流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

クリスマスイブだというのに稽古場は『花札伝綺』の稽古真っ最中。わたしは特別出演ということで来年から参加ということに勝手に決めている、ごめんなさい。
・・・・・・・

楽塾『もーれつ、ア太郎』も作家の佃君を迎えて本読み2日目を昨日(23日)やった。肝さんと佃と三人で「読んだ」これが面白かった。いや、佃くんはほんとにいい役者である。かつて、『tatsuya』『ダフネの嵐』といった作品に出てもらったが・・・・是非近いうちにうちの芝居に出てもらいものだ。
本読みのあと、名古屋弁のセリフのレクチャーが面白かった。リナが録音している様も・・・。

近くの焼き鳥屋で1時間余りビール飲みながら四方山話。ほんとに、いいヤツである。20年余り劇団と付き合ってくれている文字通りの「座付き作家」である。来年は『オールドバンチ』の改訂台本という大物がある。この方向性も決める。早速、動き出そうと思っている。再来年の「新作」の事も・・・。

・・・・・・・

楽塾、明日は3回目の本読みである。なんとか、あさってには「キャスティング」といきたいものである。誰をどの役につけるか悩んでいる。とにかく楽塾は「役者の宝庫」である。

・・・・・・・・

お昼近く、芳林堂で例によって雑誌をぺらぺらめくる。今年の収穫やらなにやら。

一度行こうと思っていた小豆島のうどんを食う。上手し。ビジネスマンランチなるものにはコーヒーもついてくる。いつものように、『浮世根問』の台詞覚えのためダラダラ台本に目を通す。本当は毎日声に出してなきゃいけないのだが・・・これが・・・・。

DVDで『ハートロッカー』何回目かの『十三人の刺客』(工藤栄一監督作品)を見る。イラクの戦場とサムライの戦場。

近くの古本屋で谷川俊太郎の戯曲『いつだって、今だもん』赤塚不二夫名作選全5巻『レッツラ・ゴン』『おそ松くん』『天才バガボン』『ひみつのアッコちゃん』『もーれつ、ア太郎』を購入。


そんなこんなの、ちっとも色っぽくない2010年のクリスマスイブである。
昨日・今日と雲ひとつない青空である。

・・・・・・・・・・
地域コーディネーター養成講座最後の授業。戌井さんの事をしゃべってMISHIMA ワークショップ。
池袋で『ロビンフッド』(りドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット)
・・・・・・・・・
北京蝶々『あなたの部品・リライト』(大塩哲史:作)@渋谷ル・デコ、阿萬由美客演のテアトロサンノーブル公演『この星にともる光』(征矢かおる:作)@小竹向原サイ・スタジオ。

吉原さんと次の展開をジックリしゃべる。『浮世根問』2011年のツアーチラシを創り始める。最終打ち合わせ。

いつものニチジョーである。
・・・・・・・

そんな、2010年の師走。あと2週間で「お正月」。

取手駅前では通り魔がバスの中で13人に切りつける。

民主党は防衛大綱を発表。防衛力強化。

小沢氏は政倫審出席拒否。「裁判で潔白訴える」

週刊こどもニュースもM1グランプリも終わる。

ウイキリークス編集長保釈。

「ティファニーで朝食を」の監督ブレイク・エドワーズ死去。

・・・・・・

今日は息子と久しぶりの墓参。


午後3時前に戌井市郎さんの逝去の報。
愕然とした。
15(水)午前11時17分逝去、とある。
信じられない訃報である。
2006年パラダイス一座の旗揚げに参加してもらって『オールドバンチ』3部作、
楽塾2010年のゴールデンウイーク公演『ほろほろと、海賊』の4本に「役者」で出演してもらった。
わたしはリーディングでもご一緒させてもらった。わたしたちはほんとうに果報者である。

わたしたちは戌井市郎さんの90歳からの「役者=人生」の5年間を「素敵な舞台」を魅せて貰った。
本当にありがとうございました。

11月『愛と嘘っぱち』座・高円寺でお会いした時はお元気で、「これから病院に入って、すぐに次の芝居の演出です」とおっしゃっていたので、「じゃあ、来年初めにパラダイス一座の写真撮影やりましょうね」といってお別れしたばかりだったのに・・・・。

