流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

最後の「2日間お休み」である。
雨の休日、私は3本の台本と格闘する日。勿論、今稽古している『双葉のレッスン』8月公演『由比正雪』でもって来年6月の『ユーリンタウン』の吉原さんの第1稿翻訳台本の3本。

●●

じっくり読むしかない。じっくり・・・。
『由比正雪』劇中音楽も次々と送ってきている。珠水さんの曲は面白い。数えてみたら20曲余りの歌と音楽である、まさに時代劇ミュージカルというか「唐歌舞伎」となるだろう。『無頼漢』を超え『オッペケペ』を超える大討論劇?とにかく男たちが革命について、変革について熱く語り、ぶつかりあう男たちのドラマ、それも若いアモルフなエネルギーが本多劇場を熱く燃え上がらせる!オレタチのカクメイ。

そして『ユーリン・タウン』はアナーキーなミュージカルである。エンターティンメントを超えた市街をも含むホームレスによる祝祭劇に仕上げたいと夢想している。こちらの音楽もイイ。どう、歌を作るか、吉原+坂手洋二の上演台本作りを「1年がかり」で贅沢にやる。

で、『双葉のレッスン』の音楽も出来上がってきている。劇団の音楽監督というべき本田実の曲。9月香港とのコラボレーション『狂人教育』も本田さんの曲だが実にドラマティックなメロディー。こちらは来週から具体的に。


あ、最近なぜかショスタコーヴィッチの交響曲を聴いている。交響曲5番「革命」第10番の大作。これがイイ。カルメンの♪信じるな・・・が交錯する交響曲5番の最終楽章。

●●

久し振りのDVD『漢河の怪物』を見る。笑った、それにしても韓国映画の凄さはそこに「にんげんがいる!」という単純さである。馬鹿だが愛すべき家族のモノガタリ。

※※

今朝も雨が続いている。
今日は2時からベニサン・ピットで阿佐ヶ谷スパイダースの『失われた時間を求めて』(長塚圭史作・演出)を見て4時過ぎから近くの清澄白河のギャラリーで開催される荒木経惟氏の写真展『花緊縛』のオープニング。でもって、6時過ぎにはそのアラーキーの68歳の誕生日パーティーが六本木のホテルで。荒木さんおめでとう。

というわけで、明日から2週間『双葉のレッスン』追い込み稽古である!!!頑張ろうぜ。


soyo1.jpg


soyo2.jpg


今日は1日中明かり仕込みと美術作業。ROMIさん、タローさん、照明部の七緒、里美、香奈美、クマ。でもって美術の最終作業。今夜も徹夜?

楽塾メンバーは近くの地域センターで自主稽古のおさらいである。

6月下北沢ザ・スズナリ公演 ごまのはえ新作書き下ろし 
天野天街:演出による『双葉のレッスン』いよいよ前売開始です。
客演も藤井びん、さとうこうじ、立原麻衣、Studio Lifeの深山洋貴そしてKudan projectの小熊ヒデジ、少年王者舘の井村昂といった超実力派キャストが集結します。2年前のケラの『SMOKE』を超えるシュールな問題作になりそうです。ぜひご来場ください!

お早目の予約を!03−5272−1785まで。

なお、ごまのはえの代表作『愛のテール』(ニットキャップ・シアター公演)が下北沢駅前劇場で29日まで絶賛上演中です!

私は夜まで稽古場にいて抜けて早稲田大学の劇研アトリエで北京蝶々公演『あなたの部品』(作・演出:大塩哲史)を観る。70分劇小劇場版よりシャープになっている。江森さんの顔も。こちらは27日まで上演中。今年の秋にSpace早稲田で大塩くんらと一緒に作品を作ることに決めた、海外にもって行ける作品が狙い。それにしても時間がない!!


