流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

『双葉のレッスン』あっという間のラスト2ステージである。

今日は久し振りの5時集合。この期に及んで踊りが変わる、何度も稽古する。ダメだしはほとんどなしだが細かい所を今日も。これがアマノ組、楽までキッチリ踊りの稽古とダメだしいつものように。

●●

本当にスゴイ客の入りである。超満員札止め、立ち見客も。スズナリがパンクしそう。申しわけないが結果15分押しとなる。

芝居はいい感じで完全に安定している。私も今日は息子のたつまもきているので元気いっぱい櫓がしなるであった。

●●

終演後たつまと一緒に飯というか飲む。今日は元受会社の社長や印刷会社の社長さんら一緒。芝居が好きな人もいて楽しい食事となる。いい人たちと仕事しているんだと感謝。

11時過ぎ「ふるさと」に顔を出す。みんなまいにちよく飲むなあ?と感心する。照明の沖野と例によってお互いの軀の話し。和田さんや松村や隆の顔も。

駅に行くと銀ちゃんとばったり。きょうみに来てくれた、電車の中で芝居のこと子供のことなどイロイロ。お互い40年近くの付き合い。

※※
さて、明日は千穐楽。
平日マチネですが是非この最高傑作をお見逃しなきよう!!

          
『双葉のレッスン』好評「満員」爆走中である!

2日続いてのマチネ・ソワレ4連発、すべて「満員」客席。予想を超えるお客さんがスズナリに来てくれている。うれしい限りである。
考えてみれば今年は2月の『血はたたったまま眠っている』から4月『綾の鼓/道成寺』5月『ロールプレイン・ザ・バグ』そして6月『双葉のレッスン』とすべて連日「満員」記録を更新中である。小劇場にこだわり、小劇場でしか出来ないコト、私たちにやれるコトを真摯に贅沢に追求している。流山児★事務所はテラヤマもミシマも北村想もごまのはえもカラもやる「演劇の最前線を疾走する劇団」なのである。

あらゆる舞台芸術表現を世界演劇の地平を目指し「小劇場」に「うんどう」にこだわり続けたい。「創立以来25年間毎年1万人以上の観客を東京で集めている劇団」という自負もある!思えば演劇集団へテロという劇団を20歳で設立以来40年間私は小劇場=人生の最前線を40年間爆走中なのだ。気が付いたらほとんどの同期のサクラや後輩たちが演劇の最前線から遠のきエスタブリッシュメントになっていた?!というのが日本の小劇場(商業)演劇40年の流れだ?!なこと、どうでもいいか。

いく所までいくしかない。悪源太いわく「おめえは芝居依存症だ」・・・うん、そうだな。「寺廻り演劇」で全国の寺を劇場化計画賛同者増殖中、街を劇場に・・だ。あと、5年後もう具体化に向けて動き出さねば。

●●

今日は本当に客の入りが心配されていたが・・・熊本から昨日に続いて何人もやってくるは、演劇団の先輩は久し振りに来てくれるは!と思いもかけぬ人や多くのいわゆる「演劇ファン」が来ていると実感。これまで一番のアンケート記入の多さが物語っている。

感激しきり。が、なぜかソワレで疲れのためか「一つ台詞が飛んでしまって」落ち込んだ。(勿論こうじの名フォローで難を免れたが・・・)。
というわけで、わたくし、ほとんど飲まずに早めに帰宅反省しきり。
久し振りに洗濯。ニュースで岩手・宮城内陸地震の凄さに驚く。マグニチュード7、2ってこんなスゴイのか。早めの救援を。

●●

あと2日2ステージに全力を集中しよう。

「この京都と名古屋の異才たちのコラボレーションは必ずや東京の演劇シーンを揺さぶる事件となる」という私たちの予言はいま、確信となった。多くの若手演劇人たちがスズナリにやってきている。何処にもない演劇がここにある。その目で是非確かめてください。

