流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ついにやってきた紀伊国屋演劇賞・団体賞お祝いの会。
4時から座・高円寺アンリファーブルに多くのヒトが来てくれた。25年の間お世話になった多くの人たちが全国から駆けつけてくれた。

弘子とタケの司会コンビで4時40分から祝宴開始。私は調子こいて、逆説的「新・新劇」宣言までしてしまった。乾杯の音頭は千葉哲也さん、祝辞は村井健さん、佐藤信さん。本当に40年のアングラ人生をかみ締めた。

その後3作品紹介、『ハイライフ』のコーナーでは大和のギター・ブルースハープそしてこれまたピアニストが、グーゼン、熊本県荒尾市出身3人組で「東京流れ者」を歌う。『田園に死す』のコーナーでは寺山修司の詞の「かもめ」を関谷春子さんに歌ってもらった。これがメチャよくて盛り上がる。で、『ユーリンタウン』のコーナーで荻野清子さんのピアノ三ツ矢さんのリードの下、「RIVER」の全員での大合唱でその盛り上がりは頂点に達した!三ツ矢さんのいうとおりこの曲は私達のカラダに沁みこんでいるのである。

中締めの音頭はこれまた、40年の友人である柄本明さん笑わせるコメント、とにかく楽しい1次会!であった。

※※
8時過ぎからのSpace早稲田での2次会ライブ。司会は谷宗和、坂井香奈美コンビ。超満員、ここからの参加のヒトも多し!着飾って参加してくれた楽塾メンバーの大協力?を得てなんとか歌いきる!バンドメンバーのすごさ!劇団員のてきぱきぶり!まさに劇団力!この企画で本当に凄い集団=劇団力!を感じている。感謝。早稲田の乾杯の音頭は元ベニサンピット支配人の瀬戸さん、途中の坂手君の万歳三唱、〆は若杉宏二、途中の新人荒木・山下の寸劇には笑わされた。

9時過ぎにライブ終演。それからが又凄かった。稽古を終えたいくつかのグループが11時近くにばらしていても次から次から早稲田にやってきた。200人以上の多くの友人たちが今日は高円寺そして早稲田で私達の受賞を祝福してくれたのである。本当に有難うございました。

私は幸せ者である!本当に有難うございました!!

今年も頑張ります。

※※
さて、今朝は10時から劇場バラシ、いつものようにMISHIMAの稽古。
こっちは本番まで17日!いつもの日常に戻って何処にもないMISHIMAを創り上げましょう!!
なんだかんだ言ったって本番はやってくるのである。
昨日はお昼過ぎからバンドの仕込み。
音あわせ、コーラスの振付。コーラス稽古と進んでいく。
サボも弘子も女性陣は総出動、男性陣もイワヲと谷をヘッドにいろいろ。

7時過ぎからバンドメンバーと一緒にリハーサル。
ボロボロになった・・・・あした大丈夫かいな?

やはり1週間の付焼刃では・・・・が役者の歌である。きちんと真摯にう・た・を・・・でも、歌詞が・・・・台詞と同じだな・・・・トホホ。

※※

朝から雨。

腫れあがった右手は元のまま。
だが薬のせいか痛みはそんなにない。
チリでは大地震、大津波が世界を襲うそうな?1時半日本列島にも押し寄せるとのkoto。

降り続いていた雨もお昼過ぎにはぴたりと止んだ。なんだか晴れそうでもある。

4時、座・高円寺アンリファーブルでの「お祝い会」の開始である。出たとこ勝負!なくすものなどなにもない。♪どこで生きても 流れ者
どうせさすらい、一人身の 明日は何処やら 風に聞け 可愛いあの娘
の 胸に聞け  ああ、東京流れ者     である。あ、これ保村大和のギターで俺歌います!!

