流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

稽古場は衣裳合わせ、ダンス稽古である。
わたしの衣裳は既に決まっているし、ダンスシーンはラストの群舞の一部以外ないので、
昼夜、観なければいけない芝居2連発とする。

昼:渋谷大和田伝承ホール、江戸糸あやつり人形座公演「コーカサスの白墨の輪」(B・ブレヒト:作
西沢栄治:構成演出)。2時間近くをきっちり魅せ切る西沢演出、いま西沢君は絶好調?スタッフのほとんどが「ユーリンタウン」チーム。沖野さん、大野さん、王子らの元気な顔。央くんも。


夜は神楽坂:イワト劇場 黒テント公演「青べか物語」(作:山本周五郎 上演台本・演出:鄭義信)
いやあ、鄭ワールド全開というか師匠:山元清多の「物語る演劇」の見事な展開、黒テントの良さと悪さを知り尽くしている鄭さん、縦横無尽、自由自在に役者たちを動かす、久々に「動く黒テント」
3人のジジイたちが抜群にイイ。体に気を付けて頑張ってください。昼夜とも「満員」の客席、イワトは昔のアングラ劇場を思わせる、全席ベンチ席の小屋掛け芝居小屋の客席風。これでいい。ま、背中がきついけど・・・。

いい芝居をやる。
これだけである。
きょうは小返し。
お昼からじっくり稽古。さあ、役者である!

20(金)雪のち雨である。
昨日は「鬼の攪乱」5日目という事で、一応「快癒」の状態となった。
お昼過ぎに日韓フェスティバル、韓国の劇団の『奇妙旅行』を観劇。
その後、都電に乗って早稲田まで。
事務所によって雑用。
稽古場は全員集合でごったがえしていた。
まだ、本調子でないので、とりあえず帰宅。
台詞のチェック。
トップシーンからラストまで。
・・・・・・
21日(土)今日も雨である。
お昼過ぎ、東池袋@あうるすぽっと。日韓演劇フェスティバル5日目である。
今日は昼から「おいでよ、マダン!日韓文化祭」
日韓落語・・・夫歌ェさんおライブ、古今亭菊千代さんのバイリンガル落語、新内「ぶんや・アリラン」、和太鼓集団「ひみこ」を観る。

大阪の太陽族は仕込中。岩崎君と久しぶりに話す。
そうか、『異郷の涙』は東京初演か?
・・・・・・・・
楽塾も早稲田で稽古中だったが、行けなかった。」
明日はお昼は楽塾、東池袋@よるはあうるすぽっとのreadingと大忙しである。

なんか、こんな調子の日常となりそう・・・・・。
さて、初雪である。
・・・・・・・
20日朝早く、雨がみぞれ混じりに変わり、初雪となった、横浜も初雪、だそうである。
都心の初雪は平年に比べて17日遅く、昨年と比べて21日遅いそうである。
夕方にかけて降り続くらしい?が、都心で雪が積もる可能性は低いという。
私は「鬼の攪乱」4日目。
ほぼ、快癒。
今日は普通に、日常である。

お昼過ぎにはあうるすぽっと行き。
日韓フェス「奇妙旅行」マチネ観劇予定。
夜は稽古場へ。
普通の日常・・・これが一番である。
・・・・・・

「鬼の攪乱」でついに「2日間」完全にダウンした。
久々の風邪、こんなふうに「2日間」も寝るなんてことは何十年ぶり?って感じ。
本読んだり、DVD観たり、でも薬のせいかすぐにうつらうつら。

『ヒトラーの贋札』『泥の河』『反逆児』『マラドーナ』と滅茶苦茶な選択。それにしても、E・クストリッアは相変わらずオモロイなあ。

凄い汗、咳は「2日間」寝ても、完全には止まっていない。とにかく、ヒトはこんなに眠れるのか?!と思うほど、この「2日間」寝た。 で、今日は、起きることにした。布団干して、新聞をコンビニまで買いに行って、読んで・・・・ま、いつもの日常から・・・・だ。
・・・・・・
日韓フェスはあうるすぽっとで始まっている。
「田園に死す」の稽古も順調に進んでいる。
さて、そろそろ動き出すとするか?三日ぶりの世間である。
まずは「体操」でもするか。それにしても、まだ、身体の節々が痛い。
まだ、本調子ではない。

////////
大飯原発を見切り発車!…3、4号機安全評価。関西電力大飯原発3号機、4号機の安全評価(ストレステスト)について、経済産業省原子力安全・保安院が妥当とする審査書案をまとめ、原発の再稼働に向けた動きが本格化。東京電力福島第1原発事故をめぐる政府などの最終報告書が出ない段階でのゴーサインの「見切り発車」・・・ふざけんじゃない。無茶苦茶な事が、いま、起きている。
市民らが、専門家の意見聴取会場に抗議に詰めかけ、警察官が出動する騒ぎとなり、結局、聴取会は「ストレステストに反対する委員ら3人が欠席する」なか、3時間半遅れで始まり、保安院は大飯原発3、4号機のストレステストの結果は「妥当」という考えを示した。