※※

本日も快晴、真夏日。あんどうみつおさんブログの「熊本へ熊本へ」がオモシロイ。それにしても様々なブログに劇評が載っている。そのほとんどが好評。

   
本日4日目、中日である。

オマケにマチネ・ソワレの2回公演。「超満員」の2ステージとなる。本当に杞憂していた客の入りが嘘のように連日「満員」記録を更新中である。ありがとうございます。という事で2ステージとも結局5分押しとなる。3分位の押しならいいが2ステージとも当日券の人を入れるために大変なハメに。

●●

今日も明日もお昼前はシネマ・アートンで天野天街短編映画祭ということでその客もスズナリに。明日も11時開映です、宜しく。

夜は終演後「中日」打ち上げ。

多くの知り合いと乾杯。
その後伊藤祐作さんと飲む。で、ふるさとで千葉哲也らと・・・・で裕作さんと馬場まで。カナミも一緒。で、寿司をご馳走になって帰宅、2時近く。いかん連日の飲みすぎである。

●●

明日もマチネとソワレの2ステージ。
明日は日曜日だというのに「がらがらの予約状況」である。
ぜひ多くのみなさんに見てもらいたいものである。伏してご来場の程を。あと3日間4ステージ限りに『双葉のレッスン』お見逃しなく。


※※

『狂人教育』香港・雲南麗江・上海ツアーの下見に13日出発した畝部七歩からメール。9月15日から10月5日までの中国3箇所ツアー、初のコラボレーション、成功させなきゃ。19日には伊藤弘子・北村真実先生と一緒に香港でのオーディション&ワークショップに。



『双葉のレッスン』3日目。

連日の「満員」となる。絶好調でみんな頑張っているというか楽しみ始めてきた。今日は東葛飾高校の同窓生3人が柏から来てくれた。終演後いわしおやさんで飲み会。みんな面白がる。しばし古代史の話しでもりあがる。古田史観?

皆を駅まで送っていき「ふるさと」に。トトさん杏里、V.銀太らの顔。杏里といつか一緒にやろうぜと・・昔何回も共演したっけ。杏里が10歳年下だと初めて知った。ふーん。

馬場の焼きトン屋でアマノ、ハマジと3次会2時近くまでくっちゃべる。

※※

本日14日(土)11時下北沢シネマ・アートンで天野天街短編映画祭で天野天街監督作品が上映される。あがた森魚さんとのトークも。
是非ご来場ください。で、映画を見たあとスズナリへ。

明日15日(日)も上映会アリ。でもってシネマ・アートンは閉館だそうだ。

※※

今日明日連続マチネソワレの4連発!体力と集中力との闘い。頑張るのみ。

 
『双葉のレッスン』2日目である。

久し振りに3時過ぎ集合。昨日皆さん飲みすぎ?ってかんじ。
雨も下北沢まで着くと上がった。見事に夕方には晴れ上がる。
3時半からダメだし、稽古1時間みっちり。ダンスも2回ずつキッチリ、完璧。「2日落ち」のないようにみんなカラダを動かしキッチリカラダを起こす。

今日は客の入りが心配されていたが結局昨日とおなじようにほぼ「満員」で席が埋まっていった、うれしい限り。お客さんの評判も実にイイ。

●●
テンポが出てきて1時間50分でぴったりにカーテンコール終了のタイムとなった。昨日より3分近く短くなっている。このテンポだ。

岡島、泰司さん、いっこう、水内さん、村井さん、樫葉といったいつもの顔がロビーに。木暮の奥さんになったサヤカが皆に冷やかされながら祝福されている、おめでとう。それにしてもMISHIMAのメンンバーが今回も劇場整理のお手伝いに、ほんとにありがとう。

きょうも飲み会には付き合わずに早めに帰宅。

楽塾のワークショップの音楽きめと「由比正雪」の音楽決め、台本の分析とにかくやらなきゃいけないことが盛りだくさん。でもって、来年のアマノ演出作品の候補戯曲もアマノが東京にいる間に決めなきゃならないし・・・・。『双葉のレッスン』の楽日の2日後は香港で『狂人教育』のオーディション・オーディション&ワークショップ、でキャスティング決定で本読み稽古。でもって帰国したら翌日から北京蝶々とのコラボのこれまたキャスティング・ワークショップとキチガイじみたスケジュールである。ま、好きでやってるんだから、所詮どこかで確実にノタレ死ぬ人生だ。気楽に世界を飛び跳ねてあそぶだけ。今年の香港とのコラボは次のアマノ、チョンさんへとバトンタッチするためにきちんとやらなきゃ・・・うん。

※※

本日、3日目。快晴、夏日。

ドンドン進化しているアマノ組の《劇現場》。ごま+アマノ+リューザンジの今年度上半期最高傑作。みなさん、見のがすな!ここに「世界演劇の現在」がある!!