稽古場に帰るとほとんど出来上がっていた。キャベツも・・・・。アマンダが素敵な看板を書いていた。カズ、タケ、そうの3羽烏がよく働いている。楽塾番も去年から3代目?に完全に代替わりした。11年という歳月はそれだけですごい。

さて、明日から「3日間の舞台稽古(ゲネプロ)!!」贅沢の極みである。

今日の万歩計は11245早稲田と馬場2往復。



終日雨。

今日もSpace早稲田は楽塾美術作業。ポップでちょっとやさしい舞台に出来上がりつつある。

ワタシはお昼過ぎから新聞の取材2時間、写真撮影で作業をチョコット中断してもらう。

で、早稲田大学の演劇博物館へ、9月に予定している『狂人教育』の特別プレビュー公演を早稲田大学で演劇博物館と共催でやろうという打ち合わせ。大隈講堂と小野講堂を見せてもらう。いい劇場である。さすがに大隈講堂は歴史的な劇場、その圧倒的な存在感。40年以上前に見た寺山さんの『血は立ったまま眠っている』の劇団仲間公演東由多加演出を思い出していた・・・・。1966年私が大学1年の時か。


●●

夜は初台の新国立劇場で『焼肉ドラゴン』(鄭義信・作・演出 梁正雄共同演出)を見る。久し振りの新国立劇場。チョンWORLD全面展開!!。チョンさんの劇世界のすべての登場人物(キャラクター)がでてくる。チョンさんは今回自らの劇世界を「再構成して傑作」を作りあげた。日韓の俳優のコラボだからなおさら「在日コリアン」の世界が浮かび上がる。ある家族の歴史。泣かせて笑わせて生々しく殴りあう。千葉も朱さんも全力で頑張っていた。焼肉の匂いがない!というのともっと劇中でマッコリとキムチと焼肉食って貰いたかったが?そう、匂いがないのだ!!で、オレだったらやっぱあのバラックのセットを盛大にぶっ壊したかった!!ねえ、島さん。

韓国から多くのお客さんが来ていた、旧知のソンさん、林先生らの顔も。初日乾杯のせきで久し振りにお二人と喋る。ソンさんは演出者協会のワークショップも始まる。長男が日本に留学中との事で紹介される。おくさんの星女さんも。おもえば「30年以上の熱い韓国演劇人との交流」が続いている。ソンさんと『ユーリンタウン』の話。うちに1年間留学していたヒョン・ジフンがリン・ヨンウン先生の演出助手をやっているとの事、おっ、頑張ってるんだ。
『焼肉ドラゴン』のソウル公演、必ずや成功するに違いない。チョンさんの傑作『ザ・寺山』も近いうちに是非再演したいものである。それにしても家族と歴史を描くチョンWORLDの凄み!!


さすがに今日は歩けず。新宿→初台のみ歩く。

それにしても3日続けての観劇はさすがに疲れた。でもって、3日続けて「劇場で会う人がいる」というのも!!?

で、傘を2度忘れる、近頃の物忘れの激しさは?!困ったもんだ。

※※







お昼過ぎ山手線日暮里乗換え常磐線柏乗り換え東武線に乗る。大宮行きで運河へ。豊四季と初石の間にながれやまおおたかの森という駅が出来ていた。つくばエクスプレスの駅であった。そうかこの電車だったら秋葉原から30分もかからないとのこと。ふーん。6年ぶりにこの電車に乗っているんだ。

2時ちょっと前に運河の駅からだらだら5分余り利根運河の流れを見て割烹「新川屋」。ここのオカミさんが同窓生。

60人近くが集まっている。ドイツもコイツもみごとにオヤジとオバサンそりゃ孫15人何てヤツの話聞くと・・である。ヤクザなヤツも議員さんも先生もサラリーマンも花屋も写真屋も食堂のオバサンもみんなクラスメート。元ボクサーのいじめられっこのA君のはなしやら、昔バイクの無免許でHの代わりにつかまったBくんの話やら、抱腹絶倒の大宴会となる。で、最後にはドイツもコイツも食料自給率アップでノーギョーやろうぜと盛り上がったりして・・・嗚呼、団塊!ノー天気?。

ビョーキ自慢を通り越したビョーキ体験の凄さと「ただいまビョーキ中」の存在はちょっとした不条理劇を通り越したリアルさである。心筋梗塞、癌、糖尿病そんなんフツー。この6年間で様々な別れと出会いを体験した友たち。ほぼ、全員が「定年退職」して現在「毎日が日曜日」のみんな。まあオレみたいな一生が遊びみたいな人間は異色な存在。およそダメ・ニンゲンのワタシである。

「5年後」に予定している「お寺回り全国巡演」のはなしをしたら、「次の同窓会で芝居やってよ」ときた。ウン、そーするよ!である。プレビュー公演やってみるか?楽塾の芝居を照明なしでここでやるのも面白い!


