流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

デーモンズ3日目。

私は朝から原稿書き2本。何とか書き終えてメールする。外を見る、気がつけば夜、今日はダメだしは大塩君に任せて自転車で早稲田まで、なんとか開演に間に合う。今日も「満員御礼」の入り。ありがたいことだ。客席を見るとK太や村井さん岡島、七緒、里美といった知った顔がいっぱい。

「当事者性」というコトバがよぎる。ACTORとはACTする、行為する存在だということ。その場で起こっていることはスベテ「他人事」ではない「自分事」なのだ。「命懸け」の極限状況。役者というイキモノの思想・私想・死想・詞想とは何かが常に問われるそこが「劇場」である。いま・ここ・にACTする!

25日まで「デーモンズ満員爆走中」です。是非ご覧ください。

●●

『ハイ・ライフ』の来年秋のワールドツアーの詰めで国際部はてんてこ舞。スミマセン、よろしく。

来年春の『ユーリンタウン』のポスターデザインをアマノに依頼。「走る便器列車」のイメージで!ロックミュージシャンの募集も始める。主演男・女優の「最終オーディション」は26日夜である。

これまた来年2月の『続々オールドバンチ』のアラーキーの写真撮影の打ち合わせ。来年の2大イベント!の準備が進む。

●●

岡島と昨日の村田さんといった一休で黒ホッピー2杯と焼き鳥。学生達でいっぱいの古い居酒屋。中国に行ってたと話すとママさん「よく言葉が分からない所に行くね、私は絶対に外国には行かない、日本中といっても大阪から北だけどの話に笑う。50以上の神社めぐりの話しにはびっくり。


遅く帰宅。
杉山さんからメール。北村想の新作『めんどなさいばん』の台本が上がったとのこと。さすがに想さん、早い!

まあ、早すぎるに越したことないが12月クリスマス公演『楽塾歌舞伎☆十二夜』の稽古中。まあ、じっくり寝かせて、ゆっくり準備して来年正月明けから8月スズナリ公演目指して出発である!


※※

朝、台本がおくられてきた。外は雨、今からじっくり読むとするか。
デーモンズ2日目。

超満員札止めとなる。パンパンに膨れ上がったSpace早稲田。私はスタッフ席で立ってみる。多くの知っている顔。香奈美、タケ、イーラン、アサミ、Mさん、Rくん、でもって楽塾のまりら。

超満員の客席の反応に役者達ものりのり。まあ、こんなもんだろうな。ふいに「命懸け」というコトバと「必死」という漢字が頭に浮かんだ。

※※

土曜日の千穐楽以外はまだまだ席には余裕があります。
多くのお客様のご来場をお持ちしています。

来週から『ドブネネズミたちの眠り』の稽古が始まる。毎日台本をじっくり読んでいる。男たちのストラッグル。
無事デーモンズ初日開きました。ほぼ埋まった客席に一安心。
全員、緊張しながらも、元気に1時間Space早稲田の小空間を飛び跳ねていました。

面白いです。是非ご覧ください。今日と土曜の2ステージは混雑が予想されます。予約は070−5591−5905北京蝶々まで。

帰宅してニュースを見ると何とか中日阪神に勝ってクライマックスシリーズへ。去年の再現を!頑張れドラゴンズ!

以下、デーモンズの会場で配布されている私の「ごあいさつ」を掲載します。

※※

早大劇研のユニットを卒業しプロデビューを飾る北京蝶々と一緒にワークショップし実験的な作品を作ろうという今回の試みは楽しかった。

大塩哲史のテキストは野田秀樹・「赤鬼」と坂手洋二・「南洋くじら部隊」の劇世界を奇妙に融合・解体させ見事に「戦争と人間とコトバの壁」を描く大塩ワールドになっている。

言葉の「壁」を乗り越えて創り上げた日本中国コラボ『狂人教育』アジア・ツアーを終え上海から本番2週間前に稽古場に入った。私は、若い役者達に、舞台で真摯に相手役=《他者》と出会い、感じ、相手=《他者》と「物語を創る」という演劇(役者)の原点を口すっぱく言う共同演出(迷コーチ役)を楽しんだ?

