。こういう芝居つくりもあるのか?と妙に納得。私の芝居つくりとはまるで違う・・・。

そういえば、稽古場では山下直哉と山丸莉菜が秋に上演する『花札伝綺』の踊りの自主練をやっていた。山下直哉は『花札伝綺』初参加。

『花札伝綺』はレパートリーシアターということで、キャスティオングが変わってゆく。『狂人教育』以来、様々な役を役者は経験していく。『義賊☆鼠小僧』もそんな作品になる。『ハイライフ』を女優でやったら?なんて妄想も。

20年ぶりにパリに行くのでドウセ行くのだから・・とバタバタと情報収集中である。『義賊☆鼠小僧』『花札伝綺』ヨーロッパツアー?っていうのもオモシロイ。
・・・・・・・・・・・・
で、今日・明日は楽塾「十二夜」稽古。
少し鞭を入れて稽古、楽塾は7か月以上一つの作品の為に稽古する!これこそ、ある意味プロの作品創りである。わたしは社会に必要な演劇作りをしたいだけである、TOKYO演劇の現状を観るに、演劇好きのための演劇ごっことしか思えないものがゲージュツ?としてスノッブしてるテータラク。ま、楽塾とにかく楽しくやりましょう。わたしたちには確実に「観客=社会」が「ある」
・・・・・・・・・
というわけで、明日の夜は羽田空港集合、パリ経由スロベニアである。
2013-03-30 10:51 この記事だけ表示