流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』

公演情報
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』


【作】佃典彦
【演出】流山児祥
【出演】
〈楽塾〉
いそちゆき 河内千春 川本かず子 桐原三枝 阪口美由紀 佐野眞一 関口有子 高野あっこ 辻洋子 内藤美津枝 二階堂まり 西川みち子 平山郁子 みかわななえ 村田泉 めぐろあや
〈流山児★事務所〉
流山児祥 柏倉太郎 山下直哉 森諒介 星美咲 橋口佳奈 竹本優希

【日程】
2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)

【会場】座・高円寺2(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 3,500円ほか
3月3日(金)より発売

【お問合わせ】
流山児★事務所
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com


だいこん・珍奇なゴドー
だいこん・珍奇なゴドー



【作】戌井昭人
【演出】流山児祥
【音楽】栗木健
【振付】北村真実
【出演】
塩野谷正幸、佃典彦、伊藤弘子、月船さらら、山崎薫、栗原茂、谷宗和、大久保鷹、土井通肇
佐藤華子、里美和彦、冨澤力、柏倉太郎、平野直美、星美咲、橋口佳奈
演奏/栗木健、諏訪創

【日程】
2017年3月15日(水)〜22日(水)

【会場】ザ・スズナリ(東京都)

【チケット】
指定席(一般) 4,000円

公演詳細はこちら
流山児★事務所
2017年度新人募集
《二次募集》
劇団で活動することに興味がある人を募集します。

【募集人員】
6名 (俳優・スタッフ・制作)
18歳以上35歳未満。
国籍不問。心身ともに健康な男女

【第一次審査:書類選考】
以下を流山児★事務所まで郵送してください。
(1)履歴書(連絡のつく電話番号とメールアドレスを記載のこと)
(2)写真1点(バストアップ)
(3)作文「流山児★事務所に入団してやりたいこと」(400字程度)
応募〆切:2017年4月5日(水)必着

【第二次審査:実技・面接】
書類選考通過者のみ、連絡いたします。
審査日:2017年4月8日(土)午前
※実技審査料3,000円は当日持参のこと。
※スタッフ・制作は面接のみ(無料)です。

【入団後の活動】
流山児★事務所の活動に準じていただきます。
優秀な新人は劇団公演、海外公演などに参加できます。

【入団後の費用】
(1)入団金:50,000円
(2)研修費+稽古場維持費:月額10,000円(月納)
※入団1年後には稽古場維持費:月額5,000円のみとなります。

【お問合せ・応募先】
流山児★事務所 新人募集係
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307
TEL:03-5272-1785(平日13時〜17時)
E-MAIL:mail@ryuzanji.com
CD/DVDを買う
続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜 DVD

続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜 DVD
「続オールド・バンチ〜復讐のヒットパレード!〜」「続々オールド・バンチ〜カルメン戦場に帰る〜」DVD発売中!
その他公演パンフレットなど
 ≫詳しくはこちら

0p.gif

日曜日いつものようにサンデー・モーニング見ながら朝飯。

やばい!久しぶりの「楽塾」である。1時からだと勝手に決めていた、11時だとよ。走って地下鉄に乗る。40分遅刻。ごめんなさい、である。

2本の戯曲をコピー、「全員」で近くのコンビニと事務所に。30分あまりでなんとか。

野田秀樹の『オイル』と北村想の『私の青空』の2本、約4時間ノンストップで「読む」。

面白い!楽塾のメンバーで読む野田、北村。どこにもない想像力の翼が広がるってもんだ。

●●

6時前に稽古を取る。7月の4回の日曜日にあと4本ばかり?戯曲を「読む」ことにした。

つかこうへい、唐十郎、別役実、三島由紀夫と,
とにかくじっくりみなさんと戯曲を読もうと思っているのでよろしく。劇団員にも呼びかけてみるか?さまざまなテキスト=戯曲を読む。


●●

終わって事務所にいくと直実と米山。『オッペケペ』の優先予約DMはがきの宛名ラベル貼りが終わったとのこと。5000枚近くのDM。アマノテンガイ・デザインのかっこいい葉書が来週にも皆さんに届きます。

