流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

11(木)〜14(日)演劇大学2011 in 福岡 みっちり、お盆だというのに、福岡で演劇三昧の日々。
全く「休み」なし?で、4日間。で、またしても、世界のどこにもない「秋の対話」(岸田國士:作)を12人であーでもないこーでもないと、作った?演出の幸田君はさすがに大人である、おれのような子供の言う事も「それなりに聞いてくれた」。オマケに、役者たちがこれまた、良くできた熟女(シニア)と若き乙女たち、加えて肉体派の男の子2人、計10人。こいつらが凄い、面白いことを、徹底的に、楽しむぞ!とがんばった。
みなさん、本当に、よくガンバりました。今年も、面白くて、楽しい、あっという間の4日間でした。


明かり合せに手間取り、結局「通し」は、やれなかった・・・が、その前もその後もちゃんと稽古場で「通し」ていたので、予想通り、見事な「発表会」となった。

それにしても、謎だらけのテキストである、本番5分前に、急に「変な答」をみんなで、見つけたりして・・・・?不可解、無防備な存在としてのニンゲンが「いる」岸田劇世界、岸田國士!コヤツはヘンタイである。ならば、「らしく」やるより「ナマモノ」の芝居で暴力的にやった方が、オモシロイゾ、力技だ!
・・・・・
小林七緒、青井陽治、柴幸男といった今年のドラマ・ドクターの「色」がそこはかとなく、漂う発表会であった。3世代同居。福岡ブロックはいい意味で、今年も成長した。多くの人たちに支えられて「演劇」は「ある」のである。

それにしても、5日間、ネット環境と無縁の日々であった。新聞もネットも見ない5日間、というのも実に、いいものである。
・・・・・・・・・

15(月)ふくおか空港で美味い「ちゃんぽん」を食べた。そういえば、ほぼ、弁当の4日間だった・・・、うどんは食べたが・・・福岡の名物屋台ラーメンもくえなかったよ。

相変わらずトーキョーは暑い。羽田から直行で、東松戸へ。

たつまと墓参り。兄貴か姉貴が最近、来たらしく?花が・・・・ま、新しい花に替え、墓の掃除。
で、いつものように、オヤジとオフクロの墓の前での、親子の「夏の対話」。

で、喫茶店でこ、1時間、親子の「夏の対話」延長戦。《世界をめぐるバカな親子の四方山話》。仙台にカジノ・・・ねえ。来週、浅草橋に引っ越しするという。ま、近いうちに呑もうぜ、と別れる。
猛暑日が続いている。暑いなんてもんじゃない、1日何回、水浴びしていることか。室内温度32度、原稿書いていても汗がしたたり落ちる。朝7時過ぎに起きて原稿書いたりしている。
・・・・・・・
8(月)劇団定例総会、来年のSpace早稲田演劇フェスティバル2012の開催を決定。予定では8月から10月までの2か月を予定している。トップとファイナルの企画は流山児★事務所、にしようと思っている。60年代後半から70年代前半いわゆるアングラ戯曲を読む?あるいはアングラ戯曲workshop
か岸田國士戯曲を読む、なんて?ものを考えているが・・・・はたして?

10月公演『ユーリンタウン』スタッフ打ち合わせ。再演ということで、どうするか?を美術、照明、音響、舞台監督、制作のチーフと座・高円寺で打ち合わせ。面白い方向性が、ひょんと出てきた・・・・・まあ、過激に行こうぜ、友よ、恐れることはない。

それにしても、思いもかけぬことがあったりして、ほんとに人生は大変だ。で、高円寺の四文屋で呑む。

・・・・・・
9(火)暑いのに1日中、若手演出家コンクールのDVD審査。1日4本位のペースで見なきや間に合わねえ・・・よ・・・・である。にもかかわらず、韓国映画ジョン・ウー監督『男たちの挽歌』(傑作!)と『ノルウエイの森』(愚作!)なんてものまでTSUTAYAで借りちゃって・・・・。

