流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝から原稿書きに追われていたら、劇作家:佃典彦から「肝付兼太さんが、肺炎で死んだよ」との連絡。愕然とする。おいおい、冗談だろう・・・スネ夫の、イヤミの肝さんが死んだ?ウソだろ!と答え、ヤフーニュースを見る。確かに記されている。肝さんの死である。

来年5月に予定している楽塾の公演に肝さん誘おうと思ってるんだけどとこの前佃と話していて、体調が凄く悪いことは知っていたが。こんなだとは正直思っていなかった。ごめんなさい、肝さん。

想えば、肝さんは高齢者劇団:パラダイス一座の「若手」役者であった。戌井さんを決めた後、一番に誘ったのは肝さんであった。肝さんは「若手」だからね、と誘った。すぐ、出ると返事してくれた。

パラダイス一座は平均年齢79歳、演劇界の重鎮たちで2006年に結成し、3年限定で始めたが、戌井さんの追悼公演を含めて5年間活動した。旗揚げは、2006年12月6〜13 日下北沢スズナリ『オールド・バンチ〜男たちの挽歌〜』、最終章は2011年12月15日〜25日下北沢スズナリ『オールド・バンチ〜男たちの挽歌〜完結編』の5年間であった。

 肝さんと本多一夫さんが、最年少で「若手」らしく、動き回ってくれた。落語もやってくれた。あの時、70歳。あれから10年の時が流れた。その後、楽塾の『ほろほろと海賊』(2010年)、『もーれつア太郎〜宇宙下町大戦争の巻〜』(2011年)の2本にも出てくれた。赤塚漫画が大好きな肝さんは赤塚プロとの交渉も引き受けてくれた。佃としゃべっているうちにこみ上げてくるものがあり電話を切った。
肝さん、もう一度、絶対やろうと約束していたのに!

パラダイス一座は座長の戌井市郎さん、観世榮夫さん、岩淵達治さん、作家の山元清多さん、そして肝さん、創立メンバーの半分以上のメンバーが、勝手に、彼岸:あっちへ行っちまった。そろそろ、パラダイスで、楽しい芝居創ってください。それにしても、肝さんの「3億円事件の話」オモシロかったなあ、あれ芝居にしたかったのに。主宰を務める劇団「21世紀FOX」を1983年に創設し北村想の作品をいっぱいやってくれて、でもって若手をいっぱい育成、指導して、ほんとうにいっぱい、いっぱい、お疲れ様でした。

それにしても、淋しいなあ。畜生。
肝さん。シェー!である。
合掌!(10月24日)
2016-10-24 15:58 この記事だけ表示
そうか、演劇評論家の村井健さんが彼岸(アッチ)へ逝って1年か。あっという間の時の流れである。日澤くんたち、劇団チョコレートケーキがいまロシアツアーに行っている。村井さんの「仕事」は今も続いているのである。1年前の日記を記しておく。いまも、劇場にふらりと、現れるんじゃないかと思う日々が続いてますよ。健さん。今日は久々に秋らしいトーキョーです。あなたが愛した北村想の名作リーディングの稽古、早稲田でやってますよ。ふらりと、観に来てください。

合掌。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
※以下は2015年10月7日に記したものです。

 演劇評論家の村井健さんが亡くなった。日本演出者協会の斉藤さんからメールをもらった時「ウソだろう!」と思い、直ぐ協会に電話した。日澤君からの連絡との事、和田理事長とも話し《村井健の死》を現実のものとして確認した。

 いつもだったら、必ず観にきてくれる健さんが@座・高円寺8月公演『マクベス』に来なかったので、電話したら「病院にいるという」。病気のことは知っていたので、とにかく、早く退院できたらいいね、と切った。その後、退院したというので、健さんに「とにかく、ゆっくり体休めてよ」とメールした。その後、連絡がないのでドーしたんだろう?と心配していたら、突然の訃報である。おいおい、そりゃねえねえだろう!ふざけんじゃねえ!というのが正直な反応である。思えば、長い付き合いですね。

 わたしの評論集というより駄文集「流山児が往く」演劇篇、歌謡曲篇、プロレス篇の3部作の而立書房の編集者であり、その後、演劇評論家としての付き合いをふくめてほぼ40年以上、健さんはわたしの1歳上の反骨の2枚目のかっこいいアニキであった。鈴木忠志、太田省吾、斉藤憐といった先輩、同世代の北村想、竹内銃一郎、東由多加、岸田理生、そして野田秀樹、小松杏里といった多くの劇作家を世に出したのも健さんだった。

