流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

久しぶりの休日。

本当に皆さん、4日から連日稽古お疲れ様でした。一気にラストまで2回当たった。すごいテンポである。だいたい「流れ」をつかんでもらった。元さんは昨日も「書き変え」台本を持ってきた。

全員に「長せりふ」と「見せ場」をというわけである。

ほんとうに皆さんこの3年間でメチャクチャ進化している。瓜生さんのラスト見せ場の長ーいせりふのリアリティは既成の役者には絶対できない、「カラダにしみついたコトバ」の凄みである。

いわゆる「名台詞」続出の『続々オールドバンチ』となるだろう。4日から7日間ほんとうにお疲れ様でした。戌井さんいわく「月曜までぜったい台詞覚えてきますから・・・・」ハイ、よろしくお願いしマース、である。

●●

いい天気である。すっかり冬。

ガザでは連日のイスラエル軍の爆撃、砲撃やまず、まさに虐殺。子供たちの命が毎日奪われている。これは国際人道法に抵触する戦争犯罪である。世界中でデモが巻き起こっている。東京でも1400人がデモ。

オバマ氏はいますぐ何らかのアクションをおこすべきだ。いま、世界中が歯軋りしている。即時攻撃中止を!停戦を!!


昨日は箱根駅伝復路を見る。東洋大優勝。青学は33年ぶりの完走。おめでとう。で、近くの喫茶店で1日中読書と台本読み。

●●


さて、今日は日曜日だというのにバンチ稽古再開である。

快晴。インドネシア地震の報、津波警報。世界不況のど真ん中、キッチリ私たちに出来ることから今年もはじめるしかない。日比谷の年越し派遣村、この国に起きているこの事態。

今日から基本4時間稽古少しピッチを上げる。あと1ヶ月!!

楽しく、楽しく、じっくり、ゆっくりである。

今年も宜しく。私にはやはり稽古場が一番!!
k20.gif

箱根駅伝中継を見て、門前仲町へ富岡八幡宮から森下の深川神明宮まで
七福神を廻る。今年のオールドバンチ・七人衆のゆかりの恵比須、弁財天、福禄寿、大黒天、毘沙門天、布袋尊、寿老神。出だしの富岡八幡宮でおみくじを引くと大吉!3年間限定劇団「パラダイス一座」の最終公演、縁起良くいけそうである。

ebi.gif

be.gif

fu.gif

da.gif

bi.gif

ho.gif

jyu.gif



そのまま都営新宿線で新宿3丁目までのってバルト9で北村想・原作の
超大作「K-20怪人20面相・伝」(佐藤嗣麻子脚本監督)を見る。オモシロイ、良く出来たエンターテインメント。そうか20面相はヒーロー映画になるか、うん。私は高所恐怖症なので全編手に汗にぎっりぱなし。正月映画にはぴったり、観るベシ。

で、ケイカラーメン。
恒例の新春はとバスツアー3年目は蓼科横谷温泉。
雪見酒で樽酒。
チーズケーキ。でもってこれも恒例の新大久保でユッケジャンとジンロ。それにしても辛い。戸山公園のビニールハウス群を見ながら帰宅。


93.gif


92.gif


91.gif


●●
で、2日はこれまた朝から箱根駅伝往路。
優勝は東洋大学、1年生のK君、すごい。33年ぶりの青学大22位ながらオメデトウ。

ほんじゃ、深川七福神めぐりと行きますか。なぜなら、オールドバンチ今回は七福神だからです。
あけましてオメデトウございます。

今年もよろしくお願いします。

元気にまっすぐいきましょう。

まずは2月『続々オールドバンチ〜カルメン戦場に帰る〜』下北沢本多劇場でお会いしましょう。

2009年1月1日、初日の出を見て記す。流山児祥
オールド・バンチ今年最後の稽古。1時から体操・マッサージ・歌・で抜き稽古。

で、3時から3分の2までを乱暴に「仮荒立ち通し」。
音楽の林光さんも稽古場初登場!!よろしくお願いしますである。
美術打ち合わせをすませた河童さん、でもって元さんも、音響の島さん、照明の沖野さん、衣裳の胡桃沢さんとスタッフも勢ぞろい。

約1時間。

で4時から出来上がったばかりの残りの台本の読み合わせ2回。映像SCENEも恒例の宴会SCENEも書いてある。これでラストSCENE以外ほぼ書きあがった。元さんは明日の大晦日までに書き上げ私にFAXするとのこと、で、どんどん「オリジナル曲」が増えてゆく。これじゃまるっきりの林光作曲の「オリジナル音楽劇」である。マリー、さやか、香奈美のスリーシスターズは大変なことになりそう。いまだって、ゴスペルの特訓中だってゆうのに・・・・。

で、林光さんが8日の初日から11日まで「オールドバンチ」に出演・生演奏してくれることが決定した。今日も急遽、林さんのピアノでレッスン。これがすごい!!でもってどんどんニュアンスを変えてやってくれる。光さんのピアノで戌井さんのソロ!これを見た人は一生の宝物である。

