流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ひょんなことから、浮世の義理で「地域コーディネイター養成ワークショップのコミュニケーションワークショップ講師」を半年やるkotoになった。来年から始めるお寺や神社で芝居を始めるので
地域とりわけ疲弊しきっている地域社会の片隅で他者とつ・な・が・り・た・い人々との《出会い直し=生き直し》は私にとってもいい体験になると思って引き受けたのである。

「社会のためになること、人に喜ばれること」を仕事にする人材!を養成する実践的な訓練(ワークショップ)流行の言葉で言えばいわゆる「新しい公共の未来を開く」社会的起(企)業人を養成するワークショップ!である。

様々な人がいて、演劇人でできる事がある!からと随分前から頼まれていた仕事。私でなんか手伝えたら、でもって、面白そうなので引き受けた。毎週:木曜日午前9:40〜12:30までの3時間、茗荷谷にある日本社会事業大学文京キャンパスで半年間。受講生は20人。

自分の中の生きる力=新たな可能性を発見する。地域(コミュニティ)の再生、《生き直しワークショップ》。

まず、みなさんに、地域社会の問題として、@他者(コミュニティ)の痛みを共有する想像力を持つ A自ら問題点を発信する表現力を持つこと を演劇的なやり方でやろうと思っています・・と、喋ってハチャメチャな自己紹介を1時間マシンガン・トーク。

休憩後、2時間20人の「ちょっと長めの自分史」を語ってもらいながらの自己紹介、モチロン何を起業しようと思っているかも語ってもらった。途中で全員が質問というか「対話的な自己紹介」(コレが面白かった)となって、2時間はあっという間。コレがメチャ劇的!!結局、6人しか出来なかった!!来週もこんな感じで行きます!でワークショップ初日を終えた。

30代から70代までの20人。本当に「様々なる劇的=激的人生」があったし、これから!を真摯に探している「20人の人生」である、この人たちと半年間、私も一緒に《生き直し》?の方向性を見つけたいと思っている。2時間彼らの話を聞いていて、傲慢だが私なりに真摯にこの人たちと「遊びたい」と思った。

それにしても20人見事にキャラクターがあってこのチームだったら「いい劇団?!」が半年後には出来そう?なんて不遜な心が。楽塾の始まりもこうだったっけ?ここに居る20人で「起業」したらどーよ?

・・・・・・

雨の中、護国寺まで歩く途中、講談社のビルを始めて見る。凄い!かっこいい。美味しそうな蕎麦屋でせいろ。文京区はほんとに学校の町なんだ?御茶ノ水女子大、そうか、ココには林泉寺って芝居やらせてくれる寺があったっけ!てこと思い出していた。


・・・・・・・

いつもの通り粗立ち進む。

何とか3分の2まで荒立ち。
通してみて確認、少し早めに稽古を取って役者達のミーティングに変える。

今週中にはなんとか、ラストまで粗立ちしたいものだ。誰に言っているか、どこにいるか。

1時間45分舞台に居続け、も・の・が・た・りを伝える事・・・これである。
名古屋10時半着。あおきりみかんのS君がお迎え。中津川のCAMPで先週一緒だった。

彼らの拠点でもあるG−PITで地元のケーブルテレビの取材。
東海放送の生番組のゲスト、もとナビの役者だったパーソナリティとMusicalについて。名タイの名物演劇記者であったUさんの「名古屋劇場ジャーナル」の取材。22、000部の立派な情報紙、名古屋の演劇状況についてのアレコレ。で、夕方、栄のアートピアで鹿目由紀さんと2人で今度はS君のディレクションになるHP用ビデオ撮り。あおきりみかんと流山児★事務所のお客にMusicalのお客さん、でもって、とにかくフツーの人にふらりと来てもらいたいものだね、で一致。

次の名古屋情宣は10月5日(火)、新聞社、雑誌社周りでもう一度ケーブルテレビの予定。午前11時から夜19時までミッチリ。お疲れ様でSくんと駅前の手羽先やさんでビール、赤福を買って帰京。

水上勉の『冬の柩〜古河力作の生涯〜』を読む。古河力作を描いた戯曲。名古屋名演会館企画制作で昭和52年木村光一:演出で上演されている。良く書けている、参考になった。

冷たい雨が降り続けるトーキョーである。
・・・・・・
今日から粗立ち。

本格稽古の始まり、あと1ヶ月、楽しみながら『愛と嘘っぱち』作りましょう、みんな。

・・・・・・・
なお、本日より来年秋座・高円寺で再演する『ユーリンタウン』(別所哲也主演)のボビー役およびメインキャストを含むアンサンブル(出演者)を募集します。11月オーディションです。ふるって、ご応募ください!!新しい才能との出会いを待ってます。詳細はhttp://www.ryuzanji.com

