流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

衝撃的な事件が相次ぐ昨今である。
沖縄少女暴行事件、サイテーの鳩山法相の全員無罪の「志布志事件」を冤罪と呼べない発言、で市川昆監督の死去の報に暗然。あたまにくるったらありゃしねえ、ざけんじゃねえ沖縄米軍、で、鳩山さんよ。

●●

14日新宿の紀伊国屋ホールでAGAPE STOREの「からっぽの湖」(作:桝野幸弘 演出:G2)を見る。松尾貴史、片桐仁、私の好きな女優:ぼくもとさんが出てた。平日のマチネだというのに満員である。観劇後久しぶりに紀伊国屋書店を散策。昔から本屋には1日中でもいられる私である。歩いて帰宅。100円ショップで大量の文房具を買ってしまう。

山本薩夫シリーズ『武器なき闘い』労農党の代議士で昭和4年に右翼テロリストに殺された山本宣冶(やません)の一生を描いた映画。戦後新劇団総出演の独立プロ作品。美佐子さんや小沢昭一さんの若い顔。宇野重吉さんの顔。

●●


ごま君と電話、来週名古屋で打ち合わせだな。

新幹線のなかでで読む戯曲3本。三島、北村、ごま。4月から6月にかけて上演するつまり只今同時進行中の3作品である。

※※

いい天気である。あ、それから劇団HPに劇評4本追加です、ぜひご覧ください。


大阪ではうどんとお好み焼きだな。






















片付けが終わって夕方総会。

●●

今後のスケジュールのことと今月25日に予定している稽古場の大掃除というかたずけのことが中心。Space早稲田も使い出して11年ずいぶんとがたが来ている。私達の舞台芸術創造活動の根拠地、すべてはここから始まる。何よりも集団の原点である稽古場を維持するということが基本。

小道具、衣裳その他の整理。つまり捨ててゆくしかない作業日。4月〜5月にかけてMISHIMAプロジェクト、楽塾とSpace早稲田での公演が続くので恒例の舞台や壁の塗りかえほその後に回すことにする。

6月ごまのはえの新作『双葉のレッスン』8月唐十郎『由比正雪』の下北沢連続公演も控えている。劇団員は大忙しである。他劇団への客演も多くなってきた。劇団員総勢29人、その半分以上が「家庭」を持ち劇団活動を続けている。長ーい付き合いの人間集団でありたいと思っている。劇団員の子供達を集めて近いうちにぜひ芝居をやろうと「おじいちゃん」の私は夢想しているのだが?


●●

いま龍昇企画『モグラ町』の稽古場に早稲田を使っている。塩野谷とチョコット話す。5月にはシアター・カイで渡辺和子演出さくひんとのこと。

早めに帰宅DVDで『ジャンゴ』(三池崇史監督作品)を見る。予想通りくだらない、それでも最後まで。桃井かほりはいいなあ。

あ、それから山本薩夫監督作品『真空地帯』を観る。反軍映画の傑作、役者メチャクチャイイ。主演の木村功、西村晃、新劇の昔の役者ってみなさんいい顔してる。金子信雄、加藤嘉、岡田英次といった役者を観ていると「戦争を演じる身体」はこれだと思ってしまう。こっちは全員痩せぎすで目がらんらん。

闘う身体をもつこととは温度を感じられる身体のこと。『ジャンゴ』には佐藤浩市以外そんな身体がない。ジュリアーノ・ジェンマもクリント・イーストウッドもちゃんとギラつく身体をもっていた。

※※

いい天気だがメチャクチャ寒波。風が強い。

朝から佐藤信『阿部定の犬』唐十郎『電子城』でもってメールで届いたばかりのごまのはえの『双葉のレッスン』の第2稿を読む。

戯曲3本読むってのは確かに疲れる。が楽しい。

夕方木内尚が出演しているdanceを観にはじめての池袋あうるすぽっとに行く予定。尚は4月MISHIMAで久しぶりに芝居に復帰する。


※※

『血は立ったまま眠っている』千穐楽。超満員札止め、立ち見客で立錐の予地のない劇場が熱気でむんむん。いつものように役者たちは全力疾走した。11日間13ステージ。ほんとに「人材育成公演」の名にふさわしい若手13人の劇団員の公演であった。

