流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

2日続けてのWBC三昧。
いやあ、野球は面白い。

お昼から2日間テレビ観戦。昨日の屈辱の韓国戦敗退、今日はすかっとイチローまで3塁打まで飛び出して劇的に復活して歴史的キューバ戦勝利。

ガキのころはもちろん野球少年ではあった。軍需工場の跡地に作られたグランドでよく試合したものだった。ユニフォームを買う金も無く我らがチームはボロボロの格好で闘った。中学生になって初めてユニフォームを揃えたものだ。
アニキはいいバッターで、レギュラーでセンター?だったがオレはヘタクソでたまに代打で使ってもらうくらいであった。


九州なのになぜか、西鉄ライオンズのファンではなく与那嶺のファンで「中日ファン」という変わり者であった。アニキは毎日打撃20傑の新聞記事を切り抜いていた。たまに、大牟田でオープン戦があると必ずチーム全員で見に行ったものだ。私が始めても貰った野球選手のサインは和田博美選手のもであった。50年以上前のセピア色の思い出である。


今回のWBCでは大リーガーの福留以外はいわゆるドラゴンズ勢は不参加。まあいろいろある。野球って実にシンプルで面白い。ピッチャーが良けりゃ「負けることはない」ってことは今日の岩隈や杉内を見ているとわかる、昨日のダルヴィッシュの1回の3失点。さ

さて明日の順位決定戦。韓国に雪辱なるか。でアメリカに勝ってもう一度韓国とのファイナル。まあ、観るしかない。

芝居も野球みてえにすっきり行きたいもんだ。

とにかく、明日も「侍ジャパン」(笑っちゃうネーミング)観るんだろうなあ・・・・。

昨日に続いて神田川沿いをゆっくり散歩して早稲田まで。 もうほとんどいつ桜が咲いてもおかしくない状況。来週あたりだろうな?

演劇博物館で水族館劇場の展示を見て、大學の近くの喫茶店でお茶、2時間以上じっくり台本を読み込み稽古場へ。

ユーリンタウン歌稽古4日目。
千葉、塩野谷の2人も加わっていい感じになる。
全員で歌う曲はこれでぜんぶあたったことになる。それにしてもいい曲である。ステキな曲とはこのことだ。

千葉も初ミュージカルということで・・・・塩野谷も・・・でもって大久保鷹さんも。こんなステキにぶっ飛んでいるミュージカルは「世界」にない。

今日の歌の指導はいつもの浅井さんに変わって荻野さん、「ユーリンタウン」の音楽監督でもある。2人とも実に的確に歌の心を40人近くの出演者たちに伝えてくれる。凄い才能である。全員凄い勢いで成長している。あたりまえのことだが、歌もまた台詞同様イキモノである。

※※

主演の2人、遠山君と関谷君のレッスンを終えて、塩野谷、千葉、弘子と一緒に近くの焼き鳥屋で飲む。
しおのやも千葉もえらくノッテイル。「初ブロードウエイ・ミュージカル」を楽しみ尽くしたいとの事。挑戦したいという2人の志の高さに乾杯である。
楽しみましょう、さて今月あと2回の歌稽古。全曲あたれそうである。

この芝居、確実に面白くなります!!!

※※
3月14日(土)は期せずして唐十郎三昧の日となった。
ze1.gif


ha1.gif


ge1.gif

夜7時タイ二ィ・アリスでサーカス劇場の『カラス』を見る。あきらかに唐さんの影響というよりもいい意味でのパクリ?の清末君の台本を唐さんの弟子の唐ゼミ☆の中野君の演出。この唐エピゴーネンたち、なかなか面白い、元気だし、台詞は明快、そこそこ熱く集中力もある、まあ一番熱かったのは浅倉洋介だったが・・・・。狭いアリスをよく使って2時間、休憩なんかまったく要らない(セットはまったく変わらない)のに紅テントよろしく「10分間の休憩」まである。そんな、実にお行儀の良い、エリートお坊ちゃまたちの唐十郎志向・唐体験ってなんだ!?と考えながら見ていた。今演劇する、今アングラするって、人生を棒にふるって感じ、じゃなくてなんか「ずーーーと学生やってる!」ってかんじなんだろうな。なんたって、泥棒「学校」だもん。

というわけで(何が?!)何十年ぶりかの池袋新・文芸坐でオールナイト「唐十郎特集」を観る。「銭ゲバ」「玄界灘」「シアトリカル」「犯された白衣」全部見ている作品だが、こうやって全部見るのも面白い。夜10時半から朝5時15分まで。唐作品4本立て。面白い、くだらない、笑える、かっこいい、切なく繊細、それでいて、元気になれる、ほんとこの人は凄いニンゲンなんだとつくづく思う。まさに唐さんは平成の無形文化財。

