流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

r-08kyo.gif

今日『狂人教育』のチラシができました。

デザインはいつものサワダミユキさん。寺山さんの写真は立木さん。

うーん、厚くて豪華です!!

九條さん、立木さん、笹目さん、ミユキさん、みなさんありがとう。

まさにトリビュートTERAYAMA!!

寺山修司の母校、早稲田大学大隈講堂の無料公演、乞うご期待!!!


※※

で、『由比正雪』は絶好調でベニサンスタジオでの追い込み稽古に入りました。
大殺陣の稽古が4時から9時まで5時間みっちり、久し振りのチャンバラ、男祭りである。

アングラの暑い夏と秋である。

明日稽古休み、楽塾のこれまた「超・追い込み2日間稽古」!
朝から夜まで楽塾ワークショップ最終コース。歌アリ踊りアリなんでもアリの2日間の予定。21日(月)夜7時見なきゃ損、いやあ人生はオモシロイ。多くの皆さんのご来場をお待ちしています。
相変わらずの暑い日が続いている。いつまで続くんだ?

今日はベニサンスタジオ入り、5スタ。久し振りの1階、仕込が楽である。朝から劇団員、客演の区別なく全員で稽古場仕込み。途中に柱があるので完璧な本多劇場の舞台の仮セットは仕込めないがほぼ実寸のセットが舞台監督の高橋さんが旅公演のため不在なのでイワヲの指揮の下、きびきびと出来上がってゆく。全員が自分のやることがわかっている。これが「劇団の凄さ、強み」である。さて、これから20日間の追い込み稽古である、。さあ、みんなで面白いものじっくり作ろうぜ!!

明日から20日までは4時〜9時、22日(火)からはお昼から8時間稽古が始まる!!殺陣、ダンス、歌、演奏?とまだ盛りだくさんの宿題が残っている。

この前見た英介さん、敦ちゃん、大谷さんらの3軒茶屋婦人会の『ウドンゲ』はまだピットで上演中。

3時過ぎにいくとほぼ出来上がっていた。伊藤君と音楽の決め。6時過ぎに稽古場を抜けて地下鉄で新宿へ向かう。

恒例の夏の風物詩、椿組の野外劇『新宿番外地』(作・演出:水谷龍二、劇中劇作・演出:江本純子)を見る。暑いテントの客席、ほぼ満員の客席、近未来の新宿、トバちゃんは相変わらずアングラやっていてオレは5年前に死んだそうな・・・。有薗は相変わらずシャープ・・・8年前の 『書を捨てよ、町へ出よう〜花札伝綺』のことを芝居観ながらおもいだしていた。


終演後恒例の飲み会、安奈さんや千葉、沖田乱と久し振りの辻、新納さんらとしゃべる。千葉に演出作品のことを話す。江本さんとも初めてゆっくり話す。沖田乱はこの公演が終わったあとベニサンスタジオ入り、千葉は11月公演で一緒。飲んでいたらアキラがやってきた。

12時過ぎ歩いて帰宅。

暑い、台本読みと資料読みでいつのまにか3時過ぎ、やばい、明日はお昼12時柏アートラインのヒトと北千住で打ち合わせだよ。寝なきゃ、・・・でも、これが暑くって・・・。


米米

10時起床、今日も、あ・・・。

連日の熱帯夜で、もうげんなりの日々である。暑くって寝られやしないし、何にもしたくない日々である。そんなときに限って忙しい日々が続いている。

くわえてこの間の新国立劇場の時期芸術監督の人事をめぐる問題で早朝までの演出者協会緊急理事会やら14日の記者会見出席やらでほんと疲れた。まあ、キチンとダメなものはダメと言うしかない。「芸術監督選定プロセスの詳細開示を求める声明」14日午前10時半、芸能花伝舎、司会は劇作家協会の坂手さん、和田さんが演出者協会を代表して出席、国際演劇評論家協会も西堂さんが壇上にならんだ。
久し振りに会う蜷川さんや井上さん木村さんといった先輩達の顔を見るとつくづくそうおもう。演劇人が何も言わないことのほうがいじょうなのだ。原則論で常に対応するしかない。

その足で早稲田にむかう。初のスタッフ会議、最終的な美術プラン決定。衣裳デザインも見る。絢爛豪華の慶安太平記?こちらも大変、舞台監督の高橋さんが燐行群の旅で22日まで来れないのでイワヲを中心とした劇団員がフォロー。