じゃ、関係者の皆さん、高円寺でお会いしましょう。遅れてくるヒトは夜7時半開場Space早稲田ですよ。ライブは8時15分開演予定です。
  以上業務連絡。
この3日間、バタバタである。
昨日は仕込み終えた早稲田でコーラスとのあわせ。
劇場に入ろうとしたら下にあった椅子に絡んで転んでしまった。支えた右腕がメチャ痛かったがコールドスプレーかけたらおさまった。

稽古を続けてすこし早めに雨の中帰宅。

大分ラーメン食っているうちにズキズキ痛くなってきた。
深夜になっても痛みがとれない。
しょうがないのでバッファリンのんで寝る。が、痛くて眠れない。

朝、右腕を見るとメチャ腫れあがっている。病院に行く。昨日大腸がん検診でいったばかりなので「どーしたんですか?」と聴かれる。手を見せる。「今日は整形外科です」、レントゲン撮る。これまた「大腸がんは?」「大丈夫でした。今日は右腕です」「はあ?」

「こりゃ、剥離骨折してるかも?」、と医者。ギブスを作ってもらい、包帯される。

「明日本番なんですけど」「そのときは外してテーピングしてください」。わかりました。「2、3日はなるべく動かさないように」

鎮痛消炎剤をもらう。

※※

さて、今夜はリハーサル。とにかく元気にやりましょう!それしかねえじゃん。これもまた愉しむしかねえ。
いつにもなくハードな日となった。が、これまた楽し!である。

朝6時、坐薬。昨日からほとんど絶食状態。2ヶ月ほど前に受けた豊島区の大腸がん検診で潜血反応が出たため、痔のせいだと思っていたが念のために「注腸バリウム検査」をやることに。30年前に一度やったことがあるが、ほんと下剤を飲んで、1日中トイレに行くという結構大変な検査。昨日の歌稽古のあと下剤を飲んだのでその後のMISHIMAの稽古は大変だった。

朝9時、病院。お尻からバリウムを注入。30分余りの検査。胃のバリウムの反対。吸ってはいて、止めて、の送り返し。

※※
昼、演出者協会の理事会だと思ってそのまま、西新宿へ。これが全くの度忘れで1日違い、昨日だったよ!ゴメンナサイ。和田さんに電話、イロイロ。

歩いて再び馬場まで帰る、1時半過ぎから昨日に続いてバンドと一緒に歌稽古。悪戦苦闘の2時間。でも、何とか格好ついてきた。あとは落ち着くこと。

夜、今度は阿佐ヶ谷ロフト。MISHIMAは自主稽古。
伊藤裕作生誕60年を祝う会。私と映画監督の廣木監督が発起人代表、司会進行は「シベリア超特急」でおなじみの水野事務所の西田和昭、ストリップ業界から今は手を引いているジョージ川上と共に30年近くの戦友たちである。はぐれものたちの性と革命とゲーノー?

超満員のライブハウス。映画、演劇、ストリップ、風俗、雑誌業界ごった煮のパーティ。加えて法政大学の大学院生でもあったから先生方も多くいてもうなにがなにやら。

伊藤さんをネタに3時間余り楽しいパーティになる。坂手洋二、高取英といった伊藤さんと付き合ってきた演劇人。風俗ライターらしくソープランド界のお歴々も。私は最後に挨拶、寺山さんの「事物のフォークロア」の朗読と浅川マキの「ちっちゃな時から」をお祝いに歌った。

※※

また、この日はれんが書房新社から出版された伊藤裕作著「私は寺山修司・考 桃色篇」の出版パーティも兼ねたもの。1950年朝鮮戦争下生まれた「昭和」の子供:裕作さん。裕作さんは都市(近代)と地方(前近代)が融合する桃源郷世界を目指す!という。寺社廻りはそんな裕作さん、川上さんらとの最強トリオを超えた全国ネットの「野たれ死にへの幻視行」となるだろう。裕作さんはあと10年生きたいと言ってる、ま、私もそれぐらいは生きたいものである、まあ♪どこで生きても、流れ者・・だが、でもって、♪Manhattan in the rain 60年生きちまったね 人生の残り・・・ せめて お前と暮らしたいけど 夢さ 幻さ 摩天楼に  灯がともる・・・・である。

《騒乱の60年代末から40年、<革命>と<風俗>の狭間で、自ら「寺山修司」を生きた<ネオン・ジャーナリスト>が独自の視覚から寺山ワールドを検証する。》(本の帯より)

とにかく本屋で買って読んでください。伊藤裕作というオトコの全てが凝縮している本です。真摯に寺山さんを追いかけているオトコの純愛ってなんだ!