ちなみに、『オッペケペ』のはがき・FAX予約は今でも受け付けています。お早めにどうぞ!オンライン・チケット予約は6日(金)から。電話予約は7日(土)からです。売り切れが予想されますのでとにかくお早めにご予約ください。
●●

で、ツタヤに行ってDVD4本『硫黄島からの手紙』『太陽』『戦国野郎』『13人の刺客』まるで支離滅裂な選び方だな。


で、K1オランダ大会。

ボブ・サップの無様さにむかつく。シュルツに対するモウの無様さとは違うサップというすでに格闘界に必要ない化石を必要とする現在のKの・・・・・何のこと書いてるんだろう?俺って。

ボブ・サップはほとんど曙だな。ビーストなんかじゃなくてきっと人がいいんだろうな。澤屋敷がいい。


●●






なんか梅雨らしい東京。お昼前に釧路の和商市場で買って送った「時知らず」の鮭、たらこ、ほっけが届く。鮭で昼飯、美味い。

月刊新松戸原稿5枚、夕方までかけて何とか書き上げる。30年近くよく毎月きっちり締め切り守ってる。メール。

●●

早稲田まで歩く、本屋でシアター・アーツ2007夏号を買う。「劇現場からの提言」というエッセイを書いてます、本屋で立ち読みしてください。

事務所で『オッペケペ』のチラシの最終校正。これで、なんとか今月中に出来上がる。それにしてもかなり前に出来たのにいろいろあってやっとである。まあ、致し方ない。

森下に向かう。ガジラの『かげろふ人』(作・演出:鐘下辰男)を見るため。


スタジオの前の三国屋でもりそばの夕食、美味い。4スタの『ヘレンの首飾り』の稽古場をちょこっと覗く。赤目が音出している。集団シーン、『静かなうた』を思わせるシーン作り。明日ゆっくり覗く事にする。北海道のお土産を置いて2スタを覗く。ムーチョさんもケイトクも今日ガジラ見るとのこと。

瀬戸さんに土産のこんぶ茶。

●●

ベニサンピット、受付でガジラのパンフレット(鐘下くんと私の対談が載っています)のお礼で綿貫さんから「万歩計」のプレゼント。はい、がんばって、私!歩きます。通路にも客、超満員の入りである、いやめでたい。

『かげろふ人』予想通りの「お間抜け人大集合の血飛沫ショー」。「龍馬を待ちながら」の殺人ショー?いや、私には2時間20分、こいつら馬鹿だなあ・・と、楽しく見れました。それにしてもこの5人のジジイたちタダモノでない、おれも出ていたらかなりやせられただろうな。

塩野谷正幸と千葉哲也の殺陣シーンはめちゃくちゃかっこいい。

塩野谷がんばっている。舞台役者の鑑である。やらなくてもいいことを全編にわたってやってやがる。役者が「カラダを使う」とはこのこと。ガジラ20周年にふさわしい。


瀬戸さんとチョコット呑んで、いつものように「とん八」へ。ほとんど全員がいる。千葉と地下鉄水天宮までいって終電近くで帰宅。
呑みすぎ、タバコのすいすぎで舌ザラザラ。で、缶チューハイで寝る。

※※

カナダ現代演劇祭2007参加、両国シアター・カイ公演『ヘレンの首飾り』7月11日から15日。絶好調で稽古中、予約はお早めに!!フランス語圏カナダ演劇の旗手、キャロル・フレシェットの最新ヒット作品。
それにしても東京は暑い。釧路に比べると10度は違う感じである。

我が家にはもちろん冷房などない。こりゃイカンと扇風機を出す。それにしても暑い。

夕方、本屋まわり2時間。暑い日にはカレーだ!

西友でカレーの材料を買ってきて久しぶりにカレーを作る。美味い!!トマトときのこ入り。にんにくが・・・・。釧路で買ってきた行者にんにくが美味である。で缶ビールと缶チューハイ2本でほとんど出来上がる。

●●

で、テレビのスイッチ。公共放送の時代劇を見る。それにしてもひどい!ガキが何人かで青春時代劇らしいものをやっているのだが?これはだめだろう。
誰に喋っているのか判らない、こいつら一体何者なんだ?