朝まだきの池袋の町をあるき馬場まで。やっとビール、これが美味かった。

おかげで15日(日)はほとんど使い物にならず。楽塾稽古を夕方終え芝居を見に行く約束をキャンセル。早めに寝る。もうオールナイトを見る体力も・・・・?かよ。

※※
早稲田ではユーリンタウンの歌稽古2日目。
私は池袋の芸術劇場大会議室で劇団協議会定例総会。今年度の予算案と事業計画案の承認。で公益法人制度についてのフリートーク。1時半から5時前まで。うーん。

※※

会議終了後、A、Bさんとライオンビアホールで軽く飲みながら雑談。新劇・アングラ・小劇場ってなんだ?これから何処へ行くか?って話
まあ、テメエできめるしかない。ここのピザ美味い。劇団協議会で国際フェスやビッグなコラボや実験的な作品作り、まあいろいろな事業を皆さん考えたら面白くなるのに・・・・?


池袋まで往復歩く。夜半になり春の嵐。雨。


歌稽古順調。『ユーリンタウン』『ハイライフ』と今年は翻訳劇2本?
『ハイライフ』の海外公演の話も進んでいる。もう一つの海外レパートリー『盟三五大切』も来年あたりには作り直したいと思っている。普通に海外へゆくこと。これだな。

※※



さて今週から「ユーリンタウン」歌稽古の始まりである。上演台本もついに今日完成した。坂手洋二らしい気合いの入った「上演台本」である。コトバの面白さとコトバのチカラ!!が。さて、これからが俺たちの仕事である。じっくり、作戦をたてて楽しんでやりましょう。

ガジラ「pw」13年ぶりの再演を見る。そうかあれから13年かよ、島次郎のセット、何よりも13年前と違う渥美さんのアクションに唸る。カラダ気をつけて、みなさん。

・・・・塩野谷が声をつぶしていた、まあ、それもいいんだけどね。

※※

というわけで、1日中、「ユーリンタウン」の上演台本を読む。歌詞と台詞のちょっとした違和感を・・・・考える。

で、夜中にYMO。なにが?なんでこれって25年前・・・である。

はい、明日は早稲田ですね。40人近くが早稲田の稽古場に!!うーん。
いつものように歩いているがほとんどやせないよ、の日々である

どしゃ降りの雨のなか高円寺へ。
座・高円寺でパリのロン・ポワン劇場の事務局長ジャン・ダニエル・マニオンさんの話を聞く。座・高円寺のオープン企画。多くの知っている顔。横に愛さん、横内さん。シャンゼリゼの交差点というか誰をもが出会う広場、それがロンポワン劇場っていう話。

これまたいつものように環7沿いを歩いて途中から新代田行きのバスにのって下北沢まで。今夜は札幌のすがの公作・演出の『アイドゥーアイドゥー』面白い、凄い仕込みの量、いろんな意味で盛りだくさん。

早めに帰宅。

※※

おめでた2つ。

野田くんがパパになるという、53歳のパパとは実におめでたい。唐さんや串田さん同様とにかく生まれてくるお子さんのために長生きしなきゃである。いやめでたいめでたい。

で、ケラさんが緒川たまきさんと結婚・入籍のニュース。これまためでたい。去年の正月、お二人で墓参りとかでSpace 早稲田にひょこっと日本酒もって年始周りよろしく来、やはりそうでしたか、実にお似合いのカップルである。お幸せに。

ケラさん近いうちに一緒に芝居しましょうよ。

野田君、ケラさん、おめでとう。

これで演劇界も春である!と今日んところは、ハッピーに・・・・・。

久しぶりの快晴。朝早くから布団干す。今日はお昼12時から「劇」小、大阪の小嶋一郎君の演出作品『適切な距離』(作:松山賢史 旧劇団スカイフィッシュ)、で『ユーリンタウン』音楽打ち合わせ。
お昼過ぎ歩いてサンモールスタジオへ。

甲津拓平出演の『離宮のタルト』(丸尾聡・作演出)を見る。完璧主役の甲津拓平、がんばれよ。よくやっている。

で、夜は北京から来て「21世紀日中舞台芸術交流プロジェクト」ってヤツで演出する顧雷(グーレイ)の新作『十人の夜』を森下スタジオで見る。

なかなか苦労して作ったんだろうなあ?と想像させられるが、実によく出来た面白いシロモノ。

気分よく,その後のアフタートークに出演。いろいろ知った顔、多数。
8日まで森下スタジオで上演中です。時間があったら是非、いま北京の演劇界をリードする気鋭の30歳の若手演出家の作品、見てください。

というわけで、森下散策というか元ベニサンピット跡地へ。
感慨ひとしきり。20年以上通った「稽古場」であり、この10年余り使わしてもらった「素敵な劇場」の跡地である。

なぜか「荒城の月」を歌っていたっけ?


