流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

3日間のアマノの「田園に死す」ワークショップ。

発表会は意表を衝くラストにアマノらしさを・・・。参加してくれたみなさんに感謝。発表会のあと、打ち上げ?というのも変だが呑み会。『ハイライフ』でもらった大量の酒とビールを・・・である。そのあと2次会でアマノは朝まで?

28日お昼、オーディション後の台本と演出の方向性について打ち合わせ。その後、私は11月リーディング「魚人」の二胡の曲を聴く。生演奏で二胡とピアノでいきたいのだが。

※※
久し振りにナイロン100℃の新作「世田谷カフカ」を本多劇場で観る。ケラの新作、ケラらしいドラマ、それも劇団でしか出来ない、もうむちゃくちゃなことをやっていて心地よかった。3時間10分オレは飽きなかった。「劇団」の良さを感じる作品、うちにいたナイロン研究生の野部くんもキチンと成長していた。


楽屋の前でケラに会って、再来年、ミュージカル書けよ!と言い残して帰宅。

幕間に劇場事務所でOさんとしゃべる。パラダイス一座復活の話も・・・、うん、そうだね。江森さん、村井さん、高萩さん、松本くんといった知り合いの顔多し。緒川たまきさんも。さすがに初日。

帰ると11時過ぎ。

夜半になると雨。

「魚人」のテキスト・レジーが残っているが・・・。

※※
曇り空の朝。

トーストにコーヒー、金華ハム入りの野菜炒め。

今日もお昼から下北沢。スズナリで燐光群坂手の新作「BUG」、でとなりの7・11で東京乾電池を観ようと思っているのだが・・・・。


というわけで(何が?)いつものトーキョーの日常である。病院へいって先月の血液検査と心エコーの結果を聞く。糖尿病は臨界値、やばいから運動して、どか食いと酒を控えるように注意。はい、といった先から・・・・。

アマノが名古屋からキャスティングワークショップで早稲田に3日間。
24人の参加者。様々な人たち、みなさんなかなか面構えがよろしい。それに全員うたがうまい。シーザーの曲をみごとに全員歌い上げている。
もちろん『田園に死す』は圧倒的な音楽劇スペクタクルになる予定。

マッチを使った「田園に死す」の短歌を詠むトップシーン。アマノワールドいっぱいの3日間のワークになる予定。

でもって、天井桟敷の身体的ワークショップのテキストを使って・・・なかなか面白い4時間みっちり使った3日間になりそう。上は60代から下は20歳までの参加メンバー。

明日の最終日(28日)の夜にか「発表会」をやる予定。楽しみである。

※※
今年初の若手演出家コンクール2次審査のために久し振りに王子小劇場へゆく。満員の客席。下北沢とはちがった若手演劇がここにある。

都電で早稲田まで。

アマノにシーザーのCDを渡して帰宅。

明日は「ひさしぶり」の楽塾。いま、佃典彦の「カレー屋の女」を声に出して読んでいる。出来たら今年の暮れあたりに発表会でもやるか?なんて思ってるが・・・・・時間ないか。


本当に「ながーいツアー」であった。
今年は「ながーい稽古そしてながーいステージ」の芝居ばっかりやっている。「オールドバンチ」も前の年から稽古を始めて2ヶ月以上、本多劇場で10ステージ余り。
でもって、「ユーリンタウン」は3月から歌稽古、4月からたっぷり1ヵ月半稽古、本番も1ヶ月30ステージ。高円寺に2ヶ月以上もいた。

で、楽塾はこれまた6ヶ月以上の稽古。本番も贅沢にスズナリで10ステージ。

でもって、『ハイライフ』。アナザーチームは1ヶ月以上の稽古。
オリジナルチームは2週間の稽古。が、ツアー中も毎日稽古、稽古であった。1ヶ月のワールドツアーで29ステージ。「ユーリンタウン」とほぼおんなじのステージ数!で時差13時間の旅かよ!!

※※

23日、超満員のシアターイワト。3方客席が沸きに沸きスリリングなファイナルステージ!オリジナルチームは連日「超満員」6ステージを達成!!

本当に、お疲れ様でした。小川君は「またやりましょうよ」と打ち上げでも力説。ほんとにいいチームになった!!