コトバとカラダをキチンと使う!ことを発見し役者たちは一気に変貌していった。私にとっても新鮮で貴重な経験であった。

英語と日本語がちゃんぽんの芝居です。でも、舞台は近未来の日本です。みなさん、想像力の翼をおもいっきり広げて楽しんでください。

流山児祥。

デーモンズ最後の稽古。

1時からみっちり明かりにも付き合ってもらって稽古。

5時から6時まで「通し」。ほぼ完成、あとは「役者」が細かく決めてくれればいい。ダメだし30分。大塩君に後は任せて、電車に飛び乗り浅草へ向かう。

6時半から浅草花やしきで元劇団員の河崎くんと淳子さんの結婚式。7時過ぎに着くと沖田乱の怪しき牧師?神父?がなにやらしゃべっている。なぎさの構成演出、岡島、V.銀太、華子らが総勢で手伝っている。もちろん受付は米山ら。ものすごい人出、200人?を超える。大久保で鉄板バー「はち」をやっている2人。新婦の淳子さんは毛皮族の元制作だから様々な人が・・・。2人の誓いのキッスのあと一斉にライトアップされたさまざまなモノが動き出す演出は小さい遊園地だからそれなりにオモシロイ。


華子やサボ、北川らとメリーゴーランドに乗る。寿々丸が本当に大きくなっっている。

大いに盛り上がり、最後の河崎のアイサツがお祝い客を泣かせた、最近100歳で大往生した淳子さんのおばあちゃんの冥福と結婚を祝っての「万歳三唱」!


全員での記念撮影。これもいい趣向である。200人以上がステージにかたまり、笑顔。

で、2次会はこれまた巨大なカラオケ居酒屋。あや、稲、春介、浩子、らと飲む。沖田乱がここでも頑張っている。久し振りに「紐育物語」を歌う。終電で帰宅。それにしても、呑みすぎである。

●●

2日酔い、快晴。本日デーモンズ初日。

2時過ぎからゲネプロ、7時半開演。Space早稲田でお待ちしています。
面白いですよ!!!
ホームページに一気に4月以降の公演劇評12本アップしました。

4・5月公演『ぜ〜んぶ書きかえたロール・プレイン・ザ・バグ』6月公演『双葉のレッスン』8月公演『由比正雪』9・10月公演『狂人教育2008』の4本の劇評です。

是非、お読みください。

流山児★事務所
という訳で(なにが?)きょうからいつもの「トーキョーの日常」が始まる。

朝10時サンデー・プロジェクト観ながらこの国の相変わらずのノー天気なセイジジョーキョーを「こいつら馬鹿じゃないの!」と想いながら飯食って見ているオレ・・・って何よ?

お昼過ぎ、自転車に乗って早稲田へ。

1時パラダイス一座顔合わせ。全員元気に集合。
戌井市郎、瓜生正美、中村哮夫、本多一夫、肝付兼太、新人のふじたあさや、そして美術の妹尾河童のバンチ・レギュラーメンバー。でもって、若手の谷宗和、坂井香奈美、阿萬由美のこれまた劇団のレギュラーメンバー。このメンバーにいつもの藤井びん、で、去年に続いて「毛皮族」の町田マリー、ずっとパラダイス一座に「出たい、出たい!」と言っていた大路恵美と二瓶鮫一さんという「新人2人」の俳優さんが加入する。劇団を辞めた石井澄も出るので役者は映像出演の岩淵達治さんを加えて、今のトコロ総勢15人の大所帯になる予定。

音楽は林光氏!!スゴイ、最高の超豪華メンバー勢ぞろい?となる。これで「最後」となることが実に残念!である。

公演は2009年2月、公演場所は下北沢本多劇場。稽古開始は12月16日!

タイトルは『続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜』


作家の山元さんをかこんで「台本」の話し会い、2時間みっちり。元さんのめちゃくちゃなストーリーに全員あんぐり、でもオモシロイ!

