流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

明後日から演出者協会の演劇大学で旭川行きということで、いつもの心臓の薬を取りに病院へ。最近、血圧計をかって血圧を測るのだが連日107〜147 で脈拍が116ってかんじ・・・・。まあ、不整脈だからこんなもんか。病院ではかると87〜112って事になる。例によって血液検査。いつものこと。ワーファリン、アーチスト、クレストール、ムコスタの4種類の薬。

もう、5年以上。血液をさらさらにする薬を飲んでいるから、もし、出血したら血が止まらない。これじゃ、喧嘩も出来やしねえ。ま、もう、そんな歳でもないか。でもって、納豆も食べられない。医者は例によって、タバコをやめる事、酒を控える事、仕事しすぎないようにする事!と言われる。ま、全部、無理だから・・・いつか、俺「真後ろにぶっ倒れる」ことだろう。

・・・・・・
夕方『浮世根問』の台詞をぶつぶつ言いながら2時間近く、散歩しながら神楽坂まで。
100円寿司で夕飯。で、theaterイワトで「山元清多偲ぶ会」に。1階の劇場でビデオ上映、2階に本やポスター、3階の稽古場が飲み喰い歌い話す場所。元さんの骨の一部はフィリッピンに散骨した話を稲葉さんから聞く。ほんとに、元サンを偲ぶにふさわしい「暖かい会」であった。こんにゃく座、純さん、ハット、晴彦さん、黒テント劇団員の歌う「山元清多の芝居歌」!素敵な歌の数々・・・。久し振りに大阪の小堀さんと会う、『浮世根問』大阪公演よろしく。黒テントは次世代にバトンタッチ?。

40年なんて、ほんとあっという間の夢である。元さん、ありがとう。

・・・・・・
雨の中、帰宅。結局は近所の行きつけの焼き鳥やでハイボール2杯で〆る。
1日中、日本酒、ハイボール、焼酎、ビールと飲みすぎた。

・・・・・

朝まで雨。久し振りの二日酔いで目を覚ます。

10時すぎ、雨が上がる。ラジオからはサイモンとガーファンクル。
さて、わたしは明日から旭川ゆきである。私がドラマドクターを担当する作品も決まった。読まなくちゃ・・・である。でもって、毎日の『浮世根問』の自習は続く。

今日からレパートリーシアター『花札伝綺』の本読み、歌稽古も始まる。
私は、終日:本日締め切りの原稿書きの予定。

『浮世根問』の正式タイトルを『夢謡話浮世根問』(うたはゆめ うきよのねどい)とすることに決定、想さんからメール。歌舞伎7文字のタイトルに。これ、佐藤信さんのサジェスチョンもあって・・・、いいタイトルである。これで行こう!!うたはゆめ、浮世は?
昼夜、早稲田の1週間が終わった。
楽塾、ラストデー。お昼過ぎからトップシーン・ラストシーンをキッチリ作り直す。結局はここに来てまるっきりの「演出家」モードに。通し、で、明かりつくり。

楽塾の他のメンバーがおにぎりの差し入れ、ほかイロイロ。
仙台からYさんもやってきた。本番準備。事務所に行くと電話予約も何本か入っているとのこと、楽塾のメール予約とあわせると30余りの予約。客席40近く作る。

七時過ぎ、お客さんが・・・・ドンドン増えてゆく。元劇団員のあゆかも久し振りに楽塾を見に来た。劇団員も続々と。結局は40人をとっくに超えて「満員!」の客席となる。私も、関口も、里美、慶応の学生さんで楽塾のドキュメンタリーを作っている●君らも「立ち見」である。楽塾恐るべし!の本番となる。さすがに当初はあがっていたが14年の蓄積?絶妙のアンサンブルとお互いを知り尽くしフォローしながら何処にもない芝居になっていた。いやあ、面白かった。楽塾でしか出来ない『楽屋』に・・・。50分、お疲れ様。
・・・・・・
公共未来塾の地域コーディネイター養成講座の生徒、MISHIMA、漱石ワークショップ参加者、世田谷でセカンドライフの運動をやっている人といった様々な人が発表会に来てくれた。初めて楽塾を見るという人が半分近く、一様に驚き、カンドーしている。終演後、即劇団員が照明をバラシながら乾杯!で大宴会に自然と突入。12時近くまで。

