流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

初日から連続超満員!が続く3ステージ目のオールドバンチ最終公演である。

ラストシーンと途中の瓜生さんのシーンの台詞がこれまた「ちらっと変わる」。

日々つくり変えながらまるで生き物のように変化・進化を遂げている。もちろん今日もラストシーンちかくの台詞が「ちらっと変わる」予定。

が、この変わり方でこの「劇」の構造がより明快になるだろう。元さんのところへ送られてきたという「劇評」というか「感想」が実にすばらしかったので下に少し書いておく。

「天皇崩御の日にかつての天皇の赤子たちがオカマ姿で禁じられた歌舞音曲をやらかすという形をとった痛烈な反抗的行為で昭和を終わらせる、戦後を終わらせたいという、戦争を戦った男たちの決然としたメッセージ」

こんな感じで受け取ってくれている多くの観客のみなさんと一緒にあと6ステージ全力疾走するのみである。
昨日今日とNHKの中継用のテレビが入っている。まいにち、すこーしづつ変わって申し訳ないがこれが「芝居」というものである。

昨夜は久しぶりに佃典彦夫妻と遅くまで飲む。ごまのはえもわざわざ京都からやってきてくれた。それにしても今回は多くの若手演出家が見に来ている。うれしいかぎり、カトケンさんや知念さんの顔も。カトケンさんとはなぜかふるさとで一緒に隣りあわせで飲む。

2011年から始める予定の「寺周り演劇」について佃君と祐作さんと作戦を練る。カトケンさんも誘う。

本日も快晴、4ステージ目、今日もマチネですよ。

さて「いつものように」12時過ぎから1時間半稽古、3時開演!!

2日目、今日も実にスリリングで楽しい本番であった。

満員の客席、メチャクチャ今日も客席は盛り上がっている。昨日も書いたがほんとうに全国津々浦々から多くの「観客」が下北沢までやってきている。いろいろあるも今日は今日の芝居である。イキモノとしての「芝居」絶好調である。これでいいんです!!芝居は客と一緒に呼吸し日々生まれるもの。


というわけで?明日から「ラストシーン」をちらっと変えます。がこれが「バンチ」の最終公演にふさわしいものだと私は考えています。今日まで2ステージ見ていただいた700人以上のお客さんが見たものとは「ちらっと変わり」ますがこれもまた「芝居というイキモノ」ゆえです!!

時間があったらもう一度ご覧くだされば幸いです。ライブ=イキモノ。

●●

アフタートークも超好評、あと7ステージ!ほんとうに見逃すと一生の損です!下北沢で待ってます。今日、淡島千景さんが観客席に、がきのころからのファンの私は妙に興奮してしぜひ一緒に芝居してくださいと頼んでしまった。昨日、観に来てくれた吉行和子さんにもこれまたファンだから異常に興奮してオファーしていたよ、俺。ほんとミーハーだな。、まあ、おねえさまたちと女バンチってのも面白い?てか。

今日の毎日新聞夕刊にバンチの記事が大きく掲載されている。できればバンチの新聞の「劇評」が読みたいものだが・・・どうなのよ、この業界は?まあ、アフタートークで多くのお客さんが語ってるがこの芝居は演劇の枠を超えた芝居だって・・・これっていいなあ。

満員御礼札止めの初日の幕が開いた。私は追加席の最後列で壁にへばりついて芝居をみることに・・。これって、いいんじゃない!!

ホントに「全国津々浦々」から多くのお客さんが駆けつけてくれた。いつものように12時半から2時まで稽古して3時開演。ちょっとしたこともあるも?いい感じで初日。それにしても皆さん凄い勢いで進化したことの「証明」の日であった。

凄い拍手、メチャクチャな笑い、劇場が役者たちと一緒に呼吸している!!予想を超えた反応で初日を終え、その後のアフタートークも和気藹々。おまけの圧巻は岩淵さんの「マりーAの思い出」の林光先生のピアノとの競演による歌。まさに世紀の競演!で感動のアクシデント。ほぼ誰も帰らずのアフタートークとなる。
ほんとにこのアフタートークは面白い。今日も河童さんの「特別出演」になったがバンチたちの話は「昭和」という時代の生き字引よろしく聞いていて・・・である。

ちなみに、明日もアフタートーク付きですよ。

感動の初日を終え「初日乾杯」戌井さんの音頭でロビーで多くの関係者と乾杯。あと、8ステージの健闘をきす。大丈夫ですから、ふらっと下北沢へおいでください。ここにほんとうの過激な「民衆演劇」が在ります。演劇業界から遠くはなれて、演劇の本来ある場所=劇場を今日わたしは実感した。これでいいのだ!!!演劇の原初の風景。

●●

さて、9日からが勝負。がんばります!!いつものように、粛粛と稽古しながあと8ステージ、皆さんたのしみましょう。とにかくメチャクチャ面白い芝居に仕上がっています。下北沢へぜひおいでください!待ってます!!