2005年夏、下北沢の劇小劇場で「来年で90歳になります」という戌井さんに「じゃ、先生、一度役者やってくださいよ、今度ジジィの劇団作ろうと持っているんです。銀行強盗の芝居なんですけどね。」と口説いた。戌井先生はあっさり、オーケーしてくれた。

「戌井先生が参加するなら」と、観世さん、瓜生さん、岩淵さん、哮夫さん、本多さん、肝さんら七人のサムライたちが集まって、本格的に高齢者劇団=パラダイス一座旗揚げを劇作家の山元清多さんと決めた。『オールドバンチ』3部作、銀行強盗、殺し屋、オカマ軍団、ほんとに4年間、楽しくオヤジ達は飛び跳ね、歌い、踊り、文字通り爆走した。楽しかった。稽古は毎回3ヶ月余、その間戌井さんは稽古場のアイドルであり座組みの中心だった。そして、真摯に熱心に「90歳の新人男優」はリアルに役を作った。その努力は凄まじいものだった。歌も動きも戌井さんは「完璧」を目指した。何度も何度も稽古しよう!といい続けた。そして、本番の舞台で戌井さんは実に色っぽかった。4年で新内も圧倒的に巧くなった。集中力!と日々の修練を私たちに教えてくれたのである。
・・・・・・・
今年は元さんもひょいっと、彼岸(あっち)へ逝っちまった。ちょっと、2人とも早すぎますよ、2011年12月『オールドバンチ』を改訂して上演しようと決めたのに・・・・。

遺されたものは、ただ真摯に《舞台》に向かうだけである。

ほんとうに、お疲れ様でした。

戌井先生、ありがとうございました。ゆっくりお休みください。
三島由紀夫関係の本をダラダラ読んでいる。「わが友ヒットラー」「サド侯爵夫人」「金閣寺」といった戯曲から猪瀬直樹の「ペルソナ」や川島勝の「三島由紀夫」も読み直したりしている。鈴木邦男と板坂剛の「三島由紀夫と1970年」なんて本まで。でもって、「謡曲集」で原作の「卒都婆小町」も。現存する「卒都婆小町」は観阿弥原作・世阿弥改作といわれている。卒塔婆の功徳ねえ。小町への憑き物という方法を介しての深草少将の百夜通いの芸能化。「通小町」という観阿弥の作品もある。老残の小町が僧の教化を論破揶揄、後半憑き物の本意によって狂女に変身する。詩人と老婆、小町と少将。

ついでに黙阿弥の長編歌舞伎『三人吉三廓初買』を20年ぶりぐらいに読み直したら、これが面白い。三島より歌舞伎やリャよかった、と思ったりして。MusicalもいいけどThe KABUKIもいい。
・・・・
2012年1月〜2月に予定している演出者協会主催の日韓演劇フェスティバル2012の打ち合わせ。坂手、和田さんらと日韓交流センターのメンバーとのミーティング。20年以上の交流の果てのいま、何が?である。

寒い雨の2日間であった。
久し振りに晴れ上がったトーキョーのそら。
年末進行ということで連載の原稿を、やっとこさ、仕上げてメール。原稿はあと3本・・・か。

・・・・・・
さて、台詞覚えである。でもって、来週23日から楽塾の『もーれつ、ア太郎』の稽古が始まる。つかの間にイロイロやることがある。盛岡のワークショップ台本も・・・・。

ひさしぶりに息子に電話。久し振りに墓参りというか「お墓の大掃除」に行く事にする。
ラジオから松尾和子の歌が流れている。

♪逢えなくなって 初めて知った 海より深い恋心
こんなにあなたを 愛してるなんて ああ ああ 鴎にも わかりはしない

♪みんなは悪い ひとだというが わたしにゃいつも いいひとだった
ちっちゃな青空 監獄の壁を ああ ああ みつめつつ 泣いてるあなた

♪仲よく二人 泳いだ海へ ひとりで今日は 来たわたし
再び会える日 指折り数える ああ ああ 指先に 夕陽が沈む


「再会」名曲である。1960年の大ヒット曲。1960年か。
『浮世根問』の台詞覚えのためにダラダラ散歩しなが早稲田甘泉園。日曜日という事でひといっぱい。すっかり初冬の気配。落葉しきり。

龍昇企画新作公演『同窓会へようこそ』(直井おさむ:作 小林七緒:演出)良く出来た中年芝居。それにしても中原さんが抜群にいい。Space早稲田、実に「いい劇場」である。ゆったりとしたアトリエ。贅沢な劇空間とはここの事である。

