流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

久し振りに部屋の整理(本おもに雑誌)をして少しすっきりする。狭いながらも楽しい8畳一間の我が家、それにしても、何もいらないのにそれなりに「モノ」が増えてゆくのは、何でだろう。まあ、捨てない・もったいない・これだな。ビンボー人のサガ?
※※

加藤和彦さんの自死の報。同世代のトップランナーの死。かの「帰ってきたヨッパライ」は昭和の名曲である。で「イムジン河」。超一流の天才とわたしのような超三流、超B級の凡人の生き方の違い・・・?「音楽でやることがなくなった」加藤さんもわたしもバンド=劇団といった「集団」でモノを作り続けている人だったのに。個=テメエなんて「あるのか?」・・・である。それにしても、フォークルってほとんど1年間ぐらいしかなかったバンドなんだ。彼等は日本の音楽シーンを「革命」した。カッコいいなあ、このシロウトたち。アングラで、アマチユアで、カクメイを目指す。わたしたちも矜持すべきこと。合掌。

※※

そんなこんなで、アイスコーヒー飲みながらなぜかこれまた久しぶりに「そうだったのか現代思想」(小坂修平)のニーチェ・フロイトの章をぺらぺらめくっていたら高取君から電話。

演出者協会編集・れんが書房から出版された「80年代・小劇場の展開」のわたしの原稿の「間違い」を指摘される。高取との「出会い」であった新宿小茶での喧嘩相手は「元天井桟敷」の人ではなく高取の先輩の「会社員」、下北沢路上乱闘事件のI氏は「評論家」でなく「作家」。すみません、今度訂正します。

で、『田園に死す』のマッチする「指導」に稽古場に来てくれるとの事、よろしくお願いします、である。

※※

ちょっと運動不足気味なので久し振りに、今日から「歩く」ことにした。

『田園に死す』でひさしぶりに「役者に復帰する」ための準備運動である。まず、出っ張った腹をなんとかしなきゃ、62歳の誕生日までとにかく毎日ストレッチ・腹筋・背筋・運動を続ける事にした。

まず、新宿中央図書館にいって、今度は神田川沿いを夜1時間「歩く」、汗びっしょりになる。綿貫さんに還暦のお祝いにもらった万歩計をぶらさげてだ。

無様でみっともなくても「生きていたほうが」面白い!ってものだ。

で、役者としての基本的な体を作るのはお客さんとテメエに対する「礼儀」である。
soyo1.jpgsoyo2.jpg
17日(金)夜。
黒テント、セルビア演劇「ショパロヴィチ巡業劇団」(作:リュボミル・シモヴィッチ 演出:プロスペール・ディス)を神楽坂シアター・イワトで観る。1986年に上演されて世界中でやられている作品。面白いテキストである。そうか、「天井桟敷」がベオグラード演劇祭に参加した!事を思い出していた。たしか「阿呆船」だったけ?「邪宗門」?

2時間、このテキストを如何に日本の物語に出来るだろうか?とおもいながら・・・であった。宗重さんが18年ぶりの「役者」が面白かった。

終演後、黒テントの坂口君と、久し振りのMODEの松本さんとじっくり呑む。あれこれ、カフカについて、海外公演について、来年松本さんは「初の」海外公演を準備中とか・・・いいんじゃない。

12時過ぎまで呑んで、歩いて1時間、馬場まで。


※※
18日(土)お昼過ぎまで、寺山さんの勉強。でもって、「明治の近代戯曲」を2本読んで、中野。

渡辺修さんの主宰するけさらんぱさらん商会の第3回公演「食卓秘法
◎溶ける魚」(作:竹内銃一郎 演出:有数十三)を中野あくとれで見る。

坂元貞美、渡辺修、宮崎恵治という中年3人組。1980年代の竹内の名作。秘法の舞台で見ているが今見ても面白いテキスト。

それにしても、最近「中年の芝居」ばかり観ているな。が、みんな台詞のテンポがのろい。多分、秘法の本番の時より5分から10分?はのろい・・・と思ってしまった。まあ、それもいいじゃん。