李さんがほんとにいい本ねと絶賛、盛岡から元天井桟敷のKさんの顔も。今回は予想をはるかに超える多くお客さんが全国津々浦々から駆けつけた。寺山修司という作家の力である。ありがとうございました。

●●

バラシの間Kさんとさとうこうじと3人で4時から池林房で呑む。日本酒の熱燗、3時間ですっかり出来上がってしまったのでドトールで珈琲。酔いを醒まして、でもって8時から池林房で劇団の打ち上げ。

太田さんをはじめとした雑遊の皆さんにはほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。

●●

大入り袋をスタッフに手渡し、1本締めのあと早々と帰宅。私は昔から打ち上げというのが嫌いなので必ず早めに帰って寝ることにしている。

いつものことだが、今回もとにかく呑みすぎであった。日本酒三昧の新宿での2週間の日々がやっとおわったよ。

ほんとにみんなお疲れ様、そしてありがとう。

●●

さあ、明日から三島由紀夫と北村想の劇世界との格闘がはじまる。

まず、三島の『道成寺』『綾の鼓』の読み込みだ。でもって15日(金)には大阪のウイング・フィールドでの中高年演劇の講演会用のレジュメも。

※※

さて、今日はお昼過ぎから片付け、4時から劇団総会。
外は雨である。

久しぶりのマチネ・ソワレの2ステージ。客席を少し増設、マチネは重大、安奈さん、富樫といった顔も。マチネとソワレの間雑遊のオーナーの大田さんからお稲荷さんの差し入れ、大感謝。当日券も伸びて2ステージとも満員の盛況。私は客席の裏で覗くか声のみの観劇。

夜、終演すると外は大雪である、やべえ!まるで吹雪。

居酒屋で岡島君と『ユーリンタウン』の音楽を手伝ってもらうAさんらと打ち合わせ。初のブロードウエイミュージカルにむけて着着と準備を進めている。横では沖田、橋、白石、悪源太らがワイワイガヤガヤ。沖田乱が一番判りやすい『血は・・・』と絶賛。私はれいによって利き酒セット。またしても頭ぐらぐら。雪の中どうやって帰ったか半分ぐらい覚えてないよ。もう、正月からずーっと呑みっぱなし。1日ぐらい肝臓休ませないとホントやばいなあ。それにしてもドイツもコイツもジジイ扱いしやがって。ありがとさん。

※※

さて、『血は立ったまま眠っている』あと、2日間、2ステージマチネ2時の回のみです。

※※

いい天気である。雪もなくなった。新宿3丁目でお待ちします。今日からさらに客席増設した。こういうことが出来るから小劇場は面白い、そりゃ客席を作ると荷物の預かり場がなくなえるからこれまたそこを確保しなきゃならないと大変なのだが。


それにしても「予想をはるかに超える」お客さんが今回全国から観に来てくれている。劇団の本公演並み。11日間13ステージ、連日満員に近いこのヒットは若手の力でもある。ドンドン後半戦から客足が・・・。

若手の成長、寺山演劇の面白さ、新宿での公演その3つの要素がぴったりあたった「人材育成公演」になったのである。

若手だが劇団の中軸である、「劇団でしか出来ない」公演という名がぴったりの公演である。コイツらがコレカラの流山児★事務所を牽引していくのだ。

今年の新人の作文は「流山児★事務所で何をしたいか?」である。新人でもこの劇団では「何かがやれるところ」「なんでもやれるところ」にしたいのだ。それが集団である。

※※

本日(10日)も満員御礼。本当にありがとうございます。全国津々浦々から新宿まで本当に多くの皆さんが。

新潟からご夫婦で、感謝。8月の唐さんの『由比正雪』も来ますとのコト。待ってます。

さて、残すところあと3日間4ステージ。

曇り空の東京である。

昨日本番前に新宿の映画館で吉永小百合主演『母べえ』(山田洋次監督作品)を見る。平日の3時の回なのにそれなりに我らが世代のお客さんで埋まっている。大反戦映画、堂々の非転向映画。それにしてもガキの頃からのサユリストの私にはそんなドラマなどドーでもええ、でとてもおきれいであった。これでもかこれでもかで悲劇がやってくる。が、これが実話(野上照代さんの)だという、あの時代の「怖さ」に。それにしても去年の『武士の一分』に続いて今年も山田洋次かよ。それにしても『アメリカン・ギャングスター』見たいなあ。今年こそ映画館へ行こう。ケラさんの映画も唐さんの映画もみなくっちゃ。