090305_2211~0001.jpg


090305_2213~0002.jpg


泣けるなぁ。


090305_2210~0001.jpg



090305_2212~0002.jpg




東京の「久しぶりの雪」とおもいきや朝になるとまったく積もってない、綺麗にとけている。

まあ、こんなもんだ。「春の雪」も粋なのに・・・。

昨日3月3日の桃の節句に始まった若手演出家コンクール2008。第1弾は福正大輔くんの『新・月の影で息継ぎを』(作:萩原健次 劇団ドロブラ)。超満員の「劇」小劇場。うれしい限り。ごめんね、アフタートークで辛口言って。良かったよ。

昨日、朝から私は脳の「MRI検査の結果」を聞きに病院へ「異常なし」。血液検査はコレステロール高め288。それでも「薬はいやです」と答えていたっけ俺。

とにかく、コレステロール高め、脂肪肝、じゅうぶん「中年」のカラダを自覚し、きちんと「いまを生きる」だけである。脳は正常、いいじゃん。

※※

4日(水)曇り空。
5年ぶりにお茶の水のI眼科へ。目の検査。

中心性網膜脈絡炎という左右の画像がメチャクチャの眼を久しぶりにどーなっているのか調べる。フィルターに水がたまっていたのだがそれは完治している。が、左目には傷が残っているので、相変わらず眼の具合いは悪い。でもって、老眼が進んでいて白内障ももう少しで・・・くらいの話だが、いまはどうしようってことは出来ない。
じゃあ、半年後?ということに。

久しぶりのシーズンオフだから人並みにカラダの整備・点検?まあ、中年のカラダということだ。それだけ。

で、I眼科を出ると雨、しょうがない、傘を買う。

で、一度帰宅してラーメンを作って晩飯を食らう。これで、3日連続で夜はラーメン。昨日は下北沢でラーチャンで一昨日は馬場でマーボー丼・ラーメン、いかん、いかんこの食生活!!コレステロールが!
が、旨いんだ、これが。

※※

夜は昨日の続きで若手演出家コンクール2日目。
智春の演出作品『カンパニー・マン』。昨日に続いて超満員。アフタートークでは昨日みたいに辛口はやめてひっそりとすることに。
終わって審査員各位と「ふるさと」へ。福岡のIさんと今年の演劇大学と来年の熊本との連合企画の話を。よこではガジラの『PW』の役者たち。塩野谷の顔も・・・・。

雨もやんでいい天気。終電近くに帰宅。

『ユーリンタウン』の歌稽古がついに来週始まる。3ヶ月稽古。『オールドバンチ』同様、きっちり楽しもうと思っている。やっぱり、稽古場にいるのがわたしには一番にいい。

さて、明日:5日昼は新宿サンモールスタジオで拓平の芝居。で、夜は北京からやってきているグーレイ演出の芝居で森下スタジオへ、アフタートークにも。

『ユーリンタウン』今年の前半戦のメインエベント!面白いです。坂手君との久しぶりのタッグ、ご期待ください。
えっ!もうひな祭り、3月3日か、凄い勢い。

昨日は朝早くから、劇団協議会の国際委員会の例会。今年から来年に向けての事業計画を話し合う。海外の演劇人との交流の原点に立ち戻って今後に続くことを・・・。まず、演出者協会の国際交流セミナーのいくつかを劇団協議会のメンバーとの交流拡大からだ。

お昼過ぎに終わり、ダラダラと馬場まで、明治通りを歩く。途中、文化センターに寄ったり、抜け弁天周り、戸山ハイツの商店街に寄ったり、でもう一度明治通り、学習院女子大前あたりで、龍昇にばったり、龍の仕事場は戸山ハイツにある、だから前にも「何回か」明治通りでばったり会う。龍も徒歩で通勤、山元さんもこの近くに住んでいるので良く会う。「健康のために!」とちらっと立ち話。で、進むといつのまにか100円ショップがつぶれてスーパーに変わっていた、最近良く見かけるポロロッカ食品館ってヤツ。中に入ってみる、安い、ふーん。