※※※※

さて、今日(26日:2・26!!)は朝から2・28ライブの仕込み。曇り空の中、劇団員総出で舞台、照明、楽器の搬入、音響のセッティング。夕方からコーラスと一緒に稽古。

病院にいって昨日の検査の結果を聞きにいく。結果的には「異常なし」。さあ、稽古稽古。
女子フィギュアの決勝も始まったぜ。頑張れミキティ。頑張れ真央。そして、最も頑張れ!鈴木明子!!!である。
28日夕方から紀伊国屋演劇賞・団体賞受賞記念というか劇団25周年&演劇団以来劇団人生:40周年ということで祝賀パーティ?を急遽、座・高円寺のアンリ・ファーブルでやることになった。これも一区切り、劇団を支えてくれた多くの皆さんに「感謝」したいと思って・・・である。

でもって、夜はSpace早稲田で2次会という名の劇団員とわたしのmini ライブの酒宴。

で、この稽古が大変、テメエで決めたんだから仕方ねえじゃん。8曲覚えなきゃならん、いや、歌詞覚えるのって大変それも1週間で・・・なんていってられねえ、だってMISHIMAも1週間の荒立ち稽古中で「あおでもないこうでもない」稽古の末に、キャスト総入れ替え!やらイロイロやって、今回も謡曲あり、歌アリ、踊りアリのてんこ盛り、どここがMISHIMA?だの波乱万丈の12人のスペクタクルに出来上がる予定。昨日は ,tとりあえず「最後まで」イメージ言って、でもって,来週から「作ります!」と宣言する「演出家」って何だ?、

私も歌詞、ちゃんと「覚え」ます!!

近所の馬場のスタジオで劇団員の創のギター・サックスをリーダーにベース:柏倉太郎、ギター:鈴木麻理、キーボード:ナカタくん、でドラムスは「ユーリンタウン」の横山君といった5人編成。実にいいバンド。問題はオレ!!とにかくいつものことだが、どこで歌いだすんだ?である。

カナダに将来の「新進芸術家在外研修」に向けて3ヶ月の語学留学にアマンがバンクーバーに向った。とにかくいろんなモノを観ていろんなヒトと《出会え》ばいい。おれも3ヶ月ぐらい遊学したいモノだが・・・。今は、うた?

※※

今日もスタジオで稽古。今日はコーラス付き!さあ、劇団員は全員大変だ。楽しきてんてこ舞。
めまぐるしい1日とはこのことである。

お昼過ぎに早稲田に行くともう「劇場」に変化している。照明がつられ黒幕もバックに貼られスペース早稲田は完璧なブラックボックス。

4時過ぎから「明かりあわせ」をかねて小返し。7時過ぎからなんと、ゲネプロまで。勿論ほとんど休憩なし。15人のメインキャストの脳味噌はほとんどパンク状態。

が、とにかく「相手役」を信じてやってくださいと、最後のダメだしをして8時15分開場、栗原、岡島、ウネベ、米山、創、イワヲといった劇団員に加えていそさんや高野、めぐろといった楽塾メンバーに加えて出演者の知り合いも多数、30人近くの客席が埋まる。開演早々電気のブレーカーが落ちてちょっと「止まる」もラストまで一気に50分余りを全力で22人の出演者(途中楽塾と流山児★事務所のメンバー7人が乱入するシーンも加えてある)が一気に駆け抜けた。やあ、よく笑った。

熱い拍手が巻き起こる、ついには泣き出す出演者まで・・・・「初」の東京での5日間ワークショップは大成功のうちに終わった。終演後、即酒宴。また、いつかやろうねと約束。

ワークショップのみの参加者とはこれでお別れ。
明日は休み、19日から1ヶ月「葵上」そして「卒塔婆小町」との格闘が始まる。楽しく作るつもりである。WSのみの参加者であるソプラノ歌手のYさんに特別出演を頼み込む。

帰宅して彼女のCDを聴く、ほんとにきれいな歌声、小町と康子の影(分身)の歌う叙情歌はアリ!である。

謡曲の「葵上」と「卒塔婆小町」も聴いている。何とか、これやれねえかな?稽古大変だな。まあ、いつものことである。

※※

雪の名残が残っている久しぶりの休日。

なんとか3時過ぎに原稿書き終えてメール。そうか、国母くんは8位入賞か。お疲れ様。

まあ、明日はとりあえず「葵上」の本読みからである。さて、2年目のミシマ!どうするか?
2日続けての雨の東京である。

11日吉祥寺シアターで燐光群の新作「アイ・アム・マイ・オウン・ワイフ」12日新宿タイ二ィ・アリスでイラクバグダッドのムスタヒールの「アブグレイブ」とチュニスの女優さんの一人芝居「センディアナの女]を観る、アメリカ演劇、イラク演劇、共通するのは「戦争」。

