流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

朝から大忙しの日となる。演出者協会今年度事業の任務分担。演劇大學、若手演出家コンクールに加えて教育出版部の次なる展開は国際交流だし新事業の近代戯曲リーディングも始まる。観世榮夫さんの遺言的事業がはじめて動き出す。

理事会を抜けて早稲田へ。

60人以上の人たちが早稲田に、熱い。

『ユーリンタウン』本日より本格稽古開始。すでに3月から歌稽古が始まっているが今日から一丁はちまき〆なおしてである。スタッフ紹介、出演者紹介、で作家の坂手君が来て「本読み」2時間。トップシーンの歌稽古で稽古をとる。
そのご、全員で?お隣の鶴巻公園で大宴会花見と役者連中はくりだしたらしいが・・・。


私と坂手君はそのまま、高円寺に移動。

「シアターガイド」の6月号の白黒インタビューの対談を坂手君と座・高円寺で。そうか、おれと坂手が組む、それもブロードウエイ・ミュージカルって充分「演劇的件」なんだ?と納得。

対談を終えて信さんと雑談。歩いて帰ろうと思ったが中野から地下鉄にする。それにしても初夏をおもわせる陽気。もう半そででいいじゃん。



3日(金)『ハイライフ』日本ヴァージョン本読み。
で、焼肉結団式、で、寒い中の花見。
キャスティング思案中。

※※

4日(土)小春日和というより花見にぴったりの陽気。
北朝鮮の飛翔体(ミサイル)発射の「誤報」のなか神田川沿いはスゴーイ人の群れ、桜は満開。私はお昼過ぎ珈琲館でNHKの研修生さんの取材。
で、文京区庭園を抜け、田中邸、日本女子大あたりをぶらぶら。桜の下は多くの人の群れ。缶ビール2本。


s09.gif


副都心線で澁谷。

渋谷も凄い人の群れ。久しぶりに学生時代から行っている魚が美味い築地Fでうに丼、黒メバル、美味いし安い。

で、歩いて駒場まで。

駒場アゴラ劇場で北村想の新作『アチャコ』(演出:小林正和)を見る。桜の満開の森ならぬ、お風呂に入ったエロ小説家の妄想するエロス学。

歩いて澁谷を越え原宿まで歩く。
JRに乗り、座・高円寺の正面に掲げられたという「ユーリンタウン」ののぼり幕を見に行く。
中央線で快速の窓から目を凝らす。中野駅を出発、環七を越えて、もうそろそろだ・・・・




わかる???
快速は早すぎ・・・復路で写真を撮ろうと意気込んでいたのだが22時半をまわり消灯。真っ暗。
残念。


k5.gif


※※
で、5日(日)ついに飛翔体発射。列島を越え太平洋へ。
巷はまるで「戦争ごっこ」。あおるメディア。楽天・中日ともの2連勝!幸先いいスタートダッシュだぜ。
古本屋で田中千禾夫「八百屋お七牢日記」ジャン・ルイ・バロー「私は演劇人である」梁木靖弘「聖なる怪物たち」エドワード・オルビー全集3「ご臨終」「海の風景」でもって現代詩手帖「吉本隆明とはなにか」の5冊。5冊の本をだらだら、ぺらぺらと喫茶店でめくっていた、歌稽古の終わった日。

なんだろう?古本に書かれているこのへんな文字は?LEBE LIEBE LEIDE 1959、9、9 昔の演劇人が書いたモノに違いない。

※※

4月1日、エイプリル・フールなのに別に誰にもうそつく暇もなし。エイプリルフールって「お昼まで」なの。

朝から、ついに、2年ごしの「宿題」!?を終えて東京タワー。トーキョーを久しぶりに「高い」ところから見つめる。もちろん、私は高所恐怖症なのであの「ガラス」ごしに「下」を見ることかなわず。

私のこの行動!!どういう「脈絡」があるかは誰もわからない・・・だろう。で、タワーの外に出るとこれまた雨。

で、虎ノ門までtaxi、で、新橋。この際?ということで『続々オールドバンチ』の物語の発祥地、新橋烏森神社の周りを散策。「つばき」はこのあたりにあった?のだ。

で、新橋のガード下で安い肴で熱燗1本。まだ夕方である、銀座まで歩く。クリエ、宝塚、で、映画館に入ってミュージカル映画『マンマ・ミーア』を観る。ABBAの音楽。メリル・ストリープ主演。いやあ、凄い役者である、メリルさんは。それにしてもミュージカル役者が誰も出ていないっていうのはイイ。が、歌も踊りも美味いなあ。どうする『ユーリンタウン』!!