5時半過ぎから稽古開始、ほぼノンストップで10時半近くまで5時間みっちり。明日は「仮通し」。

ヘロヘロになってもキチンと歩いて帰宅、暑い玉の汗とはこのことである。

まだまだ熱帯夜は続く、もうこれが日常なのかもしれないなあ。熱帯のスコールのように夕立来るのかなあ・・・・。

元気に『由比正雪』稽古折り返し地点である。
明後日から森下ベニサンスタジオ入り、いよいよ「追い込み稽古」突入。
でもって楽塾ワークショップも同時進行中。毎週日曜日の稽古なんだが来週は19日(土)から21日(月)まで3日間連続ワークショップで21日(月)夜7時から発表会、7人の新人お披露目を主体にした三島由紀夫の『斑女』をテキストにしたシロモノ。

これがオモシロイ!かならず各チームごとに「歌と踊り」が入るし凄いオペレッタもあるなにがなんだか判らない・・・この3週付き合ってなんとか作品にする気になっているので来週はキチンと作り上げます。みなさん、とにかく台詞完全に入れてきてください。

この2日間、飲んではダメなんだけど結局飲みっぱなしの日々となる。

5日(土)昼過ぎ新しく仙川に出来た調布市せんがわ劇場で燐光群の新作『ローゼ・ベルント』(作:ゲアハルト・ハウプトマン 台本・演出:坂手洋二)を見る。安藤忠雄さん設計のこじゃれた多(無)目的ホール、どーもこういう小屋は肌にあわない。あんなんだったら壁黒く塗るかぶっ壊せばいいじゃん。シローイ漂白された空間。2時間半近くのいつものどうりの坂手テイストで彩られたドイツ自然主義戯曲。食肉偽装と女性の悲劇・・・・うーん。ひさしぶりの明良相かわらず上手い、笑える。楽屋にいくとタバコは吸えねえということで外の喫煙所で立ち話。新国立劇場の新芸術監督の問題?!の話しになる。よくわからんがなんか凄いことになっているらしい・・・・ふーん。

で、仙川をぶらつく。昔及川恒平がここに住んでたっけ?
回転すしを5皿・・・新宿乗換え池袋から江古田まで。

ストア・ハウスで「新健二郎さんを偲ぶ会」。早稲田小劇場研究生の2期後輩の役者。集まった30人余りの人々、ほとんどが知っている顔。
さながら早稲田小劇場同窓会。土井さん、蔦森さん、深尾さんといった先輩、桜井さん、田岡といった顔。新さんの知られざる交友関係がドンドン判っていく・・・66歳で彼岸に逝ってしまった友のことを語るそのひと時にしんみり・・・久し振りに蔦森さんと喋る。相変わらずの私に「お前は死ぬまで革命家でいろよ」とエールを送られる、いい言葉だな「一生かけて演劇の革命」を目指せ・・・・イイ先輩だなあ。私が20歳のとき体験した早稲田小劇場も状況劇場の劇現場はまさに「演劇の革命の場」であった。新さんの《生と死》を語るその中に《劇の生と死》があった。太田省吾さんの死とどこか通じるストイックな求道者のごときこの人生の先輩たちの早すぎる死に合掌。「沈黙の劇」「モノローグ」・・・これだ!オレは「反対の極」に「いる」。

世話人の深尾さん、大橋、龍、木村さんたち、本当にお世話様でした。
●●

6日(日)午前11時日本演出者協会理事会、ここでも新国立劇場芸術監督交代問題の話しが・・・鵜山さん、宮田さんの「話し」を聞く。今度じっくり「緊急理事会」で話し合うことに。芸術監督制に対する協会としての態度を鮮明にすること。

1時〜定期総会。5時までじっくり、協会の世代交代は確実に進行中。あと少し私ちゃんと、働きますよ。瓜生さん、あさやさん、哮夫さんに来年2月の『オールド・バンチ』の稽古について聞かれる。そうだ、コッチもそろそろ始動だよ。12月稽古開始。11月までには台本を上げてもらって「本読み」。3ヶ月の稽古期間が必要・・・。忙しい。

演出者協会アンダー40sの会の話しで2次会まで盛り上がる。結局は昨日に続いて飲みすぎ。いかん、いかん。

帰宅は2日続いての12時過ぎ。

それにしても真夏日が続き、暑いなんてもんじゃない。エアコンは使わないので汗だく、行水3度。

●●

『狂人教育』のチラシ最終校正終わる。今週中に仙台、札幌で配布開始。『由比正雪』稽古あと1ヶ月。

全員台詞は入った、今日から本格的な「立ち稽古」に入る!!