それにしても、名前も知らないやつばかりのドラマばかり。俺ってまったくテレビドラマってみないもんなあ。釧路で見ていた朝の『水戸黄門』は面白かったなあ。加藤嘉さんや大友龍太郎なんて名優のめちゃくちゃオーバーな演技や沼田耀二、岡田英次さんの悪役ぶりもいい。

ニュースはスパ爆発と牛ミンチ偽装でもってヒル次官補、訪朝。

教科書から消された沖縄戦での「日本軍の命令による」集団自決・・・に対する沖縄での抗議闘争と「聞き取り調査」についてのレポートを見ながらこの国の歴史感覚最悪の状態に苛立ち。従軍慰安婦問題に続いて世界中から笑いものになってるよ。ざけんなよ!

●●

暑い!暑いと想いながらもいつの間にか寝ていた。

8時過ぎに起床。

お、なにやら北海道で早起きの習慣だけは・・・?

モーツアルトである。

で、朝から電車は大変!
070621_1257~0001.jpg


というわけで朝8時起床。さて帰京である。

和商市場で生まれてはじめての「たこの卵」入りの寿司の朝食。

9時50分発の阿寒バスで釧路空港へ。嶋サンともお別れ。お疲れ様でした。

みやげ品を買って11時10分のANAで羽田へ。京急で品川乗換えで高田馬場のボロアパートへ。

健康診断の結果が届いているぜ。

コレステロール241、中性脂肪173、左房負荷軽度心筋障害。該当疾患1高血圧動脈硬化性疾患 2心冠動脈系疾患 3腎尿路系疾患 13脂質代謝障害

で、※「異常を認めますので念のため精密検査をおすすめします」

血液検査だけでも、これだけ出たよ!

胃カメラ、大腸がん検査、でもって肺がん検査とこれから続く予定。

まあ、こんなもんである。ボロボロの中年のカラダと付き合っていくしかない。少しは体にいいことでも、といってもやっぱりタバコくわえてこれ書いてるし・・・・。

それにしても、体が重い!と感じた北海道のワークショップだった。

やばい!とにかく只今史上最大のデブになってしまった4キロオーバー!の体重を落とすしかない!
朝から釧路市内探索。

和商市場に行く。「勝手丼」というこの市場ならではの丼もので昼食。いくら、いわし、うに、まぐろと豪勢に・・・・。

公園で先述の「演出プラン」を練る。

2時過ぎには稽古場に行く。けいこさんが自主稽古。北芸の主演女優。今回のワークショップの中心メンバー兼世話人。

●●

070618_1658~0001.jpg



3時からベテランチームの稽古。
せりふは殆ど入っている、凄い。そんな彼らを見ているとついつい「変なこと」をいれたくなる。で、結局は「元の木阿弥」でどんどん時間が無くなってくる。

演出助手の畝部に時々ペンで膝を刺される。痛い!
それでも、私は負けない。

テッテ的に粘ってなんとか「通す」!出来た!文句あるか!ってモノにしあがっている。とにかく30分15人が呼吸を共にする。

札幌から柏谷さん(昨日まで本当にありがとうございました)に代わって嶋さんが到着。

なんでも、柏谷さんは近くの公園での「公演使用許可」まで取ってくれていたとのこと!感謝!

こうなりゃ、本番はジス・イズの小ホールから公園へと出向いてみるか?


●●

夜のチームも見違えるほど進歩している。

明日の「本番」が楽しみ。

夜10時半近くに稽古を終える。8時間以上の稽古!やっと、気持ちが乗ってきた、この調子で明日も行く!

10日間の伊達、釧路での初の高齢者演劇ワークショップも「明日」で終わりである。

本当にいろんな人にお世話になって楽しい「出会い」であった。

こだかさんという素晴らしい役者にも出会った。ぜひ、東京で一緒に「芝居」したいものである。

※※

今夜20日水曜日夜8時釧路アート・スペース「ジス・イズ」でプラチナ・エイジ・シアター『夏の夜の夢』発表会公演です。入場無料!
皆さんのご来場、団員一同、心よりお待ちしております!!!
釧路では8時過ぎ起床、朝食、新聞を読みながらコーヒー・・・、という私にとってありえない「実に健康的な日々」を過ごしている。

