流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

メチャクチャ暑ーい1日だった。

池袋で参議院選の不在者投票。いつものことだが、今回もきっちり。で、都電に乗って早稲田へ。電車の中で知り合いに会う。

朝から『お岩幽霊』の荷物トラックへの積み込みを終えて、久しぶりに稽古場は通常の状態に。

楽塾の自主稽古、清水邦夫の『楽屋』をテキストに3チームが自主稽古、ワークショップにいそしんでいる。慶応大学の学生さんが楽塾のドキュメントを始めるらしく、稽古場に。

『楽屋』の台本をカット、30分余りのテンポのいいスリムな稽古台本に・・・。稽古終了後、久し振りの呑み会。馬鹿話しきり。楽塾はやっぱり面白い。とにかく、いわゆる演劇にならなくするには?である。

さて、明日は仕込み班は7時過ぎ羽田発。10時から松山市民会館仕込みとなる。私は第2次班で11時出発。かくして、明日から『お岩幽霊』ツアーの始まりである!!松山の皆さん是非ご来場ください!!

では、1週間、四国・九州ツアー元気にいってきマース!皆さんもお元気で!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『お岩幽霊』四国・九州ツアーの前にやることいっぱい、バタバタである。小林七緒が演出している新国立劇場演劇研修所3期生の発表会を新国の稽古場で『橋を渡ったら泣け』(土田英生:作)を見る。イワヲが美術と舞台監督。凄いセットが組まれている。ふーん。これみんなで作ったの?いいことである。セット作って、小道具も衣裳も考えて芝居は集団で作ること!という原点をキチンと七緒先生とイワヲ先生は教えた2ヶ月であったらしい。もし、できるんだったら小劇場の前の噴水あたりであれを海に見立てて「コンクリートや階段当たりでやる」っていうのもありだと思う。BESETO演劇祭で平田さんの『東京ノート』上演をロビーを使ってやってるというじゃない。駐車場だろうと、新国の敷地にはいっぱい「劇」の生まれる《場》がある。稽古場で芝居つくりの原点を知るのもいいが、芝居のもうひとつの最も重要な原点=芝居は何処でも出来る!を一度やってみる事である。

次回作『櫻の園』の美術・衣裳打ち合わせ。初めて石原さんと仕事をする事に。演出の千葉ちゃんからいろんなアイディアがでる。世界の何処にもないチェーホフが生まれる予感。3日から前売り予約の受付も始まりました。よろしく。

来年から予定している神社・寺廻り公演。全国にある限界集落に芝居を持っていく!がテーマである。そのための作戦を伊藤さんがイロイロかんがえている。壮大で面白いkotoを今年の夏始める。兎に角勉強と実践。みんなよろしく。

座高円寺1のリオ・フェスで青蛾館の『青ひげ公の城』を見る。それにしても久しぶりに聞く寺山修司のコトバ・・・・同時進行する理生さんの『悪徳の栄え』に感慨を覚える。

アルゼンチンがドイツにメタ負けのゲームに・・・・。

5日のツアー出発前。イロイロと忙しい日々である。

4月9日に亡くなった井上ひさしさんの「お別れの会」が夕方から東京會舘で開かれた。立錐の余地がないとはこのこと、凄い人の群れ、井上さんの交流の多さを物語っている。文学界や演劇界などの多くの関係者約1200人が出席し、この幅広い分野で活躍した「現代の戯作者」を偲んだ。私は井上喫煙ルーム(井上さんが喫煙している写真が飾られている)にほとんどいた。別役さんや岩松くん、山本監督、有紀哉らも。途中抜けて祭壇に行くと400冊の著書が飾られていた。丸谷才一さんと大江健三郎さん、栗山民也さんの弔辞。小曽根サンのピアノによる献歌の数々。最後の「マック・ザ・ナイフ」のメロディによる「劇場賛歌」に涙。ホントーに井上さんお疲れ様でした。閉会後には一般読者や演劇ファンらの多くの人が記帳に訪れたという。