Musical『愛と嘘っぱち』は私たちのMusical宣言でもあります。ご予約はお早めに!!
久し振りの柏。

柏プラザの2階にある中華飯店。400人の同窓生のなか参加者100人余。2割は既に死去?
先生は7人、皆さんご健在で、元気溌剌、コレってすごい事である。担任のY先生の顔も。そりゃそうだ、あの頃29歳だった!?って。つまり、俺らより10歳上のアニキでしかなかったのである。そうでなきゃ、卒業式の後、寿司屋のただしのうちで大宴会やって皆と朝まで一緒に飲んだくれて!!なんかいられないってもんだ。それにしても、悪友がみんなジジイとババアになっている。まあ、それなりに色っぽいおばさんも居るが・・・・?2年前にも同窓会があってほとんどの奴らはわかるが、今回、始めて参加なんてヤツラもいて、まるで浦島太郎の竜宮城の集会の部分も。

おれは、聴いてねえかもしれないが、とにかく「来年春、柏で芝居やる」と宣言!それなりに反響アリ。全てはこれからだ!

同窓会終宴後、柏アートラインのKさんと短いミーティング。上演予定のライブハウスのスタジオウーの下見。柏神社の下見のあと2次会に。同窓生はみんな、俺の芝居を見に来いよ!!である。

カラオケスナックにオジサンおばさん30人余りがいるのは実に壮観。1曲だけ歌う「逢わずに愛して」同窓会、次は来年、10月だそうである。まあ、生きていたら再見!である。

そのあと、こじゃれたBARでO,T、Nらと来年の「作戦会議」というか馬鹿話、喋っているといつのまにかまったく高校生に戻るっていうのが面白い。とにかく、ちゃんと「馬鹿馬鹿しい事」をやることを!で一致。お互いカラダに気をつけて・・・・。柏のまちはそれにしても変わった、大都会である。

・・・・・・・・

メチャ酔いで常磐線に乗って、馬場の駅の近くでたこ焼きをかって帰宅。

・・・・・・・
さて、明日は早朝から夕方まで名古屋で「長久手公演」の情宣。ぐわんばりまーす。
秋の新作ミュージカル『愛と嘘っぱち』は順調に進んでいる。
とりあえず、4章まで本読みと歌のチェック。全員のキャラクターが出揃う。歌もカットしたりセリフの間に入れたり構成しなおしながら進んでいる。
事実・史実が入り混じった3章までの構成は「よりわかりやすく」をモットーにもっと考えて・・・だ。来週からだいこさんの動き・ステージング・振付も加わる。だいこさんとははじめての仕事になるので、だいこさんが振付・主演した『市電うどん』のDVDを見直す。だいこさんとのコラボレーション、さていかなるものに?

10時過ぎまでみっちり、事務所に行って明後日:26(日)の名古屋公演情宣の打ち合わせ。長久手公演は鹿目さんの劇団あおきりみかんが制作協力。中津川CAMPで一緒だったSくんと一緒に地元テレビなどを回る予定。

それにしても、このところほとんど日曜日に東京にいない。先週は中津川、先々週は名古屋、その前は福岡と・・・・・というわけで、楽塾の自主稽古『楽屋』の稽古には全くいけず、本当に申し訳ない。とにかく、好き勝手に「楽しんで作ってください!」と勝手なエール。

・・・・・・
涼しさを通り越して寒い。一挙に10度以上温度が下がっている。台風の余波で風も。

でも、昼過ぎには晴れ上がる。
今日は柏の中華飯店で東葛飾高校第38期生(昭和41年1966年卒業)の第4回同窓会。「様々な人生を送ってこられた皆様の来し方行く末を」語り合おうってわけである。あの悪がきどもも62歳のジジイとババアになって・・・・でも、きっとまだ色っぽい?え?

来年春から予定しているレパートリーシアターのトップバッターを柏からはじめようと思っている。まあ、仲間集めである。どこでもいいから、芝居できるとこある?と河原乞食の体できちんと・・・である。

もうひとつの故郷の荒尾からも芝居作りの話が!・・・・ふーん、面白そう。
名古屋からお昼過ぎに帰京。
昨日、劇作家の山元清多氏の死去の報。
愕然とする。肺ガンで治療中だったけどまさかこんなに早く逝去するとは思いもよらなかった。こういうことがホントに起こるんだ。