●●

客席を増設することにした。これからの3日間多くのお客さんにぜひ見てもらいたい作品である。サボも観に来た、希旨子が東京にきているらしい、観に来るかな?心に会いたいもんだ。
あっという間にあと4日5ステージである。

歩いて新宿へ。途中コズミックセンターで血圧測定。最初109の198!オマエとっくに「死んでるよ」である。

深呼吸して、3回目97の167。こんなもんだろう。

●●

稽古や他劇団への客演で来れなかった劇団員が次々と雑遊に。塩野谷、拓平、尚の三人。でもって、戌井さん。戌井さんは杖を使っている。去年の暮から使い出したとのコト、ちょっと歩行するときバランスが悪くなっているので。雑遊には手すりがないのでおりるときと上るときが大変。Space早稲田も去年手すりを作った、やっぱり劇場空間は出来るだけバリアー・フリー化しなければ・・・。

演劇雑誌「悲劇喜劇」の3月号に2007年の収穫特集が掲載されている。劇団の3作品を多くの演劇評論家達が選んでいる。『リターン』『オッペケペ』『続オールドバンチ〜復讐のヒットパレード』の3作品。とりわけ『オッペケペ』は劇団の総力を挙げて作り上げた作品、高い評価を得て素直に喜んでおく。『リターン』は『ハイ・ライフ』に続く私達の代表的海外戯曲作品としてこれからも進化していくことだろう。「悲劇喜劇」本屋でぜひ手にとってお読みください。『続オールドバンチ』の劇評も載っていますよ。


●●

本日「大いに余裕アリ」の日であったが当日券も伸びて「満員」となる。いや気をもんでいたがうれしい限り。まあ、70席で超満員の小劇場だからあっという間に埋まってしまうのである。

公演後1日遅れの「中日祝い」。酒のつまみは餃子と伊藤さんの差し入れの焼き鳥の豪華版私は高取のさしいれの八海山。その後、池林房で続き。劇団員と劇団を辞めた稲、準劇団員みたいな松村冬風といった顔ぶれ。劇団についての話に。今回の芝居の若手役者達をいつもは辛口の塩野谷が絶賛してくれた。がんばっている若手たちもうれしそう。60歳の私、50代の塩野谷、40代の若杉、30代のイワヲ,拓平、里美、竜一たちそして20代の木暮、カズ、タケ、ソウの世代まで見事に劇団の役者道=舞台は役者が作るモノ!といった伝統は確実に伝わっている。焼酎の1升びんのボトルが2時間であっという間に空く相変わらずののん兵衛だらけ。あとは塩野谷にまかせてタクシーにのる。

●●

伊藤さんと馬場の明治通りに引っ越した「串衛」に。相変わらず美味いつまみ。かわはぎの刺身に舌鼓。

5年後の寺周りの作戦会議。65歳の「野垂れ死にへの幻視行」


※※

今日もまたいい天気。今朝の産経新聞に劇評が。「若手俳優ならではのスピード感。破壊、むきだしの性、アナーキーさ、猥雑さの要素も。70席の小空間が熱い!熱血度99パーセント!

あっというまに「中日」である。

2時からtsumazuki-no-ishiの『sheep fucker exit』をスズナリで観る。暗い照明ほとんどの役者の顔が見えない。一人一人の役者をキチンと書き込んでいるから2時間半と前回より1時間余り上演時間が長くなっている。まあ、前回同様の役の永野くんがオモシロイ。伊達君も頑張っていた。お疲れ様、今日は2ステージ!5時間やってバラシか?!そのうちゆっくり寺十と話すか?そういえば昨日の夜みたDVD『東京ゾンビ』にチラッと出てたっけ。

●●

下北沢でいつも行く食堂で牡蠣フライ定食、美味。
劇場には5時半過ぎに。

照明を少し変える。また雪、寒い新宿である。
千葉哲也が大阪行きのまえに来てくれた。1時間余り近所の喫茶店で喋る。11月〜12月Space早稲田でやる坂口くんの新作『ドブネズミたちの眠り』が今年一緒にやる作品。塩野谷と千葉と若手5人のおとこ芝居。濃密な小劇場でしか出来ないモノを去年の『リターン』に続いて作ろうと思っている。