それにしても会場内で何人からか「演劇界の危機」についていろいろ聞かれる。トーキョー演劇=J演劇の末期症状。おのれら位置をきちんと《集団》で認識し、惑わされずに往くしかない。ここではない別の場所にわたしたちの演劇を求めて・・・だ。体制翼賛化し、実験性・反逆性を喪失した《劇場》などに《演劇》はない!志あるヒトとヒトの出会いの《場》そこが劇場であり演劇である。

帰宅。
チェーホフの『櫻の園・台本』と北村想の『浮世根問』第1稿を読む、とにかく台本をキチンと読む、読む、読む。あ、『謡説浮世根問(うたでとくうきよねどい)』という歌舞伎風のが正式タイトル決まりました。かくして『お岩幽霊』も加えて3本の台本との「格闘の日々」が始まった。何となく、3本を結ぶ糸がある。それはどーしようもない人々のものがたりだということ?カブキじゃん。

朝から仕込み。私は演出者協会で宮田さん、和田さんとミーティング。昨今の演劇界のこと、今後の協会の事業についての意見交換。考えてみたら三人でジックリ喋った事はなかった。理事長と副理事長の二人、これからも時々はこういう機会を・・・・・。来年の日韓演劇フェス、協会50周年記念事業シンポジウム&演出家による演劇公演&若手演出家論争バトル、でもって、劇場法その他あれこれ、4時間近く。演劇界の今後について。

下北沢ザ・スズナリにいくとセットは出来上がっている。考えていた以上に凄い存在感あふれるセットである。さすが、塩野谷正幸の舞台美術ということにこれから日々変貌してゆくだろう?!これだけでも一見の価値アリ!です。役者の考える舞台美術!!

これだから、手強くて、照明は大変。7時から殺陣の当たり。実際のセットではなくここでしか当たれないので岡本先生とじっくり。迫力ある殺陣!今回の殺陣は少ないが実に計算されたものになっている。で、明かりの直しとシュートで本日のメニューは終わり。明日は朝から照明の時間。それでもって、スケジュールどおり11時から場当たり、明かり作り。あせらず、ジックリ創っていきましょう。それにしても、面白くてデンジャラスな芝居になる予感。

あと1日『お岩幽霊』きっちり、出来上がってゆきます!!是非ご来場ください。

いつものように一寸した直しを終え、殺陣、DANCEのチェック。2時過ぎから最終「通し」。ほぼ完成。あとは現場で微調整。面白い作品に出来上がった。面白い!

ダメだしというか、もっと底抜けの明るさと元気さ。歌舞く、傾く、カブク心である。

5時ころから搬出。さて、明日はスズナリ入り、仕込みである。

ちょっと時間が出来たので新宿花園神社で新宿梁山泊の『ベンガルの虎』(唐十郎・作 金守珍・演出)を見る。久しぶりの梁山泊のテント。3時間・三幕の大作。唐さんのピークの時代の作品。青春と冒険のものがたり。いや、今見ても充分面白い。唐さんの変わらない視点の原点を再認識。奈左さんが出ている。終演後ひさしぶりにテントで飲む。北京喋々の白井クンも出ていて、大塩君ともばったり。その後ゴールデン街、クラクラへ

・・・・

曇り、さて仕込み、夜は場当たり!『お岩幽霊』まもなく開幕です。ご期待ください。
2回目の「通し」いい具合に出来あがった。あと1週間、これでもう安心して創り上げられる。都電に乗って池袋のシアター・グリーンへ。
半径75センチ国家のユートピアを描く疾走ドラマ。名古屋の劇団あおきりみかん、鹿目由紀の新作『ここまでがユートピア』を観た。ほぼ満員の客。いまや、1年2〜3回毎年東京公演が出来る若手劇団の雄である。面白い、劇団でしか出来ないことを誠実に大胆にやっている。戦う喜劇?いいんじゃない。アフタートークでついつい歌舞伎の話まで逸脱してしゃべる。