今日は朝から稽古場はゴミだし。お昼過ぎから楽塾、夜からミシマワークショップが始まる。20人余り、そのほとんどが女優さん。うーん。がんばりましょう。

ボサノバで歌う歌謡曲ってのはいい。♪さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに ああ、津軽海峡冬景色

何とか原稿4枚書き上げる。ずーとパソコンにむかっているのはいかん。昨日は新宿往復12000歩か、今日は・・・・。

1日中稽古場の日々が始まる。

雨が1日中降りしきる中、「標的家族」無事14ステージ完走する。超満員のマチネ、ソワレはさすがに満員にならなかったが「予想を遥かに超えた」多くのお客さんが連日Space早稲田に詰め掛けてくれた。土・日は超満員、平日もほぼ満員で平均50人以上のお客さんが14ステージ!連日早稲田に詰め掛けてくれた事実に感謝。

今回のセットは実に贅沢な空間に創り上げたモノでそんなに多くのお客さんもいれられないし、客演2人以外は劇団員のみの「少人数芝居」でアル。が、当初の「予想を遥かに超えて」多くの反響があり、まさに「口コミ」の力で、連日多くの「当日券」が出、多くの演劇評論家、演劇関係者が「初めて」Space早稲田に来るという現象まで起こった。2009年の全公演「満員」記録に引き続き2010年も幸先いいスタートダッシュです。ご来場のお客様に厚く御礼申し上げます。

キチンと役者・スタッフの実力がアップしたほんらいの意味での「育成公演」となった。木暮を筆頭に、谷、里美、力、直美、アマンダ、麻理、の役者達はめきめきと14ステージの中で成長した。そしてスタッフの山下、荒木も。お客さんが「芝居」を作ってくれるのである。そして、流山児★事務所というより次世代の演劇を担う実力派の演出家として小林七緒が正統に「評価」されるという公演となったのが最大の成果である。1年に何本かの演出を彼女に任せていこう?と思っている。とりわけ、カナミの真摯に役をつくりあげようとする努力には目を見張った。源太朗さんと恵梨さんには感謝感謝。又、一緒にやりましょうね。

※※

9時過ぎから久しぶりに「身内だけ」の打ち上げ。「北京」の餃子、春巻き、シューマイ、米山のつくったおでん、楽塾の皆さんが作った手羽先、コロッケ、その他イロイロ、本多社長からマッカランとほしぶどう。盛りだくさんのつまみとワインやらシャンペン、紹興酒、泡盛、ウオッカ、日本酒、ラム、何でもあり!の盛大な打ち上げとなる。12時過ぎ一度〆て、久しぶりにじっくり飲む。私も1時過ぎまで付き合う。とにかく早稲田でやると「毎日打ち上げ」で、かなり肝臓に悪い。

12時過ぎに〆る。1時過ぎまで付き合う。ほとんどが朝までコース。

※※

本日12日(金)10時からバラシ。
明日:13日(土)からミシマ・シニアワークショップの始まり。20人余りのメンバーが集まった。これが、いざ始める日になると、「必ず」やれ腰が、やれ風引いた、やれ家族に・・・と何人かが脱落する・・・今回も3〜4人からそんな連絡が・・・・いやはや、初の「東京」でのワークショップ、楽しみである。こちらは3月18日(木)〜21日(日)5ステージ上演。
※※

3月ミシマワークショップ公演「葵上」「卒塔婆小町」4月・5月ゴールデンウイーク楽塾公演「ほろほろと、海賊」とSpace早稲田の公演が続く全て小林岳朗の舞台美術、これもミモノである。微妙に「連続性」を持たせて!と私はオファーしているのだが・・・果たして・・・。


で、私は28日(日)のミニ・ライブのため歌稽古!新曲10曲に挑むことに!果たしてオレ間にあうのかな?