●●

5分遅れの開演となる。基本的には毎日オンタイムで開演するのだが今日は客足が遅れ開演をおしてしまった。久しぶりに8分の入り。一番前の席が何席か空いていると淋しい限り。哮夫さんが風邪を押してやってきた。明日は戌井さんだ、バンチたちが続々やってくる。

土・日・月の後半4ステージはそこそこ予約も入っているが7日(木)とりわけ8日(金)の夜8時の回は「メチャクチャ大いに余裕アリ」のいい環境でゆったり見れます。ぜひ「多くのお客様」のふらり観劇をお持ちしています。今すぐ03−5272−1785まで。

●●

千葉と一緒に若手らと飲む。カナミ、タケ、木暮、カズ、井村さんと北京でお世話になっているMさんらと安居酒屋。いつか、うちの若手たちの演出してもらおうと思っている、よろしく。

利き酒セットなるものを呑みすぎてクラクラ。何だっけ、雑賀、なんとか乙女、でもって忘れた。3杯のコップほとんどが7勺ちかくはいっているのを3回お代わりしたらダメだろう。全部で5合以上じゃん。それにしても日本酒に最近嵌っている。胃は痛いのになぜか日本酒見ると飲んでしまう。つまみはこれまた珍味セット。最近のオレってアルコール依存症なんてもんじゃないな。
タクシーで帰宅。いかん歩いて帰ろうと決めていたのに!!


※※

いい天気である。まさに芝居日和です。ぜひ新宿まで!劇場でお待ちしています。

お昼過ぎから『ユーリンタウン』制作会議。

環境問題、地球温暖化対策といったエコをメインテーマにしたミュージカル。勿論様々なイミでの祝祭=革命劇となるだろう。

2000年花園神社、2003年本多劇場でやった市街劇を含む『書を捨てよ、町へ出よう〜花札伝綺』を超えるコンセプトで様々な人々を巻き込んでのアングラパンクミュージカル?ッて感じのことを夢想している。勿論銭になんかならないから志で参加してくれる人を探すしかない。

●●

夕方早稲田から新宿へ向けて歩く。夏目坂を抜けて抜け弁天で文化センター、花園神社の横に出て三丁目まで約30分。女子医大前で味噌うどん。岡島くんは最近は自転車ですべて移動している。岡島一家はエコ家族でもあるそうな。代々木上原の事務所から早稲田までひょいひょいとやってきてひょいひょいと帰っていった。おれも自転車のろうかな、考えてみたら歩くか自転車に皆さんが通勤通学に変えたらかなりのCO2削減になるだろうな。


●●

5時過ぎダメだし。で、2箇所変える。音楽をSEにラストちかくをちょこっと変える。
今日は前売り券も完売だったので予想通り満員。私は裏のカーテン越しの観劇となる。1時間半立っているのは結構しんどい。役者たちは集中力きれずにいいテンションで6ステージ目。そうか明日は中日か!
國太郎さんら知っている顔が・・。

歩いて帰ろうと思ったが寒すぎるので電車。

DVDで『デスノート』『東京ゾンビ』くだらなさ過ぎて途中で寝る。それにしても両方ともひでえ映画というかVシネていうか「漫画」のような「テレビ」。それでもところどころ笑っている俺って何!

※※

みぞれ?雪でもって晴れるは?妙な天気である。

今日は下北沢スズナリでtsumazuki-no-ishiのマチネを覗く予定。寺十頑張ってるかな?

