流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2009年は本当にお世話になりました。
あっというまの1年でした、劇団創立25周年を「劇団員一丸」になって駆け抜けたという実感です。

「恐怖と混迷のゼロズ、ダブルオーズ」が今日で終わる。

本当に来年こそいい年でありますように。来る2010年もよろしくご愛顧のほどを。

皆さん良い年をお迎えください。

流山児祥

師走だというのに1日中稽古場にいる日が続いている。

26日(土)
「標的家族」稽古、佃君が名古屋から来ている。キャスティング。来年から立ち稽古。夕方抜け出して、私は西新宿芸能花伝舎で1月9日開催される「日本の近代戯曲を読む」とリーディングの稽古。

木下杢太郎:作『和泉屋染物店』明治44年の作品。大逆事件への反応を見せている実に繊細で大胆な戯曲(「あの事件」ねえ)。私は29歳の青年幸一役、父親の徳兵衛役は瓜生正美さん。演出はふじたあさやさん。三味線も加わって面白いリーディングになりそう。それにしても明治の言葉は手ごわい。読めない漢字多数。大逆事件について勉強する期間となりそうである。
今日はテキスト・レジーのあと1回読む。ダメだしは正月明け・・・だそうです。読み込みます!!あと6日〜8日3日間の稽古、夜3時間である。10時前に稽古終わる。外は寒い師走の風である。

稽古場で佃たちが飲んでいる。が、私は疲れたので帰宅。

※※

27日(日)はお昼から楽塾「ほろほろと、海賊」の本読み。佃は今日も稽古場。2本連続で佃作品の「新作」を上演するのは「初めて」!

29日か30日までには「キャスティング」まで行きたい。



夜は演出者協会の恒例の大忘年会。協会員はもちろん、演劇関係者から一般のお客様までご参加出来る会で、当日は若手演出家コンクール2009を勝ち抜いて最終選考に残った4名の優秀賞表彰式も行なわれた。今年は、新宿駅南口の「浪漫房」を借り切って行なわれ、アルバイトのカナミのカオも。また、例年同様、司会を坂手洋二、宮田慶子と一緒に。22歳の最年少の演出家と長老の瓜生さんの挨拶。これが演出者協会。例年90人近くの盛況。今年も大いに盛り上がる。で、2次会、3次会はゴールデン街、鹿目さんと赤澤ムックさんが私の両隣、若い演出家たちでいっぱいになる。高取と一緒にすし屋へ。で、ベロベロになって帰宅。日本酒、焼酎、ウイスキーのはしごで久しぶりにカラダ中がアルコール漬け!ってかんじである。

※※

28日(月)完璧に「二日酔い状態」でお昼近くに起き、風呂に入る。

今夜も楽塾「ほろほろと、海賊」の本読み。佃ワールド炸裂のB級アクションの傑作。心して頑張ります。ご期待ください。今日中にはキャスティングまで行きたいものだが・・・・。

なお、『標的家族』ただ今、絶賛予約受付中です!!http://www.ryuzanji.comまで!!


超満員札止め!

本当に立錐の余地の無いほどザ・スズナリが人ヒトひとで埋まった。感謝感激の15分押しで『田園に死す』千穐楽の幕が開いた。朝倉摂さん、日野さん、鐘下、寺十のカオも。本当に多くの人たちが観てくれた。日野さんが偏陸さんからのプレゼントを私とアマノに。多くの天井桟敷の人々が喜んでくれたことに感激。本当にこの芝居をやってよかったと感じた2週間17ステージであった。それからなによりももう一つの「主役」でもあるザ・スズナリとスズナリのスタッフの皆さんに感謝。そういえば今日二つ森さんも来ていたっけ。

全員「演劇の持ち力」を出し切った17ステージめであった。

終演後、全員でバラシ。

夜9時過ぎからSpace早稲田で大宴会。蒲さんのたこやき、米山の作ったカレーライスと河童ナベ(これは妹尾河童直伝の白菜と豚肉をメインにしたナベ、これが旨い)、上の中華「北京」から大量の餃子、から揚げ、シューマイ、その他の豪華版!!

酒はウイスキーから焼酎、泡盛、ウオッカ、ワイン、日本酒、紹興酒その他といったまるで酒屋の風情でメチャクチャある!差し入れでもらったものやこの1年分の酒を全部吐き出しての大酒盛りとなる。

12時近くに大入り袋。目標を超えた「超大入り」の『田園に死す』であった。今年は本当に劇団史上最多の観客数と言っても過言ではない多くのお客さんが私たちの芝居を観てくれた。私たちはこれからも「愚直に」演劇の力を信じ、集団の力を信じて「演劇でしか出来ないこと」!をやり続けてゆく。決して「商業化」されず、志高くカネにもメイヨにもならない河原者=カブキ(傾き者)の未踏の原野を国内外を越えて往く!!