12月中に佃君から『もーれつ、ア太郎』の脚本が届く予定、年末には稽古開始、今年中にはキャスティング、5ヶ月稽古が始まる。一寸、お休み。

・・・・・

伊藤弘子が客演している芝居が渋谷で」千穐楽。、若手演出家コンクールの審査でいけず、ゴメンね。山元清多氏を偲ぶ会のメール。明日、シアターイワト。

13日(土)、久し振りに甲府に行ってきた。7月のレパートリーシアター『花札伝綺』の下見のため。甲府駅でIさんと出会う。むかーし、甲府演劇フェスティバルをやっていた人であることに気付く。山岳写真家で南極越冬隊の隊員であったそうな。甲府にアル「櫻座」という劇場を運営している人。丁度、写真展を駅前のデパートでやっているというので急遽、Kさん、制作の畝部と3人で見にゆく。とても素敵な山の写真。心が洗われる。

その後、甲府善光寺へ。
物凄い寺。最高のロケーション。何処もかしこも「劇空間」になる。

で、今度は美術館、文学館と回ってみる。これまた何処でも面白い「劇場」に「ナル」。
でもって、櫻座に・・・・ここが凄い小屋!!ベニサンピットよりも歴史アル倉庫。これまたいい!!もう、どこでもいいじゃん!である。これからジックリ、決めてゆくつもりである。正式決定まで、もうしばらくお待ちください。

で、甲府の演劇界のリーダーのひとり、F氏と一緒にミーティング。この人がまた、面白い人物。劇作家協会員でもアルらしく、甲府でプロデュース公演を大きくやられている大先輩。わたしは30年前に、何度か甲府で演出作品を作っている。あの頃劇団を始めた人間もいまや、中年。久し振りに甲府の町を歩いてみると昔の記憶が甦ってきた。

来年の夏までに何がやれるか?きっちり、付き合っていこうと思っている。よろしくお願いします。とにかく、7月は目黒と甲府、8月インドネシア、11月に柏と横浜とじっくり、ゆっくり決めてゆきたいものである。甲府の皆さん是非ご協力ください。

・・・・・・

終電で新宿へ。甲府は特急で1時間半4000円。中央高速バスで2000円、近い!安い!

・・・・・・

久し振りの楽塾。
今日から6日間、楽塾ワークショップ2010:秋発表会『架空の情熱〜清水邦夫:作『楽屋』より〜』の追込み稽古である。

楽塾のメンバーによる自主稽古で作り上げた『楽屋』・・・最後の2週間あまり「遊びながら付き合う」ことにした。だから、「演出」ではなく「監修」が正しい。

が、面白い作品になる!!是非20(土)20時:Space早稲田においでください。待ってます!!
今日は、『愛と嘘っぱち』の整理と稽古場整理。

わたしは朝から1日中かかって原稿書き。
随分前に頼まれていた演劇批評誌の元さんの追悼文。『海賊』『チャンバラ』といった元さんの初期戯曲を読み直したりして原稿を。1969年の処女作『海賊』から『バーディー・バーディ』『チャンバラ』と見続けていた元さん体験から1994年から2009年まで8本の作品を書き下ろしてくれた山元清多氏。感謝しかない。

なんとか、6時前までに書き終える。

これから『謡説浮世根問』の台詞憶え。

明日から2ヶ月ぶりの稽古。

夕方から2011年10月の『ユーリンタウン』のボビー役&アンサンブルのオーディション。夜に4日間の長丁場。200人近くの応募者の中から面白くてパワフルな新メンバーを選びたいものだ。

・・・・・・

同時に来年夏から始まるレパートリーシアターの打ち合わせが詰まっている。カラダがいくつあっても足りない。

ホームページのトップページにも出ていますが、ふらりとあなたの街に流山児★事務所のレパートリーが行きます。どんなところでもいいです。100人ぐらい集まれる、集められる企画があったら行きます。安い料金で面白くて高品質の芝居をお届けします。

とにかく、2011年から5カ年計画!!寺でも神社でも集会所でもライブハウスでもコミュニティカフェでも、村祭りでも、町おこしでも。レパートリーは『謡説浮世根問』、『花札伝綺』、『ハイライフ』、ほかにも『卒塔婆小町』『狂人教育』『盟三五大切』も行きますよ。
・・・・・・・・・・
とにかく、気軽に声をかけてください。

待っています。

流山児祥
なんだかんだの63歳になってしまった流山児祥である。

それにしても毎日上の座・高円寺1で『長屋紳士録』を上演中の柄本さんと顔をあわせては馬鹿話、えもっちゃんは1歳下で誕生日も1日違い。じゃ、明日飲むか?なんて・・・。