ギリシャの小島のアフロディテ。なにが、パンクだ。それでもおばさんフェチの私には楽しい映画であった。ふーん、今日は「映画の日」か。1000円だす。

外に出ると雨。ずぶぬれになりながら帰宅。風邪を引いたらしく咳が止まらない。早めに寝る。

※※

4月2日朝、佃君から電話。9月に予定している中津川でのシニアワークショップの使用戯曲について。劇作家協会の地域の短編戯曲とのリンクを。近く東京でということに。

お昼過ぎから近くのルノアールで台本をしっかり読み込み、直し4時間。

本屋で「台詞の時代」早川書房の文庫本、清水邦夫「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた/エレジー」アルベール・カミュ「カリギュラ」の3冊。

昨日からずーといろんな本を読んでいる。こんな日はあまり無い。それにしてもいつも「斜め読み」だなあ。さて、一人リーディング!今日は別役サンの柄本明一人芝居『風のセールスマン』である。

想さんにメール。

熊本の山南さんと来年2月に予定している演劇大學のワークショップについて電話で話す。荒尾で?!うーん、それも面白いけど・・・・。

※※
それにしても寒い日々であった。
明日は温かい春の陽射しがかえってくるそうな。

世界第2位の自殺大国。去年も11年連続の3万人を超す。今年はもっと増える?なんてこった!

3月毎週月・火の2日間「ユーリンタウン」の歌稽古を計8回やってきた。歌唱指導は訳詞・演出補の浅井さんと音楽監督の荻野さんのお二人の豪華版。実に懇切丁寧、ほぼ3分の2ぐらいあたることが出来た。
今日は塩野谷、千葉、弘子、関谷、遠山、カナミの6人の歌をじっくり。

さて、4月6日から本格的にブロードウエイミュージカル「ユーリンタウン」の稽古が始まる。なんとか3日間ぐらいでアンサンブルのキャスティングを終え、歌稽古をラストまであたり、13日から高円寺の稽古場に移って荒立ち稽古に・・・が思惑なんだが果たして?

『ハイライフ』の8月・9月カナダ・マカオ・台北ツアーが正式決定した。『ハイライフ』が生まれたカナダに持っていくというのは感慨深いものがある。というわけで、オリジナルメンバーに加えて新メンバーによる「日本ヴァージョン」を作り上げようと思っている。海外向けに2つのメンバーを作り上、『狂人教育』『盟三五大切』に次ぐ劇団の海外レパートリーに育て上げるつもりである。

で、急遽4月2日・3日キャステイングのための「本読み」をやることにした。4人の劇団員メンバー。9月これまたはじめて使う神楽坂のシアター・イワトで1週間凱旋公演の予定。ご期待ください!!

※※

あ、それから今年度の「新人」が入団しました。福岡県出身の荒木理恵、山口大学で化学地球学?なんてモノを勉強していた女優。話して飽きない面白いヤツである。まあ、1年365日芝居漬けの日々頑張ってください。入団翌日からさっそく、「歌稽古」に突入。で衣裳の採寸の手伝い、と大変。それにしても今年は地方からの受験者が・・・・・なんで。

まあ、1人じゃ少し寂しいのでもう一人ぐらい「新人」が入団すればいいが「いまどき劇団員になる」!なんてニンゲンはホントーにいない。「劇団」ってホントーに面白いのに・・・・・。入団希望の方は気楽に事務所までご連絡ください。試験は随時行います。
※※

『ユーリンタウン』、『ハイライフ』楽塾『めんどなさいばん』3つの芝居のスケジュールが微妙にずれて進行する今年の前半戦である。楽塾ももう、チラシの写真撮影?『ハイライフ』も近々?

3作品ともまったく違う作品なのでそれぞれの「違った作り方」をとことん楽しもうと思っている。

まずはミュージカル!!


さて桜でも見るかと往復神田川沿いを歩き稽古場まで。
桜が咲いているところとまだつぼみのところと様々。例年と同じで甘酒やさんとか焼きそばとかの屋台も出ている。

多くの人たちが出ている。ビール片手に桜の満開の下で静かに狂うさまはじつにいい。がそれにしてもまだ寒いなあ。

昨日、中野テルプシコールで金杉忠男さんの代表作『花の寺』を観た。「十年桜」という名前の女優たちのユニット。10年前金杉さんの教えていた舞台芸術学院出身の女優さんたちである。20代で老婆たちの語る「想い出の劇」を演じ30代の今もう一度「そのコトバ」を吐く、いい経験である。みなさん誠実に演じていて気持ちが良かった。きっと金杉さんいい先生だったんだろうな。

楽塾で6年前?にこの原点版をやったことがある。6人の女優のみのスズナリヴァージョン。「花の寺〜お手紙〜」これが金杉さんの最後の台本だったのか。「自らの死」をも意識したテキストに驚く?いつか楽塾の女優たちとやるか。清水邦夫さんの「楽屋」と金杉忠男の「花の寺」上演。平均年齢60歳代に突入した女優たちによる・・・・いいじゃん。