7時半からスタッフ・キャスト劇団員総出の早稲田打ち上げ。和気藹々。ツアーの想い出を酒の肴に全員盛り上がる。うえの北京の料理に加えて、豚汁、カレー、焼肉、お刺身、冷奴その他もろもろご馳走たくさん。私は中津川で買ってきた朝摘みのトマトを差し入れ。やはり飲み屋の打ち上げより断然イイ。酒は腐るほど。シャンペンの音しきり。

全員で乾杯のあと私は菊水の辛口の日本酒ぐびぐび・・・・これがまずかった。大入り袋とお披露目のころはろれつが回らなかった。まあ、それもいい。それにしても、俺酒弱くなったな5合ほどでもう呑めなくなったよ。昔は1升のんでもケロッとしてたのに・・・・。

11時前にお開きとする。塩野谷の指名で若杉の音頭で「1本」で〆る。本当に1ヶ月間、みなさんお疲れ様でした。1ヶ月呑みっぱなしのオリジナルチームも今日で解散!である。劇団の男たちの勢ぞろいした姿が実にいい。男たちのレパートリーとしてこれからも『ハイライフ』は進化し続けるだろう。

※※

久し振りの休日。

ゆっくり起きて、原稿書き5枚。なんとか、メール。柄本さんから電話、シアター7・11で乾電池の公演をやってるので観に来てとのこと、行きますと返事。スズナリでは燐光群も・・・・。

天野に電話。明日から『田園に死す』のキャスティングワークショップが早稲田で始まる。いつものことだがこれも丁度いい。アマノ頑張れよ、である。これもいつものこと。

今年は上半期に演出作品4本という強行軍だったが、後半の演出は全て他人任せ。まずは『田園に死す』である。まあ、役者を久し振りにやろうとおもってるんだが?30人以上の役者たちで繰り広げるテラヤマスペクタクル。

夜、散歩。

例によって本屋。何冊か購入。こんな感じでいつも本や雑誌買っているんだが・・・・?

まず、『田園に死す』のシナリオを読み直すことにする。でもって11月のリーディング台本の改訂。忙しい。
19日から22日まで4日間、初めての中津川での演劇CAMPで朝8時過ぎに出発して1時間近く車に乗って移動、9時から夜9時までの12時間みっちりシニアを主体にしたワークショップをやった。いつものことだが今回がもっともヘビーな稽古とも言える。それは連日移動がきつい!。とにかく中津川市はひろーい。車で移動1時間!!これじゃ・・・。

戯曲は劇作家協会の5人の劇作家の書き下ろし短編。納谷真大「SINDO」
刈馬カオス「バルーン・ファイト」樋口ミユ「ゴーン ゴーン」森本孝文「仇討ちの朝」南原あい「おじい」の5本。

実質2日間で新作戯曲を演出し上演するという画期的な試み。
とにかくヘロへロになりながらも21人の役者と演出家志望のメンバーたちは稽古三昧の3日間を疾走した。ほとんどのメンバーが本番前2日は徹夜?にちかい宿舎での稽古となる。

小林七緒、鹿目由紀という才能あふれる演出家のおかげでこれまで以上のワークショップとなった。ほんとに2人の演出家に感謝。

はるばる沖縄から南原あいさんと名古屋から刈馬カオス氏と2人の作家も駆けつけてくれた。

22日朝10時から12時までのゲネプロ・稽古を経て1時からクロージング・シアター。野外でのキッズたちの「白雪姫」でもって、歌舞伎体験セミナーの「白浪五人男」、で2時から発表会!が始まった。

スリリングにラストまで、ほぼラストシーンまで観て、中津川へと向かう。名古屋から新幹線。

なんとか夜7時のハイライフ』アナザーバージョンのラストステージを見る。ほぼ満員のラスト。日本版!ほんとにお疲れさん。これから、このチームが次世代の『ハイライフ』を作っていく。オリジナル同様8年後どうなっているか?楽しみである。

終演後。瀬戸さんが女優たちに上海料理のご馳走を。男たちは夜の闇に消えた。

私は早めに切り上げて帰宅。疲れ果てているのかキューバタン。

朝から仕込み。

私は来年の秋に予定している鐘下辰男新作書き下ろし作品の劇場探し。
来年秋に池袋のあうるすぽっとで開催されるチェーホフ演劇祭?に参加してやることに!千葉哲也:演出。これは面白い!!