麻理から娘誕生のメール。楽屋で歓声。

客の入りが心配であったが、連日の脅威の当日券の伸びでほぼ満員の座・高円寺である。ほんとうにお客さんに感謝。『ユーリンタウン』同様の現象である。

芝居は連日深化している。今日のステージなんか深化しすぎて柏倉太郎がセットに大きな穴まであけてしまった。鉄板に替えろと太郎に。この愛すべき馬鹿役者はホント何処にもいない。


終演後、笛田さんの演出者協会入会のサイン。早稲田小劇場の後輩でSCOTの中心役者であった笛田宇一朗さんが入会してくれた。何十年ぶりかに解体社の清水信臣さんの顔も。坂手君も見に来てくれた。客席には多彩な顔ぶれ。

韓国ソウルの演劇協会会長のパクさん、和田さんらとやきとん屋。バンドメンバーや清水さんらも一緒にわいわいがやがや。その後ガード下に移動。出演者+元ユーリンメンバー総結集の場で盛り上がっている。いつものように瀬戸さんにお世話になる。感謝。で、3軒目の居酒屋で急にみんながHappy birthdayの歌になる、ケーキもゴーインにたべさせられる。ま、うれしい限り。

・・・・・・・
11月2(火)快晴。

かくして63歳の朝。昨日の深酔いで起きたら二日酔い状態、ヤバイ、今日はマチ・ソワだぜ。

今朝の毎日新聞朝刊に「大逆事件題材のミュージカルあすまで高円寺で上演」の記事が。

こうなりゃ、カーテンコールか前座で1曲歌うか?なんておもっていたのだが・・・・無理だな。

それにしても、楽しきわがビンボーひまなし人生である。『ミュージカル:愛と嘘っぱち』面白いです。どんどん、進化しています。高円寺までふらりとおいでください!
以下「JOIN」という日本劇団協議会の発行する演劇雑誌に掲載した原稿を掲載します。


妄想記〜何処でも劇場に「なり」ます!〜 流山児祥

これはあくまでも「劇場」を巡る私的妄想メモです。

演劇で世界を変えられるか?の時代から演劇はいかに国家を支えるか?の翼賛時代に突入したようだ。「演劇」という枠を超え一気に政権交代後、蔓延した《表現=教育》革命は「新しい公共」の時代にふさわしい正統なる文化芸術戦略となった。

戦後最大の「文化政策の大転換点=革命」の真っ只中に私たちはいるのである。舞台芸術が経済効率(雇用創出)と地方分権(地域活性化)で語られる明快さ。「劇場法」はその「正統さと明快さ」ゆえの「胡散臭さ」に総論賛成、各論反対の声が全国で起こっている。

格差演劇の時代・トーキョーのビンボー演劇人たちは「劇場法」何それ?の無関心。一方《表現=教育》革命エピゴーネンたちはアートマネージャー・芸術監督・地域プロデューサーになるため着々準備中。この革命が生み出すのは「天下り」を根絶しても他者の痛みを知らない若き(痴的)演劇エリートの「天上がり」と演劇格差の増大か。

国家・大学・企業一体となった文化・観光・芸術立国による雇用創出これが「劇場法」の内実。「劇場法」は「議員立法」で来年早々提出?されるという。合意形成のないまま法律になる。演劇界の違和感=温度差を埋める努力を!至急に草案・試案を提示し公開討論を!だ。
 
では、わたしたちの「劇場」とは?私たちは志ある友人たちと共に2011年から新しい劇場ネットワーク作りを始める。全国の寺社・教会・ライブハウス・コミュニティカフェ・限界集落などを「劇場化」しそのネットワークを多くの演劇人が共有=協働する。

早稲田のアトリエでプチ演劇祭を5月・6月に開催する。役者はカラダひとつあれば何処にでもふらりと往ける。5月から8月にかけて北村想との2人芝居、北村想:作『謡説浮世根問』、寺山修司:作『花札伝綺』三島由紀夫:作『卒塔婆小町』の3本を持って海外そして全国を回る。呼んでくれれば、何処でも行きます。劇場は「ある」のではなく「なる」のです。劇場とは自由に「他者」と出会う解放区=アジール(避難所:自由空間)なのである。

また、この時代、公共劇場を真に民衆のアジール(避難所:自由空間)にする〜創り・観る・集まる、人々の「寄り合い」の場所にする〜ことが河原者の末裔であるわたしたち芝居者に課せられた緊急のテーマなのである。

