流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝早く1ヶ月ぶりに行きつけの病院にいつものように常用の心臓の薬を・・・・。血圧を測ったら下が108、上が130、下が高いので医者に「寝てないの?」と聞かれる。べつに「睡眠時間は少ないが寝てないわけではない」と答える。「ストレスかな、稽古中ですか?」と聞かれる。「まあ、四六時中稽古中です。」と答える。「無理しない事!」とこれまた、いつものごとく。来週、血液検査だと。

今週と来週稽古土日休み。


お昼過ぎ噂のがーまるちょばの新作『サイレント コメディJapan tour2010東京凱旋公演』をやっと東京グローヴ座で見ることが出来た。この2、3年ずーっと観たくて何度か予約したのだが2回も直前でドタキャンしてしまった。やっと今日見ることが出来た。さすが噂どうりのマイムデュオ。面白い、大道芸というかストリートショウの楽しさから始まって一気に客席を思うがままの世界に。祝祭。子供から大人まで体を動かすってこんなに気持ちよいモノだって感じで始まり2時間ちょっとのマイムでしか出来ない「想像力」と「夢見る力」の面白さ。なぜか、ガキの頃の見世物や野外で見た東映チャンバラ映画を思い出していた。

夕方、これまた久しぶりに本屋めぐり。雑誌数冊かって喫茶店でぺらぺら。

※※
普天間の迷走も極まり、日本政府は再び沖縄の人々を「切捨て」てどん底に陥れた。この「最悪決着」がまかり通るわけがない。どこが日米関係が対等だ、ふざけんじゃない。
「怒」りから「怨」みへ!オキナワは昨日、再び「屈辱の日」を迎えた。1952年4月28日沖縄が米軍施政権下に置かれた「屈辱の日」同様の仕打ちを5月28日の日米共同声明は伝えている。政治漂流、民意翻弄。「沖縄裏切り」は官僚の筋書き通りとする週刊金曜日の記事や佐藤優氏の指摘も・・・鳩山包囲網・・・自民政権下の官僚による辺野古案に戻る・・・・うん。社民党連立離脱当たり前。政治家はコトバには責任持つべし、原則は原則。
今週一杯、まだ役者たちがキチンと作る時間。
再び美術プランが変更。コノ字型の空間、ゴミタメのような空間、これまた手強い。というわけでトップシーンから稽古リセット。
1幕をあたる。コノ調子でいく。
まあ、かなりイカレテいて面白いものに、何でもあり!のアナーキーな芝居にはなるだろう。殺陣師の岡本先生が稽古を観に来ている。今月末にはアクションが。肉弾戦である今回は!!!

夜はせんがわ劇場で黒テントの新作『パビリオン』を観る。セルビア演劇、面白いテキストである。久しぶりに鄭さんと会う。元気そう。

これまた久しいぶりに,仙川駅前の焼き鳥や「きくや」で黒ホッピー、ここは焼酎が金宮。30年ぐらい前には良く通った店。仙川はコノ辺りだけは昔と変わっていない。弘子、こうじ、谷、荒木と芝居の話、しきり。終電近くほろ酔いで帰宅。

雨の中、久しぶりに座・高円寺に。上海に行っていた信さんと久しぶりに喋る、憐さんも元気そうで、何よりである。

19時から日本劇作家協会の「井上ひさしを語り継ぐ」。劇作家それぞれが、井上さんの戯曲から「好きなセリフ」を選び、リーディングする試み。コレが面白かった。青井陽治、赤澤ムック、坂手洋二、鈴木聡、佃典彦、永井愛、長塚圭史、野田秀樹、平田オリザ、ふじたあさや、別役実、マキノノゾミ、本谷有希子、横内謙介、わかぎゑふ、渡辺えりさん他といった多くの劇作家の「読む」井上戯曲。聞きながら、様々な井上さんとの《出会い》を思い出していた。リーディングのあと『組曲虐殺』劇中歌の歌と演奏。井上芳雄、神野三鈴、小曽根真さんに加えて急遽、えりさんも。

井上さんらしく「明るく楽しい会」になった。その後、高円寺の沖縄泡盛やで劇作家さん達と飲む。オリザ、坂手、佃、圭史、ゑふ、土田さんらと楽しく。それにしても、井上ひさしという作家ホントーにコトバの達人である。