初日乾杯。ちょこっと飲む。日本酒2杯。

6時すぎ今度はダラダラと新宿5丁目まで。早稲田中学、女子医大、抜弁天を抜けて新宿文化ホールを抜けて「風紋」へ。

月蝕歌劇団実験公演『続・白夜月蝕少女航海記』(作・演出:高取英)、高取劇世界の原点。1時間足らず、30人も入れば超満員札止めのBAR芝居。超満員。喫茶店を舞台にした劇なのでこのロケーションはぴったり。照明は蝋燭と懐中電灯とお店の照明。「風紋」は歴史のアル、素敵なBAR。

・・・・

終演後、「風紋」のマスターと高取と3人でG街へ、写真ギャラリーでもあるSNACK。焼酎の水割り2杯、例によって楽しい世間話。佃へ電話。鹿目由紀さんと平塚直隆くんが日本劇作家協会2010新人戯曲賞を同時受賞したとの事、「おめでとう」。演出者協会の若手演出家コンクール2010の優秀賞も鹿目、平塚くんが受賞している。2010年は名古屋の若手演劇人が大活躍した年として記憶されるだろう。ほんとうに2人ともおめでとう!!高円寺で飲んでいるとのこと、坂手君が電話の向こうで来い!来い!と言っている。行こうかとおもったがすでに帰宅していた。2人には26日の演出者協会の大忘年会の授賞式であえる。それにしても今年もトーキョー演劇の低調振りが目に余る。名古屋は独自の地平でシコシコ「集団=劇団」活動をキッチリやっている。名古屋の「劇団の力」を示した今年の成果である。わたしは40年名古屋の演劇を見ているが、決して商業化されない、ある種の「演劇に対する矜持」を覚える、トーキョー演劇はこの「矜持」をなくしてしまったのかもしれない。トーキョーJ演劇シーンを覆う個的:3メートルわたくし世界では社会=他者とは繋がれないのだ。

・・・・・・・

なぜか、ジョン・レノンの「イマジン」を深夜まで見て寝る。昨夜の南アフリカ映画「トッチイー」に続いて面白い映画である。結局、今夜もちょっと飲みすぎである。いかんいかん。

それから、佃くん、新作『もーれつ、ア太郎』来週締め切りですよ、よろしく。

・・・・・・・
寒い冬の朝である、雨が降りそう。
菅首相「これまでの政権は仮免許だった」あんた、それはないだろう。ほんと、この人何、考えているの?

東京都・石原慎太郎の「青少年の健全な育成に関する条例」改正案反対!!日本劇作家協会の声明に賛成。有害な表現などあるものか!有害な行為と老害の行為はある、それが、慎太郎・猪瀬のような有害・老害政治屋が「いま」やっていること。それにしてもヒドイご時世である。いったいどーなってるんだ。
この3日間あまり移動は全て歩いている。久し振りに歩く事が日常になっている。これが気持ちがいい。


高円寺からの往復、新宿、池袋からの往復、早稲田からの往復なんてなんてことはない。この前は茗荷谷から東大本郷に出て上野・御徒町と移動して都バスで帰宅した。

汗でぐっしょり。これで少しは血圧も下がる・・・確かに少し下がってきた。もう少しでいつもの体重に戻る。三島由紀夫『卒塔婆小町』演出用資料を斜め読みの日々。能曲集、三島評論関係、でもって10冊余り図書館から。

座・高円寺のアカデミー生の発表会で『屋上の人』『寝取られ宗介』、名古屋のあおきりみかんの新作『オンナの平和』を見る。今日は龍昇企画の『同窓会へようこそ』を昼見て夜は月蝕歌劇団『続・白夜月蝕少女航海記』を見る予定。それにしても、12月は芝居が多い!なんで?