で、早稲田松竹で「全身小説家」をやっていたので見ようと思ったがもう半分終わっているので今度にしよう、ってわけで最近こっている大分宝来屋ラーメンでラーメン、これが油ギラギラ、コレステロールだめじゃん。
で、1日中明治近代戯曲を笑いながら一人リーディング。前田司郎や岡田利規、三浦大輔の一人リーディングも面白いんだけど。今回は永井荷風「異郷の恋」面白い、で尾崎紅葉「恋の病」これも凄い!これってモリエール?でやっぱモリエールであった。で、辺見庸「独航記」。これは難しい。

※※

雪が降るというがまだ曇り空のひな祭りの朝。高円寺で打ち合わせのあと、今日から下北沢「劇」小劇場で恒例の若手演出家コンクール2008の始まりである。私の企画で8年前に始まったこのコンクールも見事に下北沢の春の風物詩となった。全国から若手演出家の作品が下北沢に集まる!このシンプルなコトでいいのである。それもフリンジ・スタイルの上演。仕込み2時間、上演1時間、バラシ1時間、これ!!!


8年目を迎えた若手演出家の登竜門。いままで多くの優秀な?演出家がこのコンクールから巣立っていった。いわゆる「小劇場演劇業界」の評価と微妙というか圧倒的に違うトコロがあって?!私には実に面白いのだが・・・。

今年は福正大輔(劇団ドロブラ)智春(チィキィ※パークゥ)小嶋一郎(旧劇団スカイフィッシュ:大阪)すがの公(劇団SKグループ:札幌)の4人。このところ「ずーっと」関西と札幌に最優秀賞をさらわれて首都圏からの最優秀者がでていないが・・・・今年はいかなることに?

それにしても、今年はまったく違うタイプの4人の演出家がそろった。3月3日から8日まで全4作品を見ても2000円の格安。観客が選ぶ「観客賞」もありますよ。

また13日から15日は去年の最優秀賞受賞演出家京都のワンダリング・パーティのあごうさとし氏の新作「饒舌な秘密」も上演されます。基本的には、わたしも毎日劇場にいる「予定」ですが・・・。

多くの皆さんのご来場をお待ちしています。




一日中歩いていたなあって感じ・・・。
朝10時から新人オーディションじっくり。で、お昼過ぎからダラダラ歩いて古本屋。明治・大正の近代劇の戯曲数冊。今年度から演出者協会で開催を目論んでいる「近代戯曲のリーディング」用のテキスト探し。歌舞伎の台本も入れるつもり。

2時過ぎからダラダラ歩いて初台の新国立劇場まで1時間半以上、大久保、西新宿、京王プラザ、都庁、幡ヶ谷不動、などなど。

5時新国立劇場で演劇研修所2期生の卒業公演「珊瑚礁」(深津篤史:作
栗山民也:演出)を見る。昨日の「風景の没落」同様、場所の記憶の物語、団地やら共同体の終わり、都市のスラム化、空洞化、大震災というモノガタリ。エンデのモモで行こうかなあと言っていた深津君、どういうわけかいつもの深津ブシ的震災の物語となっている? 追憶のモノガタリ。で、ラストは病院という設定で「現実」から・・・である。「ユーリンタウン」に出演する滝さんと遠山くんが出演しているのでみたのだが、2回目の研修所の公演、ほんとにいい役者さんたち、器用で、メチャクチャ変?っていうのが「いない!」のである。まあ、それが欠点といえば欠点。そういった意味ではうちの役者は欠点だらけ?でいいってか。

●●

もう一度西新宿周りで帰宅。途中新大久保駅近くの安居酒屋で黒ホッピー、ヤキトリ。
とにかく1日中歩いていた。それにしても不景気にかかわらず、いろんなところを掘り起こしているなあ。

※※

曇り空の日曜日。3月1日(日)
楽塾「めんどなさいばん」稽古初日。みなさん台詞入れてきているかな?
というわけで、楽塾始動!!けっこうタイヘンになる予感。が、面白くなる!!2時から5時近くまで。
で、6時池袋シアター・グリーンへ。人気ミュージカル劇団One on One の「アイズ」(浅井さやか・作演出音楽)を見る。角膜移植の話。これって「ジャガーの眼」?浅井さんは「ユーリンタウン」の訳詞家でもある。今日から3月「ユーリンタウン」も 歌稽古が始まる。

さて、春である。

池袋で「モツ鍋」美味。

もちろん歩いて帰宅。