5時過ぎに次は2年後と言うことにしてお開き。で、楽塾のチラシを配る。おっ社長、営業か?ときたよ。

2次会は江戸川台のスナック。ほとんどが流れる。この近くに中学があったっけ。とにかく皆さん元気。呑むわ呑むわ。久し振りに呑む。カラオケ2曲で煙にまいて、8時過ぎよろける足で江戸川台から東武線・常磐線・山手線で馬場まで帰宅。

2年後元気にまた会おうぜ!である。この6年の間に判っているだけで6人が死んだと生徒会長のHの報告があったっけ。

●●

帰るとK1!

武蔵,沢屋敷に完勝。大西巨人の「神聖喜劇の世界」のETV特集を見ていたら酔いがさめる。

メディア規制というかメディアといっしょになった戦時状態の今的状況。死刑執行のベルトコンベア化とでもいうべき恐るべき状態。推定有罪状況でドンドン「表現の自由」が圧殺されている現在、まさに「神聖喜劇」の状況である。監視カメラの下のジャパン。なんかしゃべっちゃやばいんじゃない?ってへんな感じの自主規制を通り越した相互規制の体制翼賛状況。「体制」のない空洞化した「累々たる無責任体制」のジャパン。

※※

「戦前・戦時下」の『双葉のレッスン』?!である。



台風のような日が続いている。春の嵐である。でもって聖火リレーは世界中で立ち往生。

7日お昼ごまのはえから新作『双葉のレッスン』のメールが届く。喫茶店で一読。面白い、コレでいく!うーん、コー来たか。が、アマノこれドー演出するんだろう?

7日(日)千穐楽、客席を大幅に改造、客席をなんとか増席。それでも立錐の余地のない超満員札止めとなる。私の指定席のトイレの横も栗原に譲り声のみの観劇となる。終演して外に出ると大粒の雨、稽古場にあったビニール傘を大量放出する。

予想をはるかに上回るお客さんにまず感謝。ミシマファンとの多くの人にこういう形のミシマ劇が観たかったといわれうれしかった。私なりのミシマのコトバへのパースペクティブをやったつもり。

終演後打ち上げ。カナダから吉原さんも・・。これカナダでやったら驚愕しますよ、に笑う。ぜひ、これもってフリンジフェスに参加したいものである。北京蝶々の大塩くんと今回出演した地下空港の伊藤くんに「由比正雪」の演出助手を依頼する。HAPPの北川くんを加えた3人の若手演劇人と一緒の仕事になったら楽しいかぎりである。若い演劇人の集う梁山泊に流山児★事務所がなったら面白いと今考えている。


12時過ぎお開き。

1時過ぎに帰宅。さすがに打ち上げ、酒量が・・・。

※※

8日朝から劇場バラシ。

9日(水)夜から6月スズナリ公演『双葉のレッスン』顔合わせ、本読み、キャスティングである。

そしてひとつが終わり、そしてひとつが始まる。MISHIMAお疲れ様。楽塾追い込み稽古、でもって「双葉のレッスン」も始まります。私は楽塾に続いて役者!楽しい時間の始まりである。

日曜マチネ。

この期に及んで少し変える、すっきりしていく。

超満員の客席、ついに最前列に桟敷席まで作ることに。私はトイレの横の指定席で半分しか見えない状態で観劇。

悪源太の顔も。私は終演後すぐ地下鉄、西武宣を乗りついで新宿。走って西新宿まで、芸能花伝舎:演出者協会の広報部の総会、篠崎部長を筆頭に6人集合。協会誌、ホームページのリニューアル問題などを話し合う。地域での協会員の仕事のことやらイロイロな夢プランも。

6時前に終わり、久し振りに大久保・新大久保をぶらぶらグローブ座の前抜けて曙橋、早稲田通りでSEIYUといった1時間半だらだら散歩。さすがに今日の万歩計15000をさしていた。


さすがに西友は安い。刺身、イカ焼きとコロッケで黒ホッピー1杯の晩御飯。日本柔道選手権を見る。谷が負けたが五輪代表となった。2時過ぎ「世界」「SIGHT」の雑誌をめくり眠る。