でもって、2時過ぎ「心エコー」検診とやらで豊島健康センターへ。
心臓の2階がちょっとイカレツツあるとのこと。不整脈だが肥大にはなってない。うーーん。

3時過ぎにスズナリに。

セットが立っている。凄い!!リアル!これじゃまるで『オールドバンチ』並みのリアルさだぜ。が,楽塾だから椅子が・・・・これでいい。

で、客入れ音楽も決めて、7時からROMIさんと「明かり作り」。10時近くまで。半分なんとか作る。

歩いて帰ろうと思ったが、東北沢で黒ホッピーを飲む。初照明部デビューの直美と。それにしても、いつも思うことだが「仕込み」のときの流山児★事務所の「若衆」たちの姿はかっこいい。もちろん女の子たちもだが・・・。30人近くの「仕込み」人員のほとんどが「劇団員」というのはイイ!!でもって、実にてきぱきとおのれの「仕事」をキチンとやっている!!これだから「劇団」がやめられねえ!?んだろうな。

※※

明日は朝10時から明かり作り、音響チェック。1時過ぎから「明かりあわせ。なんとか「初」スズナリのために夜7時には「通し」稽古といきたいものだ!!

ひさしぶりの「休日」だが1日中、西新宿の芸能花伝舎にいることに。日本演出者協会の定例総会。10時半からお昼過ぎまで理事会。2009年度事業計画について。1時から2008年度の事業報告と決算報告、でもって2009年度の事業計画と予算案。20年近く前に私が協会に入ってからは「隔世の感あり」総会は今年は出席者が少なく40人余り。いつもは60人近くの会員が・・・夏ということで・・・。内山さんの名議長ぶりもよくてきぱきと・ほとんどの人がざっくばらんに・・・はなしあいながらのロングラン会議となる。それにしても実に「風通しのいい」協会である。それも20代から80代上まで見事に「3世代」が同居している。

で、今年は恒例の「役員改選」。現在協会員は580人、選挙総数248、投票率50パーセント以上を目指しているのだが、まあ今回は前回より多いことで「良し」としよう・・・。

和田喜夫がダントツの120票超える前代未聞の得票で1位、2位坂手洋二94票そして3位が流山児祥とふじたあさや84票、5位栗山民也といった現執行部、全員再任で15人(本来は14人なのだが14位が同数なので)が「理事」に選出された。

働き盛りの、実によく動く和田執行部体制の2期目、全国展開の協会事業の今後の方向性をこれからきちんと次世代に「バトンタッチ」してゆく。

夜は交流会(勿論、全員ワリカン)近くの焼き鳥屋で10時近くまで。公演を終えて坂手君もやってきて楽しく盛り上がる。今年は上半期の日韓演劇フェスという大事業を終えヒト段落(7000人余りを池袋あうるすぽっとに集め大成功のフェスティバルとなる。)、9月のもう一つの秋の大事業=中津川演劇キャンプに向けて事業部を中心に動いている。さまざまなジャンルの演劇人が集まってとにかくゆっくり「しばい」について話し合う《場》これが演出者協会!!。これでいい。それにしても「お祭り」大好きニンゲンがこれだけ集まっているというのも面白い。それもキチンと3世代、だれもえばってねえ、というのがイイ。

演出者協会の「3世代」の喧々諤々の「はなしあい」・・これだぜ。これこそ「健全な協会」のあるべき姿、それも民主的な投票によって選ばれた(今年も選挙で投票した理事候補者は200人近くに上った、1票から120票までホワイトボードに書かれたその全国の演出家の名前は実に「壮観」であった。)理事たちが日本の演劇を語り、提言する「圧力団体」(鴻上くん)になるべきなのだ。


※※
ここで思い出話。

1990年の12月、たぶんクリスマスのころである私は日本演出者協会に入会した。当時の理事長千田是也氏に会うや「あんたが新劇のシーラカンスか?」と暴言を吐き、その直後からなぜか「愛される」ことになる。1992年千田さんの推薦で演出者協会の理事となる。1995年副理事長に選出7期務めている。あっというま、実にあかるい若くて元気な協会になった。会員も300余から590余、ほぼ倍増した。1000人会員!これが私の念願。

今期から私は「地域交流部」に属して「水戸黄門」をやるつもりなである・・・・再来年から寺社廻りもやることだし・・・。頑固でミーハーなカゲキなパンク・ジジイになろうと思っている。実に、明るい「野垂れ死にへの幻視行」である。

※※

青年座の演出家:鈴木完一郎氏の逝去の報。61歳、同世代、北村想をはじめて新劇の側から発見し上演したオトコである。私もチェーホフの「かもめ」で演出してもらった。メチャクチャなアングラなトリゴーリン!で東京芸術劇場の中ホールの客席をぴょんぴょん飛び跳ねていたっけ。これまた20年近い前の話である。ご冥福をお祈りします。合掌。
久し振りの休みといっても、下北沢のスズナリで劇団員の栗原茂が出演しているプロジェクト・ナッター旗揚げ公演『赤色エレジー』を観る。