本日七夕、なにがG8だ。温暖化や食糧危機や投機マネーに対して本気で戦う首脳なんかいるかよ、ほら、クストリッツァが叫んでいる♪ファッキンG8。


neko.jpg

本日・明日の稽古はお休み。
ネコも宣伝活動中です。「チケットはいらんかねえ!!」

シアターガイドとコンフェティの8月号に「由比正雪」のインタビュー記事が掲載されます。今後続々とメディアに情報が・・・ご期待ください。

北京蝶々ワークショップ最終日。

1時からとりあえず皆さんの作る最後の発表会。この4日間で見事に進化している。

で、その作品を少し弄くってみることに、23人全員が芝居を観続け音楽を付ける即興をやってみる。これが面白かった、ついでにワーグナーの「ワルキューレの騎行」にあわせて台詞をオペラ風に歌ったり、東京スカパラダイス・オーケストラの「ルパン3世」にあわせて同じ台詞を歌ったりの遊びをやってみる。

●●

4時過ぎに4日間続いたワークショップを終了。

そのまま「由比正雪」の稽古に入るため打ち上げには参加できず。

大塩君と15人に出演者を絞り込む。男8人女7人、これで行くことに。来週の土曜日までにとりあえずの構成台本を作ることに。で本読み、キャスティング。あとは大塩君に9月からの稽古は任せる。その間に「由比正雪」と『狂人教育』の本番が入っている。

●●

5時過ぎには大和やイワヲといった役者達が何人かスチレッチ開始。汗だくでいつもの稽古風景。

6時全員集合(といってもヒロシはシアターカイで本番中のため欠席)。
「本読み」。

キャスティング決定!!
金井半兵衛:塩野谷正幸 柳生十兵衛:イワヲ 丸橋忠弥:保村大和 由比正雪:小川輝晃 半面男:奈佐健臣 夜桜:伊藤弘子 お銀:栗原茂 といったメインキャスト・メンバー。といっても根本的には「集団劇」ゴツゴツした男たちの戦いのドラマ!!これから1ヶ月以上の稽古でいかに2008年版のオレタチの「由比正雪」を作り上げるかだ。さあ、元気に行きましょう。

●●

8時から1時間ちょっと歌の稽古。
全員で歌う「首はいらんかねえ」「サンタマリアの歌」といった珠水サウンドと格闘。
コーラスハミングその他エトセトラやることいっぱい!!

早めに稽古をとる、明日は「お休み」皆さん台詞覚えてきてください、来週から「荒立ち」です、と通告。

例によってほとんどのメンバーが500円飲み会。

本屋で新書「日本をめぐって」網野善彦対談集、「人生成り行き〜立川談志一代記」立川談志「島原の乱」神田千里を購入。

帰って「日本をめぐって」を通読、オモシロイ。

※※

28日(土)朝から柴田錬三郎「由比正雪」通読。いや古い小説を読んだという実感。でもって次は山本周五郎の「正雪記」。

今夜は原宿アストロホールでアポロボーイズのライブ。久し振りのヤッちん、みのすけ、草野くん。


北京蝶々のワークショップ3日目。

皆さんドンドン進化している、がチョッとした批評する眼が・・・・である。3回目の通しを見る。

で、今日は皆に踊ってもらう、途中でノッテちょっとした演出も・・・イカンイカン。それにしても踊れるヤツラである。で、次は歌、これまた全員オモシロイ、誰も知らない歌かミュージカル、X−JAPANのファイナルコンサートまでここは学生のコンパか?と盛り上がる。

で1時間ちょっと「演出的時間」。明日は最終日。

役者達を見る4日間、キャスティングのためのオーディション・ワーク、23人のメンバーから10人前後に絞らなきゃならない。

●●

5時過ぎにワークショップを終え水道橋へと向かう。

JTBホール。エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ。ウンザウンザ・ミュージックのロック。ノリノリの2時間
立ちっぱなし踊りっぱなし走りっぱなし叫びっぱなしの面白発散革命?
ウエイティングタイムであった。エミールが言う「アーユーレディ?メイク ア レボールーション」皆が応える「イエス」エミールは言う「OK、ネクストタイム」。