とにかく今日も歩く。
久し振りに「完全休日」にしようと思っていたが、ガジラが新宿で新作『さよなら渓谷』(吉田修一:原作 鐘下辰男:脚本・構成・演出)をやっていることを思い出して、見ることに。

夕方、だらだら1時間あまり歩いて新宿3丁目まで。Space雑遊。オーナーの太田さんから「おい、流山児」と声をかけられる。座ったら横が荻野さん。前には上田和弘の顔も。2時間、あいかわらずのガジラ世界を堪能。そうか、今年はこの1本かガジラは?・・・千葉も伊達も塩野谷も楽しそうにやっている。原作の新聞記者が例によって刑事に。来年は2本やると鐘下くん。

終演後、池林房で飲む。亨も一緒。それにしてもほぼ半分は1時・6時の2回公演の20ステージ、大変だ。皆さんがんばってください。

11時過ぎにお開きにする。久し振りにゴールデン街のGへ。高取がいるかな?と思って店のドアを開けたら案の定、居やがった。久し振りにだらだらハイボールを飲む。で、もう一軒Kへ。高取はずーとウーロン茶、エライ。10日初台のDでやる寺山誕生祭の話に。梶芽衣子がゲストとのこと、是非見たいものだ。それにしても、昔から高取と一緒にいるとなぜか、ほっとする。35年近くコイツと付き合っているが・・・・ほんとに面白い奴である。スロベニアとルーマニアに来年行くらしい。俺もいつか連れって・・・と頼み込む。

久し振りに、2時過ぎまで新宿を「徘徊した夜」であった。

さすがに、ベロベロで帰宅。イカン、イカンの飲みすぎである。
3日(金)若手演出家コンクール2010の優秀賞の選考が先日あった。
今年から、選考委員がかなり若返った。モチロン、瓜生さん、今泉さんといった大先輩はいるが、私、篠崎さん、青井さん以下は30代から40代のこの「10年間の最優秀賞受賞者」が選考委員になって若返った。いい事である。

朝10時半から始まった選考会はいつものように先ず選考委員の○、△、×の3段階評価。3人以上の選考委員が全15作品を見ている。

早々に「満票」を得たのは奈良と名古屋の2人の演出家であった。今年の、というか今年も、トーキョー演劇の不作ぶりが各氏より噴出。他者の存在しない演劇、ケータイ演劇、相も変わらない現代口語演劇の亜流、ETC.のトーキョー若者演劇の現在。

あと2人を選ぶのに「本当に」苦労した。結局あと「2人わく」に4人がほぼ一直線でならんだ。「本当に」何回も議論を重ね2時前になんとか「あとの2人」を選ぶ。皆さん、疲れ果てる。

そのうち実行委員会から優秀賞の正式発表があるので具体名は出さないが名古屋、関西の演劇の、その変わらない元気ぶりとトーキョー演劇の疲弊とプチ商業化が語られた2010年のコンクール審査であった。

で、西新宿からあるいて馬場まで。汗ジックリ。

・・・・・・・

久し振りに新転位・21の新作『イグアナを飼う女〜渋谷歯科医院妹殺害事件〜』を見る。変わらない哲ちゃんの劇宇宙。面白い!もう、演劇業界なんかどーでもいい、のぶっチギリの劇的腕力である。でもって、随分見ないうちに役者、とりわけ男の役者たちが成長している。山崎哲という演出家は本当に役者を育てるのが上手い。久し振りに哲ちゃんと飲み馬鹿話、これがいい。モチロン、彼はほとんど飲めないが・・・。「生涯の戦友(とも)」と呼べるのは哲ちゃんと想と高取の3人である。モチロンこの40年間で哲ちゃんとは何回も喧嘩した事がアルが・・・ま、それが人生である。お互いガタガタでボロボロであるが、いけるところまで往くしかねえ。

ちょっと飲みすぎであったが、深夜、神楽坂からあるいて帰宅。結局、1日中あるいて移動したことに。これで、久し振りの「散歩癖」が復活。

・・・・・

4日(土)お昼過ぎ、新目白通りを練馬のほうに歩き始め豊島園まで。これまた久し振り。

汗だくで豊島園のスパに入ろうと思ったがちょっと高いので近くの銭湯にする。これがメチャイイ。これから時には銭湯に行こう。3年前までは風呂なしの部屋だったので毎日銭湯に行ってたが今は風呂があるのでほとんど行ってない。そうだな、劇団員とりわけ新人とはちゃんと一緒に風呂に入ることから昔は始めてたもんだ。いまは旅公演のときぐらいだもんな。