私も今日は何故か1日中「ムサシ」「ロマンス」「組曲虐殺」といった最新戯曲3冊を読み返していた。野田くんの「小林一茶」オリザさんの「イーハートーブの劇列車」。たしかに選ぶコトバに「作家の根幹」が見て取れて楽しかった。23歳の時?に浅草で出会ってから《40年間》イロイロとお世話になりました。実に楽しい時間でした。ひさしさん本当にありがとうございました。

お昼過ぎから桐朋学園短大で特別講義。ペーター・ゲスナーさんから随分前から頼まれていたこと。90人近くの学生相手に唐十郎・寺山修司・佐藤信・鈴木忠志との出会いと60年代後半のアングラ演劇と私のことを90分あまりで駆け足で。途中DVDで『田園に死す』『青ひげ公の城』『続々オールドバンチ』をちょこっと。

それにしても演劇について、アングラについてほぼ「何も知らない」若者達...歌舞伎・シェイクスピア・チェーホフ・ブレヒト T・ウイリアmムスと現代演劇の戯曲、とりわけ三島由紀夫・福田善之・唐十郎・寺山修司・別役実・清水邦夫・佐藤信・井上ひさし・太田省吾・北村想・山崎哲・岸田理生・竹内銃一郎・野田秀樹・永井愛・坂手洋二・ケラ・松尾スズキ・平田オリザ・松田正隆・高取英・佃典彦・岡田利規ぐらいはサイテー読めよ!でもって、歌舞伎台本はとりあえず南北と黙阿弥だけでいい。演劇の大学なんだから?唐さんも鈴木忠志さんもしつこく、俺にこの本読め、この戯曲読め、といってくれたけどな。うちの劇団だって口すっぱく言ってるよ。


歴史を知らないと必ず歴史に復讐される。昨今の「劇場法」を巡る動きひとつとっても、てめえの位置を「他人任せ」にしている多くの演劇人の「無知を装う」さま。判断停止のさまは危険である。何事も疑え!30越した大人はどいつもこいつも、ふざけんじゃねえ!オレタチは貧しいけどオレタチノ演劇を作ってみせる。それも世界に繋がる・・そう、いつも思っていた・・・・と学生相手に喋りながら「テメエの20代」を思い出して、俺も元気になって面白かった。


『お岩幽霊』も『浮世根問』コレでいく。かっこわるい、ってことはなんてカッコいいんだろ!である。


芝居は何処でも出来る!芝居は何やってもいい!プロなんかにならなくていい、だって「人の倍の人生」を役者も演劇人も生きているのである。ストリート演劇の可能性・・・・これである。想と七緒と三人で進めてきた台本作り、一応第一段階終わる。とにかくコレを台本化して7月から稽古を始めることに。タイトル候補は『歌説話浮世根問』これをなんと読ませるかである?

この数日『お岩幽霊』の為の参考DVDということで様々な終戦前後を描く映画を観まくっている。初めて観る作品は何作だけ、ほとんどは何回目かを観ることに。『野良犬』『酔いどれ天使』『生きる』といった黒澤明と『仁義なき戦い』『仁義なき戦い〜広島死闘篇〜』の深作欣二も久しぶりに。『海と毒薬』(熊井啓監督)『狼』(新藤兼人監督)『豚と軍艦』『カンゾー先生』(今村昌平監督)『この世の外へ〜クラブ進駐軍』(阪本順治監督)『新・悪名』(森一生監督)勿論、蜷川幸雄監督の『魔性の夏』中川信夫監督『東海道四谷怪談』といったの四谷怪談ものも10本以上キッチリ見直す。様々な戦後、様々な四谷怪談である。それにしてもいい映画はいいし、ダメな映画はダメだね、アタリマエだが。きっちり人間を描いている映画をいつまでもみたいもんだ。
お岩幽霊第5稿目、が昨日完成した。1日中坂口君とあーでもないコーでもないとパソコン画面をにらむ。