《神人(シンジン)として、最初の芝居びとは存在したはずだ。それが神人(ジニン)という変容をとげたのは、その営みに経済というものが導入されたからだ。この「快楽(Eros)」としての営為と、「経済(economy)」としての営為の二重のparallelな導線は、いまも変わらずに、演劇というものについてまわる。前者は表現として、後者は生活手段として。だから、演劇(狂言)の発生が知りたければ、古文書などにあたるよりも、いまの演劇人たる人々、私たちの生き方から推し量って充分その答が得られる。鎌倉室町から六〇〇年、このスタイルに大きな変化はナイ。演劇というのは、なにかしら〔生き残って〕きたのだ。私たちはこの生き残ってきたものに、自らの生存をゆだねているといってもイイ。それはいま、この時代、この世間(うきよ)で「生き残る」、本能的な選択ともいえる。》(北村想「劇、その演技03より)

この世の中を「生き残る」ためにわたしたちは「いま・ここ」にいる。

※※
塩野谷正幸もやってきて呑んでいる。アマノはべろべろ、の上機嫌であった。

ホントーに皆さんお疲れ様でした。

12時過ぎに栗原の音頭で一応〆て、その後は「朝までべろべろ」?

私はいつものように早めに抜け出して1時過ぎに帰宅。そのまま倒れこむように眠った。

※※

今日もいい天気である。朝10時から片付け、大掃除。私はここ何日かの新聞をじっくり読む。ふーん。

明日から『標的家族』の稽古開始。楽塾も27日(日)から『ほろほろと、海賊』佃典彦の「新作書き下ろし」2本連続上演の稽古開始!である。

『標的家族』のあとは2月ミシマワークショップPROJECTも待っている。2010年の前半戦は全てSpace早稲田=本拠地の劇場に1日中いることになる。これが一番!!

劇団員もシニアワークショップのメンバーも只今募集中です!多くの応募を待ってます。この劇団はいま一番面白いことは請合います。なんたって、「何でもあり」の劇団なんだから。キミがこの劇団を変えていいのだ!!

今日はクリスマスイヴ。1日中クリスマスソングがラジオから・・・・。

※※

今日も晴れ。クリスマス。『標的家族』の稽古が始まった。今日は「本読み」である。さて、早稲田に行くことにするか。



昨日、本番前のスズナリのロビーの電話にうれしい知らせが。

第44回紀伊国屋演劇賞団体賞受賞の知らせであった。対象作品は『ユーリンタウン』『ハイライフ』『田園に死す』の3作品。

来年で劇団活動を始めて40年になる。これからも芝居をやれよ!という励ましの賞であろう。感謝。出演者・スタッフ・劇団員一同あつくお礼申し上げます。

さて、このご褒美に応えてあと8ステージ『田園に死す』爆走します、
是非ご来場ください。

流山児祥
昨日からの雨が続いている。眼下の神田川はすごい濁流。


で、雨の中肺がん検診の「かくたん検査」の容器を近所のT病院へ。おととい池袋の健康センターでレントゲンとCT検査。20本×40年の喫煙というわけで何とか指数が800?まあ1回ぐらいは検査しとくか、というわけで区民診断1000円で受けることにした。結果は1ヵ月後。

※※
それにしてもいろんなことが起こる今日この頃である。

市橋容疑者逮捕と森繁さん大往生のニュース。

2年7ヶ月の逃亡劇。整形手術やら懸賞金やら・・・。

森繁さんは主演映画のギャラで墓を買ったという。軍事教練を拒否して早稲田大学を中退。兵隊になりたくないとNHKアナウンサーに。30代後半に初めて映画の主役に。森繁語録「にっこり笑って死んでやろう」のように96歳の大往生ですか。
「感動は客席と舞台の間で生まれるもの、役者自身の中にあるものじゃない」・・・・そうです。小沢昭一さんが言ってる通り森繁さんは「芸人の血とは無縁の新しい俳優の生き方を示したヒト、偉大なる素人」。
早稲田で演劇をはじめた森繁さんは現代演劇のヒトでもあった。死んだ三木のり平さんと同じくもともと、「新劇」のヒトだった。「戦争」を体験して「さめた」眼で「喜劇というニンゲンドラマ」を演じ「長ーい戦後」を生きたのである。



ベルリンの壁がくずれて20年。本当に変わったのだろうか。

でもって、オバマ大統領がやってくる。で、町中に警察官の姿が・・・。

※※

学級閉鎖も終わり、『田園に死す』稽古再開、あと本番まで1ヶ月!!

