流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

ドブネズミたちの眠り無事終了しました。多くの皆さんのご来場に感謝します。Space早稲田でしか出来ない贅沢な作品のロングラン企画これからも続けます。今回見てくれた大塩哲史、蓬莱竜太、鐘下辰男、坂手洋二さんといった劇作家がSpace早稲田という劇場に連続的に書き下ろすってのは。うんこれは良いな。早速この企画すすめるとするか。

Space早稲田新作書き下ろしシリーズ。上記の4人に加えて、北村想、佃典彦や坂口瑞穂、天野天街、ごまのはえ君も含めると「1年9本新作書き下ろし連続上演」も夢じゃない。まあ6本にしないと1ヶ月稽古15日本番が確保できないか。モチロン「台本の遅れ」は許されない!

日本の現代演劇の劇作家の精鋭たちがSpace早稲田に結集する!!この際、演出家も集めるか!嘗ての渋谷ジァンジァンのようにSpace早稲田が「演劇の最前線」となる。それにしても流山児★事務所の周りには良い作家達がいる。

●●
客席の椅子を取っ払い即5時より打ち上げ。私は酒飲んじゃいけないがこのさいと日本酒3杯仙台の大久保さんからの差し入れの牛タン美味い。焼肉三昧、鍋三昧の美味いツマミがどっさりの稽古場打ち上げ。9時前に一応区切り。私は早めに退散。みなさんは恒例の?カラオケ。

DVDで「雨に唄えば」を観ながら寝る。

宿題の原稿は明日。

※※

本日も快晴。早稲田はきょうは1日中バラシ&楽塾の基本仕込み。明日から劇場が普通の形状となる。でもって、お昼はパラダイス一座の「本読み稽古」。まさにビンボーヒマ無しの人生である。


13日(土)1日中、薬飲んで寝ているながーい1日となる。

DVDでDREAM GIRLS観て、でもってHAIR SPRAY観てるうちにうとうと。汗びっしょりかく。平熱に戻る。稽古場に電話2ステージとも「満員」とのこと。最後の最後にみなさん、ゴメンナサイである。ラストステージだけは何とか見ようと思っている。

『ドブネズミたちの眠り』ついに千穐楽!!
去年の『リターン』に続いて、「20ステージ早稲田ロングラン」がこれで定着した。拠点劇場でしか出来ない贅沢で実験的な試み、定員50〜60人の「贅沢な小劇場」でしか出来ないことにこれからも私たちはこだわリ続ける。今回も多くの観客が連日3方客席を埋めてくれた。大感謝。この空間では役者はまったく嘘がつけない、それだけ役者の力と思想が問われる《場》なのである。

で明後日にはバラシ、そのままもとの稽古場に戻り、23日(水)1日限りの楽塾クリスマス公演『楽塾歌劇☆十二夜』のセットと客席に変化する。モチロン、昼間はパラダイス一座の稽古場なんだけど。1年中、早稲田にいる日々が12年以上続いている楽しい日々である、感謝。

※※

14日(日)雨。ご心配をおかけしました、本日私、快調です。一応おかゆを食べることにする。梅干が美味い。それにしてもおかゆじゃ腹減るなあ。本番は「幕の裏」で見ることにした。鐘下くんも来るとのこと。いつか早稲田で鐘下君の「新作書き下ろし」もやりたいもんだ。

12日(金)バンチ最初の?枚、の本読み。来週火曜日から本格的に稽古に入る!。歌稽古3曲。原稿書きに自転車で帰宅、何とか原稿書き終えるが急に発熱、下痢も止まらない。風邪か?ひさびさの鬼の霍乱である。ダウン。香奈美に電話して宜しくと頼む。風邪薬と胃薬を飲んでとにかく眠る。汗をかきまくる。

※※

13日(土)まだ調子がよくない。病院に行く、点滴1時間半。今日も劇場には行けない。まあ、仕方がない。皆さん宜しく!!お願いします。

それにしても、こんなって久し振りだなあ。
まあ、この際、ということでミュージカルのDVDをしこたま借りてきました。ベンキョーでもしますか。HAIR、ヘアー・スプレイ、ドリームガールズ、雨に唄えば、チキチキ・バンバンほとんど見たうヤツだが・・・この際、である。



雨の火曜日。

ユーリンタウンを読んでいる。単純な物語なんです、ミュージカル。一昨日見たDVDの「RENT]もそうだが実にシンプルなアメリカのモノガタリ。少年の頃みた「オクラホマ」、高校時代の「WESTSIDE」、ある種の衝撃を覚えた「スウイニートッド」と映画「オールザットジャズ」。ミュージカルというよりこのテキストをどう楽しく読むか?だ。で、
根幹にあるのは亜米利加である!