 
ついに運命の初日。

午前11時からスズナリでラストシーンの小返し、といっても大転換というシロモノ。全員がなんどもなんども・・・・これが大変だが、客はオモシロイだろうなあ・・・である。

●●

2時からゲネプロ。ほぼ完璧に。中日新聞のMさんがわざわざ名古屋から、劇評も書くとのコト、ありがたい。

ダメだし1時間余りみっちり。
踊りの小返し。
なんとか芝居はうまくいったとおもったが急遽スタッフワーク的仕事がプラスされ戸惑う。

さて、初日の観客の入りが多いに心配されていたが当日券と思ってもいないお客さんが続々、あっという間に「超満員」となる。すべての席が見事に埋まっている。ありがたいことである。40人以上のひとが「当日」急にやってきたのである。
京都からごまのはえも、大久保鷹さん、久し振りの伊藤和重、若杉、根本さん、蒲ちゃん、寺十、熊本の夢桟敷の冬馬、北京蝶々の大塩くん、地下空港の伊藤くんといった様々な知り合い多数。さすが「初日」!

「事件」もなくとにかくスゴイエネルギーで全員で突っ走った1時間50分であった。お客さんも乗りまくっていた。本当にお疲れ様でした。
オレは例によってちょっとしたミスというか戸惑いの午後でもあった。

終演後、初日乾杯。ビールの差し入れ多数でうれしい飲み会となる。

感動と興奮の初日でもあった。

●●

初日打ち上げという事でこれまた久し振りに「ふるさと」ごまとじっくり喋る。

もう一度ぐらい観て帰ってよと・・・・。鷹さんとは来年6月のブロードウエイ・ミュージカル「ユーリンタウン」で久し振りに一緒に仕事することに・・・・。

12時過ぎに帰宅の途に。さすがに疲れ果てていた、風呂に入りキューバタンで爆睡。

※※


1日中スズナリで明かりあわせ場当たり。

細かく決めていく天野天街のしつこさに疲れ果てながらも全員の集中力は決して落ちないちょっと気を緩めると大事故にもなりかねないきけんんな恐怖のループ?も。全員が裏で「ものすごいことになっている」今回の舞台である。演出部は2人、役者もお化け屋敷の裏方のように様々なことをやっている。これが大変、このダメ出しが!とにかくアマノマジック!こうご期待。

●●
エピローグを残し何とかラスト近くまで明かりあわせ、映像あわせ、場当たりを終える。夕沈も名古屋からやってきた。

いつもどおりいい感じの「双葉のレッスン」である。

10時退出、酒も飲まずに早めに帰宅、早めに就寝。

が、クシャミで起きる、イカン。鼻水止まらず、風邪かよ・・・。

※※
今日も大変、11時からエピローグラストシーンの大転換アリの大スペクタクルの稽古。

2時からゲネプロ。

7時から初日の幕が開く、京都からごまのはえもやってくる。初日らしく「残席も僅少」である。が当日券は充分ございます。ぜひふらっと下北沢まで!出演者・スタッフ一同お待ちしています。

とにかくオモシロイ、世界の何処にもない芝居が出来上がりました!!