今日から立ち稽古である。
リーディング公演を終え、稽古場にいけず野暮用に追い回されている。まあ、これも致し方ないのだが。
それにしても、熊本も名古屋も帰ってきてもなんか1日中飛び回っていたってカンジ。

一昨日(6日(金)久し振りの熊本空港。いつものように、夢桟敷の山南さんとこれまた何十年ぶりに東京ブラック・ホール(大昔山南さんがやっていたアングラ劇団)にいた大介の顔も。いや、びっくり。熊本に来てまた、何十年ぶりかに「役者」にカムバックしたらしい。そりゃ、凄い!!

熊本では多くの若い演劇人たちとしゃべった。来年2月に予定している演劇大学IN熊本の企画打ち合わせである。熊本県立劇場。

熊本の演劇の歴史、劇団の歴史をとにかく大先輩に語ってもらおうということに・・・・・熊本・演劇・今昔。  つまり、過去と現在と未来について・・・だ。で、いろいろちゃんとしゃべりあおうぜ!!!

夏目漱石の「夢十夜」をテキストに5から7チームの短編上演チームをドラマドクターがかかわりながら4日間で創り上げ、お互いの批評をする4日間がメイン企画。熊本の演劇の「現在」を確認し「未来」へ進んでゆく試み。

朝の3時過ぎまで話し合い?は続いた。


※※

で、翌日(7日(土)」は名古屋。

わたし、初めて中部国際空港なんてとこに行きましたよ。遠い。

夕方、ここは演劇大学IN愛知の「寺山修司特集」栄の愛知芸術劇場。
でわたしの参加するのは「寺山修司ヲ演出スル」というシンポジウム。

まあ、打ち合わせから4時間近くしゃべりっぱなし。
で終わってからもしゃべりっぱなし・・・・・疲れた。


翌日、また芸術劇場に行き、東京へ帰る。疲れた。

※※

で、今日(8日:(日))はお昼過ぎから1日楽塾稽古でINSpace早稲田。

佃君の「カレー屋の女」ただいまワークショップ中!まだまだ続きます。月刊誌Tの取材。若い記者・・・おいおい、ちゃんと書いてくださいよ・・・である。

で、明日から「田園に死す:たち稽古。」かくしてあと1ヶ月!!で本番である。時間あるようで、まったくねえよ!の現実でありんす!!


で、夜は原稿書きと「チェーホフ名作集」を読む。
初リーディングを無事終える。
それにしても面白かった。お昼過ぎ大隈講堂地下の控え室(稽古場)で歌稽古30分。

今日のシンポジウムに出席予定の井上ひさしさんの急病が伝えられる。でもって過士行さんもお母さんが病気で来日が不可能になったとのこと、メインゲスト不在のシンポジウムとなる。

1時半から早稲田の学生達による「水の手紙」。

2時半から私たちの本番!アクシデント続出にもかかわらず、全員元気に「戦い抜く」いいカンパニーであった。たった5日間の稽古だったが昨日あたりからお互いのだめだしやら台詞合わせや歌稽古と・・劇団のようだった。犬塚さん、中野さん、あさやさんといった大先輩達にいろんなことを教わった5日間であった。もちろん、鷹さんも。


ほぼ満員のお客さんからの温かい拍手に感謝。なによりも来れれである。久し振りに台詞を劇場で言ってるってカンジで「役者」復帰。お疲れ様。

ドイツチームの「黒い獣、哀しみ」を聞く。真実ちゃん、明良、福本君たち・・・こちらもお疲れ様。大内、栗原らは稽古場で打ち上げ。私は早めに帰宅。

※※

さて、今日(5日(木)」から熊本行き。来年2月の演劇大学の打ち合わせ。夕方の飛行機で熊本行き。夜、熊本県立劇場で熊本の演劇人達とミーティング。

で、明日(6日(金))の夜は名古屋:愛知芸術劇場で始まる演劇大学IN愛知「寺山修司シンポジウム」参加、天野天街と一緒。こちらは来年の中津川の演劇CAMPの打ち合わせも。

というわけで熊本・名古屋いってきまーす。

「田園に死す」本格「立ち稽古」始動は11月9日(月)。既に歌も踊りの振りも何曲か付いた。

「魚人」リーディング絶好調である。

歌2曲、横関さんの作曲の主題歌の稽古。
実に贅沢なこと、二胡の奏でる中国風メロディ・・・これが難しい。こんなとき、犬塚さんの存在が大きい。なんたってミュージシャン。最近でも映画の撮影でナベサダのサックスとベースでコラボしたヒトである。

で、イントネーションにもうるさい、300年以上の江戸っ子だそうな!