プロジェクトナッターはガジラのプロデューサーの綿貫さんと演出家のペーター・ゲスナーのユニット。なんで、別役さんの『赤色エレジー』?で、観てて綿貫さんってほんとに「永遠の演劇少女」なんだ、とある種の感動を覚えた。

別役サンの70年代後半のウンドーに対する「シンタイ」的批評、デモ,見てたら「その時」アンタ何やってたんだよ?と毒好きたくなるってもんだ。全てを物語にしてしまう、それも「下手なコントかよ」と思ってしまう。こんな感じで「内ゲバ」を「扱ったら」どーなのかな。しょせん、小津的=民主的リベラル?でも、オノレのグロテスク(傷)をさらし続けるって「象」以来の別役さんの物言いで決めてくれるから・・・?である。めちゃ、かっこ悪いことがかっこいい!

でもって、30年という「時」の流れ?・・・・である。なんか「いやーな感じ」(高見順)を思い出した。でも、このオヤジ、すごーい作家である事を認識した、ただし俺はたぶん「やらねえ」だろうな。

別役さんにとっては「これもまた」演劇内表現で出来る(アタリマエだが)と思った「ものがたり」なのだ?それをペーターが「裏切り史観的」に演出、ですべてはなーんか「あったこと!」になっちまう。でもそれって何よ?


役者はみんな良かったよ。だって、これはすでに「歴史的に総括された事実」でしかないん?だから・・・でも・・「当事者」としてテメエの事件として演じるためには・?

※※

いつの時代も、ニンゲンなんてもんは綿貫さんの言うとおり「滑稽」で「迷走」してるシロモノなんだけど・・・。この前見た中島君の「歴史」劇も・・・なんかな?とおもったがこの芝居もいま「やるんだったら」・・・・その、「表層」という「タテマエ」の仮面=モノガタリ、それもナルシスティックな「それ」を剥ぎ取り「グロテスクな」現在:いま・ここ・を暴くしかねえよな。その「グロテスクさ」とリアルという名の「表現」の「胡散臭さ」・・・これだ!!

※※

だれもが、「消費」され「記号」化されている「いま・ここ」からなんども「新たなる闘争」をはじめるんだ、だよね綿貫さん、20年前のテメエをどう「ぶった切る」か、だ。モチロン、俺も今そう思ってるけどもね。


とにかく、面白く観た。

頭冷やそうとオモって東北沢まで歩いて新宿へ。

歩いて帰宅。本屋で立ち読み2時間。相も変わらない業界やらブンガクやらセイジやらシソーやらを「ぺらぺら」めくり、帰宅。

原稿書き5枚。12時前にメール。

さて、明日から楽塾追い込み!!『ハイライフ』の稽古も続いている。わたしたちはとにかく、イカレタ「世界」とFUCKできるACTORを作るしかねえか!!これだ!!でもってその出口とFUCKできるやつを俺は探している。

※※
小津の『生まれてはみたけれど』を観る。おもろいでー。
さて楽塾いよいよ追い込み稽古である。

17日の事だが久し振りに池袋の新文芸座に。その前にあうるすぽっとでミーティングしてそのまま帰宅しようと思ったが久し振りに映画でもみようかと。

映画評論家の山根貞男さんのトークをやっていた。これが面白。映画が時間の流れの中でどう変化するか?

上映作品は深作欣二の「解散式」鈴木清順の「関東無宿」仁侠映画。「仁義なき戦い」という実録やくざ映画が出現する前の作品。「関東無宿」の小林旭は笑える。それにして清順映画はメチャクチャでいいなあ。何にも考えないでたぶん2週間ぐらいで撮ったんだろうなと思わせる見事なまでのB級。

※※

土用に丑の日ということでこれまた久し振りに鰻をスーパーで買ってきて食う。美味い!それにしても高い。

楽塾みっちり土日稽古、2日間。


夏の花園神社の風物詩:椿組の「新宿ジャガジャガ」を観る。すごい超満員の客。久し振りに石橋と春子の顔。

1969年の新宿地下通路のフォークゲリラを扱った作品、これはねえだろう?というシーンが続出、「歴史」として扱うんだったらもうちょっとは「勉強」してもらわないと・・・・国労は「あの時代を」もっとも闘った部隊だぜ、あの描き方は??中島君、である。それにしても、桟敷童子の東君しかり、この世代は「昭和」が好きだなあ。まあ、清順えいが、深作映画を観ることを薦めて置く!参考に出来るぜ。勿論、寺山、若松映画も超オススメ!!芝居だから「何でもいい」ということではない!!。まあ、トバさんや前田たちが元気に飛び跳ね、福島さんの「凄み」には笑わされたが・・・。