朝早くから夜遅くまでテレビ画面を観続けていると・・・眼がぐしゃぐしゃ。
テアトロの原稿のゲラ。ちゃちゃっと校正して送り返す。
・・・・・
11(木)~14(日)福岡での演劇大学で岸田國士のテキストの「秋の対話」のドラマドクターということで岸田國士の短編をかたっぱしから読み直している。このヘンタイ野郎め。

/////

日本の全人口は2年続けて減少、1億2623万625人。前年比で82万7235人減。東日本大震災の影響でデータが集まらなかった岩手、宮城、福島3県22市町村の人口は除外。除外された人口を引いた前年比でも12万2679人減、人口減の加速は顕著。

涼しい日が続いて実にしのぎやすいトーキョーである。
机に向かい原稿2本。

ホームページに『櫻の園』『愛と嘘っぱち』『夢謡話浮世根問』『花札伝綺』『もーれつ、ア太郎』の5作品10か月分ぐらいの「劇評=レビュー」をアップ。

様々な「劇評」を読み返してみる。この間わたしたちは「劇団」でしかできないレパートリーをしこしこ、真摯にやってきていることを確認。

3・11以降、集団の力が真に問われている。

地道にやっていく。

さて、今日は久しぶりの楽塾。早稲田である。
で、アナログ放送終了。これは暴力である。
そらみたことか、放送終了後問い合わせ7万5千以上。

楽塾で野田秀樹の『空騒ぎ』を読む。
面白い。秋の発表会のテキストに決定。
シェイクスピアの原作とごちゃごちゃにして自主稽古を8月から始めることした。
みなさん、楽しんでください。

2回読む。
2回目、ちょっと口を出す。
で、いつものように久しぶりに呑み会。

事務所に行くと「非戦を選ぶ会」からチラシが送られてきている。
「核・ヒバク・人間」というタイトルで、今年も新宿Space zero で8月27(土)・27(日)ピース・リーディング上演です。私、出演します。
・・・・・・・
『花札伝綺』凱旋寺周り公演!!30(土)・31(日)甲府:善光寺 8月6(土)目黒:円融寺、まだ前売り券はございます。今すぐ、ご予約ください。http://www.ryuzanji.comまで!!
トーキョーの日常である。
お昼過ぎ演出者協会:社団法人化ミーティング。
インドネシア行きの前に決まっていたミーティングなのに失念していた。遅れて参加。
とにかく、去年からの継続していた懸案。福田さん、和田さん、大西君、宮田さん、哮夫さん、斉藤さんと私の担当。法人化にGO。31(日)の総会で決定することに。

その後、日韓、フェニックス、中津川とイロイロ。フェニックスの企画に原田芳雄:主演 黒木和雄:監督 田原総一郎:原作 映画『原子力戦争』の上映企画を提案、検討してもらう事に。
原田芳雄さんの告別式は青山葬儀所。合掌。
・・・・・・・・・
久しぶりにゆっくり、新宿を大回りして歩こうと思い歌舞伎町をへて3丁目、で厚生年金会館、途中の洋服屋で夏物の麻の背広が目に付き安かったので買う。いつもだったら黒だがベージュにする。
暑くなく、散歩にはぴったり。

早稲田松竹でコーエン兄弟をやっている。
時間がちょっと遅かった。
で、TSUTAYAでコーエン兄弟借りようと思ったがなぜか韓国映画の新作をかりてしまう。
『義兄弟』「映画は映画だ」のチャン・フン監督最新作。『黒く濁る村』「シルミド/SILMIDO」のカン・ウソク監督最新作。

