流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

本日休演日。」
ほんとに久しぶりにゆっくり眠る。睡眠充分とはこのことだ。パスタを作って食べる。美味い。

で、夕方ダラダラ歩いて池袋のあうるすぽっとまで歩く。途中、雑司が谷鬼子母神近くを歩いていると紅テントが建っている。唐組の新作が昨日まで上演中だったのだ。申し訳ないが今回は観にいけなかった。ごめんなさいである。

東京音楽大学を抜けてあうるすぽっとまで。
そうか、飯でも食おうと思ってラーメン「大勝軒」に入ってラーメン。つけ麺が有名なんだがなぜか私はラーメン。で、劇場に行くと和田さんをはじめとして演出者協会の面々が忙しく働いている。

今日から日本演出者協会主催・プロデュース初の「国際演劇フェスティバル」の第1回「日韓演劇フェスティバル」の前夜祭。ほんとにここまでやってきたのである。私はユーリンタウンでまったく手伝えなかったが、本当に協会員の力で92年の「日韓演出家会議」以来17年ぶりのフェスティバルを大きなスケールでやっている。凄いチカラである。

瓜生さんや貝山さん、篠崎さん、宮田さんといったメンバーたちの顔。ご苦労さんである。

6時半から9時まで満員のあうるすぽっとで前夜祭もりあがって終える。
韓国から林英雄先生やキム・ガンボ率いる「ブラインドタッチ」チームの顔も。

なんとか、全部の作品見ようと思っている。

6月1日から30日まで池袋のあうるすぽっとで日韓の演劇5本上演に加えてリーディング、様々なパフォーマンス、一人芝居、ワンコリアフェスティバルなど在日の人々も加わった実に「演出者協会」でしか出来ない多彩なプログラムである。

是非多くの皆さんにあうるすぽっとに来てもらいたいと思っている。

6月3日ドラマ・リーディング「愛を探して」から演目開始です。4日から6日は坂手洋二作 キム・ガンボ演出「ブラインドタッチ」で韓国側の上演も始まります。

※※
歩いて帰ろうとも思ったが都電で帰宅。
テレビを見たらSMAPの草薙剛くんが復帰していたよ。ふーん。
●パラダイス一座最終公演●


「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」

脚本:山元清多 音楽・演奏:林光 演出:流山児祥
出演:戌井市郎、瓜生正美、岩淵達治、中村哮夫、本多一夫
   ふじたあさや、肝付兼太、二瓶鮫一、藤井びん、町田マリー
   大路恵美、谷宗和、坂井香奈美、石井澄、阿萬由美

舞台中継 本日深夜放送!!

5月23日(土) 午前0:45〜2:35(22日深夜)
NHK BS2 ミッドナイトステージ館

舞台をご覧になった方も、見逃された方もぜひ!

ちなみに、私が完全にとちった日です。あはは・・・。宜しく。
昨日最終通しを終え、私たちの「世界の何処にも無いユーリンタウン」が出来上がった。が、劇場に入ってやることいっぱい!ということも実感。真美さんや岡本先生と一緒に劇場でやることがいっぱい!ある。中身はほぼ完璧、最強のスタッフ陣が「現場」に入って最強の「才能」を発揮して「ユーリンタウン」が完成する。8日間の舞台を使っての贅沢な劇場環境の中で「ユーリンタウン」はさらに進化してゆくだろう!!

19日は1日作業日、朝から稽古場セットばらし、小道具や衣裳作りと並行して遠山君は浅井さんの指導で個人特訓。

私はやっと美佐子さんの「化粧」を座・高円寺2で観る。
たった一人の戦い。壮絶で濃密で哀しくて笑える美佐子さんでしか出来ない芝居をじっくり楽しんだ。600回を迎えた70うん歳の美佐子さんのこのライフワークは・・・森さんの「放浪記」同様の国民栄誉賞もの
である。

終演後、スポーツ紙記者の取材をアンリファーブルでやってたら美佐子さんから途中ピザをもらう。

夕方近くのスタジオでバンドリハーサルが始まったので見学。
凄い!メンバー。ドラムス、リード(サックス・クラリネット)、チューバ(コントラバス)の4人。次々と楽器を持ち替えて演奏する様は圧巻。さあ、こっちも大変だ!明日は稽古場でリハーサル。役者たちはなるべく早めにきいたほうがいいな。

早めに帰宅。

久しぶりにゆっくり寝る。

※※
夏日、朝9時から「仕込み」中。私はほぼセットが立ち上がる3時過ぎに小屋入り予定。

今日からは座・高円寺1。1ヶ月以上この劇場に居ることに・・これまた初体験。なにがなんでもこのミュージカル成功させねば。日比谷ではなく高円寺でミュージカルを!!