前代未聞の未だ終わらざる「戦後」ニッポンの《現在》を問うハードな物語となること請け合い。行く所まで行こうぜ!何も怖いことなどない。

パラダイス一座の「最終公演」お見逃しなく!である。12月前売り開始予定!

※※

3時から6時半すぎまでみっちり「楽塾」稽古。楽塾メンバー全員気合が入っている。ノンストップで、時々怒鳴りまくりながら稽古絶好調!

2年前の『楽塾歌舞伎☆十二夜』がまったく違うメンバーで全編リニューアルします。12月23日1時・5時の2ステージのみの「クリスマス特別発表会」!!に向けて全員、眼の色変えて稽古中です。これまた、御期待ください!!そんなに稽古時間がない事に今日気づく、ごめん。


で、7時から久し振りに飲み会。9時まで。

事務所に行くと来年5・6月座・高円寺で上演予定のブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』の主演男・女優募集!のオーディションの応募用紙が山積み。「書類審査」を終えて「面接・実技」を観る150人以上!!のオーディションを12日(日)13日(月)の2日間Space早稲田でやることを「決定」。1日80人だよ!!

2日で150人以上に会うの?こりゃ、25年前の北村想・作『碧い彗星の一夜・U』のオーディションを超える人数である。おれ、ほんとカラダもつのかなあ?まあ、オモシロイ・元気なヤツに会いたいものである。

※※

帰宅して、楽塾が2009年8月ザ・スズナリ公演に予定している「台本」について北村想に電話。すると、琵琶湖の維新派公演を観たあとらしく「凄く面白かった!」という想の弾んだ声。そうか、いま維新派演ってんだ!観たいなあ!で、後日メールすることに。


というわけで、いま夜10時。今日は久し振りのハードデイとなる。

そういえば、明日の北京蝶々の「通し」は夜7時半だとT君から電話。ハイ、判りましたと返事。

頑張ります、オレ!!

というわけで、本日4日(土)11月・12月スペース早稲田2008スペシャル坂口瑞穂新作書き下ろし『ドブネズミたちの眠り』優先予約開始!です。

私はきょうは1日中ボーッとしていることにする、すべては「明日」から、北京蝶々の稽古も伊藤弘子の芝居も見に行かずにごめんなさい。

あしたから、ガンガンいきます!お昼にはパラダイス一座顔合わせ!夕方から楽塾の稽古!北京蝶々はあさってから!これまたがんばりまーす。

予想を超えた人々が早稲田大学大隈講堂へ集まった。

いつものように歌、踊り稽古。トップSCENEとラストSCENEの稽古、開演2時間前に稽古をとる。講堂前にヒトの群れ。受付開始にほ凄いヒトである。岡島さんが見事にヒトの波をさばいてゆく。1階の客席がすべて埋まり2階にも客がはいってゆく。1000人余の想定外の満員で『狂人教育』日・中ヴァージョン日本ツアー初日の幕が開いた。凄いエネルギーで女優達は演じきった。反響は実にいい。九條さんも、偏陸さんにも好評。中国の女優達を絶賛。高取や山田さん、伊藤さん鷹さん、龍、びんといった顔顔・・・久し振りに見るか顔も・・・本当に大隈講堂でやって面白かった。アングラの原点を確認したこの2週間の稽古であった。感謝。

バラシ、&ツアートラックへの積み込み。

7時過ぎに楽塾のみなさんの手作りのツマミでささやかな打ち上げ。久し振りの日本酒で完全に酔っ払う。

バタン、キュー。

※※
さて、今日は2時から夕方まで楽塾12月公演?『十二夜』の本読み&キャスティング。

7時仙台に向け出発。夜は搬入のみ。明日は仕込み、明りあわせ。
いよいよ『狂人教育』ツアー10月4日までの4週間のたびである。

というわけでこの日記もひょっとしたらお休み?が・・・。
行ってきます、私たちは元気です!!