最後に、金が仇の娑婆世界(鶴屋南北)の格差国家ニッポンへの提言。芸術家のセーフティネットの効率的な社会環境整備政策はベーシック・イン・カム=基礎所得保障制度導入・実施である。


経堂からまた早稲田へ戻る。
土曜日は最後の休み。
原稿3本なんとか書き上げ、楽塾の稽古をちらっとみて青山劇場。バーンスタインのミュージカル『ワンダフル タウン』初日を見る。安蘭けい、別所哲也主演。レナード・バーンスタイン没後20年というわけでこの作品が「日本初演」となった。未来を信じるタフなアメリカンのHappy endの作品。超満員の青山劇場。

久し振りの渋谷なので鳥金で焼き鳥とサワー。
帰宅して原稿2本。

・・・・・・・

寒い冬のような日曜日。美術作業、衣裳、小道具と作業日。稽古は3時から。
あと3日間の稽古で小屋入り。実にパワフルで何処にもない和製、革命ミュージカル『愛と嘘っぱち』ディス・イズ・ジャパニーズ・ミュージカル!世界初演!である。

さあ、細かく丁寧に創りましょう。
・・・・・・・
《出会い》を求めて、あらゆる場所を《劇場化》する試み、これがこれからの私たちの演劇活動の一方の軸になる。演劇を街のど真ん中に取り戻す試み。演劇業界から遠く離れて、街の人々とおもいっきり、芝居を楽しもうと思って、いろんな人に声かけしている。

5月北村想との二人芝居『謡説浮世根問』の第1次ツアーっていうか、一宿一飯先がとりあえず、出揃った。大阪・名古屋・津・盛岡・仙台・柏で、ほぼ1ヶ月、すべて60〜100人ぐらいのフリースペース。地域のコミュニティの集会所、ライブハウス、小劇場の6箇所。

7月〜8月にかけて上演予定の『花札伝綺』は海外の演劇祭を皮切りに目黒・沼南町・甲府・石見銀山?あたりの寺・神社を回ることに・・・いま,最終的なスケジュールを・・・・・スケジュールってかんじでなく、ふらりと行くことが主眼目。

これは、嘗ての「運動の演劇」や「革命の演劇」とはまったく違う、真のアジール(自由空間)を探す試みである。たかが、河原者の末裔でしかない、わたしたちビンボー役者に出来る事はテメエのカラダ使って町のど真ん中で「ごろーん、晒してみせる」のが渡世ってもんだ。ビンボーと無名!これって一番ステキな事なのである。やりたいことをやれる。現代演劇史などに残らない、熱い《出会い》を求めて・・・・。

出会いの「場」が劇場に「なる」のである。シンプルによりシンプルに、演劇による出会いを楽しもうと思っている。わが町に来て!と気楽にお電話ください。低料金で「世界演劇の地平」にある、大衆的でそれでいて志のある「音楽劇」を持っていきまーす。

・・・・・・・・

『愛と嘘っぱち』順調に昼・夜9時間稽古が進んでいる。それこそ40年間で300本以上、一銭のカネにもメイヨにもならないのに、身銭切って、まるで無償の愛をささげるように芝居作っている。家も家庭もすべて無くしてボロアパート住まい、心臓の持病もこうなりゃ一生の友達である。気楽にノー天気に、である。所詮、たかが役者人生である。

・・・・・・・・

でもって、毎回、あああでもない、こうでもないと役者・スタッフと一緒に喋りながら悪戦苦闘している。これが面白いのである、おれってほんと馬鹿だなあ、と思いながら、やりながら、喧嘩しながら「テキストを集団で読んでいる」のである。

まあ、俺は一生巨匠になんかなれないし、なりたくもない、演劇史なんてものにも残らないし、残りたくもない。ただ、現場で常に役者として、劇団のニンゲンとして、現役でいること!である。今年も365日、ほとんど「毎日」わたしは稽古場で芝居を作っている。たぶん、死ぬまでこの調子である。

現場にいること、居続ける事。多くの戦友が次々と彼岸へ逝っている。生きている限り、俺は稽古場に居続ける。失うものは何もない。

・・・・・・・・・・・

明日、『愛と嘘っぱち』通し」!本番まであと15日!

2011年2月・3月Space早稲田で1ヶ月ロングラン上演する劇団員総出演による流山児★事務所レパートリーシアター2011のレパートリー3演目決定!!