その後、宿泊所でもあるグリーンの稽古場で劇団員達と一緒に、尚やダイちゃんらと飲みしゃべる、太郎も来ていたが今秋10月座高円寺2で鹿目由紀の「新作」『ミュージカル:愛と嘘っぱち』を流山児★事務所で上演することが決まっている。大逆事件百年を扱った革命群集ミュージカルを夢想している。ちょっと飲みすぎだがふらふら終電近くに帰宅。

※※
楽塾は今日(13日)から自主稽古で創り上げる「楽屋」の本読み、だったが失礼して今日しか見れないとおもい、池袋東急で北野武監督の新作『アウトレイジ』を観る。北野監督お得意の暴力と死を描く映画、歴史モデルというか政治モデルとでもいうべき「現在」を描くB級映画。途中でラストが判ってきて、ああ、やっぱり!となるのは頂けない。暴力シーンもドンドン、ギャグシーンに見えてきたりして。死ぬ事でしか世代交代はないという北野史観?ボクシングやってたというたけしの一寸した味付けはイイ、『座頭市』の金髪と下駄タップよろしく、である。

ま、俺には『お岩幽霊』の一寸した参考にはなった?けどね。

昨日病院で肝機能γGTOの異常数値とコレステロールのことを言われる。来週辺りから休肝日を作ることを命じられる。はい?

World Cup2010 韓国2−0快勝!マラドーナのアルゼンチンの1−0快勝いよいよ、明日は日本VSカメルーン戦。

『お岩幽霊』愈々追い込みである。ツアーの情宣のため松山行き。日帰りの強行軍、稽古は今日は集中的に殺陣、近くの区民会館の多目的ホールを借りておもいっきり刀がふれる、で歌稽古。

朝早くおきて9時過ぎの飛行機で松山へ。ほぼ、ノンストップで夕方まで松山の中心地をぐるぐる。まずはラジオ。南海放送のお昼の番組出演、「お岩幽霊」について。で、名物クイズにも参加。勿論正解。
で、次はNHK−TV、お昼の情報番組。「お岩幽霊」後、開催される日本演出者協会の第2回演劇大学について10分近く。リハーサルと本番、面白かった。次は地域テレビに。3分間のコマーシャル風のものを録画。
でもって、最後は愛媛新聞のインタビュー、瓜生さんのしりあいで演出者協会の大先輩でもある愛媛文化連盟の会長の畑野さんと一緒に。

愛媛の演劇や戦後の「新劇」についてイロイロ。

その後、めちゃくちゃ美味しいお寿司の夕ご飯。最後は空港の喫茶室で去年の演劇大学のメンバーと再会。シニア劇団を立ち上げたばかり、みんな元気そうで何より。イロイロお世話になりっぱなしの愛媛のみなさん、よろしく。シアターネットワークえひめのみなさん本当にお疲れ様でした。今後ともよろしくお願いします。で、最終便で羽田に。帰宅すると10時過ぎ。さて、追い込みである。
お昼過ぎから楽塾ミーティング。『ほろほろと、海賊』を終えてから1ヶ月。いつものように今年度の方針決定。14年目を迎えた楽塾。3年続けられればいいと思って始めたのにまさか14年も続くとは・・・が実感。とりあえず、15年で今までの形態を終えようと思っている事を話す。劇団同様、レパートリーを携えて気楽に国内外へ動きはじめようと思っている。そんなはなし。恒例のゴールデンウイーク公演は再来年まで。

11月発表会を目指して3チームが『楽屋』(清水邦夫:作)をテキストに6ヶ月ワークショップにはいる事に。11月には佃典彦の「新作」が書きあがり稽古インの予定。17人のメンバーが「あみだ」でチーム編成、これが面白い組み合わせに、各チームが同一テキストで全く違ったものを作る?来週は本読み。

東宝ミュージカルアカデミーEXTRAの『SING for the Future DANCE for the Future』(山田和也:演出)を日比谷のシアター・クリエで観る。15時と18時の2回公演。キャストほぼ入れ替え、2時間近く東宝ミュージカルの名曲の数々を歌い踊る若者たち。超満員札止めの盛況である。『ユーリンタウン』のヒロインを演じてくれた関谷春子を観るため。女子警官役の船山智香子は夜の回に出ている。

懐かしいミュージカルやレミゼやミス・サイゴン、屋根の上のバイオリン弾き、といったミュージカルナンバー。様々なシーンを思い出していた。春子も存在感のある歌とDANCEで実に魅力的だった。劇場には『ユーリン』のメンバーの顔も。俺昔から東宝ミュージカル見ていたんだって事を実感。「南太平洋」「王様と私」「回転木馬」「マイ・フェア・レディ」うん。

楽塾はおれの東宝ミュージカル?