 おもえば、多くの演劇人を徹底的に「偏愛」し、支持してくれた反骨のヒトであった。演劇大学の講座の「日本演劇史」は秀逸。川上音二郎と貞奴の話を喋る健さんはまるで講釈師であった。若手演出家コンクールをコレまで大きくしてくれたのも健さん、多くの若手演出家を育ててくれた。中津留章仁、日澤雄介、シライケイタ、村井雄といった若い演劇人を次々と発掘しサポートしたくれた。

『盟三五大切』のロシアツアーでは劇団員みんなが大変世話になった。『ハイライフ』や『ユーリンタウン』を最初に高く評価してくれたのも健さんだった。紀伊国屋演劇賞を受賞した時、すぐ、電話してくれて「おめでとう」といってくれた時は、ホント嬉しかったです。でもって、おれは、呑むとなぜか健さんに、どっか、っつかっていた記憶だらけだがね。御免なさい。

 まず、健さんがいないという《現実》が、くやしい。おいおい、冗談じゃねえ!というのが実感。とにかく、いま、おれかなり混乱しているのがホントです。でも、おれ「西遊記」の役者で明日は通しだから・・・とにかく、おれは今・やらなきゃならないことを、おれなりにきちんとやりますよ。癌だということは知ってたけど、そんなに、大変な体になっていることを気付かないダメなオトウトでごめんなさいね。健さん、でも早いよ。早すぎるよ。くやしいな、見てほしい芝居いっぱいあったのに。ロシアにもまた一緒にいきたかったよ。劇団員も今日みんなショックだったよ。

 なんか、そっちのほうが楽しいって感じにどんどんいなくなっていって・・・。扇田昭彦さんのときもキツカッタけど、健さんほんとこれ、キツイです。

 すみません。おれ、今夜ずーっと健さんに「献杯」しています。去年だっけ、秋田で雪の中、演劇大学やったとき健さんが秋田出身で土方巽も秋田で、なんて喋ったのは。東北歌舞伎という暗黒舞踏と健さんの愛するロシア演劇はどう繋がってたんですか?なんか、俺、酔っ払ってます。だって、酔わなきゃ、こんな理不尽、ざ、けんじゃねえよ、健さんは死んじゃダメだよ。だって、いつも《演劇の現在》に二人で苛立ってたじゃん。国会前のデモで会えなかったのも残念・・・おい、明治大学の闘士よ!だめだろ、倒れちゃ・・・・ああ、もうやめます。ごめんなさい。酔ってます。ごめんなさい。

 健さん、本当におつかれさまでした、ゆっくりおやすみ下さい。
じゃあ、またね!献杯!深夜の2時過ぎ、秋空の星、キレイですね。健さんは星になったんですね。健さんの口癖で終わりにします。

南無!!ん、ナムってなんだ?健さん。

2015年10月7日 記す。
2016-10-07 16:40 この記事だけ表示
映画監督のオリバー・ストーンさんやマイケル・ムーアさん、言語者ノーム・チョムスキーさんらアメリカの文化人29人が、アメリカ軍の普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画について反対する声明を発表した。

声明では、そもそも沖縄県に米軍が駐留していること自体を、「返還に条件がつくことは本来的に許されない」と批判。「埋め立て承認は沖縄県民の民意を反映したものではありません」「今回の合意は長年の沖縄の人々の苦しみを恒久化させることにもつながります」などとし、「普天間は沖縄の人々に直ちに返すべきです」と結んでいる。

以下、声明を全文引用する。
-----
世界の識者と文化人による、沖縄の海兵隊基地建設にむけての合意への非難声明

私たちは沖縄県内の新基地建設に反対し、平和と尊厳、人権と環境保護のためにたたかう沖縄の人々を支持します。

 私たち署名者一同は、2013年末に安倍晋三首相と仲井真弘多沖縄県知事の間でかわされた、人間と環境を犠牲にして沖縄の軍事植民地状態を深化し拡大させるための取り決めに反対します。安倍首相は経済振興をエサに、軍港をともなう大型の海兵隊航空基地を作るために沖縄北東部の辺野古沿岸を埋め立てる承認を仲井真知事から引き出しました。

 辺野古に基地を作る計画は1960年代からありました。それが1996年に掘り起こされ、前年に起こった少女暴行事件もあり当時沖縄で最高潮に達していた反米軍基地感情を鎮めるために、日米政府は、宜野湾市の真ん中にある普天間基地を閉鎖して、辺野古の新基地にその機能を移転させようと計画しました。辺野古は稀に見る生物多様性を抱え、絶滅の危機にある海洋哺乳動物、ジュゴンが棲息する地域です。