それにしてもイカレタおやじ達である。ファッキンG8ファーストクラスが実にカッコイイ。BORN TO BE WILDでBREAK N THROUGHだ。

アリーナでいろんな人にあった、源太朗、まりとかわも、真紀子さん、照明の相川さん、森崎編陸さんといったカオ。

クストリッツアの次回作は「プロミス・ミー・ディス」。


ことしの夏はなるべく音楽を聴こう。

汗だらけのカラダで神楽坂まで歩いて神楽坂の神社で缶ビール1本。そういえば2時間何も飲まなかったなあ、、、、。


今回の「香港の旅」で判明したことですが、私の還暦のお礼の「手ぬぐい」洗うとそれこそ真っ赤になってしまいます。染め方が悪いのか何度洗っても赤い染料が落ちてしまいます。

わたくし汗を拭いていて顔中真っ赤にしてしまいました。恥ずかしながら・・・・。

ごめんなさい、くれぐれも実際にあの「還暦手ぬぐい」を使う時は「お気をつけください」ごめんなさい。


まあ、この還暦記念の手ぬぐい。すみませんが使うというより「野垂れ死にへの幻視行」と「イッツ・ショータイム」というコトバが書かれてある「赤い布」だと思っていただければ幸いです。


くれぐれもご注意あそばせ。

それはまさに血飛沫です。まあ、オレらしいといえばオレらしいんですが・・・・。

以上お詫びです。ごめんなさい。

流山児祥
6月19日〜24日まで香港で『狂人教育』(寺山修司:原作)キャスティングオーディション&ワークショップのため劇団ホームページは「更新」できません。悪しからず。


なお、この「ブログ」も19日(木)から24日(火)まで「お休み」とさせていただきます。元気に香港に行ってきまーす!!!いい役者に会えますように。必ずオモシロイ芝居を作ります。

※『狂人教育』は9月6日(土)昼2時1ステージのみの東京公演は早稲田大学:大隈講堂特別「無料」公演です、ご期待ください!!


それでは皆さん。8月本多劇場公演『由比正雪』予約、ヨロシク!!


8月公演『由比正雪』6月25日(水)Space早稲田で稽古イン。唐十郎作品との熱い長い夏が始まる。総勢23人の若いエネルギーが爆発する時代劇大作にご期待ください!!

『双葉のレッスン』千穐楽、予想を超えて火曜日のマチネにもかかわらず満員好評のうちに終演。

これで2月公演『血はたったまま眠っている』以降、全公演「満員」記録を更新中である。この勢いは「5年ぶり」の快挙。

今年のラインアップは絶対当たる!という確信があったが、その予想を超えた観客数である。といっても、1000余人の「4公演」でしかないけどね。が、この1000余人という「なんとなく顔のわかる」客に「いかにこだわり続けるか」が小劇場演劇の商業性と運動性の「差異」だと私は今思っている。

年間、毎年「1万人の観客」を5〜6本の「小劇場」の上演で「じっくり呼びたい」のだ、おれタチは。これって「メッチャ贅沢」じゃん。飯はくえないが志は高いじゃん!!

そーやって「25年間」やってきたオレタチの「祭り」が「由比正雪」から始まる。


●●

この勢いで後半の8月『由比正雪』9月『狂人教育』11月『ドブネズミたちの眠り』も一気に突っ走りたいものである。小劇場でしか「出来ない」コトに私たちはこだわり続ける!!!!そのほうがメッチャかっこいいんだぜ!!!夢の地平線へと翔けよ!!

●●

バラシ、打ち上げはいつものように「ふるさと」下北沢での25年間の日常。

お披露目、恒例の「大入り袋」の手渡し、メッセージあり、アマノの一口コメントに爆笑。で、次のアマノ演出作品は急遽、寺山修司映画シナリオ『田園に死す』に決定!!2009年12月。

ちなみに昨日わかったんだがアマノ演出作品のすべてに出演しているのは俺と甲津拓平、里美和彦の3人だけだと初めて判った。つまりこの3人は文字通りのアマノ組なのである。

アマノとテラヤマの出会い。今からワクワクドキドキもの・・・来年の冬までお待ちください。


11時過ぎにお開き。

そのまま帰宅、さすがに疲れ果てたのかキューバタンで就寝。

※※

10時過ぎに起床。明日から香港、『狂人教育』のオーディション&ワークショップ。北京、マレーシア、台湾、香港の女優さんたちと20日から22日まで3日間『狂人教育』の基本稽古。歌と動きの基本稽古となる。振り付けの北村真実さんと劇団の弘子と三人。中国ですでに下見の旅をやっている畝部とイーランと香港で合流する。

その準備で久し振りに『狂人教育』の台本を読む。