ついに出来上がりました『続々オールドバンチ』めちゃくちゃ面白いです、かっこいいです、凄い!!です、ニンゲンが生きているって事はこういうことだとわかるシロモノに出来上がってます。ぜひ見てください。演劇を超えた「えんげき」!!!

観客50人近くの本多劇場で、ほとんど「公開ゲネプロ」を終えてみて、この芝居がドンだけ面白いかを「認識」しました。多くのみなさんが本多劇場に足を運んでくれてこの「実験」をこの「劇のある愉悦」を目撃・体験してください。待ってます!!見逃すと一生の損です。

私は今日と同じように11時過ぎに劇場に入って「いつものように」2時間「稽古」して本番を迎えるだけである。こんにゃく座の大石さんがもう一度歌稽古に付き合ってくれるという電話。ありがとうございます。今回も多くの人たちに支えてもらっていることに感謝。

※※
8日(日)快晴。

というわけで、今日も11時半劇場入り、12時半音楽稽古開始1時間半、で開場2時半、3時から「初日」開演である。

前売り券は「完売」ですが当日券は「30枚」近くあります。ぜひ本多劇場へ!このしばいを「もくげき」してください、面白いことはうけあいいまっせ!!

朝10時過ぎから小屋入り。11時から明りつくりの予定が2時間遅れで1時から始まった。妹尾河童氏の巨大壮麗なるセットとそれゆえのシュートの遅れでこうなったが致し方ない。

4時半までみっちり「明りつくり」後半戦までなんとか作る。今回も沖野らしいシャープな明り。

5時過ぎから1時間以上北村真実先生のダンスの場当たり。サウンドチェックも一緒にやったつもりだった・・・・。
7時半から2時間みっちり後半戦までたどりつく。明日は1時半から1時間再度のサウンドチェックつきの歌踊り稽古。

3時からラストまでゆっくり作る。
で、7時からゲネプロ(舞台稽古)。瓜生さん以外は本多初舞台のバンチメンバー、はたして?

●●

で、チケットが凄い勢いでこの時期になって出ている。電話予約はなりっぱなし。ついに8日(日)に続いて11日(水)も「前売り完売」となる。10日もほとんど完売状態。とにかく今すぐ電話予約を本多劇場まで。
10時すぎ久しぶりに演出部と沖野さんらと少し飲む。とにかくスタッフたちはタイヘン、が、がんばろうぜ!!

さて明日はゲネプロ。明日も11時から後半の明りつくり。私たち毎日元気に労働者してます。

本多劇場に着くと巨大セットが、ここは帝国劇場かよ?!である。
日刊ゲンダイ、SANKEI EXPRESS 、東京の夕刊と続々「バンチ」掲載記事が!!ホントにすべての新聞メディアが取り上げている、前代未聞の情報量である。本多劇場への問い合わせが相次いでいるという。

産経は「老いの在りざま見せる 歌って踊れる平均年齢80歳」と題して私のロングインタビュー。日刊ゲンダイは「演劇界の至宝 超シルバー劇団が最終公演」東京新聞夕刊の芸能面は「総決算の最終公演」の見出しが躍っている。

●それから「東京新聞」の本多劇場の電話番号が間違っています。正しくは03−3468−0030です。こちらのチラシの印刷間違いです!申し訳ありません、深くお詫び申し上げます。

電話予約では本多劇場には申し訳ないが大協力してもらっている。年配の方からの問いあわせも多いらしく、たいへんである。本当にありがとうございます。それにしてもバンチはいつも「全国」から問い合わせがこの時期になると殺到する!

順調に「仕込み」は続いている。河童さんがうれしそう。今日は元さんもきて楽しそうに劇場に。いいアニキのお二人である。哮夫さんと二瓶さん本多社長も顔を出す。

巨大セットのため照明部はタイヘン!それにしても「仕込み」のときいつも思うことだが劇団の男たちのなんと「かっこいい」ことよ!である。

ごりごりとした「男」がわが劇団には私を含めて18人いる、劇団員はスタッフとして照明、音響、舞台、車両、小道具、とパート別に担当している。きょうは全員集合で各自がそれぞれのパートでてきぱきと動いている。この様は東京の劇団でも随一!!である!!