『狂人教育』日本・香港コラボレーション公演アジア・ツアー!!作:寺山修司 演出:流山児祥 音楽:本田実 振付:北村真実

9月9日(火)・10日(水)夜:7時開演 仙台・白鳥ビル8Fホール
9月13日(土)夜7時開演・14日(日)昼2時開演札幌・琴似コンカリーニョ

9月19日(金)〜21日(日) 香港 前進進牛棚劇場
9月25日(木)・26日(金) 杭州 紅星大劇院
9月30日(火)〜10月2日(木) 上海大劇院
最後の稽古である。

久し振りに稽古場で大声で怒鳴る。もう一度ドラマの原点にキチンと戻らなければならない。それも《集団のドラマ》の原点に!民族もヘッタクレもない《役者の仕事》である。役者はニンゲンのドラマを創り上げ観客のココロに届けるのが仕事である。演出なんてドーデもいいのだ。役者というイキモノが他者と強烈に繋がりたいという「欲望の見え方」それが芝居である。

1時からほとんどノンストップで全体を当たる。この期に及んでどんどん変えてゆく。あとは明かりが入って、明りあわせと一緒にやるしかない!

ギャラリーも多数カメラも多数。本田さん、サボ、七緒、香奈美、といったスタッフも全員集合。

最後の「通し」稽古。上演時間1時間20分、ほとんど完璧に出来上がった。真実先生のダメだしと直し。歌のダメだしは結局は外でやることに。時間がない。


ただ「彼女・彼らにしか出来ないモノ」を確実なものにするためにあと2日間と本番当日の朝の大隈講堂での舞台稽古がある、面白くなる!!!さあ、4日(木)から「4回」は明かり付きの「ゲネプロ=舞台稽古」をヤルぞ!よ、ゴーセイじゃねえか。
※※

暑い日差しの残暑である。本日3日(水)は朝9時から明かり仕込み。字幕のスクリーンも。
夕方4時から「明かり作り」。明日は朝11時からメイク衣裳つけての「明りあわせ」夜は初ゲネプロ予定。いよいよ本番近し!である。

女優達は本日全員美容院で髪を染める、赤、オレンジ、青、紫、シルバー、緑と6色の髪の自動人形が現出する。でもって、白塗りの極彩色のメイク。チャイニーズ・ビューティにご期待ください。

私は夕方まで最後の若手コンクールのビデオ審査、遅れた「夏休み」の宿題を片付けねばならない。5日(金)はゲネプロを終えて夜10時から芸能花伝舎で恒例の深夜の第1次審査である。

※※
それにしても、2度目の「政権投げ出し」。グローバルジャングルの名にふさわしい連日地球を襲う異常気象の砂漠化現象に立ち向う政治家なんぞ出てくるのかねえ。キムタク首相か、あれも本当はやばいけど。にもかかわらず、希望というコトバを求め続けるニンゲン・・・とにかく目の前の『狂人教育』に全力を!である。

1日中雨の新宿スペースゼロ。お昼過ぎから場当りと稽古。実に的確な愛さんの演出。やはりキチンと稽古に出ておくべきだったと反省しきりの1日となる。本番はさすがに上がった、満員で立錐の余地のない劇場、そうかスペースゼロは『白鷺城の花嫁』以来だ。ちょこっとロレッたがなんとかやりきる。非戦を選ぶ演劇人の会ピースリーディング公演『9条はまもりたいのに口ベタなあなたへ』は今日26日(火)も7時開演です。前売り完売だが若干、当日券が出ると思いますので是非!今日はラサールさんです。終演後愛さん、西堂さん、福島さん、憲太郎さんというメンバーで劇場の近くで軽く飲む。それにしても愛さんはいい演出家というか実に真摯な演劇人である。話していて実に気持がいい。

さすがに疲れ果てている。稽古場に電話すると大隈講堂の仕込みを終わり早稲田でみんな呑んでいる。私は即寝る。

※※
さて、今日から追い込み!大隈講堂で10日間の舞台稽古である!!