とりあえず最終稿として、これで10日からの稽古に入る。とにかく役者の声で読む。それからだ。あくまでもテクストである。本読み3日間、キャスティングの予定。北村想との二人芝居の稽古も同時進行の1週間となる。超ヘビーな日々となる。

それにしても真夏を思わせる天気が続いている。いい気分の日曜日。今日だけでも「お休み」とするか・・・・。

そうか、今日は母の日か・・・・。


さて、6月公演坂口瑞穂の新作「お岩幽霊」の準備でおおわらわである。台本はいま4稿目。明日最終打ち合わせで「最終稿」となる予定。出演者は17人。だがもう一人ぐらいチンピラを出したいと思っている。でもって一人3役なんて感じで歌舞伎風スペクタクルを狙っている。上演時間はジェットコースターで1時間半を目標。歌アリ踊りアリ殺陣アリの盛りだくさん。

超娯楽音楽劇であってキチンと現在とあの時代を結ぶ日本人のドラマにする。久しぶりの劇団員主体、それもオトコタチがゴリッといる芝居。流山児★事務所ならではの芝居になる。南北の「東海道四谷怪談」と如何にシンクロされているかその目でお確かめください。

・・・・・・・・・・・・

楽塾公演『ほろほろと、海賊』本当にお疲れ様でした。無事に大ヒット終演。打ち上げの席上来年の企画で、仰天のプランが急浮上。コレに向けて動き出すことに。世界えんげき史上空前の企画です、佃君頑張ろうぜ。来年もゴールデンウイークはSpace早稲田へ!今度は10日間16ステージの予定です。びっくり仰天企画はなるべく早くお知らせします。もうしばらく、お待ちください。

※※
真夏を思わせる陽気。稽古場は久しぶりに完全に稽古場モードへ模様替え。本当に久しぶり、半年振りの下北沢ザ・スズナリ仕様に。

劇団員全員で稽古場整理。

私はお昼過ぎから阪口瑞穂くんと新作『お岩幽霊』台本第4稿目の打ち合わせ。コレで行こうぜ!!と最終的な方向性を確認。これで面白くなる!!と確認。4時間余りあーでもない、こーでもなーいと登場人物の造型について、ディスカッション。

その後、稽古場へ行くとみんないつものように呑み会。馬鹿話と次回作と今後について雑談。ROMIさんにはほんとにこの3ヶ月3本付き合ってもらった。お疲れ様でした。

で、帰宅。

来週から『お岩幽霊』と北村想との2人芝居『浮世根問』の昼・夜稽古が始まる。楽塾に続いて役者・演出家モードを本格的に「持続」せねばならない。想との2人芝居は小林七緒の演出で役者だけだが、台本つくりもある。でもって、この2作、半端では出来ない。とにかく早めに「役者のカラダ」を作る!!
・・・・・・
連日のミーティングやら打ち合わせで新人のワークショップ参加できず、残念。劇場法やらなにやらでこのところ演劇業界はてんやわんやである。ま、わたしは個人的には全く関係ない、というか真逆の方向へ進むから「関係」ねえといったら関係ねえ。オレ歩く劇場だから。しょせん、わたしら乞食風情にはゲンダイの河原=出会いの場所があればいい。そこに【ヒトの激情】があればいい。それにしても地域劇場を食い物にしているゴロというかダニの悪徳文化行政は目にあまる。地域の演劇を食い物にし、若い演劇人を管理している一部の演劇ゴロ、演劇ダニの手合いは「既に公共(地域の文化官僚)」としっかり結びついていて、コヤツらこそまさにゲージュツ家の「天上がり」族。「天下り」と一緒に既得権益を絶対に手放さないコヤツらも一緒にぶっつぶすのも緊急の課題なんじゃない?平田君。それにしても今の世の中、馬鹿と下司ばかりでげすな。

北村想と2人芝居のコピーは[俺達が劇場だ!]にした。

2日かけて深夜のDVD『明日に処刑を』(マーティン・スコーセッシ監督)『チェンジリング』(クリント・イーストウッド監督)『大龍巻』(稲垣浩監督)『ロッキー・ファイナル』(S・スタローン監督主演)の4本。娯楽映画って何だ?って考えていた。さすがに疲れ果てる。
お岩幽霊の書き直しのために『野良犬』『酔いどれ天使』を観てくれと坂口君に薦める。それから服部良一の歌謡曲も。

※※
で、また、雨。寒い冬に逆戻り。今日は稽古三昧。お昼から新人・夜は楽塾、会議よりやっぱりオレには稽古場が似合う。さてテメエの出番の稽古もやらなきゃ!『ほろほろと、海賊』本番まであと12日!秒読み開始、前売り予約はお早めに!!