久しぶりの銀座。カツカレー発祥のレストランでカレー食って、ぶらぶら銀座から京橋、日本橋、神田と2時間近く歩く。これまた久しぶりに山手線で神田から馬場まで。例のごとく、本屋であちこち。

菅新首相が動き出した。脱小沢のメンバーでの組閣、国会延長論まで。で、6日未明にはオバマ米大統領と約15分間の電話会談と精力的である。沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で鳩山政権が5月に米政府と合意した日米共同声明について「日米合意を順守する考え」を表明。 大統領は「(日米は)対等なパートナーシップで協力を強化する使命がある」と述べカナダで25日から行われるサミットで初の日米首脳会談を行うことで合意。市民派と呼ばれ、慎太郎から「極左」と呼ばれながらもこのテイタラク。選挙管理内閣で終わらなければいいが。小沢さんは9月決戦(代表選)といってるし、相変らず生臭いこの国の政治状況である。セイジはイキモノ。来月は参議院選挙である。市民派を忘れるな。まあ2世首相じゃないっていいよ。

帯状疱瘡は相変らず、左半分が痛い。どうしも汗をかく体質なので・・・まあジックリ直すしかない。3幕・4幕をあたり、歌稽古で今週の稽古は終わり。久しぶりのお休みである。このところ、自転車で稽古場に通っている。帰宅は裏通りをいろいろ廻って・・・・いつも見る風景の裏側を通ると面白いものが見えてくるもんだ。この町に本格的に住んで10年余り、ほぼ路地は歩いている。


今日は楽塾の総会、「ユーリンタウン」のヒロインだった関谷春子の発表会?を見に日比谷のシアター・クリエまで。それにしても春というより真夏を思わせる陽気である。明日から『お岩幽霊』追込みである。

夕方から、水谷雄司さんが「ユーリンタウン」の舞台美術で伊藤喜朔賞をとったお祝い会の準備、劇団員総出。で、5時から劇団総会。来年3月に予定している流山児★事務所レパートリーシアターの演目について。来年から予定しているいわゆる「寺廻り」演劇に対応できる作品作りである。ストリート演劇とでも呼ぶべきもの、何処でも出来る芝居を3〜4本作る。勿論一人芝居もあり。産休の青木砂織の演出家復帰も。スタッフも兼ねる作品作りのことなどイロイロ、結論は出ず7月の『お岩幽霊』のあとにレパートリー正式決定とする・・・・。

で、パーティー準備。豪華な?料理というか愛のこもった料理群とめちゃくちゃ多い酒。劇団にある全ての酒をかき集めた。

去年の5月29日「オレタチの」ブロードウエイ・ミュージカル:ユーリンタウンは座・高円寺で1ヶ月30ステージのロングラン公演を行った。『ユーリンタウン』は第44回紀伊国屋演劇賞団体賞、第37回伊藤喜朔賞、月刊ミュージカルベスト8、特別賞などを受賞し高く評価された。とりわけその舞台美術は・・・・。7年前の『夢の肉弾三勇士』からずーっと流山児★事務所の舞台美術をやってくれている水谷さんの受賞。劇団員に加えて常連ゲスト、ユーリンメンバーが50人近く集まってお祝いの会。妹尾河童さんの乾杯の音頭に始まって、水谷さんの鈴木翁二の「海青」の一人芝居というスペシャルショウをメインエベントに盛り上がる。塩野谷正幸の〆の音頭でとる。水谷さんおめでとう、これからもよろしく。

さて、今日から『お岩幽霊』一挙に本格稽古に入る。歌稽古、殺陣も始まる。