さすがに今回は塩野谷、若杉はいないが栗原を筆頭に15人全員がせいぞろいして働いている、これは壮観!!である。もちろん女性陣も男に負けずに働いてますよ、とくにわが劇団の若手女優たちは「働き者」ぞろいである!!


さて、私は明日11時から沖野さんと「明かりつくり」4時間。3時から転換稽古を経て4時から北村真実先生のダンスの「場当たり」に続いて
6時から「場当たり・明かりあわせ」。さて大詰め!である。

いよいよ『続々オールドバンチ』お目見えである。あと2日お待ちください!!

久しぶりに7時半起床。
今日は9時から本多劇場入り1日中仕込である。
妹尾河童デザインの物凄い巨大セットが本多の舞台に!!王様美術の総力を結集したものに。

コンビニで朝日、ぴあに掲載されているのを発見。でちっちゃいおにぎりのコンビ二弁当。

朝日新聞は「いのち」という特集記事「80歳劇団、有終公演・・・ジジイの頑張り、体現」ぴあは「すすめる演劇班 なんと平均年齢80歳の劇団!残念ながらラスト公演です!」

SANKEI EXPRESSにも今日掲載予定である。かくして朝日・毎日・読売・産経・日経の5大新聞すべてに掲載ということに。ありがたいことだしすごいことである。そのほとんどが「社会面」というのがいい。それにしてもわが演劇業界の愚鈍さには今更ながらあきれる限りである。

とにかくお早めの前売り予約をお待ちしています。

9時からは久しぶりのFM川崎のインタビュー生放送である。ぜひお聞きください。さて明日6日夕方から「場当たり・明かりあわせ」7日ゲネプロ、初めての「3日間の舞台稽古」である。じっくりゆっくりあわてずに・・・だ。

 
最終稽古。12時2ヶ月稽古を撮り続けているドキュメンタリークルーのインタビュー30分。1時から今日もきっちり稽古。


やっと本格的なハード稽古といったら失礼に当たるかもしれないが物凄い勢いで今日「進化」した。全員かっこいいたらありゃしないという感じの「芝居」になった。

3時間ちかくみっちり小返し。

途中で例によって「宴会シーン」になるのだが今日の肝さんの「肝さんショー」はすごかった。スネ夫、イヤミ、ほかすべてのキャラクターの「生声」のスペシャルであった!!感涙もの!!!

4時近くから「最後の通し」稽古、ほぼ完璧。これで劇場に行っても「あくなき戦い」をやればいいのだ。これからが「本番」ですよ!!

シアターガイド3月号4ページ特集座談会記事に続いて日本経済新聞、毎日、読売新聞朝刊に「バンチ」の記事が掲載される。日経は戌井さんの「90代で俳優デビュー」と題した記事、読売は「「アラ80最終公演」毎日は「重鎮たちが平和への思い込め・・・・ビルマ戦線テーマに」というタイトル。一気に1日3紙というのも珍しい。

ということで、今日は流山児★事務所は電話予約殺到?!らしい。
ちなみに、明日5日の朝日新聞朝刊にも大きく掲載される予定。

ぜひ、みなさんお読みください。高齢者劇団パラダイス一座の最終公演の社会性!!

●●

6時過ぎに稽古をとる。明日から本多劇場入り。
ついにバンチ最終公演、元気に本多劇場入りである。

例によって、駅前の飲み屋でビール飲んで帰ろうと思っていたら肝さん、瓜生さん、哮夫さんお不良3羽烏。きょうも「元気」に飲んでやがる。

というわけで?何が?BAR?

で、稽古終わり。とにかく「面白い凄いもの!」が出来上がりました!見てください、というしかない。

※※
TPTが読売演劇大賞の芸術栄誉賞を受賞した。ベニサンピットとの共闘に対する評価だろう。おめでとうございます。門井アニキよかったね。
さて、あと2日!!である。

全員集合で毎日いろんなことあるも「きっちり」最後まで「楽しく」通っている。こうなるとほんとはもう何も「やらなくっていいのに」と思う。十分生きている人たちだからそれだけで「どんな芝居」よりすごいいてもんだ。うん、明日の最後の稽古で試そう・・・。まだまだあくなき戦いである、うん。