神田川の満開の桜を見ながら早稲田まで。
テレビカメラそれもクレーン撮影までやってる。にしてもさすがにキレイ。

今年の新人ワークショップが始まった。上田くんがリーダーで肉体訓練。ランニングに始まってストレッチ、ブリッジ、芋虫、横とび、すり足、歩行、蹲踞、etc.の2時間みっちり。みんなひーひーいいながら。カナミ、ウネべ、アラキも参加。今年の新人は3人。女優のみ。19歳から30すぎまで出自は全く違う。一人は来週から参加、とりあえず2人と一緒にワークショップ。今年のテキストは野田秀樹の『ハイパー』ここ何年か必ず野田君の戯曲を使って新人たちと遊ぶことにしている。

『ハイパー』のtopシーンをとりあえず「読み」、すぐ立って見る。戯曲のコトバを「読む」ことと「立って感じること」。

※※
昨日は二兎社公演、永井愛さんの新作『かたりの椅子』を世田谷パブリックシアターで見た。新国立劇場芸術監督問題というよりこの国の文化芸術が直面するもんだいや、不条理な官僚主義、日本人の心性と現在を暴くコメディ。笑いながら当事者性ということを考えていた。それにしても、久しぶりの銀粉蝶節を堪能。上手い。本当にいい役者さんである。

稽古を終えて第七病棟の渡辺修さんのけさらんぱさらん商会の『ら抜きの殺意』を中野あくとれで観る。昨日に続いて永井作品。これまたよく出来た喜劇。このテキストじゃ役者はがんじがらめ、腕がなきゃ。弘子がオモシロイ。あやと2人のシーンは感心した。是非多くの皆さんに観てもらいたいものだ。この公演と同じスケジュールで、昨年劇団を退団して温泉ドラゴンというユニットを旗上げした竜一、篤の『ESCAPE』も新宿のスペース雑遊で上演中。Vシネマ風のヤクザと弁護士の2人芝居。元気に最低「5年間は持続してやって」ほしいものである。演劇は持続することである。修さんの芝居を見ていてつくづくそう思う。

※※
さて、今日も新人ワークショップ。

久しぶりの休息、じっくり読書なんて。

で、ツタヤに行って観たかったDVD5本を借りてくる。スティーブン・ソダバーグ監督『チェ39歳の別れの手紙』ダーレン・アロノフスキー監督ミッキーローク主演『レスラー』パク・チャヌク監督『サイボーグでも大丈夫』エミール・クストリッツア監督『ウエディングベルを鳴らせ』セルゲイ・ポドロフ監督『モンゴル』ジェームス・マンゴールド監督『3時10分、決断の時』みごとにバラバラ、みごとに娯楽作品のみ。

『レスラー』『サイボーグ・・・』の2本立て。うん、いいじゃない久しぶりに「映画」を見ているって感じになった。まあ、チャヌク監督はあいかわらずの飛び方・・復讐3部作と比べちゃ・・・だな。何処かTギリアム監督風のヌチャク作品に比べるとべたべたのB級映画風のミッキーロークのレスラーぶりは泣かせる。プロレスのかみそりの仕込み、ラストのtopロープから飛ぶ様、かぶさるブルース・スプリングティーンの歌う「レスラー」(まるでBORN TO RUNみたいな曲)すべて常套(パターン)どおり。これが結構心地良い?まさにウエルメイドの80年代風懐かしさである『ロッキー』かよ。これがヴェネチアでグランプリ(金獅子賞)を獲ったというのもうなずける。よーするにアメリカ!である。

※※
今日・明日の土・日は朝から楽塾の美術作業。夕方から稽古。さて、来週には新人のワークショップ&肉体訓練も始まる。いそがしい、いつもの4月である。本番近し!である。あと3週間!