 仲井真知事の埋め立て承認は沖縄県民の民意を反映したものではありません。知事は2010年の知事選直前に、それまでの新基地容認姿勢を変更し、「普天間基地移設は県外に求める」と言って、新基地反対で一貫していた候補を破って当選しました。近年の世論調査では県民の辺野古新基地への反対は7割から9割に上っていました。今回の仲井真知事埋め立て承認直後の世論調査では、沖縄県民の72.4%が知事の決定を「公約違反」と言っています。埋め立て承認は沖縄県民に対する裏切りだったのです。

 在日米軍専用基地面積の73.8%は日本国全体の面積の0.6%しかない沖縄県に置かれ、沖縄本島の18.3%は米軍に占拠されています。普天間基地はそもそも1945年の沖縄戦のさ中、米軍が本土決戦に備え、住民の土地を奪って作りました。終戦後返還されるべきであったのに、戦後70年近く経っても米軍は保持したままです。したがって、返還に条件がつくことは本来的に許されないことなのです。

 今回の合意は長年の沖縄の人々の苦しみを恒久化させることにもつながります。沖縄は、日本による17世紀初の侵略に始まり、19世紀末の日本国への強制併合を経て、1944年には、米軍の襲撃を控え、天皇制を守るための時間稼ぎの要塞とされました。沖縄戦では10万人以上、住民の4分の1にあたる人々が殺されました。戦後、米軍政下において基地はさらに増えました。沖縄は1972年に日本に「返還」されたものの、基地がなくなるとの沖縄住民の希望は打ち砕かれました。そして今日も、沖縄県民は基地の存在によってひき起こされる犯罪、事件、デシベル数の高い航空機の騒音や、環境汚染による被害を受け続けています。戦後ずっと、沖縄の人々は米国独立宣言が糾弾する「権力の濫用や強奪」に苦しめられ続けています。その例として同宣言が指摘する「われわれの議会による同意なしの常備軍の駐留」もあてはまります。

 沖縄の人々は、米国の20世紀における公民権運動に見られたように、軍事植民地状態を終わらせるために非暴力のたたかいを続けてきました。生活を脅かす実弾砲撃訓練に対し演習場に突入して阻止したり、米軍基地のまわりに人間の鎖を作って抵抗を表現したりしました。大規模なデモが時折持たれ、約10万人−人口の10分の1にもあたる人々が参加してきています。80代の人たちが辺野古基地建設を阻止するために立ち上がり、座り込みは何年も続いています。県議会は辺野古基地反対の決議を通し、2013年1月には全41市町村首長が、オスプレイ配備撤回と県内移設基地の建設を断念するよう政府に求める建白書に署名しました。

 私たちは、沖縄の人々による平和と尊厳、人権と環境保護のための非暴力のたたかいを支持します。辺野古の海兵隊基地建設は中止すべきであり、普天間は沖縄の人々に直ちに返すべきです。

2014年1月
ノーマン・バーンボーム ジョージタウン大学名誉教授
ハーバート・ビクス ニューヨーク州立大ビンガムトン校歴史学・社会学名誉教授
ライナー・ブラウン 国際平和ビューロー(IPB)共同代表、国際反核兵器法律家協会(IALANA)事務局長
ノーム・チョムスキー マサチューセッツ工科大学言語学名誉教授
ジョン・W・ダワー マサチューセッツ工科大学歴史学名誉教授
アレクシス・ダデン コネチカット大学歴史学教授
ダニエル・エルズバーグ 核時代平和財団(Nuclear Age Peace Foundation)上級研究員、元国防総省・国務省職員
ジョン・フェファー 政策研究所(IPS)「フォーリン・ポリシー・イン・フォーカス」(fpif.org) 共同代表
ブルース・ギャグノン 「宇宙への兵器と核エネルギーの配備に反対する地球ネット コーディネーター
ジョセフ・ガーソン 「アメリカン・フレンズ・サービス委員会」平和と経済の安全保障プログラム部長、政治学・国際安全保障学博士
リチャード・フォーク プリンストン大学国際法名誉教授
ノーマ・フィールド シカゴ大学東アジア言語文明学部名誉教授
ケイト・ハドソン 核軍縮キャンペーン事務局長キャサリン・ルッツ ブラウン大学人類学・国際問題学教授
ナオミ・クライン 著述家、ジャーナリスト
ジョイ・コガワ 作家、『オバサン』(和訳『失われた祖国』)著者
ピーター・カズニック アメリカン大学歴史学教授
マイレッド・マグワイア ノーベル平和賞受賞者
ケビン・マーティン 「ピース・アクション」事務局長
ガバン・マコーマック オーストラリア国立大学名誉教授
キョー・マクレア 作家、児童文学者
スティーブ・ラブソン ブラウン大学名誉教授・米陸軍退役軍人(沖縄・辺野古にて1967−68年駐留)
マーク・セルダン コーネル大学東アジアプログラム上級研究員
オリバー・ストーン 映画監督
デイビッド・バイン アメリカン大学人類学部准教授
ロイス・ウィルソン 世界教会協議会前総会議長
ローレンス・ウィットナー ニューヨーク州立大学アルバニー校歴史学名誉教授
アン・ライト 元米陸軍大佐、元米国外交官
(苗字のアルファベット順、2014年1月7日現在)
2016-08-16 12:00 この記事だけ表示
日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2016」の第一次ビデオ審査始まっています。