で、原稿1本、4時間で何とか書上げる。

楽塾からメール。今週の日曜日は久々の楽塾、本読み。そういえばシアター・グリーンで行われるシニア演劇全国大会なんてチラシを協会で見たっけ。佃君の長久手の劇団もやってくる。
・・・・・
原稿あと2本。
『花札伝綺』初のお寺公演が30(土)・31(日)甲府:善光寺で始まります。甲府はバスで2時間。料金も3000円以内。善光寺の近くの石和温泉にでも入って・・・ぜひおいでください。あ、そうだ甲府のB級グルメ日本一「甲府鳥もつ煮」もおいしいですよ。
・・・・・・
韓国映画の新作2本を朝から続けてみて目が・・・。
今年は、「旅する日々」が続いている。
還暦を過ぎての還り道。よくここまで生きてきたと思う。
それも、芝居とこんなに付き合うとは思ってもいなかったのに、俺、芝居しかやってねえじゃん、と思う年月である。ま、何も残ってなくて身一つのすっからかんのすってんてんというのは俺らしいといえば俺らしい。6畳と一応2畳の書斎のある神田川沿いの襤褸アパートが終の棲家になりそうな気配のこの頃である。相変わらず、天井アスベストだし・・・ま、20年も棲んでいると・・・そんなことどうでもいい・・・・と思う。

旅する日々・・・・うん『夢謡話浮世根問』で7都市順延、インドネシア公演、甲府公演、でもって、演劇大学の今年は福岡・中津川・旭川・盛岡・廿日市と行く予定。トーキョーは所詮、仮の棲家でいいと思っている。どっかの町で野たれ死に?もそんなに遠い夢じゃないようだ。ま、オレタチの祖先は数万年前に《死者》という概念を生み出し《死者を弔う=墓》を作り出し《文字》も?作り出した。ニンゲン以外はもたないこの概念こそがわたしたちゲーノーの民の根幹である。ここではないどこか?ここではないどこか・・・である。3・11以降を生きる・・・ココロの再生・・・・死に逝くモノ・・・・擬制の終焉(吉本隆明)・・・、すべて「擬制」だったのである・・・きちんと「終焉」させねばならない。もう一度「同じこと」を「決して」繰り返してはならないのだ。
・・・・・
台風の余波か、帰国してずーっと涼しい日が続いている。
20(火)夜は新宿花園神社で武田智弘が客演している椿組の夏恒例の野外劇『けもの撃ち』(竹重洋平:作・演出)を見る。マタギの物語。うーん。物語はストーリーではないニンゲンのドラマを関係性のことという根幹をわたしたちは忘れてはならない。

ニンゲン・関係性・・・・これである。
・・・・・・
『花札伝綺』寺周りがいよいよ甲府から始まり、目黒の円融寺公演と続きます。
是非、善光寺・円融寺においでください。
生と死と再生のchaos musical 面白いです!!
30(土)・31(日)善光寺は半野外劇、8月6(土)円融寺は大きな本堂を使っての上演の予定。料金も2000〜2500円の低料金です。未就学児童は無料。高校生以下は1000円。 ふらりとご近所お誘いあわせのうえご来場ください。

予約は今すぐhttp://www.ryuzanji.comまで。 
・・・・・・・・                                                             
旅する日々が続く2011年?である。


8日(金)早朝、成田集合。
9時過ぎの飛行機で一路ジャカルタへ。
7時間あまり。機内で観た映画『武士の家計簿』『明日のジョー』それにしても『ジョー』はひでえ映画。なめてんのか、とムカつく。

流石に疲れ果てる。空港に着くとジャカルタの劇団GARASIのメンバーのテオ君が迎えに。テオ君はトモ曰く、いま最もインドネシアで人気と実力があるといわれてる役者さん。今回のツアーはGAREASIの全面協力で実現した。大感謝。インドネシアでは劇団GARASIのメンバーといってもいい、流山児★事務所劇団員のトモが制作をサポートしてくれているので実に心強いかぎりである。

時差は2時間。日本より涼しい。ジャカルタから大型バスでバンドゥンへ。
バンドゥン国立芸術大学での公演。

深夜に到着。ホテルにチェックイン。総勢30人近くのフル劇団員+スタッフ。何年か前、北京でやった『狂人教育』『静かなうた』『ハイライフ』の3本公演のときを思い出した。あの時も劇団員総動員であったっけ。