さすがクレージーキャッツ!!

さて、2日間「遊んで」ラストまで当たった。2日・3日は通し稽古、でもって大隈講堂での「場当り」。あっという間に4日の本番がやってきそうである。

今日と明日はdanceの集中稽古、というわけでこの2日間は演出者教会の若手演出家コンクールの審査。

今日は王子、明日は浅草である。

北区域/PITでの審査を終えて篠崎さん、大西君と王子駅近くの安い居酒屋で飲む。つまみとサービスの吸物、オシンコといった実に下町らしい飲み屋。

つい話し込んで都電の終電に乗り遅れてJR.

※※

いい天気である。

冬の革ジャンを出す。

そう、革ジャンの季節が、もうやってきたのである。

『田園に死す』本番まであと40日余り、みなさん、楽しく頑張りましょう。
昨日22日(木)は理事会で花伝舎、夕方から劇団総会。来年度のスケジュール決定。懸案の2011年に予定している全国(寺・神社・その他)および海外公演に向けたレパートリー公演について・・もう一度話し合うことに。新人募集、稽古場の運営についてなど、私たちの演劇創造現場の現状確認・・・それが劇団総会である。入団したばかりの荒木から私、そして楽塾、多くの人間がこの劇団にはいるのである。

で、歩いて帰宅。

※※
で、本日23日(金)もとにかく歩いている。

お昼過ぎ、2時から五反田の駅前にある東京デザインセンターのB2ギャラリーで北村真実さんの主宰するmami danceSpaceの『タブロウ』を観る。北村真実先生らしい動く絵、最後の晩餐よろしく13人のものがたりが実にスタイリッシュに展開されていく。もっとポップにもっとアナーキーに・・といつのまにかつぶやいていた。尚も健吾もきちんとメンバーの一員にそだった。ラビと白石の椅子には笑った。

あしたで終わりです、是非多くのお客さんに観て欲しい作品である。

※※

恵比寿でおりて初めて恵比寿ガーデンプレイスなるモノを見る。ふーん、昔恵比寿ファクトリーがあったとこ。ビール博物館で黒エビスを飲む。

新宿の桂花ラーメンを食べて、シアターブラッツで札幌のすがの君の新作を見る。

東京の人というユニットの公演『カラクリヌード』2幕2時間みっちり。

※※

昨日は西新宿から早稲田まで歩いたが今日も新宿厚生年金会館前から馬場までオペラ「魔笛」を聴きながら歩く。これがいい、汗びっしょり。
それにしても物凄く早く歩く女性と途中まで一緒だった。俺も歩くのは早い方だがその女性はメチャクチャ早い!大久保駅の先のコズミックセンター辺りまで一緒だったがついに追い抜けなかった。うん、色んな人がいるのだ!!



20日(火)お昼過ぎ高幡不動に向かう。
京王線初めて降りる駅。
日野市・・・ねえ。演出者協会の2次審査。市民会館のホールで「通し稽古」を見る。演劇的なダンス。2時間面白く観る。

審査員は瓜生さん、青井さん、大西君、それにわたしの4人。
審査後、高幡不動にお参り。土方歳三の碑。そうか、ここは新撰組誕生の地である。

お不動さんの近くの蕎麦やに入り、蕎麦。三味そば、これが美味い。

※※
瓜生さんが調布で飲もうと言い出す。瓜生さんの家がある町。大西君と一緒に付き合う。瓜生さんの行きつけの店で日本酒と旨い肴。

じっくり瓜生さんの話を聞く。パラダイス一座の稽古のときを思い出す。あれこれ、楽しい酒であった。

呑みすぎで、ちょっとダイエットしようと思ってたのに、元の木阿弥。

※※

21日(水)オペラ三昧の1日にしようと思ったが、これまたミーティング。演劇業界のアレコレ。ああ、疲れる。
が、これも渡世の義理である。金にもメイヨにもならないが、それなりに次の世代にキチンとつなげなければならないこといっぱいあるのである。

明日も午前中からこれまたミーティング。なんのこっちゃの日々である。

でもって、締め切りの迫る原稿は3本。わたしはキチンと締め切り守る東京のミラーマン。明日こそ頑張るぞ。