●ダルビッシュ6年契約総額4600000000円!!すごーい。

●東京電力福島第1原発の原子炉データを、国の原子炉監視システムに送信する装置の非常用電源が、事故の4カ月前に行った工事で取り外されたまま放置されていたことが分かった。非常用電源が接続されていなかったため、東日本大震災による外部電源喪失で監視システムにデータを送信できず、事故状況の予測に生かすことができなかった。非常用電源があれば地震後約2時間はデータを送信できた。 ヒドイ!!
林光先生の訃報をいま、愕然として、聞く。

2009年2月の「続々オールドバンチ~カルメン戦場に帰る~」@本多劇場の時の先生のピアノ演奏がいまでも耳に残っている。

飄々として洒脱、ことばと体が躍動する「日本オペラの夢」を追い続けた光先生に出会えたことは私達の宝でした。稽古場でも、本番でも先生は輝くやんちゃ坊主でしたね。

いま、想いかえせば40年も前に私のヘタな詩に曲をつけてもらったこともあります。名作「真田風雲録」の真田隊マーチは私たちの世代の永遠の「愛唱歌」でもあります。元さんと組んでのこんにゃく座の様々なオペラ作品も楽しかったです。珠玉の映画音楽の数々。

林光はまさに日本を代表する作曲家である。そんな先生とパラダイス一座で初めて一緒に仕事ができた時間は私たちにとって至福の時でした。あの笑顔。

本当に、ありがとうございました。

ゆっくりお休みください、お疲れ様でした。それにして、さびしい限りである。

合掌。

流山児祥
正月も3日。
正月DVD第2弾は『処刑剣』、『イップマン・葉問』、『公共の敵1−1』、『義兄弟』『マッハ!ニュージェネレーション』の5本立て、超娯楽作品。韓国、中国、タイ映画。それにしても、最近、洋画、邦画をまったく観なくなった。
・・・・・・・・
朝、起きると、昨日の続きで第88回箱根駅伝復路を見る。
往路優勝の東洋大が大会記録を大幅に更新する10時間51分36秒で2年ぶり3度目の総合優勝を飾った。往路、復路とも「大会新」の完全優勝。
とにかく東洋大は強かった。
で、わが母校、青学大は過去最高順位のベスト5!総合9位の1969年大会で最後の「シード」から去年41年ぶりに復活したのである。
1969年1月3日。21歳。「あの時代」を思い出していた。
当時、私は青山学院大学の8号館バリケードの中にいた。青山学院大学は学内闘争でバリケードストライキ封鎖の「越冬中」であった。
・・・・・・・・・
あの日は1969年1月3日!、東京都の中止命令を無視し、唐十郎氏の劇団状況劇場が新宿西口公園にゲリラ的に紅テントを建て『腰巻お仙・振袖火事の巻』公演を決行。200名の機動隊に紅テントが包囲されながらも最後まで上演を行った。これが、世にいう状況劇場「新宿西口公園事件」である。上演後、唐十郎氏、李麗仙氏ら3名が「都市公園法」違反で現行犯逮捕された。
この日、青山学院大学全共闘メンバー(青学劇研メンバーを中心にした)およそ30人が紅テント防衛隊として西口公園へ赴き、共に戦ったのである。わたしたちは、唐さんらの逮捕後、阿佐ヶ谷の稽古場に向かった「あの日」のことを忘れられない。

「21歳」の熱い冬であった。
そうか、あの日、箱根駅伝で闘っていた学友(トモ)たちもいたのである。
・・・・・・・・・・・・
【青山学院大学の学園民主化闘争】毎日新聞1969.2.1より。
『冬休み明けの1月18日、大木学長の3月までの学長退陣(ただし学院長はそのまま)を前提に桜井信行学長代理と全学共闘会議との間に団交がもたれ、共闘会議が要求していた6項目について桜井学長代理が署名、はじめてバリケード封鎖が解かれ、やっと正常化が実現された。
確認書に盛り込まれた「1.“学長三告示”に関する大学側の自己批判。2.三告示に該当した昭和41年芝田法大助教授の講演強行事件の処分の白紙撤回。3.自治会設立。4.表現の自由。5.昨年12月20日の理工学部機動隊導入の自己批判。6.無用な器物破損と盗難を除き、今回の闘争について処分者をださない。」
の6項目は、今後教授会と共闘会議の主催する4月開催予定の学生大会の双方で確認された後、正式に効力をもつことになる。