・・・・・

考える暇なく「現実」の時間が進んでゆく。
『謡説浮世根問』の稽古、いつもどおり。稽古中に黒テントの坂口クンから稽古場に電話アリ。

順調に稽古は進む。生きているニンゲンは生きていてやるべきkotoをやるしかない。

・・・・・・・

夕方、『ミュージカル:愛と嘘っぱち』の稽古イン。
総勢30人近くのメンバーが早稲田に。このニンゲンたちと私はこれから1ヵ月半、芝居を作るのである。

・・・・・
元さん、ホントにお疲れ様でした。ゆっくり、お休みなさい。合掌。
きちんと、やりまっせ『オールドバンチ』!! それにして、悔しい、悔しすぎる訃報である。
『浮世根問』順調に稽古は進んでいます。
稽古しながら台本を作っている・・・・これが面白い。毎日いろんなところがインプロ(即興)になるのだがそこをどんどん深化させて行き、なにやら・・・・凄い展開に。これがいい。

今日は劇団協議会の理事会で午後2時から3時間しか出来なかったがラストシーン近くが「変わった」。これでいきましょう。

夜は小林七緒と一緒に演出者協会の若手演出家コンクールの第2次審査。全15本!これまた秋の恒例なんだが今年はイロイロあってホント大変


明日は私の都合で午前10時から稽古。

・・・・・・・・・・・

夕方には恒例の名古屋の豊田公子ダンススタジオ公演に佃典彦らとゲスト出演のために名古屋行き。夕方から1日だけのスタジオ稽古。ほんんと、なんのこっちゃのセプテンバーの始まりである!!よろしく、ぐわんばれ、オレ!!なんと今月はもう一度名古屋行きになりそうである。もちろん、『愛と嘘っぱち』長久手公演の情宣のため。『愛と嘘っぱち」長久手公演は劇団あおきりみかんにお世話になりっぱなしになりそう、有難うございます。よろしく!!

 
豊田公子ダンススタジオ主催 Dancing Wave 2010

9/12(日) P.M.6:00開演 名古屋市芸術創造センター

今年も豪華ゲストが……。我がスタジオの公演には欠かせない俳優 佃典彦氏,伊沢勉氏,木村庄之助氏,岩田和丈氏に加え,東京から役者:流山児祥氏,ソウルフルなジャズシンガー プリスカ・モロツィさん,トロンボーン奏者 ドナルド・ギブソン氏も登場。どうぞお楽しみに!!
わたし、一生懸命ヤリマス。ただ、それだけ。
2ヶ月ぶりの想ちゃんとの稽古。
面白いもので始めたらちゃんと感触が戻ってきた。
いい感じでみっちり4時間稽古三昧。疲れ果てる。そりゃそうだ、だって二人芝居だもん。

これまた、久し振りに上の北京で焼きそばで夕食。二人芝居のポスターの写真、アラーキーに撮ってもらおうと決める。
・・・・・・
夕方から劇団総会。久し振りほぼ全員参加。30人近くが稽古場にいると壮観。
来年2月・3月のレパートリーシアターのスケジュール決定。2011年5月〜7月のツアーの上演場所を劇団員総出で緊急に探し出す事を決定。

只今、『花札伝綺』(作:寺山修司) 『卒塔婆小町』(作:三島由紀夫)の2作品をアナタの街に呼びたい、来てくれ!のご連絡をお持ちしています。気楽に、何処でもやります、それも低料金で。時期は2011年5月〜8月までの間、お近くのお寺、神社、ライブハウス、集会所、学校の校庭、盆踊りの公園、何処にでも行きます。是非、流山児★事務所までご連絡ください!モチロン海外も・・・・。というわけで海外公演の話も。

来年から始めようと思っている第1回Space早稲田演劇祭2011についても新人の龍昇から提案、運営委員も決まり本格的に動き出した。わたしたちの表現の根拠地であるSpace早稲田を中軸にさまざまな社会と共有できるえんげきを作っていく。

・・・・・・・・・・・
「ユーリンタウン」ボビー役・アンサンブル募集のチラシの最終校正。

総会終了、『花札伝綺』の本読み。キャスティングのために。6ヶ月、既に作品作りが始まっているのである。演出は青木砂織。メンバーはこれまた面白い組み合わせ。

・・・・・・・・・
『愛と嘘っぱち』デモDCが浅井さんから。
さて、こっちも13日(月)から稽古場が1日中動いている。いいことだ!!!