竹内のテキストの凄みが「中年のリアルな身体」を通すこと=30年の時間を経ることでの妙なリアリティに「納得」した!なんも芝居なんかしなくてもいいんだから(ゴメン)。

つくづく思うに、芝居なんてもん「長生きしてやりゃ面白い」、とにかく「持続は力なり」である。カネもメイヨもひょっとしたら世の中に何の影響も与えないかもしれないが「ここ(劇場)」にはナマミのニンゲンのメチャクチャなエネルギーが渦巻いている。それは実に心地いいモノなのだ。


中野あくとれには塩野谷、弘子、麻理と劇団員4人、そういえば昨日も七緒と・・劇団員に毎日「劇場で会っている」日常。早く稽古場で会いたいものだ。

※※

中野からダラダラ歩いて1時間ちょっと、馬場まで。汗びっしょりになる。

録画していた「新・三銃士」(脚色:三谷幸喜)5話を見る。ガキの頃読んだ世界名作文学全集を思い出していた。ああそうだ、1970年代に浅草木馬館で堀浩哉作『女剣劇☆三銃士』って芝居やったっけな。


明日は「田園に死す」チラシ最終構成。ちょっと、遅くなっていますが花輪和一:書き下ろし絵!!です。もうしばらくお待ちください!!
昨日朝から11月4日のリーディングの打ち合わせ。
美術、音響、照明、舞台監督、プロデューサー全員集合。3チームの演出家も。

結構大変なことになりそう。
台本ももう少し短くしなきゃ、1時間ぐらいにだって!・・・ということで急遽、1日中昨日今日と台本とにらめっこ。ほぼ朝まで・・何度も読み直し、少しづつ刈り込んでみた。

で、「魚人」台本1日半でなんとか創り上げる。で、耳はなぜか寺山さんの芝居の曲、もちろんシィザーの昔のCDからでもって蜷川さんお身毒丸も・・・・。

夜中に想からメール。
ずーと懸案?だった2人芝居の話。再来年ぐらいには具体的に動こうということに。これで、あと2年は二人とも生きてなければならなくなった!ということ。面白い企画、演出は小林七緒に頼む。

※※
昨日から2日いい天気、だからというわけでないが、うちの本の虫干しというか整理、雑誌の多くを捨てる。少し身の回りがすっきりした。
アマノも台本最終稿に向けて頑張っていることだろう?どうかな?


それにしても、藤圭子は歌うまいなあ。なんて・・・。

26日から「田園に死す」と「魚人」リーディングの昼夜稽古。頭がおかしくならないようにしなくちゃ。皆さんよろしくお願いしますよ。
久し振りに横浜。

渋谷から特急、みなとみらいの駅で普通に乗換え馬車道に、そこでバッタリ、香港で世話になったアンソン君に。同じくバンクアートでTPTを観るという。京都で仕事、元気である。そのうちテラヤマさんをやりましょう・・・・という話に。

ガルシア・ロルカ:作 門井均:演出 朝倉摂:美術『血の婚礼』。25絃琴とウッドベースの生演奏による音楽劇仕立て。朝倉先生、川村くん、えりさんといった濃い客席。川村くんと世間話。

終演後、海風をうけ門井さんから地ビールをもらう、木暮拓矢も来ていた。ビールが美味い。それにしても、NYKホールは実にいいロケーションいつかこの辺で芝居したいものである。