で、シネコンでキムタクの古代進を見る。実写版のヤマトか。ふーん、である。でもこの役はやはり、キムタクだな、笑顔がいい。それにしても土曜日という事で凄い客。

あるいて帰ろうと思ったがやっぱ疲れたので練馬まで歩き副都心線で西早稲田まで。初めて乗る。

・・・・・

ウキリークス!の時代である。さて・・・・。
それにしても海老蔵の事件ってなんなの?それにしてもこの馬鹿役者、一寸は傾(かぶく)って事の本質を考えろよ。どーでもいいけど。

・・・・・・・

6(月)午後、日本演出者協会から若手演出家コンクール2010の優秀賞が発表された。審査詳細は後述となっている。おめでとうございます。

「最終審査」に選出された演出家は以下の4名。

「優秀賞」
 鹿目由紀  あおきりみかん(愛知県)
 平塚直隆  劇団オイスターズ(愛知県)
 金哲義   劇団MAY(奈良県)      
 錫村聡   手作り工房錫村(東京都)     
トーキョーの日常が始まった。
・・・・・・
『ユーリンタウン』ボビー役オーディション、最終選考。5人の若者達と朝からみっちり、阿萬由美にホープ役を頼み、台詞と歌(デュット)の審査。難航するも決める。
元気にまったく違う『ユーリンタウン2011年版』を創り上げる。オーディション後、バレル役にオファーしていた清水宏とひさしぶりに会う。ちっとも変わっていない、あいかわらず、イカレテイル。芝居の話をしていると自然に熱を帯びてくる。この熱が絶対『ユーリンタウン2011』に要る。出演を快諾してくれる。これで、よりアングラでいけるぜ!!

女性アンサンブルの「最終審査」も年末にやることになった。『ユーリンタウン』はほんと1年がかりの準備となる。

・・・・・・
夜は神楽坂で若手演出家コンクールの2次審査のファイナル。今年は旭川の演劇大学が入ったので名古屋・大阪チームの審査がまったく出来なかった。

今年はすっかり審査員が若返った。モチロン、長老の瓜生さんは審査員に加わっているが。これまで10年の最優秀賞受賞の演出家達が「若手演出家コンクール」の運営に関わっている。次世代へのバトンタッチはキッチリ進んでいる。いい事である。

それにしてもトーキョー演劇の悲惨さは・・・・・《他者》と《対話》と《ドラマ》が存在しない、うじゃじゃけたまるで内部に垂れ流すクローン演劇・・・・・おい、おい。

・・・・・
久し振りに劇団協議会の「社会と演劇委員会」。
コミュニケーション・教育。
子どもたちの表現力やコミュニケーション能力を伸ばすために演劇的手法を用いたワークショップが注目されている。2010年度、文化庁・文部科学省がコミュニケーション教育推進を掲げ初年度全国192校が取り組んだ。

まず、「教育に活かす演劇ワークショップ〜経験交流〜」を劇団協議会と芸団協と共催でやることに。

その後、イロイロ・・・・ある。業界である。
・・・・・・
演出者協会を覗くと、事務局の皆さんがてきぱきと働いている。ここにくると元気になる。中津川の総括、盛岡の演劇大学の原稿、その他イロイロ。

ま、忙しいトーキョーの日常が始まった!!だけである。
三田村組のファイナル、蓬莱君の作品。見に行かなきゃ。三田村さん、ほんとにお疲れ様。
朝鮮半島、ヨンピョン島で砲撃戦。緊迫の度を深めている。
・・・・・・・
本日旭川入り。
昔、『がめつい奴』の北海道ツアーで行ったきり、15年ぶりぐらい?

今夜から旭川大学で高校生・大学生・社会人のみなさんと『かわいそうなハナコ』という短編台本をテキストに「遊ぶ」5日間である。4日間のワークショップ。どんな、演出家がくるか楽しみ。

いつもの事だが演劇大学のときは時間がまったく足りなくなる。ま、あせらずにやりましょう。氷点下5度だと、どんな世界だ。ま、寒いところ?・・・・防寒具、久し振りに冬のベラルーシ・モスクワで来たダウンジャケットをだす。

・・・・・・・
『花札伝綺』の稽古が始まった。テラヤマオペラというサブタイトルが相応しい音楽劇。
『卒塔婆小町』というか三島の「近代能楽集」もこのさい旭川で「きちんと読む」事に、でもって
『浮世根問』は毎日2回のおさらい、宿題ミッチリの5日間。ま、無理だな・・・・・・。

・・・・・・・・・
という事で、この日記も来週の月曜日までお休み。旭川行ってきます。