いつものごとく、♪そしてひとつが終わり、そしてひとつが始まる
立松和平さんが亡くなった。急なことで本当にびっくりしている。
娘さんの桃子は10年以上前から楽塾の宣伝美術や舞台美術もやってもらっている。高校生時代からのながーい付き合いである。なんどか和平さんも奥さんを連れて早稲田に私達の芝居を観にきてくれたものである。あの柔和な仏様のような優しい漢(オトコ)はそんなにいるものじゃなかった。

やがて、桃子はうちの劇団にいた俳優:山中聡と結婚し2児をもうけている。2番目の子供が生まれた!と、この前、英介さんと本多劇場で話していたばっかりだというのに。可愛い2人の孫にとって、本当にいいおじいちゃんなんだろうな和平さんは・・・いいなあ、と思っていたのに。この訃報である。

和平さんと私は同い年。それにしても早すぎる「お別れ」である。心よりご冥福をお祈りします。立松和平さん、本当にお疲れ様でした。

※※

『標的家族』本日15時・19時の2回で千穐楽、14ステージ完走である。

きっちり、やることを「やる」しかない。それが生きているものの務めである。
5日ぶりの東京である。
※※
5日(木)〜7日(日)までの4日間、熊本県立劇場にずーっといた。

熊本での「最後」の演劇大学。4年間実に楽しいワークショップであった。4年間の間にみんな「すごい成長した!」ことを「実感した」4日間であった。夏目漱石の「夢十夜」をテキストにして5人の演出家志望のメンバーが書き上げた脚本を4チームに分けて4日間で「上演」するという例によって無謀とも思える企画。

いや、大変!だった!が、面白かった!

※※
私はシニアチーム。2人の演出家の作品を別々にやろうと当初、思っていたが一人の演出家が「思わぬ出来事」で2日目から来られなくなった。急遽、一夜と二夜をミックスした作品をゴーインに作ることに。で、結局、演出家を役者のメインにしなければ無理ということで,
「演出家の役」を「演出家の幸太くん」が「演じる」(といいうか舞台で「演出もしていい」というカタチで)私がゴーインに作ることになった。だから、こんどこそ楽、出来るかな?と思っていたが今回が一番大変なことになった。

で、(何が!)テッテ的にナンセンスでそれでいて不条理オペラに仕上げた。シロウト、というか「初舞台」のおじさん、おばさん、30年ぶりに芝居をやることになった劇団東京ブラックホールの大介が面白い。

稽古中は、まるでシュールレアリズムの自動筆記状態。歌は「サンライズ、サンセット」と五木ひろしの「待っている女」を急遽、思い浮かべ「歌」うことに。

メインの「百年の恋」を演じるお二人さんは「見ず知らずの他人」というのに2日間カラオケボックス行き!を命じた。その効果は発表会当日に現れた。おどおどした「初舞台」おじさんは二夜にして五木ひろしと化した!!のであった。いや、ホンマ! ♪愛はかげろう、つかの間の命・・・である。


60代、50代の7人のエネルギーが「暴発」する20分の「世界の何処にもない」作品に出来上がった。いつものことだがみんなすごい!ニンゲンのエネルギーは「すごい」のだ。♪愛を止めないで、そこから逃げないで・・・・である。いやあ、わたし泣けました。

本番の朝から3回「通し」、徹底的に台詞が出るように「した」!コレがよかった。


※※

各チームの個性が出た「いい発表会」となる。きゃくせきも立ち見も出るほどの超満員になった。熊本の次世代の演劇を担うイイ意味での「おわり」であって本当の熊本の次世代演劇の「はじまり」の演劇大学になった。いや、良かったドラマドクターの和田さん、古城さん、坂口君の演劇感も見える。いい体験である。皆さん、お疲れ様。

とりわけ、名誉学長でもある瓜生正美さんの存在に感謝。シンポジウムで語ってくれた「戦後地域演劇の体験談」は、孫の世代たちにとって貴重な体験!となった。演劇は歴史性と社会性を持ち温度をもった肉体が作る芸術である。

※※

今年の7月に予定している坂口瑞穂「新作」書き下ろし『お岩幽霊/Buenos Aires』の公演場所を健軍文化ホールに決める。市電の終着駅の近くにある300人の小劇場。いい劇場である、ただし駐車場が無いのが玉にキズだが致し方ない。坂口君と一緒に決める。

いつものことだが演劇三昧の4日間であった。
全員で打ち上げ。熊本日日新聞に4年間総括を書く事に。

で、何人かとカラオケで2次会。久しぶりに歌う。28日の紀伊国屋演劇賞受賞記念パーティで「ミニライブ」をやろうと思っているので少しは稽古しなきゃ・・・である。

※※

8日(月)11時過ぎの飛行機で帰京。
夜7時から渋谷でケラさんと緒川たまきさんの結婚披露パーティに1時間ぐらい出席して8時半から早稲田で『標的家族』のアフタートークに参加。忙しい「いつものトーキョーの日常」である。さて、歩くか!!