川村毅と第3エロチカの名作『ボディウオーズ』を想いだしながら横浜を散歩し、また東急線。

本屋で例によって雑誌、新刊本、で今日はDVDオペラコレクション1「カルメン」2「椿姫」3「魔笛」を衝動買い。


※※

雨もすっかりあがり秋の快晴。朝10時から早稲田で11月4日、大隈講堂で上演するリーディング『魚人』のスタッフ・ミーティング。

そうか、こっちも時間がない。

神田川では朝っぱらから女のヒトがオペラの稽古。1時間余りきかされている。これがまあひどい。ずーッときかされる身になれよ、おい!である。
キャスティング発表。

6つの世界を横断する役者達というか出演者達。まあ、楽しくやりましょう。
こんなキャスティング発表は初めてだがそこはそこ、時折突っ込んでアマノ節全開。
で、夕沈ダンスのためのネタつくり。5人1グループで寺山さんの「短歌:田園に死す」をカラダで表現していく。これが面白い。さまざまな形・・・・これを次の稽古インまでに夕沈がダンスにしてくる。舞踏、幾何学ダンス、コンテンポラリー、でもって日本舞踊、でもって韓国舞踊ぐらいは?と思っている。

※※

で、例によって毎日呑み会。わたしは2日とも参加せず帰宅。
やることいっぱい。

佃君から早速、来年の楽塾の新作のタイトルとあらすじが送ってきた。
『ほろほろと、海賊』いいんじゃない!!

あとは鐘下君と鹿目さんの「新作」のタイトルとあらすじで来年度のスケジュールが正式に決定である。

2010年は新作書き下ろし連続「5本」上演!という劇団「史上初の試み」に挑む予定!?
今日もほぼ1日中、花伝舎にいた。
演出者協会の理事会、午前中は「近代戯曲リーディングの打ち合わせというかミーティング。

第1回目は中津川でやったが、東京では初。

東京企画として、中津川で好評だったふじたあさやさん演出の木下杢太郎作「和泉屋染物店」と中村哮夫さんの久保田万太郎作品を1月9日(土):芸能花伝舎でやることに。

で3回目は演劇大学IN京都、4回目は3月8日・9日下北沢「劇」小劇場で日本翻案戯曲第1弾「人間万事金世中」「ジュリアスシーザー」を若手演出家でやろうと決める。

歌舞伎の散切り芝居や川上音二郎戦争劇といったもの・・・様々な切り口で「近代戯曲」を「読む」「読む」!!

※※

4時過ぎからこれまた拡大事業委員会。6時まで来年度の事業を決めていく。演劇大学が全国からの要請でこの数年多くなり事業の幅も広がって
いる。とにかくみっちり、じっくりやりましょう。


結局6時過ぎまで。

走って西新宿まで、乗り継いで三軒茶屋。なんか、久し振りのシアタートラム。大人計画、松尾スズキ作・演出の「サッちゃんの明日」を観る。2時間10分。鈴木蘭々がゲストで出ているが劇団らしい芝居。ナイロンの「世田谷カフカ」もそうだが劇団の「芝居」ってやはり観ていて気持ちがいいものだ。終演後、下北沢まで歩き居酒屋で飲む。

でもって、終電車近くの車両で、さっき見た劇中の松尾さんじゃないけど!!このヒト大人?!のシーンに出くわす、そう、ある種の液状のものが・・・。「大人計画とはサマザマな現実(リアル)を知り大人になる(ための)計画(芝居)をやること?」

ほい、今夜は満月がちょっと欠けだしてるよ。

※※

今日もいい天気である。

お昼から楽塾、佃台本「カレー屋の女」たった2日の荒立ち稽古。さあ、とりあえず2日間楽しく作りましょう。

あ、それから『田園に死す』イープラス優先予約受付中です。
台風一過の青空である。

まあ、電車はいろんなところで不通。自然の猛威のもとではニンゲンはなんて脆いのだろう。

子供のころ「台風」と聞くだけでワクワクして嵐の中を1日中トモダチとアレコレやってたものだ、柿やら栗やら梨やらイチジクやらぼとぼと落ちて・・・なんだろうな、姉ちゃんに怒られながらも楽しかった。石原裕次郎の「風速40メートル」って歌もあったけ。♪風が吹く、吹く やけに吹きゃがると、風にむかって 進みたくなるのさ・・・こんな歌詞だったと思う。   風に向かって進む・・・ねえ。

※※

考えてみたら、この10ねんあまり、台風シーズンのときはたいてい「海外」へ行っていて、日本の台風のニュースは海外メディアで知っていたことに、改めて、気付いた。去年は今頃、上海にいたのか?