で、何よブロードウエイって?で資料を読み返す日々がこれから。

雨にもかかわらず「満員」の早稲田。本当にあっという間にあと7ステージとなった。きょうは本当に飲み会なし。これはこれで良い。

※※

快晴の水曜日。近くの神田川をいつものように保育園のチビたちが朝の散歩で喧しい。晴れた日は必ず10時過ぎに通る。♪赤い帽子 白い帽子仲良しさん、 いつも通るよ女の子 とついつい口ずさむ。

いつの間にかあと1週間。

ダメだしというかキッチリ新鮮にやってくださいと役者達に。よりスリリングに、だ。
今日は客席のほうも濃い!ほとんどディープ?ゾーン。大谷、外波山、松本祐子、金さん、利花さん、岡さんに加えて坂手洋二らといった豪華客席であった。でもって、評論家、劇評家さんも。「満員」の熱い客席、ラストの音楽ですでに拍手が起こる、その後・・・なのだが。

好評である。出口で私に手渡されたアンケートには「今の医療・労働問題と重ね合わせてみてしまった。支配の構造・・・」と書かれてあった。とにかく、元気に、真摯に、やろうぜ!
今日から「飲み会」中止の予定であったが「このメンバー」が来ているのでは仕方がない?というわけで再び飲み会復活。

私は坂手君と『ユーリンタウン』の上演台本の打ち合わせを飲み会の環から離れてしゃべる.坂手洋二と流山児祥が作るブロードウエイミュージカル!ってなんだ?でいいのである。より、過激に、より「イマ」を!!結局、11時半まで呑む。坂手も明日旅公演出発だというのに最後まで。それにしても坂手とも25年以上の付き合いである。コイツといると何故か元気になる。

帰宅してDVDで『善き人のソナタ』を見る。

いつの間にか「ドブネズミたちの眠り」もあと、1週間である。

連日飲み会も今日から休止、飲みたい人は外でということに。私は楽塾の稽古、こちらも23日の本番に向けて「追い込み稽古」である。近くの榎町区民会館で朝から夜まで1日稽古。振り付けの絵美も来てくれておさらい。2年前の十二夜、キャスティング総入れ替え、新人お披露目のクリスマス公演。この新人達がもう大変!!まあ、いつものことではあるが・・・妙にキャラの立つやつばかりだから化けたら凄いものになること請け合い。さて、来週からオダテテ木に登らせるとするか?


12月23日2時・5時の2回のクリスマス特別公演『楽塾歌劇☆十二夜』上演時間1時間15分。あっという間の楽塾歌劇です。お時間がありましたら是非ご来場ください。シェイクスピアもびっくりの楽塾時代劇。ネズミが終わった16日楽塾早稲田で美術・照明・音響仕込み?で夜稽古1週間で本番である。入場料は1000円ぽっきり。03−5272−1785流山児★事務所まで。



今日は下北沢楽園で冨澤力の出演している芝居を観て夜は楽塾の稽古。
力は元気に楽園の劇空間で遊んでいた。楽塾は前半をキッチリ。明日は後半。面白くなる!新宿から1時間近く歩いて箪笥町、良い汗をかいた。

中日というわけで9時過ぎに早稲田に。[満員]の2ステージであったとのこと。三ツ矢さん、宮島、ユーリンタウンの主演のTくんといった連中と「中日」飲み会。

うちに帰ってK1.なんだ!バダ・ハリの反則負けでレミーの優勝!か。K1もなんか、タイヘンだなあ?!ってかんじの08年度であります。

今日も忙しい日となる。
10時半過ぎに西新宿、演出者協会の若手演出家コンクールの2次審査会。例によって激論となる。が、今回は恒例の「深夜審査」と違い午前中からなのと、ほぼ審査員全員が何故か「3本」についてはほぼ全員一致するというスピ-ディーな展開となる。が最後の1本でかなり激論となる。電話で審査に参加なんてことも。

私は今年は5本しか見てないので例年のように討論に加わらず聞き役に廻る。7人の審査員の演劇観が見え隠れしながらも次世代の演出家をとにかく見つけようといういつもどおりの熱い討論の末4人の優秀賞者を選出。1時前には終わる。その後、来年1月の演劇大学の話しも・・・。
28日の演出者協会の大忘年会での表彰式が楽しみ。

雨の中、早稲田に。本番前には雨上がる。久し振りに珈琲館で佐伯さんと1時間余りしゃべる。相変わらず元気な頑固演劇じじいの佐伯さんの熱いしゃべくりを聴いていて楽しかった。お互い元気に頑固に生きましょう。昨日見れなかったが、今日の芝居はチョッとしたアクシデントあるもメチャクチャオモシロイ芝居になっている。もう何があっても大丈夫である。高校時代の友TとT、今度本多で飲もうぜと別れる。
※※

さて、明日はあっという間の「中日」折り返しである。
今日は結局は早稲田に行けない日となる。夕方4時町屋で若手演出家コンクールの審査。6時過ぎに池袋のシアターグリーンに。伊藤靖朗くんの主宰する地下空港の芝居『幻のセールスマン』を観てアフタートーク。

満員の劇場で2時間20分近く伊藤君の新作を見る。直美は頑張っているしみなさん頑張っている。アフタートークで伊藤君の演出に関して気になったことをしゃべる。これからの世代を担う良い演出家にはなることは請合うがもう少し、年寄りの冷や水のトーク。ごめんね。


皆さんと一緒に居酒屋で熱き演劇論、終電近くまで。お疲れ様!

※※
初のマチソワ2ステージ。客席は連日良い感じの「満員」で上演中である。ほぼ安定している。安定といっても芝居が役者に常にナマの状態を要求?する仕掛けになっているので「慣れる」ってことはない。実にスリリングでゆるーい。それにしても笑いの連続、「体験する演劇」の面目躍如である。今日も濃い客席。夜の回はパラダイス一座のドキュメンタリーを企画中のスタッフも見てくれた。tptの千葉・塩野谷の若い共演者と一緒に演劇についての熱いディスカッション?それにしても連日日本酒の飲みすぎである。ヤバイ!

『次郎長三国志』全4部作を見終える。「甲州路殴り込み」のラスト近くは滂沱の涙。いやあ、良い映画である。想さんありがとう。