劇場入りして改めて『双葉のレッスン』の舞台美術の凄さに驚いた。

水谷さんは今回もすげえセットを作りこんできた、オモシロイ。劇場に入ってこの舞台を見るだけでオモシロイ。ありがたいことだ。

様々な作業を全員が一生懸命やっている。劇団の凄さ、各パートをキッチリみんなやっている。小道具、衣裳、照明、音響、舞台美術それぞれをのパートが時間の中で闘っている。
劇団のペット猫と呼ぶべきキンタローさんの愛息もスタッフの一員としてスズナリで皆を癒している。

●●

5時時間通り映像撮影。アマノ演出に欠かせないモノ。

6時に自分のシーンを終え、衣裳を脱ぎその足で神楽坂に向かう。黒テントの新作『玉手箱』(作:坂口瑞穂 演出:集団演出)を見るため。2時間10分、伝説のストリッパー一条さゆりの人生を追ったルポルタージュ演劇風のかたちをとったメタシアター。坂口君と終演後1時間余り中華屋で喋る。
11月公演『ドブネズミたちの眠り』の雑談・・・・面白くなりそう。かっこいい無様な男たちのハードなドラマを作ろうぜ。



11時過ぎ神楽坂から1時間近く掛けて歩きながら帰宅。
全シーンの台詞をぶつぶつ3回くりかえしていたらいつのまにか着いていたよ。

それにしても熱い愛のドラマ・・・それが『双葉のレッスン』!!


●●

さて、本日はお昼から10時まで細かく1日中明かりあわせ、場当たりこれが本トーに細かいのだ。微にいり細にわたるとはアマノのこと。

いい感じで出来上がるゾ、この芝居。多くのお客さんに見てもらいたいと本当に思う。

とにかくきてください、けっして損はさせません。約2時間の異次元へのトリップを!!



稽古場で『双葉のレッスン』の抜き稽古をやっていたらサボの無事出産のニュース、男の子。全員で歓声を上げる。

劇団員に次々とオメデタが。
今年に入って若手男優にも男の子がうまれ次はこれまた若手劇団員同士の結婚。

少子高齢化も何処吹く風の流山児★事務所のこの2、3年である。3世代が同居しているカンジのカンパニーになりつつある。そりゃ、25年も劇団やっていると・・・そうか。オマケにオイラ40年もアングラ人生一筋。オイラは2度も離婚している前科モノだがとにかくみなさん幸せな家庭を築いてほしいものだ・・・。

●●

2時から自主稽古。

3時から踊りのおさらい。
4時から4回目の「通し」。ギャラリー多数。本番近しのムード。
ほぼ完璧に近づき?つつある。1時間50分。もう少詰まるかなあ?
ダメだし1時間。

栗原が稽古を見ている、差し入れ。

オレタチのシーンの小返し、みっちりそうか結構俺この芝居出ているんだなあと実感。

その後恐怖のループ、それも微妙に進行しているループシーンの稽古が10時過ぎまで続く。着々とアマノワールドが完成していく。

※※

あと3日の早稲田の稽古場である。みっちり思い残すことのないようにやるしかない。
流山児★事務所について。

オレ、いままで全然気が付いていなかったが(!?)以下のようなイープラスの流山児★事務所の解説の文章が実に簡潔明瞭だったので以下引用しておく。(なんのこっちゃ?)

※※


状況劇場や早稲田小劇場に所属し、1970年より「演劇団」を率いていた演出家・俳優の流山児祥が、1984年に設立。

塩野谷正幸、若杉宏二らのコアな俳優を据えながらも、公演ごとに異なる作家や演出家、その作品世界にふさわしい役者を招くという、プロデュース色の強い芝居作りを行う。

寺山修司や唐十郎などの大御所の旧作から、今をときめく人気劇作家の新作、また名古屋や大阪などのリージョナルで活躍する才能の発掘など、取り上げる作品は実に幅広い。

さらに招へいする演出家や俳優も、小劇場マニアのツボを絶妙に付いた人選となっているため、その舞台は毎回話題の的となっている。

2000年、寺山修司作・流山児演出の『狂人教育』(なぜか誤植で『凶人日記』になっている!)で、カナダ・ビクトリア国際演劇祭2000グランプリを受賞。

また「パラダイス一座」名義で2006年に上演した『オールド・バンチ』(山元清多作・流山児演出)は、70歳後半〜90歳の役者たちを中心に据え、シニア世代の演劇活動の可能性を大きく押し広げる舞台として注目された。

※※

これに準じて「流山児★事務所プロフィール」を作ろう。