何年か前の巨大台風のとき成田空港に一日中カンズメになり、ちょっとした乗客の「もうちょっとで暴動騒ぎ?」なんて楽しい事も体験したっけ?

台風接近の報のなかで三田村組。田村くんの新作「home」を中野のポケットで観る。老人ホームの恋と冒険の物語?冒険がもっと過激に、最後まで「スティング」風にすれば面白かったのに・・・。それじゃ、ホントにどーしょーもないジジイで・・・・やっぱ、まずいか?!

それにしても土井さんといい高橋さんといい、三田村さんといい、実にいい役者たちにはブラボーといいたい。それから桜井さん、あんたは凄い!

※※

それにしても、ポケット・スクエアというらしいが、下北沢に対抗すべき中央線演劇の中心に中野・高円寺がなったら、それはそれでいいことである。わたしは一度も中野で芝居をやったことがないが・・・一度使ってみるか?


※※

原稿2本締め切り迫ってるんだが・・・結局は1行も書けず。例のごとく雑誌やらなにやらをめくってダラダラしている俺。

演出者協会、国際演劇協会(ITI)の来年度の事業計画を練るために今週は何度かミーティング。

次世代の演劇人のための統括団体としての「公的」な人材育成事業の事業計画。

ハコモノからヒトへ。

ITI、演出者協会という組織はつねに「会員参加・運営」を軸にした民主的で透明性ある組織(というよりヒトがいるトコロ)でなけれならない。ITIは去年、「太田省吾さんのあとを引き受けて」といわれて「理事」を引き受けたので、キチンと、演劇人としてより原則的に行動しようと思っている。

※※
で、本日9日(金)より、12月ザ・スズナリ公演『田園に死す』(作:寺山修司 構成脚本演出:天野天街(少年王者舘) 音楽:J・A・シィザー
イー・プラス「先行予約」発売開始です(13日まで)!!
10月5日(月)

1日中雨。1日中ボロアパートの中。

ほんといやな雨である。
東京オリンピックは、予想通り来なかった、そりゃリオのほうがイイに決まっている。南米初のオリンピック、これでいいじゃん。
朦朧会見の中川昭一氏が父親同様の死を遂げる。父親の一郎氏は自死であったが昭一氏は現在のところ不明。

そんな、こんなの「世の中」。

なんとか、「魚人」のテキストレジーを終えてメール。音楽も二胡とピアノ、音響もナレーションも全員が代わる替わりにやって「忙しい」というかせわしない「老人アクション劇」にしようと思っている。
大久保鷹、ふじたあさや、犬塚弘といったメンバーに加えて「初顔合わせ」の俳優座の中野誠也さんといったオジサンたちとキャラメルボックスの大内厚雄と流山児★事務所メンバー。来月たった5日間の稽古だが面白いものに仕上げるつもりである。

※11月4日 (水)1日限りの早稲田大学大隈講堂、是非ご来場ください!!

※※
で、来年秋、演出する予定の名古屋の作家:鹿目由紀さんの戯曲2本を読む。才能ある女性作家。その独特の身体性が面白い。この人体育会系?

で、夜は近くの喫茶店で、ミーティング。明日は午前中から演出者協会の理事会。中津川の来年のことも、来年の2月の熊本の演劇大学の企画もすすめねばならない。忙しくてテメエの首絞めているよ。まあ、乗りかかった舟だし、俺、地域交流部長だし・・・。はい、頑張ります。

それにしても、「演劇界」は本当にイロイロあるところである。早めに外国か、寺廻り始めて、しっかり呆けて、演劇で、♪遊びをせんと生まれけんの乞食よろしく「野たれ死にへの幻視行」と行きたいものだが・・・・。