『櫻の園』無事千穐楽、鳴り止まぬ拍手でもう一度舞台へ。本当に酷暑の中、お忙しい中、多数のご来場誠に有難うございました。久し振りにたつまと開演前にお茶のみながら世間話。

バラシ、地下の居酒屋で打ち上げ。安奈さんの差し入れの日本酒をしこたま飲む。わたしは打ち上げはいつも1次会で抜け出す事にしている。

早めに帰宅。次回作の台本と明後日から再開する『浮世根問』の台本をめくる。

それにしても今年は面白いレパートリーが続く。次回作は大逆事件!!それもミュージカルです。

・・・・・

雨である。久し振りの雨である。さすがに涼しい。台風である。今日はお昼過ぎから片付け。私は演出者協会理事会。今月は「休み」なしのハードな日々が続く。がんばろう、楽しきわが人生じゃないか。

・・・・・・・・・・・

石川啄木の詩より。

われは知る、 テロリストの  かなしき 心を
言葉とおこなひとを 分ちがたき ただひとつの 心を、
奪はれたる 言葉のかはりに  おこなひをもて語らんとする 心を、
われと わがからだを 敵に擲(な)げつくる  心を

しかして、そは真面目にして 熱心なる人の 常に有(も)つかなしみなり。
熱心なる人の 常に有つかなしみなり。

はてしなき 議論の後の 冷めたるココアの ひと匙を啜りて、
冷めたるココアの ひと匙を啜りて、
その うすにがき 舌触りに

われは知る、テロリストの かなしき 心を
われは知る、テロリストの かなしき、かなしき 心を。

9月公演『櫻の園』1(水)〜7(水)まで7日間9ステージ:池袋あうるすぽっとで上演中です!!

上演時間2時間30分(休憩10分を含む)。堂々の大作が完成しました。当日券の発売は開演の1時間前から。全ステージ「余裕アリ」です。ぜひ、ふらりと池袋あうるすぽっとまでおいでください。待ってます!!
・・・・・・・・・・・
流山児★事務所が初めてチェーホフの「名作」に挑み、笑えて泣ける現代のニンゲンドラマに再創造。ここにはどーしょーもない出来損ないのニンゲンたちが「蠢いて」います!

元宝塚歌劇のトップスター:安奈淳を主演のラネーフスカヤに迎え、いまや現代演劇界のトップ演出家でもある千葉哲也がェーホフ劇の「初演出」で挑みます。アーニャは『ユーリンタウン』で鮮烈主役デビューを飾った関谷春子、また毛皮族のトップ:町田マリー、桟敷童子のトップ男優:池下重大、そして実力派:下総源太朗を客演に迎えて贈る前代未聞の「流山児流:熱いチェーホフ喜劇」にご期待ください!!

今回わたしは役者に専念しています。『かもめ』のトリゴーリン役以来、20年ぶりのチェーホフ劇です。楽しみます!!是非、ご来場ください。何処にもないガーエフです。ご期待ください。オモシロイです!!

あうるすぽっとチェーホフフェスティバル2010参加作品

『櫻の園〜喜劇四幕〜』

2010/9/1(水)〜9/7(火)
開演時間:19時開演 4(土)・6(月)はマチネ:14時の回もあり。5(日)・7(火)は14時のみ。

会場:豊島区立舞台芸術交流センター:池袋あうるすぽっと(有楽町線「東池袋」6・7番出口より直結。JR池袋東口より徒歩10分。)

作/A・チェーホフ 翻訳・台本/木内宏昌 演出/千葉哲也

出演:安奈淳/流山児祥・塩野谷正幸・伊藤弘子/池下重大・町田マリー・関谷春子/栗原茂 イワヲ・小林七緒・坂井香奈美・朝比奈慶/下総源太朗

問い合わせ:流山児★事務所 03-5272-1785 当日券・予約受付中!!全ステージ「余裕アリ」です。とりわけ9月1(水)〜4(土)夜のステージが超オススメです。4(土)・ 5(日)マチネは「残席僅少」です。お早目のご予約を!!
三幕・四幕の通し。
『櫻の園』は着々と出来上がっている。確実に、誠実にあとはテメエのドラマとして『櫻の園』のテキストをどう食い破れるか?だ。これがなかなか?

ゲンタロウも今日から参加。

通してみると1時間10分。前半が1時間15分だからいまのところ2時間25分。果たして来週からの「通し稽古」で2時間15分になるか?まあ、やってみましょう。関係性は出来た、これからはお互いの関係のスピードだ。

・・・・・・

今日は役者達は呑み会。私はDVD審査の続き。3本ノンストップで見ている。明後日までまだ観なければならない。

おまけに、明日22日(日)は札幌教育文化会館で行われている「教文演劇フェスティバル2010」のメイン企画「教文短編演劇祭」の審査員。日本劇作家協会東海支部の「劇王」参加権を得る初代北海道チャンピオンベルトをもらえるらしい。だから、佃典彦と一緒。

・・・・・
というわけで、朝早く札幌。あさっては朝帰京。
お昼過ぎから「初通し」。いつのまにやら『櫻の園』本番まであと、10日!である。