NHKの中継のディレクターも来て今日もギャラリー一杯の稽古場。馬鹿のカズもきてよく笑ってやがった。

●あ、それから10日(火)と11日(水)の2日間は舞台中継用の「カメラ」が劇場に入りますのでご了承ください!である。

稽古を終えて岩淵さんと大路の「映像」が上がってくると思って稽古場で待っていたのだが明日に。稽古場を出ると本多社長が・・・・。車を自宅に置いてきて若いやつらのお疲れ会をやってくれた。ありがたいことである。若手10人近くと沖縄飲み屋に入る。美味い魚、オリオンビール、で焼酎、チャンプルを・・・飲んでいると商店街の人が入ってきて「鬼は外、福は内」の豆まき。農大通りには鬼のかっこうした人と裃きた豆まきのひとが店を一軒一軒まわっている、経堂商店街の風情は昔の下町ってかんじ。飲み屋も美味くて安い店が結構ある。昔先輩のうちによくとまったことがある事を思い出したこの2週間の経堂稽古場通勤であった。

まさに「福は内!!」です。

で、あの恵方巻って何、コンビニが勝手に始めたヤツ、一応稽古場にあったので食ったけど。


私は1時間で早めに退出。帰宅して「当日パンフ」のご挨拶書きと

原稿の校正。

さて、あと1日。

とにかくバンチのほとんどが風邪も引かずきっちり2週間稽古できたのはラッキーだった。さて、明日最終稽古、いよいよ小屋入りである。

  




いつのまにか、2月である。

2月1日(日)楽塾の本読みを急遽やすみにしてもらい、原稿書き。「詩」らしきもの。



2時から横浜の演劇大学シニアワーク最終日。例によって?本番2時間前に急遽、箱馬を使って墓石にしたりした「労働演劇」に変える・・・が、今回の若手?演出家たちは柔軟でおまけに臨機応変で面白かった。喜・怒・でもってメールし続ける身体、うんこれは面白かった。20歳、30代、ほとんど50代の3者3様。参加者も69歳の秋田の演出家と福島の上品な中年女性を筆頭に面白いパワフルなメンバーで楽しかった。
6時半から石丸だいこチームのダンスの発表に続いてぶっつけ本番の発表会となる。約30分の実に面白い作品に仕上がっていた。すごい!!お疲れ様。

7時から9時まで2時間。「地域と演劇」についてのシンポジウム。fringeの荻野さん、shelfの矢野くん、マシュマロ・ウエーヴの健三、離風霊船の大橋さんに加えて横浜未来演劇人シアターの大西さんと
理事長の和田さん7人。

あれやこれや、皆さん実に「誠実」に「真摯」にいま演劇のある現在に対して提言していた。が、いま「演劇する集団」がほんとうにテメエも含めてなぜ「演劇するか?」を考え、行動しているかを考えた2時間であった。

そういったイミでは秋田、福島の参加者からの話が一番面白かった。必ずそのうちまじめに「遊び」に行きますよ。

で、終電までみなさんと飲む。12時10分終電。馬場に着いたのは1時15分過ぎ。さすがに疲れはてる。

※※

快晴。お昼過ぎから朝日新聞と読売新聞の社会部の取材。これってイイじゃん。演劇面や文化面より「社会面」に載ってこそこの芝居のイミがあるってもんだ。

昨日の横浜のシンポジウムでもしゃべったが、演劇というジャンルがいかに「他人事」のギョーカイに今、成り果てているかを知るべきなのだ。

横浜でしゃべっっていて驚いた。いま、「演劇」をやっている大学生が俺たちの時代の「中学生」以下の社会感覚=表現の自由って知っている?で、しかないことに愕然・慄然とした。
おまえら「高校生ぐらいのフツーの自由(治)」ぐらい目指す中学生「学生運動」をテメエの「大学」でやってくれよオメエら!である。で、今大学で先生やっている多くの小劇場の演出家たちよ,せめてテメエら一緒に「学生運動」ってゆうか「大学を普通に自由な場所」にぐらいにはしろよ!

でなきゃ、おめえらのやっている「劇場」だって「自由な解放区」であるわけ無いじゃん!である。とにかくむかつく世の中である。だって、「ビラ1枚」まけねえ大学っておかしいだろ!!テメエら!!

とにかくおかしいことだらけの「世間」である。

●●

さて、あと3日間!の稽古。
きょうから「全員集合の通し」となる。
前代未聞の「ゲイたちの反乱のオペラ」に向けてさあ、楽しく追い込みです!!「おたのしみはこれからだ”!!」