ま、テメエで「決めるしかねえ」んだけど。
091001_1539~01.jpg

10月である。凄い速いときの流れ・・・である。今年もあと3ヶ月かよ!!なんてこった。
築地市場に行く。
本当にひさしぶり、大昔私はここの野菜市場に働いていたことがある。40年近い昔のことである。
あのころは考えてみたら銀座近辺で様々なアルバイトをやっていた。東京スポーツの印刷場でも働いていたし、新橋のビルの工事現場、S貿易の倉庫は確か人形町であった。

築地の橋を渡ったところの工場でも・・・・。

そんなこんなの記憶をたどりながら築地市場で海鮮丼。

美味い。それにしても、お昼時の築地は凄い人出である。その大半が外国のヒトというのにもびっくり。

※※
歌舞伎座が「さよなら公演」に入っている。1幕見を見ようと思ったが時間が合わないので銀座に出てマリオンで「カムイ外伝」を見る。崔洋一監督、宮藤官九郎:脚本ということで期待してみたがそれほどでもないただのアクション映画。大島渚監督の「忍者武芸帳」の格調の高さを思い出していた。思想の強度。松山君が言っている通り、この映画を観て白土三平の「カムイ外伝」を何人のニンゲンが読もうと思うか考えてんの、崔さん?である。わたしには『血と骨』を撮ったヒトとは思えなかった。ま、白土さんの漫画もう一度読み直すことにする。

歩いて、東京駅までダラダラ。

それにしても今日はずいぶん歩いたという実感。

※※
さて、10月2日(金)。朝から雨。



夕方まで企画書3本仕上げてメール。原稿書き。

「魚人」の直し。っていうか「魚人」ぼーっと読んでいる。明日までには終わらせなきゃ。リーディングってヤツやったことないので、どうしようか?と今考えている。

オリンピック今夜決まるって?ふーん。
で、僕と一緒にイギリス留学していた野田君が大英勲章授与。まずはおめでとう。

♪ワンレニーナイト イン トーキョー・・ねえ。

2日続けて下北沢で芝居を観る。

29日(火)14時、ザ・スズナリで燐光群アメリカ戯曲『BUG』、そうか「キラージョー」の作家か、と納得。「キラージョー」を千葉哲也とやろうかと「リターン」のころ文学座の金さんと計画していたことを思い出した。
薬と湾岸戦争、電話、タランティーノ?、水木さん大変。まあ、楽しく観ていた。

で、眠亭でラーチャンを食べてそのまま今度はスズナリの横のシアター7・11で乾電池の加藤一浩の「新作」をみる。独特の世界観を持ったゆるーい芝居。1時間ちょっとの小品。

観たあと、れいによって柄本さんと喫茶店で世間話イロイロ。

2日続けての下北沢での芝居見物。

※※

30日(水)終日、久し振りの雨。
銀行に行ったり、本屋に行ったりアレコレ。
天野と電話で打ち合わせ。

ほか、来年度の芝居のことやら雑用も並行して電話、電話。

で、昨日今日は久し振りの韓国映画DVD2本。「映画は映画だ」「トンマッコルへようこそ」2作とも観たかったヤツ、面白い。で、あと「公共の敵」。

韓国映画はやはりアクションっていうかその独特の身体性の凄み・・・である。思い込み激しい・・・でもって、チャンジンはやはり、面白い作家だな。

明日は「カムイ外伝」を見ようかな?と思っている。喫茶店の喫煙席で「文藝春秋」の白土三平氏と崔洋一監督と田中優子さんの対談、でもって前田司郎の「逆に14歳」(新潮10月号)、送られてきたKAWADEムック「寺山修司の時代」をペラペラめくる。

朝日新聞に掲載された私も取材された「人脈記」が来春、単行本になるとのこと。それから演出者協会の「演出家の仕事A80年代小劇場」が今週中にれんが書房から発売されるとのこと、拙稿も掲載されているので是非書店でよろしく。

サモアで地震の報。