で、いつもの楽塾稽古。12年間:毎日曜日の稽古場は楽塾である。

お昼過ぎから6時近くまでいつものように荒立ち。

まあ一応ラストまできっちり。

これで「荒立ち」は終わりです、と宣言。来週から本格的に「とりあえず」作ります、で出来たら、また「壊せば」いいし。8月のスズナリまでまだ4ヶ月もアル。が、時間あるようでそんなにない・・・か。

※※
快晴。朝から病院、いつもの心臓の薬をもらう。血圧は96の121高め。禁煙か節煙のすすめを聞く。

ちよっとした長年の宿題をやっとはじめる。時間がかかる、が致し方ない。

夕方、副都心線の西早稲田から小竹向原へ向かおうと思ったら裕作さんとばったり。立ち話、「田園に死す」的バスツアーの話。今度ゆっくり。

で、小竹向原のサイスタジオ・コモネBで江戸糸あやつり人形座の古典小劇場」を見る。「操り三番叟」「鈴が森」「八百屋お七」の3演目。結城座をでて4年目の田中純氏と結城一糸の競演。たのしい、人形たちである。これが凄い、まるでイキモノである!「鈴が森」の殺陣が面白かった。

で、今度はテレビの「芸術劇場」で結城座の『平成のぞきからくり 破れ傘 長庵』を観る。河竹黙阿弥・原作 山元清多・脚本演出。これまた串田さんと孫三郎さんの競演が凄い。好き放題にあそんでる。これだな。元さん「バンチ」と並行していい仕事してたのである。えらい。

充分、人形の面白さ、凄さを満喫した1日となる。いつかこんな人形たちと「競演」したいなあ。

※※

25日(水)夜中野のスタジオあくとれで楽天団の『バイティン・バック』(ヴィヴィン・クリーヴン・作 須藤鈴・翻訳 和田喜夫・演出)を見る。実に素朴でまっすぐなドラマ。そうか小説のドラマ化ねえ、アボリジニの演劇という和田さんに似合う演劇。中原さんが面白い。初日乾杯のオーストラリアワインが美味い。そのあと沖野さん、協会の佐々木君、村井健さんという奇妙な組み合わせで中野駅近くの焼き鳥やで軽く飲む。現在の演劇状況について熱く。

沖野さんに誘われるまま久しぶりの新宿ゴールデン街。初くらくら2。

※※

26日(木)夕方新宿シアターTOPSへ。坂手くんと永井さんに会うため。TOPSでは「最後の文化祭」という閉館イベントの真っ最中。流山児★事務所は1987年、開場まもなく3週間、芝居2本、映画「血風ロック」上映と「真夏のフェスティバル」っていうのを1回だけやっている。若気の至りで壁は壊すは、水は漏らすは、メチャクチャでそのご1回も使っていない。新宿のおしゃれな劇場にその後TOPSは成長していった。まあ、TOPSさんお疲れ様でした。

で、永井さん、坂手君とI会館のタイ料理やで「演劇のいまあるイヨーな光景」についての様々を聞いたりしゃべったりの2時間以上。それにしても永井サンはつらい体験ばかりして大変だな。まあ、不思議の国のアリスよろしくの体験ぜひ次回作に生かしてください。この人ホントにいい女優でいい演出家、と見ていてつくづく思う。

8時過ぎから坂手君と一緒に夜遅くまで昨日に続いてゴールデン街で痛飲。いかん、「飲みすぎ」である。歩いて帰ろうと思ったがやめてtaxi。

※※
昨日の夜、名作「焼肉ドラゴン」で昨年の様々な演劇賞を独占した鄭義信さんが自らの主催の謝恩焼き肉「大盤振る舞い」パーティがあることをすっかり失念していた。申し訳ない、当然伺おうと思っていたのに。

横浜に行って帰宅してから気が付いた。いかん、いかん、すみません鄭さん、おめでとう。

翌日聞いた話では凄い人出で250人を超えた「焼肉パーティ」であったそうな!!実にめでたい、まさに鄭さんの人徳のなせること、それにしても鄭さんは太っ腹だなあ。そのうちホルモンでも一緒に食いましょうよ。

※※

これまた忘れていた原稿、朝早くから4時間4枚、何とか書き上げてメール。もうちょっとで〆切り落としそうだった。最近呆けまくっている、やばいよ。

で、今日も朝からWBC。決勝戦である。
それにしても凄い劇的な日韓決戦であった。歴史に残る闘いとはこういうのを言うんだろう。ダルビッシュが出てきて終わりと思ってたら、韓国の逆襲で「延長戦」となり、最後はこれまた「劇的」なイチローの打撃でジ・エンド。