6時近くまであれやこれや。

かくして今年の稽古を〆る。

●●

本当に「お世話になりました、Space早稲田」である。4日間のお休み。来年は4日から稽古始めである。出来上がった台本、心も新たに1ヶ月「続々オールドバンチ」追い込み稽古に突入である。

●●
歩いているとさすがに例年通りの師走も押し迫った風景である。大掃除中の店、飲み屋も昨日までと違ってそんな混んでもいない。

不況の世界。ガザでは無差別空爆。来年こそいい年でありますように。

久しぶりの休日。

2時下北沢OFF OFFシアターで北京蝶々の「日本語がなくなる日」星新一の「復活の日」を下敷きに大塩独自の近未来のモノガタリ。台本はすっきりまとまっているが。今度ゆっくり話そうぜ。

観終えて南新宿から歩いて芸能花伝舎へ。

ウクライナ出身の演出家:アンドリー・ゾルダックのレクチャーに。予想を超える超満員の観衆。今年最後の国際演劇交流セミナーよかったよかった。オモシロイ。リスク・シアターと呼ばれる過激な俳優論。なんだ金杉さんの「中村座の激突版」じゃねえか!だった。まあドイツのフォルクスビューネなんてレパートリーシアターだからこれくらいのこと出来るじゃねえか。でも、マアすごいよ。ニンゲンがモノである。

ゾルダック氏と打ち上げの席でTERAYAMAさんの話しとアラーキーの話しをする。明日の夜の新宿の池林坊でやる忘年会でゆっくりしゃべろうぜ!と別れる。

それにしてもさむい1日であった。

●●
横浜で行う「シニア演劇ワークショップ」のチラシが出来上がっている。今回で3回目のワークショップとなる。「続々オールド・バンチ」の稽古の合間をぬって横浜相鉄本多で4日間若手演出家らと一緒に「夢十夜」を創り上げる。多くの参加を待ってます。

実質的には1週間の集中稽古で創り上げた『楽塾歌劇☆十二夜』はもはや今までのどこか素人くさい楽塾の芝居とはまったく違う「芝居そのもの」に変化していった。そのあいだほんとに「ひさしぶり」に怒鳴りまくっていた。ごめんなさい。が、ほんとうに「本番」2ステージは素晴らしいパフォーマンスになっていた、とりわけラストステージは発表会の域を超えて立派な「特別公演」になっていた。
昼夜とも70人超え超満員札止めの150人を超えた。大阪、神戸、仙台といった地方から楽塾ファンが大勢いつものように早稲田に観に来てくれる、これは凄いことだ。

終演後、劇団員総勢でバラシ、それにしても、こいつらすごい職人達である。あっという間、1時間そこそこで。久し振りに早稲田が「稽古場」に戻る。

8時から50人を超える楽塾と流山児★事務所の忘年会。鍋多数、焼肉、持ち寄りのツマミで和気藹々の飲み会。

越の寒梅と赤ワインと焼酎のチャンポンでかなり酩酊。伊藤さんといつもの寿司屋で2011年の「寺廻り」公演の打ち合わせ。伊藤さんは岸田理生の『永遠』と『十二夜』の2本をレパートリーにと提案。

●●

早めに寝る。


『楽塾歌劇☆十二夜』ついに出来上がりました。是非時間を作って早稲田までおいでください。オモシロイです。たった1日2ステージのみの傑作です。あっという間の1時間10分。こんなシェイクスピアは観たことがない!

楽塾追い込み。
何とか2日かけて明かり作り、場当たりを終えて、21日(日)夜8時通す。
2日間早稲田にほぼ休みなしで連日朝から深夜まで。とん汁握り飯、美味し。絵美の振付がこの期に及んで2つ加わる。

乾燥がひどい、私も含めてほぼ全員がノドをやられる。寝不足?

それにしてもイジョーな生暖かい冬の夜である。帰宅して録画してあったM1グランプリを観る。どーってことない最終3組。NON STYLEテンポはある。オードリーねえ、ナイツもっと毒を。そう、こんなんがいま時のMANZAIなんだ。東京の小劇場演劇に似たMANZAI、熱というより、すかし方、はずし方、ネタがとにかく小さい。個人的なあくまでも個人的な「小さな演劇」ならぬ「小さなMANZAI」。

楽塾の平均年齢56歳の「存在論的演劇」のほうがよっぽど笑えます、それは「必死な肉体存在」だから?そうか、身体性と「社会性」を喪失し、もっともMANZAIに必要な「批評性」を喪失しているからどこか「薄ら寒い」のである。それを笑っている「痴性」!!

こんなものに1000万円かいな、楽塾入場料1000円の「志」の違い?・・・いやジョーダン。


早稲田で待ってます。さて、今夜はゲネプロ。モチロン全員集合は6時半。8時からゲネ。これも楽塾だから。