※※

さて、今日はいよいよMISHIMA千穐楽19時開演である。
あいにくの雨である。が、お昼前に上がったよ!見逃すとソンですよ、この希代の傑作。

さて今日は1時から劇団初のブロードウエイ・ミュージカル『ユーリンタウン』の制作打ち合わせ。来年の5月高円寺の駅前に出来る新劇場「座・高円寺」の杮落としロングラン上演である。

あれ?翻訳家の吉原さんがカナダから日本に来ているジャン、今日芝居観に来るとのこと!
マチネ・ソワレの2ステージ。満員御礼の2ステージとなる。去年の12月のパラダイス一座からほぼ、連日満員の記録が続いている。勿論、スズナリやSpace雑遊、Space早稲田といった小劇場でせいぜい10ステージ余りの公演態勢、観客数も500〜2000といったモノ。若手中心の『血は立った眠っている』や今回のMISHIMAプロジェクトのような若手企画に多くのお客さんが来てくれていることには大感謝である。この企画から確実に次代の、いや今の、劇団の中軸が育っている。いつの時代も常に「芝居はやったモン勝ち!」なのである。継続こそ力なりを実感しているここ2年余りの劇団の現在。常に変わることを恐れずに《現在》と言う《世界》と演劇=集団は向かい合っていくのだ。個的な才能など糞である。

いつものように劇場への行き帰り歩く。

11時、鶴巻公園で1時間体操。この3日間で体重1キロ落ちたぜ。

いつものように稽古、最後近くの音楽をやめる。すっきりコエが聞こえる。

マチネの後、榎町区民センターに楽塾の衣裳決め。衣裳協力の真紀子さんがレンくんをつれてきてくれた。


珈琲館で北川君と「由比正雪」の打ち合わせ。北川君が演出協力。面白い、楽しい話しに・・・。

ソワレの後参加者のA美くんのお父さんから小説のプレゼント。「東山殿御庭」朝松健:著 講談社:刊)ありがとうございます。奇譚ミステリー。宮部みゆき氏が絶賛している。

●●

毎日打ち上げ、今日はワインと焼酎の水割り、早めに帰る。本日の万歩計10055.

6月スズナリ公演「双葉のレッスン」のチラシが出来上がった。綺麗なチラシである。MI(SHIMAが終わった翌日から「双葉のレッスン」の本読み・キャスティングが始まる。


お見逃しなく、希代の問題作が出来上がっています。是非早稲田まで。
お昼過ぎから今日も散歩。

t2.gif

今日は神田川沿い、江戸川橋まで。桜の絨毯と呼ぶべき状態。散る桜の儚さ、美しさにうっとり。


椿六十郎を途中で気取ったりしながら歩く。神田川に棲息している多くの亀に驚く。でもって椿山荘の下にある神社やら染物館やら・・・。

で、今度は鶴巻町の図書館へ行って朝日新聞を1か月分、じっくり読む。事務所から名古屋の珠水さんに電話、8月本多劇場公演『由比正雪』の音楽を頼む。今年はテラヤマ2本、ミシマ、カラといった手強い先達たちの戯曲に真摯に向き合う1年となる。

4時半から、ダメだし稽古。音楽を少し変える。

その後、珈琲館で『由比正雪』の台本を読みながら音楽の指定を考えていたら横の席に戌井さんら。

●●

観客整理はカズと太郎の最強コンビ!

7時3日目の幕が開く、さすがに今日は満席にならずそれでも予想をはるかに超えるお客さんに感謝。芝居は安定してきた。ロシア語の通訳のMさんがロシアに持っていったら驚くでしょうね?に納得。海外でMISHIMAいいじゃん。戌井さんは「綾の鼓」と「葵上」を演出しているとのこと。今日は「道成寺」を読んできましたよ、ときた。この芝居には文学座養成所出身の教え子が4人出ているので終演後はみんな戌井さんとの対面にコーフン。