※※

それからMISHIMAプロジェクトの応募者なぜか男性が少ない。ぜひ多くの男性の応募を待ってます。私の芝居は何てったって「オトコの芝居」ですから。
朝は路面が凍って事故のニュース。

久しぶりにゆっくり、今日から3時半集合となる。それでもストレッチ、歌と踊りのあわせ稽古であっという間に5時を過ぎる。

でもって、ラストシーンをチョコット作り変える。

ちょっとしたニュアンスの違いである。明日も2箇所作り変えようと思っている。本番を見ていて「ああ、そうか!」ここはこうしたほうがもっといいというのが見つかる。

芝居というイキモノの変化と進化。

●●
今日もどんどん客が入り満員となる。クリが客いれ、今日は木暮のご家族中心に群馬から多くのお客さん。それにしても家族が芝居を観てくれるというのはイイ。私が演劇を始めたとき父親は反対だったが芝居を観て「やっていい」とポツリといってくれたことを覚えている。母親は40年近くほとんど死ぬまで全作品を観てくれた。いま、息子が時間があると劇場に来てくれる。

若杉が『放浪記』の休演日ということで芝居を観に来た。それにしてもこのところ劇団の中堅たちはそろって他劇団に客演中。拓平、弘子、尚、上田、クリといったところ。まあいいことである。

8月の本多劇場ではなるべく劇団員総出演にちかい唐十郎作『由比正雪』にしようと思っている。『オッペケペ』以来1年ぶり?

●●

終演後、ドトールで岡島君と来年6月の『ユーリンタウン』のキャスティングの打ち合わせ。

お互い手分けしてやることにする。異色のキャスティングの異色のアングラ・パンク・ミュージカルである。

高円寺を舞台に「ユーリンタウン」を寺山修司市街劇風にやったらどうなる?なんて荒唐無稽な妄想も膨らむ。明日もう一度事務所で制作会議とする。

●●

岡島と焼きとん屋で熱燗を飲んでいると木暮がぷらぷら歩いている。声をかけ一緒に飲む。ああ、それにしても連日の日本酒。いかん!!


※※

今日もイイ天気。

朝から雪降りやまず、交通機関にも影響が出ているという。こまったものだ、雑遊にお昼過ぎに到着。

ダメだし、コトバを聴くコトバを伝えるこの基本を2ヶ月余り口すっぱく言っている。

大雪の中客が来てくれるか心配するも開演間近には満員となる。ありがたいことである特に今日の客はほとんどがプレイガイドで買った人たちである。受付の取りおきがなかったので本当に心配であった。

仙台や関西といった遠くからの客も。天野天街と夕沈が名古屋から。また、MISHIMAワークショップの参加予定者のヒトと多彩。あ、評論家のEさんと元白水社のUさんといったテラヤマさんを知っている人も。

●●

ちょっと疲れているも3日目4ステージが無事終わった。
今日は呑まないでおこうと想っていたがアマノが「呑みに行きましょう」とアル中の眼でいいやがる。今朝まで維新派の京都公演で松本さんと呑みっぱなしだったくせに。というわけで、篤、カナミ、直美、冨澤力、畝部といったメンバーで居酒屋で飲む。6月公演『双葉のレッスン』の打ち合わせと8月公演『由比正雪』のポスター打ち合わせ。

関西の新鋭劇作家シリーズと銘打ってごまのはえ、竹内佑、上田誠の連続公演ってのはどうだろう?と話が弾む。考えてみたら俺って関西東海の若手作家とばかりこの20年余り気長に付き合っているなあ。まあ、西の作家のほうがパワーと演劇への情熱があるからなんだろうな、どうしても東京の作家は商業化されるのが早いから?

●●

下北沢のスズナリでやっているtsumazukiーnoーishi
の『SHEEP・・・』を芝居をアマノは酔っ払い状態で見に行った。早めの帰宅。
チャールズ・ブロンソン主演のB級映画『狼よ、さらば』をこれまた缶ビール1本と缶チュウハイ2本のみながら観て12時前に寝る。久しぶりの休息。

※※

10時過ぎにおきて飯。
いい天気である。さて、来年のメインイベント=ブロードウエイ・ミュージカル『ユーリン・タウン』のキャスティングの仕事を始めなくっちゃ。1ヶ月30ステージ小劇場ミュージカルという銭にもならない夢企画、どんな人がこの企画に乗ってくれるか?

※※

『血は立ったまま眠っている』もまたある意味小劇場ミュージカル的作品でもある。とにかく詩人の書く劇のコトバの凄さに負けないカラダを劇団員がいかにテメエらのモノに出来るかだ!

『血は立ったまま眠っている』新宿3丁目駅C−5出口前のSpace雑遊でお待ちしています。予約はお早めに。今すぐ03−5272−1785あるいは劇団予約メールを。当日予約は受付PHS 070−5565−7729まで!