11時釧路北芸の人に車で釧路湿原につれって行ってもらう。眼下に広がる一面の湿地と蛇行する川大自然の凄さを実感。細岡展望台から阿寒岳の雄、雌も。あいにくの雨で霧にけむっていて、少し残念。

シラルトロ湖の近くのパスタ屋さんで昼飯。いつのまにか快晴となる。すさまじいせみの鳴き声。自然の中の生命の叫び。

2時過ぎにホテルへ帰り今日のワークショップの準備。

3時から昼夜チームの稽古開始。昼チームはだんだん格好がついてきた。

結局、途中ホールの目の前のラーメン屋さんで釧路ラーメンをかっこむ15分以外はノンストップで夜チームの稽古となる。夜チームは参加者が昨日と変わってまた、一から。

見たら10時過ぎ。

それでもなんとか半分当たる。あと歌もあれば踊りもある。殆どが去年「キラリ座」という高齢者劇団に参加して芝居を始めた人たち。

兎に角、明日までせりふなんとか入れてきてください。とおねがいするも?


「つぶがい」焼きでビール、これが美味い。

外の温度は12℃、寒い。ホテルに帰りちょこっとニュース見てバタン・キュー、さすがに疲れている。伊達で殺陣の振り付けで久しぶりに動き回って「腰」がめちゃくちゃ痛い!のがずーっと続いている。

※※

今日もいい天気である。

みなさん、頑張りましょう。それにしてもみなさん、面白い。キャラクターが丸っきり違ういい役者さん達である。

北芸はこのところずっと別役作品を上演しているとのこと、60代の役者さん達の別役・・・・いいなあ。楽塾も別役劇・・・・アリだな。
070617_2228~0001.jpg


というわけで?!いま、釧路です。

町の隅々まで歩いてこの街を知ろうと思っています。伊達、室蘭そして釧路と歩いて北海道経済の落ち込みのすさまじさを実感。室蘭駅前のほとんどがシャッター通り商店街だし、釧路の繁華街もデパートも潰れ飲み屋街も・・・・。[地方格差]という現実。テレビでは連日消えた年金問題、安倍内閣の支持率は森内閣の末期同様の20パーセント台!
釧路は旧友、及川恒平の生まれ育った街。幣舞橋のよこのフィシャーマンズ・ワーフ「港の屋台」で釧路ラーメンの昼食、これが美味い。

「足湯」であったまろうと思ったが止めて、『オッペケペ』のチラシの校正をメール。さて、帰ったら『オッペケペ』の台本つくりと資料集めである。『ヘレン』も稽古絶好調。


3時からジャズ喫茶「ジスイズ」の2階ホールで高齢者ワークショップ「プラチナ・エイジシアターIN釧路」の初日。

17人の参加、明日はもっと来るらしい?

とにかく、「やれるだけやるしかない」!全員で歌の振りつけ「夜空の星」これがみなさん「似ている振り付け」で・・・・。で、半分のチームを近くの公園へ連れ出して「ああでもないこうでもない」の無理難題の宿題。

小劇場に、戻って「老人チーム」(?)の本体と「遊ぶ」ことに。

美空ひばりの曲の3番まで「全員」で振りつけ。で、稽古イン。なんとかあたる。あと3日ある、あせることはない!


というわけで、8時過ぎに稽古を取る。大阪の朝日さんが取材の為に釧路入り。ご苦労様です。


明日も3時から。昼と夜の2チーム編成。

さて、前代未聞の「ワークショップ」の始まりである。いかがなりますやら?

9時近くから「交流会」飲める人たちと11時近くまで痛飲。ホテルに帰る。
とにかく「まじめに」やれることをやるしかない!!!!

さあ、いまから遠くのコンビニまでマヨネーズ買いに行って来よう!!!

※※

カナダ現代演劇祭2007参加作品『ヘレンの首飾り』稽古絶好調!

電話予約はお早めに!