※ちなみに、1969年1月18日は東大安田講堂決戦の日。青学大の学園闘争はこの後、再び1969年5月・6月と相次いで全学バリケード封鎖を実施したが、1969年8月教授会などが反対する中で大木院長を中心とする理事会によって機動隊導入、バリケードが解除された。以降、理事会の影響力が教授会を上回る形の力関係が続き、1980年代に入ると新聞編集委員会の解体や文化団体連合などへの大弾圧も相まって急速に、青山学院大学の学生自治活動は衰えていった。
・・・・・・・・・・
あれから、43年の歳月が経った。
何も変わっていない「俺」がいる・・かんじ・・・である。何が変わったというんだ?
・・・・・・・・
箱根駅伝を観た後、久しぶりに、歩いた。
不忍通りから本郷の東大を抜けて上野、御茶ノ水、秋葉原、神田。43年前のコース。

・・・・・・
さて、明日から『田園に死す』本格稽古再開!!
みんな、元気にやろうぜ!!

いつもの正月の風景である。
紅白をちらりと見て近くの神社&お寺へ。
一陽来復のお札?お祝いの酒、で、お寺で鐘つき、何故か南無妙法蓮華経。甘酒とリンゴとみかん。でもう一つの神社では「おそば」もふるまっているがいつものように遠慮して帰宅。

正月、お雑煮、酢蛸、小肌酢、トロ、と白ワイン。本の整理。今年は歌舞伎コーナーを特設。
狭い2畳の書斎?は相変わらず、ぐちゃぐちゃの極み。
6畳一間の終の棲家(襤褸アパート)も20年近く「棲めば都」である。
夜はこれまた、恒例のウイーンフィル・ニューイヤーコンサート。今年はマリス・ヤンソルス指揮。ウインナーワルツとポルカ、これが長く見ていると「笑える」し、凄い、とくに、バレエが?。今年はクリムトの「抱擁」・・・・『卒塔婆小町』もここまで行かなきゃ・・・である。

正月という事で例によってDVD4本立て。
稲垣浩監督『決闘巌流島〜宮本武蔵・完結篇』主演:三船敏郎、鶴田浩二、錦之介版と違う八千草薫のお通さん。ウイルソン・イップ監督『イップ・マン序章』主演:ドニ―・イェン、『孫文の義士団』のドニ―・イエン。キム・ギドク監督『ワイルド・アニマル』主演:チョ・ジェヒョン チャン・ドンジク 。コーエン兄弟監督『トゥルー・グリッド』ジョン・ウェインの名作西部劇「勇気ある追跡」(1969)のジェフ・ブリッジス主演版。

・・・・・
2日は朝からこれまた、半世紀以上のファンでもある恒例の第88回箱根駅伝TV観戦。
初の青学大2区3位!44年ぶり・・・・・?。
「初」の区間賞!だぜ。
今年も山登りは柏原だった。君はエライ!!
往路は東洋大が5時間24分45秒の往路新記録で優勝。往路4連覇は48年ぶりの快挙。
4年連続で山上りに起用された“山の神”柏原は1時間16分39秒の区間記録を更新した。
明日の復路は?

謹賀新年
今年こそ明るい年にしましょう。

元気になる芝居をやり続けます。
正月3が日が終わったら『田園に死す』の稽古再開です。

流山児★事務所は新春から爆走開始です。
今年も、じっくり、ゆっくり、日本を、世界を、駆け廻ろうと思っています。演劇の力を、集団の力を信じて。まずは、2月公演寺山修司:原作『田園に死す』@スズナリでお会いしましょう。

みなさんにとって2012年が良い年でありますように。

2012年1月1日

流山児祥
年の瀬である。
恒例の日本演出者協会の大忘年会。
いつもの新宿浪漫房。
多くの演劇人が集う祝宴である。
・・・・・・
忘年会の前に定例理事会。
久しぶりに20人を超える理事、評議員が事務所に。大阪、名古屋、仙台のギュウさんも。
満員の盛況である。

議題は第二回日韓演劇フェスティバル。
1月17(火)〜30(月)まで池袋のあうるすぽっとから3月4日(日)の東京演劇アンサンブル公演『荷』まで2ヶ月近く、東京、大阪、福岡の3都市で開催される。
東京のメインは@韓国の劇団サンスユの『奇妙旅行』(古城十忍:作 リュ・ジュヨン:演出)A劇団・太陽族『異郷の涙』(岩崎正裕:作・演出)Bそして、劇団桟敷童子を主体にした演出者協会プロデュ―ス『トンマッコルへようこそ』(作:チャン・ジン 演出:東憲司 出演:松田賢二・塩野谷正幸ほか)の注目作が並んでいる。ぜひ、3本見てもらいたいものである。
大阪の注目作は日韓共同制作『小町風伝』(太田省吾:作 イ・ユンテク:演出)はぜひとも見たいのだが『田園に死す』の上演中なので観られそうもない。残念。
・・・・・・
私は『田園に死す』の稽古中だが、体が開いているときは基本的に毎日あうるすぽっとに通うつもりである。
ぜひ、多くの皆さんが日韓の演劇人たちの祝祭に立ち会ってもらいたいものである。
reading、「おいでよ、マダン」と銘打ったおまつりもやってます。
http://jda/jp まで!