毎日打ち上げ、梅酒の水割り2杯で帰宅。役者も喉の状態が悪いから早めに帰ること!と厳命。

今日も万歩計は13000を越えていた。が体重は1キロ増、いかんなあ。腕立て伏せ1日60回、腹筋50回、スクワット100回。毎日やるぞ!で久し振りにパンチング・バッグに向かう。


t1.gif


お昼過ぎから、久し振りにガジラのW女史にもらった「万歩計」をつけて近所の乙女山公園まで散歩すっかり春の風情に変わっている。で図書館に行ってCD借りて新聞読んで、昨日と同じで戸山公園から箱根山を抜けて早稲田までの2時間余りの散歩。

4時から真実先生が来てくれて本番中の異例の稽古となる。すっきりとしたものになる。ちょっとした出はけを変える。稽古場ならでの塩野谷の美術ならではの登退場口の「変更」である。

今日3日(木)は「大いに余裕アリ」の日だったが昨日の超満員の初日同様の「満員御礼」となる。当日券・当日予約が伸びたのと劇団員が5人見たから(定員60席〜70席の小劇場なんてそんなものである。またそれがイイ、満員の場合は劇団員は勿論見れない。)。」

いい感じで芝居が成長している。わずか6日間・7ステージ500人近くのお客さんの目の前で「世界に類のないMISHIMA」に進化していく予感?


連日の打ち上げ宴会。ベニサンのSさん、評論家のMさんら木村健三、蒲ちゃんの顔も、塩野谷がやっと全部見れた、シアター・Χの稽古が追い込みで大変らしい。久し振りの竜一、篤、木暮、らの顔。香奈美と制作新人(予定」のタシロさんが酔っ払い相手に大忙し。多くの人にヨーロッパで公演したら面白がられるとの声多し。ほとんど動きで見せる集団演劇だから?

梅酒2杯と缶ビール半分にして早めに帰宅。万歩計を見ると13000歩を超えていた。

例によって一人歌舞伎リーディング。「天衣紛上野初花」〜入谷村蕎麦屋の場、同じく大口屋寮の場。

※※
雨である。

桜を散らして雨が降っている、温度も低くまるで冬に戻ったよう。明日から4月新年度。値上げの春、でもってついにガソリン値下げ。機能不全の脳死状態の日本は何処へ行くというのかいな?福田政権の半年間に様々な事件が起こった薬害肝炎、年金記録、中国製ギョーザ毒物混入事件、イージス艦漁船衝突事故、円高ドル安、日銀総裁不在、でもって暫定税率維持の税制改正法案期限切れである。解散総選挙しかないんじゃないの?

●●

昨日は朝から照明の仕込み。今回は照明班の上田、木暮がTPT、七緒他劇団のスタッフとレギュラーがいないので山上さんの強力助っ人、でもって照明班の里美、香奈美の3人がデザイナーのROMIさんの指示で吊りこみ。お昼過ぎにいくと大体吊り込みは終わっていた。

3時下北沢スズナリで大阪の桃園会の『追奏曲、砲撃』(深津篤史作・演出)アマノが役者で久しぶりに出ている。深津のいつもの私小説を思わせる世界。ついに父親登場、アマノがやっているのだがこれがいい。

終演後アマノと「新雪園」で中華ランチ。

喫茶店で高橋教授の新書を読む。

6時半から今度はタウンホールで「小田急線跡地を考える会」のセミナーにパネラーとして出席、坂手洋二と一緒。東北沢から世田谷代田まで小田急線が地下化する、でもっ2、2キロ×30メートルの「空き地」が誕生する。この「空き地」を区民が「利用するか?」という夢プラン。テント公演ができる場所?アートギャラリー、野外劇場、稽古場、演劇情報センター、国際演劇祭などを2人でぶち上げる。さまざまな意見をきいて大いに勉強になった。演劇人の品位?について様々な意見を聞く。
しっかり承っておきます、ハイ。

1日中雨の降りしきるトーキョーである。

早めに帰宅。

唐さんの「由比正雪」1幕を「一人リーディング」して寝る。明日は2幕こんな感じで1ヶ月ばかり「読んでみること」にする。いつものことである。とにかく「声に出して読む」。それと歌舞伎のホンを最近読むことを日常化しつつある。次は能だな?

ソレニシテモ、今日もハードデイであった。

「3月の雨」というセルジオ・メンデスの曲があったっけ?!

※※

雨である。11時から夕方までMISHIMA明かりあわせ。すっかり「劇場になった」Space早稲田。MISHIMAは春の陣の第1弾。