その後、用事があったので、残念ながら「恒例の呑み会」には出席出来ず、申し訳ない。

あと、2日間、皆さん暑い中頑張ってください。それにしても、トバさんの夏の風物詩公演はすごい!来年で25年か!!頭が下がる!!

※※
暑い日が続いている。
46年ぶりの皆既日食。そうか、清順監督の「関東無宿」の時代。おれがトーキョーに出てきた頃か!

歴史を「誠実に」伝えること、それは芸術に出来ること・・・。
※時々新人募集の記事を掲載することにします。流山児★事務所は随時役者・スタッフ・制作・演出部を募集しています!気軽に稽古場の扉を叩いてください※     


       〜熱い力求む!!〜

流山児★事務所は1984年創立以来25年間にわたって様々な才能を生み出してきました。

即戦力の少数精鋭の『新人』劇団員をワークショップ& 舞台出演・スタッフワークも含め実践で鍛え上げ「次世代をになう演劇人」に育成しています。

私たちはいわゆるユニットではなく、様々な才能が集い演劇の可能性を国内外で追求し「世界演劇の地平」にある「演劇の自由さ」を表現し続けていく劇団です。

この劇団には舞台表現のあらゆるものが存在しています。日本演劇の基本である「歌/舞/伎」表現を軸に世界の現代演劇をになう国際的な演劇人を育成します。

基本は民族や国境や宗教を越えて「様々な人々のための芝居」を作りたいという社会(他者)性を備えた「集団」としての演劇への意志です。

09年も年間6〜7本の上演活動を海外公演も含めて精力的に行います。日本でもっと忙しい劇団です。この劇団で自分が「何をやりたいのか」を決めて積極的に参加してください。

あなたの「熱い力」を待っています。熱い舞台が「あなた」を待ってます。

●18歳以上の健康な男女・経験・国籍不問、オーディションあり。

 
ちょっと一息、である。

久しぶりにゆっくり眠る。お昼過ぎに起きて最近まったく聞かなかったCD何枚かを。でも、聞いているとこれ松山のワークショップで使えるなあ?なんて考えて、いかんいかん・・・・である。

楽塾はなぜか今日は「休み」とのこと、そうか1日ぐらい休みでいいか。

高円寺の片付けは悪戦苦闘で9時間近くかかったらしい。お疲れ様。3ヶ月近く通った高円寺の日々もオシマイ。

かくして「ユーリンタウン」終了、である。

※※

久しぶりにテレビでニュースなんか見ていると、なんかずいぶん世の中の動きを知らなかったんだなーと思う。が、相変わらずの混迷の政局である。

麻生降ろしの風と総選挙近し、でいつものような右往左往ぶり。政治の迷走もここに極まりの感。どいつもこいつもアホ面してテレビでしゃべってるのみてるとこの国は・・・・・・うーん・・・である。

でもって、失業率史上最悪のニュースを聞くと馬鹿政治の無責任ぶりに腹立たしい限り。イラクで米軍撤退、イランでも混迷が続き、ホンジュラスではクーデター、世界は相変わらず不安定、常に危機の真っ只中である。

九州を集中豪雨が襲っている。故郷の荒尾あたりは大雨洪水注意報。ゲリラ豪雨というより熱帯と化した異常気象が今年も世界を襲っている・・・・。



30日(火)、雨もやみ曇り空。蒸し暑い。

夜はこれまた6月1日から1ヶ月にわたって池袋あうるすぽっとで繰り広げられた日本演出者協会主催の「初」の大掛かりな演劇フェスティバル「日韓演劇フェスティバル」の最終日である。

18時過ぎからのシンポジウムと閉会式に。

ほとんど何も手伝えずに本当にごめんなさい。


和田理事長から若手演出家コンクールのビデオ審査の電話。9年目のコンクール。今年こそ審査員の「世代交代」を考える時期?じゃないかなあ。勿論、20代から90代まで在籍する自由度の高い協会だから、各世代がいたほうがいいんだが・・・、むずかしいなあ。