17年前、私と和田さんが文化庁に掛け合って始まったこのコンクール、今年で16年目を迎えた。

毎年、夏休みの行事(宿題)のようにノルマ20本の審査に汗だくになって、疲労困憊の審査です。それでも、面白い作品に出合うとその疲れも吹っ飛びます。今年はまだ、そんな作品に出合っていません。

それにしても、ちっちゃな「私的世界」にかかずらわって、社会や「生きたニンゲン」が「いない」ちっちゃな「演劇人」の姿に、時折、ため息が出ます。

でも、頑張ろう!きっと、面白いヤツはいる!
台湾に行く前に7本、帰国して6本、あと7本頑張ります。
新しい出会いを信じて。
2016-08-10 16:07 この記事だけ表示
じっくり「読みましょう」。
天皇の「肉声」がここにある。基本的「人権」をはく奪されている象徴としての天皇が国民の基本的人権を死守しようとする倒錯の時代?天皇は戦後憲法が生んだ「真」の戦後民主主義者?

またぞろ、これを「改憲」にからめとろうとする悪党どもが、かならず現れる「人非人だらけのニッポン低國」である。
惑わされるな!!皇室典範をかえりゃいいだけである。

天皇のメッセージ 2016年8月8日

 戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

 私も80を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に80を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉(しゅうえん)に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2カ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることはできないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

 国民の理解を得られることを、切に願っています。
2016-08-09 12:38 この記事だけ表示
ということで、昨日は劇団総会。

一般社団法人流山児カンパニーになって初の会計報告。
Space早稲田演劇フェスティバルの企画委員から次々と提案。
劇場リニューアルの提案、楽塾発表会の件など、最後に客演の報告、独自企画の報告など、演劇祭委員も若手にバトンタッチの提案。

3(水)は「OKINAWA1972」の顔合わせ。
今年はSpace早稲田で「OKINAWA1972」2017年1月には「ミュージカル☆メカニズム作戦」とロングラン企画が相次ぐ、わたしたちは根拠地:Space早稲田から「21世紀の小劇場演劇運動」を始めようと思っている。ご期待ください。

総会を終えていつものように居酒屋「おかあちゃん」で飲む。
龍、塩野谷、上田、拓平、弘子、力らと。劇団はいま、確実に次世代にバトンタッチされつつある。
それにしても流山児★事務所の役者たちは様々な劇団に積極的に「客演」をはじめた。いろんなところから声が掛かるのは本当にいいことである。ドンドン呼んでください。いい役者がいまっせ!!

わたしも元気に動けてあと10年、好き放題にアジアや地方で「遊ぼう」と決めている。
アジアの演劇ネットワークの「小さな拠点」に。Space早稲田と流山児★事務所がなれたらいい。
どんなひどい世の中になろうと自由で自遊な空間(アジール)をわたしたちは確保する!
ここから《世界》へ!!!
2016-08-03 13:05 この記事だけ表示
「 台湾マクベス」追加公演を含む全5STソルドアウト大絶賛のうちに終演。全く無名の嘉義の若い劇団が一気に台湾中の注目をあびて、台湾政府文化部長(文部大臣)、嘉義県副知事から「地方発の演劇を支援する」という確約も。嘉義から《世界》への道が出来たのである。この仕事本当にやってよかった。

オーディションWSを含め2か月の若者たちとの格闘=芝居創りは楽しかった。「台湾マクベス」の若い役者・スタッフが、10〜20年後の「台湾の小劇場演劇」を創ると確信した。
・・・・・・・・・・・・・・・・
帰国しました!