イチローのためのWBCで侍JAPAN2連覇で結局は終わり。アジアの2大野球王国、それが日本と韓国。この永遠のライバルっていいじゃん。

いやはや、WBCというか久しぶりに野球観戦三昧の日々であった。野球を見ているとなぜかがきのころを思い出すのは何でだろう。青空の下の夏のグランド・・・・。

※※

というわけで、稽古場に1時間遅刻。で、「ユーリンタウン」歌稽古を見る。今日から立って歌うことに。そうすると芝居が見えてくるからこれまた不思議。

5時過ぎまでじっくり。いつものように主役のお二人さんは居残り練習。たぶんずーっとだな。

事務所で今年の後半戦のキャスティングの話など・・・・。
冬が戻ってきたような感じの今日この頃である。

※※
凄い風の1日となる。

WBC対アメリカ戦。今日の侍JAPANは強かった。
イチローも予想通り5打席目?にはちゃんと打ったし・・・・。
さて、明日の5回目の韓国戦がたのしみ。ここまで観たのだからたぶん明日もきちんと観ることになるんだろうな・・・。

で、お昼過ぎいつものように3週目の「歌稽古」おおもののRUN FREEDOM  RUN 3時間かけてみっちり。

来週は塩野谷たちの歌中心?

とにかく、みっちり「歌稽古」の3月である!!

※※

で、tptのリスタートとなる『醜い男』(マリウス・フォン・マイエンブルグ・作 トーマス・オリヴァー・ニーハウス・演出)を馬車道の
BANK ART Studio NYKで観る。いい空間、が、台詞はうおん、うおんの空間。4人の役者たちの曰くアイデンティティの物語。それが、何?
この空間を意識的に使うのだったら「もう少し」考えたほうがいいんじゃないんですか?オリバーさん。

でも、面白かったよ。あと1週間皆さん頑張ってください。

で、なぜか沖田乱と一緒だったので今日も大久保の「はち」。木村健三はいるは、華子はいるは竜一はいるはの日であった。

それにしても、寒い1日であった。
桜の開花宣言がでた一昨日、お昼過ぎ初めての川崎アートセンター、アルテリオ小劇場で久しぶりにMODEの「マッチ売りの少女」(別役実・作 松本修)を観る。新百合ヶ丘に去年で来た新劇場、「こんなんばっか」りだなあ、パブリックシアター。


中田春介と石井ひとみが出ている。1966年に書かれた岸田戯曲賞を受賞した60年代演劇の傑作を見ながら、自分自身が40年前に父親を演じた感覚を思い出していた。そう、私はこの芝居をやったあと「演出」家として別役実・作『門』をやっている。


終演後、久しぶりに松本さんと芝居の話をじっくり。松本さんは半分大阪での教員生活をしながらMODEを続けている。そういえば俺の席の後ろか「おい!」と声をかけてきた竹内銃一郎も松本さんと一緒に近畿大学で働いているし唐さんも・・・・。

春介と一緒に大久保の「はち」へ。沖田乱がいたので遅くまで馬鹿話。

※※

昨日はお過ぎから国立能楽堂会議室でITI(国際演劇協会)の理事会。09年度の事業計画について。それにしてもイロイロある。ボランティアとして去年から太田省吾さんのあとをと言うことで引き受けたのだが。
演劇の国際交流というライフワーク、出来ることをしっかり・・だ。

同じ理事の菱沼さんから話劇人社季刊誌「幕」の最新号を手渡される。『狂人教育』の劇評が載っている。

夜7時半、元ベニサンピット支配人の瀬戸さんと一緒にマシュマロウエーヴの「HOW IT WORKS](ダニエル・マカイバー・作 木村健三・演出)を池袋のシアター・グリーンで見る。華子が出演している。カナダの最新戯曲。健三はいまカナダの最先端の戯曲を次々と上演している。いいことである。

そうかこの2日間「家族のモノガタリ」ばっかり見てるのだ。一緒に観た勝也さん曰く「個人の苦労話」・・・で、チャンちゃん。

終演後、瀬戸さん、勝也さんらと「モツ鍋」屋で飲む。直美がいたのでもりもりと食べいい飲み会となる。そのご、深夜まで出演者らと久しぶりの演劇論を熱く。それにしても話しの中心にいた勝也さんは実に元気な人だ。

で、酔いを醒まそうと馬場まで歩く。

※※

風の音で目を覚ます。
今にも降り出しそうな空の日曜日。今日は東京マラソンか。

さて、2時からいつものように楽塾。それにしても花粉症で目とくしゃみがひどい。頭も・・・・花粉症の日々。