9日(土)1日『卒塔婆小町』中仕込み。場当たり。スタジオホール。小道具の公園の電柱ももあっという間に塩野谷が作りおげた。すごい。小道具も面白いものを見つけてきた。
さすがに、芸術大学いい劇場を持っている。スタッフもY教授(燐光群に客演しているトニーの奥さん)、照明・舞台関係はJ教授といった一流のスタッフ連画学生たちと一緒にさまざまなサポートをしてくれる。それにしても、本当に芝居好きの人たちばかり。いい環境。野村さんをはじめとしたさまざまな人たちに感謝。
ク・ナウカ、KUDANプロジェクトも公演している劇場でもある。日本の現代演劇の面白さを是非多くの皆さんに知ってもらいたいものである。

10日(日)午前中から小返し。
13時ゲネプロ。16時『卒塔婆小町』ワールドツアー初日。
インドネシア時間らしく20分押しで開演。ほぼ満員の客で埋まる、お客さんは唐組のテントよろしく全員桟敷。ジャカルタから劇団に1年間留学していたエディ・スヤントが1歳の子供と奥さんを連れてやってきた。久しぶりの再会。
反応もよし。空間は本当に『卒塔婆小町』にぴったりであった。

終演後、サボ、マミ先生と3j人で演劇学部長も参加して演劇関係者と「交流会」。
質問攻めに会う。三島のこと、今回の『卒塔婆小町』のこと、動きの事、流山児★事務所の活動のこと、実によく『卒塔婆小町』について知っている。さまざまな形で上演されているとのこと。が、こんな芝居は初めて・・・・・。ジャカルタで是非やってほしいと多くのヒトから・・・・。

・・・・・・・
バラシ、劇場は『花札伝綺』の舞台に。
明日はお昼すぎから場当たり。
『卒塔婆小町』『花札伝綺』流山児★事務所ワールドツアー2011。快調なすべりだしである。
全員元気です。みんな、今ホテルに帰って初日の祝杯をあげている。
大正11年艶歌第1番『流浪の旅』

♪流れ流れて
落ち行く先は
北はシベリア
南はジャバ(ジャワ)よ
何処の土地を墓所と定めん
何処の土地の土と終わらん

くしゃみの刑事、ジャワ島へ旅立ちます。

インドネシア、ジャワ島バンドゥン・ジョグジャカルタ2都市で初の流山児★事務所公演です。

いってきまーす。
1日中曇り空、涼しい1日となる。

お昼過ぎ、劇団MAYがタイ二ィ・アリスのドラマツルギ×2011というフェスティバルに参加してマダン劇をやるというので新宿3丁目へ。
『碧に咲く母の花』(金哲義:作・演出)を見る。戦後済州島で起こった「沈黙の事件=四・三事件」
島民の5人に一人が虐殺されたという事件を背景にきちんとニンゲンのドラマに仕立てあげるいつものMAYらしい劇。『夢謡話浮世根問』の大阪ツアー以来、金さんも劇団員も元気そう。この作品を持ってプサンへ行くという。

末広亭の横にあっていつもオムライスを食べる古いレストランでハンバーグライス。ここは、禁煙席がなく大ぴらにタバコが吸える、昔からのレストラン。美味い。

夜は厚生年金会館前のシアター・ブラッツで新転位21の『新・漂流家族』(作・演出:山崎哲)を見る。名作である。女性と家族の漂流はこの事件から始まった。イエスの方舟事件。これまた、同時期に発表された北村想の『寿歌』との妙な相似。「おっちゃん、雨を恵んでくださいな」のセリフが「黒い雨」に変わればそのままフクシマの現在に変わる先見性。哲ちゃんらしい「キリスト」なんぼのもんじゃい!のラストシーン。なにももたない、もとうともしないおっちゃんの研ぎ続ける包丁は今のニッポンを切り裂けるか・・・・このあたりに・・・。