「電気止めますよ」、「ガス止めまよ」の通知、投票用紙2枚、税金の督促状、1か月半ぶりに帰国したわが襤褸アパートの郵便物。
コンビニで電気とガス料金を払う。で、久しぶりの素麺、美味い、カンド―。TVに厚化粧のファシストが出てきたので気分最悪になったので消す。ラジオを聞いていると稲田が防衛相に、また気分が悪くなった。日本会議が支配するニッポンかよ!

それにしても、日本は涼しいな。
今夜劇団総会。 明日OKINAWA1972顔合わせ、詩森さんWSやるらしい?

去年の11月〜12月は福島、今年の3月はインドネシア・タイ、5月は台湾台北、6月〜7月は台湾嘉義で芝居を創っている。
ほぼ半年余りトーキョーにいない日々が続いている。 これからも11月は再びのフクシマ。

来年もこんな感じで進んでいく予定。嘉義のOURシアターとは3年連続で芝居つくり。台湾各地やヨーロッパも回る予定。
福島と台湾がわたしの根拠地になる予感?
どっちも、まったくカネにならない「持ち出しのボランティア仕事」だが、これがメチャクチャ面白い、楽しくてスリリング。演劇の原点を再認識できる若い役者たちとのバトル。

「いい余生」の真っただ中に≪私≫はいる。まさに果報者である。
2016-08-02 15:21 この記事だけ表示
永六輔さんが逝った。

渋谷ジァンジァンがあった時代には、本当にずいぶんお世話になった。80年代にはいっぱい芝居を見てもらった。ジァンジァンではなんども怒られたこともあった。30年前、沖縄ジァンジァンでオキナワ国際演劇フェスティバル『アダムとイヴ〜私の犯罪学〜』上演の時は、永さんのステージが終わって、すぐ搬入しようとして「流山児!まだお客さんが帰ってないだろう!馬鹿もん!」と怒鳴られた。ジァンジァンはその日仕込みである。1分でも早く劇場で仕込みたくてスタッフが小物を入れようとしたのである。永さんにお詫びしに打ち上げの店にいったら。頑張れよ!と泡盛をごちそうになり、逆に励ましていただいた。私が『風営法』に対抗して新宿モダンアートというストリップ劇場で伊藤裕作さんと組んで『肉体の門』という「あそこ」を見せないストリップを上演した時、雑誌『話の特集』で絶賛してくれたのも永さんであった。あの時は感動したものだった。

長い間ラジオで毒舌を続けていらしてその直前まで聞いていたものだった。野坂さん、小沢昭一さんも逝った。中年御三家は面白かった。淋しくなるなあ。

ゆっくりお休みください。ありがとう永さん、
2016-07-12 22:16 この記事だけ表示
残念ながらわたし、今回、浮世の渡世で台湾の嘉義にいまして、生まれて初めて「投票」にいけません。この20年余りは必ず「期日前投票」に行ってました。投票所へ行けないので以下をシェアします。日本の政治家で一番頑張っている「等身大」のニンゲンは山本太郎と三宅洋平だけって感じですね。マジメっていうか一所懸命っていうか・・・好きだな、俺、この二人,暑苦しくっていいじゃん。
言いたいこと本音でしゃべってんのっていいと思うよ。

とにかく、みなさん必ず「投票」へ行ってください。「期日前投票」をお勧めします。直前の御用メディアのありもしない扇動=誘導にのせられずに、きっちりと。

で、何としても「改憲勢力3分の2を阻止!」してください。

ほんと、やばいよ!台湾の皆さんも、大変、心配してます。

遠く台湾嘉義の地より。

あなたは、三宅洋平の歌声を
聴いたことがありますか。

https://www.youtube.com/watch?v=W_9QKQ5UpWI
2016-06-30 23:17 この記事だけ表示
流山児★事務所6月スズナリ公演『代代孫孫2016』(作:パククニョン 脚色・演出:シライケイタ 企画:流山児祥)無事、終演しました。

本当に多くのお客様のご来場に、キャスト・スタッフ・劇団員一同、熱く御礼申し上げます。

次回作品はSpace早稲田演劇フェスティバルオープニング作品『OKINAWA1972』風琴工房の詩森ろばの「新作書き下ろし」@Space早稲田 9月15日(木)〜10月2日(日)です。

今度は早稲田でお会いしましょう。
2016-06-21 16:46 この記事だけ表示