で、3月はコンクールに旭川演劇大学(今年は私でなく、小林七緒が行きます。)加えてフェニックスプロジェクト3・11から1年。フクシマの高校生たちを東京に!笹塚ファクトリーです。多くの皆さんの参加を。来年はworkshopは基本的に若手に任せることにした。
・・・・・・・
忘年会は18歳の高校生から88歳の瓜生正美さんまで3世代同居のごった煮。
これが協会の魅力である。
久しぶりに福田善之さんも登場。
哮夫さんも元気である。
乾杯の音頭と中締めをやらされる。今年から司会は小林七緒に。坂手、宮田、私のトリオでずーっと司会していたものだったが。これまた、世代交代である。
テンポよくいい会となった。メインエベントは若手演出家コンクールの優秀賞4人の栄えある受賞式
。歴代の最優秀賞受賞者たちが、どんどん、協会の中軸を担っている姿を見るにつけ、次世代へのバトンタッチも「もうすぐ」の感。
・・・・・・・
瓜生さんと一緒に香奈美のバイトする店に寄って、その後は高取とゴールデン街を久しぶりにはしご酒する。松田さんが元気そうで何より。最後はクラクラで協会の2次会に合流。村井さんの顔も。12時過ぎにはなんとか抜けて帰宅。
・・・・・・
朝起きて、海を観ようと思って鎌倉へ。
北鎌倉で降りて円覚寺、建長寺、鶴岡八幡宮、由比ヶ浜、江の島と1日中、ダラダラ歩く。
最後は、あじシラス丼で決めて、小田急の鈍行で帰宅。
ああ、疲れた。が、久しぶりに「歩いた」感じ・・・・である。明日も、歩くことにした。
TOKYO WALKER。
1か月ぶりにかかりつけのT病院へ。
血圧計をみて医者がびっくり、高いですね。下が137うえが167!
そりゃ高い、わたしが一番びっくりした。後頭部が時々痛くなるのは血圧のせいだったの?
で、深呼吸3回。それでも127の157、4回も測って結局下が117上は168。

結局、医者の一言、「血圧降下剤をアーティストからミカルディスに変える」こととなった。

ミカルディス「血管を拡張して血圧を下げる作用があります。血圧を上げる物質の働きを抑えることによって、末梢の血管を拡張して、血圧を下げる作用があります」と効能書き。

今、のんでいる薬は、もう何年になるんだ?血を固まりにくくし、血栓が出来るのを抑えるワーファリン、血液中のコレステロールの量を下げるクレストール、で胃薬のムコスタの4錠。
ワーファリン服用でこの10年余り納豆は食べられないしとグレープフルーツジュースは飲めない。

で、「初めて」血圧管理手帳を渡され、日々血圧を測って記入すること!と厳命。とほほ。

で、夜はカルメン・マキさんのコンサートに行く予定だったがやめて、家でひさしぶりにぶらぶらすることに。

ま、この2か月余りの不摂生故?食べ過ぎ、飲みすぎの結果であろう。
適度の運動と節酒をま、心掛けるとするか。
高取曰く、深呼吸してから測ること、効きますから。
・・・・・・・・・
朝、血圧計測。124の168。
4回測って99の168、脈拍81、(これを)記入。早朝高気圧!に気をつけろとのこと。
・・・・・・・・

ま、不整脈と高血圧。これまた、わが「一族の遺伝」でもある。父は57歳で心筋梗塞で死に、母は86歳で脳梗塞で死んだ。母は不整脈で、普通の人の倍ぐらいに心臓は肥大していた。それでも、1年360日:競輪・競馬・ボート・オートのギャンブル場に毎日、通っていた。多分、私も心筋梗塞か、脳こうそくで死ぬだろう。で、360日稽古場に通い続ける「気」である。

そんなこんなの年の瀬である。
民主党脱党相次ぐ。北朝鮮では金正日国葬。
・・・・・・・・
ま、少しは「俺も休め」という事だろう。ひさしぶりに、殊勝にも、バッハの無伴奏チェロ組曲なんて聞いているよ。これまた、高取曰く玉ねぎも効く(ダーティー松本さん推薦)そうな。ま、原因はストレスであることには違いない。ゆっくり深呼吸、これが原則。