久しぶりに朝早くおきて10時半から国立能楽堂でITI理事会&総会。次代のITIに向けて新入会員の皆さんや一般会員の皆さんとやれる事業の話をちょこっと。事業委員会・・・私に出来ることはちゃんとやります。

総会を終えて急いで代々木から高円寺へ。

昨日の「初通し」で3時間あまりの上演時間に愕然。なんとか2時間45分を目指すためのテンポアップ。(勿論、休憩15分も含んでだが。)休憩も10分とするか?トイレの芝居だから、うーん。

1幕を中心に小返し3時間ちょっと。

6時15分から2回目の「通し」。今日のギャラリーは20人近くの「ユーリンタウン祭り」に参加してもらうパフォーマーの皆さんが狭い稽古場にびっしり。勿論全員が稽古場には入れないので3分の2近くの皆さんはガラス越しに「稽古」を見ることに。すみません。

これが昨日に比べて格段によくなっている。芝居はほぼ完璧。
歌と動きこれだな。歌と踊りの「ものがたり」をきっちり作っていく!これだな、決まり!!

さて、明日からやることがきっちり決まったぜ。

あと、2回の稽古場での通し。楽しくやろうぜ!!

※※

ユーリンタウン本番近し!という感じで今週から取材殺到?です。ラジオ、新聞、記者会見と続きます。

●本日緊急ラジオ出演決定!



千葉哲也(ロックストック役)

関谷春子(ホープ役)

「ミュージカル ユーリンタウン」を2人の俳優が大いに語ります!
ナビゲーターは小川輝晃さん。



5月6日(水) PM9:00〜

世田谷的演劇案内「THEATER F」

83.4MHz エフエム世田谷

新宿から京王線の特急に乗って北野乗りかえで高尾まで。ハイキング客でいっぱいの車両。
高尾駅もヒトヒトの群れ。多くの人が高尾にある数々の霊園へ。ゴールデンウイークに墓参り・・・か。
駅前の高尾霊園、高条寺行きのマイクロバスに乗る。
毎日新聞のTさんと一緒になる。着いた時すでに27回忌法要が始まっていた。多くの人たちが全国から集まっていた。読経、後で気付いたことだが寺山さんとお父さんの寺山八郎さんの法要もかねていていた。
ひさしぶりの高尾霊園、楽塾が例年ならこのときに本番をやっているのでなかなか墓参りも出来ない。

寺山さんの墓と九條さんの墓(生前墓)をみんなで観る。かわいい墓である。シーザーがそろそろ整理しなきゃな、に笑う。

※※

「父ありき書物のなかに春を閉じ」と父八郎を詠んだ寺山修司。
寺山八郎、明治44年8月23日青森県三沢市に生まれる。東奥義塾英文科を卒業後、警察官になり青森県下で勤務。昭和9年はつと結婚、昭和10年12月修司が誕生。昭和16年出征。昭和20年9月3日時刻不明、セレベス島において戦病死。遺品は石ころと枯葉、出征時に修司が渡した家族の写真、そして万年筆が1本入っていたという。

写真を見ると背が高くハンサムで実に温厚な人物然としている。

下馬二五七氏、粟津潔氏の死去の報、献杯。

※※
2時過ぎに抜け出して高円寺へ。
2幕のトップシーンの取っ掛かりを作る。時間が足りない。
まあ、やるだけだ。とにかく、各シーン30人以上のニンゲンが動いている30人のドラマを作るのだから勿論時間がかかるってっもんだ!!!