涼しいので久しぶりに、ゆっくり歩く。

////

朝からスペース早稲田は片付け。
演劇祭もおわり、『花札伝綺』『卒塔婆小町』集中稽古に。
夜は総会である。演劇祭の総括と劇場(稽古場)貸出しの件などイロイロ。
今年も下半期突入。



真夏日が続いていたが曇り空の週末となる。
佃典彦の新作一人芝居を下北沢の楽園で観る。
「打さない女」と「出せない女」。「出さない女」は妊娠7年目のおんな。おなかの中には今年小学校に入学する男の子を身ごもっている。そんな女のスーパーでの出来事。「出せない女」はパチンコにはまっている女。  ともに凄みある「おばちゃん」ならぬ「おんな」の日常。天羽令さんがきっちり、まじめに、可笑しく、かわいらしく格闘していた。
・・・・
久しぶりの早稲田松竹。台湾映画『モンガに散る』(ニウ・チェンザー監督2010作品)。2時間21分、全く飽きないで観た。『ガキ帝国』を超えた極道青春映画。いや、トップシーンからガンガン往く、こうでなくちゃの肉弾戦。久しぶりに元気、元気の映画であった。

DVD『RED』ブルース・ウイリスはずっと同じ?『ソーシャル・ネットワーク』フェイスブックねえ?

・・・・・
曇り空、涼しい日が続いている。
スペース早稲田演劇祭も今日でファイナル。
明日は劇団総会。

時間をぬって進めてきた『花札伝綺』『卒塔婆小町』ともに追い込み稽古に突入。
//////

昨日の小笠原諸島に続いて平泉が「世界遺産」に登録された。
平泉の文化遺産、金色堂で有名な中尊寺など日本仏教の浄土思想を表した建築物と庭園群。東北初、被災地に朗報とはこのことである。でもって、復興構想会議の提言には「脱原発」は盛り込まれず「増税」だけ・・・なんじゃらほい。官僚主導の増税路線の「提言」って、何。
ハードデイ。
午前中から劇団協議会総会。
東日本大震災後、演劇界をつつむ問題は山積である。
役員改選、西川会長選出。あと2年理事をやることになった。やれることをやる。
その後、ジャパンアーツカウンシルの現在の進行具合を聞く。音楽・ダンスは今年からOP,ODの導入。演劇への導入は3年後?
・・・・・・
夜は錦糸町。アジサイが咲いている蔵前橋通り。

すみだパークスタジオで劇団桟敷童子の新作『オバケの太陽』(東憲司:作・演出)を観る。
トップシーンの「がんばろう」で一挙に1960年の三池に、パネルに書かれている「炭労」の文字にウルッと・・・・・打ち振られる赤旗・・・で、物語は1970年代の筑豊?のとある町の、ある少年の「夏休み」の物語。

一面の向日葵畑。姉の力、炭鉱町の風景・・・・九州の炭鉱住宅の夕日・・・・随所に幼いころのテメエを思い出して・・・・涙ぐむ、自分が?・・・・『夢謡話浮世根問』の盛岡公演で久しぶりに10歳上の姉に会った、姉ちゃんにはいつまでの私は10歳の弟なのである。・・・・何年まえかに観た『泥花』の続編というべき70年代の「炭鉱のものがたり」。劇団でしか出来ない演劇がここにある。バックステージツアーを観ていたら元劇団員の帆足がいた。佃の『アトミック・ストーム』の台本を頼まれる。それにしても、すみだパークスタジオ:倉はイイ劇場である。

あ、そうかここがスカイツリー!か。
スカイツリーの真下の劇場・・・ねえ。

『花札伝綺』『卒塔婆小町』はともに絶好調で稽古中である
・・・・・・・
7000人以上の行方不明者を残したままの東日本大震災は18日、百日を迎え、被災地では節目として合同慰霊祭が執り行われた。あれから、100日である。