12日から始まった伊達、釧路の北海道高齢者ワークショップ。

『プラチナ・エイジシアター』絶好調で釧路入りである。

伊達は本当に楽しかった。参加者は10人だったが最終日には15人に膨れ上がっていた。

伊達は大きい市民会館だったが、釧路はジャズ喫茶の2階の「ジス・イズ」という小ホール。黒テントが去年『ど』をやっている。ナベサダさんがくるという釧路の名物ジャズ喫茶。

早速、森田さんという「北芸」の人と打ち合わせ。
伊達に比べると10℃近く釧路は寒い。

参加者は20人近く。早稲田でやるようなものだ。テキストは『夏の夜の夢』使う歌は美空ひばりに決める。

17日日曜日、花火の音で目覚める。運動会とのこと。
3時集合。本読み、顔合わせ。劇場の前の公園でやろうか?昔、黒テントが『昭和3部作』を上演したという?


4日間兎に角楽しくやりましょう。



明日から北海道での高齢者ワークショップ。

雑用というかやっておかなくてはならないことが結構ある。お昼過ぎ事務所に。アマノは明日まで居候か?いない間のもろもろについて。


急遽、7月のシアター・カイで開催されるダ現代演劇祭2007の全体情宣。次世代の実行委員木村健三、小林七緒たちにバトンタッチの3回目の今回。マスコミ各社に電話。朝日、毎日、読売の各記者に演劇祭のことを電話、ついつい観世榮夫さんの話になってしまう。今朝11時告別式であった・・・。あとは健三たちに任せる。1994年シアター・代官山で開催されたカナダ演劇祭から始まったカナダ演劇との交流も13年もたったのである。

●●

スズナリの野田さんから8月のお盆の時期に行われる「下北沢再開発」をめぐるシンポジウムのパネラー依頼を承諾。スズナリがいずれなくなるかも知れないという事態?が迫って?きている。

文化と再開発についての連続ライブ、写真展、音楽、映画、演劇といったさまざまな人々によるアート・ライブの3日間。近いうちに詳細が発表されると思う。
スズナリは「重要文化財に指定」して残すしかない。これは小劇場界のみならず演劇の「大事件」となる。スズナリ25年。スズナリと共に小劇場演劇は「あった」。「最前線」に「いる」若いヤツラと共闘せねば・・・。

●●

明日のワークショップの参考DVDということで遅ればせながら映画『フラガール』松雪泰子、蒼井優主演。面白い、常磐ハワイアンセンターの実話モノ。


では、10日間夏の北海道に行ってきます。

※※


カナダ現代演劇の最新傑作『ヘレンの首飾り』絶好調で稽古中です!ご予約はお早めに!03−5272−1785まだ全ステージ「余裕あり」です!!
朝からの雨は夕方までにはきっちり上がりいい天気となる。

●●

ワークショップ用台本を何とか夕方までに作り上げる。今日は楽塾の謝恩会、6時から10周年の飲み会が早稲田で。

私は観世榮夫さんの通夜に。
福田善之さん、朝倉摂さん、新井純さんらと先生の話。長い間付き合ってきた3人の方々からいろんな話を聞く。本当にいろんな愛を残してひょいとアッチへ観世さんは逝っちゃったのである。コッチにいる人間はただただ右往左往してるのである。和田周さんから「近代劇セレクション」の手がかりはあると聞かされる。『オッペケペ』の初演のころの話も。棺に向かって観世榮夫さんさよならと・・・・観世さんの笑顔を思い出す。

●●

8時過ぎに早稲田へ。すごい料理がテーブルにテンコ盛。ほとんど全員がいる。観世榮夫さんに献杯。で、楽塾10周年の飲み会に。来年の話というか今後の楽塾について・・・・・。

とにかくそれはきちんと呑まないで話し合いしましょう、ということに。ただ、再来年に私が勝手に「予定している海外公演について」なんか、べらべら喋ったりしているよ。10時過ぎにお開きとする。

それにしても呑みすぎた。焼酎の水割り10杯以上か。

ふらふらしながら歩いて帰宅。メメント・モリ・・・・死を想え、か。空を見上げる。


伊達からみてほしい稽古の台本がメールで送られてきた。『小さな花壇の物語』心温まる物語、俺何するんだろう?

※※

急遽、『オッペケペ』の壮士役者=男優5〜10名募集をやることにしました。『オッペケペ節』を歌い踊る若き「川上音二郎」たち=壮士たち20人!!をベニサン・ピットの舞台に現出させようという試みです。混沌の青春歴史群像劇!!

詳細は公演チラシに掲載します。7月20日ごろに面接・オーデションの予定です!!奮ってご応募ください!