5月2日(土)1幕荒通し。

1時間20分。いろいろあったが順調に出来上がりつつある。まだやることイッパイである。スタッフ会議を11時過ぎに終えてちょっとビールひと口のつもりが・・・結局、朝4時近くまでガード下。ユーリンメンバーがいるはいるは?1時過ぎ高円寺に住んでいるSさんが自転車で通りがかりRCサクセションの《忌野清志郎の死》を教えてくれた。《清志郎の死》ショックをこえた喪失感。58歳早すぎる!凄いサイノーがまたしてもひょいとアッチヘ逝っちまった。合掌。

※※

3日(日)いつものように楽塾。こちらも順調に進んでいる。ただし、必ず後半怒鳴りっぱなしの稽古場の日々。夜は下北沢でなぜか柄本さんと打ち合わせというか演劇の話をじっくり40年近くの知り合いだが酒のみながらこんなに長くはなすのは初めて。これまた、《清志郎の死》を語ったりして。♪雨上がりの夜空に・・・。

※※

4日(日)朝9時過ぎ起床、夏日。

今日は寺山修司命日。11時過ぎから高尾霊園で寺山修司27回忌。

そして、今週はユーリンタウン2幕。さて、愈々追い込み稽古の始まりである。

昨日は忙しい1日となった。
朝10時久しぶりのスペース早稲田、ユーリンタウン祭りの3回目「試演会」2チーム、フラフープとダンスとシンクロナイズ、面白い。もう一つも珍妙なるドラッグクイーン。朝からヘビー。

そのまま楽塾稽古。みっちり2章を・・・・。想さんの台本はきちっとした会話劇というか裁判劇になんだが、例によってほとんどミュージカルになってしまう。証人が急に歌いだしたり、裁判員が踊りだしたり、台本のどこにもそんなこと書いてねえじゃんである。が,今回は基本的に「すべて役者たちに考えさせる」事を基本としている。4時間で15分あまりのシーンをあーでもないこうでもないと。

4時半、座・高円寺入り。

今日は座・高円寺の開館記念祝典である。
正式に劇場がオープンした。
5時からの式典。渡辺えりさんの司会、まず鏡開き、枡酒が振舞われて小田島雄志さんの乾杯の音頭、別役実さんの祝辞、渡辺美佐子さんの祝辞に続いて、紹介もなしで壇上に上ってトートツに祝辞(勿論これも演出である)、高円寺・阿佐ヶ谷が私の演劇の出発点であった状況劇場の稽古場の想い出を語り、そのままユーリンタウンのトップシーンの歌を役者達が舞台上で歌った。

で、ホワイエと2階のカフェ:アンリファーブルでパーティ。多くの演劇人でごった返している。久しぶりの顔もいて楽しい酒宴となる。
本当に、劇場スタッフや杉並の関係者の人たちの開館までの努力に敬意。さてこの生まれたての劇場をどんな子供として育てるのは私たち演劇人と、劇場スタッフ、54万人杉並区民をはじめとする観客のみなさんの協働作業である。

ほろ酔い加減で久しぶりの東中野の昔行った店まで歩く。
ホッピー2杯、でダラダラ神田川沿いを歩きわがボロアパートまで。

さすがに疲れ果てる。

※※

さて、今週も稽古開始!
俺には「休み」無いじゃん!!
今日も朝から演出者協会出版部打ち合わせ「海を越えた演出家たち(演劇の国際交流)」。

なんのこっちゃで18日(土)衝動的にディズニーアニメ6本をツタヤから借りてきてっ観てみた。「ダンボ」「白雪姫」「不思議の国のアリス」と連続してみたが面白い。子供のとき観たのにまったく[記憶]に残っていない。とりわけダンボが初ディズニー?なのに部分さえおぼえてない。ただ♪ハイローの小人の唄だけ。アリスはまさに不条理演劇。でもって、私の「ミュージカルの原点」がここにあることを再確認。どのsceneも歌があり、踊りがあり、そして「恋」がある。あと「バンビ」「シンデレラ」「眠れる森の美女」の3本みよーっと。

19日(日)楽塾いつものようにじっくり稽古。とにかくテメエの役をじっくり作ること!!そのご、久しぶりに何人かと馬場で軽く呑む。

※※

20日(月)21日(火)、今秋9月に予定している日本演出者協会の今年のビッグイベント  2009演劇キャンプ IN 中津川の視察のために出張。
和田さん、宮田さんと私の3役そろっていくことに。「地歌舞伎の里」とよばれ40年前に伝説の日本のウッドストック=中津川フォークジャンボリーが行われた街である。

10時の新幹線にのり名古屋から特急にのって2時間で中津川。

市役所のマイクロバスに乗って夜10時近くまで多くの劇場を見た。
明治時代に作られた歌舞伎小屋がいくつも現存し、さまざま劇場が。とにかく凄い!!