@『花札伝綺2011』(寺山修司:作 青木砂織:演出 本田実:音楽 伊藤弘子・上田和弘・イワヲ・里美和彦・冨澤力・平野直美・木暮拓矢・坂井香奈美・武田智弘/流山児祥ほか出演)

A『謡説浮世根問(うたでとくうきよのねどい)』(北村想:作 小林七緒:演出 流山児祥・北村想の2人芝居)

B『卒塔婆小町』(三島由紀夫:作 北村真実:演出 諏訪創:音楽 塩野谷正幸・栗原茂・木内尚・谷宗和・小林七緒・柏倉太郎・阿萬由美・荒木理恵・山下直哉ほか出演)


※2011年5月〜8月全国ツアーの上演場所を探しています!

只今、5月『浮世根問)7月〜8月『花札伝綺2011』(作:寺山修司)をアナタの街に呼びたい、是非来てくれ!のご連絡をお持ちしています。大至急ご連絡ください!!

ホント何処でもやります、低料金で。お近くのお寺、神社、ライブハウス、集会所、学校の校庭、盆踊りの公園へ行きます。是非、流山児★事務所までご連絡ください!モチロン海外も・・・・http://www.ryuzanji.comまで。

第1回Space早稲田演劇祭2011も4月〜6月開催決定しました。第1回の参加劇団は近日発表予定!!フェスティバルディレクター:龍昇を中心に運営委員会がいま鋭意企画進行中。オープニングは恒例の楽塾!参加5〜6劇団の予定。

わたしたちの表現の根拠地=Space早稲田を中軸にさまざまな社会と共有できるえんげきを作っていきます。ご期待ください。流山児★事務所は変化・進化・深化してゆきます。
本当に、久し振りに映画を観る時間がとれた。池袋H劇場で『十三人の刺客』(三池崇史監督 役所広司:主演)を見た。1963年工藤栄一監督の名作映画のリメイク。私にとっても傑作のひとつである。ときたま、DVDで何度か見返すほどの作品でもある。片岡千恵蔵・里見浩太郎・嵐寛寿郎・内田良平・菅貫太郎といったスター役者達による集団時代劇であった。工藤栄一という集団のドラマに固執した名匠がとにかくリアルに殺し合いという殺陣を生み出し、光と闇の映像世界が今でも鮮烈に残っている。

半世紀を経ての今回のキャスティングがオモシロイ。とりわけ最凶の暴君を演じる稲垣吾郎の造型が《現在の世界》を現していて面白かった。まあ、このダメ男の死に場所を見つけるための2時間20分にもなっていて、ホントふざけんな!と首をはねたくなる。それも厠にごろり、うじむし!!いやあ、飽きずに見れました。

三池監督は昔はどうもその「やりすぎ」でいただけなかったが今回は実にキッチリと「映画でしかできない事」を徹底して「アクションにしている」ところが気に入った。工藤栄一監督版よりある意味映画の快楽=愉悦を備えた作品に仕上がっている。説明的台詞は全くなく乾いていて事実の映像を羅列し、あとは「観客の想像力」にゆだねている。映画はコレでいいのだ。テレビじゃねえんだから。芝居もこれでなきゃ・・・・うん参考になりました。

主演の役所広司は千恵蔵御大と違って真っ先に「その他大勢のように」突っ込んで行く。これが実にいい。スターもヘッタくれもない、ただ「無名の戦士」たちの「むなしい殺し合いの50分」の大殺陣!!

サムライなんてイキモノのむなしさをきっちり、見せてもらいました。伊勢谷くんが一番の儲け役。

結局、体制=権力だけは生き残り(サムライ達はコレを守っているだけ、いまも同じ!)、100年後にっぽんはヒロシマ・ナガサキの破滅まで突き進んで行く。

トップクレジット「この物語は広島・長崎に原爆が投下される100年前の物語である」という文字がきちんと観客の胸に落ちる仕掛けになっている。巧い。
・・・・・・・

その後、都電で早稲田まで。

今日からミッチリ前半から小返し。
とにかく、役者達と喋って作っていくことにしているいつもの事だがコレが大変。デモ、コレでいく!
・・・・・・・・

で、今日は午前中から1週間ぶりの地域コーディネイター養成WS。

でもって、『愛と嘘っぱち』の稽古はデモシーン。所謂、赤旗事件である。さて、どうする。

わたしたちはとにかく目の前の『愛と嘘っぱち』をきっちり作る!これである。