各保存会(歌舞伎劇団)による歌舞伎上演。まさに演劇都市である。
宿泊施設も多数。新宿から高速バスに乗ったら4800円、4時間ちょっと。かつて飯田市でやった演劇大學を越えることが確実に出来る。

今年は3つの芝居小屋(明治座・蛭子座・常盤座)と野外ステージ、ふれあいセンター、神社の社務所の6箇所でシンポジウム、レクチャー、ワークショップを行うことに。もちろん、私もシニアのワークショップをやることになっている。


それにしても宝の持ち腐れとはこの事だ。歌舞伎ホールというX十億のカネを使って建てた劇場1年間で4〜5本しかイベントがない。松竹歌舞伎と東濃歌舞伎保存会大会の2本だけ。とにかくステキな劇場。

夜遅くホテルの近くで実行委員を務める東海ブロックのメンバーと軽く呑む。久しぶりにはせクンと。
※※

21日(火)朝から市庁舎訪問。副市長さんと打ち合わせ。その後実行委員会打ち合わせ。任務分担。中津川を日本の現代演劇の「センターに」!の夢膨らむ。

3時過ぎ、中津川からこんどは快速にのり名古屋経由で新幹線で帰京。
東京は雨。夜コクーンで『三文オペラ』(B・ブレヒト作 宮本亜門:演出 三上博史:主演)を観る。3幕3時間以上。久しぶりの三上、トモロヲ、大鷹に挨拶してすぐ帰宅。さすがに疲れ果てバタンキューで寝る。


※※

というわけで「ユーリンタウン」のほうは2日間歌稽古。

快晴、またも夏日。

さて、今日から「ユーリンタウン」2幕の荒立ちに入る予定だが・・・・・。殺陣も振り付けも・・・・。順調に稽古は進んでいます。

ユーリンタウン好調に稽古発進である。
まず1幕から本読み、最初はアカペラで次ぎはピアノ演奏付きで稽古と1sceneをじっくり3回ぐらい当たるというペース。
総勢40人以上のニンゲンの持つエネルギーが早稲田の小さな稽古場に充満する。

大久保鷹さんがトップsceneを引っ張ってくれる。鷹さんよりエネルギーを上げる、これで行く。こんなニンゲンたちが住む町ってどんなとこよ?である。

主役の2人の「新人」たちとのながーい戦いが始まった。じっくりいきましょうね。

※※

1時から5時過ぎまでじっくり。今週来週は昼稽古。

稽古を終えて昨日と同じく高円寺詣で。ユーリンタウン祭りのメインゲスト高円寺といえば阿波踊り。100万人以上を集める高円寺の代名詞。ユーリンタウンの上演中に週末に同時開催する祭りに出てもらおうと思っている。阿波踊り連の人たちと観客が劇場に入場。わくわくすると思う。X連の人たちと話し合いと打ち合わせ。出演する方向でこれからいろんなことを決めますと好返事。30人近く「祭り」出演希望者も集まった。中野のエイサーの人たちとも合ったら?といういい情報も。

祭りの演出は地下空港の伊藤くん。

ミーティングを終えて高円寺の焼き鳥屋で飲む。これがいい店。エスニックやらなにやら昔の下北沢の線路脇の飲み屋を思わせる風情。凄い人気らしく店の外で夕涼み呑み状態。レバ刺、ガツ刺、美味。

さて、来週から座高円寺の地下の稽古場で本格稽古が始まる。1ヶ月半の稽古、1ヶ月の本番。ほぼ今年の4分の1は「高円寺にいる」ということになる。